CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
2015年5月より、少人数制の料理教室もスタート♪
小さな三段重を買いました
20171019教室弁当仕様.jpg


以前にも書いたと思うのですが、我が家では(特に夫が)お弁当仕立ての食事を好みます。
夫は忘れていると思うのですが、まだ若かりし頃に夫にお弁当を持たせたところ、
恥ずかしいとか、昼食時に必ず会社にいるわけではないとか、
まあいくつか理由を並べられ、やんわりと「お弁当はいりません」宣言をされたんですけど、
会社を辞め、家にいるようになって、
いつでも出来たての料理が食べられるようになってからお弁当を好むようになったのは不思議です。
でも毎日必ずお弁当を作らなければならない状況というのは、かなり大変なことだと思いますので
断ってもらってラッキーではありましたね(笑)。

さて、我が家のお弁当ですが、あくまでもお弁当仕立てであって、どこかに持っていくお弁当ではありません。
いわゆる「置き弁」です。
なので、動かして中がずれるとか、汁が漏れるとかほぼ考えなくて大丈夫です。

最初はタッパーに詰めていましたが、その後(どっちが先立ったか忘れましたけど)
木製の、一段の四角いもの、二段の細めの楕円形のものを購入しました。
どちらもなかなか使いやすいですし、見た目的にもタッパーよりは数段いいですし、
プラスチックのものよりは味もいいように思います。
で、使っていると、お皿や器が色々欲しくなるように、お弁当箱もあれこれと欲しくなるものです^^;

というわけで、ここのところずーーーーっと、欲しいなあ、欲しいなあと思って
ネットであちこち検索していて、ついに購入したのがこの小さい三段のお重なのです。


20171018お重弁当-2.jpg


候補にしていたものがいくつかあるのですが、実はこれは全然それに入っていなかったんです。
なのに、迷いに迷いながらなかなか決断できず、ポチっとできずいたのに、
いざポチっとしたのは、「今日こそは!」と思っていた日、直前に目に入ったコレでした。


20171018お重弁当-3.jpg


白木の4.5寸(だいたい1辺が13センチ)で、内側に朱色の漆が塗ってあり、2段分の仕切りがついています。
これは届いてすぐに使った時で、一応仕切りを使ってみたところ、こんな感じになりました。

常備菜的なものを詰めただけですが、結構さまになります(*´ー`*)。
小さな四角い皿が見えると思いますが、これはうちにあった豆皿がちょうどよい大きさだったのです。
新婚当初に何かでいただいたセットで(丸と四角、丸型のほうがやや大きい)、
ほとんど出番がないまま、でも処分されることもなく残っていたのですが、やっと活躍の場を見つけました。

ちなみに野菜はキンピラにしたレンコン以外は自家菜園で収穫したものです。
あ、キンピラに使った唐辛子も我が家製(むちゃくちゃ辛かった^^;)。
茄子とピーマンの油味噌、ミニ青梗菜のナムル、2種の蕪の甘酢漬け、卵焼きの脇は芽キャベツの塩茹で、
大根と油揚げの煮物、大根と紅くるり大根、ツナのサラダ、プチベールのかつお節ドレッシング和え。


20171019教室弁当仕様-2.jpg


トップとこちらは同じもので、来月の教室メニューを詰めてみたもの。
これに汁物がつくと、地味めなメニューでもなかなかいい雰囲気になると思います(๑´◡`๑)。



おまけ。
四角の弁当箱はこんな感じで使うことが多いです。





おまけ。其の二。
二段重ねのお弁当箱はこんな感じ。
夏前の写真です(以前アップしたかもです)。
我が家では鮭と卵焼きがあればなんとかなる、という感じですね(*`艸´)。





我が家のお弁当仕立ての食事は、お昼ご飯ではなく夕飯になることがほとんどです。
夕方の散歩前に作っておくと、帰ってきてからバタバタしないですみます。
残りものが少しずつある時なんかにはとてもいいですよね。
冷蔵庫整理になります^^

・・・・と書いていると、またムクムクと新しいお弁当箱が欲しくなってきますー(爆)。





ひらめき11月のお教室 - 和定食の献立


2017101611月の教室メニュー.jpg


*飛龍頭(がんもどき)
*ミニ伊達巻き(※卵焼き器で作ります)
*変わり肉じゃが
*牡蠣ご飯
*大根と油揚げの汁


【開催日】2〜4名様で開催いたします。10時半〜13時半 
10日(金) … 残1名さま 
11日(土) … 残1名さま 
18日(土) … 残1名さま
19日(日) … 〈中止〉
26日(日)・追加日 … 満席

【レッスン代】 ¥5,000

開催予定日以外でご希望の場合はご相談ください。
 3名さまより開催いたします。
 2名さまの場合はお1人さま¥6,000となります。
   (※他のかたが入ってよろしければ人数が増えた場合¥5,000となります。)




*教室へのお問合せ、お申込はHPのお問合せフォームよりお願いいたします。

万が一お問合せフォームでお送りくださったのに丸一日たってもこちらからご連絡がない場合は、大変恐れ入りますがブログの最新記事にその旨コメント欄にお残しください。
その場合、メールアドレスを記入する欄がありますので、そちらにアドレスを書いてください(ここには掲載されません)。

ブログやHPに教室の案内を掲載する前に、これまで教室のご参加くださったかた、また事前にメールアドレスを登録いただいた方にご案内をお送りしています。
お教室への具体的な参加予定がまだないかたでも、今後早めに日程等をお知りになりたいかたは上記フォームよりご連絡ください。




************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************
posted by ゆりり | 10:31 | 台所用品・買い物 | comments(0) | - |
合羽橋へ
20150529合羽橋みやげ.jpg


この写真はタイトルとは(ほぼ)関係ないのですが^^;
先日金曜日の朝ご飯です。
本当はこうなるはずではなく、ポテトサラダとかハムを挟んだサンドウィッチを作る予定でした。
・・・でも、まあちょっとした事情があってこうなってしまったのです(笑)。
これはこれで美味しかったのでまあよしとしましょう。

先週の木曜日に合羽橋へ行ったというか、東京へ行ったのですが、
それは夫が結構しつこく「東京にでも遊びに行ったら?」と言っていたからです。
自分だけが出かけているのが後ろめたいのか(*`艸´)。
それで結構急に東京行きを決めたんです。

どこに行こうかなーと思って、そうだ久しぶりに合羽橋へ行ってみよう、と。
FBで呟いたところ、お友達が4名集まってくれました♡
そして、、、本当は合羽橋は午前中で切り上げて別のところにも行こうかな?と考えていたのですが
午前中だけでは済まないかもね?と思い直し、、、
当然といえば当然ですが、料理好きの女性が5人で合羽橋を歩けば全然時間が足りなくて(笑)。
結局夕方までウロついていました(爆)。


20150529合羽橋みやげ-12.jpg


こまごまとしたものをアレコレ買ったのですが、これは1個90円なりで。
トップ画像のサラダのドレッシングに使っています。
んー、もうちょっと深いほうがよかったか^^;


その他に買ったものをいくつか。







鋳物(南部鉄器)の小さい楕円形のココットに、浅鍋(でしょうか?)。
重いので送ってもらったのが昨夜届き、今朝油を馴染ませたところです。
多めの油で野菜くずを炒めてから、そこに(野菜等残したまま)ひたひたの水を加えて30分弱火で煮て。
購入の釜浅商店さんで伺った方法です。

これでまず何を作るか、、ワクワクとしているところです(*´m`*)♪
明日とりあえず作ってみようと思うモノはほぼ決っています、、、
妄想しているだけなのでうまくいくかどうかはわかりませんが(笑)。



20150529合羽橋みやげ-2.jpg


トング。
結構使うこと多いですが、使いやすいのってなかなか見つからないですよね。
今回のは今夜までに2種類使いましたがどちらも「当たり!」です^^



20150529合羽橋みやげ-3.jpg


ずーっと欲しくて、ずーっと買わずにいたソースパン。
やっとやっと買いました♡



20150529合羽橋みやげ-4.jpg


このくらい水分を入れればなんとか一番小さなコンロにかけられますが、
ホントの少量のソース作るとか、もっと軽いとひっくり返っちゃうかな?
小さい鍋を乗せるようの台?みたいなのがどこかにあったはずなんですが、、見つからない、、、
んー?引越しの時に捨てちゃったか??



20150529合羽橋みやげ-11.jpg

電球型の瓶。
何に使うって、、、なんだろう(笑)。
ポワブルメランジェを入れるかな、とりあえず。
あとはドレッシングでも作る?
可愛いからとりあえずどこかにいてもらいましょう(*´m`*)。






瓶を見て、電球型のを買うことにしてレジに行ったらそこにあったプレート。
思わず「それ、ください!」と言ってしまいました。
ももはゴールデンレトリバーなので毛がふさふさしているんですけれど、イメージがぴったりすぎ。
悪気はないんですけどねー、、、つい嬉しいとこんな風に(・ω・;)。。。
まだ子どもなんで少し甘いのかなと思うんですが、厳しくしつけなきゃと思っているところです。
(でもプレートは可愛いので、「気をつけてください」をアピールするモードで(笑))。



20150529合羽橋みやげ-5.jpg

これは合羽橋土産ではないのです^^
国立にある「黄色い鳥器店」でお友達のかおるちゃんに買ってきてもらったもの。
使いやすいんですよ、これ!
木製品には弱いわたし、機能性を無視した買物もよくしますがこれは美しさと機能性を併せ持ったお勧めの品です。


20150529合羽橋みやげ-6.jpg

ちなみに1年以上使ったものと、新しいものとの比較。
1年くらいでもすでにヴィンテージ、あるいはアンティーク?(*`艸´)の趣が。


木のヘラもうひとつはフランスのもの。

20150529合羽橋みやげ-7.jpg


一番大きいサイズのは家にあったもの。
小さいの2つが今回の購入品。
木のへらは、テフロン加工、鋳物、アルミ、、なんにでも対応するのがよいところです。
そして可愛いところも♡


ほかには蒸篭用の敷き紙、ビール用のグラス(胴に錫のメッキのもの、すごくよかった!)、
小さいスパチュラ(スプーンか?)、カクテルシェーカー(スパイスの調合用)等々。
合羽橋は萌えます。そして燃えます(*`艸´)。

昼食は合羽橋の「合羽橋珈琲」で。
帰る前には東京駅の黒塀横町の焼き鳥屋さんで。
昼間遊んでくれた友人4人のうち3名と別れ、夕方は別の4名が合流して6名に。
ほんの少しの時間しかとれないのに駆けつけてくれた友人たちに感謝です♡



東京はキサイティング。
でも、、ここに戻ってくると心からホッとします( ´艸`)。
東京での生活は35年を超えるわけですから、意識的に生きた時間はほぼ東京でのもの。
身体に染み付いている時間と経験。
でも。
今はここが好き。

東京も面白いし、楽しいし、友人たちと過ごす時間は何にも代え難い。
でも。
今は、ここでの生活以上のものはないなあと思います。
福島ラブ。
鏡石らぶ。




唐突にカレー(爆)。
市販のルゥを使って作る場合の隠し味シリーズ(?)です。
以前ご紹介した炒めたまねぎに加え、フレッシュのトマトに、粗漉しトマトを加えるバージョン。
水分量は生、粗漉しのトマトの分と合わせて調整します。
ほのかな酸味が効いて、ちょっとしたお店のカレーより数倍美味しくなりますよ(*´m`*)。

母に持っていく用にルゥは「甘口」「中辛」を混ぜています。
メーカーも2〜3個合わせて。
出来上がって母のを取り分けてから、自分たち用にクミンやコリアンダー、黒胡椒、カイエンヌペッパー等で
香りと辛さ調整をします。
更に盛りつけてからガラムマサラや好みの辛味スパイスをふりかけます。
煮込んでしまうとパウダーのスパイスの香りは飛んでしまうので、
こんな場合は手元で適当に振りかけるがよしかと^^

うんと昔、息子用のカレーを途中で取り分けて甘くしていたのを思いだしますね(笑)。








************************************


たかはし ゆり HP

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 21:11 | 台所用品・買い物 | comments(0) | - |
琺瑯のおままごと
20140503琺瑯おままごと-4.jpg


最近、新居で使う保存や収納のための小物をネットであれこれ探しています。
主に台所周辺のものを見ているのですが、琺瑯好きなのでついつい琺瑯を追ってしまいます。
で、たまたま見つけたのがこちらの琺瑯のおままごと。
ハンガリーの保育園などで使われているものだそうです。
見た瞬間あまりの可愛らしさに悶絶。
ものすごく迷ったのですが、結局ポチっとしてしまいました。
・・・・まじめに収納用品を探しなさいって感じですけど^^;
でも、さっき届いたこれを見たら、やっぱり買ってよかったーと思いました♡
可愛い〜。それに、とってもちゃんとしてます!


大きさの感覚は、といいますと。。。
コランダーにニンニクを入れてみました。


20140503琺瑯おままごと.jpg


我家ではニンニクは必需品で、消費するスピードも早いので
こうして台所のすみっこにでも置いておくのもいいかもしれません(*´m`*)。


あとは、布巾ソープを入れたり、スポンジを入れたり?
(現在使用中のもので、すみません(汗))


20140503琺瑯おままごと-3.jpg

20140503琺瑯おままごと-5.jpg


鍋もコランダーも現地での生産が終了していて、
今後入荷の予定はないというので3個ずつ買ってしまいました(*´ー`*)。
並べて使うのがいいかなー。


で。
鍋のほうですが。

20140503琺瑯おままごと-2.jpg


こちらは蓋には密閉性はありません。
ままごとですが、日本の安全基準も満たしているということですし、
食品を入れても、ま、大丈夫でしょうと思うので(自己責任( ´艸`))、
梅干しを大瓶から移して卓上に置いておくのにいいかなとか。
輪ゴムとか、クリップとかを入れておくのでもいいかな、とか。

・・・・・ひとつは洗面所に置いて、
夫の部分入れ歯を入れる容器にするのがいいかも、というのが今閃いた素晴らしい思いつきです(*`艸´)♡






************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************

posted by ゆりり | 12:10 | 台所用品・買い物 | comments(4) | - |
ホームベーカリーを買いました!
今さらながら、、、の感もあるとは思いますが、我が家にもHBがやってまいりました。
なぜ今HBなのかといいますと、はい、五十肩です(×_×;)。
肩が痛くて痛くて、腕も痺れていて、パン生地を捏ねられないのです。

腕が上がらないということ以外に、ちょっとした動きが痛みを引き起こすのです。
どのくらいの衝撃で激痛が走るかといいますと、ワインの栓を抜く「ポン!」という、そのショックで。
あるいは、もう季節も終わりに近づいていますが、トウモロコシの茎をポキっと折る、そのショックで。
あるいは、なかなか開かない瓶をやっとのことで開けた、そのショックで。
そんなわけで、パン生地を捏ねるなんてことは全くできなくなってしまって、
せっかくの今年の始めからのパン作り熱もすっかり冷めていたのですけれど、、、
やっぱり焼きたてのパンを食べたいなあということで、購入を決意したわけであります。

それでとりあえずは、お任せの食パンコースでいくつか焼いてみるつもりです。
HBを購入するのと同時に、HB用のレシピ本も下記の2冊購入しました。
「ブランジュリ タケウチ どこにもないホームベーカリーレシピ」(竹内久典)
「少しのイーストで ホームベーカリー」(高橋雅子)


まずは竹内さんのレシピでいくつか作る予定で、最初は「3種のぶどう」。
でも3種のぶどうがウチになかったので、クランベリーとぶどうで(笑)。

竹内さんのレシピはものすごく細かくて、でもそれも実験ぽくて面白いです。
セットして蓋をしてスタートしても、なんだか側を離れがたく暫く見張っていたんですが
炊飯器と一緒で中は全く見えないわけで(笑)、諦めて離れました。

出来上がりの合図が鳴って取り出したのがコレ。


20120918HB-パン.jpg


このパンは皮も中も柔らかいのでそのまま食べるのがお勧め、とありましたが
たしかに触ってみるとほわわんとしていて、すぐに真ん中から裂いて食べてみたい衝動が(笑)。
でもそこはじっと我慢、、そして、中がどうなっているのか若干心配も。

30分ほども我慢したでしょうか、粗熱が取れてカット。





ものすごく柔らかくてよい香りがします♪
羽のある穴の部分は残念だけど(笑)、ちゃんと出来たことに感動!
そして、びっくりするほど美味しかったのです。


20120918HB-パン-2.jpg


本には小麦粉は国産小麦を使うように書いてあったので、ウチにあった「ハルユタカ(100%)」を使いました。
(ちなみにHBの説明書には国産小麦はなるべく使わないようにと書いてあります)
手捏ねの時には結構苦労したように思うのですが、いやあ、美味しい♪
わたしが高校生くらいの頃だったら、1人で1斤、あっという間に食べ尽したかも(爆)。

あまりパンが好きではなく、特にハード系は苦手な夫にも食べてみてもらったら
「うまい」と言ってパクパク食べてくれました。
よかったー♪



で、第2弾はブリオッシュ。
これまたものすごく細かいレシピで^^;
でもどんな風になるのか興味津々で作ってみたら、、、、


20120919HB-パン.jpg


1グラムたりとも違わずに計量してセットしたはずなのですが、窯伸びしすぎっていうのですか?
ともかく膨らみすぎたようで、蓋に当たっていたらしいてっぺんにバッテンがついて凹んでしまっていました(汗)。
でも、全体の香りや、外側のサクサクした部分としっとりした部分、どちらもいい感じでした。

切ってみたら、こんな感じ。
ちょっと笑える?^^;


20120919HB-<br />
パン-2.jpg


もしかしたら甘いのかも、、と心配していたのですが、甘さはそんなになく
ともかくしっとりふんわりして、軽くて美味しい♪
入っているバターや卵の量を考えると、ちょっとビビりますけど(笑)、
まあ、お菓子よりはずっといいでしょとへんな理屈で自分を納得させて^^


ウチにあるパンのスライサーに入らなかったので(背が高過ぎ)、コロコロ状に切っていただきました。


20120919HB-パン-3.jpg


わたしが思っていたブリオッシュよりかなり軽い感じがするんですが、、、
それって伸びすぎたから?(笑)
でもまあ自分の好みの味だからよし♪


そして、同じく竹内さんのレシピの中でブリオッシュを使ったオープンサンドがあったので、それを真似っこ。
というか、、それが作りたくてブリオッシュを焼いたような(^m^)。
オリジナルはブリオッシュにクリームチーズ、生ハム、イチジクなのですが、
イチジクがなかったので黄金桃に、そしてわたしがマスカルポーネ好きなのでこんな風にアレンジ。





お昼だったので一応コーヒーにしましたが、これは泡とか白に合わせたいですね、絶対♪
ってことで、今夜はもう一度これを作ります(*^-^*) ♪


HB侮れず、ですね。
それともレシピがいいのか。
しばらくは、お任せコースでいくつか焼くと思いますが、食べ過ぎ注意ですね^^;







************************************

2つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


人気ブログランキングへ





************************************

posted by ゆりり | 15:56 | 台所用品・買い物 | comments(0) | - |
ほぼ日の土鍋
20111130 ほぼ日の土鍋.jpg


そもそもがかなりの粗忽者の上に、とんでもなくミーハーなのがわたしくしであります。
先日の記事にも書きましたが、我が家は鍋好きで、冬だろうが真夏だろうが
食べたいとなったらお鍋にします。
おそらく鍋比率は、一般的な日本人家庭と比べるとかなり高いと思われます。

そして、粗忽者故にダメにした(主に割ってしまった)土鍋の数も、
平均的な日本家庭でのそれより、かなり多いと思われます。

暫く土鍋は持たずにいましたが(炊飯用、1人分用などはいくつか所有)、
ついに買ってしまいました。
ついに買ってしまった、それは「ほぼ日の土鍋」なのですが、
選んだ理由は、ミーハーゆえであります。

最初に1つ買うのが正しい人としてのありかたでありましょう。
でも、ここで大小があったら、2つ買ってしまうのが、なんというんでしょうか、、、
わたしという人間なんですね。

届くまで、一週間ほど待ちました。
今時はAmazonなどで頼めば、翌日(ものによっては即日)届くのが当たり前になっているので
待っている時間が結構長く感じました。

そして、待ちに待っていた荷物が届き包みを開け、鍋を見た時には、1人で
うわーとか、ひゃーとか、声にならないような声を上げて、
もう無茶苦茶テンション上がって、小躍りするように手に取りました。
ここで粗忽者の本領発揮!で割ってしまってはタイヘンなので(実際そういうことが昔あったのです)
慎重に、慎重に扱いました。

鍋を見つめ、撫でてニヤニヤしている人間はかなりアヤしいと思うのですが、
この深い飴色のころりとしてぽってりとした鍋は、ものすごく愛らしいのです。

大きさの見当として、小さいほうに椎茸を一個入れてみました。
第一印象は随分大きいなあというものでしたが、
外見の大きさから思うより、容量は少ない感じですね。


20111130 ほぼ日の土鍋-2.jpg


さてそれで、こうなったら早速使いたいと思うのが人情ではありますが、
まずはお粥を炊かなければなりません。
ことことと2時間ほど炊きまして、そのまま30時間ほど放置。
(ほぼ日サイトではできれば48時間置いておいてくださいと書いてあったけど、最低24時間ってことなので(笑))。

使うために30時間で洗い上げたわけではないんです。
ただ、この子たちの居場所を作り、この子たちがそこに収まった様子を見たい、というそれだけのことで。
・・・・ミーハーですから。


今まで、土鍋を割ってしまった主たる、そして大きな理由は、堅い鍋と同居させたことにあると思うんです。
なので、今回は特等席を作ることにしました。
姿が美しいので隠したくないということもあります。


20111202 鍋とか台所とか-p.jpg


みなさんのお宅の整然と片付いたキッチンとは全く違って、
ウチはものすごーくモノが多くて、しかも片付けが苦手なのでごっちゃりしています(^-^;)。
それでも頑張りました。(お見苦しいのは許してください。)
見ていただくとお分かりになると思いますが、大きいのと小さいの、
入れ子状態になってわりとコンパクトに収まります。
間にはちゃんと布を噛ませています(これまでの反省を生かし)。

本当に、可愛い。

この鍋の下はこんな風です。
ええと。
そうなんです、実はわたしはこれまでも何度か告白していますが、鍋フェチなんです。
ここには重い鋳物の鍋だけがあります(・・・って他にもあるのかい!と言わないで(^-^;))。
2人家族で、どれだけ料理を作るんでしょうか。


20111202 鍋とか台所とか-2-p.jpg


鍋だけではなく、色んな台所用品フェチでもあります。
お友達の間では、板フェチも有名だったりします(^-^;)。
あ、テリーヌ型フェチもね(^-^;)。


20111202 鍋とか台所とか-コラ.jpg


このお鍋を置くのと同時に、ちょっと気になっていた台所のガス台回りの棚の配置換えもしました。
お酢だけで何本あるんでしょう。
これだから片付かないんですよね。わかってはいるんですが。


20111202 鍋とか台所とか-12-p.jpg


やかんがね(笑)。
もうちょっとオシャレだといいんですけどね。わはは。


鍋敷きも一緒に買いました。
だって。
正しきミーハーですから。


20111130 けんと鍋敷き-3.jpg



そして、、、、、ついでにっていったらヘンですが、
5年ぶり?くらいに「ほぼ日手帳」を買いました。
あまり深く考えず、A5版のものを買ったんです。
老眼も進んでるし、大きい方が字も書きやすいでしょう、と思って。
それに、今年の手帳は何も書かないうちになぜか3日で無くなってしまったので
なくさない大きさがいいだろうなあと。

そしたら、巨大でびっくり(爆)←ホントに考え無し。
重さを量ったら650g近くあります。
今でさえ女性としては(オバさんとしては)重過ぎるわたしの荷物。
どうするんでしょう。
持ち運び、無理かも。


でもまあ。
来年はこの大きな手帳がいいこと、幸せなことで一杯になりますように♪


20111130 ほぼ日手帳とけん.jpg







************************************

2つのランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです(^-^)。ありがとうございます。


人気ブログランキングへ

************************************
posted by ゆりり | 11:36 | 台所用品・買い物 | comments(4) | - |
テリーヌ型コレクション
20110914 テリーヌ型-3.jpg


ゆりり亭といえば「パテ・ド・ゆりり」だよねと言っていただけるようになってきましたが(*^m^*)
パテ・テリーヌを作るにはテリーヌ型があったほうが便利なんですね。

あ、パテとテリーヌの呼び方の違いなんですが、、、実は厳密には知らないのです(爆)。
Wikiによれば、、、
パテ
テリーヌ
ということで、まあ、どちらでも気分で名前をつけちゃっていいかな、って感じかな?(笑)


それで、わたしが最初にパテ(いわゆるパテ・ド・カンパーニュ)というものを作ろうと思った時に、
我が家には専用の型はありませんでした。
はじめのうちは金属のパウンド型で作っていました。
その後は耐熱ガラスのパウンド型。
どちらもまあ、それでできないことはなかったのです。
でも、何度も作っていくうちに、ちょっと本格的に見えるテリーヌ型が欲しいなあと思い始めました。

ただ、なかなか自分の頭の中にある形のものが見つけられず(少なくとも実際の店舗では)
プロ用の調理器具で探すしかないのかなあと思っていました。

そんな時思いがけず理想通りのものに出会ったのです。
ここで♪


そうして初めて蓋付きのテリーヌ型で念願のパテ・ド・ゆりりを作ったのであります。
感動しました♪
その後合羽橋で迷いに迷って3割引でルクのテリーヌ型を買い(贅沢過ぎるかもとずっと躊躇していたのです)、
その火の当たりの良さに感動し、パテ・テリーヌ作りにますます拍車がかかりました。
が、、いかんせん、ルクの型はちょっと大きいので、少量作ることができないんですね。

で、、、テリーヌ型探しの旅が始まりました(^-^;)。


20110914 テリーヌ型.jpg


ある日、偶然にこの手前の茶色いテリーヌ型をヤフオクで見つけ、幸運にも落とすことができました。
・・・というか、ライバルはいなかったのですが。
フランスのアンティークで、使用感は勿論、ちょっとカケがあったり、匂いがあったり。
それを漂白剤につけたり、煮沸消毒したり、で、恐る恐る使ってみたところとてもいい感じでした。


それからこの1年弱の間に、テリーヌ型は徐々に増えて、、、
オークションで見つけたものは、ほぼライバルなしの最初に提示された値段で買えています(^m^ )。


20110914 テリーヌ型-2.jpg


20110914 テリーヌ型-4.jpg


この中でアンティークではないものは、ブルーの地に鳥の模様のものと、その隣にある黄色いもの。
黄色いのは、かなり小さくて、空気穴もないので、
それで実際に調理するのではなく、レバーペーストなどを入れるのに使っています。

ちょっと遠近感で実際の大きさがわかりにくいかもしれないですが、
手前の茶色い楕円のものは小さめ、その後ろの丸いのはかなり小さいです。
丸いのは、有楽町の大江戸骨董市で見つけたもので、まだ使っていない唯一のもの。
レバームースのようなものがいいのかな?と思っています(^-^)。


20110914 テリーヌ型-5.jpg


オレンジ色のが、ルクのもの。
パテ・ド・ゆりりはやっぱりこれで作ります。ブログにも何度も登場しています。
均一にものすごくいい感じに火が回るんですよ。
あとは、ストウブの同じような長方形型も試したい、、チビのほうでもいいかな(^m^ )。
あ、黒いオーバル型のはストウブです。
これはもう製造中止になっているんじゃないかな?(似た形でもっと小さいのが出ています)
これが一番大きくて、容量1.5Lあります。

パテの類いは難しくはないのですが、
新しい型が届いたら(オークションでは容量などは記載されていないし、大きさがどうであれ欲しいし(爆))
まず、容量を確認します。
それで、基準にしているルクの型に入れるお肉の分量からその容器に入れるお肉の分量を割り出します。
お肉の重さで、塩だけは厳密に計ります。
それ以外は、結構緩くて大丈夫で、思いついた組み合わせであれこれ入れてしまったりしています。


それと、今回の記事には載せていませんが、ルクの17センチのオーバル型も、使い勝手がいいんです。
こんな風とか、こんな感じです。
蓋の取っ手を取り外して、空気穴にして使っています。
勿論普通のお鍋としても使ってます(^m^ )。


あとは、蓋無しの小さいオーブン容器で、こんなものも使っています。
蓋がないものは、アルミホイルを3重にして被せれば大丈夫です。
・・・2重でもいいかもしれないのですが、わたしは最初が3重だったので(笑)。


パテ・テリーヌは、その型のままテーブルに置いて切り分けることも多いので
見た目に雰囲気のよいものがいいなあと思うと、ついつい、増えていくんですよね(^-^;)。

アンティークのものはいつでもあるわけではないので、出会いですよね。
そして、わたしはアンティークであっても実際に使うことが目的なので
「ディスプレイに」というようなものは買いません。買えません(笑)。

まだまだ色々欲しいので(笑)ここにこんなものがあったよ〜という情報がありましたら、ぜひぜひ教えてくださいね(*^m^*)ハート







************************************

2つのランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです(^-^)。ありがとうございます。


人気ブログランキングへ

************************************

posted by ゆりり | 16:17 | 台所用品・買い物 | comments(6) | - |
鍋フェチ ☆ アルミの鍋
20110417-アルミ鍋-5.jpg


すみません、本当に鍋フェチなのです。

先週の土曜日、みなとみらいで日フィルの定期があったのですが、
関内から赤煉瓦倉庫を通って桜木町、みなとみらいホールというお散歩をしたんです。

赤煉瓦倉庫近くって、ずっとビニールシートというのか、覆いがかかっていて工事をしていたでしょう。
あそこが広ーい、広ーい、広場になっていて、横浜球場から海に抜けてくると
もう赤煉瓦がすぐそこ!みたいな感じでした。

で、久しぶりに倉庫の中をふらふらしたら、「もしもし」と呼ばれたような気がしたのです。
その方向を見ると、ころりとした丸い鍋が。
すすすすすと近づいて持ち上げると、びっくりするほど軽い。
それはそれは、薄いアルミの打出しのなんとも、、
なんともレトロなっていうのか、時代に逆行してるっていうのか、
ルクとかストウブとは真逆の可愛らしさをたたえたお鍋でありました。


20110417-アルミ鍋-2-2.jpg


わたしはそれを抱えて、夫に「買うきゃvネコ」と宣言しました。

おそらくは夫の脳裏には「なぜまた鍋なのだ」という思いがよぎったことでしょう。
そうです、ウチには、いったい何人家族なのだというくらい、山ほどの鍋があるのです。
だけど、わたしたちはお互い惹かれ合ったと。
そう思うのです。
そういう信念に貫かれたわたしには、何を言っても無駄だということを、最近、夫はようやく理解したのです。
諦念とも言います。


これが銅の打ち出し鍋だったりすれば、値段も10倍くらいになり、わたしだって理性を働かせ諦めたことでしょう。
だけれども、アルミの打出しです。
しかも多分、、、日本製ではないと思うんです。
取っ手のくっつけ方など、子供の細工のようなのです。
つまり、その場で躊躇せずに「ウチの子になりなさい」と言えるくらいのお値段だったのです。


そして、紙袋にストンと入れられて我が家にやってきたお鍋に、なんとピッタリなお玉がありました。
半年前くらいにヤフオクで落とした(他に買う人がいなかったとも言う)タイか、ベトナムのお玉です。
安さと可愛らしさで購入したものの、他のお鍋との相性がイマイチでちょっと肩身の狭い思いをさせていましたが、
これでもう、堂々と存在を主張できるようになりました。


20110417-アルミ鍋-6.jpg


コトコトと煮込む料理は厚手の鍋に任せて、
この子には汁ものとかおうどんとかの担当になってもらおうかなあと考え中です。






************************************

2つのランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです(^-^)。ありがとうございます。


人気ブログランキングへ

************************************







posted by ゆりり | 14:42 | 台所用品・買い物 | comments(12) | - |
ジャンクショーで手に入れたモノたち
20101226ジャンクショー.jpg

これの前の日記でチラリと触れましたが、竹橋の科学技術館で行われる「ジャンクショー」に行ってきました。

古いもの、、、まあ、、ガラクタっぽいものも一杯ですが(笑)、
安いものから超高値のものまでいろいろある賑やかな市です。

去年初めて行ったんですけど、、今回はどうかな? ちょっと期待していた系統のモノが少なかったかな。
その中で一番ワクワクっとしたものがこのグリーンのお鍋。
日本の、1950年代か、60年代のものじゃないかなあ、、ということでしたが、
その当時は全国の町工場で作られていて、年代的には判然としないものが多いそうです。

20101226ジャンクショー-7.jpg

20101226ジャンクショー-6.jpg

鍋は山ほど持っているし(^-^;)、こんな琺瑯が剥げてサビが出ているようなモノを
わざわざ買う理由は全くないんですけど、、、
なんだかちょっといいんじゃない?と思って、、、(笑)。
ストウブなんかの対極にあるような鍋ですよねー(^m^ )。



このミルクパンも、鍋フェチにはたまらない、、、ははは♪
イギリスの古いものだそうで、取っ手は鉄で、ものすごくしっかりしています。

20101226ジャンクショー-5.jpg



琺瑯のジャグはお玉なんかを入れる用に、、こんな風に♪
これとブリキのミルク缶(?)と一緒で、お店のお兄さんが泣いちゃうくらい値切りました(爆)。

20101226ジャンクショー-8.jpg



戦中なのか戦後なのかの、物資が極めて乏しい頃に作られたというベコベコの琺瑯のボウルとかお皿とか。
浅いほうのお皿は今日のお昼に使ったものですが、こちらはまだしっかりしています。
それに洗ったらとても綺麗になりました(^-^)。

クリーム色のベコベコくんたちは、アジアっぽいサラダとか麺やスープにいいかなあと。

20101226ジャンクショー-3.jpg



あとはジャンクショーの定番なのでしょう、パイレックスとファイヤーキング。
高いものは買いません(^-^;)。
多少使用感があっても、日々使っていくものなのでよほどの汚れでもなければ気にならないですよね♪

20101226ジャンクショー-4.jpg



古いもの、あんまり価値があるとかどうとか分からないのですが、
とりあえずはどんな形であっても使うことが前提で購入しています♪
使うのが恐れ多いようなものは、新品でもこうした古いものでも買わないですねえ。
一度使えばお互いのよそよそしさがなくなるような道具が好きですハート



************************************

2つのランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです(^-^)。ありがとうございます。


人気ブログランキングへ

************************************

posted by ゆりり | 14:20 | 台所用品・買い物 | comments(3) | - |
佐伯スタジオのセールに♪
知り合いの写真家福原 毅さんに情報をいただき、
料理写真家の大御所、佐伯義勝先生のスタジオでテーブルウェア、キッチンウェアのセールをするというので
何かいいものがあるのだろうか、、とワクワクしながら行ってきました。

一歩足を踏み入れた世界は、、、
料理好き、キッチン用品好きには目もくらむような魅惑の世界。
それでも初日ではなかったので、めぼしいものは無くなっていたらしいというのですが・・・
いえいえ、わたしなどのようなごくごく普通の主婦にとってはもう、十分以上に刺激的なモノたちで溢れていました。

あれもこれも、、と欲望はとどまるところを知りませんでしたけど、
なんとか理性が働く範囲で手に入れたものの一部をご紹介いたします。
(いや、これでおおよそ8割は網羅していると思うのですけど・・・・(^-^;))

20100704-佐伯コラージュ4.jpg20100704-佐伯コラージュ3.jpg20100704-佐伯コラージュ2.jpg20100704-佐伯コラージュ1.jpg


欲しかったもの、、、例えば有次の雪平とか、テリーヌ型とか。
もう、思いもよらない安価な値段で手に入れることができました。

今週末。またセールがあるようですが、まだまだ何かお宝が残っているかもしれませんね!
わたしはもう、これ以上、誘惑の世界に足を踏み入れることはやめておこうと思います(^m^ )。




************************************
2つのランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです(^-^)。ありがとうございます。

 人気ブログランキングへ  

************************************


posted by ゆりり | 00:56 | 台所用品・買い物 | comments(0) | - |
合羽橋で猫の手を買う
昨日、料理教室講師を生業としている妹、じーやんと合羽橋へ行ってきた♪
合羽橋はいつ行っても心躍る場所ぴのこ:)

じーやんは仕事で使うものを調達するために目的のお店がはっきりしているのだけど、
私は、あっちでフラフラ、こっちでフラフラ、、、
「うわー、これ、可愛くない?」
「えー、これ、便利じゃない?」
「きゃー、これこれ、これ、欲しかったんだよねー!」と、、まあ大騒ぎで
その度にじーやんに「落ち着け、まだ合羽橋商店街のはしっこでしょ!」と。
「とりあえず欲しいモノは覚えておいて帰り道で買いなさい」って、、冷静過ぎ。

しかしその冷静なじーやんとともに、「きゃーDocomo_kao12」と言って即お買い上げになったのがこちら。

「きゃっちだにゃん」

きゃっちだにゃん

可愛いサラダトングが欲しいなあと言いつつトングを物色していたときに、やられてしまった。
他にもなかなか優秀そうなトングはいろいろあったのに、これ。
だって肉球付きですよ、肉球ねこハート
最初はウチの猫と同じで白黒だけでいいかなあ、と思っていたのに、気がつけば白に茶のブチのまでしっかりと握っていた(^-^;)
他にはピンク系、黄色系、緑系??だったかな、、あったけど、やっぱり猫らしさということで言えば、
この2色以外はちょっと考えられないでしょう。


そして、カッパと言えば、食器もそうだけれど業務用の食品も見逃せない。
私は「業務」ではないけれど、ものすごーく大量に使う食材があって、、
その1つがベイリーフ、そして粒入りマスタード。
これの大きいの、買っちゃいました。
ベイリーフ、なんと100gで360円ひらめき
普通に小売りされているのは5g。それを思ったら目眩がするほど安い!
そしてマスタードも、普通に売られている小瓶と並べてみたけど、これで980円。
安い〜〜〜きらきら

ベイリーフとマスタード


可愛い系(?)というか、、おままごと系のような小さなものたち(^m^ )♪

うつわ

パステルカラーのスフレ用の器は1個98円。
スフレは作らないけど、、なんとなく買わずにはいられず、、ついちゅん
そして、薬味を入れたり、ちょっとお皿の上に乗せるのにいいかな?という小さな器とスプーンたち。
役にたつかどうかわからないほど小さい卓上の醤油さし。


そして、バーゲン中の白い食器のお店で購入のお皿。
手前が99円で、奥が300円。

皿


他にもあれこれ欲しかったものを買っているうちに、どんどん荷物は重くなり
「もー、買わない!もー、やめた!」と言っているのに、その舌の根も乾かぬうちに荷物は増え続け、、、
大人買いのツケがまわって、本日は腕が筋肉痛ゆう★


残念だったのは、手札サイズっていうのかな、一番小さなバット用の網がなかったこと。
串揚げ屋さんで見て、同じようなのが欲しいなと思っていたのだけど、、
数件回ったけどなかった。
大阪にいたことのあるじーやんによれば、もしかしたらアレは大阪の串揚げ文化に適応したサイズで
東京にはないのかもねーということだった。
まあ、、、実用という意味では、そのサイズじゃあんまり使い道はないんだけどねDocomo111


でも楽しかった手




************************************
2つのランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです(^-^)。ありがとうございます。

 人気ブログランキングへ  

************************************


posted by ゆりり | 14:58 | 台所用品・買い物 | comments(0) | - |