CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
2015年5月より、少人数制の料理教室もスタート♪
〆鯖ときゅうりの和え物
20170720〆鯖ときゅうりの和え物.jpg


市販の〆鯖を使った、とても簡単であっという間にできるおつまみです。
引越してきてから〆鯖を作ることがなくなりました。
何度か書いていますが、こちらは野菜は本当に新鮮で美味しく、かつ安く手に入りますが
お魚やお肉に関しては、非常に残念な状態です。
特にお魚は、うーーーーーーん、な感じです。

鯵、鰯、鯖などを自宅で火を通さない調理法で食べることはまずないですね。
言ってもしょうがないことなので火を通して食べます(笑)。
〆鯖はわたしも夫も好きなので、外食で頼むことも多いですが、
最近はスーパーで出来合いのものを買ってしまいます。
まあ、わたしはもともと魚の扱いが得意というわけでもないですし、
東京時代は、ごく近所にとてもよい魚屋さんがあり、そこにお任せで
〆鯖を作りたいのでそれ用の鯖をお願いしますと言っておくと、おろして塩までしてくださっていたので^^;
わたしが何かすると言ったら、お酢に漬けるくらいのものだったのですが(爆)。
ですから、今さら市販の〆鯖を買うのどうたら言うのもおかしなものなのであります。


さて、その〆鯖があれば10分もかからずできるのがこちらの和え物です。

たっぷり食べたいなら2人前、ちょこっとおつまみ的で4人前くらいの感じです。

【材料】
〆鯖 … 市販のもの1袋(半身)
きゅうり … 2本
みょうが … 2本
生姜 … 少々
塩 … 少々
すし酢 … 適量

【作り方】
〆鯖は3ミリ幅くらいに切れ目を入れていき、4本目で切り、さらに長さを半分にします。
きゅうりは薄切りにして塩少々をまぶし、暫くしたら水気を絞ります。
みょうがと生姜は千切りにします。
ボウルに全ての材料を入れて、すし酢少々で調味します。
 ※すし酢によって味加減が違うので調整してください。





わたしは酢の物は、合わせ酢も作らず材料に直接、適当に塩と砂糖とお酢をかけて和えるという
割とワイルドな方法で作ったりもしているのですが、ここのところ市販のすし酢を使うことが増えています。
最近気に入っているものは「内堀醸造 美濃特選すし酢」です。
その前から使っていたのは「富士すし酢」。
どちらも美味しいのですが、富士すし酢のほうが大分お高いです(笑)。
その時の気分で選ぶのですが、内堀醸造のほうが柔らかな感じで、
〆鯖がもともとお酢が効いているものですから、今回は内堀醸造のものを使ってみました。

きゅうりがモリモリ採れるので、若布と蛸を合わせてとか、きゅうりだけとか^^;
酢の物系のものを作ることが多いこの夏、すし酢って便利だな〜と実感しています。






************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************








posted by ゆりり | 14:02 | 簡単おつまみ | comments(0) | - |
ズッキーニの春巻き、鰯の春巻き それと教室のお知らせ
20160605ズッキーニの春巻き.jpg


今月の教室で春巻きの皮を使うので、試作の残りがどうしても出ます。
それを使って、とりあえず巻けるものは巻いてみる、それが案外美味しかった、ということでご紹介します^^


【材料】
春巻きの皮 … 4枚
ズッキーニ … 10センチの長さ(※小さめなら1本くらい)
ハム … 4枚
スライスチーズ … 4枚
油 … 適量

【作り方】
ズッキーニは7ミリ角くらいの拍子木に切ります。
春巻きの皮の角を手前にして、ハムを乗せ、その上にチーズは辺が手前にくるように置きます。
ズッキーニを3〜4本を乗せ、手前からひと巻きし、両側を折ってそのままくるくると巻きます。
最後の角に水少々をつけて押さえます。

鍋に油を2センチほど入れて中温で春巻きの皮がパリッとするまで何度か返しながら揚げます。


20160605ズッキーニの春巻き-2.jpg


チーズは特にとけるタイプでなくても大丈夫です。
また味付けはしていませんが、塩が足りなければ食べる時に塩を少しぱらりとしてください。
黒胡椒などもお好みで。
ズッキーニの食感、チーズやハムとの相性も勿論よくて、簡単にできるビールの友♪になりました^^


ところで最近よく使っているこのお皿は、アンバサダーをさせていただいているBRUNOの
マルチスレート(M)です。
どのお皿にしようかな?と迷ったらとりあえず乗せてみる(笑)。
するとなんとなくカッコよく決まることが多いのです。
天然石から作られるということで、1枚ずつ表情が違い、わたしが使っているものも、ボコっとした突起があるものもあります。
そういうものも面白さとして受け入れられる方にはお勧めです(*´m`*)。
料理の油の染みなどがつきやすいので、わたしは最初に薄く食用油を塗り、
その後は何回か使う度に油を塗りましたが、使っていくうちに自然の風合いが増してきてよい感じになります。

あと、注意すべき点として、、
淵がありませんので、丸いものが転がります(笑)。
ミニトマトなどはころころころ、っと見事に転がります。
盛りつけてから運ぶ場合はそれを忘れずに。
ご家庭だったら、転がりそうなものは食卓に置いてから最後に置くのがオススメ(^-^)。



20160604鰯の春巻き.jpg


こちらは鰯の春巻きです。
これは開いた鰯の尻尾を落としてほんの少しだけ塩をし、
大葉を置き、その上にチーズ(ピザ用など)を乗せて春巻きの皮で巻いて揚げています。

これもとても簡単でやはりビールのお供にぴったりです♪



オマケ。


20160604鰯の梅紫蘇巻き.jpg


鰯の梅紫蘇巻き揚げ。
開いた鰯に大葉を乗せ、叩いた梅干しを乗せてくるりと巻き、爪楊枝で止めて片栗粉を薄くつけます。
中温でからりと揚げます。
定番オツマミですね^^





さて、明日から今月の教室が始まります。
そろそろ来月のお知らせをしなければならない頃合いなのですが、
実は最近あまり体調がよくありません。
すごく悪いわけではありません。「なんとなく」という程度です。
ゴールデンウィーク中のぎっくり腰はほぼ治ったのですが、なんとなく万全とは言えません。
また、以前悩んでいた目眩が最近また少し出ています。
気候の変化のせいなのか、年のせいなのかよくわからないのですが。
いわゆる不定愁訴ってヤツでしょうか。

それで、去年も8月はお休みいただいたのですが、7月もゆるい感じの教室にさせていただこうと思います。
具体的には、これまで教室に参加してくださったみなさまのみを対象に、
品数を絞るか、これまでやりたいと思いつつ出来なかった基本のトマトソースの仕込みとか、
ミックススパイス、ミックスハーブ作りのワークショップなど、単発で。
これをやりますよ、というのは結構直前のお知らせになってしまうかもしれませんが、
それで参加されるかたがお1人でもいらっしゃればやる、ということにしようと思います。
(いらっしゃらなければ自宅用の仕込みをするというだけです(笑))。

これまでご参加くださったみなさまにはまた別途ご案内いたしますのでよろしくお願いいたします。

実は7月末に1人息子の結婚披露宴が予定されています。
それまでに体調を万全に整えて、という思いもあります。
30過ぎの息子が結婚するのですから、わたしも年をとり、ガタも出てくるはずですよねえ〜〜〜〜(`m´#)。。。











************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************



posted by ゆりり | 06:53 | 簡単おつまみ | comments(0) | - |
蕪ときゅうりのあんぽ柿和え
20151207蕪ときゅうりのあんぽ柿和え.jpg


福島県北地方の特産品に「あんぽ柿」というのがあります。
固くない、中がとろっとした半熟状の干し柿です。
わたしは子ども時代には食べたことはなかったと思うのですが(多分)、
昨年、県内のニュースを見て出荷を知り、近所のスーパーで購入しました。
そのままだと当然のことながら甘くてわたしにはちょっと荷が重いのですが(笑)、
野菜と合わせるとウチ好みのおつまみがあっという間にできます^^


【材料】作りやすい分量
蕪 … 2個(合わせて150gくらい)
きゅうり … 1本
あんぽ柿 … 1個
塩昆布 … 適量(15gくらい。商品によって塩分が違うので味をみて)
酢 … 小さじ2
塩 … 少々

【作り方】
蕪ときゅうりは薄く切り、塩少々をまぶして暫く置き、水が出たら絞ります。
あんぽ柿は5〜7ミリ角くらいに切ります(種とヘタは取り除きます)。
蕪、きゅうりにあんぽ柿を加えて混ぜ、そこへ酢を加え、塩昆布で和えます。


20151122蕪ときゅうりのあんぽ柿和え.jpg


これは最初に作った試作で、コロコロに切りました。
薄く切ったほうが食べやすいですし(笑)、味のなじみもよいので2回目以降は薄切りパターンです。

作ってすぐより、20〜30分程度冷蔵に入れておくと全体の味が馴染んでより美味しくなります。
優しい味で日本酒はもちろんですが、色々なお酒に合うおつまみです^^



もうひとつ。





これもあんぽ柿を使ったものです。
蕪を薄くスライスして塩をして水を絞ったら、ゴルゴンゾーラとあんぽ柿を混ぜ合わせたものを挟みます。
この時はイタリアンパセリも挟んでいます。
こちらも合わせやすいおつまみですが、ウィスキーやジンなどをソーダで割ったものに特にお勧めです♪



ここからはオマケシリーズ(*´ー`*)♪


20160109朝キャンドル.jpg


朝の台所のキャンドル。
キャンドルの灯りは夕方から夜にかけては勿論素敵なのですが、朝もまたいいものです。
こうして容器に入れて作ったキャンドルは置き場所をあまり気にしなくてすむのがよいところですね。


寒くなってきました。


20160109けん.jpg


台所と食卓の間に置いてあるストーブ。


20160110けん.jpg


階段を上がったところ(ホールというのかな?)に置いてあるパネルヒーター。

どちらもけん専用みたいになっています。
ストーブをつけていなくても、けんがその前に来て背中を丸めていると、着けてあげなければならない気持ちになります。
特にパネルヒーターのほうは、ついていないそれにピタリと身体をくっつけているのを見ると、
冷たいんじゃないの?と心配になったりします。
猫はそうやって人を上手に使いますよね(笑)。


20160111もも.jpg


一方のももは、寒くなってますます元気になりそこいら中を駆け回っています。
朝はまだ日の出が7時くらいなので、散歩に出るときは真っ暗です。
ムクムクに着込んだわたしたちを尻目に、しっぽをブンブンと振り回して上機嫌です^^


20160110もも.jpg


遊ぶだけ遊び、食べるだけ食べ、甘えるだけ甘えたら、あとは寝ているだけ。


20160110シダーローズ.jpg


今シーズンはシダーローズをなかなか見つけられません。
やっと小さいのを発見。


暖冬傾向とのことでこちらもさほど冷え込まずにいましたが、
さすがにここ数日は寒いです。
みなさまも風邪などひかれませんように。










************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 13:58 | 簡単おつまみ | comments(0) | - |
芋餅 2種と残りものでミニ・キッシュ風 (BRUNO コンパクトホットプレートで)
20151204芋持ち-5.jpg


すっかりおサボり状態になっていますが(汗)、アンバサダーをさせていただいているBRUNOさんの、
今、売れに売れているらしいコンパクトホットプレートで簡単なおつまみを作ってみたのでご紹介させていただきます。

20151204芋持ち-4.jpg


じゃが芋のお餅風のものです。
これを作ろうと思ったのは、このブログの前の記事「鶏ひき肉の蕪蒸し」で作りすぎただし汁を使い切ってしまいたいと思ったから。
ちょうど(?)芽がブンブンに飛び出た古いじゃが芋を発掘したところで、
芽を取り除き半分に切ってみると全然問題なさそうだったので、これを芋餅にしてだし汁を絡めたらいいのじゃないか?と。
で、普通に小判型にしようかと思っていたのですが、
ふとまん丸にしたら可愛いかも?と思い、
どうやったらまん丸になるかな?と思い、、、
そういえばコンパクトホットプレートにはたこ焼き用プレートがついていたなあ、と(๑´◡`๑)。


とりあえずレシピです。

【材料】
じゃが芋 … 加熱して裏ごしか潰したもの400g
片栗粉 … 80g
塩 … ふたつまみ
パルメザンチーズ … 20g

【作り方】
じゃが芋は皮をむき加熱し、柔らかくなったら裏ごしするか潰します。
片栗粉、パルメザンチーズ、塩と混ぜ合わせます。
コンパクトホットプレートのたこ焼き用プレートにこんもりと乗せ、弱火から中火で加熱します。
途中返しながら15分ほど焼きます。

そのままでもいいですし、好みのタレを絡めても。


20151204芋持ち-12.jpg


実は、、、何を隠そう、わたしはたこ焼きを自宅で作ったことはありません。
つまりたこ焼き用の調理器具は持っていませんでした。
このコンパクトホットプレートのたこ焼きプレートが、初挑戦、
使って本当に丸くなるのかどうか?全く自信はありませんでした^^;
ですが、、、


20151204芋持ち.jpg


恐る恐る芋餅の端っこをスプーンで触ってみると、いとも簡単にするっと動きました。
思いがけない快感でした( ´艸`)。


20151204芋持ち-2.jpg


焼き上がったかな?と思ったところで、前日の残りもののタレ(砂糖をちょっとだけ足したもの)の鍋に投入。
絡めてみたのがトップの写真です^^


で、、、途中で全部同じにしてもつまらないかも?と突然思い立ち、
中途半端に残ったタネに、更にパルメザンチーズを適当にバサッと加え、ドライのパセリ、黒胡椒も加えました。
そして、同じようにプレートに詰めて焼きました。


20151204芋持ち-6.jpg


あっさりで黒胡椒の風味がピリッとしたオツマミ系の芋餅ができました。

どちらももっちりとした弾力が美味しく、なにより形が可愛いのと、
ホットプレートでラクチンにできるのが楽しかったです。
この年になって面白い玩具をもらって、遊びながら作っている感じです( ´艸`)。


2種類合わせて18個できました。


どちらももっちりとしてなかなか美味しかったのですが、
冷めるとぱさっとしてしまいます。
食べ切らなかった分は再加熱(電子レンジ)するのがお勧めです。
あと、じゃが芋の種類にもよると思うのですが、
今回のものはちょっともっさり系(?)だったので、もう少し何か工夫したほうがよかったかも?と思っているところです。
また作ってみて改善されたものをUPできるように頑張ります(笑)。


さて。
たこ焼きプレートが面白い♡ と思ったことろで、片付ける前に何かしたい(笑)と。
それで同じく前日使った卵白の残りの卵黄と、前々日に仕込んだ焼売の残りの皮で何か作ろうと思って作ったのがこちらです。


20151204芋持ち-8.jpg


キッシュ風のものです。
最初は卵焼きにしようかなと思っていたのですが、焼売の皮の存在を思い出してどちらも使いたくて。

たこ焼きプレートに焼売の皮を敷き込みました。
そこへ、5ミリ角くらいにきった自家製ベーコンと玉ねぎを炒めて冷ましたものを入れて、
卵黄と牛乳を混ぜ、塩ひとつまみを加えたものを流し込みます。
もうひと種類はゴルゴンゾーラに卵液を加えたもの。
中火から弱火で15分程度加熱します。


20151204芋持ち-10.jpg


あと、皮だけ残ってしまったのはそのまま一緒に加熱してカップにして茸のマリネを入れてみました。
この簡易キッシュ風?のものは、全然期待していなかったのに、すごく美味しかったです( ´艸`)。
おつまみにおすすめです!
卵液(アパレイユ)はちょっと適当に混ぜたのでなんなんですが^^;
卵黄2個分に、牛乳はうーーーーーん? 50mlくらい?もうちょっと多い?
なにせそんな適当な感じでも美味しくできるということです(笑)。

一晩おいて今日も食べましたが美味しくいただけました。

電子レンジとか、こういう電気の調理器具はなかなか使いこなすのが苦手で上手にいかないのですが
使ってみると便利だったり、何より楽しかったり、という発見が新鮮で面白いですね^^












************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 21:30 | 簡単おつまみ | comments(0) | - |
パコラ(インド風天ぷら)
20150702パコラ.jpg


以前住んでいた場所は小さなネパール料理屋さんがすぐ近くに2軒ありました。
引越しの数年前から、近所(徒歩圏内)にはインド・ネパール系のお店が随分増えていました。
で、おつまみで時々頼んでいたのがこのパコラです。
インド風の天ぷらということなのですが、日本の天ぷらとはちょっとイメージが違いますね。
もっと気楽に適当に作れます(*`艸´)。


【材料】
*衣
ベイサン(ひよこ豆粉) … 70g
水 … 100mlくらい
塩 … 小さじ1/2
アジョワンシード … 小さじ1

カボチャ、茄子、ズッキーニ、鶏胸肉 … 適量
揚げ油 … 適量

カレー粉、ガラムマサラ、カイエンヌペッパー … 適宜


【作り方】
ひよこ豆粉に塩とアジョワンシードを加えて水を入れてよく混ぜます。
食べやすい大きさに切った具材に絡ませて、170〜180度くらいの油で揚げます。


20150702パコラ-2.jpg


これはトマトとミントと青唐辛子、塩少々をミキサーにかけたもので、ピリッと辛いです。
お好みで。

野菜にカレー粉やカイエンヌペッパー、ガラムマサラなどの辛味スパイスをまぶしてから揚げても美味しいです^^
わたしは全部ではなくて適当に混ぜています。


20150703パコラ.jpg


こちらは鶏胸肉だけバージョン。
皮は外していますがこれもお好みで。
これは鶏肉ではなく衣のほうにカレー粉などのスパイスを加えています。


20150703パコラ-2.jpg


上のソース以外にもケチャップに辛味スパイスを加えたものもいいですね^^
あ、辛味スパイスなしでも勿論OKです。


20150703パコラ-3.jpg


ほんのりスパイシーで、おー、インドの香りと思います( ´艸`)。
加えるスパイスの量や種類はお好みで色々試してみるとよいと思います。
揚げたてが勿論美味しいんですが、冷めてもべちゃっとしないのでお弁当にもいいかもしれません。

わたしたちがよく行っていたお店では「野菜のパコラ」以外に
独立して(?)「玉ねぎのパコラ」というのがあったので玉ねぎがお勧めなのかな。
カリフラワーも美味しいです。

これからの季節、冷えたビールと枝豆もいいけど、パコラもいいですよ♡



あ、ひよこ豆粉とかアジョワンシードとか揃えるのが面倒くさいというかたは
パコラ用のミックス粉も売られています。 → コレ
粉の容量が40gなので、1袋でできるのは鶏胸肉バージョンくらいの量でしょうか(ちなみにお肉は大きめの胸肉1/2枚分)。
大人数用だとちょっと不経済かもですね^^;









************************************


たかはし ゆり HP

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************



posted by ゆりり | 11:04 | 簡単おつまみ | comments(0) | - |
簡単家飲み それと少し
20150525家飲み.jpg


夕方になってももとの散歩から帰ってきて、それから買物に出なければならない場合、
夫が「外で食べようか?」と言ってくれることが度々あります。
で、その言葉に甘えることも多々あります。
が、夕飯の支度はともかく、ちょっと買っておかなければならないものがあってスーパーに行くと
むーんと考えて、やっぱり家で食べる(飲む)か、と思い直すこともまたしばしばあるのです。

そんな昨夜の食卓です(笑)。
見ての通りの、時間のかかるものがひとつもない、あっという間に飲めるパターン♪
全部でまあ、、30分くらいでしょうか。

写真、、、暗くなる前にと慌てて撮ったら(だいたい遅くとも6時半頃には飲み始めます)、
器の並べ方がわたしのと夫のと、向かい合わせに揃ってしまった〜(笑)。


20150525家飲み-2.jpg

もずく酢。
もずくは洗って、きゅうりは切ってちょっと塩をして水気を絞り、ミニトマトは切るだけ。
それとすりおろした生姜。
ウチの合わせ酢は、玉姫酢2:赤酒2:醤油1:水1です。
味醂を使うと煮切らないといけないので、ささっと作る時は赤酒で^^
 ※最初にアップした時、お酢をうっかり「千鳥酢」と書きましたが
  最近はずっと「玉姫酢」なので直しました。
  まあどちらでもいいと言えばいいんですけど気持ち悪いので(笑)。


20150525家飲み-3.jpg

油揚げに納豆と葱を合わせたものを詰めて焼いたもの。
味付けには納豆についていたタレを使っています。
弱火のフライパンでじっくりじっくり焼きます。


20150525家飲み-4.jpg

ニラ玉炒め。
普段は出汁をとって、かえしで味をつけてニラをちょっと煮て、卵でとじます。
昨日はニラを油で炒めて、白出汁醤油で味付けをした卵を加えました。
こうして作ったのは実は初めてだったんですが、これも美味しいですね^^
それに、ものすごい短時間でできる(笑)。


20150525家飲み-5.jpg

玉コンニャクの炒め煮。
コンニャクを下茹でして、酒、味醂、醤油を加えて時々転がながら煮て、最後におかかを。
油を使って唐辛子を加えることもありますし、
もっと汁気を多くして、仕上げに青海苔を加えることもあります。


あとはちくわにきゅうりを詰めたのとか鯵の塩焼きとか。
冷蔵庫にあったキムチとか、いただきものの佃煮とか(*´m`*)。



毎度の朝昼ご飯は、ほんとにワンパターンで^^;


20150524かっぱ麺.jpg

20150526かっぱ麺.jpg

須賀川のかっぱ麺、ハマっています^^
必ず乗せるのはきゅうりとトマトかな?
素麺とか、蕎麦とかのさっぱりしたタレではないのが癖になるのかも。
味噌だれの冷やし中華のような。
野菜を沢山入れるととても美味しいです♪


20150526キャベツ焼き・キムチ入り.jpg

これもしつこい(爆)キャベツ焼き。
これは、竹輪とパプリカ、それにキムチとチーズも加えています。
美味しい〜(*´m`*)。
キムチとチーズって合うんですねー。
この組合わせもハマりそうです。


20150525茸マリネパスタ.jpg

年がら年中食べている、茸のオイルマリネのパスタ。
これは本当に飽きません。



最近、日中は夏のような暑さが続いていますね。
今ぐらいの昼間から、あー、早くビールが飲みたいなーと夕方が待ち遠しくてたまりません(*`艸´)。








************************************


たかはし ゆり HP

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 13:25 | 簡単おつまみ | comments(2) | - |
椎茸の甘辛煮・納豆和え
20150326椎茸の甘辛煮・納豆和え-2.jpg


ほんとに冷蔵庫の中が侘しい時があります。
そんな日でした(*´ー`*)。

椎茸だけは立派なのがありました。
それを甘辛く煮て、おつまみのひとつにしようと思ったのでした。

椎茸の石付きを取り、斜めに半分に切って白い胡麻油と黒い胡麻油半々で弱火でじっくり炒めた後、
水を少し入れ、かえし、酒、味醂で甘辛く味漬けます。
わたしのかえしは甘みが強くないので、こうした煮物のときには味醂をちょっと加えます。
だいたいの感じですが、大きめの椎茸10枚で、
水カップ1/4、酒大さじ1、かえし大さじ2、味醂小さじ1くらいでしょうか。
火を止める直前に細く切った大葉をわりと多めに加えました。
味付けの感じはほんとにお好みです。味をみながら調整するとよいと思います。
今回は常備菜にしたいのでちょっと濃い目の味付けにしました。

それだけでもおつまみになりますが、もうひとひねり何か、、と冷蔵庫をもう一度見て、
納豆と和えてみようかな〜〜〜?と。

納豆ひとパックに椎茸3〜4枚分くらいでしょうか。
納豆についているタレは使わずに、椎茸の煮汁を少し加えて、仕上げに白胡麻を加えました。
作りつつ、この組合わせで大丈夫かなと若干不安もあったのですが^^;
夫は日本酒に合うと言って、喜んで食べてくれました。
白胡麻はちょっと擂ってもいいのですが、指先で捻って軽く潰すだけでも香りがたって美味しいです^^


20150326椎茸の甘辛煮・納豆和え.jpg









************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************

posted by ゆりり | 17:41 | 簡単おつまみ | comments(0) | - |
ゴーダとパルミジャーノのケークサレ そして、Bruno公認アンバサダー
20140418ケークサレ-5.jpg


突然、ケークサレを作ろうと思い立ったのですが、
ウチの冷蔵庫にはグリュイエールチーズは常備されておりません。
そして、近所の歩いて行ける範囲のスーパーにも、多分置いてはいないと思います。
なので、あるもので作ってしまいました(*´m`*)。
どうにかなるものです、、というか、全然問題なかったです♪

さて、話は突然変わりますが、、この度イデアインターナショナル様にお声がけいただき、
BRUNO公認アンバサダーとしてBRUNOブランドの製品をご紹介させていただくことになりました。
実は最初にお声をかけていただいた時には、
このブログで宣伝はしたくないのです(どうも上手にできないので)、とお返事を差し上げたのですが、
上の写真のお皿シリーズを見た瞬間、「あ、使ってみたいなあ♡」とコロリと宗旨替えを(*`艸´)。
我ながらゲンキンなものです。


お皿のご紹介の前に、今回のケークサレのレシピの覚え書きを。
ちょっとどうなの?というような部分がありますが、とりあえず。

【材料】
薄力粉 … 100g
ベーキングパウダー … 小さじ1
ゴーダチーズ … 50g
パルミジャーノ … 50g
卵 … 2個
牛乳 … 1/2カップ
太白胡麻油 … 70g
塩 … 少々

*具
ウィンナーソーセージ … 4本(80gくらい)
新玉ネギ … 小さめ1/2個
ズッキーニ … 1/2本
マッシュルーム … 5個
太白胡麻油 … 適量

【作り方】
具を作ります。
新玉ネギは薄切りに、他の具材は7〜8ミリ角くらいに切り、太白胡麻油で軽く炒めます。
 ※ほんのひとつまみの塩をしました。
バット等にクッキングペーパーを敷き、広げて冷まします。
 ※油分や水分が多い場合は、紙を替えて十分吸いこませます。

ボウルに卵を割り入れ、よく混ぜたら、牛乳と塩ひとつまみを加えて混ぜます。
油を少しずつ加えて、よく混ぜます。
すりおろしたチーズを加えて、ダマがなくなるように混ぜます。
具を入れて混ぜたら、粉を振るい入れ、粉っぽさがなくなるようにさっくり混ぜます。
クッキングシートを敷いたパウンド型に入れて、180度のオーブンで45分焼きます。


20140418ケークサレ.jpg


チーズ、、、王道のグリュイエールも使わなかった上に、(多分)通常よりもたくさん入れています。
そして、、レシピにはすりおろしたチーズと書きましたが、わたしはミルサーにかけたんですね^^;
いつもチーズのすりおろしにイラっとしていたので。
まあああ、、、すぐに後悔しましたが後の祭りでした。。。もっとイラっとすることになりました(×_×;)。
でも、なんとかなりました(と信じたい)。
 ☆追記:丸一日くらいたって、残ったものをカットしてからオーブンでちょこっと温めて食べたら
     とても美味しかったです♡
     夫にも大好評でした♪





出来上がりはかなりどっしりと重めですが、塩加減や風味、味わいはとても好みになりました。
次回はチーズの分量がこのままなら、油を少し控えてもいいかも?と思ったりしています。
そのままでも美味しかったのですが、ポワブルメランジェを粗く砕いたものを添えたらより美味かったです。
勿論、普通に黒胡椒でも^^



20140418ケークサレ-4.jpg


それでお皿なのですが、このシリーズは17センチ径と23センチ径で、それぞれ白とグレーがあります。
サイズは、わたしが使いやすいのは23センチだな、とすぐに決まったのですが、色が決められず。
白はオールマイティで何種類あっても便利だし、しかもこちら、かなりニュアンスのある白だし、
グレーはねえ、ずっと欲しかったのですがなかなかピンと来るものがなかったのに、こちらはど真ん中。
で、結局両方ということになりました。

デザイン違い、色違いで並べても違和感がないですよね^^
あ、、、こちらのシリーズは実は4枚セットなんです。





どれも使いやすい形だと思います。
わたしはもともとあまり同じお皿を何枚も買わないのです。
同じデザインでも色違いとか、同じメーカーの同じサイズでもデザイン違いとか。
なので、今回のこちらのシリーズはそういう意味でもとても嬉しい商品でした♪





デザインは違ってもきっちりスタッキングできるのも嬉しいところです。
そして、お皿の箱とは思えないような素敵なボックスに入っています(オプションではありません)。

そして驚きなのがそのお値段です。
4枚セットで、、、、ご興味のあるかたはサイトでご確認くださいね(*´m`*)。


次回は別のデザインのお皿で、もうちょっとお料理っぽいもの(?)を盛りつけてみたいと思います♪



☆今回使用したお皿 → セラミックセット プレート φ23 ☆




2014SS_img_main01_s.jpgバナー1.jpg









************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************
posted by ゆりり | 15:09 | 簡単おつまみ | comments(0) | - |
たぬき豆腐の卵とじ
20140211たぬき豆腐の卵とじ-3.jpg


「吉田類の酒場放浪記」というテレビ番組、
お酒好きな人だったら一度くらいは観たことがあるのではないかと思います。
わたしの夫も家にいればだいたいその時間になるとチャンネルを合わせます。
ウチの近くにはないような「ザ・居酒屋」「ザ・酒場」といったお店が紹介され、
特に壁にずらりと貼られたたくさんのお品書きを見ると
我々夫婦は「いいよねえ、いいよねえ」と毎度羨ましがります。

そんな番組で、類さんが食べていたお豆腐と天かすを煮たもの、
その組合わせがいいなと(夫はたぬきうどん、たぬき蕎麦が好き)。
で、わたしは卵とじにしたらもっと我が家好みになるのでは?と思って早速作ってみたのです(*´m`*)。


【材料】
豆腐 … 1丁
揚げ玉(天かす) … 1/2カップ ※好みで増減してください
卵 … 2個
出汁 … 適量 ※1.5カップくらい。豆腐がひたひたになるくらい。
かえし … 適量 ※麺つゆでも
万能ねぎ … 少々

【作り方】
出汁に、手で大きめに崩した豆腐を入れて弱火で煮ます。
返しを加えて好みの味にし、さっと熱湯をかけた揚げ玉を加えます。
溶き卵を回しかけ、蓋をして、弱火で卵が半熟になるまで加熱します。
器に盛り、小口切りにした万能ねぎを散らします。
お好みで七味をかけても。


20140211たぬき豆腐の卵とじ.jpg


近所に美味しい天かすを売っているようなお蕎麦屋さんがあればいいですね。
(あ、天婦羅屋さんか。ウチは天婦羅ってお蕎麦屋さんで食べることがほとんどなのでつい(笑))
ウチはスーパーで売られている揚げ玉を使いました。
ボリュームもあるしとても簡単で、ご飯にかけてもよさそうで、
何よりも安くて(^m^)美味しいので、これはなかなか使えると思いました♪


20140211たぬき豆腐の卵とじ-2.jpg


揚げ玉にお湯をかけたのは、紹介されたお店でそうしていたからです。
お豆腐と馴染んでしっとりと煮上がり美味しかったのですが、
好みで火を止める直前に振りかけて、
柔らかいお豆腐とさくさくの揚げ玉の食感を楽しんでもいいかなと思います。


外で食べたり、テレビ番組で見た料理は、
お店でなければ味わえないものも勿論多いですが、
あ、こんな組合わせがあるんだなと目から鱗的な料理もたくさんあります。
身近な食材なのに、そんな組合わせしたことなかったな、というような。
案外自分の料理が保守的なんだと思う瞬間です(*´m`*)。
今回は困った時の料理のレパートリーがひとつ増えました♪





20140210手打ちうどん.jpg


パスタマシーンでうどんを作りました。
中力粉を使っています。
中力粉の袋には粉300gに塩が大さじ1とあって、わたしの感覚では随分多いように感じ、
(なかなか大さじ1の塩を摂ることはないですし、煮汁の塩分も考えると)
小さじ1強くらいにしてみました。
鍋仕立てにしていただきましたが、とても美味しくできました。
パスタは市販の生パスタを買ったことがないので比較できませんでしたが、
うどんは市販のものより数倍美味しかったです♪
麺類ラブです(*´ー`*)♡


 
 
 




************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************



posted by ゆりり | 10:13 | 簡単おつまみ | comments(2) | - |
ゴルゴンゾーラの甘くないチーズケーキ
20131011ゴルゴンゾーラの甘くないチーズケーキ.jpg


先日初めてチーズケーキに挑戦した時に、
甘くないのでおつまみを作れないか、と思って挑戦してみました^^
挑戦と言っても、クリームチーズの一部をゴルゴンゾーラに変え、お砂糖を全く入れなかっただけ。
この写真のものはその試作、なかなかよいぞと思い、
翌日、バットに入れて焼いてスティック状に切ったものをパーティに持って行きました(写真無し)。
レシピはパーティに持っていった、若干改良版のもので自分的覚え書き^^


【材料】12センチの丸形(底が取れるタイプ)または約20.9×16.5×3cmのバット(野田琺瑯のキャビネ)
クリームチーズ … 65g
ゴルゴンゾーラ(ピカンテ) … 50g
卵 … 1個
生クリーム(43%) … 45ml
レモン汁 … 4.5g
小麦粉 … 15g

グラハムクラッカー … 43g ※森永の「小麦胚芽のクラッカー」2袋
無塩バター … 30g

【作り方】
バットを使う場合はクッキングペーパーを敷きこんでおきます。

チーズは室温に戻し緩めておきます。
バターは電子レンジにかけて溶かします。

グラハムクラッカーを袋に入れてめん棒で潰すなどして細かくし、バターを加えてよく混ぜます。
全体がしっとりしたら、型に平に敷き詰めます。

ボウルにチーズを入れて滑らかになるまで練ります。
卵を加え滑らかになるまで軽く混ぜます。
生クリームとレモン汁を加えて混ぜ、小麦粉をふるいながら加え更に混ぜます。
全体が滑らかになったら(ゴルゴンゾーラの青カビのブツブツなどは残ります)型に入れます。

180度に余熱したオーブンで20分、型を反対に回し、160分にして20〜25分焼きます。
そのまま冷まし、粗熱が取れたら冷蔵庫に移して完全に冷まします。





完全に冷ます、ちゃんと待つ、、って大事なんですね^^;
この試作品は、お腹が空いていたのと早く食べてみたかったのとで
焦り気味、若干早めに取り出そうとしたせいか周囲が崩れたり、底が剥がれてしまったり^^;
でも味はよかったので、いい気になって皆さんに食べてみてもらいたいと翌日作ることにしたのです。

バットで焼く場合は気持ち焼き時間が短いほうがよかったかもしれません。
いずれにしても初めての場合はこまめに様子を見ていたほうがいいですね(*´m`*)。
それと、粉は予めふるっておくのが正当だと思いますが、、すみません、少量なので無精して。


あ。お世辞もあると思いつつ、特にノンベの皆さまには(*`艸´)とても褒めていただけましたよ♡


これは甘くなくてケーキと言っていいものかどうかわかりませんけど
ケーキ修行(?)これから少しずつやっていく予定です(笑)。
次回作るものも、、ふふふ、決めてあるんです♪






************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************




posted by ゆりり | 07:12 | 簡単おつまみ | comments(2) | - |