CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Instagram
ストックフォト♪
こちらで写真の販売をさせていただいています。 時々更新しています。 よかったら覗いていみてください♪ 売りたい、買いたい!写真・イラスト素材 TAGSTOCK
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
2015年5月より、少人数制の料理教室もスタート♪
鶏のピリ辛餃子



餃子が止まらなくて^^;
市販の皮を使えばいいということに気持ちを切り替えてから(笑)。
わたしは今、ひき肉は自分で作ったものを使っているのですが、先日、市販のひき肉を久しぶりに買ってみました。
そうしたら、、、ひき肉の味がどうっていうよりも、、、
老眼のため、グラム数を見誤り、予定していたよりも30gほど少なかったのです。
おおよそ200gのひき肉の予定で1割以上減るわけで、野菜はその割に多いままだったので
(野菜を刻んでからひき肉の重さを知ったのです(T∇T) )
あまり肉を好まない夫にさえ、これはちょっと味気なさすぎじゃないか、と言われました。
そういうわけで、やっぱりひき肉は自分で作ったものを使おうと思ったのでした(`m´#)。

さてそんなものも含め、作った餃子はずっと豚肉だったのですが今回は鶏のひき肉を使ってみました。
青唐辛子を入れてピリ辛に♪


【材料】市販の小さめの餃子の皮40個分くらい
鶏ひき肉 … 200g
キャベツ … 1/4個くらい(250g)
大葉 … 20枚
青唐辛子 … 1本
生姜 … ひとかけ(親指の先くらい)
塩 … 2g
醤油 … 大さじ1
酒 … 大さじ1
胡麻油 … 大さじ1〜
黒酢 … 適量

【作り方】
キャベツと大葉と青唐辛子は粗みじんに切ります。
生姜はすりおろします。

鶏ひき肉に塩を加え、粘りがでるまでよく捏ねます。
醤油と酒を加え、その水分が感じられなくなるまでよく捏ねます。
生姜と青唐辛子を加えて混ぜ、続いてキャベツ、大葉を加えて全体が均一になるまで混ぜます。
冷蔵庫で30分程度寝かせます。

皮に包み、フライパンに並べていきます。
焼きたい数になったら餃子の1/3〜1/2の高さまで熱湯を入れて蓋をし、強火にかけます。
水分がなくなってフライパンの底面がチリチリ言い出したら周囲から胡麻油を垂らし全体に行き渡らせます。
弱火にして底面に焼き色がついたらフライパンに皿を被せてひっくり返して取り出します。
  ※フライ返しを側面から底にかけて入れて底の焼け具合を確認しつつ餃子をはがしておくと失敗しません。

黒酢を添えていただきます。


20160919鶏のピリ辛餃子-3.jpg


青唐辛子がピリピリっとして、生姜と大葉の風味も効いてとても美味しかったです^^
鶏肉でもさっぱりしすぎることがなくて、わたし的には大成功♪
タネのほうにお醤油でしっかり目の味をつけているので、食べる時は黒酢だけで十分でしたが、
お好みで物足りなければお醤油をたらしてもいいと思います。
唐辛子の量ですが、このくらいだとほんとにピリ辛ですが、もう1本増やすのは多過ぎる気がします。
あれ?辛いんだね、っていうくらいがこの餃子にはいいかなあ〜というのがわたしの個人的な好み。





餃子はこのブームが始まって以来(笑)ぎゅうぎゅう詰めにして焼いています。
これはまあ、好みの問題だと思いますので、好きな風にして焼いていただければと思います^^
だいたい20センチのフライパンで、皮の大きさにもよりますが18〜20個くらいでぎゅうぎゅうです(笑)。
皮によってはぎゅうぎゅうにすると、隣同士がくっついてはがしにくいのもありました。
市販の皮も色々使ってみたいです(・・・と言ってもこのあたりではそれほど種類がない^^;)
あとはまあ、やっぱり自分で皮を作りたくなってきてます(*´m`*)。
でも市販の皮が簡単でねー、、、悩むところです。

焼き餃子、ほんとは毎日でも作りたい(爆)。
中身を色々変えて、試したいんですが、、まあ、、夫がいるから(・ω・;)。。。
夫がサラリーマンの時代だったら、ウチで一緒に晩ご飯食べるのって週に1回か2回くらいだったから
多分毎日しつこくしつこく作っていたと思います。

でも今は毎日毎食夫と一緒なので(我慢して)週に2回くらいまでにしておこうと思います。
・・・結局1回に作るタネで2回分できるので、夜食べて、翌日の昼食べて、になるので、
週2=週4になっちゃうから(`m´#)。








ひらめき10月のお教室 - 鮭の炊き込みご飯の献立


 *鮭の炊き込みご飯
 *具沢山豚汁
 *南瓜のコロッケ
 *季節野菜の白和え

7日(金) … 残2名さま
8日(土) … 残1名さま
21日(金) … 残4名さま
22日(土) … 満席


*教室へのお問合せ、お申込はHPのお問合せフォームよりお願いいたします。

万が一お問合せフォームでお送りくださったのに丸一日たってもこちらからご連絡がない場合は、大変恐れ入りますがブログの最新記事にその旨コメント欄にお残しください。
その場合、メールアドレスを記入する欄がありますので、そちらにアドレスを書いてください(ここには掲載されません)。

ブログやHPに教室の案内を掲載する前日に、これまで教室のご参加くださったかた、また事前にメールアドレスを登録いただいた方にご案内をお送りしています。
お教室への具体的な参加予定がまだないかたでも、今後早めに日程等をお知りになりたいかたは上記フォームよりご連絡ください。

2名様以上のお申込で、ご相談の上、上記日程以外の日にレッスンを開講することが可能です。
詳しくはお問合せください。

よろしくお願いいたします。








************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 12:55 | 粉もの | comments(0) | trackbacks(0) |
キャベツとニラのシンプル餃子
20160907キャベツとニラの餃子.jpg


久しぶりの自宅で焼き餃子です。
(・・・作ったのはけっこう前のことなのですが、ブログの更新ができず(汗)。)

ウチは夫が水餃子派(?)なので、なかなか焼き餃子は作らないんです。
で、水餃子は皮から作らないといけない(ような気がする)ので結構気合が必要。
で、焼き餃子もやっぱり皮から作らないといけない(ような気がする)上に、
焼き餃子の皮はなんていうか、水餃子用よりちょっと難しい(気がする)んですよね。
で、もっぱら焼き餃子は外で食べる、でも、引越してきてからほとんどそういう機会がないんです。
うーん、お店が少ないんですよね。
つまり丸2年のうちに、数えるほどしか焼き餃子を食べていないのです。
でも実は! わたしは焼き餃子も好きなのでした。

そうしたら、お友達のさとみちゃん(今や超売れっ子でお友達なんて言うのもおこがましいのですが(・ω・;) )が料理を担当している
テレビドラマの「侠飯〜おとこめし〜」で焼き餃子を見てしまい。。。
それ以来、焼き餃子〜焼き餃子〜と頭から離れず^^;
それでね、番組では市販の餃子の皮を使って美味しそうに作っていたんですね。
そうかー、市販の皮を使えばいいじゃーんと。
焼売の皮は市販のものを迷わず使っているんだもの(笑)。

そういうワケで、今回も作るまでの説明が長かったですが、
具はひき肉とキャベツ、ニラのみのシンプルな焼き餃子のご紹介です^^


【材料】市販の餃子の皮 40枚分くらい
豚ひき肉 … 200g
キャベツ … 1/6個くらい(200g)
ニラ … 1把(80g)
塩 … 2.4g ※ひき肉の1.2%
砂糖 … 小さじ1
酒 … 大さじ1
醤油 … 小さじ1
胡麻油 … 大さじ1〜

【作り方】
キャベツは粗みじんに切ります。
ニラは5ミリくらいに切ります(あまり細かくしない)。
ひき肉に塩と砂糖を加えて粘りが出るまでよく混ぜます。
酒と醤油を加えて水分がなくなるまで捏ね、キャベツとニラを加えたら全体が均一になるように混ぜます。
タネを30分以上冷蔵庫で寝かせます。

餃子の皮にタネをヘラなどでぎゅっと押すように詰めて
皮の内側半分に指で水を塗ってひだを作りながらしっかり閉じ、フライパンに並べていきます。
 ※閉じ方はお好きな方法で。
 ※20センチのフライパンに、小さめの皮のものならぎゅっと詰めれば20個くらいまでは入ります。
  ぎゅうぎゅう詰めにするか、少しゆったり目に詰めるかはお好みで。

餃子が並んだら餃子の1/3〜半分が隠れるくらいの熱湯を注ぎ入れて蓋をし、中火にかけます。
そのまま6〜7分加熱し、水分がなくなってフライパンの底がパチパチと言い出したら
周囲から胡麻油を注ぎ入れ、フライパンを回して全体に油を回します。
火を弱めて底面にこんがりとした焼き色がつくまで焼きます。


20160907キャベツとニラの餃子-4.jpg


20160907キャベツとニラの餃子-3.jpg


野菜が多めで、皮も薄いのでさっぱりとしており、この量を老夫婦(`m´#)2人でペロリでした。
皮はカリッともちっと、具はしっとりと。
水餃子派の夫も、これは美味しいと言ってパクパク食べていました。
タレはごく普通にお酢(香酢)と醤油、辣油です。

焼き方ですが、以前は油で焼いてから蒸焼き、というやり方でしたが
今回のは、いつだったかテレビで見た方法を試してみました。
こちらのほうが断然楽で美味しいです^^
初めての方法はいつでもドキドキするものですが、これは熱湯を使うことを守れば失敗なしだと思います。

焼き餃子ってクセになりますね(笑)。
次はいつ作ろうか、虎視眈々とチャンスを狙っています(大げさ)。







************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 07:05 | 粉もの | comments(0) | trackbacks(0) |
茸のオイルマリネのケークサレ
20160320ケークサレ(再)-5.jpg


我が家の定番の常備菜、茸のオイルマリネでケークサレを作りました。
朝目覚めて、突然思いついたのです^^
思いがけず(笑)美味しかったので覚え書きです。


【材料】
薄力粉 … 100g
ベーキングパウダー … 小さじ1
パルミジャーノ(粉) … 80g
卵 … 2個
豆乳 … 100ml
太白胡麻油 … 70g
塩 … 少々

茸のオイルマリネ … 140g
ウィンナーソーセージ … 4本(約80g)

シュレッドチーズ … 適量

【作り方】
ソーセージは5ミリ厚くらいに切り、軽く炒め冷まします。

卵を溶き、豆乳を加えて混ぜます。塩ひとつまみ加えます。
油を少しずつ加えてよく混ぜます。
パルミジャーノを加えて、ダマがなくなるまで混ぜます。
薄力粉とベーキングパウダーを合わせて振るい入れ、粉っぽさがなくなるまでさっくりと混ぜます。
茸のオイルマリネとウィンナーソーセージを合わせたものを加えて、全体に混ぜます。

キッチンペーパーを敷いたパウンド型に流し入れ、180度に余熱したオーブンで45分焼きます。
 ※思いついて、20分くらい焼いたところでシュレッドタイプのチーズを乗せました。

焼き上がったら型から取り出してケーキクーラーなどに乗せ粗熱を取ります。


20160320ケークサレ(再).jpg


今回のケークサレは醤油麹バージョンです。
量はまあこのくらいかな?という感じで適当です^^
えのき茸は切りにいかもと考えて、なるべく入らないようにしました。

茸に味がついていますし、ソーセージにも塩気があり、またチーズの塩分もありますので
塩は加えなくてもいいかもしれません。


20160320ケークサレ(再)-3.jpg


焼きたてを粗熱が取れたかどうか、くらいで切りました。
切り口から湯気がほわっと上がっていい香りがし、断面もまあまあいい感じにできてよかったです^^
そしてとても美味しくできました。
出来ている茸のマリネを使うのであっという間にでき、おすすめです♪

途中でチーズを乗せたのは、ほんの思いつきです。
乗せなくても大丈夫(*´ー`*)♪
次はきんぴらごぼうでつくろうかな(*`艸´)♪








ひらめき4月のお教室 - 韓国風料理の献立


*チャプチェ(春雨の和えもの)
*ナムル盛り合わせ (その時の野菜の仕入れ状況で3〜4種類)
*トマトとレタスのスープ
*ご飯
*黒胡麻白玉団子


追加日:3日(日) … 残1名さま
8日(金) … 残2名さま
9日(土) … 残1名さま
22日(金) … 残2名さま
23日(土) … 満席


*教室へのお問合せ、お申込はHPのお問合せフォームよりお願いいたします。



*万が一お問合せフォームでお送りくださったのに丸一日たってもこちらからご連絡がない場合は、大変恐れ入りますがブログの最新記事にその旨コメント欄にお残しください。
その場合、メールアドレスを記入する欄がありますので、そちらにアドレスを書いてください(ここには掲載されません)。


*ブログやHPに教室の案内を掲載する前に、事前にメールアドレスを登録いただいた方にご案内をお送りしています。
今回お教室への参加がない場合も、今後早めに日程等をお知りになりたいかたは上記フォームよりご連絡ください。






************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************

posted by ゆりり | 10:00 | 粉もの | comments(0) | - |
粒あんとゴルゴンゾーラのケークサレ & 4月のお教室のお知らせ
20160307ケークサレ-3.jpg


ここのところあんこにちょっとハマり中というのを何度か書いていると思いますが、
薄味で炊いた粒あん、これがまあなかなか美味しくて( ´艸`)。
でもそうは言ってもあんこだけを食べるというのは、わたしにはまだハードルが高く、
和菓子だけでも飽きてしまうし、、というので作ってみたのがこちらです。
ケークサレ。
お砂糖を入れないパウンドケーキ(?)です。
これに粒あんを入れてみたらどうかな?と思ったのですが、それに合わせて塩気のあるものも入れたい、
何にしよう?何にしようとうんうん考えて、まあ冷凍庫に入ってるし、ということで
無難に(無難かな???)ゴルゴンゾーラを加えました。

覚え書きレシピです。


【材料】15センチ角の焼き型
薄力粉 … 100g
パルミジャーノ(すりおろしたもの) … 80g
卵(Lサイズ) … 2個
牛乳 … 100ml
油(太白胡麻油) … 70g
ベーキングパウダー … 小さじ1

粒あん … 120g
ゴルゴンゾーラ … 30g

【作り方】
卵を溶き、牛乳を加えてかき混ぜます。
油を少しずつ加え、油がよく馴染むようにしっかり混ぜます。
パルミジャーノを加え塊がないように混ぜます。
粒あんを加えて、粒あんがくっついているようならほぐしながらさっくりと混ぜます。
ゴルゴンゾーラをちぎりながら加え混ぜます。
薄力粉とペーキングパウダーをふるいながら加え、粉っぽさがなくなるまで捏ねないように混ぜます。
型に流しいれ、台にとんとんと軽く打ちつけます。
180度のオーブンで40分焼きます。
 ※真ん中に竹串をさし、何もついてこなければOK。
型から出して粗熱を取ります。


20160307ケークサレ.jpg


このあたりではグリュイエールチーズが手に入らないので(*´m`*)、パルミジャーノを使っています。
わたしが使っているパルミジャーノ、ゴルゴンゾーラともしっかりした塩気があるので塩は加えていません。

で、味ですが、、「粒あん入り」ということで甘さを期待されるかたもいらっしゃるかもしれないのですが、
それがほとんど甘さは感じず、ゴルゴンゾーラの個性のほうが強く出ていました^^
半日くらいおいたら、全体の味がしっくり馴染んでなかなか美味しくなりました。
完全に軽食、というかおつまみ系の味です(笑)。

市販の粒あん、普通の甘さの粒あんを使われた場合は、もっと甘みが出て
甘いとしょっぱいのバランスがよりよくなるかもしれませんね♪

甘いもの好きの夫には不評かと心配しましたが、「お、うまいね♪」と言ってくれました^^
でも、、、


20160310あんこのケークサレプレート.jpg


こんな風にさらに粒あんを添えたら、もっと受けました(爆)。
わたしも普通に美味しくいただきました。
ケークサレの塩気に甘さ控えめのあんこがとてもよく合います。


わたしのあんこですが、小豆の75%くらいの砂糖で作っています。
普通は1対1だと思います。
あまり砂糖を減らしすぎてもあんこらしさ、小豆の旨味が出ないように思いますので
このくらいが限度かな?と思っています。

作る時は多めにして、すぐに食べないぶんは冷凍してしまいます。
冷蔵庫に保存している分はなるべく早く食べるようにしていますが、気になるときは火入れをしています。
粒あんはわたしは少しとろりとしているのが好きなのですが、使い道によって水分を適宜飛ばしています。


20160306桜餅.jpg


こちらは初・桜餅です。
道明寺粉で作りました。
食紅を使ったのも実は初めてで、加減したつもりでしたが結構どぎつい色になってしまいました(汗)。
これに粒あんを入れたんですが、夫には「できればこしあんに、、、」と言われてしまいました(*`艸´)。

桜餅も作ってみればとても簡単で、母や夫にも喜ばれ、
自分で作れば甘さの調整もできるので、なんだかちょこちょことこんなものを作っています。




さて、3月も1/3を過ぎました。
いやに暖かい日があるかと思うと、また突然気温が15度も下がったりで身体がついていきません。
こんな気候でも、しっかり花粉は飛び始めているようで、毎年のことながら憂鬱な日々です。
でも、お教室でみなさんとお会いできると、その時だけは身体が張り切るのか(???)
若干花粉症の症状が軽くなる気がします(皆さんがお帰りになると途端に鼻水がダラーと出たりしますが(汗))。

ということで(*´m`*)、来月のお教室のご案内です。



ひらめき4月のお教室 - 韓国風料理の献立


*チャプチェ(春雨の炒め物)
*ナムル盛り合わせ (その時の野菜の仕入れ状況で3〜4種類)
*トマトとレタスのスープ
*ご飯
*デザート(黒胡麻しるこまたは胡麻団子)→ 決定し次第UPします。


8日(金) … 残2名さま
9日(土) … 残3名さま
22日(金) … 残3名さま
23日(土) … 残3名さま




ひらめき3月のお教室 - 和風グラタンの献立


*鱈と長芋の和風グラタン
*ほうれん草の蕗の薹和え (※蕗の薹が手に入らない場合は 菜の花のかすみ和え)
*鶏だんごと蕪のすまし汁
*ご飯
*苺大福(わたしが作ってお出しする予定)→ 一緒に作ります♪


5日(土)・追加日 … 満席 終了
9日(水)・追加日 … 満席 終了
11日(金) … 満席
12日(土) … 満席
25日(金) … 残3名さま
26日(土) … 満席




*教室へのお問合せ、お申込はHPのお問合せフォームよりお願いいたします。



*万が一お問合せフォームでお送りくださったのに丸一日たってもこちらからご連絡がない場合は、大変恐れ入りますがブログの最新記事にその旨コメント欄にお残しください。
その場合、メールアドレスを記入する欄がありますので、そちらにアドレスを書いてください(ここには掲載されません)。


*ブログやHPに教室の案内を掲載する前に、事前にメールアドレスを登録いただいた方にご案内をお送りしています。
すぐにお教室への参加予定のない場合も、今後早めに日程等をお知りになりたいかたは上記フォームよりご連絡ください。








************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************

posted by ゆりり | 10:43 | 粉もの | comments(0) | - |
ベイサン(ひよこ豆粉)のケークサレ
20150701ベサン粉のケークサレ-4.jpg


ベイサンとかベサン粉と呼ばれるひよこ豆の粉でケークサレを作ってみました。
もともとはファラフェルというひよこ豆のコロッケみたいな雰囲気のものが作れるかな〜?と、、、
しかし。粉は粉で^^;
コロッケにはならず、甘くないドーナツみたいなものになってしまいました(^_^;


それがこちら(一応)。


20150630ひよこ豆粉のドーナツもどき.jpg


まあ、これもこういうものだと思えば別段不味いわけでもなく、普通に美味しくいただけました( ´艸`)。
でも「こうなってほしい」と思っていたのとは全然違う出来上がりだったので、
うーむと考えて、やり直したのがこちらのケークサレです。


20150701ベサン粉のケークサレ.jpg


ひよこ豆の粉を購入したのは、パコラ(インド風天ぷら)を作ろうかな〜と思ったからなのですが
もしかしてファラフェルも?なんて変なことを思いついてダメダメで、
でもそのおかげで(?)こうして普通の粉として使ってみようと今さらながら思いついたわけです。
そのファラフェルつながりで、、このケークサレはたっぷりのシードミックスを加えています。







炒ってから粗くすり潰すととてもいい香りがします。
このミックスの配合は、、、秘密です(爆)。
必ず入れたほうがいいのはコリアンダー、クミン、白胡麻でしょうか。
好みで同量でもいいですし、バランスを変えても。

覚え書き的レシピ。

【材料】
ベイサン(ひよこ豆粉) … 100g
ベーキングパウダー … 小さじ1
パルミジャーノ … 60g ※塊の場合はすりおろす。
卵 … 2個
牛乳 … 100ml
太白胡麻油 … 70ml
塩 … 小さじ1/2

*具材
玉ねぎ … 1個
ベーコン … 60g
油 … 適量

シードミックス … 大さじ3
黒胡椒(粗挽き) … 適量

【作り方】
玉ねぎは粗みじんにし、ベーコンは5ミリ角くらいに切って炒め、冷ましておきます。

ベイサンとベーキングパウダー、塩を合わせてふるいます。
シードミックスを混ぜ合わせます。【A】

卵を溶き、牛乳を加えて混ぜ、油を少しずつ加えてよく混ぜます。
パルミジャーノを加えダマがなくなるまで混ぜます。
具材を加えて混ぜたら、【A】を加え、粉っぽさがなくなるまでさっくり混ぜます。

パウンド型に入れ、180度のオーブンで45分焼きます。


20150702ベサン粉のケークサレ.jpg


焼きたても美味しかったですが、1日たって冷めたものもとても美味しかったです^^
(トップの写真は焼きたてで昨日のお昼ご飯、この写真は今朝のご飯)
ひよこ豆の独特の香りとスパイス類の香りがとてもよく合うと思います。
焼き上がりは想像していたより軽く、とても食べやすいです。
さっくりだけどしっとりです。
具材はスパイスとひよこ豆の風味を活かしたいなと思って玉ねぎとベーコンだけにしましたが
他の野菜も試してみようかなと思います♪

ともかく、、ひよこ豆がいいのか、スパイスがいいのか、単にわたしの好みなのか
とてもとても美味しくできて大満足です。
こういう料理とかレシピのブログを持っていてなんなんですけど、いつも「美味しい!」と書くときに、
美味しいとか不味いとか、結局個人の好みだしなあ、、と弱気になります。
でも自分が美味しいと感じた味には正直になりたいので、同じ嗜好のかたが何人かでもいらっしゃればということで(*´m`*)。


スパイスの量は慣れていれば多めに、そうでなければ控えめに、、ご家族も含めて^^
色々なスパイスを使うのは面倒っていうことだったらカレー粉を加えてもいいかも?と食べながら思いました。
これもまた実験してみようと思っています。





今日は鏡石町の図書館に行ってきました。
本を借りるのと、「田んぼアート」を見るために。





去年越してきた時期はすでに見頃を過ぎていたようです。
お米の収穫寄りは早いんですね、見頃が^^
地元の農業高校の生徒さんたちが植え付けをお手伝いしたりしているようです。
梅雨のどんよりした曇り空の元ですが、近隣のあちこちから見にくるかたがたくさんいらしているようでした♪




ひらめき今月のお教室情報

10日(金)  残席 1
11日(土)  満席
20日(月・祝)残席 2  *追加日
24日(金)  残席 4
25日(土)  残席 4
26日(日)  残席 2  *追加日

クラスの内容につきましては*こちら*をごらんくださいませ。
お問合せ、お申込お待ちしております^^
HPのメールフォームまたは「yuriritei*aol.jp」までお願いいたします。
 星*マークを@に変えてお送りください。

  






************************************


たかはし ゆり HP

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************

posted by ゆりり | 19:53 | 粉もの | comments(0) | - |
もっちりキャベツ焼き
20150405キャベツ焼き.jpg


キャベツが続きますね^^;

最近ハマっているもの、、、小麦粉+野菜。
これはまるでスパニッシュオムレツのような風情でありますが、、、
お好み焼きというのか、キャベツ焼きというのか、あるいはキャベツのお焼きというのか?
実はわたしにはどういう範疇になるのかよくわからないのです^^;

なぜならば、わたしは福島で生まれ育ち、その後東京に長く暮らし、そしてまた福島へ戻ってきたのですが
いわゆる「粉もの文化」とはあまり触れ合わずに今に至っているからです。
でも粉ものは嫌いではないのです。
でんぷんというか、炭水化物大好きですから(*`艸´)。
夫に言わせると、「ゆりさんは粉もの好きだよねー」ということなのですが
夫が好まないので(←夫はなんだかんだと好き嫌いが多い)、敢えて食卓に上げずにいたというか。
また、子ども時代、実家の母もお好み焼きやらを作ったことは皆無(だと思う)だったので、
なんとなく家で食べるものとしては結構特別な部類だと思っていたこともあり。

大学に進学し上京して、東京で初めて広島風のお好み焼きを食べた時、美味しくて感動した記憶があります。
その後もお好み焼き、もんじゃなどは外で食べるものと信じていました。
ラーメン屋さんのラーメンは家では作れないのと同じように。

それが、結婚し、子どもが生まれ、子どもがちょこっと大きくなって、
同じマンションに住む同世代のお母さん仲間のお家で晩ご飯をいただいた時
(どちらの家もお父さんが遅くて一緒に食べようということだったと思います)
お家でお好み焼きが晩ご飯として振る舞われたのであります!
手際よく、お店のようなお好み焼きが目の前でどんどん焼かれて、
子どもも大人もそれをぱくぱく食べるわけです。
・・・・あまりに古い話で記憶は曖昧ですが、他のおかずはなかったのではないかと思います。
そのかたは関西出身でした。


20150405キャベツ焼き-2.jpg


・・・・・話が長いですね(汗)。
長く書きたくなるような驚きがあったのです、その時。
つなりはカルチャーショック。
なんだかつまらないほうにどんどん話が長くなりそうなのでこのあたりで終了します^^;


で、この材料ですが、小麦粉1カップ(約100g)、水1カップ、卵1個、
キャベツ1/2玉、干し海老(小さいの)適量、ベーコン2枚、白出汁醤油大さじ2くらい、です。

作り方は、粉、水、卵、出し醤油を混ぜたところに具材を入れてよく混ぜ、
油(わたしは白と黒の胡麻油半々)を敷いたフライパンか浅鍋に入れて
片面15分ずつくらい弱火でじっくり焼く、以上です^^

鍋に入れた時はほぼキャベツしか見えませんので、これで大丈夫かなーと思うんですが
最初ちょっとぎゅぎゅっと押し付けて、蓋をしてあとはほっときます。
裏をちょっと覗いて、焼き色がついているようなら大きな皿で蓋をするようにして取り出し、
ひっくり返して反対面も焼きます(スパニッシュオムレツと同じ要領です)。
最後の2〜3分は少し水分を飛ばしたいので蓋を外しておきます。


20150405キャベツ焼き-3.jpg


出し醤油でしっかり味がついているので、なにもかけませんが、
味に変化が欲しかったらソースをちょこっとかけてもいいかなと思います。

もっちりしてキャベツが甘くて、わたしはかなり好きです。
自分だけだったら数日間毎日作ってもいいくらい(笑)。
フライパンじゃなくてホットプレートがあったらもっと均一に火が通って楽かもしれないですね。



20150404キャベツのおやき.jpg


これはキャベツのみパターンより前に作ったもの。
長葱とニラ、豚肉の薄切りがちょこっとだけ入っています。
いずれも残りものがあったので。


20150404キャベツのおやき-2.jpg


これはちょっと薄味だったのですが、ソースとかよりわたしは塩を少しパラパラとするのが美味しいと思いました。

その前にはニラでチヂミを作ったり、ちょっと水分量の多いもんじゃ風?も作ったりして、、、
気に入ると同じようなものを繰り返し作るの、わたしの性格なんですよねー(笑)。



料理は日々食べることが前提で、作らなきゃならない義務的な作業でもありますが
食いしん坊にとってはもっと美味しくならないかと色々妄想したり、実際作ってみたり、
新しいことに挑戦してみたり、、楽しみも多いですが、失敗もわりとありますね(爆)。
食べる分にはまあいっか?というものも、写真にはちょっと残せないよね、みたいなね^^;
でも、粉を使って作るものは原材料費が安いので、ダメージは小さいかなと思います。
パンのようにある程度時間がかかったものでも、
お財布にそれほど影響がなければ精神へのダメージも少なく、落ち込み度は低いというか。
今回の小麦粉+野菜は本当に安い( ´艸`)。
写真に撮れないような見てくれのものができちゃっても、またすぐに作ればいいやーと思える気楽さがなによりで、
そういう心を軽くしてくれる、お財布にも気持ちにも負担がない料理っていいですよね(笑)。









************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************
posted by ゆりり | 16:58 | 粉もの | comments(0) | - |