CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
2015年5月より、少人数制の料理教室もスタート♪
料理に関するささやかな夢
20131111肉じゃが豆腐-2.jpg


昨夜作って、今朝、温め直した肉じゃが豆腐。
味がしみて、煮崩れたじゃが芋が好き。
ウチの定番のひとつかな。肉じゃがに木綿豆腐も入れるのです。


肉じゃがを作ると、いつも思い出すのは初めて肉じゃがを作った時のこと。
いつ頃だったのかは覚えていないんですが、
まだほとんど料理をしていなかった頃だったはずです。

出来上がった肉じゃがが甘くて。
ちょっと食べられないくらいに。
実家で作ったんだと思うんですよね。
高校生の時だったのか、大学生か社会人になってからの休暇の帰省時だったのか。
「玉ネギも牛肉も甘いから、砂糖は控えないと」と言われたことがずっと頭に残っているのです。
まあ、そういうレベルの甘さではなかったんですけどね(笑)。
お砂糖を何も考えず、ドサっと放り入れたんでしょう^^;

結婚してから長いこと、煮物にはまずお砂糖、そして醤油や塩、、とやっていましたが、
今は「かえし」を何度かに分けて加えています。
最後にその時々の味で、味醂だったり、醤油だったりを加えて整えることもあります。



前にも何度か書いていますが、わたしは料理が苦手でした。
できなくてもしょうがないと思っていました。
でも、結婚したら、特に子供を育て始めるとそうも言っていられなくなって、
なんとかかんとか日々の食事の支度をしてきました。

学生時代も、社会人時代も、新婚時代も料理は苦手だったのに
習いに行こうと思ったことは一度もありませんでした。
プライドばっかり高くて「できない」と言えない性格だった上に、
人前で失敗したり、できない自分をさらけ出すことができなかったんですね(*´m`*)。
それで随分回り道をしたとは思うのですが、今はそこそこの料理ができるようになり、
料理が好きだと言えるようになりました。

そんな今になって、急にいくつかの料理教室に行ってみることにしたのは
ここを覗きに来てくださっているみなさんには、すでにご存知の通りです。
個人のお宅でのレッスンや、大手の教室や体験教室。
多くはないながら、ひとつ感じたことがあります。

わたしがもし、若く、プライドが高く(笑)、料理が全くできなかった頃に
大きな料理教室に行っていたら、きっと絶対料理なんか好きにならなかったなあということ。
1つの料理、1つの献立を複数人で作るというシステムでは、結局覚えられない。
基礎を分かっていない当時のわたしのような人間は、すべての行程を1人でやらせて貰えなかったら
(あるいは、複数人でもそれを一緒にやってみなかったら)
家で再現するなんて無理だと思うから。
そして色んなレベルの人が一緒になって作業をする中で、1人だけもたつくのがイヤで逃げたくなったと思うから。

今だから、先生のデモンストレーションを見ていたら
その後の実習で自分が関わらない作業が出てきてもほぼ問題ないと思えるし、
図々しくなっている分(*`艸´)、アヤシい作業は率先してやらせて欲しいとお願いできるし、
押しの強い人にも、一応立ち向かえると思うし(爆)、
分からなくなっても、質問することが恥ずかしくない。
そして、自分のこれまでの料理の仕方を間違っていなかったと再確認できたり、
勿論目から鱗的な新しい発見や知らなかったこともたくさんあって刺激にもなります。

でも、若くて社交的でなくて、料理が苦手なわたしだったら、絶対メゲていたな、と思います。

そして教室に行き始めたと言っても、まだ全部合わせて10回にもなっていないかも?な現在のわたしですが
やっぱりやっぱり、小さいクラスが好き。先生と少人数のグループ1つ。
先生がずっと側にいて、一緒になった生徒さんたちと
雑談したり質問したりしながら作業をする、まったりした雰囲気が好き。
あ、だから小さくても、厳しい虎の穴的な教室はダメです、きっと。
料理をする時にピリピリするような、失敗は許されない的な雰囲気はダメ(`m´#)。


20131111肉じゃが豆腐.jpg


なんでこんなことをツラツラと書いているかと言いますと、
いつか将来、ウチで、昔の若かった頃のわたしみたいな人を対象に、
一緒に料理をする場を持てたらいいなと思っているからです。
そんなことを考えるようになってから、
リサーチも兼ねて料理教室に行くようになったのが正直なところです^^;
息子に結婚しようとする彼女ができたこともあります。
彼女に料理を教えて欲しいと言われたから。

肉じゃがや切り干し大根の煮物のような簡単な料理を
本を見てもなかなか美味しくできない、だから料理って難しいと思っている、そんな人と
一緒に作って、一緒に食べて、
簡単でしょう?美味しいでしょう?楽しいでしょう?と伝えたい。
立派な料理や、凝った料理ではなくても普段の食卓は十分豊かになるよと伝えたい。
わたしの作っている料理を美味しそうだと思ってくれている人たちと楽しみたい(*´m`*)。

いつか。
そのうちに。
わたしにまだ、元気が残っているうちに(*´ー`*)。







************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************




posted by ゆりり | 09:24 | わたしのこと | comments(16) | - |
誕生日
今日はわたしの誕生日です。
ええ、いいトシです(^m^ )。

・・・と言いつつ、実はわたし、いくつになったんだっけ?と
今、本気で考えていてわかりません(爆)。
お若い皆さんには信じられないかもしれないのですが、だんだんそうなってくるんですよー。
特にわたしのように専業主婦で家にこもっていると、年齢を確認する必要に迫られることがほとんどないので^^;


年を重ねることは悪いことではないと言われますが
やはり「あー、年だなあ」と思うことが増えてくるとそれはなかなか情けないものです。
身体にはり付いて剥がれない疲労感とか、体力不足、手放せない老眼鏡。
しわだらけの顔に、重力に逆らうことを諦めた身体。
蓄積していたはずの知識はすでにどこかへ消失し、新たな事柄は受付けようとしない枯れた脳細胞。



だけど、、、
「年をとってしまった」と嘆くことができるまで生きてこられた幸せも感じます。
そしてまた、夫と二人で穏やかに過ごすことができていることへの感謝も。

振り返って、あの頃は若くて元気で、、ついでに今よりは可愛かった(爆)と、
しみじみ懐かしんでも、もうそこに戻ることはできないのですから
今日が人生で一番若い日と思い、先を見据えて生きていかなければならないなと思います。



夫が誕生日のプレゼントにと財布を買ってくれました。
買ってくれたっていうか、、、わたしの持っている財布があまりにも酷い状態なので
ちょっとデパートに用事があって行ったついでに、見るに見かねて買い替えなさいと^^;
わたしが財布を取り出すたびに気になっていたらしいです(笑)。

で、まあ、、、、あんまり高いお財布を買ってもね、中に入れるものがなくなってしまうし、
お財布は所詮人に見せるものではない実用品なので
使いやすそうだったらいいやと、売り場をウロウロっとして10分ぐらいで決めて買っちゃいました(^m^ )。


20120430 新しい財布.jpg


可愛いでしょう♪

でも、、、、
まだ皮が硬くて、今までのお財布に入っていたいろんなカード(主婦のお財布の中にありがちな)が
半分以上は入らなくなってしまいました^^;
そんなにお財布にモノを詰め込むなってことかなー。。。

ちなみに古いお財布とその中に入っていた様々なカードや診察券やレシートや、サービス券(^m^ )。





このお財布はもう10年くらい使っていたと思うのだけど、、、
次にお財布を買い替えるのいつになるかなあ。


と、、なんとなくとりとめもないことを書いてしまいました^^;
朝起きたらレシピをアップしよ♪





************************************

2つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

************************************

posted by ゆりり | 01:52 | わたしのこと | comments(16) | - |
昔話 〜 その2
昨日から伊東に来ていますが、狙ったような荒れ模様の天気です。
朝ご飯の後、雨の中伊東の町の中を歩いてきましたが、風も強まってきたし
小さな町であっという間に回れてしまって、宿に戻ってきました。
お風呂は3時まで入れないし、、というので、ロビーが無線LANが使えるとのことで
持ってきたMacBook Airでコレを書いています(^-^;)。

また明日の日付(日曜日)で予約投稿してみるつもりです^^


で、地味過ぎるかなーとアップしていなかった料理の写真を載せて、昔話の続き(^m^ )


20120111 おでん風煮物.jpg


大根の切れ端があったので、人参、干し椎茸、高野豆腐を、出汁とかえしで煮たのですが、
味がちょっと地味過ぎるかなあ、、と思って、練り物(揚げボールと竹輪)を足しました。
練り物から出る出汁というか旨味ってすごいですね。
一気におでんの味になりました(^m^ )。
こういう何でもないものが本当に美味しかったりするのですが、、、
なんとなく1つの記事にするのは気がひけて(笑)。


---------


前回妹の話が出たついでに。

わたしが大学四年生の時に妹が上京してきて
2人で新婚さん向きの2DKのアパートで暮らすことにしたのですが、
その当時は妹は勿論のこと、わたしもまだ「東京」という土地に馴染んではいなくて
とても怖い場所にいるという緊張感を持って日々を送っていたのでした。

ある時、わたしが何かの会で帰宅が遅くなった時
・・・と言っても、多分10時か11時かそんなもんだったと思うのですが
妹に途中まで迎えにきてと電話をしたのです。
駅からアパートまで、ほぼ一直線の道で確か6〜7分くらい。

その当時、東京の夜道が怖かったわたしと、その気持ちを理解する妹。
わたしが駅からドキドキしながら歩いていくと
向こうから妹の姿が見えて本当にホッとしたことを今でも覚えています。
その時、妹は小脇に何か小さなものを抱えていました。
何事もなく(当たり前)2人でアパートに帰り着いて、妹の持っていたものを
「それ、なに?」と聞くと、、、
包みから取り出したものは薄い箱で、それを開けると包丁が入っていたのでした。

・・・・・・妹は
たとえば暴漢に襲われたら、それを振り回してなんとかしようと思っていたのでしょうか。

あぶないって(爆)。

今でもその時のことを思い出すと自然に笑いがこみ上げてきます。
その当時何を食べたか思い出さないのに、そんなことばかりはいつまでも覚えているのです。


20111231 初春の煮物.jpg


年末に作った煮物。
慌ただしく、計画性もなく買ってしまった食材は、結局全部合わせて煮物になったのでした。
筍、ふき、菜の花、干し椎茸で、これも出汁+かえし
こちらは薄口醤油を使ったほうのかえしですね。

これも大人向きの地味地味な煮物です(^m^ )。
同じ「じみ」でも滋味深いと言えると思うのですが。


---------


ところで、わたしにはすでに社会人になった息子が1人います。
彼は最初の結婚記念日の2ヶ月前にはすでに家族の一員になっていました。
わたしは新婚2ヶ月目とか3ヶ月目にはひどいつわりになって、
テレビドラマで見るような、ご飯を炊く匂いでうっとくるような、そんな状態だったのですね。
なので、そもそも料理が不得意な上に、多分、しばらく食事の用意もしなかったのではないかと思います。
忘れちゃってますが(^-^;)。

息子は夫の誕生日が予定日でしたが、その二日前に生まれました。
ちなみに、夫は義父の誕生日が予定日でしたが、その4日前に生まれたのでした(笑)。

2月4日、寒い日でした。
夫と2人で鍋をつついていました。それは覚えているんです。
で、、実はその日の午後、わたしは破水していたんですね。
でも、子供を産むのが怖かったので、破水はないことにしていたんです(爆)。

だけどやっぱり、夕ご飯の途中にちょっとあんまりいい感じではなくなって、
病院に「もしかしたら破水したかも???」と電話をしたら、すぐに来なさいと。
歩いて2〜3分のところにある病院だったので、1人で荷物も持たずに行きました。
まだ入院はしないだろうと思っていたのです。

そうしたら、破水しているので明日の朝、陣痛促進剤を使って出産になります、と言われました。
入院の荷物、持ってきていないので取りに帰ります、と言うと
看護婦さんはビックリ仰天、「ダンナさんに連絡して!」と叱られました。

携帯なんてない時代、病院の公衆電話から家に電話をしたのですが、何度かけても夫は出ません。
ようやく出た夫に事情を説明すると入院用の鞄を持ってきてくれました。
どうして電話にでなかったのか、と聞いたら、
「すぐに帰ってくると思って、マンションの廊下でアイスクリームを食べながら待っていた」と(爆)。
なぜ、凍てつく2月の夜の屋外でアイスなの?



20111229 イカ入りパスタ-3.jpg


よく覚えていないのですが、イカの塩辛でも作った時に残ったゲソで作ったパスタだと思います(^-^;)。



---------


結局、その晩陣痛が来て、明けて5日の夜中の3時過ぎに息子は生まれたのです。
出産に立ち会う予定だった夫は、一度帰ってまたすぐに呼び出さたのでした。

出産後、暫く待機室というのでしょうか、分娩室の隣の部屋に寝かされていたわたしは、
晩ご飯の途中で入院したので空腹でした。
で、、、朝になって看護婦さんが見回りに来て、大丈夫ですか、何かありますか?と声をかけてくれた時に
「お腹が空いたので何か食べたい」と言って、笑われました。

退院の日は東京では珍しく吹雪いていました。
「お迎えは?」と言われて、歩いて帰る、と言ってまた大ヒンシュクを買ったのですが、、、
どうしたんだったかなあ。
歩いて帰ったと思うんですよね。
夫は仕事だったはずだし。

家に戻ってきてからは、義母が通ってくれました。
でも当時まだ義母は義父とともに仕事をしていました。
なので、そんなに長い時間はいてくれなかったはずです。
食事はどうしていたんでしょう。
なんで、そういうこと、何から何まで忘れちゃうんでしょうねえ(笑)。

その当時、夫は多忙を極めていた時期だったので
そんなにウチで晩ご飯を食べなかったんじゃないかと思うんです。
だから、わたしはきっと、1人でお腹が空いたら菓子パンとか総菜パンなんかを齧るって感じだったのだと思います。
実はそんなに早く子供を授かる予定ではなかったので心の準備もできていなくて(笑)、
あっという間にマタニティブルーに突入、
わたしの人生の中で、唯一食べることに興味がなかった時期だったと思います。

あの頃は、息子が泣き止まないとわたしも一緒に泣く、みたいな、、、
あー、あの頃の自分に会ったら、よしよしと言って、頭をなでてあげたい(笑)。



ということで、本日はここまで^^
家に戻ったら、普通のブログに戻ります♪







************************************

2つのランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです(^-^)。ありがとうございます。


人気ブログランキングへ

************************************
posted by ゆりり | 07:00 | わたしのこと | comments(4) | - |
昔話 〜 その1
初めて予約投稿というのをしてみます(^m^ )。
お正月休みにどこにも行かなかったので、急遽、ちょこっとですが伊豆方面の温泉に行くことにしたので。

それで、レシピをアップするほどではないなーとお蔵入りだった写真をアップしがてら、
わたしのことを少し書いてみようと思います。
あんまり興味のあるかたはいらっしゃらないとは思いますが(^-^;)。


20120118 鍋の残り-3.jpg


すみません、、これ、鍋の残りものを翌日のお昼に食べた時の写真です(^-^;)。
どうしようもないものほど、ちゃんと見えるようにして食べると侘しさが軽減されます(笑)。

-----------


お正月の2日、妹がウチに来て呑んでいる時に言いました。
確か、年越しそばの話からだったと思うんですけど、、
「おねえちゃん、一人暮らし始めた時に、お母さんに『茹で蕎麦』ってそのまま食べていいの?
 ・・・って電話してきたでしょー?
 わが姉ながら、なんてアホなんだって情けなかったよー」と。

そういうことって、案外本人が忘れていることを周囲の人間が覚えていたりするものなんですよね。

妹は小さい頃から料理好きで、母の手伝いもよくしてましたし、
せっせとお菓子を作ったりする子供でした。
長じて、現在は料理教室で先生をしています。

妹と2人暮らしをしていた時代、妹は毎日の食事の支度をしてくれて、
わたしは大学生から社会人の間、帰ると夕ご飯が出来ていました。
栄養専門学校に通っていた妹は、確か制服があったのではないかと思うのですが、
それが高校生にでも見えたのか、
妹が学校帰りに立ち寄るスーパーでは店員のおじさん、おばさんたちに顔を覚えられ、
「毎日、偉いねえ。お母さんはお仕事なのかい?」
「お母さんはいないんです」
「えっっっっっ! そうなのかい、辛くても頑張るんだよ(>_<。)」というような会話もあったらしいです。

母は、、まあ、田舎にいたわけですが、妹はウソをついたわけでもなくて(笑)。


20120104 ローストビーフ.jpg


フライパンで作るローストビーフです。
室温に戻した牛肉に塩胡椒をし、片面7〜8分くらいずつ弱めの中火で焼きます。
途中で赤ワイン、バルサミコ酢、醤油を加えて蒸焼きの感じです。
これは450gくらいの塊でわりと厚みがあったので、フライパンの上で余熱を通しました。
厳しい妹にも絶賛されました(^m^ )。

-----------


さて、そんな妹が3年間の専門学校を卒業し、無事管理栄養士になったところで就職?と思ったら
「わたしは栄養士ではなく調理師になりたいっ!」と言って大阪の調理師学校に行ってしまいました。

急に一人暮らしになったわたしは寂しくてたまらず、結婚することにしたのでした(爆)。
で、ほとんどなにも料理ができないまま新婚生活に突入したのであります。

妹が上京して2人で暮らす前は、一人暮らしや学生寮暮らしをしていたのですが、
どうにもその頃に何を作って食べていたのか、思い出せません。
同じように、新婚時代、いったい何を作っていたのか、どんな食生活だったのか、、、
まるで思い出せません。
思い出したくないのかも(笑)。

ただ、その当時創刊されたオレンジページをせっせと見ては作り、
ちょっとオシャレなものを作りたいときはLeeを見て。
スクラップブックもたくさん作り、それらは今も持っていて、時々眺めています^^





どうということはない、普通のカレーです^^
この時は時間がなくて、圧力鍋で作ったのです。
豚肉に、丸ごとの人参やじゃがいも、玉ねぎに、茸を入れています。

-----------

そう、そんな新婚時代、仕事で先輩だった方をお招きしたことがあります。
その当時の得意料理は確か、チキンカレーだったと思うんですが、、、
料理がものすごい得意なその方に(ずーっと後で知ったんですが)お出しするような代物ではなかったと、、
最近になって冷や汗をかいたりしています(^-^;)。


そんなわたしが、今こうして料理のブログなんて書いているんですから、、、
不思議だし、自分で笑っちゃうんですが(^-^;)。

いつからこんな料理好きになったんでしょうか。
食べることは勿論大好きで、人一倍の食いしん坊だったことは確かなんですが。


本日はここまで。。。
なんかわたしのことというより、妹のことが多くなっちゃいましたね(^-^;)
こんな中途半端ですが、続きはあるのでしょうか(笑)。






************************************

2つのランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです(^-^)。ありがとうございます。


人気ブログランキングへ

************************************



posted by ゆりり | 07:00 | わたしのこと | comments(6) | - |