CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
2015年5月より、少人数制の料理教室もスタート♪
参鶏湯風 野菜たっぷりスープ
20170111参鶏湯風野菜たっぷりスープ-3.jpg


ここ数日、冷蔵庫整理といただきものなどで在庫がだぶつき気味の(贅沢過ぎる)野菜の消費を目指し、
なるべく買物をせずにあるものだけで料理をしています。
本日のお昼用に午前中からことことと煮込んでいたこちらのスープもその一環(๑´◡`๑)。
クリスマスの時に買って冷凍してあった骨付き鶏もも肉を1本解凍して、あとは野菜をたっぷり。
時間はかかりますが、ほったらかしに近いのでラクチンな料理です。
野菜は残り野菜で適当に組み合わせてくださいね。


【材料】
○骨付き鶏もも肉 … 1本 ※大きめ
○長葱の青いところ … 2〜3本分
○生姜 … ひとかけ
○酒 … 1カップ
○八角 … 1個

△大根 … 10センチ
△人参 … 1/2本
△白菜 … 8枚くらい あまり大きくないところ
△椎茸 … 2枚
△牛蒡 … 細いもの1本
△黒キクラゲ(乾燥) … 厚手のもの3枚
△ナツメ … 6個  ※なくてもよい
△枸杞の実 … 大さじ1くらい  ※なくてもよい
△もち米 … 1/4カップ
春雨 … 50g

中華スープの素 … 小さじ1
塩 … 小さじ1〜

長葱 … 白いところ1本

【作り方】
鶏もも肉は関節で切り、更に大きいほうを骨に添って半分に切ります。
生姜は皮付きのまま1ミリ程度の薄切りにします。
鍋に○印の材料を入れ、かぶるくらいの水を加えて火にかけます。
アクを取ったらごく弱火にして蓋をし、2時間ほど煮込みます。【A】
 ※途中鶏肉が見えるようだったら適宜水を足します。

大根と人参は5センチくらいの長さに切り、3ミリ厚くらいの拍子木に切ります。
椎茸は石付きを取り、3ミリ厚くらいに切ります。
キクラゲは熱湯に浸けて戻し、5ミリ幅くらいに切ります。

【A】の鍋から長葱を取り除き、△の材料を加え火を少し強めます。
中華スープの素と、塩小さじ1/2を加え煮立ったら弱火にし蓋をして1時間ほど煮込みます。

味をみて塩を加えて味を整えます。
春雨を加えて更に5分ほど煮ます。

好みで白髪葱(長葱を5センチくらいの長さに切り白いところだけ細く切り、氷水に放つ)を添えます。
 ※香菜、小葱などでも。


20170111参鶏湯風野菜たっぷりスープ-4.jpg


他におかず?というか、主食?というか、そういうものがなかったので
もう少し多めにもち米を入れてもよかったかな?と思います。
(そう思って最後に春雨を加えたけど、それも思い切りが悪かった(`m´#))


煮込み時間はほったらかしとはいえ、全部で3時間くらいかかっていますから
面倒だなあと思われるかたも多いかもしれませんが、やっぱりこの美味しさは格別です♡
味付けも色んな食材から出る旨味で塩だけで十分な感じですが、
ほんの少しだけ隠し味的に中華スープの素を加えると、味が締まります。
でもこれはお好みなので、塩だけでもいいかなと思います。
あとは食べる時にお好みで辣油を添えたり。
味をうんと薄く仕上げておいて、粒の大きなお塩をぱらりとしても美味しいと思います^^


20170111参鶏湯風野菜たっぷりスープ.jpg

20170111参鶏湯風野菜たっぷりスープ-2.jpg


お鍋はここのところ本当に大活躍中のユニロイを使いました。
コトコトとごくごく弱火で煮込む料理に本当に向いていると思います。
そしてやっぱり軽いのが一番^^


20170111参鶏湯風野菜たっぷりスープ-9.jpg


身体がぽかぽかと暖まり美味しかったです。
ふたりでぺろりと完食しました^^


さて、実はクリスマスの時に、丸鶏も1羽買いました。
ローストチキン用だったのでしょうけれど、売れ残りの、70%オフでした。
それを参鶏湯に。
普通の丸鶏より大分大きいサイズだったのですが、その時は下茹でで圧力鍋を使いました。
圧力鍋に入るかどうかギリギリの感じでしたが^^;
そしてこのユニロイのお鍋に入るサイズではなかったので、その後はルクのお鍋に移しました。


その時の写真、、なんか色がへんでUPせずにいました^^;
ま、ついでなので(*´m`*)。







この時はさすがに2人では持て余して、翌日鶏の骨を抜いてほぐし、そこに野菜や春雨を加えて食べました。
つまり、今日食べたみたいな感じですね^^
これもとても美味しく、しかも2日間楽しめてよかったです^^



もひとつついで(*`艸´)。
冷蔵庫にあるもの消費と、野菜の消費で作ったのがこちら。





朝食に時々作るキャベツ焼きなのですが、これは夜のおつまみ的バージョンです。
生ハムと、ブルーチーズがたっぷり入っています。
生ハムは冷凍してあったものを解凍したものの、使いそびれていたもので
ブルーチーズは熟成が進みすぎちゃっていたもの。
いずれも早く使わなきゃ!という感じだったので使い切り、全部投入しました。

薄力粉1カップに、卵1個、水1カップ、キャベツ半個はいつもと同じ。
生ハムとチーズの重さは計ってないですが、、、うーん。どのくらいだったのかな〜。
でも「結構多め」だと思ったので、塩はしていません。
食べる時に黒胡椒を挽きました。

見た目かなりのボリューム感がありますが、キャベツがたっぷりなので、食感は軽め、
でも生ハムとチーズのコクがあって、なかなかバランスがよく、思いつきにしてはとてもよい出来でした♪
こういう味もいいですね^^


20170108洋風キャベツ焼き-2.jpg


長引いていた風邪がようやく抜けてきたようです。
みなさまもお気をつけてお過ごしくださいね♪








************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************

posted by ゆりり | 17:08 | 家ご飯-煮込み料理&鍋 | comments(0) | - |
牛すじと白いんげんのトマト煮込み、それといくつかの料理
20161115牛すじと豆のトマト煮込み-2.jpg


先日UPしたトマトカレーとなんだか色味がそっくりな気がしますが(笑)。
トマト煮込みは本当にしょっちゅう作るので、その度にUPするのも憚られるのですけれども、
ともかく簡単で美味しいのです^^
これは週末の教室三連ちゃんの後にお友達と夕飯を食べることになっていて、朝ぱぱっと作ったものです。
たっぷり作ったので、その後温め直しを繰り返して食べ続けています(*´m`*)。


【材料】
牛すじ肉 … 400gくらい ※割とお肉がついていた
白インゲン豆(缶詰) … 2缶
玉ねぎ … 1/2個
マッシュルーム … 15個くらい
トマト … 2個
トマト水煮 … 1パック
赤ワイン … 1/2カップ
コンソメ(顆粒) … 1袋(5g)
塩麹(ペースト) … 大さじ2くらい
黒胡椒 … 適量
オレガノ(ドライ) … あれば適量

【作り方】
牛すじ肉は食べやすい大きさに切り、茹でこぼしてから流水で洗います。
圧力鍋に、薄切りにした玉ねぎ、牛すじ肉、トマトの水煮を重ねて入れ、
赤ワイン、水1/2カップ、コンソメを加えて高圧で5〜6分加熱します。
 ※それぞれのご家庭の圧力鍋によって時間は調整してください。

煮込み用の別の鍋に移し(そのままでもOK)、ざく切りにしたトマトと水1カップ、オレガノを加え1時間ほど煮込みます。
薄切りにしたマッシュルームと白インゲン豆を加えて更に20〜30分煮込み、塩麹で調味し、黒胡椒を挽きます。


20161115牛すじと豆のトマト煮込み.jpg


これは昨日のお昼に食べたもの。
普通にご飯と合わせています。
パルミジャーノ、黒胡椒、イタリアンパセリを振っています。
パンにもご飯にも合いますし、ワインのお供にももちろん合います♪
牛すじ肉はやはり圧力鍋があったほうが断然調理が楽ですね^^


さて、これにまたもや酷似している写真が出てきました(`m´#)。


20161009牛肉と白インゲン豆のトマト煮込み.jpg

20161010牛肉と白インゲン豆のトマト煮込み.jpg


これは牛肉と白いんげんのトマト煮込みです。
こちらは圧力鍋を使っていません。
煮込み用の牛肉に軽く塩胡椒をしてごく弱火で両面が真っ黒になるくらいじっくりじっくり加熱した後、トマトで煮込んでいます。
玉ねぎは、市販の炒めたまねぎを使ったと思います。
3時間か、もうちょっと煮込んでいるでしょうか。
安いお肉でもホロホロと柔らかく出来上がります^^



次は簡単なパエリアです。


20161027簡単パエリア.jpg

20161027簡単パエリア-2.jpg


実は初めて海外のオークションでダンスクのパエリアパンを落札したものが届いて、
すぐに使ってみたくてあるもので作ったパエリアなのです。
具はソーセージ、玉ねぎ、マッシュルーム、シメジ茸、パプリカ、ミニトマトだったと思います。
ジャスミンライスを使って、サフランで色付けしたスープで炊きました。
ダンスクの鍋は可愛いものが多いですが、このパエリアパンはほんっっっっっとに可愛い♡
届くまで実はもうちょっと小さいものかと思って、1人ずつ作る感じかな?と
同じサイズの色違いをもうひとつ買ったのですが、思いがけずいい大きさでした(笑)。
これで2合のお米がちょうどよかったです^^


あと、お昼のパスタをみっつ。


20161019マッシュルームのパスタ-3.jpg


マッシュルームのパスタ。


20161009セミドライトマトのパスタ-2.jpg


セミドライトマトのオイル漬けのパスタ。


20161106パスタのお昼.jpg


自家製ベーコンと、卵とパルミジャーノのパスタ。




そして最後は鰊の昆布巻き。


20161001鰊の昆布巻き.jpg


これはたまたまひと月ほど前に作った時の写真ですが、わたしはお正月に限らずわりとよく作るのです。
実は来月の教室のメニューにリクエストをいただき、いいかも?とも一瞬思ったのですが、
やはりこれを組み込むのは難しいかなあ、、、と今回は色々考えて、悩んで断念しました(・ω・;)。。。
ごめんなさい。

ひらめきそれと、12月のお教室ですが、
申し訳ないのですがこれまでご参加くださったかたのみへのご案内とさせていただきます。

また、1月と2月はお休みとさせていただきます。
2月になりましたら、3月からのご案内をさせていただきたいと思っています^^

何かご質問等ございましたら、HPのお問合せ用フォーマットからご連絡お願いいたします。


どうぞよろしくお願いいたします!







************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************







posted by ゆりり | 10:39 | 家ご飯-煮込み料理&鍋 | comments(2) | trackbacks(0) |
スペアリブと白いんげんの辛い煮込み・簡単マッシュドポテト添え
20160310スペアリブと豆の辛い煮込み-2.jpg


本当にとてもよく作るお肉+豆+トマトソース+唐辛子の組合わせの煮込み^^
今回は思わず買ってしまった大きなスペアリブを使いました。
そして、唐辛子はEUによるAOP認証を受けたバスク地方のエスプレット唐辛子。
バスク地方の料理にはかかせない唐辛子ということですが、勿論この料理がバスク料理というわけではありません(*`艸´)。
物産展で思わず買ってしまったのですが、高価だったので惜しくてなかなか使えなかったのを思いきって使ったのです。


【材料】
スペアリブ … 5本(大きめ)
白インゲン豆(水煮) … 2パック
トマト水煮 … 2パック
炒めたまねぎ … 2パック
赤ワイン … 大さじ2
水 … 1カップ
塩麹(ペースト状) … 大さじ2
塩 … 適量
エスプレット唐辛子 … 適量
油 … 適量

【作り方】
スペアリブは軽く塩をして暫くおきます。
フライパンに薄く油を敷き、スペアリブを並べてごく弱火で両面に焼き色がつくまで焼きます。
 ※片面10分くらい
 ※途中で脂が出ればキッチンペーパーなどで拭います。
オーブンに入れられる蓋付きの厚手の鍋に入れ、トマトの水煮、炒めたまねぎ、塩麹、赤ワイン、水を加えて火にかけます。
煮立ったら、150〜160度に余熱したオーブンに入れて90分加熱します。
取り出し、肉が十分柔らかくなっていればエスプレット唐辛子を振り入れ、豆を加えて15分ほど煮込みます。
味を見て塩が必要なら加えて味を整えます。


20160310スペアリブと豆の辛い煮込み.jpg


煮込む時にオーブンを使うと焦げ付きの心配をしてそばに張り付いている必要がなくラクチンです。
もちろん、弱火にしてコンロで煮込むのでもOKです。
トマトの水煮、炒めたまねぎ、白インゲン豆と、ストック食材だけで簡単にできます。
炒めたまねぎは、スパイス・ハーブの教室に行っていた時に使ってとても便利だったので常備しています。
カレーを作る時にも欠かせません^^

エスプレット唐辛子は辛味のほか、ほのかな甘みやいい香りがして
なんていうんでしょうか、、パプリカのようなニュアンスがあるように思います。
美味しい唐辛子だと思いますが、、、なにせ高い(爆)。
日本にはあまり入ってきていないからなんでしょうか。
使い切った後、また購入するかどうかはちょっと悩むところですね^^;
我が家は辛い味付けが好きなので、唐辛子は普段使っているもの以外を見つけるとつい買ってしまいます。
香りを確認するために、すーっと吸い込んではむせ返っているバカなわたしです。。。


あ、マッシュドポテトですが、とても簡単な作り方をしています。

じゃが芋2個を電子レンジで5分ほど加熱して柔らかくなっていれば皮をむきます。
その間に牛乳を1/2カップほど電子レンジで軽く温めておきます(ぬるめ)。
じゃが芋にバター(うちは無塩)を10gくらい加えてじゃが芋を潰しながら混ぜます。
温めた牛乳を少しずつ加えて練っていき、好みの固さになったら塩少々で味を整えます。
好みで胡椒やナツメグなどを振るとよいと思います。

じゃが芋を5〜6個使うときは丸ごと茹でるか蒸すかにするんですが、
2個で思いついてすぐに食べたかったので、電子レンジを使ってみました。
野菜の加熱に電子レンジを使うことはほぼないのですが(なんとなくうまくいかないことが多い)、
これはうまい具合にいきました^^
裏ごしもしないで簡単に作りましたが、十分美味しくいただけました。
濃厚にしたかったら生クリームを加えていいかもしれないですし、丁寧にするなら裏ごしを♪



やっとやっと、来月の料理教室のメニューの写真を撮りました。


201603134月の教室メニュー-2.jpg


チャプチェはじゃが芋を原料とした韓国春雨を使います。
牛肉と彩りのよい野菜をたっぷり加えてしっかりしたボリューム感のある一皿にします。

ナムルは写真では5品盛りになっていますが、レッスンでは3〜4種類の予定です。
その時に手に入る元気な野菜を組み合わせる予定です。
ほうれん草、小松菜、油菜、水菜、人参、レンコン、もやし、蕪、茄子、きゅうりなどなど。
単品のほか、2〜3種類の素材の組合わせもあるかもしれません^^

みなさまのご参加、お待ちしております♪




ひらめき4月のお教室 - 韓国風料理の献立


*チャプチェ(春雨の和えもの)
*ナムル盛り合わせ (その時の野菜の仕入れ状況で3〜4種類)
*トマトとレタスのスープ
*ご飯
*黒胡麻白玉団子


8日(金) … 残2名さま
9日(土) … 残1名さま
22日(金) … 残2名さま
23日(土) … 残1名さま



*教室へのお問合せ、お申込はHPのお問合せフォームよりお願いいたします。



*万が一お問合せフォームでお送りくださったのに丸一日たってもこちらからご連絡がない場合は、大変恐れ入りますがブログの最新記事にその旨コメント欄にお残しください。
その場合、メールアドレスを記入する欄がありますので、そちらにアドレスを書いてください(ここには掲載されません)。


*ブログやHPに教室の案内を掲載する前に、事前にメールアドレスを登録いただいた方にご案内をお送りしています。
今回お教室への参加がない場合も、今後早めに日程等をお知りになりたいかたは上記フォームよりご連絡ください。






************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 11:32 | 家ご飯-煮込み料理&鍋 | comments(0) | - |
夏野菜と豆の少し辛い煮込み
20150816夏野菜と豆の煮込み.jpg


何度も何度も作っている煮込み。
特にこの夏は同じようなものを繰り返し作っています。
理由はとても単純で、夏の野菜がとても美味しいし、安いから。
トマトの濃い赤い色、甘い香り。
ずっしり重いズッキーニに包丁を入れたときに指に伝わる瑞々しい感触。
ぱんと張った茄子を洗おうとして何度もやられている(笑)ヘタの容赦なく鋭い棘。
その他に、きゅうりもインゲンも枝豆もトウモロコシもオクラもピーマンも何もかも、
野菜たちが、夏だ夏だと叫んでいるようです。

そんな野菜を手に取るにつけ、わたしはもうごく普通の料理しかできないなととても強く感じます。
美味しいから、手に入りやすいから、安いから毎日でも食べる。
毎日飽きずに食べられて、毎日そんなに大変じゃなく作れる料理。
以前から思っていたのですが、食は、特に家庭料理はファッションではない。
お気に入りの器に綺麗に盛りつけるのは楽しいしとても大事なことだと思います。
見た目にも工夫があって綺麗な食卓は、なんと言っても嬉しいものですから。
でも、創意工夫もするけれども、、、やっぱりわたしの料理はどんどん普通に当たり前になっている。
人を驚かせたり、感動を与えたりとかできなくてもいい(笑)、というか
そんな必要ないんじゃないかなあと思っているんです。
マンネリでもいいんじゃない?自分で食べるんだから、自分が美味しいと思うんだから、、、、と言うとね、
まあこういうブログではネタ的には困るわけですけど(*`艸´)。


さてそれで、この料理はレシピは書いてもあんまり意味がないかなーと思いますので( ´艸`)、
珍しく(?)行程写真を載せたいと思います♪


20150815夏野菜と豆の煮込み.jpg


鍋にオリーブオイル、唐辛子、ニンニクを入れて弱火で熱します。
辛いのが苦手なら唐辛子はなくても。
ニンニクの淵に細かい気泡がたってきます。


20150815夏野菜と豆の煮込み-2.jpg


ベーコン、豚の粗めの挽肉を少しずつ入れて炒めたら、茄子とズッキーニを加えます。
茄子は切ったあと塩をしておくといいですよ。
茄子ってそのままだと案外油を吸いにくいので、ちょっとしなっとさせておくんです。
油通しする方法もありますが、大変ですから^^;


20150815夏野菜と豆の煮込み-3.jpg


全体のカサがちょっと減ってきたなと思ったら、トマトをどさっと投入します。
これは湯むきしていません。
大きいのは2センチ角くらいに切りますが、ミニトマトはそのままだったり。色々混ぜると美味しいですね。
それで全体をざっと混ぜ合わせたら160度に余熱したオーブンに入れて1時間。あとちょっと余熱も。
 ※ほったらかしで楽です。


20150815夏野菜と豆の煮込み-4.jpg


オーブンから取り出します。
水は加えていませんが野菜の水分だけでこんな風になります。

ここに塩麹を味を見ながら加えます。
茄子にふった塩の分もありますから、ここは味をちゃんと好みの味になるように気をつけます。
それと塩麹だけだとちょっと甘い感じになるので、好みで塩と合わせて調整します。


20150815夏野菜と豆の煮込み-5.jpg


豆を投入。
茹でて冷凍してあったレンズ豆と缶詰の白インゲン豆の水煮です。
また少し煮込んで、仕上げにドライのオレガノをパラパラとしてお終い。


20150816夏野菜と豆の煮込み-2.jpg


作り立てはちょっとスープっぽいですが、少し時間がたち、
翌日になると豆がスープを吸って、野菜がどろっとして全体が柔らかなソース状になります。
そのまま食べてもいいですし、こうしてパスタを添えてもいいですし、
チーズと相性がいいので、
ご飯やパンに乗せて、チーズを乗せて焼くのも美味しいし、茹でたじゃが芋と混ぜてチーズでグラタン風でも。

今でも「昔流行った塩麹」という言い方をするかたがいらっしゃいますが(笑)、
塩麹も塩レモンも人によって流行もの扱いで終わるのか、ずっと定着するものなのかは違いますね。
我が家では塩麹なしには料理は作れません。
塩麹がなかった時にどうやって味を決めていたのか全く思いだせません(爆)。



おまけ。




今日の朝ご飯。
ご飯は5分つき米にしてみました。色はちょっと黄色っぽいけど美味しく食べられました。
今までは7分づきだったけどこれからは5分にしよう^^
きゅうりは頂き物のお漬け物と和えてカサまし(笑)。





お昼ご飯のおかずセット。
ちょこっと煮物を作り、朝の残り(卵焼きは朝切り落した端っこ!)と
きゅうちゃん漬けや新生姜の甘酢漬けなどの常備菜で地味ご飯。

こういうのを地味地味〜〜〜にならないように、いかにも残りものですという感じにならないように
ちょこっとだけ工夫するのは、とても楽しいことですね(*`艸´)♪







************************************


たかはし ゆり HP

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************




posted by ゆりり | 16:01 | 家ご飯-煮込み料理&鍋 | comments(6) | - |
牛タンと豆の煮込み
20150628牛タンと豆の煮込み-4.jpg


久しぶりに牛タンを煮ました。
近所の仲良くしていただいているお寿司屋さんでなぜか牛タンの煮たのが出て、
その時、今度仕入れることがあったら一緒に買って欲しいとお願いしたのです。


20150628牛タンと豆の煮込み.jpg


これまでは3日くらいかけてじっくりじっくり茹でてまずは茹でタンを楽しみ、
その後別の味付けにして、という感じだったのですが今回は時間がなくて圧力鍋で下茹でをしました。
その前に10%の塩をして1日置き、一度茹でこぼしています。

この時点ではまだどうやって食べようかと決めかねていたのですが、、、

とりあえず、肉を取り出して香味野菜などを漉し、そのスープでもう2時間ほど煮ました。
その間に冷凍庫にある豆と一緒に煮よう、と決まりました(*´ー`*)。
柔らかく煮えたら1センチ厚くらいに切ります。


20150628牛タンと豆の煮込み-2.jpg


粗みじんにした玉ねぎと、頂き物のベーコンの賞味期限が切れそうだったのでそれと、
ひよこ豆とレンズ豆を入れたのですが、暫くしてグリンピースも加えることに。

そうこうしてまた弱火で小1時間ほど煮ました。


20150628牛タンと豆の煮込み-3.jpg


白インゲン豆だと煮崩れてグズグズっとしてソースっぽくなるんですが今回のお豆さんたちは
結構根性があってなかなかそうはなりませんでした(笑)。
味付けはいつもの塩麹、それに塩少々^^
豆のハーブといわれるサマーセーボリーも多めに加えています。


20150628牛タンと豆の煮込み-5.jpg


今日は梅雨寒でひんやりした気候だったので煮込み料理はちょうどよかったですね。
お味もよかったです、はい♪

茹でる時に圧力鍋を使っても美味しくできることがわかったので次回からこうれでいこうかな??
ただどうしても茹で汁が濁るのでそれが気になるといえば気になりますね。
茹でタンで食べるのでなければ、ま、いっか( ´艸`)。
ただ他の塊肉の時もそうですが、圧力鍋で煮るのは8割くらいまでにして
後は普通の鍋で様子を見ながら弱火で煮るほうが安心できます。
肉好きなので、基本的には見守りつつ火を通したいんですね(笑)。


さて今日は、先日ご近所のかたにわけていただいた梅の一部を使って
梅酒と梅干しを少し仕込みました。


20150628梅酒-2.jpg


梅酒用には青々としたところを選び、後はもう少しだけ追熟して梅干しに。
今日漬けた梅干しは、本当は果実酒用と言われていた別の種類の梅だったのですが
ちょうど良く熟していたので梅干しにしちゃったんです^^;
まあ、大丈夫でしょう♪


午後は母のところに行ってから須賀川市の翠が丘公園へ。
紫陽花が梅雨の曇り空の下しっとりと綺麗でした。


20150628紫陽花.jpg

20150628紫陽花-2.jpg

20150628紫陽花-3.jpg

20150628紫陽花-4.jpg





ひらめき来月のお教室

10日(金)残り1名様、11日(日)満席、24日(金)、25日(土)とも空き、
その他26日(日)を追加、2名様の空きがあります。

タンドリーチキン、サグパニールなど暑い季節にぴったりのメニューです。
ご参加お待ちしております^^
詳しくはHPでご確認くださいね。




************************************


たかはし ゆり HP

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 22:47 | 家ご飯-煮込み料理&鍋 | comments(2) | - |
山芋の和風ホワイトシチュー
20150109山芋の和風クリームシチュー-2.jpg


東京へ遊びに行って散財したので、お買い物に行かずにあるもので料理したいな、と物色。
年末にいただいたとてもいい山芋があったので、それと、
冷凍庫を覗いて鶏肉と干し茸があったのでシチューにしてみました^^
簡単で安上がり、そして美味しくできて満足♪


【材料】
鶏もも肉 … 1枚
山芋 … 1本(500gくらい)
干し茸(冷凍) … 400g
酒 … 大さじ2
塩・白胡椒 … 適量
味噌 … 大さじ1〜
油・バター … 適量

*ホワイトソース
小麦粉 … 30g
バター … 40g
牛乳 … 500ml
塩 … 小さじ1/4

【作り方】
ホワイトソースを作ります。
鍋をごく弱火にかけてバターを溶かし、火をとめて小麦粉を加えて混ぜます。
滑らかなクリーム状になったらそのまま5分置きます。
ごく弱火にかけ、牛乳を3〜4回に分けて加え、塩を加え弱めの中火にして撹拌します。
火の加減に注意して、時々火から外してとろみがつくまで撹拌し、ポコポコ言い出したら火を止めます。

鶏肉は2センチ角くらいに切り、軽く塩胡椒をし(分量外)小麦粉(分量外)をまぶします。
山芋は1.5センチ厚くらいの輪切りにし、皮をむいてさっと洗い水気を切ります。

鍋に油とバター少々を入れ、バターが溶けたら鶏肉を入れ返しながら焼きます。
鶏肉にうっすらと焼き色がついたら茸と酒を加え、蓋をして茸から水分が出るまで蒸し煮にします。
山芋と水1カップを加え、全体をさっくり混ぜまた蓋をして10分ほど煮ます。
ホワイトソースを加えて全体を混ぜ合わせ、味噌を加えて更に混ぜ、3分ほど煮込みます。
 ※味噌の分量は味をみながら調整してください。
白胡椒を振ります。


20150109山芋の和風クリームシチュー.jpg


ホワイトソースは本当は小麦粉とバターは同量か、小麦粉のほうを若干多めにすると思うのですが、、、
バターを溶かし始めてから、小麦粉は30gでいいかな〜?と何となく思って。
滑らかで美味しいソースになったのでいいでしょう(笑)。
目分量で作っちゃうことだってありますもんねー(*´m`*)。

茸は年末に干して冷凍してあったもの。
勿論冷凍でなく、普通の茸でもOKです。
何種類か適当に混ぜるといいと思います。
わたしのは、今回は舞茸、えのき茸、しめじ、ヒラタケ、、だったかな?

山芋は生でも焼いても煮ても美味しいですよね♡
特に煮ると早く火が通りますし、ねっとりとした食感がとても美味しいと思います(*´ー`*)。
1本って、千切りにしたり、おろしたりしてもなかなか無くなりませんが、
煮るとあっという間に食べ切ることができてお勧めです(*´m`*)。



20150108もも.jpg

20150108もも-2.jpg


ここのところ大分大人っぽくなってきた、もも。
ももは、自分の部屋(?)以外ではリビングのソファの上か、このカーペットの上がいてもいい場所。
以前はもも部屋からリビングまでだっこして連れてきていましたが、もはやそんなことは不可能なので
もも部屋の出入り口(赤ちゃん用の扉をつけています)からリビング、
リビングから玄関までの短い距離だけは歩いていいことにしました。
ちなみに扉が開いていても、勝手にリビングに出てくることはしません。
そして、よほどのことがない限りこのカーペットから出てくることもありません。
境界線を教えるとちゃんと覚えるんですねー。
こういうことは、ももを飼う前からしつこく見ていた
テレビ番組「カリスマ・ドッグ・トレーナー」で勉強しました(^m^)。
まだまだ子どもなので、躾はこれからが本番ですが、
一般的にどうしようもなくやんちゃで手を焼く時期だそうですけど、結構穏やかに暮らせています^^

そして、けんはまだももを受け入れておらず、
通りすがりにもものおっきな顔をひっぱたいたりしています(*´m`*)。














************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************




posted by ゆりり | 15:05 | 家ご飯-煮込み料理&鍋 | comments(4) | - |
牛すね肉と干し椎茸のトマト味噌煮込み
20140812牛すねと干し椎茸の味噌トマト煮込み.jpg


一昨日、息子と、息子の彼女、そして彼女のご両親が我が家へやってきました。
彼女は何度か遊びに来たことはあるけれど、ご両親は初めて!
わたしの手料理でもてなすことになっていたので、かなり緊張しました。
その中で作った料理のひとつがこちらです。

最初は普通のトマト煮込みにしようと思っていたのですが、
ご両親のどちらもお酒を全く飲まれないということだったので
ご飯に合う味付けにしようかな?と考えてお味噌を加えてみました。


【材料】
牛すね肉 … 1キロ
干し椎茸 … 4枚 ※肉厚で大きいもの
玉ねぎ … 1個
トマト … 2個
トマト水煮 … 1箱
マスコット オーネ 炒め香味野菜 … 2袋
味噌 … 大さじ2〜 ※味をみて適量
赤ワイン … 1カップ
塩 … 小さじ1
胡椒 … 適量
小麦粉 … 適量
油 … 適量
万能ねぎ、パセリなど … 適宜

【作り方】
干し椎茸は水に入れて柔らかく戻し、2センチ角くらいに切ります。

牛すね肉は5センチ角くらいに切り、塩と胡椒をして暫くおきます。
片栗粉を薄くまぶし、油を敷いたフライパンで軽く焼き色をつけ、圧力鍋に移します。
肉の入った鍋にワイン1/2カップ、水1/2カップを入れ、高圧で5分加熱します。
 ※この段階でお肉があまり柔らかくなりすぎないようにします。

オーブンに入れられる蓋付きの厚手の鍋に、薄く切った玉ねぎと油を入れて透き通るまで炒め、
炒め香味野菜、湯むきしてさいの目に切ったトマトと、トマトの水煮缶を加えて炒め合わせます。
肉と、干し椎茸、赤ワイン1/2を加えて一煮立ちさせます。
水分が少ないようだったら水を適宜加えます(肉と椎茸がソースの中に隠れる程度)。
味を見て、味噌を適量加えます。

170度に余熱したオーブンに入れ、1時間加熱し、暫くそのままオーブンに入れて余熱を通します。
器に盛り、黒胡椒を挽き、万能ねぎなどを好みで散らします。


20140812牛すねと干し椎茸の味噌トマト煮込み-2.jpg


今回は初めて市販のミルポワ(炒め香味野菜)を使いました。
いつもは玉ねぎ、人参、セロリをみじん切りにしたものを炒めています。
でも根気よく炒めるのは結構大変ですし、最近セロリが高くて( ´艸`)。
それで、スパイス・ハーブの教室で通っているマスコットフーズの炒め香味野菜を使ったのです。
カレーのクラスで、同じシリーズの「炒めたまねぎ」を使ったのですが、
その炒めたまねぎを更に炒めることで
シンプルなカレーが驚きの美味しさになったのが結構衝撃だったこともあります。

とてもコクのある味になったのは、このミルポワのおかげがあると思いますが、
勿論、使わないで普通に香味野菜を炒めていただいてもかまいません^^

そしてまた、オーブンに入れて加熱するのも、勿論コンロでとろ火で煮るので大丈夫です。
わたしは煮込み料理はオーブンに入れちゃうのが断然楽だ、と最近になってやっと気がつきました(遅い)。
焦げ付く心配がないのでほったらかしで他のことができますし、
抜けてるわたしでも、火を消し忘れることがありませんし(*´m`*)。
ウチはガスオーブンで170度くらいでグツグツ煮えていますが、
オーブンによって多少差があると思いますので、様子をみて温度の調節をしてくださいね。


20140812牛すねと干し椎茸の味噌トマト煮込み-3.jpg


こっくりとした味で、お肉はトロトロで、美味しくできたと思います(*´ー`*)。
干し椎茸は好きな食材のひとつです。
こうして煮込むと、しっかりした旨味と歯応えも残って、とても美味しいです。

ご飯にも合うんですが、しっかりした赤ワインにも合いますよ♪
来週のお客さまにもこれ、作ろうかなーと思っています(*´m`*)。








************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************

posted by ゆりり | 10:38 | 家ご飯-煮込み料理&鍋 | comments(0) | - |
白インゲン豆とムール貝の煮込み
20140809白インゲン豆とムール貝の煮込み.jpg


随分長いこと愛読しているレシピ本があります。
おおつき ちひろさんの「タパス」
97年の初版を持っているので、恐らくそのあたりに購入したのだと思いますが、
本当に活用しだしたのは、少し遅くなってからです。
活用といっても、この中のお料理でちゃんと作ったことがあるのは数えるほどしかないのですが^^;
眺めているだけで妄想がモリモリ湧いてくる類いの本なのです(笑)。

で、そのなかの一品で初挑戦したのがこちら。
ムール貝って、ウチの近所ではほとんど見かけないですし、
見ても1パックに小粒のが7〜8個入っているかどうかで、あまり購買意欲がわかない感じ。
そんなわけで、ムール貝を使う料理は作ったことがなかったのですが、
たまたまネットで冷凍のものを発見し、試しに買って作ってみたのでした^^


20140810白インゲン豆とムール貝の煮込み.jpg


材料、今回は東京での最後のゆりり亭のために仕込んだので少し多めですが、
ムール貝(殻付きで)700gくらい、白インゲン豆(乾燥状態で)300g、トマト2個、玉葱1個、ニンニク1個、ベーコン4枚、パセリ少々です。
味付けは塩と塩レモン。オリジナルは塩とレモン汁です。
あと、オリーブオイルもいりますね。
とってもシンプルな料理です。

白インゲン豆は戻して、少し固めに煮ておきます。
ニンニクと細く切ったベーコンをオリーブオイルでじっくり炒め、みじん切りした玉葱を加えて炒めます。
玉葱が透き通ってきたら白いんげんを加え、ひたひたの水でじっくり豆が柔らかくなるまで煮ます。
(ちなみにおおつきさんは戻した白いんげんをそのまま加えて煮ています)
わたしはクタクタなのが好きなので2時間半くらい煮ました。
豆が柔らかくなったら、湯むきして粗みじんに切ったトマトとムール貝、パセリを加えて、
塩と塩レモンで調味し、ムール貝が温かくなるまで煮ます。

わたしは冷凍で、すでに湯通ししてあるムール貝を使いましたが、
生のムール貝を使う場合は先に火を通しておきます。


20140810白インゲン豆とムール貝の煮込み-2.jpg


調理法は自分が馴染んだ方法や手順になって、おおつきさんのと少し違うところもありますが
とても美味しくできたと思います^^

お皿に盛った写真は、昨日のゆりり亭の残りものですが、それも美味しかったです^^
豆を使う料理は、戻すのと煮るのとで少々時間がかかりますから缶詰もよく利用しますが、
こういうシンプルな料理は、自分で戻したものを使うのがいいかなと思います。

ムール貝も冷凍のものが美味しいとわかったのでこれから色々な料理に使いたいです♪




あと、オマケ。


20140810トリッパ.jpg


これも昨日の残りもののトリッパの煮込み。
ゆりり亭の時って、お客さまと一緒に飲んだり食べたりしているのですが、
なとなくちゃんと味わえていないのか^^;、翌日料理の味の印象が残っていないこともよくあるのですが、
このトリッパも、昨夜食べた時の記憶がない(・ω・;)。。。
そして、、さっき食べたら、ちょっと自画自賛になって申し訳ないですが
・・・・・激ウマでした(爆)。

トリッパは和牛のちょっとばかり高級なヤツで( ´艸`)、
(最近近所でトリッパを見かけなくなり、取り寄せなのです)
2度茹でこぼし(2度目は白ワインビネガー入り)、その後、水と白ワインで圧力なべで煮ます。
あまり柔らかくなりすぎないようにしておきます。
その後、別に作っておいた基本のトマトソースに、炒めたまねぎを加えたものでことこととトリッパが柔らかくなるまで煮込みます。
トマトソースにはオレガノが入っていますが、これに更にタイムやセージ、ローズマリー(いずれもドライ)を加えています。
夫はまるで好みませんが、わたしはやっぱりこれは好き。
かなり好き♡ 大好き(*´m`*)♡













************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************

posted by ゆりり | 13:35 | 家ご飯-煮込み料理&鍋 | comments(2) | - |
茄子と豆のトマト煮 〜 自家製パンチェッタ入り
20140613自家製パンチェッタと茄子豆トマト煮込み.jpg


入れた材料を並べただけのネーミング。
いつものことですが^^;

さて、フルーツトマトって以前ほどではありませんが、まだまだ高いですよね。
で、、、1箱15個入りで700円って、破格に安いと思いませんか?
そんなフルーツトマトを見たら思わず買ってしまいますよね(*´m`*)。
もしかしたら、フルーツトマトの中でもちょっと格下のものなのかな?とも思ったのですが、
それにしても普通のトマトよりも安いくらいじゃありませんか♪

ほくほくと買ってきたのはいいのですが、野菜室にはまだ福島で買ってきた野菜もいっぱい。
冷蔵庫には入りません、、、つまり、冷やして食べられません、、
しかも安かったのは完熟状態だったから?ってことで、それほど置いておけそうになく、煮てしまうことに。
トマトソースにして冷凍しておこうかなとも思ったのですが、
茄子があったのでそれと自家製のパンチェッタを合わせて煮込みを作りました。

自家製パンチェッタは、これのひとつ前の記事で使ったもの、その残りの半分くらいです。
フツーツトマトは11個(4個使ってたんですねー(*´ー`*))、茄子は5本です。
そして白いんげんの水煮缶詰1個。

茄子を乱切りにして塩を少しまぶして暫く置き、水に通して塩気を落として水気をよく切ります。
トマトは湯むきして1センチ角くらいに切ります。
厚手の鍋に細く切ったパンチェッタと多めのオリーブオイルを入れて弱火にかけじっくり火を通します。
茄子を加え、茄子がしんなりするまで炒めます。
トマトを加えて暫く弱火で煮込みます。
豆の水煮缶詰、ドライのオレガノ、セージ、タイムを加え、更に煮込み、味をみて塩で整えます。

最初の茄子の塩(一応流していますが)、パンチェッタの塩、豆の水煮缶の塩などがありますので
味付けは最後に味を見て、ほんの少しの塩で整える感じでした。


20140612自家製パンチェッタと茄子、トマトの煮込み.jpg


煮込むと言っても、煮込み時間は全部で30分もかけていないと思います。
すごく美味しかったのは、贅沢にフルーツトマトをソースに使ったからかもしれません^^
普通のトマトより、味が甘いだけでなく、濃厚ですよね。
夫もクセになって止まらなくなる味だと言ってくれました(*´m`*)。


20140613自家製パンチェッタと茄子豆トマト煮込み-2.jpg


夜は焼いたソーセージの付け合わせ的に食べ、今日はご飯に合わせました。
ワールドカップの開幕戦を見るために早起きしたので(笑)、変な時間の朝昼兼用ご飯でした。
パスタでも美味しいですよね、もちろん^^

夏の野菜が元気になってきましたね♡









************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 10:35 | 家ご飯-煮込み料理&鍋 | comments(0) | - |
丸鶏と野菜のスープ & 春雨入り
20140606丸鶏と野菜のスープ-5.jpg


昨日、雨がちょっと小やみになったかな、というスキを狙って買物に行きました。
人間が食べるものだけだったら別に何かしら家にあるものを探してすましてもいいのですが
我が家には、朝晩のエサだけが楽しみの老猫がいるので
そのこのご飯のモトを、3日に一度は絶対に買いにいかなければならないのです。
それが昨日でした。

お猫さまのものを買ったあと、人間さまは何を食べるかねー、、と店内をうろうろ。
それで、こぶりな丸鶏が目につきました。
値段も安い。
それで、肌寒かったこともあり、スープにでもしようかなと買ってきました。
丸鶏の煮込みは時々作るのですが、冬場が多いかもしれません^^


【材料】
丸鶏(中抜き) … 1羽(1キロくらい)
 *下茹で用
  生姜 … ひとかけ
  長葱(青いところ) … 2本分
  レモングラス … あれば適量
  ※中国のミックススパイス … あれば適宜
  酒 … 1/2カップ

白菜 … 1/4株
ほうれん草 … 2把
人参 … 1本
椎茸 … 6枚
長葱 … 1本
塩 … 適量(小さじ2〜)
塩麹 … 大さじ1

【作り方】
鶏は熱湯でさっと茹でて、水にとって洗います。
大きい深鍋に鶏と下茹で用の材料を加え、水をひたひたにして火にかけます。
(生姜は塊を肉叩きなどで叩いて潰し、レモングラスは包丁の刃の背のほうで叩きます)
煮立つまで強火で、その後弱火にし、2時間程度煮ます。
 ※鶏肉が骨からほろっと外れるくらいまで。

別の大鍋に、短冊に切った白菜、人参、薄く切った椎茸を入れて
鶏を煮たスープを漉して加えます。
鶏肉を骨から外して食べやすい大きさに裂き、加えます。
塩で味をつけ、野菜が柔らかくなるまで煮ます。
ざく切りにしたほうれん草、薄く切った長葱を加え、さっと煮たら味をみて、
足りなければ塩麹で味を整えます。

好みで香菜、胡麻油、辣油、お酢などを添えます。


最後に塩麹を加えているのは、味を整える時に
塩だけの味付けで、もうちょっとなにかあったほうがいいな、、と思って
普通(?)は旨味調味料をちょこっと入れるかもしれないところに塩麹を加えてみた、ということです。
お好みで、塩だけで整えても、旨味調味料を足してもいいと思います。





こちらが鶏の煮込みはじめの図。
鍋の右のほうに浮いているのが中国の煮込み用のミックス香辛料。
いただいていたのを忘れて食品庫に入っていて、やっと使ってみたのです。


20140606丸鶏と野菜のスープ.jpg


中身はこんなのです。
八角、小茴香(クミン)、桂皮(シナモン)、草豆蔲(ソウズク)、辣椒(トウガラシ)、姜(ショウガ)、山楂(サンザシ)。
勿論、袋にはカナは振ってないですけど(*´m`*)。
わたしは結構色々なスパイスを使ってみるほうですが、ソウズクとかサンザシは買ったことないですね。
こういう香り、苦手なかたも多いかもしれないですけど、好きなかたはハマると思います。
中国に行った時にどこででも強烈に香ってくる八角の香り、というのとは違っていい感じの香りかたです。


20140606丸鶏と野菜のスープ-2.jpg


で、出来上がりがこんなですが、、、、すごい、ミチミチです^^;
このお鍋は23センチ径なので、かなりの分量です(*`艸´)。
でも、野菜はたっぷり過ぎるくらいが好きなのです。


20140606丸鶏と野菜のスープ-4.jpg


お肉も勿論美味しいですが、野菜が美味しいんですよねー。
たくさん食べても罪悪感を感じないところがまたいいですね、こういう料理は^^


それで、今朝はこれに春雨を足しました。
(昨晩は春雨まではとうてい入らなかったのです、お腹にではなく、鍋に)


20140607丸鶏と野菜のスープ-春雨入り-3.jpg


そうそう、昨夜のぶんの写真には香菜を乗せるのを忘れていましたが、
山ほどの香菜を添えるのが我が家流です。
薬味、とか、、なんかそういうレベルを超えています^^;
ウチ、香菜だけのサラダでも平気なくらい好きなんですよね。。。

そして、鶏を煮る時に、香菜の根っこを加えるんだった、、と後で気がついたのですが
でもまあ、今回はものすごく色んなハーブ、スパイスが入っていたからいいとしましょう( ´艸`)。


春雨はさらってしまい、まだスープは残っているので今度はどうしよう。
お豆腐でも足しちゃうか(*`艸´)。









************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 09:39 | 家ご飯-煮込み料理&鍋 | comments(4) | - |