CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Instagram
ストックフォト♪
こちらで写真の販売をさせていただいています。 時々更新しています。 よかったら覗いていみてください♪ 売りたい、買いたい!写真・イラスト素材 TAGSTOCK
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
2015年5月より、少人数制の料理教室もスタート♪
鶏とトマトのカレー
20161102鶏とトマトのカレー-IG.jpg


安売りしていた鶏もも肉がチルドルームにあって気になっていたのです^^;
それで朝ご飯の後に、お昼ご飯用+αで作ったのがこのカレーです。
具は鶏肉しか見えていませんが、トマトの水煮が1パックと、生のトマトが2個入っているし
炒めたまねぎが2袋で、玉ねぎが2個なので、野菜がたっぷりのカレーです♪
さっぱりとしていますが、スパイスで身体がホコホコ暖まります。


【材料】
鶏もも肉 … 2枚
トマト … 2個
トマト水煮 … 1パック
炒めたまねぎ … 2パック 
  ※市販のもの。わたしが使っているのは1袋に1個分の玉ねぎ。
   メーカーによって入っている玉ねぎの量が違います。
ニンニク(すりおろし) … 大さじ1
生姜(すりおろし) … 大さじ1
★クミンシード(ホール) … 小さじ1
★ブラウンマスタードシード(ホール) … あれば 小さじ1/2
△コリアンダー(パウダー) … 大さじ1.5
△クミンシード(パウダー) … 大さじ1
△ターメリック(パウダー) … 大さじ1/2
△カイエンヌペッパー(パウダー) … 小さじ1 ※好みで増減してください
△フェヌグリーク(パウダー) … あれば少々
カルダモン(ホール) … あれば7粒
塩麹(ペースト状) … 大さじ2
塩 … 少々
ガラムマサラ … 好みで適量
油 … 適量

【作り方】
鶏もも肉は2〜3センチ角に切ります。
トマトは1センチ角くらいに切ります。
△のパウダースパイスを合わせておきます。
カルダモンは先端を1〜2ミリほどはさみで切り取ります。

鍋に★のスパイスと油を入れて弱火にかけ、ブラウンマスタードシードが弾けてきたらいったん火を止めます。
炒めたまねぎを入れて蓋をします。
 ※とても勢いよく油がはねるので、おさまるまで蓋をしておきます。
 ※火傷しないように気をつけてくださいねー!
鍋が静かになったら蓋をあけて火をつけ、炒めたまねぎを更に4〜5分弱火で炒めます。
ニンニクと生姜を入れて炒め合わせ、よい香りがしてきたら△のミックススパイスを加えます。
全体がペースト状になったら、鶏肉、トマト、トマト水煮と、カルダモン、水2カップを入れて強火にします。
沸騰したら火を弱めて蓋をし、20分程度煮込みます。
塩麹を加えて味をみ、必要なら塩で整えます。
好みでガラムマサラを振り、火を止めます。


20161102鶏とトマトのカレー-4.jpg


この作り方がわたしの最近のカレーの定番です。
水の加減はその時々で違います。
夏の教室で夏野菜のカレーを作った時は、野菜から水分が多く出るので水は少なめにしました。
ドライっぽい仕上がりがよければ水は加えなくてもいいですね^^
今回は少し水分多めの仕上がりです。
ご飯はターメリックライスにしています。
それと、散らしてあるのはイタリアンパセリ。
カレーにイタリアンパセリ?と思うかもしれませんが、トマト風味によく合いますし、
コリアンダーでも、バジルでも、好みのハーブをちょっと添えると楽しいです。

それと冬に向かって生のトマトが高くなっていますよね。
生のトマトはなくても大丈夫です^^
好みで水煮を増やしてもいいですし、増やさなくても。


さて、今回のカレーは「CRAFT」様からお誘いをいただき、世界一軽い鋳物琺瑯鍋のユニロイを使わせていただいて作りました。
このお鍋は、新潟県三条市にある「三条特殊鋳工所」さんによって作られたものです。
わたしはかなりの鍋フェチでして(*´m`*)。
このお申し出はかなりかなり嬉しいもので、ひゃっほーという感じでした♡
鋳物琺瑯鍋といえば、ありますよね、有名どころが(*`艸´)♪
わたしも勿論大好きでたくさん(爆)持っております。
そして日々どれかしらのお鍋を使っています。
今回のユニロイ、それらのお鍋に食い込めるのか???というのが実は正直なところでした。


20161102鶏とトマトのカレー-2.jpg

20161102鶏とトマトのカレー-3.jpg


わたしが選んだのは、マットブラックの浅型です。
これでカレー以外に、鰯の梅煮、鶏と里芋の煮物、ロールキャベツを作ってみました。
最初、蓋の締まりがちょっと緩いかも?と感じましたが、そういう造りのようで、すでに慣れました(笑)。
またどっしりした鋳物琺瑯鍋に馴染んでいると、ユニロイの軽さと薄さに戸惑いますが、
鍋自体がすぐに暖まり、厚手の鍋より使いやすい感じです。
蓋をして煮込む場合は、ごくごく弱火での加熱がコツかな?と思います。
火をちょっと強めて蓋をすると、少し蒸気かな?が漏れて鍋肌に流れてくるので
それだけは気をつけたほうがよさそうです。
というか、強火は必要ないということなんだな、と理解しました。

マットブラックは内側も外側もざらりとしています。
煮込む前に炒めても、煮込んでいても焦げ付きはないです。
ちょっと鍋底にくっついたものも、軽くこすればすぐに取れます。

そしてこの浅型のお鍋はかなり使いやすいです♪
炒めやすい、かき混ぜやすいし、取っ手もつかみやすく持ち運びしやすい。
洗うのは軽くて本当にラクチンです(年をとってくると、重いのがなかなか大変ですから^^;)
見た目もスタイリッシュですよね。
白とかなり悩んだのですが、、、白はとても可愛い感じがするのです♡
今、サイズは3種類かな?と思うのですが、これから更にサイズ展開があるのか、、、楽しみです。
ということで、ただ今かなりお気に入りであります(*´m`*)。
次はオーブン料理に使ってみようと思っています。



オマケ。




今月の教室メニューのロールキャベツ。
10個がきちっと詰まりました(*´ー`*)。
たこ糸で縛るのが、わたし流です(笑)。
止める方法は爪楊枝とか、パスタとかありますが、結局やっぱりこれが落ち着きます。










ひらめき11月のお教室 - 懐かしの洋食の献立


 *ナポリタンスパゲティ
 *ロールキャベツ
 *りんご入りポテトコロッケ
 *南瓜のスープ


11日(金) … 満席 
12(土) … 満席
13日(日) … 追加日:満席
18日(金) … 残1名さま 
19日(土) … 残2名さま  
20日(日) … 追加日:満席
26日(土) … 追加日:残1名さま 
27日(日) … 追加日:満席  



*教室へのお問合せ、お申込はHPのお問合せフォームよりお願いいたします。

万が一お問合せフォームでお送りくださったのに丸一日たってもこちらからご連絡がない場合は、大変恐れ入りますがブログの最新記事にその旨コメント欄にお残しください。
その場合、メールアドレスを記入する欄がありますので、そちらにアドレスを書いてください(ここには掲載されません)。

ブログやHPに教室の案内を掲載する前日に、これまで教室のご参加くださったかた、また事前にメールアドレスを登録いただいた方にご案内をお送りしています。
お教室への具体的な参加予定がまだないかたでも、今後早めに日程等をお知りになりたいかたは上記フォームよりご連絡ください。

2名様以上のお申込で、ご相談の上、上記日程以外の日にレッスンを開講することが可能です。
詳しくはお問合せください。


きらきら教室の定員につきまして
これまで1名さまより最大4名さまとしてきましたが、曜日によるお申込人数のかたよりが多くなっております。
そのためメニューによっては最大5名さままで定員を増やすことにしました。
月ごとに、最大定員が4名さまか5名さまかをお知らせいたします。
こちらの決めた日程で最低1名さまから行うのは変わりありません。
ちなみに今月の定員は4名さまです。


よろしくお願いいたします。





************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************

posted by ゆりり | 10:31 | カレー | comments(0) | trackbacks(0) |
塩さばのカレーピラフ
20160824鯖のカレーピラフ-4.jpg


我が家は魚をわりとよく食べるほうだと思います。
でもあまり高級魚は食べません^^;
わたしが魚の調理法が得意なワケではないこともありますし、あまり売っていないこともありますし。
わざわざ高いお魚を求めて遠くまで買い出しに行くことはほとんどありません。
そのかわり(?)、鰯、鯵、秋刀魚、鯖などの背の青い魚はよく使います。
一時鰯も高級魚の仲間入りか?くらい高値がついたこともありましたが、
最近では安く売られていることも多いです。
わたしが鰯をついつい買ってしまうのは(笑)まあ大きさにもよりますけれど、
だいたい一匹68円、鯵なら158円ってところでしょうか。
鯖、秋刀魚は大きさ、季節で価格の開きがとても大きいのでなんとも難しいところです^^。

わたしの懐事情は置いといて、鯖といえば「塩さば」もよく買います。
たいていは塩焼きにして、大根おろしを添えたり、レモンを添えたり。
で、塩鯖が半身100円で売られていたので、つい買っちゃいました♪
その塩鯖、焼いておつまみにしようと思っていたのに夫が「休肝日」宣言をしましたllllll(-ω-;)llllll。
それでご飯にもなって、(わたしの)ビールのつまみにもなって、、というので思いつきで作ったのがこちらです。

前置き、長いですね^^;
でも、簡単でとても美味しかったですよ♡


20160824鯖のカレーピラフ.jpg


【材料】4人分くらい 26センチ径のフライパン使用
ジャスミンライス … 2カップ ※普通の白米でも
塩さばフィレ … 2枚
玉ねぎ … 1個
椎茸 … 4枚
パプリカ … 1個
オクラ … 5本
ミニトマト … 6個
塩麹(ペースト) … 大さじ1
油 … 適量

☆ミックススパイス(すべてパウダー)
 クミン … 大さじ1.5
 コリアンダー … 大さじ1
 ターメリック … 大さじ1/2
 カイエンヌペッパー … 小さじ1/4〜

ガラムマサラ … 適量
バジル … あれば適量

【作り方】
塩さばは3〜4切れのそぎ切りにし、ミックススパイス少々を両面にまぶし、
皮側にガラムマサラを振り、すりこんでおきます。

玉ねぎ、椎茸、パプリカの2/3は粗みじんに切ります。
残りのパプリカは3ミリ程度の輪切りにします。
おくらはヘタをとり、1センチくらいの輪切りにします。
ミニトマトはヘタをとり半分に切ります(縦横どちら向きでもOK)。

フライパンに油を敷いて熱し(あまりカンカンに熱くしない)塩さばを皮目を下にして置きます。
皮がパリっとしたら返して、軽く焼いて取置きます。
フライパンに油を足し、みじん切りにした野菜を炒め、
玉ねぎが透き通ってきたら残りのミックススパイス全量を加えます。
ミックススパイスが馴染んだら、米を加えて炒め合わせます。
米が油分を含んで半透明になったら水400〜440ml(好みで増減)と塩麹を加えてさっくりまぜます。
塩さば、オクラ、トマト、パプリカをバランスよく並べ煮立ったら蓋をして弱火で13分加熱します。
10分蒸らし、器に盛り、好みでバジルを添えます。


20160824鯖のカレーピラフ-2.jpg


今回は普通の(?)フライパンを使って作りました。
実はフライパン炊飯は初めてです。
でも全然平気でした(*´m`*)。
具を並べるので、径の大きめの鍋のほうが炊きやすいと思います。

ジャスミンライスはバラっと仕上がるのでピラフやカレー用のスパイスライスによく使います。
水加減はお好みです。
今回はお米400ml、水440mlで作りましたが、野菜が多いのでもう少し減らしてもいいと思います。
ウチは2人とも柔らかめのご飯が好きなので、まあこんな感じです。


20160824鯖のカレーピラフ-3.jpg


ハーブを添えるのは全くのお好みです^^
今回はバジルの気分だったのでバジルにしましたが、他にミントやコリアンダー、イタリアンパセリなどでも。
勿論なくても大丈夫です。

辛さはじんわりくるくらいで、口に入れた瞬間「おっ!辛っっっっ!」とはなりません(*´m`*)。
辛さの調整は各自でガラムマサラを振るとか、もっと辛いのがよければカイエンヌペッパーを振るとか。
塩加減も薄目の感じですので、塩鯖の塩にもよりますが、ちょこっと塩を加えてもいいかもしれません。
また、塩レモンを作っているかたなら塩レモンを添えるのもおすすめです。

あ。ミックススパイスを作るのが面倒だったら、カレーパウダーを使ってくださいね^^
カレーパウダーは辛さがメーカーによってだいぶ違うと思いますので、使う量は調整してください。








ひらめき9月のお教室 - カレーの献立

 *季節野菜のカレー (ターメリックライス添え)
 *シークカバブ
 *チキンティッカ
 *桃のラッシー  ※果物は変更になる場合もあります。
 
☆付け合わせの野菜2種は、味が馴染むまで時間がかかりますので予め作っておき
 レシピのみお渡しする形になります。
 紫玉ねぎのアチャールと大根のカチュンバルの予定ですが、変更になる場合もあります。


9日(金) … 満席
10日(土) … 満席
23日(金) … 残3名さま
24日(土) … 満席



*教室へのお問合せ、お申込はHPのお問合せフォームよりお願いいたします。

万が一お問合せフォームでお送りくださったのに丸一日たってもこちらからご連絡がない場合は、大変恐れ入りますがブログの最新記事にその旨コメント欄にお残しください。
その場合、メールアドレスを記入する欄がありますので、そちらにアドレスを書いてください(ここには掲載されません)。

ブログやHPに教室の案内を掲載する前日に、これまで教室のご参加くださったかた、また事前にメールアドレスを登録いただいた方にご案内をお送りしています。
お教室への具体的な参加予定がまだないかたでも、今後早めに日程等をお知りになりたいかたは上記フォームよりご連絡ください。

2名様以上のお申込で、ご相談の上、上記日程以外の日にレッスンを開講することが可能です。
詳しくはお問合せください。

よろしくお願いいたします。





************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 09:29 | カレー | comments(0) | trackbacks(0) |
夏野菜のカレー
20160725夏野菜のカレー.jpg


カレーは、本当によく作ります。
その時々で思いついたまま、自由に作ります。
最近多いのはトマトベースのカレーです。
今回作ったものもトマトベースで、夏野菜たっぷり、さらりとしているけれども辛さもしっかりのカレーです。

レシピブログさんのスパイス大使として
「オリジナルブレンドのカレーパウダーでカレー&スパイシーおつまみをつくろう!」の企画に参加しています^^

というわけで、送っていただいたパウダータイプのスパイスで、
オリジナルのミックススパイス(カレーパウダー)を調合しました。
わたしはコリアンダーの風味も好きなのでそれも足しています。


【材料】作りやすい分量(5〜6人分)
牛ひき肉 … 100g
玉ねぎ … 1個
トマト … 完熟大2個(普通のものなら4個くらい)
ズッキーニ … 1本
茄子 … 3本
パプリカ … 赤と黄色 各1/4個
カボチャ … 1/4個
しょうが(すりおろし) … 大さじ1
油 … 適量
○塩麹 … 大さじ1
○塩 … 小さじ1
○塩レモン(ペースト) … 大さじ1/2
レモン汁 … 1/4個分
クミンシード(ホール) … 小さじ1/2
あれば好みでパクチー … 適量

☆ミックススパイス(カレーパウダー)
クミン … 大さじ1.5
コリアンダー … 大さじ1
ターメリック … 小さじ2
フェヌグリーク … 小さじ1/2
レッドペパー … 小さじ1/2〜

【作り方】
☆ミックススパイスは合わせておきます。

玉ねぎは粗みじん切りにします。
トマトは2センチ角くらいに切ります。
ズッキーニ、茄子、パプリカ、カボチャは1〜1.5センチ角に切ります。

鍋に油とクミンシードを入れて弱火にかけ、クミンシードがパチパチと弾けてきたら
玉ねぎと生姜を加えて炒めます。
玉ねぎが透き通ってきたらひき肉を加えて色が変わるまで炒め、
ズッキーニ、茄子、トマトとミックススパイスを加えてざっくりと炒め合わせます。
水1カップを加えて強火にし、煮たってきたら火を弱めて15分ほど煮込みます。
カボチャを加え、更に5分ほど煮てカボチャが柔らかくなったら○印の調味料を入れて1〜2分煮て、
火を止める直前にレモン汁を加えます。


20160725夏野菜のカレー-4.jpg


カレーパウダーや、他のミックススパイスなど、その場で使う分だけぱぱっと合わせてもいいですし、
ちょっと馴染ませたほうが美味しくなったりするので多めに作り置きしておいてもいいと思います。

わたしはカレーパウダーやタンドリーミックス、ガラムマサラなどなど、作り置きもするので
ついついパウダー状のスパイス(特にクミンやコリアンダー)はたくさん入った袋入りを購入してしまいます。
今回お送りいただいたスパイス類は普通の瓶入りで、開けたてのほわっとした香りがとても贅沢で(*´ー`*)
リッチな気持ちでミックスすることができました。
どのスパイスもメーカーによって香りが随分違いますが、ギャバンさんのものはどれもとてもよい香りがします。
クミンも使いやすい爽やかな香りとしっかりした風味があっていい感じでした。
この分量の野菜だったら、クミンをもう少し増やしてもいいかなと思います。

それとレッドペパーなのですが、完全なパウダー状ではなくて、なんというのか、、一味のような感じ。
風味もちょっと違って、豊かな感じというのでしょうか。
わたしが通常使っているカイエンヌペパーとは違うものなのかな〜?と思って調べてみたところ、
完熟した唐辛子がレッドペパーだそうです。へ〜〜〜!
 → コチラ
スパイスって、面白いですよね^^
さらさらした細かい粒状のレッドペパーはちょっと振りかけたりというアクセントにも使いやすそうです。


20160725夏野菜のカレー-2.jpg


日本の市販のカレールゥはとても美味しいと思います^^
でも、とてもシンプルなスパイスの組合わせでルゥを使わなくても美味しいカレーを作ることもできます。
わたしが日々作るカレーは、インド風なのか、タイ風なのか、欧米風なのか、どれでもないのか(笑)、
わからないようなものばかりですが、自分が美味しいと思えて、家族も美味しいと思ってくれて、
そしてなにより簡単に短時間でできる、ということで満足しています(*´m`*)。


20160725夏野菜のカレー-5.jpg


今回のカレーは一応インド風を意識はしたつもりで(笑)、野菜メインでさらりとし、あっさりしています。
最初はひき肉も入れずに野菜だけで作ろうかと思ったのですが、冷凍してあった牛ひき肉が100gだけあったので使いました。

2日目になると野菜が煮崩れたり、煮詰まったりですこし濃度が出てきます。
それも美味しいと思いますが、お好みで適宜水を足してくださいね。

今回塩レモンとレモン汁を加えたのは、いつものように「なんとなく」です^^;
夏らしいかな〜と思って。
お好みですが、個人的にはとても好きな風味になりました。
2日目に食べた時は、レモンを別に添えてレモン汁を絞って食べました。
パクチーも合いますが、バジルも合うと思い、この時はバジル添えでした。

一年中食べたいカレーですが、やっぱり夏が一番カレーが似合う季節ですよね。
またすぐに作ってしまいそうです♪



カレーの料理レシピカレーの料理レシピ  スパイスレシピ検索






************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************
posted by ゆりり | 06:29 | カレー | - | - |
キーマカレーのピタパンサンド
20160225キーマカレー-5.jpg


レシピブログさんの【“レシピブログ・カップ”の殿堂・プラチナ・ゴールド・シルバーブロガーさんへ 美味しいお取り寄せ品をプレゼント!】
「朝岡スパイス株式会社 キーマカレーペーストロング・ビンダルウペースト」のモニターに当選し、使わせていただきました(*´ー`*)♪

朝岡スパイスさんは、わたしの中では憧れの老舗スパイス専門店という位置づけです。
東京にいた時にも、近所では置いてあるお店がなくて、
お出かけした時にちょっと高級な食材を置いてあるスーパーで買う、という感じでした。
今回いただいたようなペースト類は使ったことがなく、とても興味があったので当選してとてもラッキーでした^^


20160225キーマカレー.jpg


いただいたのはこちらの2つです。
キーマカレーペーストと、ビンダルウペースト


このキーマカレーペーストの瓶に貼ってあった説明を読んで、
あまりに簡単に出来上がってしまうのでびっくりしてしまいました。
挽肉を炒める→水を加えて15分ほど煮込む→ペーストを加える→完成、ざっくりこんな感じです。

で、なんのひねりもなしにそのまま作ろうかな〜?とも思ったのですが、
実はこのモニターの締め切りを勘違いしていてキーマカレーを作ったばかりだったので(汗)、
ちょっとだけ目先を変えてピタパンサンドを作ることにしました。


【材料】
鶏ひき肉(もも肉) … 150g
レンズ豆 … 150
トマト水煮(カットタイプ) … 1パック(380g)
水 … 300ml
キーマカレーペースト … 1瓶
ビンダルウペースト … 小さじ2
油 … 適量
塩 … ふたつまみくらい

【作り方】
レンズ豆は10分ほど煮ます。
鍋に油を敷き弱火で鶏ひき肉を炒め、色が変わったらトマトの水煮と水を加えます。
レンズ豆を加え、強火にし、煮立ったら弱めの中火にして焦がさないように煮込みます。
水気がなくなってきたらキーマカレーペーストを加えて弱火にして煮込みます。
 ※途中あまり水分が少なくなるようなら適宜水を加えます。
味をみてビンダルウペーストと塩で整えます。


20160225キーマカレー-3.jpg


ご飯と一緒に食べるのであれば少し水分を多めに残すのがいいと思います。
今回はピタパンに挟むので水分少なめに仕上げました。

キーマカレーペーストは、これだけでもう何もしなくて味が完成していて、とても美味しいです♡
わたしはトマトの水煮を加えてしまったのでちょっと濃厚になっていると思いますが
朝岡スパイスさんのレシピでもトマト水煮を加えるのがあったので、これもおススメということでいいと思います(*´m`*)。
辛さは中くらい、お子さんでも十分食べられると思います。
ウチは辛いのが好きなのでビンダルウペーストをちょっと足しました(小さじ2はかなり控えめだと思います)。
ビンダルウペーストも辛いだけではなく、とても旨味が強くて美味しいんですよ。
お味噌と合わせてもいいかも(←今、これを書きながら思いついた(笑))。
近いうちにやってみよう♪


20160225キーマカレー-2.jpg


ピタパンを作るのは実は初めてです(*´m`*)。
最初、チャパティを作ろうかな?と思ったのですがギーを作っていなかったので、
まあ似たような感じで作れて、より食べやすいかなということで。

覚え書き的レシピです。
強力粉250g、塩3g、砂糖10g、オリーブオイル大さじ2、水150g、ドライイースト4g。
全ての材料を捏ねて、丸めて、倍くらいになったら8分割して丸く伸ばして220度くらいのオーブントースターでぷくっと膨れるまで焼く。
こんな感じです。

2枚ほどフライパンでも焼いてみましたが、膨らみはちょっと弱かったです。


20160225キーマカレー-6.jpg


半分に切ったピタパンにレタスとトマトを入れて、そこにキーマカレーをぎゅぎゅっと詰めました。
レンズ豆が挽肉と同量入っているので正式にはキーマカレーとは言えないのかも、なのですが^^;
でも、とっても美味しくできました♪





こちらは冷凍してあったサフランライスと合わせて。
少しだけ水を足して、塩ひとつまみとビンダルウペーストも。
夫のほうには更にお皿にもビンダルウペーストを添えました(もっとたくさんでもよかったかな)。


キーマカレーはスパイスを使って比較的簡単に作ることもできますが、
このキーマカレーペーストは作るのが本当〜に簡単で、短時間ででき、
普段あまりお料理をしない人や、スパイスに馴染みのないかたでも
間違いなく美味しいカレーを作れる優れものだと思いました。
ほんと、食べてびっくりの美味しさでした♡


そして朝岡スパイスさんのHPはスパイスに興味のある人にはとても楽しいと思います。
わたしはウスターソースのスパイスセットがとてもとても気になっています。
それとベイリーフ、アメリカ産とトルコ産の両方扱っているのにも感動しました( ´艸`)。
スパイスはなかなか種類を揃えているお店が少ないので(特にこのあたりは^^;)
HPで調べられて、購入もできるのはありがたいですね♪





★「レシピブログ・カップ」特典モニターに参加しました!








ひらめき3月のお教室 - 和風グラタンの献立


*鱈と長芋の和風グラタン
*ほうれん草の蕗の薹和え (※蕗の薹が手に入らない場合は 菜の花のかすみ和え)
*鶏だんごと蕪のすまし汁
*ご飯
*苺大福(わたしが作ってお出しする予定)→ 一緒に作ります♪


5日(土)・追加日 … 満席
9日(水)・追加日 … 満席
11日(金) … 残1名さま
12日(土) … 満席
25日(金) … 残3名さま
26日(土) … 満席

*教室へのお問合せ、お申込はHPのお問合せフォームよりお願いいたします。



*万が一お問合せフォームでお送りくださったのに丸一日たってもこちらからご連絡がない場合は、大変恐れ入りますがブログの最新記事にその旨コメント欄にお残しください。
その場合、メールアドレスを記入する欄がありますので、そちらにアドレスを書いてください(ここには掲載されません)。


*ブログやHPに教室の案内を掲載する前に、事前にメールアドレスを登録いただいた方にご案内をお送りしています。
今回お教室への参加がない場合も、今後早めに日程等をお知りになりたいかたは上記フォームよりご連絡ください。





************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 10:40 | カレー | comments(2) | - |
ダヒチキンカレー
20150225白いカレー.jpg


2週間近く前になりますが、以前スパイス&ハーブのアドヴァンストコースで習った白い(ダヒ)カレーを作りました。
すりおろした生姜やニンニクと、パウダータイプのスパイスを加えたたっぷりのヨーグルトで鶏肉を漬け込み、
それを、炒めたまねぎに更にヨーグルトを加えて煮込みます。
煮込み時間も短く、簡単で美味しいカレーです^^

習ったレシピよりもスパイス、ヨーグルトともに多めに使いましたがとても美味しくできました。
ヨーグルトが400mlパックだったかな、、使い切りたかったし(笑)。


20150225白いカレー-2.jpg


カレーが白っぽいので、ご飯はターメリックライスにしてみました。
お米はジャスミンライスを使っています。
バターを溶かす時にターメリックも加えてよく炒め、お米を加えてから更によく炒めて
普段より少し少なめの水加減でそのまま炊き上げます(我が家は圧力鍋で炊いています)。
ターメリックライスは、ターメリックを水に溶かしてそれでご飯を炊くというレシピもありますが、
ターメリックの色素は油溶性なので、油に溶かしたほうがよいですし(水には溶けていない)、
バターで炒めることで独特の土っぽい香りが抜けて美味しくなると思います。
この時は頂き物の黄色いレーズンも入れています^^



20150227タンドリーチキン乗せカレーピラフ-3.jpg


こちらは黄色on黄色(^m^)。
カレーピラフにタンドリーチキンを乗せました。
最初はチキン入りのカレーピラフにしようと思ったのですが、それよりこうしたほうがご馳走感があるかと(笑)。
ピラフの具は玉ねぎ、パプリカなどの野菜しか入れていません。
タンドリーチキンはいつもの味付けですが、この時は魚焼きのグリルで焼きました。


20150228タンドリーチキン乗せカレーピラフ.jpg


ピラフのカレーパウダーと、チキンのタンドリーミックスは配合が違うのでそれぞれが楽しめ、
またそれぞれの美味しさが重なり合って、とても美味しかったです。


どちらも夫が感動するw美味しさでした(*`艸´)。








ランチ 料理教室に伴う試食会のご案内 ランチ

料理教室を始めるお知らせをいたしましたが、試食会の日程が決っております。
 4月10日(金)・11日(土)・24日(金)・25日(土) 11時半〜13時半
 会費:2,000円
ご興味のある方はメールにお名前、ご住所、お電話番号を明記の上お問い合わせくださいませ。
 yuriritei★aol.jp
   (★を@に置き換えてください)

 ひらめき メールのエラーがあるようです。
 メールにお返事がない場合は、コメント欄にその旨お書き下さい。
 その際、メールアドレス記入欄にアドレスを記載してください。
 
よろしくお願いいたします(*´ー`*)。








************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 14:09 | カレー | comments(0) | - |
鶏ひき肉と白いんげんのトマトカレー、そして地鎮祭
20140421鶏ひき肉と白いんげんの煮込み-3.jpg


この週末、地鎮祭のため福島へ行ってきました。
車を運転していた夫は鬼の霍乱というのか、本当に珍しく風邪っぴきで、
飲んだ薬のせいか、身体の不調のせいか、行きも帰りも運転中眠い、眠いの連続で(◎_◎;) 。。。。
かなり緊張感のある旅となりましたが無事帰ってまいりました。

そしてわたしは助手席で緊張はしていたものの、何をするわけでもなかったのですが
夕方家に着いたらやたら疲れてしまい、改めて買い出しに出て晩ご飯を作るのもなーと、、。
じゃあ、お寿司でもとっちゃおうか、ということで近所のお寿司屋さんに電話をすると
もうシャリがないって。・°°・(>_<)・°°・。。
んー、まだ結構早い時間だったんだけどなあ。

で、どうする?どうする?と言っていたんですが、
寒くて外に出るのもねー、、、と、、、冷蔵庫、食品庫を漁って作りました。
カレー?かなあ?
わたしのよく作るパターンの辛い煮込み料理です。
あとは、福島で買ってきた野菜とかで何品か。

これは、ちょっと特殊な香辛料を使っているのでわたしの覚え書き的なレシピになります(*´ー`*)。


20140421鶏ひき肉と白いんげんの煮込み-5.jpg


【材料】
鶏ひき肉 … 300g
白インゲン豆水煮缶 … 1個
玉ネギ … 1個
ズッキーニ … 1/2本
マッシュルーム … 15個くらい
トマト水煮パック … 1個
粗漉しトマトパック … 1個

パンチフォロン … 大さじ1くらい
クミンシード … 小さじ1くらい
唐辛子 … 5本
ターメリック … 大さじ1
シナモン・コリアンダーなどのミックススパイス … 大さじ1 ※近所のネパール料理屋さんで貰ったもの
塩 … 少々
塩麹(ペースト) … 大さじ2
黒胡椒 … 適量
油 … 適量

【作り方】
鍋に油とパンチフォロン、クミンシード、唐辛子を入れて弱火にかけ、プツプツ言い出したら
みじん切りにした玉ネギを加えて炒めます。
鶏ひき肉を加え、塩少々を振って、ぽろぽろになるまで炒めターメリックを振ります。
5ミリ厚の半月切りにしたズッキーニ、半分に切ったマッシュルームを加えてさっと炒め合わせ
水気を切った豆、トマトの水煮と粗漉しトマトを加え弱火で煮込みます。
火が通ったら、ミックススパイスと塩麹を加え、火を止める前に黒胡椒を挽きます。


20140421鶏ひき肉と白いんげんの煮込み-4.jpg


カレーっぽいスパイスを使っていますが、いわゆるカレーの雰囲気ではありません。
なんと言ったらいいのかよくわかりませんが、ウチはとても好きなんです、こういうのが^^;
パンチフォロンにクミンシードは入っているのですが、
もう少しクミンの香りを強く出したいと思ってちょっと足しています。
もし最初からこういうのを作ろうと思ったら、鶏ひき肉ではなく豚か牛にしたと思うのですが
冷凍庫にあったのが鶏だったので、、でも、美味しかった(*´ー`*)。




さて、地鎮祭ですが、無事に終わりました。


20140420鏡石ー地鎮祭.jpg


女性の、年配の神主さんでした。
地鎮祭の後、お引っ越しの日程の決め方や、
庭に植栽する日にちのことなど色々教えていただきました。

いよいよですねえ。
土地に家の形のロープが張ってありましたが案外小さいなと(*´m`*)。
でも壁ができるとそれなりに見えるそうです。
あと4ヶ月もすれば完成するのが、なんとなくまだ実感としてわいてきません。
遠いのでしょっちゅう現場を見ることもできないし、、、。


地鎮祭の日(昨日の日曜日)は曇天で肌寒かったのですが、前日はとてもよい天気でした。
桜が満開でした。


家から徒歩で10分くらいかな?
綺麗な公園があります。
桜が満開の土曜日なのに、ほとんど人がいない(*´m`*)。
のんびりー♪


20140419鏡石ー地鎮祭.jpg

20140419鏡石ー地鎮祭-2.jpg

20140419鏡石ー地鎮祭-3.jpg


そしてその周囲の道や田んぼや畑や、家々や。
美しく、可愛くて、穏やかな本当に小さな町です。


20140419鏡石ー地鎮祭-4.jpg

20140419鏡石ー地鎮祭-6.jpg

20140419鏡石ー地鎮祭-7.jpg



ああ。ここで生きていくんだなあ!!!
多分、すごく好きになると思います。







************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************

posted by ゆりり | 16:42 | カレー | comments(4) | - |
ラム肉のあっという間のカレー風
20140109ラム肉のあっという間のカレー風.jpg


ラム肉が好きです。
クセがあって苦手なかたも多いかと思うのですが、わたしはなぜか昔から好き。
骨付きのラムチョップをローズマリーなどの香草を加えてさっと焼いたのも、
アイリッシュシチューも、勿論カレーも。
近所のネパール料理のお店では必ずサグマトンを頼み、
夫があまり好まないので、わたしだけがお肉を食べています(*´m`*)。

そんなわたしですから、スーパーでラムの切り落しがとっても安かったのを見たら
買わずに通り過ぎられるわけはありません。
で、何にしようかなー、と思いカレー風味のモノに。
少し変わったスパイスも使っているのでわたしの覚え書きのようなものですが。


【材料】2人分
ラム肉 … 200gくらい ※今回は切り落し
玉ネギ … 1個
パンチフォロン … 適量
赤唐辛子 … 1本
カレー粉 … 小さじ2〜
ターメリック … 適宜
黒胡椒 … 少々
塩 … 小さじ1/4〜
リーペリンソース … 適宜
油 … 適量

【作り方】
ラム肉に軽く塩胡椒し(分量外)油少々をまぶしておきます。

フライパンに油とパンチフォロン、唐辛子を入れて弱火で加熱し
スパイスがパチパチしはじめたら玉ネギを加えてしんなりするまで炒めます。
ラム肉をほぐしながら加え、カレー粉と塩を加えて炒めます。
水大さじ1を加えてラム肉に火が通ったら味をみて、ターメリック、リーペリンソース、黒胡椒などで整えます。


20140109ラム肉のあっという間のカレー風-2.jpg


作り始めてから15分くらいで出来上がります。
パンチフォロンは色々な色々なスパイスがミックスされたスタータースパイスの1種です。
普通にお店では見かけないと思うので、お好みでクミンシードやブラックマスタードシードなどで^^
唐辛子は丸のまま入れています。
唐辛子の辛みは油溶性なので鍋の油の中で動かせば動かすほど辛みが出てきます。
辛いのが苦手なかたは途中で取り出してください。

ごはんと一緒に食べるのもいいですし、ビールのおつまみにもいいかなと思います。
ラム肉の独特のクセがいいなあとしみじみ感じた1皿です(*´ー`*)。











************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************
posted by ゆりり | 07:50 | カレー | comments(2) | - |
いなばのタイカレーで
20130904イナバのタイカレーイエロー-2.jpg


実は仲良しの友人たちにも言っていないことがあって、、、
それはいつ頃からか「いなばのタイカレー」にハマっているということです。
ウチには常にイエローとグリーンのストックがあります(レッドはあまり好きではなく)。
先日息子がやってきた時にも
「これ知ってる?美味しいんだよー♡」と言ってストックを持たせました^^;

なぜ人に言えずにいたかといいますと、
いい年をした専業主婦が「缶詰にハマっている」なんていうのはちょっとカッコ悪いからですね(◍′ω‵◍;) 。
で、こそこそと食べていたわけです。

まあそんななか、やっぱりアップしちゃおうかなと思ったそのタイミングで
(ホントに可愛らしい)フードコーディネーターの森崎繭香ちゃんも
いなばのタイカレーレシピをアップしていたので → コチラ
これって、そんなにこっそりと秘密にしておかなくてもよかったのか、と力を得たのでした(*´m`*)。


長い前置きでした。
で、缶詰ですから、、、(笑)、何をするわけでもないのですが
わたしのお気に入りの食べ方です♪

【材料】
いなばのタイカレー(イエロー) … 1缶
ミニトマト … 5個
生姜 … 少々
ディル … あれば少々
ご飯 … 適量

【作り方】
ミニトマトは湯むきして半分に切ります。
生姜は細切りにします。

小鍋にタイカレーとトマトを入れて火にかけ、煮立ったらごく弱火で2分程煮ます。
器にご飯とカレーを盛り、生姜と、あればディルを散らします。


20130904イナバのタイカレーイエロー-3.jpg


ディルはなければないでいいですし、
他にミントとかイタリアンパセリとかチャービルとか、勿論コリアンダーとかお好みで。
でも、生姜は絶対あったほうがいいと思います♪
これがわたしのこだわり(って、大げさな(爆))。
美味しいんですよ^^



ちなみに、タイカレーではもうひとつレトルトのものでとても好きなものがあります →  … コチラ
こちらはちょっとだけ高いので、つねにストックしておくわけではなく
近所のスーパーで安くなった時に買うかな?という感じです。
でも外のヘンなお店で食べるよりはずっと美味しいと思います。
これを食べる時はジャスミンライスを炊きます(*´m`*)。


そんなこんなのカミングアウトでした(*´▽`*)。








************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************
posted by ゆりり | 10:24 | カレー | comments(6) | - |
サグ・チキン(鶏肉とほうれん草のカレー)
20130818サグチキン.jpg


先日初挑戦した鶏肉とほうれん草のカレー、
諸々の事情によりモロヘイヤ入りになってしまったのですが(→こちら側)、
その時の反省点をふまえて自分流にレシピを変え、再チャレンジしてみました。
今回はとっても美味しくできました♡


【材料】4人分くらい
鶏肉 … もも肉・胸肉1枚ずつ
ほうれん草 … 2袋(350g)
トマトピュレ … 150g
水 … 50ml
塩 … 小さじ1
塩麹(ペースト) … 大さじ1
油 … 適量
生姜 … あれば好みで少々

*スパイス1
パンチフォロン … 小さじ2
クミンシード … 小さじ1/2
唐辛子 … 3本 ※辛いのが好みであれば半分に切ります。

*スパイス2
ターメリック … 小さじ1
クミンパウダー … 小さじ2
コリアンダーパウダー … 小さじ2
カイエンペッパー … 小さじ3/4
黒胡椒 … 少々

【作り方】
ほうれん草をざく切りにして蓋のできる厚手の鍋に水、塩とともに入れて火にかけ蒸します。
粗熱が取れたら水分ごとフードプロセッサーにかけて滑らかにします。

鶏肉は一口大に切ります。

鍋に油と「スパイス1」を入れて火にかけ、スパイスがパチパチいったら鶏肉を加えます。
鶏肉の表面が色づいたら「スパイス2」を加え、炒め合わせます。
ほうれん草、トマトピュレを加え弱火で鶏肉に火が通るまで煮込みます。
味をみて塩麹を加えます。
食べる時に好みで生姜の千切りを添えます。


20130818サグチキン-3.jpg


今回はほうれん草の量を倍量にし、ほうれん草を蒸す時以外には水を加えませんでした。
その分トマトピュレを多めに加えています。
パンチフォロンというのはスターター用のミックススパイスですが、クミンシードだけでも。

鶏肉は弱火で煮て、あまり煮込み過ぎないほうが柔らかくしあがると思います。
普通のカレーは一晩置いたほうが美味しいというのが定説ですが、
このカレーに関しては出来立てが一番美味しいように思います^^

これもまた塩麹に助けられて味がまとまりました(*´m`*)。
邪道だ!と思われるかもしれないですが、わたしは今回の味はかなり好きです♪
次はサグ・マトンかなー♪







************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************

posted by ゆりり | 06:02 | カレー | comments(0) | - |
鶏とほうれん草とモロヘイヤのカレー
20130814鶏とほうれん草とモロヘイヤのカレー.jpg


本当は、鶏肉とほうれん草のカレーになるはずでした。
サグ・チキンですね。
最近購入したレシピ本を見て作ったのですが、、、いやあー、、、
この分量でいいのかなー?と思いつつ、一応はなるべく忠実に作ってみようとしたのですが、
水の加減(ひたひた)とか、ほうれん草一把とか、、実は結構誤差があるものだよねと改めて思いました。

で。結論から言いますと、ちょっとイメージと違うものができてしまった(^-^;)。。。
水分量が多過ぎる感じ。
それでもよかったのかもしれないのですが、どうもこのままではすっきりしない、ってことで
やっちゃえ的にたまたまあったモロヘイヤを追加投入。
それがなかなかよかったので、ここに覚え書きを(*´m`*)。


【材料】
鶏肉 … もも、胸各1枚 ※500gくらい
ほうれん草 … 1袋(8株)
モロヘイヤ … 1袋 ※葉の部分だけ100gくらい

クミンシード … 小さじ1
唐辛子 … 2本

*A
クミンパウダー … 小さじ1.5〜
コリアンダーパウダー … 小さじ1.5〜
ターメリック … 小さじ1
カイエンペッパー … 小さじ1 ※好みで増減してください
塩 … 小さじ2

トマトピューレー … 大さじ2
油 … 適量

【作り方】
鶏肉は一口大に切ります。
ほうれん草は水//2カップを入れた鍋で蒸し煮にし、ミキサーで滑らかになるまで撹拌します。
モロヘイヤはさっと茹でて包丁で細かく刻みます。

鍋に油とクミンシード、唐辛子を入れて、クミンシードがプチプチ言うまで加熱します。
鶏肉を入れて表面が色づくまで炒め、*Aをまぶして混ぜながら炒めます。
ほうれん草とトマトピューレー、ひたひたの水を加えて鶏に火が通るまで煮込みます。
モロヘイヤを加えて2〜3分煮ます。


20130814鶏とほうれん草とモロヘイヤのカレー-3.jpg


お昼に食べたのですが、これはこれでわたし的には問題なく、こういうものだと思っていただきました。
ほんと、美味しかったんですよ♡
でも、夫が今夜食べてなんと言うかはわかりません(*´m`*)。
まあ、、、夫もわりと柔軟なので(笑)美味しいと言ってくれるんじゃないかと思います(←楽観的)。

参考にした本はこちらです → 「はじめてのインド料理」
この本で作るのは初めてだったのですが、全体にシンプルで作ってみたいものばかりです。
今回作ってみて、このサグ・チキンについては自分なりの変更を加え、修正点もはっきりしたので
次回は自分好みのものができると思います^^
あ、勿論、普通の「鶏とほうれん草のカレー」ね(*´m`*)♪
わたしのは本のレシピより辛めです。でも激辛ではありません。
スパイスの配合は最初は基本通りにして、あとは好みで追加していくとよいと思います^^


20130814鶏とほうれん草とモロヘイヤのカレー-2.jpg


・・・・・・モロヘイヤ入りもお勧め(笑)。








************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 15:23 | カレー | comments(0) | - |