CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Instagram
ストックフォト♪
こちらで写真の販売をさせていただいています。 時々更新しています。 よかったら覗いていみてください♪ 売りたい、買いたい!写真・イラスト素材 TAGSTOCK
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
2015年5月より、少人数制の料理教室もスタート♪
銀座「ラ トゥール」総料理長清水シェフと築地、そしてその厨房、ランチ♪
20130121カボチャのサラダ-13.jpg


先日21日に、レシピブログさんにご招待いただき、
「ぐるなび シェフごはん料理教室イベント
銀座ラ トゥール総料理長清水シェフが作る旬食材の本格フレンチ」に参加させていただきました。

トゥール ダルジャンで長い間腕を振るわれた清水忠明シェフが銀座にオープンされた
フランス料理店「ラ トゥール」のランチをいただけ、
それだけではなく、なんとその厨房に入れていただき、直接清水シェフが料理をするのを見せていただき、
なんとなんとその上に、清水シェフの築地への買い出しにも同行させていただけるという、
料理好き、美味しい物好きには信じられないような夢のような企画でした。


築地お買い物同行ツアーは、希望者のみで4名の参加でした(全体では10名)。
まだ星が瞬く時間に家を出て、東銀座から築地方面へ歩く間も真っ暗で、
集合場所の築地本願寺に到着してもまだまだ暗い(笑)。





そこから築地へ。
場外は何度か行ったことがありますが、場内は初めて。
集合した時からずっとずっと「危ないので気をつけてください」と注意をされ続けていたのですが、
場内へ入った瞬間(いや、入る前からも)、それがどういうことか本当によくわかりました。

清水シェフは長靴に市場カゴを持って登場(写真無し)。

・・・移動の前半、わたしはシェフのすぐ後ろについていたのですが、
場内の細い通路をシェフは走るように移動されるのです。

「ここは赤貝のむき身専門店」(身が厚い!)
「ほら、トラフグ。その白子!」(ぎゃ、美味しそう!)
「オマール海老!こっちは生きてるヤツ、こっちは死んでるヤツ!」(安い???)
「マグロ、このくらいの大きさだったら普通の人も買えるでしょう」(後で買いたい、、無理!)
アレコレアレコレアレコレ、、、

説明してくださるのだけど、周囲ではもの凄い勢いで売る人買う人が動いているし、
とうてい写真なんか撮れませんでした(T∇T)。





でも、この活気を体験できただけでラッキー!
それになんと言っても清水シェフの食材を選ぶ時の真剣なまなざしがカッコよくて♡
清水シェフの買い出しのメインはアンコウ。
綺麗で大きなキモの入ったアンコウを購入されました。

その後野菜の売り場に移動、そしていったん解散となりました。


そして、いよいよ「ラ トゥール」へ。

その日はレストランの定休日でお客様はわたしたちだけという贅沢。
清水シェフ直々にお迎えくださり、なんとわたしたちのコートまで預かってくださるという!


20130121ラトゥール-コラ2.jpg


綺麗にセッティングされているテーブルを見つつ、ワクワクの厨房へ。


まずはアンコウの解体(?)です。
普通は吊るし切りですが(テレビでしか見たことないですけど)、清水シェフはまな板の上で。
見るからにヌルヌルしてどうやっておろすの?と思う間もなく、
巨大なアンコウが細いナイフ一本で目の前でどんどん、どんどん解体されていくのが不思議でたまりませんでした。


20130121ラトゥール-コラ3.jpg


この次に、巨大な殻付き帆立を取り出し、ささっと開いていかれたのですが、、、
あまりの早業に写真がブレブレで^^;
せっかくの美しい技の印象がよくなくなるといけないので割愛いたします〜(汗)。


で、1皿目の帆立の「帆立貝のフレッシュマリネ サフランとレモンの香り」の盛りつけ。


20130121カボチャのサラダ-40.jpg


手早く美しく。


20130121カボチャのサラダ-43.jpg


別の場所で人数分のお皿も(本当にびっくりするほど)手早く盛りつけられていきます。
これをわたしたちは一人ずつ自分の席に運びました。
もしスタッフだったら緊張するだろうなーなんて思いながら(๑´◡`๑)。


20130121カボチャのサラダ-46.jpg


厨房で見たお皿と、テーブルに乗ったお皿は同じものでどちらも勿論美味しそうなのですが
不思議と雰囲気が違うんですね。
レストランのテーブルに乗ると、より優雅に、ふんわりと感じられます。
味はとても優しくて、でもしっかりした味わいもあり、想像以上の美味しさ。

お皿の向こうにある小さなパンもとても美味しくて感動でした。


厨房では何がどの順番でどうなっているのか分からないのですが、色々なことが同時進行しています。
あっちからもこっちからもよい香りが漂い、それだけでも十分幸せな気分に浸れます。
でもこの日は、わたしたち10名のための2つのお料理だけなので、とっても楽だったそうです。
一番忙しい時間帯の緊張感なんかを想像すると、幸せな気分に浸っている場合ではなく、、
ただただ足がすくみます(・ω・;)。。。


20130121ラトゥール-コラ4.jpg


さて、1皿目を頂いて再び厨房へ。
メインの「アンコウのロッシーニ仕立て雪下人参ピューレとバルサミコソース」。


20130121ラトゥール-コラ5.jpg


人参のピュレの美しさやバルサミコソースの濃厚なよい香り、そしてアンコウの香ばしい匂い。
これを食べることができるの〜?と身体中が期待で一杯になります。


20130121カボチャのサラダ-58.jpg


やってきました♪
ひゃあ〜、これは本当にツボすぎる味わいでした♡
あー、ワイン飲みたいと心から思いました(*´m`*)。
どういうワインがいいのかなあと想像しつつ、頭の中でマリアージュ(笑)。

本来ロッシーニ仕立てというのは牛肉に、フォアグラを乗せたものを言うそうですが、そのアンコウ版。
本家本元のロッシーニ仕立て、どこかで食べたことあるかしらん?
結婚式の披露宴とか?(*´m`*)
でもこんな立派なキモが乗っていて、この味付け、、絶対アンコウのほうが美味しい!と言ってしまいたい♪

幸せでした♡


20130121カボチャのサラダ-60.jpg


食後にコーヒーを頂き、その間は清水シェフへの質問タイムでした。
どんな質問にも真剣に、時に厳しく答えてくださいました。
特に衛生観念とセンスのない人間は料理人になれない、という言葉は
料理人ではないわたしもつくづくそうだよねと思わされました。
いつも料理をしていくとどんどんとっちらかっていく台所の作業スペース、たまっていく洗い物。
はー、反省です。
少しずつ改善していきたいです(◍′ω‵◍) 。


すっかり満足して帰ろうとすると清水シェフ手作りのラスクを手渡してくださいました。
普段は甘い物を食べないわたし^^;


ですが。。。





いただきました♪
ちょっとだけ体調を崩し、寝込んだ後にいただいたら優しい甘さで美味しかったです♡
体調が回復してから残っていた分を夫にあげました( 艸`*)。
隠していたなんてズルいと言われました。
甘いもの好きの夫は苺味のがとっても気に入ったようです。
シェフの新作だそうです^^


なにもかも、本当に楽しく美味しく、幸せな一日でした。
清水シェフ、ラ トゥールのスタッフのみなさん、レシピブログ及びぐるなびのみなさん、本当にありがとうございました。



ラ トゥールのHPはこちら → 
 ※この中にある清水シェフの半世紀、すごいです → 

今回のお料理のレシピは、ぐるなびの「シェフごはん」に掲載されています → 

レシピブログ → 







************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************

posted by ゆりり | 08:43 | ブログのこととか | comments(0) | - |
ナショナル麻布スーパーマーケットお買い物体験ツアー
20121212麻布ナショナルスーパー.jpg


包丁研ぎの教室の翌日、またもやレシピブログさんのモニターに当選し、
「ナショナル麻布スーパー(ナショナル麻布 本店)」さんと「ギリークラブ」さんのコラボ企画による「お買い物ツアー」に参加させていただきました♡

ナショナルスーパーは、大学に近く、また有栖川図書館への通り道にあって学生時代にはワクワクしながら覗いた大好きなお店です。
田舎者のわたしは、東京に出てきただけで十分にドキドキしていたのですが、
ナショナルスーパーはほとんど外国で(笑)、見たこともない食材や調味料や台所用品、可愛い小物に溢れている別世界でした。

結婚してしばらくはナショナルスーパーへお買い物に行くなんていうのは夢のまた夢でしたが
ここ何年かはお客様をお呼びする時や特別の時には「何か面白いもの」を求めて出かけていました。
最後に行った時、改装のため暫く閉まりますというお知らせを見て、かなりガッカリしたのでした。
そうしたらもう、いつの間にやら新装開店していたのですねー♪
レシピブログさんの企画で知って舞い上がり、即応募!
当たるといいなーと思っていたら当選で、本当に嬉しかったです^^


というわけで、久々のナショナル麻布スーパーに興奮してきた記録です( 艸`*)。


トップに上げた入り口の写真、これは開店当初から83年までのイメージに戻したとのこと、
まさにわたしがわくわくしつつ通っていた頃と同じ雰囲気なのです。
あ、年がバレますけど(爆)。


お買い物ツアーではまずはナショナルスーパーのバイヤーさんの案内で店内をくまなく見て回りました。

20121212麻布ナショナルスーパー-2.jpg

超ロングセラーの調味料とか、、、


20121212麻布ナショナルスーパー-3.jpg

これは最近の特に人気のあるキヌア。
また、特定の宗教や人種のかた用の食材とか、「ここでなければ」というものもとても多いそうです。


20121212麻布ナショナルスーパー-4.jpg

ローストしたピーナツがその場でペーストに!
これは1パックお土産にいただいてきました♪


色々ご案内いただいた後はお買い物タイム^^
¥3,000円分のお買い物券までいただき、
各人、好きなだけお店の中を見て回り、お買い物をしたら自由解散という至れり尽くせりのお心遣い企画でした。


20121212麻布ナショナルスーパー-5.jpg

まずはハーブです。
今は色んなお店でもハーブ類を置くようになってきましたが品揃えがここまで多いところはなかなかありません。
絶対ゲットしたい!と思っていたタラゴン、2パックお買い上げできて満足(◍′ω‵◍) ♪


20121212麻布ナショナルスーパー-6.jpg

お肉。
ここに来るといつも買うのはラム肉。
骨のついていない塊のロース肉などは他では見かけないのです。
でも今回は、実はその3日後の土曜日にお客様の予定で、
この時すでに他のお肉を結構買って仕込み始めていたので泣く泣く諦めました。
次は買いまーす!


20121212麻布ナショナルスーパー-8.jpg

チーズ♡
これもねー、本当は山ほど欲しかったんですけど、、、
はー、またゆっくり見にきます♪


20121212麻布ナショナルスーパー-7.jpg

豆とか、塩とか、スパイスとか。


20121212麻布ナショナルスーパー-10.jpg

他にはあまりないですよね?という日本コーナー(笑)。


20121212麻布ナショナルスーパー-9.jpg

巨大なターキーとかターキーとかターキーとか(*`艸´)!


20121212麻布ナショナルスーパー-11.jpg

お豆の缶詰は、、、本当に欲しいものがいっぱいだったんですけど、重いよねえ、、と。
あ、配送(ウチおあたりは有料になります。ワイン12本が入る箱に入るだけ詰めて700円だったかな?)もね、
考えなくはなかったんですけど、、、今、食品庫が結構いっぱいで。
はー、食欲と料理への妄想と、保管場所のせめぎ合いです。


さて、食品から離れて雑貨のほうはといいますと。


20121212麻布ナショナルスーパー-14.jpg

やっぱりカラフルな台所用品。
これを見ると、ナショナルスーパーに来た!っていう気がします^^


20121212麻布ナショナルスーパー-15.jpg

古くからの根強いファンが多いという堅牢なガラス製品。


20121212麻布ナショナルスーパー-16.jpg

女の子が喜びそうな可愛らしいロウソクも。


20121212麻布ナショナルスーパー-12.jpg

そして、間近に迫ったクリスマスのラッピング用品や、パーティーグッズも沢山ありました♪


20121212麻布ナショナルスーパー-17.jpg

ん?なんだこれ?
と、つつつと惹かれて購入しました( 艸`*)。


20121212麻布ナショナルスーパー-19.jpg

オレゴン産の枝が美しくみっちりと詰まったクリスマスツリー用のもみの木。
こんなツリーをお部屋に飾るのか、、それともお庭に植えるのか、、
いずれにしても羨ましい限りですね♪



というわけで、今回購入してきたものはこんな感じです。

20121212麻布ナショナルスーパー-20.jpg

ハーブ類。
チャイブ、ディル、タラゴン、タイム。


20121212麻布ナショナルスーパー-21.jpg

肉厚の大きなパプリカとエシャロット。


20121212麻布ナショナルスーパー-22.jpg

大瓶のアンチョビに、ミックスペッパー、イベリコ豚100%のペースト。


20121212麻布ナショナルスーパー-23.jpg

濃い緑色のレンズ豆に、白いんげん豆。


20121212麻布ナショナルスーパー-24.jpg

ポーチドエッグを作るなにか(笑)に、瓶のオープナー?




いただいたピーナツバター。
これ、かなり濃厚ですが、お料理に使ったらよさそうです♪



買ってきたものを使ったお料理はまた別途上げていきたいと思います♪
興奮しすぎて写真が多くなりました( 艸`*)。


素敵な企画をありがとうございました♪
やっぱりナショナルスーパー、大好きです♡





************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************

posted by ゆりり | 14:48 | ブログのこととか | comments(0) | - |
包丁研ぎ教室
昨日、レシピブログ(→ )のモニター企画に当選し「ツヴィリング シャープニングセミナーinレシピブログ」に参加させていただきました。

これは双子のマークでお馴染みのドイツキッチン用品ブランド「ツヴィリング」が主催するもので、
「ツイン ストンプロ 両面砥石」を使って、料理教室「いただきます」主宰の西芝一幸さんを講師に、
包丁の研ぎ方を一から教えていただけるというものでした。

わたしも普段から砥石を使って包丁を研いではいますが、研ぎ方は昔母に習ったきり、
あとは自己流というか見よう見まねというか、それなりに切れるようにしてはいるつもりでも
一度ちゃんと研ぎ方を習いたいなあと思っていたので、本当に嬉しい企画でした^^

教室に入ると、、、

20121211包丁研ぎ教室.jpg

机の上に、砥石、水、エプロンなどがセットされていました。


20121211包丁研ぎ教室-2.jpg

時々大阪弁が混じる、気さくな西芝先生。


20121211包丁研ぎ教室-3.jpg

20121211包丁研ぎ教室-4.jpg

実際の研ぎ方の手順を、テーブルを囲んで見せていただきました。
一番の驚きは、今回使用の「ツイン ストンプロ 両面砥石」、水に浸しておく必要がないということ。
砥石にお水をちょちょっとふりかけたら、もう即研ぎ始めることができるのです。
シャーシャーと小気味好い音が響きます。


20121211包丁研ぎ教室-5.jpg

さて、わたしは吉實さんの特鋼の牛刀を持って行きました。
実は先日、吉實さんに研ぎに出す予定の時に、ちょうどこのクラスの当選がわかって(笑)、
この牛刀だけ出さずにいたのです(◍′ω‵◍) ♪
1年ぶりだったので、研ぎに出したい気持ちと、こちらのクラスで試したい気持ちとのせめぎ合いでしたが( ´艸`)。


20121211包丁研ぎ教室-6.jpg

先生や、ツヴィリングのスタッフの方たちが各テーブルを回って、研ぎ方や、包丁の状態を見てくださって
具体的にアドバイスしていただけて、とてもよかったです。


20121211包丁研ぎ教室-7.jpg

みなさん、真剣( • ̀ω•́ )✧


20121211包丁研ぎ教室-8.jpg

研ぎ終わった包丁。
きらり、と光っているような気がします♪


そして、次は切れるようになった包丁と(笑)、別途持ってくるように連絡をいただいていたペティナイフで
お正月などに使える飾り切りのミニ講習がありました。
教えていただいたのは「大根菊花」「ねじり梅」「(胡瓜の)切り違い」です。

実はわたしは、恥ずかしながら飾り切りってしたことがないんですよねー。
しようと思ったこともあまりなく^^;
飾り切りで落としてしまう部分がもったいないなあ〜とか、そんな気持ちもあったりして。

でも、ほんの少し見せていただいただけで、なるほど、ちょっとしたことでハレの気分になるんだなあと、、。


20121211包丁研ぎ教室-10.jpg



これも全員でテーブルを囲み、先生の手元に集中します。


そして、その後実習です。



頭で考えてもよくわからない、とりあえず手を動かさなきゃ、って感じですね^^;
特に、切り違いは、、なんというんでしょうか、、算数で立方体の展開図が頭に描けない人っていうか、
まあ、算数苦手な人にはなかなか難しいんじゃないかと(・ω・;)。。。
単純なことのハズなんですが、一度「?」になると全然手が先に進まず、
思わず同じテーブルの方にSOSを出して、なんとかかんとか切ることができました。
ひゃー、恥ずかしい(T∇T)。

ねじり梅はね、、、お弁当フォトで時々見かけてどうやるのかなーとは思っていたんです。
それを覚えることができてラッキーでした。
早速ウチに帰ったらやってみよーと思ったら、、、梅の花の形の抜き型がいるんですよね。
で、即、ポチりました(^m^)。
これで来年のお正月のお煮染めは梅の花が咲くってワケです♡

きゅうりも大根も、使えそうですね♪


おみやげに、エプロンと砥石をいただきました!
すごーい♪
これからは思いついたらすぐに包丁が研げるのが嬉しいです。

本当に素敵な企画に参加させていただき、ありがとうございました^^





************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 17:10 | ブログのこととか | comments(4) | - |
気がつけば2周年が過ぎていました
20120210 人参.jpg


ブログを持ったのはもっと前なのですが、持っただけで何もせずにいました。
何か記事を書いては消したり、全部非公開の記事にしていたり。
ブログはわたしにとっては、長い間どう扱ったらいいかわからないツールでした。

で、2年前に、今度一緒に写真展をするさくちゃんが、
「ゆりりさんはブログを書いたほうがいい」と言ってくれて、
「そお???」という感じで始めたのです。
その最初の記事をアップしたのが2年前の2月9日でした。


20120205 きんぴらごぼう.jpg


最初はホントにどうしていいかわからなかったし、
記事を全部画像にしたりして、無茶苦茶大変だったり(^-^;)、
ともかく、ものすごい労力をかけるわりに報われないことばかりしていました。

毎日のアクセス数は0だったり、1人とか、2人とか。

よそのブログを覗きに行くと、コメントがあって、お返事をしていて、、
というようなコミュニケーションが成り立っていて、
いったいどうやったらブログで人と親しくなれるんだろう?と不思議でたまりませんでした。


20120205 きんぴらごぼう-2.jpg


オバさんがブログを書いても、誰も興味を持たないのではないかと思ったり。
同世代の仲間を見つけたほうがいいのかな、と、
シニアブログだとか、中高年ブログだとかいうので検索をしたり。
でも、そういう所を覗いてもちょっと違和感があって。

ともかくお友達が欲しいなあと、ある時思いきってコメントをしたら
ちょっと冷たい反応で(爆)、少々ショックで、
それから自分からコメントを残したり、
積極的にアプローチすることはほとんどなくなって今に至ります(^-^;)。


20120207 あさつきのおひたし.jpg


文章だけの、ましてや会ったこともない方とのやり取りは、
ブログに限らず、難しいものだと今でも思っています。
自分が何かを伝えることも、難しい。

それでも、今こうして、何人かの方たちとお互いのブログを行き来するようになったり、
コメントを残していただけるようになったり、、、
本当に不思議で、そしてありがたいことだと思っています。


20120203 烏賊と里芋の塩麹煮.jpg


ブログというツール、あるいは世界で、
もしかしたら、暗黙の了解事項というのか、何かルールのようなものがあるのかも、
そしてそれをわたしは知らないでいるのかも、と思うことがあります。
知らずに失礼をしていることもあるのかもしれないと思うと、ちょっと怖いです。


20120207 鯖の酢漬けのサラダ.jpg


でも、やっとブログを書くことが楽しくて、面白くなってきたところでもあります。
だんだんと「地」が出せるようになってきました(^m^ )。
結構なオバさんであることもカミングアウトしてしまって、楽になったし(笑)。

この年になって、仕事もしなくなりましたが、
ブログを通じて色んな方と知り合い、色んな世界を知ることができて
毎日がとても楽しく、充実しています。


20120201 鯖の酢漬けのサラダ.jpg


これからも、普通の家庭料理や、ありふれた日常について綴っていきます。
あらためて、どうぞよろしくお願いいたします^^







☆写真はアップしそこなっていたもの(^m^ )。



************************************

2つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

************************************

posted by ゆりり | 01:15 | ブログのこととか | comments(20) | - |
第2回「レシピブログ 料理写真教室」最終回
レシピブログさん主催の第2回「レシピブログ 料理写真教室」の3回目、最終回が15日の金曜日に開催されました。

本来3月のはずだったのが、震災の直後で延期となり、
参加者は4名+転入生(?)のサプライズゲスト・料理研究家のきじまりゅうたさんの5名というこじんまりとしたクラスとなりました。
講師はこれまで同様福原毅さんことタケさん福岡拓さんことtakuさんでした。


最終回で、宿題は卒業制作。
本当は3点という制限だったと思うのですが、絞りきれず4点を持っていきました。

20110331写真教室卒業制作-s.jpg

20110408写真教室卒業制作-s.jpg

20110413-料理写真教室卒業制作-s.jpg

写真教室卒業制作-4-s.jpg


今、わたしが撮りたいなあと思っている料理写真は、ちょっとノスタルジックで、食べている(食べようとしている)雰囲気を感じられるもの。
写真を見てくださった方に、何か「物語」のようなものを想像していただけたら、本望!(笑)

で、最終的にはこの中から1枚を選んだのですが、、、さて、どれでしょう。
近いうちにレシピブログさんのサイトで、参加者の卒業制作作品が発表になりますので、それまでお楽しみ(?)に♪



クラスは、ブルーランプを使ったライティングの講義でした。
お日様の光と同じ色で、夜でも昼間のように撮ることができるのです。

使い方の第一は、バウンズと言って、白い板(布とか、壁とかでも)に反射させてその光の中で撮るもの。


20110415-料理写真教室3回目-2.jpg


もうひとつのディフューズは、間に薄い白い紙などを置いてその向こう側から光を当てるもの。


20110415-料理写真教室3回目-3.jpg


わたしも実はブルーランプを持っているのですが、今ひとつ使いこなせておらず、
今回の講義でひとつ「ああ!そうか!」と思ったことがあったのですが、
やはり使い方を完璧に理解したとは言い難く、、、
結局これは、何度も何度も試して、結果を見て、、の繰り返しで覚えるしかないのだなあと思います。

自然光で撮るのでも、朝、昼、夕方で光は違いますし、季節によっても強さが違います。
その中で、試行錯誤して自分の好きな光を見つけていくのはとても難しいけれども楽しいことですが、
照明器具を使うのもそういうことじゃないかなと思います。

ブルーランプを使うのは、どうしても仕方ないとき、、に限られているので(わたしの場合は)
使う回数が少ないので、もっと活用して慣れないとダメだなと思っています。

ちなみに、ブルーランプを使うのが若干億劫になる理由としては
他の光源(部屋の明かりやテレビなど)を全部消さなければならないので、
撮りたい料理が2品、3品になると、その都度明かりやテレビを付けたり消したり、、が面倒だったり、
そこに夕飯を待っている家人がいたりすると、かなーりヒンシュクを買うし(^-^;)、
ライトがかなり熱くなるので粗忽者のわたしには危険が伴ったり、、(T∇T)、、そんなことです。




今回の震災の後、仲良くさせていただいているブロガーさんたちの更新が暫くありませんでした。
わたしも同様に、ブログを書くことができませんでした。
わたし自身は被災してはいませんでしたが、福島に住む親兄弟は被災しました。
東北の被災地の状況は、ただテレビのニュースを見ているだけのわたしたちにも計り知れない悲しみと恐怖を呼び起こしました。

大切な人を失い、家や財産を失っただけではなく、
料理をする、家族や友人とともに温かい食事をとる、そういう当たり前だと思っていたことが
突然の災害によってできなくなってしまった多くの人たちを思うと、
自分たちが当然のように食事をすることが後ろめたくなり、
その上に、スタイリングを考えて料理の写真を撮るなんて、とても不謹慎で申し訳ないように感じていました。

だけど、やっぱり人は食べて元気になるし、食べたいと思う気持ちが大切だし、
料理の写真は、そういうことを喚起するものであると思い、
また、今盛んに言われているように、
被災しなかったわたしたちが普段通りに元気に過ごさなかったら日本中、みんな共倒れになってしまうと。。。

正直言えば、この「ゆりり亭」という食べることに特化したブログを、
震災以前と全く同じ気持ちでできているわけではないのですが
ともかく頑張って食べて(このさい多少太っても(笑))、記事を更新して
風評被害なんか吹き飛ばして、実家の周囲の農家の方達も元気になって欲しいと思っているんです。


これからも
丁寧に料理をし、丁寧に盛りつけをし、丁寧に写真を撮ることを大切に、、、大好きなものを大切に。
そうやって生活していこうと思います。

今回のクラスで知り合えたみなさまとこれからも仲良くおつき合いできますように♪
そして3回のクラスを通してお世話になりました
講師のタケさん、拓さん、アシスタントのうららちゃん、レシピブログの久永さん、みなさまに感謝いたしますハート



ひらめき
講師のtakuさんの写真展、開催中です。
美味しいお菓子屋さんTEE'Sさんの、美味しい写真ということです♪
わたしはまだ行けてなくて、明日(月曜日)行く予定です。



クラスで写真のモデルさんになり、その後参加者に配られた、TEE'Sさんのお菓子♪

20110415-料理写真教室3回目-4.jpg







************************************

2つのランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです(^-^)。ありがとうございます。


人気ブログランキングへ

***********************************
posted by ゆりり | 17:31 | ブログのこととか | comments(10) | - |
レシピブログ 料理写真教室 2回目
第2回「レシピブログ料理写真教室」の2回目のレッスンがありました。

今回は料理の写真を3枚撮ってくること、という宿題がありました。
ほぼ毎日のようにブログに写真をアップしていますが、「宿題」となるとかなり緊張します(^-^;)。
データを先生のMacに移し、一人一人の写真を講評していただきます。

わたしはタイプの違う写真を3枚用意してみました。


豆とうずらの卵のミートローフと、、

20110215料理写真教室ーミートローフ.jpg


じゃが芋の牛乳グラタンに使ったじゃが芋(^m^ )。


20110216じゃがいも-教室.jpg


手作りソーセージと白いんげんのトマト煮込み

20110217白いんげんと手作りソーセージのトマト煮込み-3.jpg



先生方とは一昨年別のところで知り合ってから、いろいろ教えていただいてきていることは前回カミングアウト(笑)しましたが、
料理の写真は撮っても撮っても、「これでいいのかな?」といつも不安です。
でも、狙った意図を伝えることができたようで褒めていただけたのでほっとしました〜!


みなさんの写真を見せていただいて、その場で講評を聞けることは
全部が自分の写真にも当てはめて考える材料になるので、とても勉強になります。
そしてそれぞれの皆さんのスタイリングも、お料理も、本当に素敵だし美味しそうだし、
刺激をたくさんいただきました♪


講評の後はテキストと見本の写真での講義。

20110218料理写真教室.jpg


後ろのほうがボケているふわんとした写真を撮るには「絞り」の値を小さくするとか、
合わせたいところにピントを合わせるにはオートフォーカスではなくマニュアルフォーカスにしましょう、とか、
三脚を使ってブレをふせいで、ISO感度はなるべく小さくしましょうとか(綺麗な画質で撮れる)、
今となってはわかっているつもりのことではあるのですが、
改めてテキストを読んで、「あ、そうなのか」と思うこと、多数(^-^;)。

みなさんそうだと思いますが、自宅での料理写真の撮影は孤独な作業で(笑)、
本当にこれでいいのかな?と思いながら撮っているので、デモ撮影はとても参考になります。
今回は、夜の室内光で撮ってみる、という設定でした。
電球色と蛍光灯色は混ぜないこと、とか、外の光と室内の明かりも混ぜないこととか、
テレビの色も影響を受けるとか、、、
夜の室内には色んな光が混在していて、無意識に撮っていると
かなりヘンテコな色になることが多いですが(^-^;)、、、はい、気をつけます!


ライブビュー機能を説明中です。
カメラの液晶画面で拡大して厳密に焦点を合わせられます。

20110218料理写真教室-2.jpg


カトラリーの置き方などもいろいろ試してみます。

20110218料理写真教室-4.jpg


デモ撮影したものをその場で見せていただきます。
実際に見えている感じと、写真での写り方は違うということを実感します。
食べる時のそのままをと、「料理写真」はちょっと別物というわけですね。

20110218料理写真教室-6.jpg



料理の写真は、自分なりに色々変化させたり工夫をしたりしているつもりですが、
やはりみなさんの写真を拝見するととっても勉強になります。
わたしには思いつかないようなスタイリングや視点で撮られている写真には
これからの撮影していく上でのヒントもたくさんありました(^-^)。
もっともっと沢山写真を撮って頑張りたいと思います♪



タケさん、takuさん、うららちゃん、受講生のみなさん、ありがとうございましたハート




************************************

2つのランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです(^-^)。ありがとうございます。


人気ブログランキングへ

************************************



posted by ゆりり | 11:17 | ブログのこととか | comments(10) | - |
料理写真教室
テキスト

第2回「レシピブログ料理写真教室」に参加してきました。

応募はしたものの、きっと競争率が高くてダメだろうなあ、と思っていたところに「当選」通知が!
ビックリ&ドキドキでした。


実は、、、
わたしはブログ歴より、料理写真歴(?)のほうが長いのです。
長いといってもまだ2年にもなりませんが(^-^;)。
で、料理写真が楽しくなってきた頃にブログを始めたのです(間もなく丸1年になります)。
料理写真にのめり込む(?)ようになったきっかけの料理写真教室の最初の先生たちが今回の福・福コンビでした。
それが一昨年の4月のことで、1回だけのクラスでした。
その時も多分、今回と同じような講義を受けたはずなのですが、まったくチンプンカンプンで、
何を質問したらいいのかわからないくらい、何もわかっていませんでした(^-^;)。

それから先生たちとは写真のイベントやら、飲み会やらで何度もご一緒させていただいているものの、
きちんと講義を受けるということでもなく、
なんとなく、「基本」がぽっかり抜け落ちているのではないか、、
「我流」に走りすぎなのではないか、、と
不安になっていた時にこの講義を知り、受けてみたいなあと思い、
幸運なことに当選したというわけなのでした。
はい。
前置きが長かったですね(爆)。


最初に自己紹介があったのですが、
人見知りが激しいのと、場に馴染むまで時間がかかるのと、
年のせいで(^-^;)物忘れが激しいので、参加のみなさんのお名前、ブログ名、お仕事などなど
ほとんど何も覚えていないのですが涙
みなさんのブログを訪問させていただいて残り2回のクラスの間に、みなさんと仲良くなれたら嬉しいなあと思っていますハート


授業は、テキストとMacのモニターを使っての講義から。

講義


レフ板の説明や、作り方など。

20110128写真教室ーデモなど-3.jpg


露出補正の仕方や操作などについて、テーブルを回ってそれぞれの参加者のカメラで説明していただき、、

20110128写真教室ーデモなど-2.jpg


その後のデモ撮影では、まずは三脚の使い方の説明があり、、

20110128写真教室ーデモなど-4.jpg


だいたいの構図を決めて、、

20110128写真教室ーデモなど-6.jpg


レフ板を使って光の回り方の違いなどを確認し、露出を少しずつ変えて同じ構図で何枚も撮ります。
撮影には三脚の他、レリーズ(リモートケーブル)を使うとブレなくてよいそうです。

20110128写真教室ーデモなど-5.jpg


そして、デモ撮影した写真をすぐにモニターで確認。
露出補正の結果についてや、構図などについてその場ですぐに確認できるのがデジタルの素晴らしいところですね♪

20110128写真教室ーデモなど-7.jpg


さて、いよいよ、参加者がそれぞれ自分で用意してきた料理を撮影する実習です。
二カ所に別れて、勿論自分のカメラでの撮影。
コンデジの方、大きな一眼レフのかたそれぞれですが
最も大切な基本は「逆光で撮る」ということで、
器や食材による構図や露出などを確認しつつ順番に撮ってゆきます。

20110128写真教室ーデモなど-8.jpg


わたしはタケ先生に(^-^)。
銀レフを使った印象的な光の作り方や、強い陽の光を逆手に取った(?)劇的な描写などを教えていただきました。
白レフをあてて影を全部消しても綺麗だけれども、ペーストを乗せたパンが「主役」であることがわかりにくいとか。
見せたいものに光を集めるっていうことですね。
銀レフ、即、作らねば(笑)。




ミルクガラスが光を通す特性を生かして、わざと光のコントラストの強いところに置いてみたり。

20110128写真教室ーガラスの光など.jpg


それだけでもいいけれども、パンも入れるのであれば
全部が写ってなくても(ペーストが乗っているパンが全部見えていなくても)いいでしょうとか。

20110128写真教室ーガラスの光など-2.jpg


教えていただいた後も、上から覗いてみたり、横位置にして撮ってみたり。

20110128写真教室ーデモなど-10.jpg

20110128写真教室ーデモなど-11.jpg



実はわたしは家でも毎日数十枚の写真を撮ってるんです(爆)。
パスタなど、すぐに食べたいものの時や、家人がいてうるさいときは泣く泣く諦めますが、
たいていは100%納得することは無理でも、せめて「これでいいかなあ」と思える程度までは粘ります。
料理もすごく好きだけど、写真を撮るのも無茶苦茶好きなんですね。
でも当たり前ですけど、どっちも素人なので普通のマンションで特殊な機材もなく撮っていて、
スタイリングも自己流での試行錯誤で、
1人で何十枚撮っても、壁にぶち当たるというのか、、
違う〜〜〜〜と吼えたり、美味しそうに見えな〜〜〜〜いと落ち込んだり。
100枚撮っても、Macに落としたら1枚も使いたいものがない(TOT) 、、、みたいなこともあります。

やっぱり何か特殊な機材やセットや広い場所がなければダメなんじゃないかとか、
そういう方向に逃げたくなっていたのですが、
普通のカメラで普通に撮るというか、
光を見つけるとか、主役を考えるとか、目と心を料理に向けることが最も大切なのだなあと実感しました。

残り2回の講義が楽しみです。

そして、参加者のみなさまと交流できることも楽しみにしています(^-^)♪


レシピブログ編集部の久永さん、タケさん、takuさん、うららちゃん、参加のみなさん、ありがとうございましたきらきら




************************************

2つのランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです(^-^)。ありがとうございます。


人気ブログランキングへ

************************************





posted by ゆりり | 15:36 | ブログのこととか | comments(12) | - |
サントネージュ「酸化防止剤無添加有機ワイン」レシピコンテストにて
20101011-カボチャのひき肉詰め茸ソース煮込-6.jpg

「カボチャのひき肉詰め茸ソース煮込み」がサントネージュ賞を受賞いたしました(^-^)き

残念ながら、賞の発表のページには名前を掲載していただけず(^-^;)、、、
とりあえず、自己申告ではありますが、ご報告させていただきますハート
審査結果のページはこちらから→http://www.recipe-blog.jp/sp/r100913b_aw


お料理中心のブログを始めてから8ヶ月余り、、
最近ようやくレシピをレシピっぽく(笑)書けるようになってきたように思います。
特に「レシピブログ」のサイトを通じて、何人かのブロガーさんたちとやり取りをするようになって
楽しみも増えてきましたし、刺激もたくさん受けています(^-^)。

そういう中での今回の受賞は、とっても嬉しいものでしたき


これからももっともっとお料理を楽しみ、美味しいものを作り、、、
美味しいワインもどんどん飲んでいきたいなあと思います(^-^)!




************************************
2つのランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです(^-^)。ありがとうございます。

 人気ブログランキングへ  

************************************
posted by ゆりり | 23:07 | ブログのこととか | comments(13) | - |
レシピの書き方講座
先週の10日の金曜日、レシピブログ主催の「レシピの書き方講座」に参加させていただきました。

このブログをちゃんと書いていこうと決めてから半年とちょっと。
最初は自分の作った料理の備忘録という目的でもあったので、
自分がわかればいいかな?という感じで書いていて、
細かな分量までいちいち書かなくてもいいかなあ、なんて思っていたのです。
でも、ある時からせっかく書くのならやっぱり
ここを見てくださる方に少しでもわかりやすいほうがいいかも、と考えを改め、
でもなかなか難しいよね、と思っていた、そんなところで見つけた講座だったのでした。

申し込んでから当選のお知らせ、そして実際の講座まであまり日にちがなく、
どんな感じなんだろう?と思う間もなくその日がやってきました。

場所は銀座の実業之日本社の会議室。
講師はレシピ本の校正歴35年の藤原秀子さん、同じく校正歴30年の風間倫子さんのお二人。
出席者はレシピブログに登録のブロガーさん9名。

20100910レシピの書き方講座.jpg

使ったテキストはこちらです。
レシピの書き方


講義は90分ではあまりにも短い!(笑)という感じでしたが、
その中でわたしにとって特に印象深かったのは、
「レシピは熟読するものではないので、一度で手順が理解でき、料理が想像できるものがよい」
「難しそうに見えないように、極力簡潔に、文章は短めに書く」ということと、
「必ず読み直しをする」ということでした。

確かに、自分自身のことを考えても、好きで集めているレシピ本も
何度も読み返すということはなく、さっと見てだいたいのイメージを感じてそれを参考に作ることが多いんですよね。

またレシピを書く上での基本、約束事なども、へえと驚くことが多く、それらについては
これから「レシピの書き方」をよく読み、そして常に携行するくらいの気持ちで(笑)参考にしようと思います。


講義の後半は、参加のブロガーさんたちのレシピを添削していただくというものでした。
それぞれ、添削して欲しいレシピ(ブログのページ)を予め申請してあったのです。

20100910レシピの書き方講座-3.jpg

わたしは、パプリカのマリネのレシピでお願いしていました。

とても嬉しかったことは、一番最初に「写真がとても綺麗ですね!」と褒めていただけたことです(^-^)。
料理の写真を撮るのは、わたしがとても大切にしていることなので。
そして、一行目の「パプリカが1個100円を切ったら作ります」というのもいいと(^m^ )。
意識していなかったのですが、そういうキャッチフレーズ的な言葉は、雑誌などではよく使われるのだそうです。

そして、褒めていただけただけではなく、勿論課題も(^-^;)。
わたしはよほど意識しないと材料の分量や、出来上がりが何人分くらいかとか、時間がどのくらいかかるかとか
ほとんど書かないんですね。
やはりそれは書いたほうがいいですねと。
うーん、やっぱりそうですよね(^-^;)。

今までは、たとえば素材に対して塩が何%というような、わりと味に直接大きな影響が出るもの以外は
「だいたいわかりますよね?」という気持ちで書いていたんですね。
でも、お料理は得意な人、あまり得意ではない人、全然得意ではない人、、と実に様々なので
その誰もにわかりやすく書くことが基本だと、、難しいですが(笑)。



駆け足の講義ながら、いくつも「気づき」がありましたし、
実際の本作りの現場の様子などを伺うことができてとても興味深いものがありました。
それでも本当〜〜〜〜に残念だったのは、
テキストをいただいたのが当日だったことと、時間が短かかったこと。
短い時間にあれもこれも伝えたい!と思われたからこそとは思いますが
いささか消化不良だったかなあというのが正直なところです。
せっかくの素晴らしい講師の方たちをお迎えしての有意義な講義、
できれば3回クラスくらいで、宿題を出していただけたりして次に繋がればなお嬉しかったなあと思いました。

また機会があれば参加させていただきたいと思います。

ありがとうございました。






************************************
2つのランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです(^-^)。ありがとうございます。

 人気ブログランキングへ  

************************************
posted by ゆりり | 01:07 | ブログのこととか | comments(0) | - |