CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
2015年5月より、少人数制の料理教室もスタート♪
新兵器での生パスタ作り
20170926トマトソースのマカロニ-2.jpg


突然ですが、最近衝動買いしたもので非常によかったものは、ケルヒャーと、ヌードルメーカーです。
ケルヒャーは置いとくとして、ヌードルメーカー。 → コチラ
なんでひっかかったのかは忘れてしまったのですが、ネットで何か調べ物をしていた時に突然現れたのです。
このマカロニと、ラザニア用の平らな麺もできるという画像が。
それを見て、おおっ!と思ったんですね。
普通の麺(?)だけだったら買ったかどうかわかりません(笑)。
調べたら定価はかなりなお値段だったのでいったん諦めたのですが、とりあえずどこで買えるのかなーと
わたしがいつも利用している某Aを見たところ、おおよそ8割引!になっていたので、思わずポチっと。

これまで生パスタは、手伸ばし式(?)のパスタマシーンを使って作ってみたり、
パスタマシーンで伸ばしたのをカッターで切ったり、全部手で形作ったり、、と
あれこれやっていましたが、今回のこの器具のすごいのは
自分でやることはほぼない、というところです(`m´#)。
ですので、しっかり自分ですべての行程に関わりたいという方には向きません。
手軽に短時間で生パスタを作って、さっさと食べたい、という方にお勧めです。
ホームベーカリーで食パンを作って食べることに抵抗のないかたなら、心理的なハードルは低いと思います^^。
そこいら中粉だらけになるということがないのも素敵なところです。


トップの写真はマカロニのトマトソース。
まだ畑で少し採れるトマトに、夏の茄子を剪定しておいたのがまた実をつけるようになった秋茄子、
それと、初夏に収穫して保存してあるニンニクを使っています(*´ー`*)。
それとトマトの水煮缶も。
トッピングは、間引きしたほうれん草と、人参の葉っぱです。

生パスタの茹で時間は一般的に乾麺より短めだと思うのですが、このマカロニはちょっと長めに茹でたほうが美味しい感じ。
8分くらい茹でて、茹で加減を確認してからソースに加えてそこからまた少し加熱しました。



20170925生パスタ-2.jpg


ヌードルメーカーからマカロニがにゅるっと出来てくるさまはちょっと感動します。
ヌードルメーカーから出てきたパスタを自分の好みの長さに切ります。
このマカロニはあんまりパスタ同士がくっつく感じでもなかったのですが、軽く片栗粉をまぶしておきました。

粉の配合は、お好きな感じでいいと思いますが(ちなみにこれはパスタ・ニョッキ専用00粉7:粗挽きのセモリナ粉3)、
水分量(卵も含む)は手捏ねより大分少ない感じになるので、そのあたりの基本をきちんと守らないとうまくいかないようです。
あとは粉の種類や組合わせによって自分の好みに微調整していくとより美味しいものになると思います。




20170925生パスタ.jpg


マカロニを作って最初に食べたのがこちら。
ゴルゴンゾーラソースです。
この時に茹で時間がちょっと短かったかな?と感じたので、トマトソースの時に少し長く茹でたのでした。
手伸ばしのパスタマシーンだとこういうのはできないので、ホント、面白く楽しいです。
美味しいし^^






こちらがヌードルメーカーが届いて、最初に作ったもの。
この時はパスタ用の粉を用意していなかったので、とりあえず強力粉と薄力粉。
強力粉と言っても種類が色々ありますから、きっと粉によって全然違う味になるんでしょうね。
ちなみにわたしが使ったのは、「春よ恋」でした。

朝1番に作って、畑に行ってお昼頃帰ってきて食べましたが、期待していた以上に美味しかったです^^





これも上のマカロニと似ていますが、ゴルゴンゾーラ、パルミジャーノ、牛乳、卵で適当に。
ちなみにマカロニのほうは生クリームを使い卵はなし(◍′ω‵◍)。
同じようで違うものになる理由は、、、ただその時にあるものを使う、思いつきで作るから。


20170922生パスタ.jpg


そのパスタを冷凍してあったものを茹でて、残りもののミートソースで。
ミートソースが1人前くらいしかなかったので、トマトを3個加えて、赤ワインもちょっと加えて煮ていたのですが
ふと思いついて残っていた生クリームを加えたら濃厚ですごく美味しかった♡



ここに載せていないパスタも実験的にいくつか作ったのですが、、、
・・・画像を載せていないということで、その結果を想像していただければ幸いです。
ともかくまずはウチにある粉で作ってみようと、リスドォルとか使ったりね。。。
麺になる前の粉の状態を見極めるのに、やっぱりちょっとしたコツがいるなあと思いました。
そして、このヌードルメーカーと相性のいい粉や、当然のことながらパスタに向く粉を用意するとかね。
そんなこんなで、結局粉を数種類取り寄せました。

来月の教室ではじゃが芋のニョッキを作りますが、その粉も今回購入の00粉を使います。
そしてデモンストレーションで、このヌードルメーカーで何かパスタを作ろうと思っているのですが、
ロングパスタがいいか、マカロニがいいか、あるいはミニラザニアみたいなのがいいか、迷い中です。
どれも楽しそうだから(笑)。
粉の配合もまだ色々試してみようと思っています。

そうそう、ラーメン用の粉も買ったのです♡
これも試すのがすっごく楽しみです^^






ひらめき10月のお教室 - イタリアンランチの献立


20170920料理教室メニュー.jpg


*じゃが芋のニョッキ
*サーモンとアボカドのタルタル
*豆腐のチーズ焼き
*バナナのソテー(デザート)です。
*その他にヌードルメーカーでパスタを作り(デモンストレーション)、豆腐のチーズ焼きで使ったミートソースを添えたものもの試食して頂く予定です。

【開催日】2〜4名様で開催いたします。10時半〜13時半  
13日(金)  … 残2名様
14日(土)  … 残2名様
21日(土)  … 満席
22日(日)  … 残3名様
28日(土)※追加日  … 満席


*教室へのお問合せ、お申込はHPのお問合せフォームよりお願いいたします。

万が一お問合せフォームでお送りくださったのに丸一日たってもこちらからご連絡がない場合は、大変恐れ入りますがブログの最新記事にその旨コメント欄にお残しください。
その場合、メールアドレスを記入する欄がありますので、そちらにアドレスを書いてください(ここには掲載されません)。

ブログやHPに教室の案内を掲載する前に、これまで教室のご参加くださったかた、また事前にメールアドレスを登録いただいた方にご案内をお送りしています。
お教室への具体的な参加予定がまだないかたでも、今後早めに日程等をお知りになりたいかたは上記フォームよりご連絡ください。







************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 09:08 | パスタ | comments(0) | - |
トマトと卵のパスタ、ほかパスタふたつ
20170802トマトと卵のパスタ-2.jpg


きゅうりや茄子、ピーマンはどんどこ採れるのに、遅々として色づかなかったトマトが
ここのところ、少しずつ色がついてきました。
そんな中、大事件が起きました(×_×;)、、、が、それについてはまた別に書こうと思います。

トマトはなるべく水分が少ないほうが甘みがのって美味しくなるとはよく言われることで、
わたしが借りている畑でも、トマトは屋根というか、カバーで雨よけをしているかたが何人かいらっしゃいます。
でも、大型のトマトじゃなければまあ大丈夫でしょうということですし、
ウチはそもそもどうやってカバーを取付けたらいいのかもわからない素人ですので
今年はとりあえずお試し(?)で、屋根無しで作っています。
なかなか梅雨が明けず(やっと昨日明けました)、雨ばかりで心配は心配だったのですが、
色づいたところからちょこちょこと収穫できるのは楽しいものです^^

そんなわけで、ようやく我が家産トマトが食卓に上るようになってきました。
味はこれから甘みが増してくるのか、、「わー、甘い〜♡」というのには当たっていませんが^^;
加熱調理をする分には全く問題なく美味しくいただけています。

というわけで、我が屋産トマトの簡単なパスタです(*´ー`*)。


【材料】2人分
パスタ … 200gくらい
トマト … お好きな分量で(ミニトマト、ミディトマトなど適当に合わせて)
にんにく … ひとかけ
卵 … 3個
パルミジャーノ(粉) … 大さじ3
塩麹(ペースト) … 小さじ1弱
黒胡椒 … 適量
バジル … あれば少々
オリーブオイル … 適量

【作り方】
トマトは1.5〜2センチ角くらいに切ります。
ニンニクは潰します。
フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れて弱火にかけ、ふつふつとしてきたらトマトを加え火を強めます。
煮立ったら弱火にして煮込み、途中パスタの茹で汁を適宜加えます。
塩麹を加え、標準茹で時間より少し短めに茹でたパスタを茹で汁少々とともに入れて
パスタにスープを吸わせるようにざっくり混ぜながら加熱します。
パスタがほどよい固さになったら、溶き卵とパルミジャーノを加えてざっと混ぜて火を止めます。
器に盛り、黒胡椒を挽き、あればバジルを添えます。


20170802トマトと卵のパスタ.jpg


卵とチーズを加えてからはちゃちゃっとしてください。
器に盛り浸けてからも余熱が入りますので、フライパンの中でちょうどよくしちゃうと卵が固くなってしまいます。
お好みでベーコンなどを加えてもいいですね^^
ウチはパルミジャーノは、粉状の大容量の袋詰めのをまとめ買いして冷凍してあるのでバサバサ使いますが
いわゆるパルメザンチーズとして売られているもの(筒状の容器に入っている)は量も少なくお高いですよね。
で、値段の問題だけじゃなく、色々な理由で2人分に大さじ3も使いたくない、ということもあるでしょう^^;
その場合は、盛りつけてからお好みの量を振りかけるでいいのですが、
卵を加える少し前に煮汁ではなく、牛乳を少し加えるとコクがプラスされて美味しいと思います。



そんなパターンのパスタがこちらです^^


20170714カリフラワーのクリームパスタ.jpg


20日ほど前のものになりますが、カリフラワー入りパスタです。
ミニサイズのカリフラワーがまとまって採れちゃった時に作りました。
(同時期に種を撒き、植え付ければほぼ同時に収穫期を迎えるのは当然なのですが)
採れたて新鮮だからさっと茹でで、と夜に出したら、夫から「固い」とクレームがあって引っ込めたものを
翌日の昼ご飯のパスタ利用しました。

この時は出来たばかりのベーコンも使いました。
ベーコンとカリフラワーを炒めて、その後水を加えてカリフラワーが柔らかくなりまで加熱します。
パスタに入れるカリフラワーはグズグズに柔らかいのがいいと思います。
崩しながらソースになるようなイメージです。
これはパスタを加えてから牛乳(だったと思いますが、生クリームだったかも?)を加えて煮詰め仕上げています。
そして器に盛ってからイタリアンパセリと、パルミジャーノと黒胡椒。


20170714カリフラワーのクリームパスタ-2.jpg


ちょっと作り方は違いますが、カリフラワーやブロッコリーは
最初からパスタと一緒の鍋に入れてひとつ鍋で煮る方法でも美味しくできて、わたしは好きです^^
その時はソーセージや鶏肉などを一緒に入れることが多いです。



最後にもうひとつ。
これも少し前のものになりますが。。。


20170727ラタトゥイユのパスタ.jpg


夏野菜の煮込み(先日ラタトゥイユがどう、カポナータがどうとか書いたあたりで作った「ラタトゥイユ」のほう(笑))の残りを利用したパスタ。
夏場、夏野菜の煮込みはしょっちゅう作りますが、多めに出来てしまいがちで、残りがち。
そんな時は、パスタにしてしまうとあっという間に整理できます(笑)。

鶏ハムやソーセージや、ツナや何かしらタンパク質系を加えてもいいのですが
そういう適当なものがない場合は、やはりチーズを頼ります。
パルミジャーノも勿論美味しいですが、この時はシュレッドタイプのチーズを加えています。
温めたラタトゥイユの鍋に茹でたパスタを加えたら、そこにチーズを加えて少し加熱。
チーズがとろりと溶けたところで器に盛ります。
最近このパターンも気に入っています^^






昨日の収穫物。
定点観測です(笑)。
とはいえ、定点観測もだんだん飽きてきて(`m´#)、ちょっとよさげなパターンの時だけになっています。
昨日のポイントは、結構トマトが採れたこと、ミョウガが採れ始めたこと、
夫が種を撒いた向日葵を持ち帰ること、採っても採ってもワサワサしてくるバジルをしつこく採ったことなど。

あ、あと、紫パプリカ(黒っぽいけど)が結構採れています。
種から苦労して育てたものなので、嬉しいは嬉しいのですけれども、、、
誤算がひとつあって、加熱すると緑色になっちゃうんですね〜〜〜〜〜〜〜llllll(-ω-;)llllll
しかも、もう少し熟してから採るべきなのか、実が薄くて(ピーマンくらい)
生食にしてもちょっと味に甘みがなくて。
これはーーー。

紫パプリカのわき、カゴの外側になるのはピーマンではなくまだ色づいていないパプリカです。
これも種から育てたものですが、何色になるのかは不明です。
実がつきすぎているので、ちょっと間引きました。

あ。もうひとつ大事なポイントが。
きゅうりがありません(爆)。
ここのところ、本当〜〜〜に毎日毎日毎日、きゅうりが複数本採れて、どうしたものかと途方にくれていたのですが
昨日だけは採り頃のきゅうりがありませんでした。
でも、今日になればあるってことですが(汗)。


ももがお腹を壊しています。
いつも通り、超がつくほど元気で食欲がありますが、困っています。
病院に連れて行こうと思います。
皆さまも、ペットのわんちゃん、猫ちゃんも、体調の管理にはお気をつけください!









************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************






posted by ゆりり | 07:53 | パスタ | comments(0) | - |
アボカドクリームパスタ
20170626アボカドクリームパスタ-2.jpg


いよいよ明後日からスタートする二人展「料理が微笑む器たち」に向けて、明日、東京へ向かいます。
明日は搬入・展示の作業となります。
基本料理をしない夫を残して、まるっと一週間留守にしますので、
生ものや生野菜などは極力消費し切っていこうと思っているのですが、
そんな中で生まれた、本日のお昼のパスタです^^

人間、追いつめられる(?)と、普段は思いつかないことを思いついたり
ヤケクソで度胸がついて思い切りのよい料理ができるようです(笑)。
冷蔵庫の前で暫くうろついて作ったパスタが思いのほか美味しかったので備忘録に。
きっと、ありふれたものだろうとは思うのですが(*`艸´)。


【材料】2人分
パスタ … 200g
スモークサーモン … 50gくらい
アボカド … 2個
ミニトマト … 20個くらい
生クリーム(乳脂肪分35%) … 200ml
ディル … 少々
塩レモンペースト … 大さじ1/2
黒胡椒 … 適量

【作り方】
アボカドは縦半分に切れ目を入れて割り、種を取り除き皮を剥いて中身をくり抜きます。
生クリームを入れたボウルのさいの目に切ったアボカドと塩レモンペーストを加えてフォークなどで粗く潰します。【A】
少し深さのあるフライパンに【A】を入れて火にかけ、煮たって少し煮詰まったらパスタの茹で汁を1/2カップとヘタを取ったミニトマトを加えます。
標準茹で時間より1〜2分早めにあげたパスタを鍋に加え、スモークサーモンを加えて全体を和えます。
器に盛り、あればディルを散らし、黒胡椒を挽きます。


20170626アボカドクリームパスタ.jpg


ミニトマトを加えたのは、冷蔵庫にあったから(笑)。
普通は生クリーム1パックも入れないと思うし、2人分でアボカドは1個でもいいでしょうという感じですが
何しろ、使いきりを目指して作ったので(笑)。
とても濃厚で、美味しかったですよ^^

いつもの我が家だったら、生クリームは常備していないので牛乳か豆乳にするでしょうね。
そして、コクを出すために、パルミジャーノと、気が向けば卵黄も、でしょうか。
(なぜ生クリームがあったのか(しかも賞味期限切れ(`m´#))は次回の記事で。
 iPhoneからブログがUPできるかどうか不明ですが)

味付けは基本的に塩レモン、それとパスタの茹で汁の塩気です。
あっという間にできて、リッチな雰囲気のパスタになりました。
アボカドもギリギリセーフですごくいい感じの熟し具合で、それもラッキーでした^^



それではみなさま、会場でお会いいたしましょう♡


DM-写真面-OL化-webサイズ.jpg

DM?宛名面-OL化-webサイズ.jpg






************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 22:23 | パスタ | - | - |
自家製ツナで今シーズン初の冷製パスタ
20170522自家製ツナの冷製パスタ-2.jpg



昨日の明け方より体調を崩しております。
下痢嘔吐発熱、、という、流行のウィルス性の腸炎のようです。
昨日は丸々一日ベッドからほぼ動けず(でもお手洗いは行かねばならぬ)でした。
今日もまだ熱はあるのですが、高熱ということでもなく7度台半ばをキープという感じです。
どうなんでしょうね。
わたしは7度を過ぎると結構ダルダルな感じになってしまうのですが、、そのくらい熱のうちには入らないのかな。

というわけで、昨日から今にいたるまで固形物は口にしておりません(×_×;)。
一応スポーツ飲料や水、トマトジュースなどを飲んでしのいでおります。。。
ご飯が食べられない、作る気も起きないというのは、ほんとうに情けないものです。

さて。
このパスタですが、数日前の暑い日のお昼ご飯に、畑仕事から戻ってきて作りました。
今シーズン初の冷製パスタです。
野菜がたっぷりのサラダ仕立てです。

作り方はとてもざっくりです^^
2人分の見当です。

クレソンを結構山盛りで、太い茎は取り除きます。
ミニトマトは10個くらい小さめに切ります。
スナップ豌豆は茹でて、縦に半分に割ります。

茹でたパスタを氷水に取り、十分冷やしたらザル等にあげて水気を切ってから更にキッチンペーパーで水を押さえます。
それをボウルに入れて、オリーブオイルを適量回しかけて全体に馴染ませます。
クレソンとミニトマトを加えてさっくり混ぜ、白バルサミコ酢(お好みのお酢)と塩レモンを加えて和えます。
味をみて塩気が足りなければ塩少々で整えます。
器に盛り、自家製のツナをトッピングして、スナップ豌豆も飾ります。

黒胡椒を挽き、お好みでオリーブオイル少々を回しかけます。


20170522自家製ツナの冷製パスタ.jpg


パスタを茹でる時にいつもより多めの塩を加えるとよいと思います。
それでも味をみて塩が足りなければお好みの味になるよう塩をしてくださいね^^
塩レモンがない場合も、レモン汁を絞り、塩で調味してみてください。

葉っぱ類はクレソンじゃなくても、お好みのサラダに使う葉っぱならなんでもOKです♫
さっぱりして美味しいですよ^^
自家製のツナは4月の教室で作ってから、なんとなくほぼ切らさずにストックしています。
今の作り方がいいみたいですね(^-^)。



今夜の晩ご飯は、夫にレトルトのお粥を買ってきてもらうことになっています。
あーあ。
ほんと、参りましたllllll(-ω-;)llllll






ひらめき6月のお教室 - ラップサンドの献立

*ラップサンド(3種の予定)
*ボリュームサラダ
*季節野菜のスープ または スムージー  

 
ラップサンドは市販のトリティーヤの皮を使って、タイプの違う具材を3種、包もうと思います。
基本的には野菜たっぷり、でもボリュームもあって食べ応えのあるものを考えています。


【開催日】2〜5名様で開催いたします。 
9日(金) … 中止 
10(土) … 満席
17日(土) … 残2名さま
18日(日) … 満席 



*教室へのお問合せ、お申込はHPのお問合せフォームよりお願いいたします。

万が一お問合せフォームでお送りくださったのに丸一日たってもこちらからご連絡がない場合は、大変恐れ入りますがブログの最新記事にその旨コメント欄にお残しください。
その場合、メールアドレスを記入する欄がありますので、そちらにアドレスを書いてください(ここには掲載されません)。

ブログやHPに教室の案内を掲載する前日に、これまで教室のご参加くださったかた、また事前にメールアドレスを登録いただいた方にご案内をお送りしています。
お教室への具体的な参加予定がまだないかたでも、今後早めに日程等をお知りになりたいかたは上記フォームよりご連絡ください。




DM-写真面-OL化-webサイズ.jpg


DMをお申込みくださったみなさま、ありがとうございます。
これまでお申込みいただいたみなさまには、DM発送済みです。
また、ご連絡いただいたみなさまにはこちらからメールのお返事も差し上げていますが、
数日たってもメールもDMも届かないということがありましたら、
恐れ入りますが、最新のブログ記事にその旨コメントくださいね。
本名を書く必要はありません。
またメールアドレスは本文ではなく、コメントを書く時にある欄に御記入くださいね^^

引き続き、DMのお申込み、受け付けております♪
お申込はHPのお問合せフォームよりお願いいたします。





************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************
posted by ゆりり | 16:37 | パスタ | comments(0) | - |
カリフラワーのポットパスタ 〜 ユニロイの鍋で
20161207カリフラワーのワンポットパスタ-2.jpg


パスタばっかり記事にしていてすみません。
何かとバタバタな師走です^^;
今回のパスタは最近とても使用頻度の高いユニロイの鍋を使っています。
先月の教室ではロールキャベツを煮込むのにも使用したのですが、生徒さんたちもみなさん興味津々でした。
すでにユニロイのことを知っていて、実物を見てみたかったとおっしゃるかたも何人かいらっしゃいました。
とりあえず持ってみて、と言うと、みなさんその軽さにびっくりします。
ロールキャベツも、時間が短かったのにしっかり柔らかく美味しく煮えていました。
欲しいという声を何人かのかたからいただき、実はわたしもサイズ違いの白いのが欲しいなあと思ったりしています(*´m`*)。


そんなわけで出番が多いユニロイのお鍋で作ったワンポットパスタは、カリフラワーを丸1個使い切り、
その分パスタは減らしてちょっとだけ健康的なイメージで(笑)。


【材料】2人分
ショートパスタ … 120g
鶏もも肉 … 1枚
アンチョビフィレ … 6枚くらい
カリフラワー … 1個
ブラックオリーブ … 種を抜いてカットしたもの 1/3カップくらい
オリーブオイル … 適量
黒胡椒 … 適宜

【作り方】
鶏もも肉は一口大に切り軽く塩胡椒をします(分量外)。
鍋にオリーブオイルと鶏肉を入れて弱火にかけ、肉が色づくまで炒めます。
一口大に切ったカリフラワーとアンチョビ、オリーブを加えて炒め合わせ、ひたひたの水を注ぎます。
煮立つまで火を強め、煮立ったら蓋をして弱火で20分程度煮込みます。
水分が多過ぎるようなら蓋を取って火を強め、水分を飛ばします。
黒胡椒を挽きます。


20161207カリフラワーのワンポットパスタ.jpg


味付けは基本的にアンチョビとオリーブの塩気ですが、足りなければ少し塩をしてください。
あとはパルミジャーノをふりかけてもいいかなと思います。
このパスタはクタクタに煮るのが美味しいと思うんですけど、そのあたりはお好みで^^


20161207カリフラワーのワンポットパスタ-3.jpg


食べる時にカリフラワーを潰しながらソースのようにして絡めて食べるのがおすすめです。

トップと同じような写真ですが、お皿が違います(´◡`๑)。
これらのお気に入りのアンティークのお皿は、食卓脇の飾り棚に置いているのですが、
先日の福島沖の地震の時、このあたりは震度5弱あって、大きな被害がなかったのは本当に幸いでした。
その後、見た目的にちょっと、、と思ってしていなかった、棚を固定するつっぱり棒をつけました。
器やグラス類は、使っていて割れてしまうこともありますが、それはそれで仕方ない、
でも、地震などで壊れるのは残念です。
少しの注意でそれが避けられるのであればそうしなきゃなあと思った次第です。
それと、大事なお皿も使ってナンボだなあと思ったり^^

この黒マットのユニロイのお鍋が気に入っている点が、機能面以外にひとつあるのですが
それはこの風合いというか、質感、風情です。
モダンでありながらちょっとクラシカルな雰囲気が、食卓に乗せた時に古い器とも違和感がなく同居します。

ただ、鍋肌に琺瑯や金属のお玉やスプーンが当たった時にザリっとするのが少し気になるので
当たりの柔らかい木製のものを使うのがいいかなと思います。



オマケ。




鶏牛蒡おこわ。
もち米だけで、もっちりと。
ご飯は無水鍋の3合炊きの炊飯専用のものを使っているのですが、3合の炊き込みご飯は無理なのです。
このお鍋だと、ちょうどよい感じです^^



☆お鍋をご提供くださった「CRAFT」さまのFBページです。
☆会社のHPはコチラ









************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 13:34 | パスタ | comments(0) | - |
ミートボールスパゲティ
20161128ミートボールスパゲッティ-3.jpg


パスタではなくてスパゲティ。
なんででしょうね、懐かしい雰囲気のものはパスタといいたくない(笑)。
ナポリタンパスタとかね(*´m`*)。

これは近所のピッツェリアのご家族が遊びに来てくれた時に、もうすぐ3歳になるお嬢ちゃんのために作りました。
・・・彼女は結局ほかのおかずでお腹いっぱいになってしまって、お父さんとお母さんが食べてくれたのですが^^;
イタリアンの専門家にすごく美味しいと言ってもらったので(^m^)、レシピの覚え書きを♪

ナポリタンもそうですが、こういうのはちょっとコテっとした、、というか、
しっかりした味付けが美味しいですよね。


【材料】作りやすい分量
*ミートボール
 牛ひき肉 … 350g
  ※塩 … 3.5g(肉の1%)
 玉ねぎ … 1/2個
 パン粉 … 15g
 牛乳 … パン粉をしとらせるくらい(30g程度)
 ナツメグ … 少々
 胡椒 … 少々

*トマトソース
 玉ねぎ … 1/2個
 マッシュルーム … 5〜6個
 トマト水煮パック … 1個
 ケチャップ … 大さじ2
 白ワイン … 大さじ2
 スープ … 300ml ※水にコンソメを溶いたもの
 塩麹(ペースト) … 大さじ1〜
 塩 … 少々
 オリーブオイル … 適量

パルミジャーノ … 好みで適量

パスタ … 1人分につき90〜100g程度

【作り方】
*ミートボール
玉ねぎはみじん切りにしてバターでしんなりするまで炒め、冷ましておきます。
パン粉は牛乳でしとらせておきます。
ひき肉に、塩、胡椒、ナツメグを加えて粘りがでるまで混ぜ、玉ねぎ、パン粉を加えてさらによく混ぜます。
直径3センチ程度の球形に丸めます(16個前後)。
フライパンなどで表面が色づくまで転がしながら焼きます。
 ※今回は形をまん丸にしたかったのでBRUNOのコンパクトホットプレートのたこ焼きプレートで焼いています。
 ※手にオリーブオイルを薄くぬり(分量外)ひき肉を丸めたらプレートの穴にそのまま入れます。
 ※LOW〜MEDIUMの間、低めの温度設定で転がしながら焼き色を付けています。

*トマトソース
玉ねぎは3ミリ程度の薄切りにします。
マッシュルームは1個を縦に5〜6枚に切ります。
鍋にオリーブオイルと玉ねぎを入れて弱火で炒め、玉ねぎがしんなりしてきたらマッシュルームを加えて更に炒めます。
白ワインを加えてさっと炒め合わせてアルコールを飛ばし、トマトの水煮とケチャップ、スープを加えます。

トマトソースにミートボールを加えて、ミートボールに火が通るまで煮込みます。
塩麹を加えて調味し、味をみて塩気が足りなければ塩で整えます。


フライパンにトマトソースを適量取り分け、分量のパスタを指定の茹で時間より1分ほど早くあげて加え、
パスタにソースを絡めるようにして加熱します。
皿に盛り、ミートボールとソースをかけ、好みでパルミジャーノを振りかけます。






ミートボールはこんな感じで。
普段はフライパンで転がしていますが、どうしてもまん丸にはなりません。
この時は可愛く丸くしたかったので( ´艸`)、たこ焼きプレートを使いました。
数がどうにもハンパですみません。





ケチャップを使ったのは、11月の教室メニューで使ったものが残っていたから。
普段は使いません、、ってことは、なくてもいいのです(`m´#)。。。
まあ、このあたりはお好みですね〜。
ウスターソースなんかを隠し味に使ってもいいですよね。


20161128ミートボールスパゲッティ-2.jpg


ミートボールやハンバーグは、合い挽き肉でも全然OKなんですが、
やはり牛肉で作るとちょっと味わいが違いますね。
独特の肉の旨味というのか甘みがあって美味しいです。
何度も書いているかもしれないですが、わたしはこちらに越してきてからミンサーを使っています。
なのでひき肉は全部自家製です。
牛肉で作る時は、煮込み用のすね肉とか、安い輸入牛のステーキ用(ロースやらモモやら、あちこち)とか
見切り品の和牛の焼肉用とか。
薄切り肉はミンサーに向きませんが、ある程度厚みがあればたいてひき肉にできます。
あまりに脂身が多ければこそげ取り、でも、全くの赤身ばかりでは美味しさに欠け、、、
様子を見ながら、組み合わせて作ります。
だいたい全体量で1キロ以上の量を準備するといい感じに出来るように思います。
それを100gずつの小分けにして冷凍しておくのです。
豚肉もだいたい同じ感じです^^

豚肉や鶏肉に比べれば高いですが、それでも牛肉のなかでは安い部位でも十分美味しくできます^^
合い挽き肉も、自分でブレンドすれば牛豚を1:3とか、1:1とか、2:3とかその時々で決められます。
色んなキッチン用品がありますが、ミンサー(電動)はホント、我が家ではなくてはならないものになっています。

ひき肉を自家製にするようになったのは、
んーーーー、まあ、ウチの近所ではなかなか手頃な価格で買えるお肉に、
バリエーションっていうのか、選択肢が少ないってことがあったのですが、
結果ひき肉料理が増え、でもひき肉料理のおいしさにも目覚め(笑)、お財布にも優しい、と。
これはこれでよかったかもね、と思っているところです。
東京にいると、特別なお店じゃなくても近所のスーパーでごく普通に手に入るものの種類が多いです。
そのことはこちらに越してきて、本当〜〜〜に実感しています。
だけど、地方の生活は地方の生活で素敵なことも多いのです。
今はまだ「あれがない、これがない」と思うことばかりですが、
それでも日々、なんとなくほんわか楽しく暮らしております(*´m`*)。



おまけ。






自家製ツナのトマトソースパスタ。
こういうパスタは本当にあっという間にできちゃうので、お昼にはしょっちゅう出てきます。
でも美味しいので、ま、いっか?という感じ(`m´#)。








************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************

posted by ゆりり | 22:26 | パスタ | comments(0) | - |
秋鮭のクリームパスタ
20161117秋鮭のパスタ.jpg


今朝の地震にはかなりびっくりしました。
こちらに越してきてから、初めて経験する大きな地震でした。
我が家の収納、特に台所はほぼオープン(扉がない)なので、大きな被害がなくてほっとしました。
やはり地震対策はしておかなければならないなあと思った次第です。

さて、このパスタは先週の半ば、お昼ご飯用に作ったものです。
ウチはパスタが夜出てくることはほとんどないですが(笑)。
パスタはささっとできますが、食べるのもささっと終わってしまうので、つまらないんですよね(*´m`*)。
夜ならば、軽〜い白ワインを合わせてどうぞ♪


【材料】2人分
ロングパスタ … 180〜200g
秋鮭 … 2切れ
マッシュルーム … 10個くらい
ディル … あれば少々
牛乳 … 1カップ
薄力粉 … 大さじ1
バター … 大さじ1.5
塩 … 小さじ1/2

【作り方】
秋鮭は一切れを4〜5枚に切り、軽く塩胡椒をし(分量外)、フライパンにバターの半量とともに乗せ、
弱火で両面に焼き色がつくまで焼きます。
鮭をいったんフライパンから取り出し、3ミリで程度の薄切りにしたマッシュルームを弱火でバターで炒めます。
 ※バターが足りないようなら適宜足してください。
マッシュルームがしんなりしてきたら薄力粉を振り入れ、よく混ぜながら炒めます(弱火)。
マッシュルームがもったりしてきたら牛乳と鮭を加えて強火にします。
鮭に火が通り、とろみがついたら塩をし、標準茹で時間より1分ほど早く上げたパスタを加えて和えます。
 ※煮詰まりすぎたら、パスタの茹で汁を少々加えてください。
器に盛り、あればディルを散らし、黒胡椒を挽きます。


20161117秋鮭のパスタ-2.jpg


マッシュルームの変わりに、シメジ茸、舞茸などでも美味しくできますよ^^
茸はミックスしてもいいですね。
秋鮭の変わりにカジキマグロも美味しいです。


ところで、ディル、、、わたしの大好きなハーブのひとつなのですが、
好きでもこれは使い切れないよ〜というほど、今、旺盛に繁っています。
春先にはまず苗を買って植え、その後もっと欲しいなあと種から丁寧に育てたのですが、
気温の上昇とともにどんどこ大きく育ち、あっという間に花をつけ、
それはそれでいかにもディルっぽい風情で大変によろしい、ということではあったのですが
なにしろ、その成長の早さのあまり、それほど収穫できずに終わった感が強かったのです。
で、夏のものが終わった畑の一角に、春先に買って残っていたハーブの種をばらまいたんですね。
その中にディルもあったのですが、これがまあ、適当にばらまいたにも関わらず、よく育つんです。
背丈は伸びずに、柔らかい葉をみっしりと繁らせています。
もったいないので摘んでくるんですけど、それでますます増えるという^^;
これが望んでいたことではあったのですが、まあ、すごい。
(凄いと言えば、ルコラとコリアンダーもなんですけど)

それで、、、





ディルは冷凍保存ができるとどこかで見たので、やってみました。
左が凍っていて、右は冷凍する前です。
色も褪せず、そのままぱりっとしている感じ。





でも、取り出してちょっとたつと、へにゃんとしてしまいます。
それでも、味はしっかりディルの味がしますし、色も綺麗。
なので、今回のようなパスタのトッピングなんかにはあまり向きませんが、
マリネサラダやソースに加えたりするには全然問題ないのではないかと思います。

ディルは半耐寒性とのことですが、寒さが強まれば残念ながら枯れてしまうのかな?と思います。
その前にせっせと使い、冷凍もしておこうと思います^^







ひらめき12月のお教室 - 大根使い切りと冬野菜の献立

★12月は、申し訳ありませんが、これまで教室に参加してくださったかたのみ対象です。

★これまでご参加くださった皆さまに、本日改めてメールをお送りしています。
docomoをお使いの皆さまより、エラーが返ってきております。
本日お送りしたメールが届いていないかたは、恐れ入りますが今まで使っていたアドレスにご連絡ください。

docomoメールは、BCCでのメールを受信しない設定になっているようです。
ご連絡いただきましたら改めてメールをいたしますので、メールを受け取る設定にしていただければ幸いです。


 *鮭缶と大根の鍋
 *大根餅
 *柚子大根 または 蕪とあんぽ柿の和えもの
 *白菜、蕪など冬野菜を使った料理
 *菜飯


9日(金) … 残1名さま 
10(土) … 満席
11日(日) … 追加日:2名様以上のお申込があった場合開催します
18日(日) … 追加日:2名様以上のお申込があった場合開催します



*来年は1月、2月をお休みし、3月より再開予定です。

*教室へのお問合せはHPのお問合せフォームよりお願いいたします。

万が一お問合せフォームでお送りくださったのに丸一日たってもこちらからご連絡がない場合は、大変恐れ入りますがブログの最新記事にその旨コメント欄にお残しください。
その場合、メールアドレスを記入する欄がありますので、そちらにアドレスを書いてください(ここには掲載されません)。

ブログやHPに教室の案内を掲載する前日に、これまで教室のご参加くださったかた、また事前にメールアドレスを登録いただいた方にご案内をお送りしています。
お教室への具体的な参加予定がまだないかたでも、今後早めに日程等をお知りになりたいかたは上記フォームよりご連絡ください。







************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************



posted by ゆりり | 17:22 | パスタ | comments(2) | - |
秋刀魚とトマトのパスタ
20161028秋刀魚とトマトのパスタ-2.jpg


旬の秋刀魚を使ったパスタです。
夜のメインのおかずにするには少々物足りないな〜というこぶりな秋刀魚でも、
1尾100円を切れば、なんだか買わなきゃ損みたいな気持ちになります(*´m`*)。
それでお昼ご飯のパスタ用に購入しました。
小さな秋刀魚でもパスタに使えばちょっと贅沢なパスタに見えます(よね?)。


【材料】2人分
ロングパスタ … 200gくらい ※好みで増減してください
秋刀魚 … 2尾
プチトマト … 15個くらい
ニンニク … ひとかけ
唐辛子 … 2本
ディル … あればこのみで適量
塩麹(ペースト) … 小さじ1
オリーブオイル … 適量
塩・胡椒 … 少々

【作り方】
秋刀魚は3枚におろして半身を4〜5枚の斜め薄切りにして塩胡椒をし、オーブントースターなどで焼きます。
プチトマトはヘタをとって半分に切ります。
ニンニクは薄切りにします
唐辛子は辛いのが好きなら小口切りに、ほどほどなら半分に切ります。
フライパンにオリーブオイルとニンニク、唐辛子を入れて弱火にかけ香りがたってきたらトマトを加えます。
中火にしてトマトが少し煮崩れてきたら秋刀魚の半量を加えて塩麹を加えます。
標準茹で時間より1分ほど早くあげたパスタと、パスタの茹で汁少々を加え混ぜ合わせます。

器に盛り、残りの秋刀魚を乗せ、ディルを散らし、好みでオリーブオイル少々を回しかけます。


20161028秋刀魚とトマトのパスタ.jpg


秋刀魚は別に焼くのですが
フライパンで焼くより、あればオーブントースターやグリルで焼いたほうが香ばしく焼けて美味しいと思います^^

最初は秋刀魚だけのパスタにして、小葱を散らすか、ハーブを散らすか、と思っていたのですが
野菜室に一週間ほど前に買ったプチトマトがあったので加えました。
寒くなってくるとトマトを使ったサラダとかね、なんだかね食べなくなりますよね^^;
それでも安いと買っちゃうんですけどね^^;
この秋刀魚とトマトの組合わせは最高に美味しかったですが、あとは茸なんかもいいかもしれないですね。
茸のオイルマリネがあれば超簡単ですね(*´m`*)。
あとはキャベツなんかも合いそうです。
お醤油味にして、大葉を刻んでトッピングもいいですね♪


今日はえらく寒いです。
先ほどまで今月最後の教室をしていましたが、皆さんがお帰りになる時に玄関を開けたら
びゅうううううっっっっっと冷たい風が。
こちらはもう冬が目前、、というより、もう冬かな〜(◎_◎;) 。。。








ひらめき11月のお教室 - 懐かしの洋食の献立


 *ナポリタンスパゲティ
 *ロールキャベツ
 *りんご入りポテトコロッケ
 *南瓜のスープ


11日(金) … 満席 
12(土) … 満席
13日(日) … 追加日:満席
18日(金) … 残1名さま 
19日(土) … 残2名さま  
20日(日) … 追加日:満席
26日(土) … 追加日:残1名さま 
27日(日) … 追加日:満席  



*教室へのお問合せ、お申込はHPのお問合せフォームよりお願いいたします。

万が一お問合せフォームでお送りくださったのに丸一日たってもこちらからご連絡がない場合は、大変恐れ入りますがブログの最新記事にその旨コメント欄にお残しください。
その場合、メールアドレスを記入する欄がありますので、そちらにアドレスを書いてください(ここには掲載されません)。

ブログやHPに教室の案内を掲載する前日に、これまで教室のご参加くださったかた、また事前にメールアドレスを登録いただいた方にご案内をお送りしています。
お教室への具体的な参加予定がまだないかたでも、今後早めに日程等をお知りになりたいかたは上記フォームよりご連絡ください。

2名様以上のお申込で、ご相談の上、上記日程以外の日にレッスンを開講することが可能です。
詳しくはお問合せください。


きらきら教室の定員につきまして
これまで1名さまより最大4名さまとしてきましたが、曜日によるお申込人数のかたよりが多くなっております。
そのためメニューによっては最大5名さままで定員を増やすことにしました。
月ごとに、最大定員が4名さまか5名さまかをお知らせいたします。
こちらの決めた日程で最低1名さまから行うのは変わりありません。
ちなみに今月の定員は4名さまです。


よろしくお願いいたします。





************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 14:02 | パスタ | comments(0) | trackbacks(0) |
桃とモッツァレラの冷製パスタ
20160905桃、モッツァレラ、トマトの冷製パスタ-ig-4.jpg


桃が美味しいです。
しかもここでは桃は決して高級フルーツではないのが嬉しい♪
でもまあ、正直、一般的に言って果物は食材の中ではかなりの贅沢品だなあとは思いますが^^;
で、贅沢品であればこそ、普段の食事にデザートとしてではなく、料理の材料として使う、
そういうことでもあれば、桃を買う、他の果物を買う理由づけ(?)になるのではないでしょうか( • ̀ω•́ )✧

・・・そういえば、わたしが子どもの頃は桃は今より更に手頃な果物だったのでは?と思います。
記憶では一山百円とか、そんな感じですし(まあ大昔ですけど)、
ちょっとあたって色が変わってしまったりしてA級品ではなくなってしまった桃を
ご近所の農家さん(昔、実家の周囲には桃畑が広がっていたのです)が置いていってくれたり。
そういう桃がとても美味しくて。

そんな風に育って東京に出てみれば、桃はひとつひとつ丁寧に薄紙に包まれて
煌めくショーケースの中に鎮座しており、値段はと見れば、ひとつ四百円とか!?
まあ、驚いたのなんのって。
それで東京で暮らした30年あまり、東京のお店で桃を買ったことは数えるほどしかありませんでした。

今、こちらに戻って丸2年、去年一昨年とそれほど桃を買った記憶はありませんが、
なぜか今年は桃を切らさずにいます。
たくさんある桃の品種の何が美味しいのか、マーケットに行く度に貼ってある説明の票を見ています。
(さんざん見ても、帰って来る頃にはすっかり忘れているんですが(・ω・;))

地元で仲良くなったかたたちに「近所に美味しい桃農家はありませんか?」とか
「どんな品種の桃が美味しいんですか?」と聞くと、
う〜ん、と唸った挙げ句に「桃だったら『伊達』だね」と言われます。
伊達とは、桃の品種ではなく、地域です。
ウチのあたりからだと結構遠いんですね。
でも高速代を出して行ってもモトはとれるとか(笑)。
まあ〜〜〜、ウチ(夫)はそこまでして桃を食べたいとは思わない人ですから
やはり地元のマーケットで購入していますが。

でも、今回使った桃は実家から貰ったものなんですけど、これがかなり美味しくて。
母は昔なじみの八尾屋さんに頼んで買っているようなのですが、
もしかしたらこれが伊達の桃なのかも?と思っています。
母に聞いてもどうもその八尾屋さんの場所がいまいちはっきりしなくて^^;
でも、ちょっと探して話を聞いてみたい気がしています。


20160905桃、モッツァレラ、トマトの冷製パスタ-ig-5.jpg


あ。で。
桃のパスタです(*`艸´)。

前にも桃のパスタはご紹介しましたが、今回のものはモッツァレラを一緒に使っています。
「桃モッツァレラ」というのが一時流行ったそうですが、わたしはそのブームは知らないんです。
でも、桃とチーズって合いそうですよね^^

このパスタはちょっと華やかな感じがします?よね?
それでもしかしたら難しいと思われるかも?なのですが、実はとても簡単なんです。
そして美味しいです♡
とりあえず桃は十分に冷やしておいてくださいね(*´m`*)。

そのレシピなのですが、、、
今回、こちらのNadiaというサイトに登録してみましたので、恐縮ですがご興味ありましたら飛んでみてください^^
  →  ランチ  コチラ 

ちょっと実験的なのですが、レシピはレシピで見やすいフォーマットのあるところに書いていったほうがいいのかな?と。
そしてレシピ以外のグダグダはここに書くとか(`m´#)。。。

少しやってみてやっぱりここにもレシピがあったほうが(わたしにとっても)いいということになれば
両方にレシピを書くか、こちらだけに戻るか(笑)。
すみません、かってな迷いです^^;


このパスタの調味は基本的にオリーブオイル+塩レモン(レモン果汁も)です。
あとは黒胡椒にハチミツも少し。
桃が美味しいと、それだけでほぼ成功すると思います^^
あまり熟しすぎないものがおすすめです。

写真にはブルーベリーとかマイクロトマトとかありますが、こちらはなくてもOKです。
マイクロトマト、いよいよ畑のほうもプランターのほうも苗を抜き取りました。
最後の最後に収穫した分がなくなれば、今期のマイクロトマトもお終いです。
随分たくさん採れましたね〜。
ただものすごいジャングル状態になるので、来年の植え方は迷うところです^^;
一年も先の心配でした(笑)。









************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 09:08 | パスタ | comments(0) | trackbacks(0) |
桃とトマトの冷製パスタ
20160806桃とトマトのパスタ-2.jpg


このあたりも突然暑くなりました。
福島市はよく最高気温のトップ5くらいに入るのですが、このあたりはそれほどでもない、、、
それほどではなくても十分に暑いです。
そんな今日のお昼は桃とトマトの冷製パスタを作りました^^

昨日マーケットの買い出しから帰ってきたら、玄関にビニール袋に入った桃が♡
実は買い出しでは桃も買ってきていたのでした(*´m`*)。
でもいただいた桃はワッサーというこのあたりでは売られていない(と思われる)品種で黄色みが強いもの。
思いがけない2種類の桃天国にウキウキとして料理にも使うことにしました。
その第1弾がパスタです。


【材料】2人分
パスタ … 200g
桃 … 1個〜  ※今回は2種類の桃を使いました
トマト … 2〜3個 400gくらい
ミニトマト・マイクロトマト … 飾り用適宜
レモン … 1/2個
塩レモン(ペースト) … 大さじ1/2
ハチミツ … 小さじ1
レモン … 1/2個
塩 … 少々
白胡椒 … 少々
オリーブオイル … 適量
ハーブ類 … あれば好みのもの少々

【作り方】
ハチミツにレモンの絞り汁を加えてよく混ぜ合わせます。【A】
桃は皮をむいてくし形に切り【A】で和え、冷蔵庫で冷やします。
トマトは湯むきして5ミリ角くらいに切り、塩レモンで和えて冷蔵庫で冷やします。【B】
  ※味をみて塩が足りなければ適宜足します。
パスタを茹で、氷水にとって冷やしたら水を切り、キッチンペーパーでしっかり水気を押さえオリーブオイルを加えて混ぜます。
パスタに【B】を加えて和え、器に盛り桃を乗せます。
ミニとトマトなどを飾り、ハーブ(今回はレモンバーム)をちぎって散らし、ミントを乗せます。
白胡椒を挽き、オリーブオイル少々を回しかけます。


20160806桃とトマトのパスタ.jpg


桃やトマトの量はお好みで増減してくださいね。
桃もトマトもしっかり冷やしたほうが美味しいと思います。
ハーブはお好みなのでなくても大丈夫です^^
今回は庭でワサワサしているミントを使うつもりだったのですが、隣でこれまたワサワサしている葉っぱを
これもミントだっけ?と香りをかいでみたら、爽やかなレモンの香り。
あれ?レモンバームなんて植えてたっけな???と思いつつ、
なんだか得をした気分でレモンバームをメインに使うことにしました。
レモンや塩レモンも使っていることだしね^^
そして、その目論みは大成功だったと思います。
レモンバーム、あまり使ったことがなかったけど^^;、色々な料理に使えそうですね♪
そしてまあ、ミントにも敬意を表してトッピングしたという(笑)。
ミントも合いますしね。
あ、バジルも合うかも。


20160806桃とトマトのパスタ-4.jpg


最初は生ハムとかモッツァレラとかも加えようかと思っていたのですが、
桃とトマトだけで十分に満足感のある味になりました。
春から初夏にかけては苺を色々使いましたが、夏は桃かな。
実は桃、どうも食べごろがよくわからないというか、
固いのもイヤだし熟れすぎるとあっという間にぐずっとするし、でちょっと敬遠気味だったのですが
こういうパスタなどには少々固めのものがよく合うように思いました。


20160806桃とトマトのパスタ-7.jpg


桃、左が福島県では一番ポピュラーらしい「あかつき」、右が頂き物の「ワッサー」。
今回のあかつきは、ちょっといい値段の大粒のものを買ってみたのですが、、、
まだ固いというか^^; これだったらもうちょっとお安いのでよかったかな、と思ったりしているところです。
でもそれだからパスタに合ったのだと思うのですけど(笑)。
日持ちする品種ということなので、普通に食べるにはもう少し置くといい感じになるのかも。
どんな果物も、選びかたは難しいですね。
苺のときのように、ここなら間違いないという農園を見つけられるといいんですが。


ともかく、桃のパスタ、美味しかったのでまた絶対作ります♪
思い切り女子向きなビジュアルですが夫にもとても好評でしたし。
・・・っていうか、果物や甘いものに関しては、夫の嗜好はかなり女子的だったりするのです(*´▽`*)♪









************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 14:26 | パスタ | comments(0) | trackbacks(0) |