CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Instagram
ストックフォト♪
こちらで写真の販売をさせていただいています。 時々更新しています。 よかったら覗いていみてください♪ 売りたい、買いたい!写真・イラスト素材 TAGSTOCK
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
2015年5月より、少人数制の料理教室もスタート♪
小カブと厚揚げのピリ辛炒め他 〜 収穫野菜で(2)
20170620カブと厚揚げのピリ辛炒め.jpg


昨日の記事の続きです^^
カブは昨年、まだ大きな畑を借りる前の小さな畑の一角に、適当に種を蒔いたら
思いがけずホントに美味しいカブが沢山収穫できたという、
わたしたちにとっては貴重な成功体験のある野菜で、今回も蒔いています。

しかし、、、季節が違うからなのか、場所が違うからなのか、、、
試しに抜いてみたカブに何かに齧られたようなあとが、、、、
それで、その隣、その隣、、、と抜いていったらこんなに被害が(TOT) 。

20170619虫喰いカブ.jpg


あるところから先は被害がなかったので、これ以上拡大しないようにと
小カブといっても、かなり小さめで抜き取ってきました。


20170619小カブ.jpg


まだあとこれと同じくらい残っているのを今日にでも抜いてこようと思うのですが、
被害にあっていないといいなと願っています。
最初うんと小さい赤っぽい蟻が群れていたので、蟻の食害かと思ったのですが、
調べたところ、蟻はカブなどをこんな風には食べないようでネキリムシとかいう悪者の被害のようです。
土の中に潜んでいるようなので、掘り返して捕まえようと思います(*`д´*) !

齧られたカブは頭に来て放り投げてこうようと思ったのですが、待てよ、、と。
葉っぱは綺麗だから食べられるよね、とお持ち帰り(๑´◡`๑)。


20170620カブと厚揚げのピリ辛炒め-2.jpg


カブは葉を落として四つ割にし、葉っぱはザクザクと切ります。
カブ中華鍋かフライパンに入れて油を加え、弱火ででじっくり炒め、
そこに一口大に切った厚揚げ(油抜きはしません)を入れて更に炒めます。
厚揚げが温まったら、具入り辣油(お好きな辛味のある調味料で)、オイスターソースを加え、
全体を混ぜたら葉っぱを加えて炒め合わせます。
味をみて、必要ならお醤油で整えます。
ビールやご飯が進むおかずです^^



20170616ミニ青梗菜のナムル.jpg


次は青梗菜なのですが、確か種の説明に「マイクロ」とあったと思うのですが(勘違いかなあ)、
収穫は普通に「ミニ」サイズです(笑)。


20170619ミニ青梗菜.jpg


わたしのところに限ってか、一般的にかわかりませんが、
小松菜同様、青梗菜もかなり丈夫な育てやすい葉もの野菜のように思います。
(今回は小松菜は収穫がありませんが、春先から絶え間なく育てています)

青梗菜、立て続けに大量に買ったりすることはあまりないですよね(*´m`*)。
普通は中華風の炒め物にするか、あとは角煮のようなこってりした肉料理の付け合わせにしたりかな。
わたしは今はナムルにするのがお気に入りです。

うんと小さいのはそのままの大きさで、少し大きくなったのは縦半分に切ってさっと茹でます。
水にとって絞って、あとはニンニクのすりおろし少々、塩と胡麻油適量に、白胡麻パラリ。
あっさりして美味しいです^^



20170621キャベツ焼き.jpg


次は朝ご飯によく作るキャベツ焼きを、ミニキャベツで。


20170619ミニキャベツ.jpg


キャベツ類は寒い季節(2月くらい)に種から苗を作るというのに挑戦していたのですが、
発芽しても、その後室内においておくと光が足りなくて徒長するとか、
外に出せば出したで、寒さでダメになるとか、もう、ホント、何度やり直したか。
やっとうんと小さな苗が出来て畑に定植したのはGWも間近な頃。
(だから無理にうんと寒い時期に頑張って苗作りを始めなくてもよかったのね、ってことですね(汗))
周囲の畑ではキャベツはすでに大きくなって巻いてきていました。
ウチのもようやくミニキャベツは巻いてきましたが、他の3種類(どんだけ作りたいの(爆))は
まだほんの少ししか巻いていません。
このまま待っていれば巻くのか、遅かったのね〜なのかはわかりません。
ともかく抜いてしまうこともないと思うので、待ちます(`m´#)。


20170621キャベツ焼き-2.jpg


キャベツの重さ、計っておけばよかったですが、、多分400〜500gくらいじゃないかと。
それを1個粗めの千切りに刻み、ボウルへ。
そこに薄力粉1カップ弱(180ml分くらいかな?)に、小さめ卵2個、水1カップ弱、
ハム4枚、スライスのチェダーチーズ2枚、パルミジャーノ大さじ2くらい、塩ほんの少しを加えグルグル混ぜます。
油を少し敷いたフライパンに流し入れて、ぎゅぎゅっと押さえて片面15〜20分くらい焼きます。

今回はハムとチーズの残りものを入れましたが、ほかにはちりめんじゃことか、干し桜海老とか、
旨味の出そうなものを適当に入れています。
とりあえずチーズが入ると美味しいかなあと個人的には思っています(笑)。




20170619ヤングコーン.jpg

20170619焼きヤングコーン.jpg


これはトウモロコシから間引いたヤングコーン。
トウモロコシは1本の苗に1本作るのが基本だそうで、それ以外に横のほうから出てくるのは取ってしまうそうです。
それがヤングコーン。
生でもイケるようなのですが、皮付きのままオーブントースターで焼きました。
塩をパラリとふっただけですが、これは旨い♡
まだまだ採れるはずなので楽しみです^^



20170619インゲン.jpg


インゲンなのですが、、、
インゲンね、どういうふうに実がつくのか、実は全くわかってなくて^^;
気がついたらたくさんついていたんですね。
でも大分ごっつくなっているのもあって、勝手に「これは固いに違いない」と思って
長めに茹でてしまったら、茹ですぎて(滝汗)。
せっかく美味しかったはずなのに、なんだかぐんにゃりしてしまい。
茹でたそのままも食べたのですが、見た目があまり美しくなく、歯応えもよくなく(×_×;)、、、
その後炒飯に入れてしまいました。
でもね、味は甘みがあってすごくいい感じだったんですよ。
それだけに残念でした。
これから収穫するものはさっと茹でを心がけようと思います。



20170620ミニきゅうり.jpg


オマケ的なこちらは、庭のプランターで育てているミニキュウリ。
10センチくらいのもの。
初収穫で記念撮影。
このままパリッと齧っていただきました(夫と半分こ)。
瑞々しくて美味しい〜♡
畑の普通サイズのきゅうりの収穫も楽しみです^^


さて。
昨日の雨で(こちらは大雨というほどではありませんでしたが)畑がどうなっているか。
また雑草が元気になっているのか(げんなり)。
ともかく様子を見てきましょう。




間もなくの二人展。
 ※DM発送のお申込は締め切っています。
会場でお待ちしています^^

今回のお料理も、ヤングコーン以外は喜多窯 霞仙さんの器です♪



DM?宛名面-OL化-webサイズ.jpg
DM-写真面-OL化-webサイズ.jpg


************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************
posted by ゆりり | 09:20 | 家庭菜園・野菜作り | comments(0) | - |
スイスチャードのおにぎり他 〜 収穫野菜で(1)
20170620スイスチャードおむすび-2.jpg


いつぐらいからなのかわからないのですが、スイスチャードのおにぎりが流行っているようです。
スイスチャード、日本名は不断草(ふだんそう)と言います。
わたしが初めて見たのは、花ズッキーニと同じく、青山のファーマーズマーケットでした。
確か、京都の八百屋さんが売っていたと思います。
ほうれん草の仲間で、ちょっとアクが強いと言われたと記憶しています。
その後見かけた時には買っていましたが、パスタに使うことが多かったです。
それが、こんな風におむすびにするなんてねえ(笑)。
本当にアイディアのあるかたっているんですねー。

スイスチャード、どんな葉っぱかご存知ないかたのために。
ウチで収穫したものです^^


20170619スイスチャード.jpg


作り物めいた色の茎と葉脈を持つ、不思議な野菜です。
葉っぱが紫色っぽく出るものもあるようです。

スイスチャード=不断草は、絶え間なく栽培できることから「不断」という名がついているそうです。
夏の暑さにも強く、冬の寒さにも強く、病害虫にも強く、育てやすいと。
しかーし。
わたしが育てていた時には、アブラムシがわんさかやってきて、まあ、まあ、まあ、、大変でした^^;
途中でもうやめてやり直そうかと思ったのですが、なんとかここまで育ちました。
夏場は植物由来など、安全な農薬を適正に使うのがいいのかもしれないですね。

余談ですが、、、アブラムシがもぐりこんで丸まっている葉を広げて1枚ずつ流水で洗い流しましたが
熱湯で茹でたら、そのお湯にもわんさかアブラムシが、、、
そしてその後、水にさらしたら、またそこにもアブラムシが。
完全に何も出なくなるまで、何度洗ったことか(◎_◎;) 。
無農薬がよい、とおっしゃっている皆さまも、もしかしたらその下処理の間に出たアブラムシを見たら
ぎょえ〜となって捨てたくなるかもしれないですね(爆)。


20170620スイスチャードのご飯.jpg


さて、スイスチャードのおにぎりですが、色々な作り方があると思います。
おにぎりですから、まあ、自由にやればいいのではないかと。
わたしが今回の作り方をざっくりご紹介します。

スイスチャードはさっと茹でて葉の綺麗なところを選びます。
(わたしのはアブラムシにやられたところをちぎったりして結構ボロボロっとしていました(汗))
茎の部分は切り落して、5ミリ幅くらいに切ります。
ついでにボロっとした葉っぱも刻みます。

ご飯に塩と胡麻油を適量加えて混ぜ、刻んだスイスチャードの茎と葉、ちりめんじゃこを加えて更に混ぜます。
白胡麻を加えても美味しいですね^^
ご飯を50gくらい計って丸め、スイスチャードの葉に塩をほんの少しふって、包みます。


20170620スイスチャードおむすび-3.jpg


スイスチャードの葉を塩を入れた湯で茹でるよりも、
海苔に塩をするように、茹でた葉に塩を少ししたほうが味が締まると思います。
スイスチャードでなくとも、青菜なら同じ方法でなんでも作れるかと思いますが、
やはりこの独特の色がいいのでしょうね^^
時間がたっても(というよりある程度たったほうが)美味しいのでお弁当にも向きますね^^


20170619スイスチャードとツナの和え物.jpg


これは茹でたスイスチャードと自家製ツナを和えた、サラダと言うか、なんと言うか?
マヨネーズにツナのオイルも加えています。
ふりかえてあるのは、胡麻ではなく、キヌアのパフです^^



さて、この時(一昨日)収穫した野菜ですが、、、


20170619収穫野菜.jpg


スイスチャード、小カブ、ミニ青梗菜、ミニキャベツ、春菊、おかひじき、スベリヒユ、インゲン、ヤングコーンです。
採れる時には結構採れてしまうのが家庭菜園ですねー。
ウチはどれも少しずつしか栽培していないんですが^^;

この中のスベリヒユは、育てているワケではなく、畑に生えている雑草です(笑)。
野菜より何より、どんどこ出て成長している雑草を必死で抜いていたところ、
お隣の畑のかた(大ベテラン)が「これ知ってる?食べられるんだよ」と教えてくださったんです。
そのかたは山形出身だそうですが、山形県ではよく食べられるとのこと。

これです。

20170619スベリヒユ.jpg

ちょっと酸っぱい味がして、ぬめりがある野草とのことでした。
でも、土手などで採ると酸味が強いけれども、畑に生えているのはそれほどでもないとも。
わたしも茹でてみましたが、酸っぱい感じはなかったです。
それよりもシャキシャキした歯触りが、思いがけず美味しくて、得をした気分^^


20170619スベリヒユのおひたし.jpg


辛子が合うようで、ちょっと包丁で叩いてから、辛子醤油を絡めていただきました。
ちょっとしたおつまみにいいですね^^


それと、おかひじき。

20170619おかひじき.jpg


これもお隣さんから(笑)。
実は、以前いただいたら美味しくて褒めたところ、
栽培しているおかひじきを10センチ角ほどむしって分けてくださったのです。
それを2本くらいずつの細い苗に分けて、50センチ角くらいの畑に植えたところ
暫くしたら見事に根付いていて、今ではワンサカ採れます。
すごい増え方ですよね〜!
先端のほうの柔らかい部分だけを摘み取っていくとまた新しい芽が出てくるのでそれを採ります。
採りたてのものは生でも食べられましたが、カサが多くて減らないので(笑)、
今回はさっとお湯を通しました。

20170619オカヒジキとじゃこの和え物.jpg


これは、お醤油とごま油で和えて、ちりめんじゃこを加えました。
クセがなく、歯触りを楽しむ野草だと思います。
お醤油でも、マヨネーズでもなんでも合わせやすいですよ。

おかひじきも、もとはと言えば野草。
クレソンやセリなんかもそうだし、もともと野草だったものが栽培されたりしています。
スベリヒユを食べるのも普通のことなんですね(*´m`*)。



他の野菜につきましては、次回に(๑´◡`๑)。



ひらめき7月のお教室につきまして

来月は準備が間に合いませんので、通常の教室はお休みいたします。
教室に参加くださったことのある皆さま対象に、食事会(お楽しみ会)を2回開催いたします。
すでに、両日とも満席となっております。
8月以降の教室につきましてはまた改めてお知らせいたします。




二人展、1週間後に迫っています。
DMの発送は締め切られていただいています。
会場でお待ちしています^^


DM-写真面-OL化-webサイズ.jpg

DM?宛名面-OL化-webサイズ.jpg





************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 10:01 | 家庭菜園・野菜作り | comments(0) | - |
今月のとれたて! [6月] 花ズッキーニ編 〜 BRUNOコラム
BRUNO6月コラム-花ズッキーニ.36.jpg


3月から毎月BRUNOの公式サイトで掲載していただいているコラム、6月分がUPされましたので
よろしかったらご覧になってくださいね^^ → コチラ

今回使用しているのはBRUNOのグリルポットです。
わたしは蒸し物にもよく使うのですが、可愛い上に煮る、揚げる、焼く、蒸すと多機能の優れもので、
そのどの機能も中途半端ではなく、お気に入りのキッチン家電(の分野?)です♪


さて花ズッキーニを初めて知ったのは、5年前だったようです。
あの頃は毎週のように青山のファーマーズマーケットに行っていたんだなあ、と懐かしく思い出します(笑)。
東京に全国各地から珍しい野菜、高級野菜がやってきていて、ワクワクしたものです。
でも今は、珍しい野菜はほぼ手に入らないけれども、
地元で朝採ったばかりの、季節ごとの新鮮な野菜がいつでも手に入りますから羨ましくはないです(*´ー`*)。
それに、珍しい野菜は自分で作ればよい、
もっと言えば、日々の野菜は自分で作る、いずれ自給自足に(爆)という野望もありますし。

そんな野望のひとつ(`m´#)がこの花ズッキーニだったワケです。
ズッキーニは雄花と雌花が咲いて受粉すると雌花のほうが実になるんですね。
でも、雄花と雌花、タイミングよく同時に咲くとは限らないわけです。
なのでそんな時は綺麗で大きな花も食べちゃいましょう、ということなのですが、
今回わたしが育てているのは、花を食べる専用の品種なんですね。
種の説明には、「ほとんど雌花はつきません。大きな雄花がつきます」というようなことが書いてあります。
 (一般的には雄花のほうが美味しいと言われているようです。)

が、、、、なぜか雌花がいっぱいつくんですよね〜(笑)。
いいんですけど、可愛いから。
それに、ズッキーニの花って、見た目は可愛いですが味は主張しませんしねえ(*´m`*)。
・・・わたしが味オンチなだけかもですけど(汗)。

たまたま雄花と雌花が同時に咲いたことがあって、受粉させたのですが実は大きくなりませんでした。
やっぱり実を育てるのは無理な品種なのかもしれません。

そして、今朝は雄花だけが3つ咲いておりました!


20170615花ズッキーニと紫パプリカ.jpg


ついでながら、隣に置いたのは、紫パプリカです。
種から必死に育てているものです。
初めての実は小さいうちにとりましょう、ということなので今朝、収穫しました。
パプリカって、最初緑色で色づくまでに1ヶ月くらいかかるということだったので、
最初の実は緑色のものを収穫することになるんだろうなあと思っていたのですが、
こんな小さくて、緑色にならずに濃い紫色になりましたが、、いいのかな、これで。



さて。また花ズッキーニに戻ります。


20170612花ズッキーニのパスタ.jpg


こちらは、普通のズッキーニ(?)のパスタに、たまっていた花ズッキーニをトッピングしたパスタです。
ダブルズッキーニのパスタ、ってところです^^
ズッキーニは「はたけんぼ」で購入したものです。
普通のズッキーニは畑で育てていて、まだ実ができていないのです。
ちなみに花ズッキーニのほうは、早めに苗を作ってプランター栽培しています^^


2人分のパスタに大きめのズッキーニ1本を使っています。
半月切りにして、ニンニクの香りを移したオリーブオイルでじっくり加熱します。
味付けはコンソメと塩麹ペースト。

花ズッキーニのほうには、自家製のツナとシュレッドチーズを混ぜたものを詰めて、別に焼いています。
詰め物のツナとシュレッドチーズが残ってしまったので、
茹で上がったパスタとズッキーニを合わせた時に加えてしまいました。
チーズが溶けてパスタに絡んで美味しい(*´m`*)♡


なかなか花ズッキーニは売っていないと思いますが、
ご自分でズッキーニを栽培するとこういう楽しみもできますので、
苗を見つけたらズッキーニ栽培に挑戦してみてはいかがでしょう。
勿論、実のほうも大きく育てたいですね^^
大きめのプランターで栽培できますよ♪





DM-写真面-OL化-webサイズ.jpg


DM?宛名面-OL化-webサイズ.jpg








************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************

posted by ゆりり | 10:01 | 書籍・ウェブへの掲載 | comments(0) | - |
じゃが芋初収穫
20170613蒸しじゃが芋.jpg


初めてのじゃが芋栽培、ドキドキの初収穫(試し掘り)をしました。
実はじゃが芋の種芋はネットで購入したのですが、届いたのが1月半ばくらいだったか。。。
箱に入れて置いておきましたが、ひと月もたつと芽が出て来るし、いつ植えたらいいんだろうと悩んでいました。
テレビの園芸番組や、園芸雑誌などを見ると3月になったら植えてもいいような感じ。
ウチも早く植えたいと思い、種芋を切って3日ほどお日様に当てて切り口を乾かしました。

で、植えつけたのが3月11日でした。
そして。。。
早い。早過ぎる。
周囲のかたの意見はそんな感じでした(汗)。
この辺りの3月はまだ真冬みたいな気候なので、出てきた芽が遅霜に当たったりしたら枯れてしまうと。
他の畑のベテランの皆さんも、まだ植えている気配はゼロ。
3月末頃にはどかっと雪も降って、、あ〜、やっちまったか。
そんな感じでした。
そしてまだ出ない、まだ出ない、まだ出ない、、、と毎日毎日畑を眺めては後悔する日々。

そんなある日、、、ある時、土がむくっと盛りあがっているような箇所を発見。
生きてる!
少なくとも1本は!
そうして間もなくゴールデンウィークになろうかという頃に、ほとんどの苗が出そろったのでした(*´ー`*)♡

それから恐る恐る、初めての芽かき作業をし、あっという間にじゃが芋の苗は巨大化。
初めてのこととはいえ、何も知らないとほんとに驚くことばかり。
可愛く小さく、芽かきなんかしなくていいんじゃない?と思っていた苗が成長する速度はもの凄かった(◎_◎;) 。


植えたじゃがいもは3種類。
男爵、インカの目覚め、デストロイヤー(グランドペチカ)。
20日ほど前の花の様子。

20170523じゃが芋の花-2.jpg

男爵

20170523じゃが芋の花.jpg

インカのめざめ

20170523じゃが芋の花-3.jpg

デストロイヤー


どれも綺麗な花ですが、デストロイヤーの花付きが1番よくて色も鮮やかでした。


で、初めての試し堀りは昨日。
また気持ちが焦っていて出来てもいない芋を掘り、「やっちまったか」ということにならないか、ドキドキでした。


20170612じゃが芋.jpg


じゃーん!
出来てました!!!
手前の白っぽいのが男爵、奥の色の濃いのがインカのめざめ、1個しかない赤紫っぽいのがデストロイヤー。
インカの目覚めは男爵に比べると収量は7割程度とのことなのでまあ、いいかという感じですが、、、
デストロイヤーllllll(-ω-;)llllll
どうした。
・・・でもよく見るとデストロイヤーはまだまだ花盛りで、葉っぱも茎も元気なのでちょっと早過ぎたのかも。
(そう思わないと悲し過ぎる)
ともかく、男爵とインカのめざめは出来ていたので、ほんとうに本当に嬉しくて、テンションマックスでした^^
3種類、最終的に何個くらい収穫できるのか、わくわくしています♪

玉ねぎも大きいのが出来ていました。
・・・とはいえ、分けていただいた苗は40本ほどで、玉ねぎの形になったのは半分くらい。
これほど大きく育ったのは5〜6個くらいかな。
あとはテニスボールくらいだったり、中にはピンポン球くらいのものも^^;
でも、嬉しいです♡
来年はもっと上手に育てられる気がします!


あ。それで、初じゃが芋ですが、、、、
じゃが芋なんて珍しくもなんともない、当たり前の野菜なのに、
自作の初収穫となると、どうやって食べるのが1番ふさわしいか(笑)、
それよりなにより本当に美味しいのか、など、色々考えてしまいます。

で、まあ、最初はシンプルに蒸すのがいいかな、と今朝、蒸してみました。

バターにはすりおろしたニンニクと刻んだパセリを混ぜ、
サワークリームにはディルと黒胡椒を混ぜました。
あとは、プランターでそろそろとう立ちしそうだったレタス類を収穫したのでそれと、
スモークサーモンを合わせてじゃが芋のワンプレート(๑╹ڡ╹๑)。
ゲランドの塩もパラっと。


20170613蒸しじゃが芋-2.jpg


まあねえ。
じゃが芋ですから(笑)。
それ以上でも以下でもない、というところなんでしょうが、
やっぱり美味しいです♡
人生の中で1番美味しいじゃが芋でした(*`艸´)♪

早くも来年はどんなじゃが芋を作ろうか、考え始めています(笑)。





もうあと2週間ほどで始まります^^
今回のお皿も喜多窯 霞仙さんのものですよ♪


DM-写真面-OL化-webサイズ.jpg

DM?宛名面-OL化-webサイズ.jpg









************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************
posted by ゆりり | 10:36 | 家庭菜園・野菜作り | comments(0) | - |
アイスクリーム作り
20170608アイスバー.jpg


今月の教室のメニュー、作るものや作業は結構あるのですが、
品数(皿数)として少し寂しいような、、甘いものがあったほうがいいかも?
でも、それを作る時間はとうていないよね、、
じゃあ、あらかじめわたしが作ってお出しするか?ということでふと思いついたのがアイスクリーム。
そろそろ季節的にも冷たいものがいいかなと。

そして、アンバサダーを務めているBRUNOの懇親会の時に可愛らしいアイスクリームメーカーを見ていたから。
  → コチラ
今、写真を撮ろうと思ったのですが、カップを冷凍庫で冷やしているところでした(汗)。

・・・・ところで懇親会は3月末でした。
リポートしようと思っていたのに、そのままで(滝汗)。
で、その時は、正直アイスクリームメーカーはわたしには縁がないよねえと思っていたのです。
でもね。
突然、アイスクリームメーカーを使ったら超簡単に美味しいアイスクリームができるの?と思い立ってお願いしました。
届いたモノを見て、最初は正直「これで大丈夫?」と思いました^^;
なぜならば、まるでオモチャのような、、というと語弊がありますが、
「マシーン」というイメージとかけ離れた可愛らしいものだったからです。
で、とりあえずそろそろと作ってみたのがコチラ。


20170603アイスクリーム.jpg


カボチャのピューレを練り込んだジェラート。
そしてミルクのほうは、バットに流し込んだ生地をいったん固めてフードプロセッサにかけてまた凍らせたもの。
アイスクリームメーカーは一度使うと、
その後ちゃんと(?)室温に戻して、また10時間くらい冷凍庫に入れないといけないので
立て続けに作るということができないんですね。
この時は、教室で最大5名様に召し上がっていただくことを考えてアイスクリームメーカーで1種類を作りましたが、
上記でご紹介したBRUNOのサイトをご覧いただくとおわかりになると思うのですが、
カップが2つあって、一度に2種類のアイスクリームを作ることができます。
1つのカップに材料が200mlまで入るのですが、出来上がりとしてはそれが小さなカップで3人分くらいでしょうか。
たくさん食べたいかたは、そのカップごと抱えて食べてもいいかもですが(`m´#)。


アイスクリームのレシピは、ネットで検索してもたくさん見つかると思いますし、
本もたくさん出ていますので、
わたしも含め、アイス作り、アイスクリームメーカー初心者のかたは色々調べてから作られるといいと思います。
レシピは人それぞれ、千差万別ですので、ご自身で作りやすそうと思うものをまずひとつ作ってみると、
アイスクリームメーカーの理屈というか、家でアイスクリームを作ることが理解できます(笑)。

最初に作った2つのジェラート(卵が入っていません)が夫にとても好評だったので
続けてまた作ろうと思ったわけですが、
手作りアイスバーの写真を見かけて、突然それを作りたくなり、アイスバー作りの型をポチ。


20170608アイスバー-2.jpg


アイズバーの型は、100均などでも売っているそうです。
わたしが買ったものは一度に80ml×6本ができるものだったので、3本ずつ、4種類作りました。

凍らせていないものをそのままバーに流し込んで冷凍庫で固めたものもありますし、
アイスクリームメーカーで作ってから型に入れたものもあります。
材料は勿論ですが、作る行程によって口溶けの感じも違ってくるようで、色々試したくなります(^-^)。

この写真のものは、上からチョコレート、ミルク(最初に作ったものとほぼ同じ材料)、
苺とヨーグルトのマーブル、苺ジェラート。
どれも卵黄は入っていない、あっさり目のものです。

写真撮影していると、どんどん溶けてきます(◎_◎;) 。
やはり市販品と違って、色んなものが入っていないからなのかな?と思いますが、、、
撮影は瞬時にやらないと、です。





教室では南瓜のジェラートをお出しするつもりだったのですが、
本をパラパラと見て目に止まって作ってみたのがこのチョコレートっぽいもの。
こちらも作ってみて、生徒さんたちに試しにどちらがいいですか?と伺ったところ、
皆さんこちらがいいということで(笑)。
(カボチャのほうもさっぱりして美味しいと思うんですが(*´m`*))



料理も、お菓子も、そしてアイスクリームもそうですが、
レシピ通りに材料を揃えても、作り方をその通り守っても、本のような結果にならないことはよくあります。
そして、レシピ自体も「???」と思うものもあります。
その料理を作り慣れている料理家さん、レシピ本の校正のかたなど、
まっさらな状態でそのレシピに向き合う読者の目がなくなっていることもあるのかもしれないなあと感じます。

わたしはたいしたこともできませんが、教室も含め、レシピを書く時には気をつけなければなと思います(笑)。

いずれにしても、0からスタートの初挑戦分野のものを作る場合は
1冊ではなく複数の本を参考に(図書館なども利用して)、
便利なネットでの検索も、同じようなレシピも複数のサイトで確認して作るのがよいかと思います。


わたしももう少し色々作ってみて、自信を持って「これは美味しいですよ」というのができれば
ご紹介したいと思います(*´m`*)。
手作りアイス、市販のものより多分、ずっと美味しいと思います。
わたしは市販のアイスクリームなどはほぼ食べませんが(食べられないというか)
自分で作ったものは、とても美味しく感じます(๑´◡`๑)。
何が入っているのかもわかっているので安心ですしね♪



オマケ。
今月の教室メニュー。
これにジェラートがつきます^^


201705312017.6-教室メニュー.jpg





コチラも間もなくです♪


DM-写真面-OL化-webサイズ.jpg

DM?宛名面-OL化-webサイズ.jpg








************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 09:23 | スィーツ | comments(0) | - |
ぐるぐる海苔巻き
20170601ぐるぐる海苔巻-2.jpg


ここしばらく「ぐるぐる海苔巻き」がわたしの中でちょっとしたブームになっています。
本当はののじ巻きというのかな?

全形の海苔でも作りますが、半切の海苔だと巻きすも使わずに簡単に巻けるし
色々な種類をちょこっとずつ作るのにもいいので、もっぱら半切の海苔を使っています。
ご飯は酢飯にすることもありますが、普通のご飯に色々なものを混ぜ込んだり、
塩と胡麻油を混ぜてから他の具も混ぜたりと、その時々で思いつくまま作ります^^


これは酢飯を作って、卵焼きを焼き、あとはきゅうりに市販のお漬け物を何種類か混ぜています。
手前右は、ブラックオリーブを混ぜ、チーズやハムを巻き込んでいます。
ほんと、なんでもありですね(笑)。


ぐるぐる海苔巻.jpg


これは、酢飯にしたんだったかな、、、??
焼いた鮭や薄切りきゅうりの塩揉み、桜漬け大根、胡麻などを混ぜたご飯をそのままぐるぐる撒いています。


20170516ぐるぐる海苔巻-2.jpg


これもあるものを適当に巻いたものですね。
ツナとか、アスパラガスとか、野沢菜とか?赤いのはパプリカだったかな?
まあ、忘れてしまうくらい適当なんですが(笑)、
そんな適当な組合わせでも不思議なことに、こりゃ不味い!という感じにはならないんです。

おにぎらずも楽しいですが、このぐるぐる海苔巻も楽しいです^^
酢飯にしない時は、海苔に塩を振ってから巻くと味がしまります(おにぎらずやおにぎりと同じ)。


四海巻き.jpg


これはぐるぐるじゃないですが、ネット動画を見てどうしても作りたくてつくったもの。
四海巻きというようです^^
見た目は面白いんですけど、ちょっと食べにくいですね(`m´#)。
もう少し上手に作りたいと思って、この後も2度ほど作ってみたのですが、
この最初のが結局今のところのベストです^^;



さて、早いものでもう6月です。
喜多窯 霞仙さんとのコラボ展も今月末からスタートです。
霞仙の当主加藤さんも制作の追い込み中、わたしも写真のラストスパートです。
今回の海苔巻シリーズを盛った器はすべて喜多窯 霞仙さんのものです。


おまけ。

20170602カレー.jpg


これは今日のお昼のカレーですが、こちらのお皿も霞仙さんのもの。
手前のぐるんと太い渦巻き模様が印象的なお皿は「馬の目」と言って、伝統的な柄です。
今回の展示のために、新たに焼いてもらいました。
現代の食卓の色々なシーンで活躍してくれそうな柄だと思っています^^
どっしりと重みのある器は、使い込むうちに貫入が出きたり、色が変わってきたり育てる楽しみもあります。
ぜひ見ていただきたい器のひとつです。

奥のお皿は、向田邦子さんがお好きだったという鉄彩柄。
この模様は、最初のコラボ展の前に喜多窯 霞仙さんの工房にお邪魔した時にわたしも一目惚れして
ぜひ出してくださいとお願いしたもので、今回も新しいラインを追加して登場します^^
ゆったりしたサイズの大皿から、小さめのものまでお好みのものを見つけて欲しいシリーズです♫





DM-写真面-OL化-webサイズ.jpg

DM?宛名面-OL化-webサイズ.jpg





************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************



posted by ゆりり | 13:36 | パスタ・麺・ご飯もの | comments(0) | - |
自家製ツナで今シーズン初の冷製パスタ
20170522自家製ツナの冷製パスタ-2.jpg



昨日の明け方より体調を崩しております。
下痢嘔吐発熱、、という、流行のウィルス性の腸炎のようです。
昨日は丸々一日ベッドからほぼ動けず(でもお手洗いは行かねばならぬ)でした。
今日もまだ熱はあるのですが、高熱ということでもなく7度台半ばをキープという感じです。
どうなんでしょうね。
わたしは7度を過ぎると結構ダルダルな感じになってしまうのですが、、そのくらい熱のうちには入らないのかな。

というわけで、昨日から今にいたるまで固形物は口にしておりません(×_×;)。
一応スポーツ飲料や水、トマトジュースなどを飲んでしのいでおります。。。
ご飯が食べられない、作る気も起きないというのは、ほんとうに情けないものです。

さて。
このパスタですが、数日前の暑い日のお昼ご飯に、畑仕事から戻ってきて作りました。
今シーズン初の冷製パスタです。
野菜がたっぷりのサラダ仕立てです。

作り方はとてもざっくりです^^
2人分の見当です。

クレソンを結構山盛りで、太い茎は取り除きます。
ミニトマトは10個くらい小さめに切ります。
スナップ豌豆は茹でて、縦に半分に割ります。

茹でたパスタを氷水に取り、十分冷やしたらザル等にあげて水気を切ってから更にキッチンペーパーで水を押さえます。
それをボウルに入れて、オリーブオイルを適量回しかけて全体に馴染ませます。
クレソンとミニトマトを加えてさっくり混ぜ、白バルサミコ酢(お好みのお酢)と塩レモンを加えて和えます。
味をみて塩気が足りなければ塩少々で整えます。
器に盛り、自家製のツナをトッピングして、スナップ豌豆も飾ります。

黒胡椒を挽き、お好みでオリーブオイル少々を回しかけます。


20170522自家製ツナの冷製パスタ.jpg


パスタを茹でる時にいつもより多めの塩を加えるとよいと思います。
それでも味をみて塩が足りなければお好みの味になるよう塩をしてくださいね^^
塩レモンがない場合も、レモン汁を絞り、塩で調味してみてください。

葉っぱ類はクレソンじゃなくても、お好みのサラダに使う葉っぱならなんでもOKです♫
さっぱりして美味しいですよ^^
自家製のツナは4月の教室で作ってから、なんとなくほぼ切らさずにストックしています。
今の作り方がいいみたいですね(^-^)。



今夜の晩ご飯は、夫にレトルトのお粥を買ってきてもらうことになっています。
あーあ。
ほんと、参りましたllllll(-ω-;)llllll






ひらめき6月のお教室 - ラップサンドの献立

*ラップサンド(3種の予定)
*ボリュームサラダ
*季節野菜のスープ または スムージー  

 
ラップサンドは市販のトリティーヤの皮を使って、タイプの違う具材を3種、包もうと思います。
基本的には野菜たっぷり、でもボリュームもあって食べ応えのあるものを考えています。


【開催日】2〜5名様で開催いたします。 
9日(金) … 中止 
10(土) … 満席
17日(土) … 残2名さま
18日(日) … 満席 



*教室へのお問合せ、お申込はHPのお問合せフォームよりお願いいたします。

万が一お問合せフォームでお送りくださったのに丸一日たってもこちらからご連絡がない場合は、大変恐れ入りますがブログの最新記事にその旨コメント欄にお残しください。
その場合、メールアドレスを記入する欄がありますので、そちらにアドレスを書いてください(ここには掲載されません)。

ブログやHPに教室の案内を掲載する前日に、これまで教室のご参加くださったかた、また事前にメールアドレスを登録いただいた方にご案内をお送りしています。
お教室への具体的な参加予定がまだないかたでも、今後早めに日程等をお知りになりたいかたは上記フォームよりご連絡ください。




DM-写真面-OL化-webサイズ.jpg


DMをお申込みくださったみなさま、ありがとうございます。
これまでお申込みいただいたみなさまには、DM発送済みです。
また、ご連絡いただいたみなさまにはこちらからメールのお返事も差し上げていますが、
数日たってもメールもDMも届かないということがありましたら、
恐れ入りますが、最新のブログ記事にその旨コメントくださいね。
本名を書く必要はありません。
またメールアドレスは本文ではなく、コメントを書く時にある欄に御記入くださいね^^

引き続き、DMのお申込み、受け付けております♪
お申込はHPのお問合せフォームよりお願いいたします。





************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************
posted by ゆりり | 16:37 | パスタ | comments(0) | - |
ガーリックハーブチキン
20170520ガーリックチキン.jpg


最近ネット動画が当たり前になってきていますが、料理の動画も本当に多いですよね。
わたしもFBでいくつかのサイトを登録してあって、ふと惹かれたものを作ったりしています。
動画のよいところは、直感的に作れることではないでしょうか。
説明を聞かなくても(言葉がわからなくても)、知った食材の組合わせならなんとなく作れてしまう。
完全に同じものでなくてもいいんです。
あ、こんな料理もあったよね、と思い出すヒントにもなります^^

そんな感じの今日の一皿(*´m`*)。
  もとのサイトはコチラ → 


【材料】
鶏もも肉 … 1枚
アスパラガス … 10本くらい(太くないもの)
ニンニク … ひとかけ
オニオンミンス … 小さじ1くらい
ミックスハーブ(ドライ) … 適量
オリーブオイル … 大さじ2くらい
塩・胡椒 … 少々

【作り方】
鶏もも肉は5センチ角くらいに切り、軽く塩胡椒をします(1枚を6等分くらいの見当)。
フライパンにオリーブオイルとみじん切りにしたニンニクを入れて火にかけ、
続いてオニオンミンスとミックスハーブを加えてふつふつとするまで加熱します。
鶏肉を皮目を下にして焼き、焼き色がついたら裏返します。
鶏肉にほぼ火が通ったら、5センチくらいの長さに切ったアスパラを加えて炒め、
蓋をして鶏に火が通るまで数分蒸焼きにします。


20170520ガーリックチキン-3.jpg


オリジナルはオリーブオイルではなくバターでした。
作る時に再確認しておけばよかったのですが、、、オリーブオイルでも問題なく美味しかったですが
うーん、バターだったらよりカリッとしてコクがあって美味しかったかも。
オニオンミンスは、オリジナルはパウダーでしたが、いずれにしてもあまり常備されていないかも?
ニンニクがしっかり効いているので、なくてもいいと思います(笑)。
ハーブは今回、海外旅行のお土産でいただいたエルブ・ド・プロヴァンスがあったのでそれを使いましたが
お好みのミックスハーブ、またはお好みで数種のハーブをブレンドして使っていただければと思います^^
ブレンドする場合、組合わせは難しく考えずに、好きなものを小さなお皿などに取って混ぜて
香りをクンクンしてみていい感じだなと思えばそれでOKです。
できればフリーズドライタイプではなくて、エアドライ(あまり色が綺麗ではない昔ながらのヤツです)がいいと思います。
加熱するのでフリーズドライでは香りが飛んでしまいます。



20170520ガーリックチキン-2.jpg


さて、これがね、夫にあまりウケなかった料理です。
わたし的にはすごくいいと思ったんですけど。
ニンニクとハーブが程よく効いたしっとりした鶏肉と、旬の甘いアスパラガス。
簡単に短時間で出来るのに、とても美味しくて満足できる一皿でしたが、、、
なんなんでしょうねえ(・ัω・ั; ) 。

まあ、それはそれとして(`m´#)。
海外の料理の動画も気楽に見られるようになってとても面白いのですが、
やっぱり食文化の違いというのか、日本では(特にここいらへんというか、田舎では(笑))
あまり見ない、馴染みのない食材もありますし、そんな大きなポーションの肉や魚はないでしょうとか、
そんなにその野菜は使えない(価格的にも)というようなものとかも結構ありますね。
今回のアスパラガスも、動画で見たら「なにこれ」というくらい大量に使われていました。
幸い?というか、今の季節、こちらのファーマーズマーケットでは、新鮮な朝採りのアスパラガスが安く出ています。
こういう使い方をする細めのアスパラガスは更にお買い得感があります。

アスパラガスの季節が終わったら、、、パプリカなんかもいいかもしれないですね。
実は、、、(*´m`*)
パプリカを育てているのです。
種からチャレンジしている、紫と赤と黄色とオレンジ。
保険のため、オレンジの苗と、3回色が変わる(??)とかいうパプリカの苗も1個ずつ買っています。
種が発芽するために必要な温度が高いこと、うまく発芽してから苗になるまでとても時間がかかることなどから
素人はとりあえず苗から始めなさいと書いてある本がほとんどだったのに、無謀に挑戦です。
大事に大事に育てて立派な(?)苗になって数日前に畑に定植したところですが、
パプリカは完熟して色が出るまでかなり日数がかかってしまい、
その間に雨にあたったり、風にふかれたりすると傷んだり、ダメになってしまったりするらしく
そもそも露地栽培は難しいそうなんです。

どうなるかわからないけど、うまくいけばパプリカ天国になるはずなのです♡
あーあ、、とガッカリすることになるか、数ヶ月後(いつ頃になるのかなあ)にウハウハしているのかは神のみぞ知る。



今日も暑そうですが、この夏は野菜まみれになることを夢見て、午前中は畑に行って作業してきます^^


♫ここで使っているお皿は、今度の二人展に出品される新作です。
 わたしのリクエストで作っていただきました。
 とても使いやすく、素敵なお皿です^^



ひらめき6月のお教室 - ラップサンドの献立

*ラップサンド(3種)
*ボリュームサラダ
*季節野菜のスープ または スムージー  

 
ラップサンドは市販のトリティーヤの皮を使って、タイプの違う具材を3種、包もうと思います。
基本的には野菜たっぷり、でもボリュームもあって食べ応えのあるものを考えています。


【開催日】2〜5名様で開催いたします。 
9日(金) … 中止 11日(日)にご希望のかたが2名さま以上あれば開催します
10(土) … 満席
17日(土) … 残2名さま
18日(日) … 満席 



*教室へのお問合せ、お申込はHPのお問合せフォームよりお願いいたします。

万が一お問合せフォームでお送りくださったのに丸一日たってもこちらからご連絡がない場合は、大変恐れ入りますがブログの最新記事にその旨コメント欄にお残しください。
その場合、メールアドレスを記入する欄がありますので、そちらにアドレスを書いてください(ここには掲載されません)。

ブログやHPに教室の案内を掲載する前日に、これまで教室のご参加くださったかた、また事前にメールアドレスを登録いただいた方にご案内をお送りしています。
お教室への具体的な参加予定がまだないかたでも、今後早めに日程等をお知りになりたいかたは上記フォームよりご連絡ください。




DM-写真面-OL化-webサイズ.jpg


DMをお申込みくださったみなさま、ありがとうございます。
今日順次お送りしていく予定ですので、今暫くお待ちください。
また、ご連絡いただいたみなさまにはこちらからお返事も差し上げていますが、
数日たってもメールもDMも届かないということがありましたら、
恐れ入りますが、最新のブログ記事にその旨コメントくださいね。
本名を書く必要はありません。
またメールアドレスは本文ではなく、コメントを書く時にある欄に御記入くださいね^^

引き続き、DMのお申込み、受け付けております♪
お申込はHPのお問合せフォームよりお願いいたします。





************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************
posted by ゆりり | 06:17 | お家ご飯-肉のおかず | comments(0) | - |
イカとトマトのナンプラー炒め 〜 たっぷりパクチー添え
20170520イカとトマトのナンプラー炒め.jpg


一昨日、教室が終わり、夕方の散歩に出て、その帰り道にスーパーに寄ったら
小さいスルメイカが5杯パックに入って200円だったかな??とても安く売られていたので、とりあえずカゴに。
メインは違う料理を考えていたのですが、鰯とかイカとかは安かったらなんとなく買ってしまうのです(笑)。

それで、冷蔵庫にあったトマトと合わせました。
本当はトマトを取り出した時まではイタリアンな感じのものを考えていたのです。
畑で採れたルコラがどっさりあったので。
でも、、同じく畑で採れたパクチーもどっさり(*´m`*)。
それでパクチー消費のほうに傾いてこんな感じの料理になりました。


作り方は書くほどのものでもないのですが、、、
イカの腸を抜いてよく洗って、胴体部分は1センチくらいに輪切りにし、足は半分に。
小振りなイカなので、足の長さはそのままです。
トマトは1センチ角くらいに切ります。

炒め鍋に油(太白胡麻油)を入れて熱したらトマトを加えてざっと炒め、トマトが少し崩れたら
イカを加えて合わせます。
あっという間に火が通りますので、ナンプラーを少々、香酢をちょこっと、
そして味をみて、五香粉をほんの少し。
それにたっぷりのパクチーを添えました。


20170520イカとトマトのナンプラー炒め-2.jpg


辛いのが好きなら、唐辛子や花椒を振ってもいいかな?と思います。
イカの大きさに見合った小さなワタが入っていたのでそれも加えたらよかったかも、、と後で思いました^^;

メインはこちらではなかったのですが、夫にはこちらのほうが受けました。
(夫が嬉しがらなかったメイン料理は明日か明後日にでもUPします(笑))


20170518畑のハーブ.jpg


これが今シーズンの我が家のパクチー畑です。
収穫した後で少し隙間がありますが、今は更にわさわさとしています。
最初にパクチーを育てたのは東京にいた頃、ベランダで。
苗を買って(ネットで取り寄せたのだったか?)プランターに植えて育てました。
それなりに育ったと思うのですが、どっさり採るという感じではありませんでした。
こちらに移って畑を借り始めた1年前、ハーブを育てるぞと意気込んで種を小さな育苗用ポットに撒きました。
ディルやチャービル、イタリアンパセリ、ルコラなどなど。
移植を嫌うというパクチーなど、植え替えないでそのまま土に埋められるタイプのものを使いました。
でも、思うほどには収穫ができないまま、花が咲いてお終い。

で、残った種を秋の終わり頃に畑にバラまいたら、それが思いがけないことに芽を出して育ったのです。
寒さに向かう時期だったので、発芽までも時間がかかり、成長もゆっくりゆっくりでしたが
逆に花が咲くこともなく、爆発的な量というわけではなくとも
何度も雪に埋もれてダメになりかけながら、長いこと収穫ができました。

そんなわけで、この春は、畑にじかに種を撒いたのです。
発芽しにくいというパクチーも次々に芽を出して順調に育っています。
近いうちにまた収穫して、空いた空間に追加で種を撒こうと思っています。
パクチーは4種類の種を撒いていて、細いギザギザの葉っぱのものもあります。



昨年から引き続き借りている狭いほうの畑は一応ハーブを中心に育てています。


20170518畑のハーブ-2.jpg

20170518畑のハーブ-3.jpg


とてもよく似ていますが、上がリーフフェンネル、下がディルです。
どちらも背丈があまり伸びずにこんもり育つ品種、、のはずなのですが、どうでしょう。
そろそろ収穫しはじめてもよさそうです^^


20170518畑のハーブ-4.jpg

周囲の雑草に負けじとすごい勢いで育っているルコラは、2種類あるのですが、、
何がなんだかわかりませんね(笑)。
これは、収穫が追いつきません。
そんなに沢山の種を撒いたっけ?って感じなんですけど。
こちらはすでに花が咲きそうで、広い畑のほうに別にルコラの種を撒きました。


20170519パスタ.jpg


ルコラ消費のためのパスタ(*´m`*)。
追いかけられるようにして消費していかないといけないのですが、
こうなってみると、高いお金を出してハーブを買っていたことがウソのようですね(笑)。
でも、露地栽培ですから、無い時はないわけで。
まあ、なきゃ使わないだけですね^^


大きい畑のほうは夏野菜の苗の植え付けを順次進めています。
はたしてどのくらいの収穫があるのか、不安と期待が入り交じってドキドキです。


昨日で5月の教室が終わりました。




201705125月の教室風景.jpg


5月は野菜中心の常備菜に向く惣菜を何種類か作り、多めにできるのでお持ち帰りもしていただきました。
ワンプレートの盛付けも、お弁当箱に詰めるのも基本的には自由にしていただきました。
わたしもワンプレートやお弁当の盛付けは得意というわけではないので^^;
皆さんの盛付けを見せていただくと、色々参考になります。
それぞれのかたの個性が強く出て面白いなあと思います。



来月はラップサンドの献立なのですが、サラダはボリュームのあるおかずっぽいものをと思っています。
季節野菜のスープか、スムージーというのは、ガスパチョで検討中です。
なかなかはっきり決められずすみません^^;



ひらめき6月のお教室 - ラップサンドの献立

*ラップサンド(3種)
*サラダ
*季節野菜のスープ または スムージー

 
ラップサンドは市販のトリティーヤの皮を使って、タイプの違う具材を3種、包もうと思います。
基本的には野菜たっぷり、でもボリュームもあって食べ応えのあるものを考えています。


【開催日】2〜5名様で開催いたします。 
9日(金) … 残席あり 中止にして、11日(日)に変更する可能性があります
10(土) … 満席
17日(土) … 残2名さま
18日(日) … 満席 



*教室へのお問合せ、お申込はHPのお問合せフォームよりお願いいたします。

万が一お問合せフォームでお送りくださったのに丸一日たってもこちらからご連絡がない場合は、大変恐れ入りますがブログの最新記事にその旨コメント欄にお残しください。
その場合、メールアドレスを記入する欄がありますので、そちらにアドレスを書いてください(ここには掲載されません)。

ブログやHPに教室の案内を掲載する前日に、これまで教室のご参加くださったかた、また事前にメールアドレスを登録いただいた方にご案内をお送りしています。
お教室への具体的な参加予定がまだないかたでも、今後早めに日程等をお知りになりたいかたは上記フォームよりご連絡ください。




DM-写真面-OL化-webサイズ.jpg


DMをお申込みくださったみなさま、ありがとうございます。
今日順次お送りしていく予定ですので、今暫くお待ちください。
また、ご連絡いただいたみなさまにはこちらからお返事も差し上げていますが、
数日たってもメールもDMも届かないということがありましたら、
恐れ入りますが、最新のブログ記事にその旨コメントくださいね。
本名を書く必要はありません。
またメールアドレスは本文ではなく、コメントを書く時にある欄に御記入くださいね^^

引き続き、DMのお申込み、受け付けております♪
お申込はHPのお問合せフォームよりお願いいたします。





************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************
posted by ゆりり | 14:20 | お家ご飯-魚介のおかず | comments(0) | - |
今月のとれたて! [5月] ラディッシュ編 〜 BRUNOコラム
20170419BRUNOラディッシュ.jpg


今月も半ばを過ぎましたが(笑)、
* 今月のとれたて![5月]ラディッシュ編 *
をBRUNOのWebサイトに掲載していただいています^^

採れたてのラディッシュに、コンパクト・ガラスブレンダーで人参と新たまねぎのドレッシングを作り、添えました。

ドレッシングの材料ですが、ざっくりと、
人参1/3本くらい、新玉ねぎ1/4個〜1/6個、塩レモンペースト小さじ1、蜂蜜小さじ1〜、
白バルサミコ酢やリンゴ酢などマイルドなお酢大さじ1〜、オリーブオイル大さじ5〜 
という感じです。
これらをガラスブレンダーに入れて撹拌すれば出来上がりです^^
味をみながらお好みの味に調整してくださいね。


さて、このコラムを書いてから、実はひと月近くたっているのですが(*´m`*)、
そのひと月の間に、わたしの住む地域の気候の状況も、畑の状況も劇的に変化しています。
ついこの間まで、遅霜の注意が必要とか、朝の最低気温が5度以下なんて日も珍しくなかったのですが、
最近では最低気温が10度を下回ることはなくなってきました。
そして最高気温も日によっては20度近くまで上昇することもあり(今日はさきほど20度越えでした!)、
野菜たちがムクムクと育ってきています。

で、今回ご紹介のラディッシュは、特に寒さ厚さが厳しい時期以外は育てることができます。
こちらのような冷涼な気候の土地でなければ真冬でも大丈夫なのかもしれません。
お庭や畑がなくても、プランターで大丈夫。
このラディッシュもプランターで育てたものです^^
ひとつふたつ、お皿に置いただけでも可愛らしいですよね♪


20170424ラディッシュ.jpg


20170419BRUNOラディッシュ-2.jpg


ちょっと時期が違う写真です。
レタス類なども、比較的簡単に育てられる野菜です。
ベビーリーフなどは、今の季節プランターに種をパラパラと撒けば、ひと月くらいで立派に育つと思います。
間引きながら長く楽しめるので、お勧めです。
大きめのリーフレタスも、苗から育てるとひと月くらいで収穫できます。
こちらも外側の葉から必要なだけ採っていくと、かなり長く収穫できますよ^^
お皿にちょっとだけグリーンが欲しいときなど、とても便利です。


これからコラム以外でも、ここに畑や庭のプランターの様子なども時々UPしていこうと思っています。
ブログ自体、UPの頻度が鈍くなっているので(汗)、どのくらいできるかわかりませんが、
楽しみなので頑張ります(๑´◡`๑)。




さて、来月の教室のメインメニューのラップサンドですが、ちょっと写真を撮ってみました。


20170518ラップサンド-6月教室-2.jpg


これは4種類で、教室では3種類の予定ですが、もう少し違ったタイプのものも作りたいと思っています。
3種類に絞りきれるかちょっと難しいかもで(笑)、ぎりぎりまで迷うと思いますが
ご参加くださるみなさまは、お楽しみということでお待ちくださいませ(スミマセン)!



ひらめき6月のお教室 - ラップサンドの献立

*ラップサンド(3種)
*サラダ
*季節野菜のスープ または スムージー

 
ラップサンドは市販のトリティーヤの皮を使って、タイプの違う具材を3種、包もうと思います。
基本的には野菜たっぷり、でもボリュームもあって食べ応えのあるものを考えています。


【開催日】2〜5名様で開催いたします。 ※5/19 14時40分更新
9日(金) … 残席あり
10(土) … 満席
17日(土) … 残2名さま
18日(日) … 満席 



*教室へのお問合せ、お申込はHPのお問合せフォームよりお願いいたします。

万が一お問合せフォームでお送りくださったのに丸一日たってもこちらからご連絡がない場合は、大変恐れ入りますがブログの最新記事にその旨コメント欄にお残しください。
その場合、メールアドレスを記入する欄がありますので、そちらにアドレスを書いてください(ここには掲載されません)。

ブログやHPに教室の案内を掲載する前日に、これまで教室のご参加くださったかた、また事前にメールアドレスを登録いただいた方にご案内をお送りしています。
お教室への具体的な参加予定がまだないかたでも、今後早めに日程等をお知りになりたいかたは上記フォームよりご連絡ください。




DM-写真面-OL化-webサイズ.jpg


DMをお申込みくださったみなさま、ありがとうございます。
週明けからお送りしていく予定ですので、今暫くお待ちください。
また、ご連絡いただいたみなさまにはこちらからお返事も差し上げていますが、
来週後半になってもメールもDMも届かないということがありましたら、
恐れ入りますが、最新のブログ記事にその旨コメントくださいね。
本名を書く必要はありません。
またメールアドレスは本文ではなく、コメントを書く時にある欄に御記入くださいね^^

引き続き、DMのお申込み、受け付けております♪
お申込はHPのお問合せフォームよりお願いいたします。





************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************
posted by ゆりり | 13:51 | 書籍・ウェブへの掲載 | comments(0) | - |