CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
2015年5月より、少人数制の料理教室もスタート♪
ホンビノス貝とハモの汁物
20180713ホンビノス貝とハモの汁物.jpg


ホンビノス貝、ご存知でしょうか。
わたしは近くの料理屋さんで初めていただいて知ったのですが
「これって、ハマグリですか???」と聞いてしまいました。
そのくらい大きくて、味も濃いのです。

それが先日近所のスーパーに入っていたので、思わず買ってしまいました。
ずっしりと重い貝です。
5〜6個入って300円くらいだったか?忘れてしまいましたが全然高価なものではありません。

で、多分そのスーパーで見たのは初めてですが、ハモ。
骨を切ったハモがありました。
半額になってました(*´m`*)。
それを合わせて日本酒のつまみになるような汁物にしようと企んだのです。

で、ホンビノス貝、塩水に浸けたのですが、全く砂とか何も吐き出さず、動きもせず。
生きとるんかい??と思いつつ、貝同士をすり合わせてゴシゴシと洗い、
日本酒を加えた熱湯にどぼん。
全く口を開きません(◎_◎;) 。
5分くらいたったかな?と言う頃、
再び、生きとるんかい?と思い、思わずスーパーに
「死んでる貝を売ってたのかー」と怒鳴り込みに行きそうになりました。

イライラしつつ鍋を凝視していたところ、パカっとひとつ口が開き、次第にパカパカと。
でも、10個のうち2個は結局開きませんでした。
味をみて、白醤油をほんの少し(塩味が結構しっかりしていた)。

そこに食べやすい大きさに切ったハモを投入。
ひと煮立ちで火を止めできあがり。

もう諦めかけていましたが、とても美味しい一品となりました。
その後ネットで調べたところ、ホンビノス貝って、なかなか口を開かないそうです。
ホンビノス貝を買ったみなさん、死んでるーと思わないで、じっくり加熱してくださいね(笑)。




20180711ニラ鰹.jpg


これは、そうですね、ニラ鰹とでも命名しましょうか(*`艸´)。
ニラレバじゃなくて、ニラ鰹。
鰹のサクが安かったので買って、
でもお刺身で食べるには飽きちゃうよねーという量だったので加熱することにしたのです。

鰹は醤油と酒とすりおろしたニンニクで下味を付けて片栗粉をまぶして揚げます。
ニラともやし、舞茸を炒めてオイスターソースで味をつけ、鰹も加えます。
器に盛って葱をトッピング。
大葉やミョウガでもいいですね。

ニラは去年、トマトのコンパニオンプランツとして植えたものを
トマトが終わったあと植え替えたもので、なんとなく雑草化していたのですが、
それを刈り取って使ってみることにしたのです。
綺麗に掃除してあげて、少し固めだったので加熱時間を多めにしたら美味しく食べることができました。

ビールやご飯が進む味です^^




20180713揚げ浸し.jpg


夏の定番揚げ浸し。
今年は茄子を4種類作っていて、それらと、ミニズッキーニ、ピーマン、それに鶏の胸肉で作りました。
ピーマンは枝を整理した時にくっついていた小さいのを採って使いました。
鶏の胸肉だけ片栗粉をまぶしています。

漬け汁は出汁とかえしを合わせてもいいですし、市販の麺つゆや出汁醤油などなんでもいいと思います。
黒酢を加えたり、揚げ油を胡麻油にしたり、その時の気分で色々です。


最近油をよく使います。
酷暑の中、油を使ってエネルギー補給している感じです。
ウチでは普段基本で使っている油は太白胡麻油です。
炒め物も揚げ物もこれで。
揚げ物はなるべく少なめの油にしていますが、それでも残ったものは
茄子など油をよく吸う食材を炒め揚げにするような時に使います。
2回くらいでなくならない分は処分します。
もったいないですが、先が長くない我々夫婦にはこのくらいの贅沢は許されるのでは?と開き直り。
そして良質な油は身体に良いと信じているのです。
まあ、太るかもしれないですけどね〜〜〜〜(*`艸´)。








ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************











posted by ゆりり | 12:02 | スープ・汁もの | - | - |
カレーのワンプレート(カレー+4種の付け合わせ)
20180715カレーのプレート.jpg


我が家ではできれば週に1度は休肝日を設けましょう、ということで
その日はカレーの日になります(なんとなくそうなってしまった)。
ですが、最近はそれよりもやや回数が多めになっています。
カレーの日が増える=休肝日が増えるのとはちょっと違うのですが^^;

なぜカレーを作るか、、、、
野菜が採れるから。
今現在収穫量が多いのは、きゅうり、茄子、インゲン、人参です。
ピーマンもボチボチ。
ちょぼっとズッキーニが採れたりもします(ミニサイズなので、あっという間になくなる)。
もう少しトマトができてくると嬉しいのですが、なかなか色づきません。

そんな野菜の消費で、1番便利な料理がカレーなので、ついついカレーが増えてしまうというわけです。


我が家のカレーの基本の作り方をちょこっと。

クミンシードを油とともに弱火で熱します。
 ※気分でブラウンマスターシード、アジョワンシード、アニスシードなどを加えたりもします。
ブラウンマスターシードが入っていると、プチプチと弾けてくるのでそれが目安になりますが
クミンシードの場合は、音はしないので香りがたってくるのを目安にします。

そこへ炒めたまねぎを加えて更に炒め、
5分くらいたったらすりおろしたニンニク、生姜を加えて炒め合わせます。
ここでかなりカレーを想像させる香りが立ち上ります。
カレー粉を適量加え、粉っぽさがなくなるまでよく混ぜながら炒めます。
 ※我が家が作る量だと、カレー粉大さじ3〜4くらい

ひき肉を使う場合はここでひき肉を加えて色が変わるまで炒めます。
トマトの水煮を1パックと、そのパックにお水を1杯分加えて煮ます。
味は、塩麹をベースに塩も加え、味をみながらオイスターソースを加えたり、リーペリンソースを加えたり。

ここに、野菜を素揚げして加えていきます。
 ※ひき肉ではなく鶏肉などを使う場合は、野菜の前に加えますが、
  油で炒めてからでもいいし、そのままでも。
  その時の気分で(笑)。
あとは適当にくつくつっと煮ます。
最近は最後に青唐辛子を薄く切ったものを加えています。

使ってしまいたいトマトなどがあればざく切りにして加えます。

辛さがもっと欲しい時にはカイエンヌペッパーも振ったりします。


今回のカレーにはきゅうりも入れてしまいました(笑)。
乱切りにして、こちらも揚げてから加えています。
きゅうりと気付かず食べてしまうくらい、全く違和感がありませんでした^^
きゅうりの消費、カレーもありですね♪



20180715つくりおき.jpg


さて、本日は朝から余りにも暑くて、最高気温もむちゃくちゃなことになりそうだったので
通常朝ご飯の後に行っている畑仕事はお休みにしました。
その代わり、早朝のももの散歩の時に畑に少し水を撒いて、野菜もちょっと収穫してきました。

畑に行かなかったので、その時間で野菜料理を4品作りました。


☆ノーザンルビーのポテトサラダ


20180715ノーザンルビーのポテトサラダ.jpg


前回の記事でじゃが芋の収穫についてと、紫色のシャドークイーンでポテトサラダを作ったことの書きました。
今回はピンク色のノーザンルビーです。
前回ノーザンルビーはガレットにしてとても残念な結果(色的に)になったわけですけれども、
今回はまあまあまあ♡、というくらい、とてもラブリーな色合いになってくれました。

作り方は通常の我が家のポテトサラダとほぼ同じです。
皮付きのまま電子レンジで加熱して、熱いうちに皮をむいてフォークの背などで潰し
白バルサミコ酢をまぶしかけてよく混ぜ、オリーブオイルも少し加えて冷まします。
あとはせっかくピンクなので紫玉ねぎを加えました。
玉ねぎは薄切りにして塩をして揉み込んで暫く置き、水でさっとすすいでから水気をぎゅっと絞ります。
薄切りにしたきゅうりも少し塩をして、水がでたら絞ります。
今回はブラックオリーブと塩漬けケイパーも加え、マヨネーズ少々で和えました。
彩りでピンクペッパーも。


☆紫キャベツのクミン風味マリネ


20180715紫キャベツのクミン風味マリネ.jpg


紫キャベツも冷蔵庫の中にいくつも転がっています。
紫キャベツは比較的日持ちのする野菜だと思いますが、それにしても早く食べないと(*`艸´)。
これは千切りにして少し強めの塩をして水気を絞ります。
その時点で味をみると、お漬け物くらいの塩気。
そこにクミンシードを加えて熱した油をじゅっとかけて混ぜ合わせます。
黒酢もちょこっと加えてさっぱり感も。


☆ちょっと干した白茄子のマリネ


20180715白茄子のマリネ-2.jpg


「揚げてトルコ」という、ちょっとヘンテコな名前の白茄子を栽培しています。
名前の通り、油と相性がよいということです。
揚げ浸しなどにしてもとても美味しいです^^

これを1センチ厚くらいに切り、今日のかんかん照りの庭に2時間ほど出して乾かしました。
少し水分が抜けた茄子に塩をして、オリーブオイルでこんがりと炒め焼きにして容器に入れます。
最後に残った油でニンニクの薄切りを炒め、それを茄子にかけます。
バルサミコ酢を回しかけ、パセリを散らします。
白ワインが進みそうな味(笑)。


☆カラフル人参のサラダ


20180715人参のマリネサラダ.jpg


よく作る人参のサラダです。
一般的なオレンジ色の人参に、紫と黄色とクリーム色、白色の人参も加えました。
まあ、あんまりよくわかりませんけど(*`艸´)。

千切りにして、塩をして水気を絞ったら、塩レモン、蜂蜜を入れて混ぜます。
白バルサミコ酢をほんの少し、オリーブオイルを加えて混ぜます。
味をみて塩気が足りなければ塩を足します。
ペパーミント(ドライ)と、グリーンペッパーを加えます。
ブリーンペッパーはあまり辛くないので多めに、指で潰しながら加えます。
青唐辛子やペパーミントとともに、夏になると青っぽいものが使いたくなります^^

黒っぽい丸いのはブルーベリー。
お酢を少なめにして、ブルーベリーの酸味を加えてみました。
甘酸っぱいというより、少々酸っぱめのものだったので^^;


20180715カレーのプレート-2.jpg


暑い暑いと文句を言っていますが、西のほうで災害に遭われたみなさんのことを思うと
こうして部屋の中でエアコンを使い、水を使えていることの幸せをつくづく感じます。
孫ができ、久しぶりに赤ちゃんのいる生活を見て、
被災地の赤ちゃんたち、お母さんたちはどうしていることかと思います。
一日も早く普段の生活が戻ってきますように。








ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 16:33 | 家庭菜園・野菜作り | - | - |
じゃが芋収穫 〜 じゃが芋と蛸のバジルソース炒め
20180705じゃが芋と蛸のバジルソース炒め-2.jpg


先月はとうとう1度きりしか記事をアップしませんでした(汗)。


さて、今さらながらではありますが、先月の20日から25日まで開催しました
【二人展 料理が微笑む器たち Part2】 にご来場くださいました皆さま、
そして気にかけていてくださった皆さま、本当にありがとうございました。
おかげさまで今回も盛況のうちに終了することができました。

来年も開催する予定ですので(時期は秋になりそう)、
またどうぞよろしくお願いいたします。


会期中、ブログをサボっているにもかかわらず、
ブログの読者ですと言って声をかけてくださるかたがとても沢山いらして、
また、インスタグラムも見てくださっているかたなどにもたくさんお声がけいただき
本当に嬉しく、そして恐縮いたしました^^;

ブログをサボってはいけないな、とその時は強く強く思ったのですが、
結局戻ってくればいつもの日常の中での優先順位が低くなってしまい、、(ーー;)。。。
でも書きたいことは山のようにあるのです(じゃあ書け)。

で、山のなかのひとつがじゃが芋の収穫です。
東京から戻り、なにを置いてもほったらかしだった畑の世話に取りかかりました。
わかってはいたことですが、雑草だらけ、青虫だらけ(TOT) 。
そして、伸び放題になっていたトマトたちを整えたり、茄子やピーマンも整枝したり、
伸びたツルの重さで崩壊しかかっていたインゲンの支柱を補強したり。
あれやらこれやら。

そうやって少し落ち着いたところで、じゃが芋の試し掘りをしてみたのです。
そうしたら、もう結構いい状態だったので、一気に夢中になって掘ってしまいました。


20180703じゃが芋.jpg


左が男爵、ピンク色がノーザンルビー、紫(黒っぽい)がシャドークイーン、右がキタアカリ。
シャドークイーンは、まだ花が咲いているものがあって、それは試しに抜いたけど小さかったので
もう少し置いておくことにしました(あと5株くらいかな??)。

で、男爵なんですが、じゃが芋用に作った畝が少し残ってしまったので
追加で500g種芋を購入して他より1週間くらい遅く植えたのですが、1番早くできて収量も多かった。
やっぱり作りやすい品種なんですねえ。
ちなみにほかは1キロずつ。
じゃが芋って、普通に作れば種芋の10倍から20倍の重さが採れるそうなんです。
うーん、男爵は合格として、、他はどうでしょう。
ギリギリセーフか、足りないか^^;
でもまあ、じゃが芋が50キロあってもね、ってことでこれでよし(笑)。


さて、小粒のものも多かったですが、それなりに大きく育っている芋もあって
よしよしと思っていたのですが、そんな芋に虫喰いが(×_×;)。。。


20180703じゃが芋-2.jpg


この一見綺麗に見えるかもしれない芋の裏側にはポカっと1〜2センチくらいの穴が開いているのです。
芋ごと、虫の家になってしまっているようなものはさすがに処分しましたが、
このくらいならそこを削れば食べられる、と持ち帰りすぐに使うことにしました。


そのひとつが蛸との炒め物です。


20180705じゃが芋と蛸のバジルソース炒め.jpg


バジルソースで和えています。
バジルはトマトのコンパニオンプランツとして植えてあるもの。
まだトマトの収穫は先ですが、バジルは結構大きくなっていて、ソースを作るのも2度目です。

バジルソースは、オリーブオイルとクルミ、塩少々をフードプロセッサで撹拌します。
アンチョビとかケイパーとかお好みで入れてもいいですね。

で、茹でたじゃが芋、インゲンと蛸をオリーブオイルでさっと炒めてバジルソースで和えるだけ。
インゲンはフランスの種を蒔いて育てた、少しほっそりタイプのものです^^
塩が少し足りなかったので塩漬けケイパーとブラックオリーブも加えました。
ビールや白ワインなどのおつまみにぴったりです♪



さて、紫色とピンク色の芋も使いました。


20180704じゃが芋ワンプレート.jpg


紫のシャドークイーンはポテトサラダに。
紫玉ねぎときゅうり、自家製ツナを合わせています。
芋を茹でたら、白バルサミコ酢をまぶしてフォークの背で潰し、オリーブオイルもすこしかけておきます。
冷めたら、玉ねぎときゅうりを塩揉みしたものとツナを加えて、
ギリシャヨーグルトとマヨネーズを半々くらいに混ぜたもので和えます。

ノーザンルビーはガレットにしたのですが、、、、
可愛いピンクのガレットになると思ったのですが、、、、
なんとも微妙〜〜〜な色合いのものができてしまいました。
ちょっとガッカリでしたllllll(-ω-;)llllll



最後に。。。




じゃが芋と茄子とピーマンの炒め物。
これは東京滞在中、息子のところに泊めてもらっていたのですが
その時にお嫁ちゃんと話をしていたら
「わたしは茄子とピーマンとじゃが芋を炒めたものがすごく好きです」と言っていて
わたしは「へー、じゃが芋を入れるんだ!」とびっくりしたんです。
それが頭にあって、使ってしまいたかった虫喰いじゃが芋で試してみたのです。

で、これはこれで美味しかったのですが、後で調べたら
どうも本当は(?)じゃが芋は皮付きで、どの野菜もゴロゴロっと切って作るらしい。。。
今回は傷んだところを切り落しながらだったので、こうなってしまったけど
次回はゴロゴロでやってみようと思います。

ちなみにお嫁ちゃんは中国の出身で、このもとの料理は
旬の野菜を三つ合わせて作る、中国東北地方の名物料理“地三鮮(ディーサンセン)”というものらしい。
ご飯もビールも進む味ですね^^




☆料理教室につきまして

お休みいただいている教室ですが、
二人展の時にも何人かの方からお問合せいただいたりして、
何かいい形でできないものかと色々無い知恵を絞って考えているところです。

今後の「なにか」のお知らせを欲しいかたはお問合せフォームよりお願いいたします。

よろしくお願いいたします^^





ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************






posted by ゆりり | 16:18 | 家庭菜園・野菜作り | comments(0) | - |
間引き人参の天婦羅 ほか
20180527間引き人参の天婦羅.jpg


ブログの書き始めが「すっかりご無沙汰しています」的なことが定着しつつあり
これはマズいよとは思っているのですが、これがなかなか(^-^;)。。。

さて。
東北南部も梅雨に入り、この一週間はぐずぐずした天気になるという予報でしたが、
どうも外れてしまったようで、爽やかな(今朝なんか涼しいというか、肌寒いというか)気候の鏡石町です。
なかなかトレーナーなどの長袖を片付けられない陽気でも、
畑の野菜はムクムクと育ち始め、葉もの野菜などは収穫の適期を逃すとあっという間に巨大化し、固くなり、
その上暖かさとともにどこからともなくわき出してくる害虫たちによって丸裸になったり、
まあ、農作業は冬に比べて数倍手間がかかるようになってきました。

そんな中、間引き人参が可愛くて美味しくて引き抜くのが楽しいのです^^
人参の葉っぱは今のところ全く虫の被害に合っておらず綺麗なままです。
大きくなってしまえば葉は固くなってしまうので、葉っぱの美味しさを味わえるのも今のうちかなと思います。


20180609ブロッコリーと間引き人参.jpg


そういえば、ブロッコリーが採れすぎて、、、^^;
茎ブロッコリーと、普通のブロッコリーを5株ずつ植えたのですが、、多過ぎた(爆)。
茎ブロッコリーは畑に行けば毎日採り頃のものが数本あるのですが、
その他、大きなブロッコリーを収穫した後にも脇芽が大きくなって、それもそれで収穫できてしまうのです。
有り難いことですが、消費が追いつきません。。。


で、間引き人参はだいたいそのままトースターで焼くか、油で素揚げするかなのですが
天婦羅もおいしいです。
小さい人参の形が可愛いので、葉っぱは葉っぱで、根のほうは根のほうで作りましたが、
もう少し大きくなったら、人参を細く切って葉っぱと混ぜてもいいですね。

わたしは実は天婦羅が得意ではないので^^; (長いこと天婦羅は外で食べるべきものと思っていた(汗))
市販の天ぷら粉を置いておいて、思い立ったらそれでささっと作ってしまいます。
水ではなく炭酸水を使ったりもします。
先日テレビで、天婦羅は粉も卵も水もすべて冷やしておけば失敗しないと言っていましたが、
我が家では粉は勿論、卵も常温保存なので、思い立った時にすぐに作るにはやっぱり市販の粉になってしまいます。
老夫婦2人分だし、ちょちょっと作るのに楽なほうへ流れていくこの頃です(笑)。


20180530間引き人参の素揚げ.jpg


こちらは人参の素揚げです。
もうそのまま油に投入して揚げるだけ。
塩をパラパラっとしていただきます。
葉っぱがパリパリしてとても美味しいです。
家庭菜園ならではの贅沢かもしれないなと思います。



ここから少し溜まった写真を^^
丁度一週間後からスタートする二人展「料理が微笑む器たち Part2」で展示する写真を中心に。
勿論これらの器は販売もします(笑)。


201805252018-二人展候補.jpg


焼きカレー、、というのかな。
残りもののカレーにチーズをかけてオーブンで焼きました。
喜多窯 霞仙さんの器は基本的に直火以外OKなので、こういう使い方もできます^^


20180530オープンサンド.jpg


オープンサンドです。
マスカルポーネを塗って、スモークサーモン、ゆで卵、ラディッシュ。
ゲランドの粗い塩と黒胡椒でシンプルに。


20180602ライスサラダ.jpg


あんまり夫に評判のよくなかった(`m´#)洋風ちらし寿司(ライスサラダ)。
ご飯は雑穀入りご飯で、すし酢を混ぜています。
それに、スモークサーモン、蛸、トマト、レタス、トマト、赤い分葱、
パルミジャーノ、ドライパックの金時豆、ジューンベリー、レモンを乗せて、
オリーブオイルを垂らして、塩と胡椒。
わたしは好き、、というか、多分女性にはウケると思います♪


20180606チキン南蛮-2.jpg


サラメシを見ていたら、とある会社の社食の定植でチキン南蛮が出てきて
とても美味しそうだったので、丁度材料も揃うので、と作ったプレートです。
もうちょっと衣を分厚くするんだったかなあ??

鶏の胸肉に小麦粉をまぶして卵にくぐらせ、じっくり揚げます(今回は特に厚みそのままだったので)。
それから甘酢に浸します。
甘酢は醤油・酢・砂糖を同量で、味をみて好みで調整すればいいかなと思います。

タルタルソースは、マヨネーズ100mlにヨーグルトを大さじ2混ぜました。
あとはゆで卵2個、収穫した玉ねぎの中のうんと小さいのひとつ、ニンニクひとかけ、
きゅうりのピクルス2本、パルミジャーノ(粉)を大さじ2くらい、塩小々。


20180611タラのフライ.jpg


タラと、収穫した玉ねぎのフライ。
こちらのタルタルソースは、チキン南蛮のソースがあっさり過ぎたかも?という反省のもと、
ヨーグルトをやめて、塩漬けのケイパーも加えました。

それぞれ小麦粉をまぶして、卵+炭酸水+小麦粉を合わせたものにくぐらせ、パン粉をつけて揚げます。



オマケ。

20180530チキン南蛮.jpg


何度見ても作り物めいた色合いが不思議なスイスチャード。


20180605玉ねぎ.jpg


玉ねぎ。
小さいのも多かったですが、去年に比べれば上出来♪
借りている畑であてがわれている小屋のスペースに干しています。
赤いのも含めて、全部で200個ちょっとくらいでしょうか。




東京へ行く前に、もう1回か2回、溜まっている写真やネタをアップしたいものです(汗)。



ひらめき二人展の期間中、わたしは基本的に12時頃から閉めるまで在廊予定です♪


DM-写真面-web用最終.jpg

DM?宛名面-web用最終.jpg








************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************

posted by ゆりり | 14:36 | 家庭菜園・野菜作り | comments(0) | - |
豆・豆サラダと、最近のこと
201805242018-二人展候補.jpg


4月に続き、今月も教室の生徒さんたち対象の食事会を開催しました。
今回はさくちゃんがいないので(笑)、写真はほぼないのですが、その中で
皆さんに評判のよかったものに、「豆・豆サラダ」があります。
豆・豆サラダ、、、というのは、今思いついたネーミングです^^;

なぜ豆・豆か、と言いますと、サラダの材料にも、ドレッシングにも豆を使っているからです。


【材料】
ツナ … 80g  ※自家製ツナを使いましたが、市販のものでも。
黒豆ドライパック・とら豆ドライパック … 各1パック 
玉ねぎ … 1/2個(80g)
あれば好みでパセリ・チャービルなどのハーブ … 適量

☆ドレッシング
 丸ごと大豆ピューレ … 1パック
 オリーブオイル … 150ml
 酢(好みのもの) … 45ml
 パルミジャーノ(粉) … 大さじ4〜5 ※好みで増減してください
 ニンニク(すりおろす) … ひとかけ
 塩 … 小さじ1/4
 黒胡椒 … 適量

【作り方】
ドレッシングの材料を合わせてブレンダーなどで撹拌します。

玉ねぎは粗みじんに切り、塩小々(分量外)をして暫く置き、水気を絞ります。
黒豆、とら豆のドライパック、玉ねぎを合わせ、ツナをほぐして加え、
出来上がったドレッシングの約半量で和えます。
あれば好みのハーブをちぎって散らします。


20180519大豆ピューレドレッシング.jpg


ドレッシングの出来上がりの固さ、見た目はマヨネーズのような雰囲気になります。
生のニンニクが入っているので、出来たての味は少しその辛味を感じるかもしれませんが、
一晩置くと味が馴染み、こなれてとても美味しくなります。
日持ちは1週間程度は大丈夫ですが(実験済み(*´m`*))、なるべく早めに使い切ってくださいね。

ドライパックの豆、大豆ピューレとも、食の科学舎の商品です^^
大豆ピューレも皮ごと滑らかにしているそうで、知らず知らずのうちに食物繊維が摂取できるのが嬉しいですね。
このドライパックシリーズは、どれも本当に美味しいので、
このサラダに加えるお豆は他のドライパックのものに置き換えても全く問題ありません♪
この2つを選んだのも、たまたまなので(笑)。



さて、食事会の翌日、息子夫婦が孫を連れてやってきました。
4ヶ月になったところですが、すでに体重が9キロ超(`m´#)。
すんごい貫禄ある赤ちゃんです。
お母さんのおっぱいのみでこんなに大きくなって、本当にありがたいことです。


20180522豆のサラダ.jpg


ももは、だれかが家に入ってくるといつものことですがひとしきり吠えたり騒いだりします。
知った匂いの息子とお嫁ちゃんにまず興奮し、連れている見慣れぬ小さい(小さくないか(笑))赤ちゃんに興奮し、
落ち着くまでちょっと大変でしたが、その後はとてもよいお姉さんぶりを発揮していたと思います。

写真はオムツ替えを見守る(観察する?)もも。
人間って、大変ですよね、犬や猫に比べると(*´m`*)。



さて、畑のほうもいよいよ忙しくなってきました。
なんだかやりたいことは山ほどあるのですが、なにせ午前中の2時間程度しか作業をしないし
毎日行けるわけではないので、遅々として進まないのが現状です。
そんな中でも、暖かくなるにつれて野菜の成長速度が増して、いっきに収穫期を迎えた野菜も多くあります。


一昨日の収穫物。

20180524野菜.jpg

昨日の収穫物。

20180525野菜.jpg


カリフラワーは5株の小苗を買って植えたうち、1本は早くにダメになってしまい残りの4つ。
食事会やら息子一家の来訪やらで畑に行けないうちに、とっても立派になっていました。
もう少し畑に残しておいてもいいかな?とも思ったのですが、
青虫たちが虎視眈々と狙っているのを見て(急に増えた)、綺麗なうちにさっさと収穫してしまいました。

あとはラディッシュも一気、茎ブロッコリー(スティックセニョール)はあっちでもこっちでも出てきて、
スナップエンドウは自分のところのプランターでもほんの少し栽培していますが、
お隣の畑のかたが出来すぎて食べきれないから持っていってと言ってくださって、それもいただいたり。
まー、これでトマトとか、ナスとかも採れていればいいんですけど
それはまだもう少し先のお楽しみですね(笑)。
関東在住のお友達が立派なズッキーニを収穫した写真をアップしていたのですが、
新幹線を使えばあっと言う間に行き来できるくらいの距離でも、やっぱり違うなあと思います。

明日は届いた8種類の唐辛子の苗を植え付けたり、少しでも前に進まないと!と思います。



ひらめきこちらもお待ちしております♪


DM-写真面-web用最終.jpg

DM?宛名面-web用最終.jpg





************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************




posted by ゆりり | 14:45 | サラダ | comments(0) | - |
2018年 二人展のご案内
DM-写真面-web用最終.jpg


以前よりご案内していました通り、昨年に引き続き今年も
瀬戸の「喜多窯 霞仙」の第十二代当主、加藤裕重さんとの二人展を開催いたします。

昨年初めて登場した黒と白の釉薬の器を中心とした器に、伝統の色も加えたラインナップとなります。
昨年デビューしたオクトゴナルや輪花、角鉢などに加えて、
DMにも使用したリムライン輪花皿や耐熱用の耳付きココット鉢などなど、
毎日の食卓で使いやすい器が沢山揃います。

タイトルは昨年の「料理が微笑む器たち」が加藤さんにとても気に入ってもらって(笑)、
今年はそのパート2ということになりました。
サブタイトルに書いた
「働きもので気だてがよくてハンサムで」というのは、わたしが加藤さんの器を使う度に思うことですし、
使ってくださる皆さんにもそう感じていただきたくて、
デザインやコンセプトをご提案の後に、何度も何度も打合せをして、試作を繰り返していただきました。
またDMに使ったリムラインのお皿は、伝統の窯ならでこそ、工房に眠っていた古い型を手直ししてできたものです。
新しい釉薬によって、今の気分というのでしょうか、そういうものにぴったりの器になったと思います。

約1ヶ月後の展示まで、二人展で展示即売する器を出来る限りご紹介していこうと思います。
・・・出来る限り^^;


皆さまのご来場をお待ちしておりますDocomo_hart2

=====================

ひらめき会期 2018年6月20日(水)〜25日(月)
     11:00〜19:00 ※最終日は17:00まで

ひらめき会場 Gallery MONA / 港区麻布十番2-11-3 ドエル麻布1F

ひらめきDMは、昨年会場にいらしてくださって芳名帳に記帳してくださった皆さまには、喜多窯 霞仙よりお届けいたします。
そのほか、今年新規でDMをご希望のかたは、こちらのメールフォームよりお申込みください。


=====================

DM?宛名面-web用最終.jpg








************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************

posted by ゆりり | 16:22 | - | comments(0) | - |
今月(先月!!)のとれたて! [4月] ケール編 〜 BRUNOコラム ☆ 他 サグ・ケールなど
20180421ケールチップスのポテトサラダ.jpg


ひゃー。
すっかり遅くなってしまいましたが、BRUNOのWebサイトにて毎月連載させていただいているコラム、
先月の「ケール編」を今さらながらご紹介させていただきます。
 コラムは☆こちら☆からご覧くださいね^^ 

コラムでご紹介したケールレシピは、ケールチップスを加えたポテトサラダです。
ケールチップスは勿論油でさっと揚げてもいいのですが、
今回はBRUNOのトースターグリルを使っています。
ビニール袋にケールを入れて、少量のオリーブオイルと塩を加えてシャカシャカします。
または大きめのボウルに入れてさっくりと混ぜ合わせてもOKです。

それを、トースターグリルのベーキングトレイにクッキングシートを敷いた上に重ならないように並べて
焦げないようにパリっとするまで加熱するだけです。
油とカロリーの節約に(*´m`*)。


20180420ケールチップスのポテトサラダ.jpg


ケールチップスは勿論、そのままおつまみにしたり、おやつにしたりでも。
パルミジャーノをふったり、黒胡椒をガリガリしたりするとビールにもぴったりですよ。

ポテトサラダなどに加える場合は、食べる直前に加えて食感を楽しむこと、
少しだけ味を濃くしてアクセントになるようにするといいかと思います。


さて。
さて。さて。
こうしてケールをご紹介したわけですけれども、、、、
実は、最近、ウチの畑からケールが消えました^^;
畑のど真ん中にどーんと植えてあったのですが、そろそろ夏野菜の栽培の準備が佳境に入ってまいります。
そんな時、花がどんどん咲いてきているケールさんたちには、場所を譲っていただくことに^^;

こちらは隆盛を誇っていたころのケール、2種。


20180401ケール-6.jpg

20180401ケール-5.jpg


葉っぱが広いタイプと、カールしたタイプがあります。
葉っぱが広いほうは、形も少し変化したり、冬の間は紫色の葉っぱが多く出ていました。
冬場の成長はかなりゆっくりで、、葉っぱは固めでしたが、
暖かくなってくるとともに新しい葉っぱが出て来るスピードが早まり、新しい葉は柔らかです。
冬の野菜がなくなり、春夏の野菜を待つ畑が非常〜〜に寂しい期間、ケールにはとても助けられました。

わたしは軽くオリーブオイルで炒めて、その後蒸して塩をして食べるというのが気に入っていました。
その応用編?的なパスタがこちら。


20180409ケールのパスタ.jpg


ペペロンチーノにケールを加えたもの。
チーズ好きなので、チーズも(笑)。
生でもさっと加熱するだけでも美味しくいただける春先のケールですが
じっくりと加熱すると甘みが出て本当に美味しいですよ^^


20180419ケール入り炒飯.jpg


こちらは、ケールと同じく、畑に何もない時期に多いに助けてもらったチコリも加えた洋風の炒飯。

インスタグラムのキャプションをそのまま引用します(*`艸´)。
オリーブオイルにニンニクと唐辛子の香りを移して、
畑から収穫してきたケールとリーフチコリを炒めて取り出し、
その後ご飯、自家製ツナ、アンチョビ、ご飯を炒めて葉っぱを戻し、ブラックオリーブも。
お皿に盛ってからパルミジャーノ。

わたしはこういう味がとても好きなのです♡


そして、カレー。
もりもり、もりもり成長してくるケールを消費すべく、サグ・チキンならぬ、ケール・チキンを作ってみました。


20180501ケールカレー.jpg


作り方はわたしが作るほうれん草のカレーと同じです。
まあ、毎回少しずつ違ういい加減レシピですが覚え書きを(笑)。

ケールは固い茎の部分は除いて熱湯で茹で、フードプロセッサやミキサーでペースト状にします。
その状態で、だいたい600g弱くらいありました。
トマトは3個か4個、冷蔵庫の中で完熟状態になっていたものを4つだったかな、使いました。
皮付きのまま2㎝角くらいに切っておきます。

鍋に油とクミンシードを小さじ1くらいを入れて弱火にかけ、
香りがたってきたら市販の炒め玉ねぎを2袋加えて5分ほど炒めます。
わたしはマスコットフードの商品をずっと使っていますが(以前通ったスパイスハーブ教室がそちらの関係だったので)
他のメーカーのものでも、勿論、じっくり玉ねぎを炒めてもらっても。
ちなみに、生の玉ねぎを使う場合は2個分でしょうか。

そこにすりおろしたニンニクと生姜、それぞれ大さじ1程度(もっとたくさんでもいいし、割合もお好みで)加えます。
さっと炒め合わせると、おー、カレーだね、という香りになります。
そうしたら、カレー粉(市販のお好みのもの)を大さじ3くらいかな?(様子を見て加減)加え
炒めていくとちょっともろもろっとした状態になります。
そこにトマトと食べやすい大きさに切った鶏肉を加えます。
 ※この時は鶏の皮を除いて、さっと湯通ししてから加えました。なんとなく。

水分が足りなければ適宜水を足します。
味付けは基本的に塩ですが、わたしは塩麹も加えます。
あとは、何か足りないなーと感じたら、その足りない部分を補いそうなものを探して加えます。
この時は、何を足したかな。。。
鮎の魚醤と、プレミアムな(笑)オイスターソースだったかも。
どちらも、ティースプーンに1杯程度です。
あとは辛さが足りなければ、その時の気分でカイエンヌペッパーをふりかけたり、
生の青唐辛子(今は冷凍保存してある分)を刻んで加えたり。


20180430ケールカレー-2.jpg


生姜の千切りをトッピング。
ブラウンマスタードシードを入れてちょっとプチプチ弾けるまで加熱したオイルを回しかけます。


20180501ケールカレー-2.jpg


生姜のほか、お好みでパクチーをトッピングしても。
真夏になればバジルなんかも美味しいですよね。
まあ、自分が美味しければなんでもいいので、お好みのものをどうぞ♪


ケールは花も咲き出したので、今回の分はお終いにしましたが、近々播種する予定です。
前回は寒さに向かう時期に種を蒔いたので、発芽してからなかなか成長しませんでしたが、
今回はどんどこ成長して、ずっと楽しめるのでは?と思います。

「ケール」という名を初めて見たのは5〜6年前、初めて青山のファーマーズマーケットに行った時だったか。
・・と色々気になって過去のブログを検索しました。

なんとなく記憶には袋詰めの野菜類にケールの葉っぱが入っていたように思い込んでいたのですが違っていました。







この写真は2012年のもの、今から6年前のその当時はこういう組合わせがとても新鮮で、喜んで買ってきたものです。
250円かあ。。。
とってもおしゃれだけど、今は東京値段だなーと感じます(笑)。
青山のファーマーズマーケットの開催が待ち遠しかった自分が、
今こうしてケールのことなんかを語っているのが不思議すぎます(`m´#)。






************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************



posted by ゆりり | 09:37 | 書籍・ウェブへの掲載 | - | - |
久しぶりの食事会と、孫のお食い初め
201805044.15食事会.jpg


料理教室をいったんお休みにし、その後も単発で何かある時には連絡が欲しいと言ってくださった皆さんに向け、
4月半ばにお食事会を企画しました。
皆さんにお会いするのはとても久しぶりでしたが、本当に楽しく嬉しい時間でした。
おいでくださったのは7名さまです。
首都圏からも3名さまの参加があり、そのうちのお1人がゆりり亭公式カメラマン(懐かしい)のさくちゃんです。
今回の写真はさくちゃんにいただきました^^
さくちゃんは、今やカメラマン、フードスタイリスト、その他様々な食に関する仕事を中心に八面六臂の大活躍をしている超売れっ子です。
忙しい中、フットワーク軽く来てくれました♪


さて、久しぶりの食事会で、なかなかメニューが決められず
結局ある程度の仕込みまではしたものの、お出しする最終形態が決っていない料理がいくつかありました^^;
それで、写真を見ても、これってどういう味付けにしたんだっけ〜?というものばかりです。
皆さんに美味しいと言っていただいたので、よしとさせていただきましょう(≧∇≦)。


201805044.15食事会-5.jpg


手まり寿司です。
前回の記事にもアップしたローストビーフの手まり寿司と、紫大根の甘酢漬けの手まり寿司の2種。


201805044.15食事会-2.jpg


これは、、、と写真をじーっと見て思い出し中。。。
マリネしたサーモン(塩と砂糖をまぶして1晩置いて出た水分を拭き取り、オイルとビネガーに浸けたもの、のはず)、
アボカド、トマト、、、味付けはーーーどうしたんだったかなー。


201805044.15食事会-4.jpg


定番中の定番、茸のマリネ。
塩麹バージョンにしたように記憶しております。


201805044.15食事会-7.jpg


自家製のツナのペースト。
ツナ+ブラックオリーブ+塩漬けのケイパー+オリーブオイル、だったと思います。
美味しいパンを買ってきてもらったのでそれに合わせて。


201805044.15食事会-3.jpg


こちらも定番のパテ・ド・ゆりり。
本当に久しぶりに作りました。
毎回全く同じレシピにはならない割とアバウトな料理ではありますが、久しぶりだとやっぱり緊張します。


201805044.15食事会-6.jpg


マリネしたヤリ烏賊のサラダ。
これもどうしたんだったかなー(汗)。
ヤリ烏賊はさっと茹でて紫玉ねぎと一緒に塩レモン、白バルサミコ酢、オイル、塩胡椒でマリネしたのだと思います。
サラダのほうは葉っぱ類に、金柑(たまたま)とブラックオリーブ、パセリも。
ドレッシングはどうしたんでしょうね。
サーモンのサラダとは違うようにしたはずですけど。


201805044.15食事会-9.jpg


こちらは蛸ときゅうりと北海道アンソロポロジー・食の科学舎さんの黒千石ドライパックのサラダ。
マヨネーズとギリシャヨーグルトを混ぜ、美味しいいただきもののマスタードも加えて、
塩と胡椒で整えた、、のだと思います。


201805044.15食事会-8.jpg


温かいものも、ということでこちらはほうれん草とゆで卵のグラタン。
茹でたほうれん草を敷き詰めた上に輪切りにスライスしたゆで卵、ホワイトソースとモッツァレラを乗せて焼きました。
簡単ですが、美味しいんです^^


201805044.15食事会-10.jpg


牛すじと豆の煮込みです。
牛すじは一度茹でこぼしてから、食べやすい大きさに切り、圧力鍋にお酒・水とともに入れて圧をかけます。
その後トマトとともにコトコトと煮込み、豆を加えます。
作り置きのブラウンソースも加えてコクを出しました。





最後に苺を。
切らすのが怖い、絶対切らさない(笑)、ご近所の「おざわ農園」さんの苺です。
何もしなくてもすべてのかたに絶賛される、超絶有り難い、お助け食材ですね(*´m`*)。


結局味付けとかほぼ忘れているというか、、、
ブログをサボるようになって1番困るのは、
こういう、なかなか美味しくできたよね、というもののレシピが残っていないことです(汗)。
今回はさくちゃんが撮ってくれたので写真が残っていましたが、ヘタしたら写真すらなく
いったい何をお出ししたんだっけ?という可能性もあります。

実は今月ももう一度食事会を予定しています。
その時手に入る食材も違うでしょうから、同じ料理にはならないと思うのですが、
サーモンとかねえ、美味しかったので再現したいんですけど。。。どうなるか^^;
でも、その時その時で頑張ります(*`艸´)♡



さて、先月はもうひとつイベントがありました。
初孫のお食い初めです。
その前に、写真館で記念撮影もしました。
今の写真館ってすごいんですね〜〜〜〜。
ジジババはもうビックリです(笑)。
その写真はそのうち届くでしょうからまたご紹介できればいいなと思っています。

こちらはお食い初めの食事をしたお店で。
男の子なので夫が食べさせる役です^^


20180426お喰い初め.jpg

20180426お食い初め.jpg


孫はこの日生後100日目、すでに体重は8キロ越え。
お母さんの母乳のみなんですけど(笑)。
でも病気もせずすくすく育ってくれることは何よりも嬉しいことです♡


余談ですが、このとき、夫と2人で前泊したので、ももをペットホテルに預けたのです。
するとよく午前中、写真館にいる時にペットホテルから電話が、、、
ももが水下痢をしているので、少し早く帰ってこられませんか、と。
それで予定の新幹線を1本早めて帰宅してお迎えに行きました。
お泊まりしたペットホテルは、お部屋も広く、スタッフのみなさんもとてもいいかたばかりなんですけど、
ゴールデンはともかくストレスの弱いようですし、
超甘えん坊ちゃんに育ててしまったのはわたしたちなので、まあ、仕方ないですねー。
今後、ももを置いて旅行に行くなんて、とうてい無理ということがわかりました(T∇T)。








************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************

posted by ゆりり | 11:21 | 日常 | - | - |
簡単ローストビーフで手まり寿司とお弁当
20180401ローストビーフの手まり寿司.jpg


最近よく作るのが、簡単ローストビーフを使った手まり寿司や、お弁当。
こちらは地元の地域密着情報誌「すかっと」の最新号にも載せていただいています。

ローストビーフは色々な作り方があると思いますが、ここのところはこの方法が1番多いかもしれません。

ざっと作り方を書きますね。

牛の塊肉(400〜500g程度、安い輸入牛でOKです)を室温にもどし(冷蔵庫から出して、30分〜1時間ほど置いておきます)、
塩胡椒をし(塩の加減はお好みで、わたしは肉の1.5%程度)、
フライパンで表面を弱火で焦げ色がつくまで焼き、ホイルで二重に包み、更にラップで包みます。
それを保存用(耐熱)袋に入れて、お湯が沸いた鍋に沈めて空気を抜いて、口を閉じ
(火傷が心配なかたは水をはったボウルなどに沈めてもOK)
鍋の蓋をして、火を止め、そのまま冷めるまで置きます。
完全に冷めたら冷蔵庫でさらに半日〜1日置きます。

20180331ローストビーフの手まり寿司.jpg

20180331ローストビーフの手まり寿司-2.jpg


なるべく厚手の、蓋付きの鍋を使い、たっぷり目のお湯に入れて」ゆっくり冷ますのがコツでしょうか。
厚手の鋳物鍋などがない場合は、バスタオルなどで包んだりして急激に冷めないようにします。

これよりも大きい塊肉の場合は、お鍋があればいいですけど(笑)、
焼き色がついたら、お湯を張ったバットに網を渡してそこにお肉を乗せて、
100度のオーブンで50分程度(大きと焼き加減の好みで調整)焼くのがいいと思います。
その後アルミホイルに包んで冷めたら冷蔵庫へ。


もうひとつオマケ的な作り方を^^
もものオヤツなどを作る時の方法なのですが、BRUNOのトースターグリルで作ります。
豚のヒレ肉や豚や牛のもも肉の小さめの塊など、200g〜250g程度のお肉に向いています。
お湯を沸かしたり、大きいオーブンを温めたりする手間がなく簡単です。
トースターグリルの受け皿に水を入れて、網の上に味付けをしていないお肉(室温に戻しておく)を乗せて
12分程度焼き、アルミホイルで包んでトースターグリルの中に入れて冷めるまで置きます。
しっとりロゼのお肉が出来上がり、いつもももに切ってあげる時に美味しそうだなーと思います。

自分たち用をトースターグリルで焼くと、ついちょっと長めの時間で焼いてしまって焼き過ぎになるのですが
もも用だと多少のことは平気と思うせいか(笑)、絶妙の火の通り具合になるんですよね。
で、先日はヒレ肉の長いのを半分に切って、一方を自分たち用に味付けし、もも用と一緒に焼いてみました。
絶妙でした(*`艸´)。


20180408ローストビーフの手まり寿司.jpg


それで、焼いたローストビーフはできるだけ薄く切ります。
それを普通のお弁当にするなら並べてポン酢をかけ、

手まりおにぎり(寿司)にする場合はラップに切った肉を置き、25〜30gずつ丸めたご飯を乗せて
ラップをきゅっと握って丸くします。
ご飯は酢飯にしてもいいですし、胡麻や大葉を混ぜ込んでも美味しいです。
お肉は切ってからポン酢に浸けています。

微妙な違いですが、25gのものはひとくちで食べきれますが、30gはひとくちでは無理。
そして20gだと小さくて作りにくい(笑)。
ご自分の作りやすい、食べやすい大きさで決めていただけばいいのですが、大きさは揃えたほうが綺麗です^^

どちらも、あれば小葱、アサツキなどを小口に切ったものと胡麻を散らします。
今回、味付けは両方ともポン酢を使っていますが、お好みのものでどうぞ。







************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************





posted by ゆりり | 06:56 | お家ご飯-肉のおかず | - | - |
カブのリゾット 〜 大豆風味 ☆ そのほかいくつか
20180411カブのリゾット.jpg


最近は日が昇るのが早いので、朝6時ともなればすっかり明るくなるので
朝の散歩を復活しています(その代わり午後の散歩はお休みすることが多いんですけど(笑))。
ももと、夫と三人(?)で1時間半近く歩きます。
散歩から戻ってきてから朝ご飯の支度をするのですが、
・・・・ん?何もないぞ。
ということも、よくあります。

そんな日に作ったリゾットです(*´ー`*)。

【材料】2人分
ご飯 … 大きめの茶碗1杯分くらい(220gくらい)
カブ  … 大1個(葉付き)
丸ごと大豆ピューレ … 1袋
味噌 … 大さじ1
パルミジャーノ(粉) … 大さじ3
塩 … 小々
胡椒 … 少々

【作り方】
カブは7〜8ミリの各切りにし、葉は1センチ各くらいに、茎の部分は1センチの長さに切ります。
浅めの鍋に湯を沸かし(1カップ程度)、ご飯とカブの実の部分を入れてカブが柔らかくなるまで煮ます。
 ※水分が足りなくなりそうな場合は適宜足してください。
大豆ピューレと味噌を加えてひと煮立ちしたらカブの葉を加えます。
葉がくったりしたらパルミジャーノ大さじ2を加えて一混ぜし、味をみて塩で整えます。
器に盛り、残りのパルミジャーノをそれぞれ振りかけ、黒胡椒少々をふります。


この中で使っている丸ごと大豆ピューレは北海道アンソロポロジーの「食の科学舎」さんのものです。
コーンやじゃが芋、人参、南瓜などのピューレはよくあると思うのですが、大豆は珍しいですよね(笑)。
わたしも初めて使ったのですが、すごく濃い豆乳みたいな感じで、少し練り胡麻っぽさも感じたり。
他の野菜のピューレは甘い風味のものが多いと思うのですが、この大豆ピューレには甘さはありません。
なので逆に色々な料理に使えるかな?と思います。

それと、「丸ごと」、なんですね。
皮もピューレに含まれているのです。それはちょっとした驚きでした。
皮感がまるでないですから(笑)。
ですので、このリゾットでは大分食物繊維が採れているのではないかと思います(^-^)。
そして、お肉やお魚などは入っていませんが、腹持ちもよかったですよ。

今回の大豆ピューレとお味噌+パルミジャーノの組合わせは期待以上の美味しさで^^
夫も「これはうまい」と喜んで食べていました♪
何もない、困った時にはコレのパターンが増えました(*´m`*)。



さて、もう言い訳を言ってもしょうがないんですけど^^; 
またまた久しぶりの更新になってしまったのには色々とワケがありまして^^;
まあ、1番の理由は畑仕事が始まったということですね。
育苗中の苗を置いておいた簡易ビニールハウスが突風でひっくり返されて、
苗がメチャメチャになって大泣きするようなアクシデントもあったりしましたが、
去年よりはもう少しマシな野菜を作りたいと奮闘中なのであります。


でも、一応食事は作っていますので、少し写真を放出いたします(笑)。


20180409ケールのペペロンチーノ.jpg


採るべき野菜がほとんどない今の季節の畑で、モリモリしているケールを使ったパスタです。
ケールの種を蒔いたのが、去年の秋だったと思うのですが、冬場はほとんど収穫できませんでした。
トンネルも何もせずほったらかしで、そのうち雪に埋もれたりして「大丈夫かなー」と思っていたのですが
最近新しい葉っぱがどんどん出てきています。
ケールは青汁などで有名ですが、最近はサラダで食べるかたもいるようです。
でも、ウチのケールは(少なくともわたしは)生ではちょっとハードルが高いです^^;

わたしはオイルと塩で蒸焼きにすると甘みが出てくるので、それが気に入っています。
これはニンニクと唐辛子のいわゆるペペロンチーノにケールを加え、更にパルミジャーノをふったもの。
やたら美味しくて、感動しました( 艸`*)。


20180318鶏ハムサラダ-2.jpg


鶏ハムと、リーフチコリのサラダ。
チコリは大事に苗を作ろうとしたらなかなか発芽せず、大きくするのが大変で、
途中でいくつか苗も買ったりしたのですが、
なぜかチコリミックスという、多分ベビーリーフで食べる用の種が
バラまいただけなのにやたら発芽率、成長率がよくて、大きく育ちました。
種は本当に不思議で、全く発芽しないものもあるんですよね。
いつも種を買う時には「ホントに発芽するんだろうなー???」と疑いながら、心配しながら買っています。


20180408ローストビーフ手まりおにぎり.jpg


最近気に入ってよく作っているローストビーフの手まりおにぎり。
ご飯にすし酢を加えた手まり寿司のこともあります^^

おむすびの時は30g〜35g、お寿司の時は25gに揃えます。
まあ、、、お好みですが、ひとくちで食べられるかどうか、というところの違いです。



さて、ケールのパスタと、鶏ハムのサラダのお皿は同じものです。
それと、手まりおにぎりのお皿、すべて喜多窯 霞仙さんのもので、
今年のコラボ展の新作です。
どれも使いやすく、しょっちゅう食卓に上ります。

おにぎりの長い八角皿、手前の濃い緑色(織部)のものは参考作品で、多分展示はしないと思いますが、
もし、この色が欲しい!という方は、メッセージください(笑)。
加藤さんにお伝えしておきます^^

展示は6月20日〜25日で、早くDMを作らないと、というところです(汗)。







************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************







posted by ゆりり | 16:28 | パスタ・麺・ご飯もの | comments(0) | - |