CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
2015年5月より、少人数制の料理教室もスタート♪
明けましておめでとうございます。
201801012018元旦-3.jpg


明けましておめでとうございます。
もう新年も4日となり、その本日も夕方となってしまいました。
皆さまはどんなお正月をお過ごしだったでしょうか。
我が家は、この年末年始は息子夫婦が帰省できなかったのですが、
大晦日の夜と元旦の昼間に母と妹がやってきてました。
大晦日にはタンシチューを中心に、ちょこちょことしたもの、元旦は写真のような感じで。
特別なものはなかったのですが、やはりお正月というのは何かしらしてくなるもので
それなりに形になるくらいのものは用意しておきました^^


201801012018元旦-2.jpg


今回準備したものは、、(写真にないものも含めて)

黒豆
ちょろぎ
田作り
コハダの粟漬け
紅白かまぼこ
昆布出汁入り数の子
茹で毛蟹
イクラの醤油漬け
  ※ここまで市販品

煮しめ
叩き牛蒡
伊達巻き
鰊(にしん)の昆布巻き
蛸の旨煮
海老の旨煮
紅白なます
酢蓮
菊花蕪
めかじきの漬け焼き
イカ人参
ローストポーク
ローストビーフ
鴨ロース
鶏ハム
ツナ
塩辛
あん肝


もう、それほどたくさんなくていいものは買っちゃえ!と割り切ってだいぶ楽になりました(笑)。
お煮染めを今回は筑前煮ではなくてそれぞれ別に煮たのでそれだけ、ちょっとだけ手間でした。
でもそういう手間もたまにはいいものですね。


20180102雑煮-2.jpg


お雑煮は、ウチは野菜を沢山食べたいので、なんとなくいつもの汁物風です。
特別なものは入れず、です^^


今日のお昼は、残っていたおせちを食べてしまおうとお寿司を作ったのですが、
本当はお肉類やイクラや蛸なども使いたかったのに、なぜか野菜尽くしになってしまいました。





手前から
叩き牛蒡の押し寿司、
3種の大根の即席酢漬けのくるくる巻き、
紅芯大根の酢漬けと酢蓮の押し寿司、
刻んだ酢蓮と青菜(せいさい)を混ぜたご飯を大葉で包んだ手まり寿司、
大根の酢漬けの手まり寿司と、青菜の手まり寿司。





大根は紅芯、紅くるり、それに頂き物の薄い紫色のものです。
これをラップに並べて作ったぐるぐる巻きは、切るまで不安でしたがなかなかよい出来だったと思います。
美味しかったし^^

あと、手まり寿司はこれらの大根をベースに色んなパターンを試して遊びました( ´艸`)。





12月の初めに遊びで作った小さく型抜きした蕪の甘酢漬けも組み合わせて使ってみたのですが、
思ったより可愛くならなかったので、この写真にはありません^^;

でも、この野菜だけのお寿司はかなり美味しくて、こういうのもいいなあと思いました。
ご飯のおかずで、というと箸が進まないものも、こういう風にすると食べやすく
またすし飯ともよく合うように思います。
遊びすぎて作るのに時間がかかるのが難点ですが(*`艸´)。


さて、オマケは。


20180103トマトとツナのパスタ-2.jpg


なんとなく久しぶり感があるパスタ。
作り置きのツナとトマトの水煮で簡単に。
パスタって、年がら年中作っては食べているのですが、年末年始、食べていなかったかな?と思います。
全ての食事の写真を撮っているわけではないので定かではありませんが、
今、手元の携帯写真を辿ってみたら、11月15日までパスタの写真がありませんでした。
んー。そんなハズはないのだがー?
でもともかく、久しぶりで美味しかったです♪



オマケ、その2と3。


20171227もも.jpg

20171120kenn.jpg


雪の中に仁王立ちするもも、ストーブの前で眠りこけるけん。
どちらも相変わらず元気です。




今年もどうぞよろしくお願いいたします。






************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 17:55 | 季節・行事 | comments(0) | - |
明けましておめでとうございます
20170101正月おせち.jpg

20170101正月おせち-3.jpg


明けましておめでとうございます。
皆さまはどのようなお正月をお過ごしでしょうか?

わたしのところは、大晦日に息子夫婦がやってきて、元旦は母と妹も合流し一緒にお節をいただきました。
わたしはほんとにいつものことなのですが、なぜか年末年始は風邪をひいたり体調を崩すことが多いのです^^;
大晦日に救急病院に入院、病室で除夜の鐘を聞いたこともあります。
そこまでいかなくとも寝込んでしまうことが結構ありました。
今回はなんとか踏みとどまって(笑)大事にはならず、今は鼻水がグズグズ状態です。

さて、今回のお節も昨年あたりとほぼ変わらず、の感じで準備しました。
1週間ほど前から仕込んで冷凍しておいたものもいくつかあります。
あとは日持ちを考えて、29日から31日にかけて少しずつ順番に作っていきました。
最近一気に作るという体力がなくなってしまって、冷凍するというのを覚えてからは大分それに助けられています。


記録ということで写真しつこく(*`艸´)多めになりますが、よかったらご覧くださいね^^


20170101正月おせち-2.jpg


これはまあ、なんていうのか最初のおつまみ的なもので、1人分ずつ盛りつけました。
紅白蒲鉾、叩き牛蒡、伊達巻き、栗きんとん、海老の旨煮、紅白なます、黒豆とチョロギです。
黒豆とチョロギは市販品です。
栗きんとんの栗の甘露煮も市販品、さつま芋はおとっときの(笑)ご近所さんからいただいた立派なもの。
紅白なます、今回のは柚子の絞り汁をメインに使ったら、夫に味が甘過ぎると文句が出ました(・ัω・ั; ) 。
美味しいと思うのになー。


20170101正月おせち-7.jpg


手前から
菊花蕪
ローストビーフ(妹からの差し入れ、某レストランのもの)
鶏の八幡巻き、錦卵、鴨ロース
お煮染め
いか人参、蛸の旨煮、子持ち昆布とひたし豆、数の子
鰊の昆布巻き
椎茸の肉詰め、メカジキの付け焼き


これで並んでいるものは20品ですね。


20170101正月おせち-8.jpg


今年のお節の盛付けですが、四角い鉢を多く使っていることにお気づきになりましたか?
実はこれは、喜多窯 霞仙さんの器です。
霞仙さんとは、2012年と、2013年に器と料理写真のコラボ展を開催したのですが、
それが今年、久しぶりに復活することになったのです。
もうそろそろ年が変わるよ、というあたりで急に決めました(笑)。

取り皿に使っている小さいリムのオーバル皿は、
以前の展示の時にわたしが提案させていただいて作っていただいたもので、
我が家でもしょっちゅう使っていて、ホントに使いやすく、霞仙さんでも売れ筋のひとつになっているとのこと^^
その他にも、展示会に合わせて作っていただいて、
今では霞仙さんでは外せない商品になったものがいくつもあると、嬉しいお言葉をいただいています。

そんな毎日の食卓で活躍できる器を、また霞仙さんと一緒に考えることができることがとても嬉しく、
ワクワクとした気持ちで新年を迎えております。


20170101正月おせち-10.jpg


これは入れ子になる角鉢です。
大きいものは今の家庭には大き過ぎるかも、ですし、ちょっと重いので
展示会では出てこないかもしれませんが(笑)、
色々なものを使って、試して、よりよい形を作りたいと思います。





ついで(?)に、様子のよく見えていなかったもの(*´m`*)。
椎茸の肉詰めは、松風焼きの代わりみたいな、、、ホントは裏白椎茸にすべきかな、というところですが
またその代わりで、白っぽくするのに芥子の実を振りました(`m´#)。
お魚もホントは鰤ですよね(出世魚にかけるんですよね)?
でも、ウチ、夫があんまり鰤を好まないんです(^-^;)。
まあ、、、ほんとは料理も盛付けも、色々な伝統を守ってやらなければならないのでしょうが、
それだと準備していても気が重くなってしまいますから。
許してもらいましょう(誰に??)。





こちらもついでに〜。
なんかピントが変だからやめようかと思ったんだけど(笑)。
鴨は、夫は食べないですけどね、人が来る時作らないとわたしも食べられないから(爆)。


霞仙さんの器、角鉢中心にご紹介しましたが、勿論他にも色々あります。
今年の前半、展示会までできるだけ色んなパターンでご紹介していきたいと思います^^



そんなわけで、今年は思いがけずまたコラボ展という形で東京で写真を展示をする機会をいただきました。
最近「展示する」という目的で写真を撮ってきていなかったので、
勘が戻るのに若干時間がかかるかもしれませんが、器制作のご提案とともに、料理も、写真も頑張っていこうと思います。

また、色々と忙しくなるかとは思いますが、お教室も3月から再開する予定です。
どんなメニューがいいか、まだ悩み中ですが、来月の頭頃にはお知らせしたいなあと思っています。


当たり前のことですが、年を重ねるごとに、
今までできてきたことが出来なくなったり、無理がきかなくなったり、
身体のあちこちに不調が出たりということが多くなってきます。
ですが、お教室にいらしてくださる皆さまにエネルギーをいただき、
展示会にいらしてくださる皆さまや、関わってくださる皆さまにも力をいただき、
きっと素晴らしい1年になることと信じています。

それでも「助けて〜〜〜」と叫ぶこともあるかと思います(T∇T)。
そんな時にちょっと手を貸してやってもいいよ、というかたは、ぜひぜひ、助けてやってください。


皆さまにとりまして、ますます充実した素敵な1年となりますように。
そして、どうぞ今年もよろしくお願いいたします。









************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 11:01 | 季節・行事 | comments(2) | - |
明けましておめでとうございます(遅い)
20160101元旦食卓.jpg


明けましておめでとうございます。
気がつけばもう三が日も過ぎ、今日から平常運転のかたも大勢いらっしゃるかと思います。

昨年は5月より念願であった料理教室をスタートし、
最も遠いかたは広島、北のほうでは岩手から、そして県内外より大勢のかたにいらしていただけました。
始める前は、ひと月にお1人でもいらしてくださればいいほうかも、と思っていましたが
リピートしてくださるかたや、ご友人やご家族を誘ってくださるかたもあって
少しずつですが教室らしくなり、
そしてわたしも「先生」らしくなってきているかしら??と思ったりしています(*´m`*)。

年明けの今月と来月はお休みさせていただきますが、また3月よりスタートいたします。
どうぞ今年もよろしくお願いいたします。


20160101元旦食卓-2.jpg


さて年末ゆっくり仕込んで冷凍していたおせち料理ですが、今回は1人分ずつの
なんだか「おつまみセット」のような盛付けになりました( ´艸`)。
本来はもっときちんとした決まり事にのっとって整えるべきなのでしょうが、
どうもわたしのお節はいつもこんなふうにいい加減になってしまいます。
来年こそは、と思うのに1年たつとまた忘れてしまうんです。
でもまあ、お節嫌い(?)の夫にもまあまあ評判がよかったのでよしといたします(笑)。


20160101元旦食卓-3.jpg

20160101元旦食卓-4.jpg

20160101元旦食卓-6.jpg

20160101元旦食卓-5.jpg


元旦の午前中からお昼過ぎまで楽しく宴会をしていたのですが、
なぜか夕方になって頭が割れるように痛みだし、夜はご飯も食べずに寝てしまいました。
(ちなみに夜はすき焼きでした。
 わたしはすき焼きがものすごい久しぶりだったので食べたかった、、、)
頭が痛くなるほど飲んでないんですけど、、、というか、
わたしはちょっとやそっと飲んだくらいで頭なんて痛くならないのです。
なのでもしや悪い病気かも、と結構ドキドキしていたのでした^^;


で、翌日2日の朝は、完全に前日の残りもので。
あとはお雑煮。


201601022日食卓.jpg



そして、3日の夜は近所のピッツェリアのご家族が遊びに来てくれました。


201601033日夜.jpg


お節をまた解凍して(笑)並べて、ボチボチスタート、の図。
飲んで、食べて、おしゃべりして笑って、とても楽しい一晩でした^^



今回お節、お正月期間の食卓用として用意したものは。。。

*紅白蒲鉾
*伊達巻き
*数の子
*鰊の昆布巻き
*栗きんとん
*錦卵
*いか人参
*蛸の旨煮
*黒豆
*田作り
*たたき牛蒡

*紅白なます
*スモークサーモンとあんぽ柿の奉書巻き
*鶏の八幡巻き
*鴨ロースト
*松風焼き
*ぶりの照り焼き
*菊花蕪

*筑前煮

*塩辛
*牡蛎のオイル漬け2種
*馬刺(カルパッチョ風)
*鮟肝ポン酢






これはお正月ではなく年末に鮟肝ポン酢に初めて挑戦し、ちょっと食べてみた時の記念写真(笑)。
鮟肝は洗って血合いがあれば取り除き、薄皮を剥きます。
その時に筋(血管?)のようなものがあれば丁寧に取り除いておきます(多分臭みのモト)。
結構バラバラになりますがそれをラップに包んで棒状に丸めて、さらにホイルで包みます。
湯気の上がった蒸し器に入れて10分程度中火で蒸し、粗熱が取れたら冷蔵庫で完全に冷やします。
紅葉おろし、万能ねぎなど好みの薬味とポン酢でいただきます。

鮟肝を掃除して成形した後は、結構手が臭くて^^;なかなか匂いも取れなかったのですが
出来上がったものは臭みもなくとてもいい感じに出来上がりました。
今回冷凍してみましたが問題なく美味しく食べられたので、
日本酒党のかたはおつまみに作っておくといいかもです♪



そして。

20160103カレー.jpg


お節もいいけどカレーもね、というわけで(*´m`*)。
これは豚挽肉とレンズ豆のカレー。
コリアンダーを強めにして爽やかに辛い☆感じに作りました。


今年もなかなかマメなブログの更新はできないかもしれませんが、
時々はUPしますので(汗)見に来ていただければ幸いです。


今年も皆さまにとりまして素敵な一年となりますように!










************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************






posted by ゆりり | 13:39 | 季節・行事 | comments(0) | - |
お節準備覚え書き(その2)〜2016年お正月用
20151229紅白なます.jpg


*紅白なます


覚え書き、どうにかその2まではかけそうです。
紅白なます、毎年漬け汁の配合で悩みます。
・・・つまり決まった「コレ」がないのですが、そろそろ「これ」にしたいですね^^

【材料】
大根 … 正味600gくらい
人参(金時) … 80gくらい
柚子 … 小さいもの1個
塩 … 少々

漬け汁
 酢 … 100ml
 水 … 50ml
 砂糖 … 大さじ5 (※きび砂糖)
 塩 … 小さじ1/2

【作り方】
大根と人参は千切りにして塩少々をふって暫く置き、水気をきつく絞ります。〈A〉
柚子の皮を薄くそいで千切りにします。〈B〉
〈A〉に〈B〉を混ぜ、柚子の絞り汁を加えたら
一煮立ちさせた漬け汁をかけて全体を和え、ラップなどをかけて軽く押さえます。


子どもの頃は全然嬉しくない料理でしたが、今は箸休めに、ちょっとしたおつまみにと
あったら嬉しい料理のひとつに昇格しています^^
柚子はお好みで。なくても。


20151229紅白なます-2.jpg


今回の保存は冷凍にはせず、前回にもご紹介したハンディフードシーラーの、袋ではなくて専用の蓋を使っています。
容器は専用ではなくて、蓋のみが専用、、、つまりお家にある器に蓋をして真空状態を作るのです。
紅白なますはまあまあ日持ちのするものですが、これでさらに安心とういうわけです(*´ー`*)♪



*鶏肉の八幡巻き





柔らかく煮た牛蒡を鶏もも肉で巻いたものです。
わたしにとっては、お正月の料理というよりは実は「運動会のお弁当」に入っているイメージです^^

で、、3本も作ったので1本の半分を味見することにして写真を撮ったのですが、、
なんでかな〜? ありませんでした。
酔っぱらって捨てちゃったかな(T∇T)?


【材料】
鶏もも肉 … 3枚
牛蒡 … 大きめ1本

牛蒡の煮汁
 出汁 … 500ml
 かえし … 大さじ5

酒・醤油・味醂 … それぞれ50ml
蜂蜜 … 大さじ2

【作り方】
牛蒡は鶏の大きさに合わせて25センチくらいの長さに切り、4〜6等分に割り、水に暫くさらします。
出汁に牛蒡を入れて火にかけ、煮立ったら弱火にして10分ほど煮、
かえしを加えて牛蒡が柔らかくなるまで煮ます。

鶏もも肉は厚みのある部分に包丁をいれて全体の厚さを均等にし、牛蒡を4〜5本置いて巻き、たこ糸などで縛ります。〈A〉
フライパンに油少々(分量外)をしいて〈A〉を並べ入れ弱火にかけて時々転がしながら焼きます。
全体にうっすら焼き色がついたらキッチンペーパーでフライパンの余分な脂を取り除きます。
調味料を加えて強火にして煮立ったら蓋をして弱火にし5〜6分蒸焼きにします。
蓋をとって、もう一度火を強め、肉を転がして全体に煮汁を絡ませたらいったん取り出します。
フライパンの煮汁を半量になるくらいまで煮詰めたら肉を戻し入れます。


20151229牛肉の八幡巻き.jpg


これは、残った牛蒡をまいた牛肉の八幡巻きです( ´艸`)。
実は鶏のほうに巻いた牛蒡がちょっと控えめ過ぎて、牛蒡が余ってしまったのです。
(で、鶏の大きさに対して牛蒡の入りが少ない、ちょっと寂しい断面になってしまいました(×_×;))
煮た牛蒡はそのまま食べても美味しいのですが、安い輸入牛を買ってきて巻きました。
鶏もも肉、牛肉、同じ八幡巻きでも味わいは大分違いますが、わたしはどちらも好きです♪
こちらの牛肉パターンは巻いてから片栗粉をまぶし、酒2:醤油1:味醂1の割合の調味料をで煮ています。



*いか人参


20151229いか人参.jpg


福島のお正月にかかせない郷土料理です。
・・・と言っても、広い福島県の中でも地域限定らしいですが。
わたしの実家ではお正月には必ず出てきました。


【材料】
人参 … 長いもの2本
スルメイカ … カットしたもの80g

漬け汁
 酒 … 100ml
 醤油 … 100ml
 味醂 … 大さじ2
 塩 … ひとつまみ

【作り方】
人参はあまり細すぎない千切りにして塩少々(分量外)をふり、水気を切ります。
スルメイカは酒少々(分量外)をまぶしておきます。

漬け汁を一煮立ちさせ冷ましておきます。

人参、スルメに漬け汁をかけ、軽く重石をして半日以上置きます。


これまでは人参には塩をせず、漬け汁は加熱せず(酒、味醂とも煮切らず)
ガッツリという感じのいか人参を作っていましたが
今回はちょっと気分を変えています。
いずれにしても素朴な感じです。

スルメイカは自分でキッチン鋏などで細く切るほうが美味しいと思うのですが
最近握力が弱くなってしまって、根性がなく、「いか人参用」としてカットされているものを使っています。
多分松前漬け用などとしてカットされているスルメよりは若干太めじゃないかな?と感じています。



今日はここまでー。
備忘録へのおつき合いありがとうございました♪









************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************




posted by ゆりり | 23:24 | 季節・行事 | comments(4) | - |
お節準備覚え書き(その1)〜2016年お正月用
20151224伊達巻き-5.jpg


年を取るとどんどん時間の経つのが早くなるというのは、
科学的にも証明されているというようなことを以前聞いたように思います。
そんなわけですから(?)わたしの12月はまたたく間に、驚くべきスピードで過ぎていっています。

で、ここのところ毎日何品かおせち料理を仕込んではせっせと冷凍しています。
わたしも夫もおせち料理はあまり好きではなかったので昔は全然作らなかったのですが(作れなかったともいう)
だんだんと年を重ねてきたらやっぱりお節もいいかもね?と、自分の家なりのものを作るようになってきました。

ということで、今回の備忘録。
(その1)と書きましたが、続きを書けるかどうかは不明です^^;


*伊達巻き

20151224伊達巻き.jpg

【材料】(野田琺瑯レンタグル深型Lサイズ使用)
卵 … 7個
はんぺん … 大(120g)1枚
味醂 … 大さじ2
砂糖 … 大さじ3
塩 … 小さじ1/2
※酒 … 20ml

【作り方】
フードプロセッサーにちぎったはんぺんを入れて滑らかになるまで撹拌します。
その他の材料を加えて撹拌します。
キッチンペーパー等を敷き込んだ型に流し入れ、200度に余熱したオーブンで5分焼き、その後180度に落として15〜20分程度焼きます。
焼いた上の面を下にして巻きすできつめに巻きます。
輪ゴムで止めて縦にして冷まします。


20151224伊達巻き-3.jpg


今回は海老やホタテ等のお高い材料は入れていません( ´艸`)。
お酒が入っているのは、前日の飲み残しです(爆)。
どうしようかな〜と思ったのですが、まいっか、と入れちゃいました。
ので、次回(来年?)は入れないと思います。



*錦卵

20151224錦卵-3.jpg


【材料】15センチ×15センチの流し缶使用
卵 … Lサイズ8個
砂糖 … 大さじ5弱(60g)
塩 … ふたつまみ

【作り方】
卵は固ゆでにして皮をむいたら白身と黄身に分けます。
黄身を粗く潰して砂糖と塩の半量を加えておきます。
白身を裏ごしし、砂糖と塩をさっくり混ぜます。
黄身を裏ごしします。

流し缶に白身をきっちりと詰め、黄身の7割程度をきっちり詰めます。
残った黄身をふんわりとのせ、蒸気の上がった蒸し器で10分蒸します。


20151224錦卵.jpg

20151224錦卵-2.jpg


錦卵、去年初めて作ったのですが、その時は15センチ角のケーキの型で蒸しました。
夫は錦卵はどうでもいいらしいのですが、わたしは好きなので今年は流し缶を買いました。
すごく使いやすくて、買ってよかったです^^



*松風焼き


20151226松風焼き-2.jpg


【材料】15センチ×15センチの流し缶
鶏もも肉挽肉 … 500g
卵 … Lサイズ1個
クルミ(無塩) … 30g
レーズン … 30g
芥子の実 … 適量
〈A〉
 酒 … 大さじ1
 味醂 … 小さじ2
 醤油小さじ2
〈B〉
 白味噌 … 大さじ2
 砂糖 … 大さじ1.5
 薄口醤油 … 大さじ1.5
 味醂 … 大さじ1.5

【作り方】
挽肉200gと〈A〉をフライパンでポロポロに炒めて冷ましておきます。〈1〉
挽肉300gと卵、〈B〉をフードプロセッサーで滑らかになるまで撹拌し、粗く刻んだクルミとレーズンを加えてヘラなどで軽く混ぜます。〈2〉
流し缶に薄く油を塗って〈1〉をきっちり詰め、その上に〈2〉を詰め、芥子の実を一面に散らします。
180度に余熱したオーブンで30分程度焼きます。


20151226松風焼き.jpg


こちらも流し缶で作りました。
松風焼きは初めて。
和風のパテみたいな感じでしょうか。
下の段の挽肉がボロボロと大粒ですが、挽いて冷凍してあったのが粗挽きだったんです^^;
色々なかたのレシピを参考にさせていただきましたが、味付けはいつものことながら好みですね( ´艸`)。
レシピをじーっと見て味を想像して自分の量を考える、みたいな。
これは3等分して1本分を味見しました。
多くのレシピで焼き時間が10〜15分となっていましたが、
この分量でウチのオーブンだとちょっと焼きが足りないなという感じでした。
様子を見ながら焼き時間は決めたほうがいいですね^^
・・・でも若干焼過ぎたかも(爆)。


*鰊の昆布巻き


20151227松風焼き-3.jpg


【材料】
身欠き鰊 … 8分乾のもの9本
早煮え昆布 … 適量
かんぴょう … 適量 ※国産のもの

酒 … 1カップ
昆布の戻し汁 … 適量(4カップくらい)
酢 … 大さじ4
砂糖 … 大さじ2
味醂 … 大さじ2
醤油 … 大さじ4

身欠き鰊は熱湯につけてすぐに引き上げ、骨などを取り除き縦半分に切り、更に長さを半分にします。
昆布は戻します。
かんぴょうは塩で揉んで洗い、5分ほど水につけてから茹でます(5分程度、茹で過ぎない)。

昆布を20センチくらいの長さに切り、鰊を巻いてかんぴょうで結びます。
鍋に昆布巻きを入れて酒、昆布の戻し汁をひたひたになるくらいに加え、酢を入れて30分ほど煮ます。
他の調味料を加え、昆布と鰊が十分柔らかくなるまで弱火で煮ます。


20151227松風焼き.jpg

20151227松風焼き-2.jpg


今回使った身欠き鰊はソフトタイプとカチコチのタイプの中間くらい?のものでした。
もしかするともっとしっかり戻したほうがよかったのかも?と思うのですが、
まあ、煮込んで柔らかくなったのでよしとします(笑)。
ソフトタイプのものに比べるとお値段は高めでしたが、しっかりと鰊の味がして柔らか過ぎず美味しいです。


20151227松風焼き-4.jpg


味見の一回目( ´艸`)。
わたしはいいと思ったのですが、夫がもう少し柔らかいのが好きというので更に煮ました。
この時に味ももう少し濃い目でもいいかな、と思って若干お醤油と味醂を足しています。
夫が昆布巻き好きなので、今回の仕込みは大量です。
小分けで冷凍して暫くお酒のつまみで楽しみます^^



*栗きんとん


20151225栗きんとん.jpg


【材料】
さつま芋  … 皮をむいて正味300gくらい
栗の甘露煮 … 15粒くらい(市販品)
砂糖 … 100g
塩 … ひとつまみ
クチナシ … 1粒

【作り方】
さつま芋は厚めに皮をむいて軽く洗います。
鍋にさつま芋と砕いてガーゼ等に包んだクチナシを入れて水をひたひたに注ぎ、芋が柔らかくなるまで煮ます。
熱いうちに芋を潰し(わたしは若干粗め)、水100mlと砂糖を加えて弱火で練るように加熱します。
とろりとしたら栗を加えます。




このあたりで第1弾は終了(時間切れ)。
あとはごまめ、黒豆、蛸の旨煮、塩辛、数の子、鰤の照り焼きなどが終わりました。
今日はこれから、鶏肉の八幡巻き、いか人参、紅白なますほかを仕込む予定です。
お煮染め以外はほとんど冷凍保存ができるのでちょっとずつ作っています。
大晦日は息子たちが来るのでゆっくりしたいと思っています^^


20151225ハンディフードシーラー.jpg


冷凍は汁気のあるものは普通の冷凍用の保存袋に。
汁気のないものや生肉類などはアンバサダーをさせていただいているBRUNOのハンディフードシーラーを使っています。 → コチラ

柔らかい錦糸卵や伊達巻き、あとイクラなどは一度ラップで包んで凍らせてからこの袋に入れて真空に。
専用の袋は洗ってまた使えるのが嬉しいです。
今回のお節作りに大活躍しています♪








************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************



posted by ゆりり | 10:06 | 季節・行事 | comments(0) | - |
明けましておめでとうございます
20150101元旦-10.jpg


みなさま、明けましておめでとうございます。
ブログの更新頻度が上がらないまま新年を迎えてしまいましたが^^;
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、ここ数年、夫とけんの2人と一匹の年末年始が続いていましたが、
今年は新規参入のもも(笑)、息子たち(夫婦と言えないのが残念!)、
それに母と、わたしの妹で賑やかなお正月となりました。

一応おせちっぽい料理を作って並べてみましたが、
並べただけでゆるっと、普段っぽい(つまり我が家っぽい)テーブルです。
奥に見えているお重は、毎年実家に帰省する妹が母のために頼んでいるもので
こちらにも持ってきてくれたので一緒につまませてもらいました^^


簡単に並べたお皿をご紹介します。

20150101元旦.jpg

まあ、何はなくともこれは作らないと(笑)。


20150101元旦-2.jpg

錦糸卵は実は初挑戦。
作ってみたら簡単でした。
材料費も安いし、いいですね(*´m`*)。

15センチ角のケーキ型で作りました。
卵6個に、黄身側に砂糖30g、白身側に砂糖20g、塩は各少々。
年末棚を整理していたらちゃんとした(?)漉し器が出てきたので使いました。
(引越しの時ですら見つけることができなかった、不思議な収納のされかたでした^^;)
ちゃんとした道具を使うと漉す作業も楽なのねーと思った次第。
これからは見えるところにしまっておきます( ´艸`)。


20150101元旦-3.jpg

福島の郷土料理、いか人参。
ウチのはどうも人参の切り方が細いみたい。


20150101元旦-4.jpg

紅白なます。


20150101元旦-5.jpg

煮蛸。


20150101元旦-6.jpg

ぜんまい。
これはお節ではないと思うのですが、我が家では必須なのです^^


20150101元旦-7.jpg

蒲鉾。
切っただけ。でも、いつも買うより高級品(*´m`*)。


20150101元旦-8.jpg

数の子は2種。
わたしが作ったのと、妹が作ってきたのと。
わたしのは(確か)アラスカ産、妹のは国産とのことで食べ比べてみたら、
歯応えが全然違いました。国産のほうがしまってるというか、コリコリ。
ただ、味の入り方はアラスカ産のほうがいいかも(笑)。
どちらがいいかは好みですね。


20150101元旦-11.jpg

鰊の昆布巻き。


今回は作れるタイミングで作ったものを冷凍しておく、という作戦でした。
晦日、大晦日でわーっと作るというのもいいかもしれないのですが、
買物をするタイミングもありますし、
今回は特に30日から、本日2日の先ほどまで息子たちが来ていたので先に作っておいたほうが楽かな?と。
冷凍しても大丈夫なのか結構ドキドキしましたが、全然問題なかったです♪
ちなみに冷凍したのは、伊達巻き、錦卵、昆布巻き、数の子、煮蛸、それと写真はないけど塩辛です。
それと多めに作った残りを冷凍してあるのが紅白なます、ぜんまいの煮物。
冷凍作戦はかなり気分的に楽だったので、次回からもそうしようと思います(*´ー`*)。


で、大晦日のお昼ですが、、、

20141231てんちゃん餃子-2.jpg

息子の彼女が、息子と一緒に水餃子を作ってくれました。
皮から手作りの本格的なものです^^
息子が包むと不格好、息子が皮を伸ばすと、これまた不格好。
でも2人で作っているのを見ているのは、普段もこんな風なのかなーと想像できて楽しかったです(*´m`*)。
2人がまだ作っている間に、わたしたちはさっさと茹でて、さっさといただきました。
とても美味しかった♡
そして、残った分はたくさん冷凍してもらったので、これから暫く楽しめます^^


20150101元旦-15.jpg

これは、妹が作って持ってきてくれたケーキ。
ウチには絶対ないだろうと思って、と(笑)。
東京からの移動中、箱のなかで若干動いてヨレてましたが( ´艸`)、
甘いものが超苦手なわたしでも美味しくいただけました。
あんまり甘くない感じで、、、でも、実はきちんとお砂糖は入ってるのだそうで、、
騙された?(爆)


20150101元旦-12.jpg

そしてこれも妹が持ってきてくれたもの。
引越し祝いと、自分の誕生日祝いだそう(爆)。ちなみに妹の誕生日は今日です。
飲みやすい、するする飲めちゃう、、
飲みやす過ぎて、きっとわたしは2000円くらいのカヴァとブラインドされてもわからないでしょう(汗)。




なんとなく「新年だ!」という緊張感もなくのんびりとスタートした今年ですが
春から、ちょっと新しいことをスタートしたいなーと考えています♪










************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************





posted by ゆりり | 14:34 | 季節・行事 | comments(2) | - |
明けましておめでとうございます 〜 2014お節の記録
20140101お正月-3.jpg


遅ればせながら、みなさま明けましておめでとうございます。
昨年は更新が遅れがちであったのにご訪問くださったたくさんのみなさま、本当にありがとうございました。
今年もなかなかマメな更新は難しいかと思いますが、料理のレシピにこだわらず(ネタ切れ(*´m`*)?)
日々の暮らしの中で思うことや、愛用の道具や好きなことなどについても書いていければと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。





さて今年のお節は三段の小振りなお重に詰めてみました。
去年もその前も多分書いたと思いますが、我が家のお正月料理は大皿盛り。
お重を使ったのは初めてです。
昨年の終わり頃、息子が比較的近い場所に越してきたのですが、
その息子にお節のおすそ分けをしたらいいと夫が(笑)言い出し、
その上「お重はあるの?」と。。。
ありません(爆)。
で、急遽、ネットでポチりとしたわけです。
ついでに自分たちの分も♪
サイズはものすごく悩んだのですがどちらも15センチ角で。
届くまで小さ過ぎたかなと心配していたのですが、詰めてみたら4人分くらいまで大丈夫そうでした。


なにせ初めてのお重体験ですから、詰め方がよくわからなくて、
とりあえずノートに詰めるものを書き出して、なんとかかんとか収めました。


【一の重】


20131231おせち-9.jpg


紅白蒲鉾
牛蒡の八幡巻き
いか人参
卵焼き
鰊の昆布巻き
田作り

*作り方メモ

牛蒡の八幡巻き
 牛蒡は出汁に薄口醤油、味醂を少し加えたもので30分ほど下茹でして冷めたら牛肉で巻きます。
 牛蒡を茹でた汁に濃口醤油を加えて更に20分程度ごく弱火で煮ます。
  ※我が家は年寄り夫婦で(*´m`*)、特に夫があまり固いものは得意ではないので、牛蒡は柔らかめ。

いか人参
 福島県の郷土料理。
 スルメの胴体の部分を鋏で切り、人参と一緒に同量の酒・醤油に漬け込みます。
 ウチはお酒は煮切りません。 食べごろは2日目以降。

鰊の昆布巻き
 ソフト身欠き鰊と早煮え昆布で作りました。
 身欠き鰊は熱湯をくぐらせて小骨を取り除きます。
 身がモロいので丁寧に扱います。
 出汁に味醂、醤油、それとお酢を少し加え柔らかく煮ます。

卵焼きはねー、、、伊達巻きを失敗してしまい(×_×;)。
見た目的には普通かな、と思うんですけど焼過ぎてちょっと固くてねー、、、ということで
急遽変更で甘い卵焼きにしたのでした^^;  出汁巻きではありません。


【二の重】

20131231おせち-10.jpg


紅白なます
煮蛸
数の子
ローストビーフ
鶏ハム(2種)

*作り方メモ

煮蛸
 お正月に限らず、わりとよく作る常備菜です。
 今回は1匹分を煮ました。
 適当な大きさに切った蛸、水120ml、酒50ml、味醂20ml、醤油10mlを圧力鍋で煮ます。
 ウチの鍋だとだいたい高圧で5分くらい。
 味付けはだいたいの雰囲気です(笑)。圧力が抜けてから足りなければ調整します。

数の子
 塩抜きをしたら、出汁に酒、薄口醤油を加えたものに漬け込みます。
 
ローストビーフ
 いつもより若干いいお肉を使いました。。。。そしたら夫が喜んで食べました(爆)。
 フライパンで作っています。
 味付けは醤油、バルサミコ酢、赤ワイン。


【三の重】

20131231おせち-11.jpg


お煮染めと、ゼンマイの煮物の2種類です。



このお重の他、我が家のお正月の定番は毛蟹。
夫の実家ではなくてはならないものでした。
それと、夫の好物の塩辛は、年末近くになってイカが買えないと困るので
早めに作って冷凍しておきます。
今回は頂き物の湯葉も^^



20131231おせち-12.jpg



今年も皆さまにとりまして、素晴らしい一年となりますように!









************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************
posted by ゆりり | 07:15 | 季節・行事 | comments(9) | - |
松前漬け - 2013お正月覚え書き
20130101紅白なます-2.jpg


引き続き、備忘録です。
風邪のせいでここ2日ばかり全くお料理をしていないということもあって新規の記事もないのですが^^;

さて今年のおせちは松前漬けが入りました。
ここ何年かはずっといか人参だったのですが、なんとなくたまには?と思って。


【材料】
人参 … 2本
イカ … 90 ※松前漬け用に細切りにして売られているもの
日高昆布 … 20センチ
※あれば数の子適宜

★調味液
醤油 … 150ml
酒 … 100ml
味醂 … 大さじ1
出汁 … 大さじ4

【作り方】
★調味液の材料を合わせて一煮立ちさせます。

日高昆布は水につけ、柔らかくなったら5センチの長さに切り細く切ります。
人参は5センチの長さに切り、縦に2ミリ程度の厚さに切って千切りにします(マッチ棒程度)。
数の子は塩抜きして小さな一口大にちぎります。

密封できるビニールの袋に材料と調味液を注ぎ丸1日以上馴染ませませます。





数の子は入れてもいれなくても、もっと豪勢にどーんと入れてもお好きなように(◍′ω‵◍) 。
わたしの実家では入れていなかったと思います。
もっと粘りのでる昆布を使っても美味しいですよね。
でもやっぱり来年は(笑)、いか人参にもどるかな(^m^)。





************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************

posted by ゆりり | 11:34 | 季節・行事 | comments(2) | - |
紅白なます - 2013お正月覚え書き
20130101紅白なます.jpg


大晦日からの風邪がなかなか回復しないと思っていたら、
昨日はほんとにダルダルで、まさか熱なんてないよねー?と思って計ったら
38.7度というオトナにしては結構な熱で、一気に非常に具合悪いモードに突入してこんこんと眠り続けました。
なんとか熱は下がりましたが、どうにも身体がぴしっといたしません(×_×;)。。。

そんなお正月休み最終日、お節の備忘録を。
紅白なます、今回は蜂蜜バージョンで。


【材料】
大根 … 1本 ※こぶりなもの
人参 … 10センチ

★合わせ調味料
酢 … 250ml
水 … 100ml
蜂蜜 … 大さじ3〜4
塩 … 小さじ1

【作り方】
★合わせ調味料は一煮立ちさせて冷まします。

大根と人参は5センチの長さに切り、桂剥きにして千切りにし、塩少々を振り(分量外)、
水気が出たら固く絞ります。

密封できるビニール袋等に材料をいれて半日以上馴染ませます。

盛りつける時にあればいくら、柚子などを添えてもいいです。


あまりお酢がきつくなく、サラダ感覚で食べられました。
保存もきくのでお正月だけではなく普段も作りおきしておくといい料理ですよね^^




************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************

posted by ゆりり | 11:26 | 季節・行事 | comments(0) | - |
伊達巻 - 2013お正月覚え書き
20130103伊達巻き.jpg


去年のお正月準備中に思いがけず知った、夫の好物「伊達巻」。
今回も勿論作りました♪


【材料】228mm×290mmのバット ※野田琺瑯 レクタングル浅型Lを使いました。
卵 … 6個
はんぺん … 1枚
帆立貝柱 … 小振りなもの8個
砂糖 … 大さじ2
味醂 … 大さじ1
塩麹(ペースト状) … 大さじ1

【作り方】
はんぺんを手でちってフードプロセッサに入れて撹拌します。
帆立を加え、更に撹拌します。
滑らかになったら、卵と調味料を加え、全体が滑らかになるまで撹拌します。

バット等にクッキングペーパーを敷き込み、卵液を流し入れます。
200度に余熱したオーブンで10分、180度に下げて18〜20分程度焼きます。

焼き色の濃いほうを下にして巻きすに乗せ、表面に3センチおきくらいに薄い切り込みを入れ巻きます。
両端と真ん中を輪ゴム、たこ糸などで押さえ、冷めたらラップをして冷蔵庫に移し、そのまま一晩置きます。


20130103伊達巻き-2.jpg


昨年のレシピより若干甘さ控えめです。
味は丸一日は置いたほうが馴染んで美味しくなるように思います。
ご飯のおかずにはなりにくいですが(笑)、これぞおせち、というか、、、
日本酒のおつまみにいいですよね♪
わたしは子供の頃から伊達巻きって好きじゃなかったのですが(実家では市販品でした)、
自分で作るようになったら美味しいと思うようになりました。

あ、、そして、、、去年も思ったのでした。
鬼すだれを買おうかなあって。
でもお正月を過ぎると忘れちゃいますね(*´m`*)。
それに、、これも去年も書いたかな?
わたしは大きなギザギザよりこの小さいののほうが個人的には好きなんです。
でもほんとは、そういうことじゃいけないんでしょうねえ(笑)。






************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************
posted by ゆりり | 10:34 | 季節・行事 | comments(2) | - |