CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
2015年5月より、少人数制の料理教室もスタート♪
さつま芋のパイ
20171102さつま芋のパイ.jpg


さつま芋の収穫の季節となりましたね。
わたしは作っていませんが、お隣の畑のかた(ウチでは密かに「名人」と呼んでおります)から
沢山のさつま芋をおすそ分けでいただきました。
これはそんなにさつま芋をいただけるなんて思っていなかったので(笑)、つい買ってしまったさつま芋で作りました(^m^)。

パイシートは市販の冷凍のものを使っています。
以前教室でも使ったことがありますが、10センチ角で、粉とバターと塩だけでできていて
手軽で使いやすく、味もよいので気に入っているものです。
ハイ食材室というサイトで検索するとすぐに見つかります。
寒くなってくると、なんとなくこういうパイ生地のものが食べたくなります。

作り方はざっくりですが。。。

【材料】
冷凍パイシート(10センチ角) … 4枚
さつま芋 … 1/2本(150gくらい)
砂糖 … 大さじ1
卵黄 … 適量
塩 … ひとつまみ
ラム酒 … 好みで適量
黒胡麻 … 少々

【作り方】
さつま芋は1センチ厚くらいに切って皮をむき、サイコロ状に切って水にさらします。
水を切り、小鍋に入れてひたひたの水と砂糖、塩を加え、芋が柔らかくなり、水気がほぼなくなるまで煮ます。
 ※好みで煮上がる少し前にラム酒を加えます。
そのまま冷まします。

冷凍パイシートは扱いやすい柔らかさになるまで解凍します(今の季節なら常温で10分くらいかな)。
パイシートを三角に折り、底辺側から頂点に向けて幅8ミリ程度で、
頂点側を1センチほど残して切れ込みを入れます(両側)。
開いて、切れている角を対角線へ倒します(両側)。
パイシートの底にフォークで穴を開け、縁に卵黄に水少々を混ぜたものを塗ります。
  このくらいの分量だと卵黄が余ってしまいます(もちろん卵白も)。
  残った卵黄や卵白を卵焼きに入れるとか他の使い道がなければ、
  こんがりツヤっとした焼き色はつきませんが塗らなくてもいいと思います。
  わたしも塗ったり塗らなかったりです(*´ー`*)。

パイシートにじゃが芋を乗せ、250度に余熱したオーブンで5分ほど焼き、
パイが膨らんだら180度に落として15分焼きます。
さつま芋を煮た汁が残っていればハケで塗り、黒胡麻をぱらりとします。


20171102さつま芋のパイ-2.jpg


さつま芋が甘いので、お砂糖はこのくらいでいいかな?と思いますが、好みで増やしてもいいと思います。
朝ご飯や軽食に。
冷めても美味しいです^^
パイシートに包んでもいいですが、オープン型のほうがさつま芋をたっぷり食べられると思いますよ♪




ひらめき12月のお教室 - ハッシュドビーフの献立

*ハッシュドビーフ  ※ルウから作ります。
*ドフィノワーズ(じゃが芋のグラタン) ※簡単にできる方法で作ります。
*オープンパイ・サラダ仕立て ※冷凍パイシートを使います。

【開催日】2〜4名様で開催いたします。10時半〜13時半 
15日(金) … 満席 
16日(土) … 満席 
17日(日) … 満席

【レッスン代】 ¥5,000

開催予定日以外でご希望の場合はご相談ください。
 3名さまより開催いたします。
 2名さまの場合はお1人さま¥6,000となります。
   (※他のかたが入ってよろしければ人数が増えた場合¥5,000となります。)
 ※1日〜9日までと、27日以降はお受けできません。




*教室へのお問合せ、お申込はHPのお問合せフォームよりお願いいたします。

万が一お問合せフォームでお送りくださったのに丸一日たってもこちらからご連絡がない場合は、大変恐れ入りますがブログの最新記事にその旨コメント欄にお残しください。
その場合、メールアドレスを記入する欄がありますので、そちらにアドレスを書いてください(ここには掲載されません)。


 =========

さて、突然のお知らせとなりますが、この度、2015年5月より続けてまいりました
「たかはし ゆり料理教室」は、12月をもちましていったん終了することといたしました。
これまでご参加下さった皆さまには心より感謝申し上げます。

終了するのは、今の形で教室を続けていくことが難しいと感じるようになったからです。
違うスタイルで再開できるようであれば、また改めてスタートしたいと思います。
来春以降、食事会やワークショップ的な会など、もし何か単発でできるようであればご案内いたします。
それらのご案内をご希望のかたは、下記フォームよりご連絡ください。
 ※今まで教室のご案内を差し上げていた皆さまも、ご希望の場合は改めてその旨お知らせいただければ幸いです。
ハートお問合せフォーム

 =========





************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************
posted by ゆりり | 09:58 | キッシュ・タルト・パイ | comments(0) | - |
キッシュ、そしてパンたち
20150228キッシュ-2.jpg


これも作ったのは結構前のことなのですが^^;
このキッシュは00粉で作りました。
そのおかげかどうか、今までで一番サクサクっとした生地になりました。

生地の配合はこんな感じで落ち着いています。
 薄力粉 … 150g
 バター … 70g
 卵 … 全卵30〜35g ※残りは生地のから焼きの時に塗る用
 水 … 大さじ1〜2
 塩 … ひとつまみ

フードプロセッサでがーっと混ぜて、
ボソボソっとまとまってきたら取り出してラップに包み、半日〜1日冷蔵庫に寝かせます。


20150228キッシュ-4.jpg


この時の具材はパンチェッタ50gに、玉ねぎ1個、シュレッドタイプのチーズ適量です。
アパレイユはMサイズの卵1個に、牛乳と生クリーム50mlずつ、塩少々。


20150228キッシュ-3.jpg


いつも生地が中途半端に残ってしまうのを、
そのまま塩味とかにして焼いたりしていたのですが、それでもなんとなく食べなかったりするので
小さい型を買って、それで焼くことにしました。
なかなかよいです^^

具が足りなくなって、たまたまあったトリッパの煮込みを詰めてみました。
これが思いがけず美味しくて(^m^)。
こういうのもいいなあと思ったのでした。

キッシュは短期集中でかなりしつこく作って、すっかり慣れました^^
しつこさって大切ですね〜。


さて、、しつこいのは最近のパン作りについても。
本日作ったのはこちらのクロワッサンです。





クロワッサンは2度目なのですが、これも初挑戦から中一日での再チャレンジ。
ここにもしつこさが出ています(*´m`*)。
参考にしたレシピはコチラです。
時間がかかるのですが、本当に美味しくできて大満足です!
わたしはフードプロセッサで混ぜてある程度まとまったところで適当にまとめました。
(キッシュの時みたいに)


20150310りんごケーキとクロワッサン-9.jpg


さくさく、ほろほろ、中はしっとり。
これだったらもうクロワッサンはよそで買わなくていいなあという出来でした。
今、バターが手に入りにくいし高くなっていますけど、クロワッサンを買うことを考えたらね(笑)。





クロワッサンと一緒に写っている林檎のケーキは以前も作ったもの。
相変わらず砂糖はかなり控えめですが食事にはいいと思います♪


20150308クロワッサン.jpg


これは一昨日初挑戦したクロワッサン。
こちらはHBで普通にパンの生地を作ってます。
これはこれで美味しかったのですが(特に初挑戦だったので、その割によい出来だとw)
やはり今日作ったもののほうが格段に美味しかったです♡


20150308メロンパン-2.jpg

20150308メロンパン.jpg


これは夫のリクエストで作ったメロンパン。
クオカのレシピです。
味はよかったのですが、行程に多少難ありでした(わたし的に)。
もう少し要領よくできる方法を考えたいと思います^^;
あ。夫はこれを一気に3個、食べましたよー(・ω・;)。。。


20150307バタール.jpg

20150307バタール-2.jpg


これも初挑戦、バタールです。
写真だと結構ごまかせていますが、すごいクビレがあるのです。
思わず笑っちゃうような姿でした。

でもまあ、ちゃんと美味しかったです(*´m`*)。
夫はこのバタールが気に入ったようです。
中はフワフワで皮の部分も味がよいと。
夫は固いバゲットとか全然好きではないので、このくらいがいいようです。


20150306ロデブ.jpg

20150306ロデブ-2.jpg


これはバタールに雰囲気が似ていますがロデブです。
生地はHBで作っています。
バタールもロデブも高橋雅子さんのレシピです。
HBで生地を作るのですが一次発酵終了まで4時間かかるので、
ゆっくり発酵シリーズは基本的に家にいるわたしではありますがいつセットするか、結構迷います。


20150227カンパーニュ.jpg


これは母にもっていったカンパーニュ。
カンパーニュも最近わりとよく作っています。
クープの入れ方は相変わらずよくわかりません^^;
何度も練習できるわけではないのでしかたないですよねー。

それでもこうしてほぼ毎日粉をいじっていて思うのは「習うより慣れよ」ということです。
本当はきちんと習えたほうがいいに決ってるのですが
それが叶わないならば、ひたすら練習するしかないですよね。
消費が追いつかないのが困りモノではありますが。









ランチ 料理教室に伴う試食会のご案内 ランチ

料理教室を始めるお知らせをいたしましたが、試食会の日程が決っております。
 4月10日(金)・11日(土)・24日(金)・25日(土) 11時半〜13時半
 会費:2,000円
ご興味のある方はメールにお名前、ご住所、お電話番号を明記の上お問い合わせくださいませ。
 yuriritei★aol.jp
   (★を@に置き換えてください)

 ひらめき メールのエラーがあるようです。
 メールにお返事がない場合は、コメント欄にその旨お書き下さい。
 その際、メールアドレス記入欄にアドレスを記載してください。
 
よろしくお願いいたします(*´ー`*)。






************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************



posted by ゆりり | 17:01 | キッシュ・タルト・パイ | comments(2) | - |
ソーセージとじゃが芋のキッシュ、そのほか
20150201ソーセージとじゃが芋のキッシュ-2.jpg


バター、売ってないんですけど〜^^; みなさんのお宅のほうがいかがでしょうか。
これはなんとかキープした有塩バターで作りました(5日ほど前に)。
で、ついにネットで無塩バターを買うことに。。。
昨日届いたので、また夫に嫌がられながらキッシュを焼こうと思っていますが(笑)。

さて、これはジャーマンポテトのキッシュ版(?)みたいな感じです。
とりあえず新しく買った台で焼いてみて、そこに何を入れるかな?と家にあるもので作りました。


20150201ソーセージとじゃが芋のキッシュ.jpg


キッシュの台は小麦粉100g、有塩バター50g、卵40g(一応計ってみました)、水大さじ1くらいです。
中身は、じゃが芋3個、玉ねぎ小1個、ウィンナーソーセージ2本半、ピザ用チーズ適量。
玉ねぎは炒めて1/5〜1/6くらいのカサになったものを一番したに敷いています。
その上に、1センチ角くらいに切って茹でてこふきにしたじゃが芋とチーズを合わせて乗せ、
さらにウィンナーソーセージを半分の長さ、半分の厚みにしたものを並べました。
アパレイユは卵1個に牛乳100ml、塩少々、ですがかなり余っちゃいました^^;
(じゃが芋も少し余ったので、それとソーセージ、アパレイユをシリコンの小さい型に入れて一緒に焼きました。)


20150201ソーセージとじゃが芋のキッシュ-3.jpg


ソーセージはね、切り分けやすいかな?とこういう風に並べたんですけど、
食べるのには、あまりよくなかったかもですね^^;
ソーセージ、小さく切ったほうが食べやすいと思われます。
でも、キッシュにすると台所に転がっている素材がちょっとご馳走っぽくなる気がします。
夫も今回のはとても美味しいと言ってくれました(なぜか2日目の温め直したヤツを(爆)。




20150203牡蠣とポエムのパスタ-2.jpg


これは牡蠣のオイルマリネとポエムという名前で売られている菜の花に似た野菜で作ったパスタ。
夫から珍しく「最近パスタを食べていないなー。パスタ食べたいなー」とリクエストがあったので。
ポエムは菜の花のようなほろ苦さもなく、夫曰く「優しい味」だそうです^^
一束全部パスタに使って、野菜たっぷりすぎ(笑)。


20150203牡蠣とポエムのパスタ.jpg


いちごが美味しいのです。
マーケットに朝採れたてのものが届くからでしょうか、とても綺麗です。
わたし、こちらに来てから苺は洗わないで食べてます。
そもそも苺を洗うと、なんか、ものすごく水っぽくなって味が変わっちゃう気がしてイヤだったんです。
農薬とかホコリとか気にならないの?と思われるかもしれないけど、
昔は家の周囲の畑ではしょっちゅう消毒薬の噴霧をしていて、
遊びながらひゃーと言って口と鼻を押さえて逃げ回ったり、
そういう場所からそれほど離れてもいない場所でツツジの花を摘んで蜜を吸ってみたり、
庭木のグミの実を摘んでそのまま口に放り込んでいたりしたわけで(っていつの昔??)、
まあ、いいじゃない?って感じです。
あ、でも、お客さまにお出しすることがあれば、それは洗おうと思っています(希望を聞いてから(笑))。



20150201チーズケーキ.jpg


これはね、、、、、、、、、
とあるレシピを見て作ったチーズケーキです。
まあ〜〜〜〜〜、「あらまあ」的な出来ではあると思うんですが
(ホールをアップできなかった、ということから色々推察もしていただくとして)
夫はとりあえず、いつものごとく「これは旨い!最高!」と言って食べてくれました。
わたしも食べましたが、味はね、よかったですよー。
だって、、材料をちゃんと揃えたらそうそう不味くなる理由はないですもんねえ(*´m`*)。

まあ、次回はもっとちゃんできたものを、どうだ!ってドヤ顔でアップしたいものです。










************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************

posted by ゆりり | 14:18 | キッシュ・タルト・パイ | comments(0) | - |
苺のタルトと、チョコレートのタルト
20150128苺のタルト-2.jpg


わたしのブログをある程度長い期間見てくださっているかたは
わたしが甘いのが苦手だということをご存知で、
食べるのが苦手ということは、作るのも得意ではない(作らない)ということもご存知のことと思います。
にもかかわらず、わたしの夫が甘いもの好きで、
そのためにわたしもたまに努力して甘いものを作ってみている、、
という事実もご存知かと思います^^;

そんな感じの、今回の記事であります。


20150128苺のタルト-3.jpg


キッシュの生地に砂糖を加えて甘くするとタルトの生地になる、と。
そんなことは世の中の常識かもしれませんが、わたしの中ではぜーんぜん結びついていませんでした。
でも、「あ?そういうこと?」と思って、お砂糖を入れました、キッシュの生地に。
それを2つ焼いて、甘いもの2つ、作っちゃいました。


そのひとつが苺のタルト。
ファーマーズマーケットで美味しそうな苺が売られているのをずっと横目で見ていたので(*´m`*)。
大きい苺よりは小さいほうが可愛いよね、と小振りのを買ってきました。


20150128苺のタルト-4.jpg


カスタードクリームに生クリームをホイップしたものを加えたのを、タルトの台に敷いて、
そこへヘタを取った苺を並べました。
そのまま粉糖を振っておしまい♪にしようと思っていたのですが、
ネットで見ていたら、つや出しのためにナパージュというのをするらしい、と知り、
食品庫にゼラチンがあるはずだと探し出してやってみました。
(いや、、、正しいか、意味があったかどうかは別として(汗))。


20150128苺のタルト-5.jpg


生地がもう少しサクっとしていたらよかったなーとか、カスタードクリームのできがなーとか、
色々こまごまと思うところはあったのですが
とりあえずは一応ちゃんとお菓子っぽくできあがり、
夫が(いつものごとく)激賞してくれたし、丸1日で完食してくれたので
反省点は次回に活かすこととして、よしとしようと思います(*´m`*)。

あ、そういえば!
これ、ものすごくカットしにくかったんですよね。
苺もちょうどよい場所で切れるワケではなし、下のクリームは心もとないし、、、
切り口で半端に切られた苺が転げ落ちてくるし、、、
どうやったら綺麗に切れるの? というのが今回の最大の疑問点でした。

・・・でもまあ、、カットされたもののカッコが悪くても大勢に影響はないのかなあ。
苺が美味しければ半分以上はそれで救われますしね(爆)。




20150129チョコレートのタルト.jpg


さてこちらはチョコレートのタルト。
こちらの台はバターではなく植物油(太白胡麻油)を使っています。
そのせいなのか単なる焼き加減なのか、かなり固めでビスケットのような風情でした。

焼いてみたもののどうしようか?と思っていたところ
そういえばチョコレートタルトのレシピを見たような、と本棚を見て、発見。
ちょうどよい大きさだったので作ってみました。


がー。


20150129チョコレートのタルト-2.jpg


二層にした、下の層のチョコレートが固まりませんでした(汗)。
おっかしいなー、レシピ通りにしたハズなんだけど。。。


20150129チョコレートのタルト-3.jpg


飾りの雑さは置いといて(`m´#)、、、
チョコレート、こんなにトロトロのはずはないですよね(一晩冷蔵庫に入れてありました)。
どこかで何かを間違えたのか(わたしはお菓子は超初心者なので本を参考にした場合は結構忠実に作るのですが)。。。

だけど。
夫がまたもや、超絶旨い!と激賛するものですから(爆)、これはこれでまあいいかと^^;
(一口サイズの小さい型で作ったらいいんじゃない?とか)
ただ、多分本来はこんなに緩くちゃいけないと思うので
正解を求めてちょっと考えたり、教えを乞うたり、ですね( ´艸`)。

キッシュもトルテも、
ああしたらよかったのかも?とか、こうしたらいいのかも?と思うことはたくさんあって
それを検証するためにまたどんどん作っていきたいんですけど、
なにしろ作る速度に消費する速度が追いつかないと作っていけないのが辛いところです(・ω・;)。












************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************




posted by ゆりり | 21:43 | キッシュ・タルト・パイ | comments(0) | - |
豚挽肉と里芋のキッシュ 〜 キッシュ三連発♪
20150126豚挽肉・里芋のキッシュ-2.jpg


どんな料理でもこなしてしまう方も大勢いらっしゃるとは思いますが、
わたしは結構料理の中に苦手な分野があって、
それらはもう外で食べるか、買ってきましょうと決めています(*´m`*)。
で、その中のひとつに「粉もの」分野があります。
粉ものについては、苦手を少しでも減らしたいなーと簡単なパンを作ってみたり、パスタを作ってみたり、
まあちょこちょこと何かを作らないではなかったのですが、
キッシュは実は自力で作ったことはありませんでした。
夫には何度か作ったでしょ?と言われましたが、それは買ってきたか、妹と一緒に作ったものだったはず。
そんなわたしが突然キッシュを作りました。それはもう、唐突に。
2日間で3台作りました(爆)。


20150126豚挽肉・里芋のキッシュ.jpg


この挽肉と里芋のキッシュは、第3弾で作ったもの。
なんとなくキッシュってこうすればいいのかも???と、わかりかけてきたような。
型についてはまだちょっと試行錯誤中で、
自分が一番作りやすい方法や好きな感じになる分量が全く固まっていないので書きませんが
このキッシュはかなり美味しくできたので中身だけ、備忘録を兼ねご紹介します(*´ー`*)。

直径18センチで高さが5センチくらいの型で作っています。

【材料】
豚挽肉 … 200g
長葱 … 細め2本
里芋 … 5〜6個
万能ねぎ … あれば少々

白だし醤油 … 小さじ1くらい
味噌 … 小さじ2
砂糖 … 小さじ1
油 … 適量

*アパレイユ(すべてをよく混ぜ合わせる)
卵 … 1個
牛乳 … 100ml
塩 … ひとつまみ
味噌 … 小さじ1
パルメザンチーズ … 大さじ1

【作り方】
みじん切りにした長葱を油を敷いたフライパンで弱めの中火で炒めます。
長葱がしんなりしたら挽肉を加えて更に炒め、ぽろぽろしてきたら砂糖と味噌を加えます。
全体をよく炒め合わせ、冷ましておきます(余分な油が出たらキッチンペーパーで押さえておきます)。

里芋は皮を剥いて7ミリ程度の輪切りにし、塩をまぶして揉んだら水で洗いぬめりを取ります。
鍋に白だし醤油で薄目に味付けした水を入れ、里芋を柔らかくなるまで煮たら水分を捨て
軽く鍋の中で炒るようにして水気を飛ばします。

キッシュの台に挽肉を敷き詰め、その上に里芋を並べ入れ、
アパレイユを注ぎ入れたら180度に熱したオーブンで40分ほど焼きます。
焼き上がれば万能ねぎを散らします。


20150126豚挽肉・里芋のキッシュ-3.jpg


待ちきれずに型から外してすぐ切りましたが、
切るのはいったん冷まして挽肉部分がしまってからのほうが楽だと思います^^;
冷めたらラップせず電子レンジで温めるといいですね♪

生クリームを使わずあっさり目、でもパルメザンチーズを加えてコクを出しています。
それとはわからない程度にですが全体に味噌の風味を加えているので
ご飯のおかずにも違和感がないと思います。
牛乳ではなく豆乳にしてもいいでしょうね^^



さて、ここで最初に作ったキッシュをご紹介します。


20150124鮭・ほうれん草・舞茸のキッシュ-2.jpg


これは直径18センチで高さが2センチくらいの型で作っています。
具は刺身用サーモン、ほうれん草、舞茸。
イタリアンハーブミックスを多めに加えています。


20150124鮭・ほうれん草・舞茸のキッシュ-3.jpg


初トライで、全体にちょっと味付け(塩)を押さえすぎたかな?って感じでした^^;
でもまあ、食べられなくはない、そこそこイケるんじゃない?と思い、
食べながらすぐに次はどうしたらいいかと考えていました(笑)。

この時はアパレイユは牛乳と生クリームは50mlずつに卵1個、塩少々でした。



20150125塩麹鶏・じゃが芋・椎茸のキッシュ.jpg


これが第2弾で作った鶏肉とじゃが芋と椎茸のキッシュ。
じゃが芋は1.5センチ角くらいに切って茹で、塩少々を振ってかるくこふきにしました。
鶏肉は塩麹に漬けて冷凍してあったもので、1〜1.5センチ角くらいに切って炒め、
同じくらいの大きさに切った椎茸も加えて炒め合わせ、
そこにじゃが芋も加えてさっくり混ぜ合わせました。
これもイタリアンハーブミックスを加えています。

具材を型に詰め、アパレイユを注いで、180度で30〜35分くらい。


20150125塩麹鶏・じゃが芋・椎茸のキッシュ-2.jpg


1回目が塩気が足りなくて、寝ぼけた味だったので反省して塩を意識しました。
食べてすぐに、今度は塩辛くて失敗?と思いましたが
食べ進めていくと、そんなこともなくちょうどいいかもね?という結論に(笑)。
塩麹鶏の塩気に大分影響を受けるので、切れっ端を焼いて味をみて全体の塩を決めるといいと思いました。
この組合わせもかなり美味しいと思います^^


20150125塩麹鶏・じゃが芋・椎茸のキッシュ-3.jpg


立て続けにキッシュを作ってみて思ったのは、自由でいいんだなということ^^
型の作り方とレシピがまだイマイチあやふやで要研究ですが、とりあえずは形になり
そこまでいったら、あとはもうあるものの組合わせで作っちゃえばいいんだなーと。
ベーコンがなきゃ、とか、あのチーズがなきゃ、とか、生クリームがなきゃ、とか、、
あんまりあれこれ難しく考えないで。

一番注意すべきかなと思っているのは、具材の水分量のこと。
ぐじゅっとならないように。
それと、、、わたし、どうしても欲張りで(食い意地が張っている)
具材を詰め込み過ぎる傾向が強いんですねー。。。
そのあたりをもう少しオトナになって調整していければいいかなと(汗)。

いずれにしてもしばらくキッシュ作りにハマりそうな予感です。


さてさて。
この3つは塩っぽい台でしたが、実は甘い台を2つ、試作してあります。
明日はキッシュではなくタルトを作る予定です〜(`m´#)♪














************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************

posted by ゆりり | 17:42 | キッシュ・タルト・パイ | comments(0) | - |