CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
2015年5月より、少人数制の料理教室もスタート♪
ツナと水菜のシャキシャキサラダ
20170327しゃきしゃきサラダ-2.jpg


時間のたつのが早い早いと毎度言っておりますが、もう4月になろうとしています。
今年も1/3が終わってしまうということです。
焦ってはいるのですが、なかなかのんびりマイペースは変わりません^^;
まあ、この年になって性格が変わるとも思えませんが(開き直り)。

さて、昨年4月からお引き受けしていたスパイス大使のお役目も今回が最後となりました。
1年が経ってしまったことに、またびっくりです。
この1年、スパイス大使の毎月の課題をこなすことは、
わたし個人としては普段あまり使わないスパイスへの挑戦であったり、
このスパイスをこういう料理(課題)に使うのか、という驚きがあったりで
自分の中のスパイスに対する思い込みが、色々と変化するきっかけともなり、
大変なこともありましたが(*´m`*)、とても面白い経験でした。
こうしたチャンスをいただいたことに大変感謝しています♪

そして最後の課題です♪
瓶詰めやチューブタイプの便利な調味料を使います。


【材料】2人分
自家製ツナ(市販品でも) … 70gくらい
水菜 … 4株(根本を切って100gくらい)
レンコン … 小さいもの1節(60gくらい)
赤大根 … 100g  ※色が綺麗なので赤いのを使いましたが白でもOK

*ドレッシングソース
水切りヨーグルト … 60g ※100gのプレーンヨーグルトの水を切る
マヨネーズ … 20g
本きざみ粗切り柚子こしょう … 小さじ2  ※好みで増減
白ねり胡麻 … 小さじ1

【作り方】
ツナは粗くほぐします。
水菜は5センチの長さに切ります。
大根は5センチの長さの千切りにします。
レンコンは1ミリ厚の輪切りにし、酢水にさらした後さっと洗い、熱湯で30秒茹でて水に取り、水気を切ります。

ドレッシングソースの材料を混ぜ合わせます。

野菜をさっくり混ぜて器に盛り、ツナを乗せてドレッシングソースをかけます。


20170327しゃきしゃきサラダ.jpg


まろやかなヨーグルトベースのドレッシングに柚子胡椒がほんのりと効いて、
白胡麻を加えることでコクもUPしています。
ドレッシングが液体ではないので、最後までサラダのシャキシャキ感が楽しめます^^
男性にも喜ばれる味のサラダになったのではないかと思います♪

練り胡麻は瓶詰め製品が多いですが、使い切りサイズのチューブタイプはちょこっと使いにとても便利ですね。


春の和食料理レシピ春の和食料理レシピ  スパイスレシピ検索






ひらめき4月のお教室 - 春のおもてなしプレートの献立

*しっとりローストポーク 
*自家製ツナのサラダ仕立て
*じゃが芋のガレット
*とうもろこしのフラン(洋風茶碗蒸し)
*丸ごと苺のゼリー
 
常備菜にもなるローストポーク、ツナなどを使っておもてなしになる一皿を作ります。

【開催日】2〜5名様で開催いたします。  
14日(金) … 残2名さま
15(土) … 満席
16日(日) … 残2名さま
22日(土) … 残1名さま  
23日(日) … 満席 
29日(土・祝) … 追加日 残2名さま

201703144月教室メニュー.jpg






Docomo1202017年からいくつか変更させていただくことがあります。
(再度のお知らせとなりますがご確認ください。)
これからも皆さまに喜んでいただけるよう励みますので、ご理解いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。
==================================================
■レッスン代を ¥4,000 から ¥5,000 に値上げさせていただきました。
■レッスン最小敢行人数を 1名さま から 2名さま に変更させていただきました。
  ※レッスン開催3日前になりましてもお申込みが1名さまの場合、ご連絡の上キャンセルさせていただきます。
■追加レッスンのお申込は基本的に3名さま以上でご相談に応じます。
  ※レッスン内容によりましては2名さまよりお受けいたしますが、その場合はお1人さま¥6,000となります。
==================================================


*教室へのお問合せ、お申込はHPのお問合せフォームよりお願いいたします。

万が一お問合せフォームでお送りくださったのに丸一日たってもこちらからご連絡がない場合は、大変恐れ入りますがブログの最新記事にその旨コメント欄にお残しください。
その場合、メールアドレスを記入する欄がありますので、そちらにアドレスを書いてください(ここには掲載されません)。

ブログやHPに教室の案内を掲載する前日に、これまで教室のご参加くださったかた、また事前にメールアドレスを登録いただいた方にご案内をお送りしています。
そのため、教室の案内の記事をUPした時点で満席の日がある可能性もありますのでご了承ください。
お教室への具体的な参加予定がまだないかたでも、今後早めに日程等をお知りになりたいかたは上記フォームよりご連絡ください。





************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************
posted by ゆりり | 06:39 | スパイス大使 | comments(0) | - |
キーマカレー
20170223キーマカレー.jpg


カレーは昔はくつくつ長い時間煮込むイメージが強く、実際そうしていました。
また、翌日のカレーが美味しいと信じ込んでいました。
勿論カレーによっては翌日のほうがより味が馴染んで美味しくなるものもあります♡
でも、このキーマカレーは煮込み時間も短く、出来たてすぐが美味しいです^^
思い立ったらすぐにできるカレーです。

今年度務めてきたレシピブログのスパイス大使の最後の課題
「アツアツがごちそう♪グリル&煮込み料理」に参加です^^
カレーを煮込み料理と言っていいのか迷いますが(そんなに長時間煮込まないと書いたし(*`艸´))
でもグツグツ系ということで(笑)。


【材料】4人分
牛ひき肉 … 300g
トマト … 5〜6個 (450g) ※なければトマトの水煮パック1個
グリーンピース(冷凍) … 150g
炒めたまねぎ(市販品) … 2袋
生姜・にんにく … すりおろして各大さじ1弱 
クミンシード(ホール) … 小さじ2
バター … 大さじ1
塩 … 小さじ1くらい ※味をみながら調整
油 … 大さじ2
水 … 500〜600ml

ガラムマサラ … 適宜
コリアンダー(生) … あれば好みで適宜

*ホールスパイス
■ ギャバン ローリエ <ホール> … 1枚
■クローブ … 5〜6粒
■カルダモン … 8粒
■シナモン … 1本

*ミックススパイス(カレーパウダー) 合わせておきます。
 ターメリック … 大さじ1/2
 コリアンダーパウダー … 大さじ2〜
 クミンパウダー … 大さじ1弱
 カイエンヌペッパー … 小さじ1/2〜 ※好みで増減
 ギャバン フェンネル <パウダー> … 小さじ1〜

【作り方】
鍋に油大さ1とクミンシードを入れて弱火で熱し、香りが出てきたら炒めたまねぎを加えて5分程度炒めます。
  ※この時かなり油がはねるので、いったん火を止め、蓋などでガードしたほうが安全。
炒めたまねぎの色が濃くなったら、1センチ角に切ったトマトとバターを加えて更に炒めます。【A】

別の鍋に油大さじ1とひき肉、生姜、ニンニクを入れて炒め、ひき肉の色が白っぽくなったら
【A】と■のホールスパイス、ミックススパイスを加えます。 【B】
  ※■はお茶パックなどに入れておくと取り出しやすいです。
  ※シナモンは2〜3等分に折ります。
  ※カルダモンは殻の端を1〜2ミリ切り落しておきます(そうしないと香りが出ません)。

グリンピースと水1カップ、塩を加えて5〜6分煮込み、更に水何度かに分けて加えて20分程度煮込みます。

ガラムマサラは好みで仕上げに鍋に加えてもいいですし、器に盛ってから各自で振っても。
コリアンダーリーフがあれば好みの量を添えてください(ウチはもりもりです^^;)。



  

ミックススパイス(カレーパウダー)は、以前のスパイス大使のカレーの回でも作りましたが
慣れると本当に簡単で、市販のカレーパウダーを買うことはなくなると思います。
それでも面白そうなものを見かけると買ってしまいますけど(*´m`*)。
最初はネットや本などで基本的な組合わせを見て、その通りにやってみます。
レシピによっても大分違うので(笑)、とりあえず何通りかやってみると自分の好みがわかってきます。
あとは自由に自分の鼻を信じて(๑´◡`๑)、怖がらずにやってみる。
多分、たいていの場合、食べるのは自分と家族ですし、唐辛子系をやたら多くしなければ
それほど大変な事態にはならないはずですから^^
味付けは今回は塩だけですが、わたしはカレーにも塩麹を使うことが多いです。
この分量だったら、塩麹(ペースト状)を大さじ1にし、味をみて塩で整える感じです。
お好みでどうぞ♪

フェンネルはカレーパウダーに入れるイメージはあまりないかもしれないですが、
ほんのりとした甘みがあって、隠し味的に入れると味に深みが出て美味しくなるように思います。
ギャバンのローリエは、以前も何かで書いたと思うんですけど、アメリカ産なんですよね。
たまたまなのかな〜?
シャープでよい香りがして、普通に使うのがもったいなくなります(`m´#)。


あ。お鍋、ユニロイなのですが、これねえ、本当にいいです。
何かというとこれ、使っています^^


20170223キーマカレー-2.jpg


トマトベースなのでさっぱりとしていて、スパイスの爽やかな風味が美味しいです。
辛さはお好みですが、特別に辛くしなくても身体がポカポカと温まります。
ひき肉は豚肉でも、合い挽き肉でも、お好きならラム肉でも^^
ご飯はジャスミンライスを炊きました。
普通のご飯でももちろんいいですが、
さらっとした濃度のないカレーなので水分の少ないご飯のほうが合うかな?と思います。

コリアンダー、いよいよ畑のものもなくなってしまって(雪+寒さ+栽培期間の長さも?)、
市販のものを買ったので、これだけで大分家庭料理の材料費としてはUPしてしまいました^^;
もうすぐ3月。
こちらが春〜〜♡ となるのはまだ少し先のことにはなりますが、
ハーブも勿論、今年は昨年は見るだけで諦めていた野菜にもチャレンジしたいと準備中です。

寒いけれども、花粉はびゅんびゅん来ていますね。
花粉症のお仲間の皆さま、頑張って乗り切っていきましょう〜!!!




グリル&煮込み料理レシピ
グリル&煮込み料理レシピ  スパイスレシピ検索







************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************



posted by ゆりり | 06:24 | スパイス大使 | comments(0) | - |
鶏胸肉のミント風味 〜 2種
20170213ミント風味の鶏肉-2.jpg


今月のスパイス大使の課題のひとつ、スペアミントを使って鶏肉料理を2つ作ってみました。
「ミント」というのは頭にあったのですが、改めて瓶を見てびっくり。
それは「スペアミント」だったからです。
実はドライのミントはハーブの中でも好きなほうで、結構使っていると思っていたのですが、
ずっと「ペパーミント」だったんですね。
認識が甘く、ドライのミントにはペパーミントしかないと思い込んでいました^^;
そして、瓶の中身を見てまたびっくり。
今までわたしが使っていたドライのミントはわりと粉々系(笑)だったんでが、
今回いただいたのは、しっかり葉っぱの形が残っていて、いわばお茶の葉のようでした。
香りもミントそのものの香りがしっかり残っていて、おーーーとちょっと感動しました(*´m`*)。


さて、そのミントを何に使おうかなあ〜と。
最初はサラダにしようかな?と思っていたのですが、冷蔵庫に鶏胸肉があったの、じゃあこれで、と。
妄想をひとつに絞りきれなかったので、2つ作りました。
鶏胸肉はどちらも、最近わたし的ブームの低温調理でボイルしています。


☆鶏胸肉のボイル 〜 ミント風味のソース添え

20170213ミント風味の鶏肉-3.jpg


【材料】作りやすい分量
鶏胸肉 … 1枚
ライム … 1個
塩 … 鶏肉の1%
白胡椒 … 適量

*ソース
プレーンヨーグルト … 1カップ
オリーブオイル … 大さじ1
塩レモン(ペースト) … 小さじ1程度
蜂蜜 … 小さじ1/2
ギャバン スペアミント … 小さじ1
ギャバン グリーンペパー <ホール> … 10粒程度

【作り方】
鶏胸肉の皮目に竹串などで2〜3センチ間隔で穴を開け、両面に塩をまぶします。
ライムをスライスして皮目に乗せ、ラップで包んで保存袋に入れます(空気を抜くように)。
70度前後のお湯で40分ほど加熱して粗熱を取ります。

*ソース
ヨーグルトは水を切っておきます。
グリーンペッパーは粗く潰します。
材料を合わせます。

ソースをカットした鶏肉に添えます。



☆鶏胸肉のボイル 〜 ミントとガーリック風味

20170213ミント風味の鶏肉-4.jpg


【材料】作りやすい分量
鶏胸肉 … 1枚
塩 … 鶏肉の1%
ギャバン スペアミント … 小さじ1〜
ギャバン 香菜(パクチー) … 小さじ1/3
ギャバンあらびきガーリック … 小さじ1
白胡椒 … 適量


【作り方】
鶏胸肉の皮目に竹串などで2〜3センチ間隔で穴を開け、両面に塩をまぶします。
ハーブ・スパイス類を皮目に乗せてよく押さえ、ラップで包んで保存袋に入れます(空気を抜くように)。
70度前後のお湯で40分ほど加熱して粗熱を取ります。


20170213ミント風味の鶏肉-5.jpg


ソースはライムを乗せた鶏肉用に作りましたが、ミントとガーリック風味のほうに使っても美味しいです^^
ミントはライムやレモンなどの柑橘系のもの、そしてヨーグルトに好相性です。
さっぱりしたソースなので、サラダ仕立てにしても美味しいと思います。


今回使ったスペアミントは、葉が大きく軸の部分も少し残っているので、
そのままトッピングすると人によっては口当たりが少し気になるかもしれません。
ドレッシングやソースなどに混ぜて暫くおいておくと、しんなりして気にならなくなりますし、
加熱することでも柔らかくなります。
ドライのハーブはフレッシュのものに比べて熱にも強いので、活用の幅が広がりますね^^



【レシピブログの「手づくりで楽しもう♪ハッピーバレンタイン」 モニター参加中】

バレンタインスイーツの料理レシピ
バレンタインスイーツの料理レシピ  スパイスレシピ検索






ひらめき3月のお教室 - 中華ちまきの献立

*中華ちまき
*角煮 (煮卵添え)
*くらげの和え物
*青菜のスープ
*杏仁豆腐(こちらでご用意いたします)

 
角煮は通常バラ肉で作りますが、ロース肉を使います。
1日では作れませんので、途中まで作って差し替えて完成させます。

角煮はそのまま召し上がって頂くほか、中華ちまきにも入れます。

中華ちまきはお1人さま、2個作っていただきます。

【開催日】2〜4名様で開催いたします。 ◇◇◇2月15日午前7時30分更新◇◇◇ 
10日(金) … 満席
11(土) … 残3名さま
12日(日) … 満席
25日(土) … 残1名さま 
26日(日) … 満席 


201702123月の教室メニュー-3.jpg



Docomo1202017年からいくつか変更させていただくことがあります。
これからも皆さまに喜んでいただけるよう励みますので、ご理解いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。
==================================================
■レッスン代を ¥4,000 から ¥5,000 に値上げさせていただきます。
■レッスン最小敢行人数を 1名さま から 2名さま に変更させていただきます。
  ※レッスン開催3日前になりましてもお申込みが1名さまの場合、ご連絡の上キャンセルさせていただきます。
■追加レッスンのお申込は基本的に3名さま以上でご相談に応じます。
  ※レッスン内容によりましては2名さまよりお受けいたしますが、その場合はお1人さま¥6,000となります。
==================================================


*教室へのお問合せ、お申込はHPのお問合せフォームよりお願いいたします。

万が一お問合せフォームでお送りくださったのに丸一日たってもこちらからご連絡がない場合は、大変恐れ入りますがブログの最新記事にその旨コメント欄にお残しください。
その場合、メールアドレスを記入する欄がありますので、そちらにアドレスを書いてください(ここには掲載されません)。

ブログやHPに教室の案内を掲載する前日に、これまで教室のご参加くださったかた、また事前にメールアドレスを登録いただいた方にご案内をお送りしています。
お教室への具体的な参加予定がまだないかたでも、今後早めに日程等をお知りになりたいかたは上記フォームよりご連絡ください。





************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************
posted by ゆりり | 10:36 | スパイス大使 | comments(0) | - |
サーモンの冷製 ディル&グリーンペッパー風味
20161231サーモンの冷製・グリーンペッパー風味-3.jpg


年末にひいた風邪がなかなか抜けず、症状を変えながらしつこく体内に居座っています。
そろそろ一週間になりますから、いい加減風邪菌のほうも弱ってきているのでは?とも思うのですが。
でもまあ、年に一度か二度か具合が悪くなるのは「気をつけなさいよ」という信号なのかもしれません。
年相応に、無理せず、でもダラけすぎず(←わたしの場合はこっちのほうが問題)過ごそうと思います。


さて、何度か低温調理についての記事もUPしてきましたが、今回はサーモンです。
お刺身用のサーモンに相性のよいディルの香りをまとわせて、
アクセントにグリーンペッパーを使ってみてはどうだろうか??と。
グリーンペッパーは、わたしは夏場によく使います。
なんとなく青っぽい感じが夏の雰囲気かなあと勝手に思い込んでいて。
今回は、スパイス大使の宿題にグリーンペッパーが入っていたので使ってみたのですが、、、
もしこのタイミングでグリーンペッパーを使ってみてという提案がなければ、
きっとわたしはいつものように何も考えず(笑)黒胡椒を使っていたのでは?と思います。
しかし、使ってみればこの料理にはグリーンペッパーしかなかったよね、というくらいのベストマッチ(大げさ)でした。


【材料】4人分
刺身用サーモン … 1さく(200gくらい)
塩 … サーモンの1%
ギャバン5.5gグリーンペパー <ホール> … 小さじ1/2〜 ※好みで増減してください
ディル … 5〜6枝
オリーブオイル … 大さじ2

付け合わせ … ディル、ベビーリーフなど適宜

【作り方】
サーモンの全体に塩をまぶし、キッチンペーパー等の上に10分ほどおき、水が出れば押さえます。
皮面に粗く潰したグリーンペッパーをまぶし、食品保存用袋に入れ、両面にディルを置き、オイルを入れて空気を抜きます。
 ※今回はIDEAのハンディフードシーラーsサイズパックを使っています。

40度〜45度のお湯にサーモンを入れて70〜80分加熱します。

そのまま自然に冷まし、冷蔵庫で一晩寝かせます。
器に盛って、好みで更にグリーンペッパーを加えても。
 ※3〜4日保存可能です。


20170104サーモンの冷製・グリーンペッパー風味-b.jpg


グリーンパッパー、結構な量に見えますが、黒や白の胡椒に比べると辛味は穏やかですし、
オイルに浸けて加熱するので、盛付けの時に外れてしまいますので(笑)大丈夫です。
でも、辛味が苦手なかたは加減してくださいね^^


20170104サーモンの冷製・グリーンペッパー風味-3.jpg


今回はIDEAのハンディフードシーラーsサイズパックを使っています。

このフードシーラーは本当に我が家では大活躍です♪
液体が入っているものは、脱気の時に少しコツが必要ですが、使い慣れると手放せません。
お節の保存にも重宝しました。

ところで、このパックですが耐熱温度が60度なんですね。
ですので、お肉の低温真空調理には基本使えないと思います。
まあ、、58度で、とか厳密にできれば大丈夫でしょうし、70度になったからといって
パックが破れるとかそういうこともないとは思いますが、
食品、調理に関わる道具の使い方は、もし注意書きがあれば守ったほうが賢明かなあと思いますので。


20170104サーモンの冷製・グリーンペッパー風味-4.jpg


加熱は厚手の鍋で時々温度を測りつつ、でも可能ですが今回は、シーラーパックと同じく
IDEAのグリルポットを使ってみました。

実はこのサーモンの冷製を作るのは2度目なのですが、2度ともグリルポットを使いました。
この写真は2度目のものです。
このグリルポットには蒸し網がついていて、その上にサーモンを乗せています。
初回はサーモンの上に蒸し網を乗せて作りました。
サーモンの袋が浮くのを防ぐためでした。
でも、、サーモンの袋は浮きませんでした^^;
また、上から押さえると、下になっているほう(熱源に近い)が上よりも温度が上がってしまうかな、と。
そんなわけでむしろ網に乗せて全体が均一な温度になると思いこういう形になりました。
またお湯の量が少ないと、ちょっと温めただけで温度がすぐに思った以上に上昇するのでお湯は多めに。
蓋をしておくと急激な温度の変化はありませんでした。

普通のお鍋で作る時にも、薄いものならなるべく容量が大きく湯量がたっぷりになるもの、
厚手の鍋でもあまりお湯が少な過ぎないほうがいいかなと思います。


20161231サーモンの冷製・グリーンペッパー風味.jpg


盛りつける時は、ディルごとザクザクと切っていきますが、フレッシュなディルも添えると更に美味しくいただけます。
グリーンペッパーも勿論お好みで更にふりかけてください。
グリーンパッパーは他の胡椒に比べ柔らかいので、簡単に砕けます。
味が薄かったら粗塩を少し振りかけてもいいと思います。
火は通っているけれども、フレッシュ感もある不思議な美味しさのサーモンです。
わたしも夫も、実はサーモンのお刺身自体はあまり得意ではないんですが、これはとても美味しく食べられました^^

勿論、お刺身のサーモンがお好きなかたはこの低温調理はせずに、そのままカルパッチョ風にして
ディルとグリーンペッパーをたっぷり振りかけて、でも美味しいと思います。
・・・と書いてしまうと身も蓋もないですが(爆)。

それとわたしはグリーンペッパーとレモンの組合わせも好きなんです。
低温調理する時にレモンのスライスを挟んでもいいかも?と思いますし、
食べる時にちょっと絞ってもいいですね。
2回目に作った分はまだ残っているので、そうして食べてみようと思います^^



【レシピブログの「パーティーのごちそうレシピ」モニター参加中】です♪

パーティーの料理レシピパーティーの料理レシピ  スパイスレシピ検索



スパイスブログ認定スパイス大使2016スパイスブログ認定スパイス大使2016














************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************

posted by ゆりり | 16:44 | スパイス大使 | comments(0) | - |
鶏ハム(燻製) 〜 黒胡椒とガーリック、2つの風味で
20161126鶏ハム(燻製)-2.jpg


鶏ハムも、わたしの定番料理のひとつで、鶏胸肉が安かったのでまた作ろうかなと。
ただ、夫はなぜか鶏ハムをあまり好まないんですね。
で、以前鶏ハムを作った時に軽く燻製したら、夫が喜んで食べたことを思い出し、
うううううむ、、と考えて作ってみたのがこちらです^^
今回のスパイス大使の宿題が黒胡椒(ホール)と、粗挽きガーリック、ローリエ(パウダー)だったので、それらを全種類使いました。


20161125鶏ハム(燻製)-3.jpg


【材料】作りやすい分量(4〜5人分)
鶏胸肉 … 2枚
塩 … 鶏肉の重量の1.5%
ギャバン ブラックペパー <ホール> … 10〜15粒くらい(好みで増減してください)
ギャバン あらびきガーリック … 小さじ1くらい
ギャバン ローリエ <パウダー> … 少々

【作り方】
鶏胸肉は全体に塩をすりつけ、ラップに包み、更に保存用の袋に入れて一晩置きます。
1枚の鶏肉の皮側全体にごく薄くローリエをふり、粗く潰した黒胡椒を乗せ、手で軽く押さえます。
もう1枚の鶏肉は皮側全体に粗挽きガーリックを乗せ、手で軽く押さえます。

それぞれの鶏肉を耐熱性のある食品保存用の袋に入れ、袋の口を開けたまま、
熱湯を湧かした鍋に浸けます。
  ※袋の中にお湯が入らないように注意。
袋の中の空気が抜けたら口を閉めます。

鍋に60度のお湯をわかし、鶏の袋を入れ、30分温度を保ちます。

袋から取り出し、表面が乾くまで2時間ほど置いておきます。

燻製用の鍋にウッドチップを入れて70度程度の温度で30分燻製します。



20161125鶏ハム(燻製).jpg


黒胡椒は粗く潰します。
これは愛用しているスパイスミル。
教室にいらしている生徒さんたちにもお勧めしていて、何人か購入されましたが、
窯元の陶工 安沢秀浩さんが28年1月に逝去されたため、残念ながらもう手に入りません。


20161125鶏ハム(燻製)-4.jpg


空気を抜いて、簡易真空パックに。


20161125鶏ハム(燻製)-5.jpg


我が家の電磁調理器は60度でキープできるのでその機能を使いました。
ガスなどの場合は、蓋をして時々温度を計り、下がったら火を付けるというのがいいと思います。
ちなみに、通常の鶏ハムを作るとき、わたしは熱湯で蓋をして3〜4分加熱し(鶏の大きさによって加減)
その後そのまま冷めるまで放置、という方法です。
それでもよかったかな??と後で思ったり(笑)。
丸めていないので加熱時間的には2分程度でしょうか。


20161125鶏ハム(燻製)-6.jpg


袋から取り出したところ。
燻製するには乾燥が大事です。この状態で部屋に2時間ほど放置。
本当はもうちょっと長く乾燥させたかったのですが、時間がなかったので^^;
ちなみに(また)、ベーコンを作る時は冷蔵庫に入れて2日くらい乾かします。


20161125鶏ハム(燻製)-7.jpg


今回は簡易に燻製用の鍋で。
あまり温度を上げると固くなってしまうと思ったのですが、70度くらいの少し高めの温度の温燻にしました。
一応火は通っているとは思ったのですが、ここでも念のため。


20161126鶏ハム(燻製).jpg


黒胡椒風味も、ガーリック風味も、薫香と相まってとてもいい感じにできたと思います。
仕上がりもしっとりでした。
ちょうどお客さまが見えるタイミングでできたので食べていただきましたが、評判よかったです(*´m`*)♪


パウダー状のローリエはとても風味が強いので使う場合は量に気をつけてくださいね。
ほんの少しでも十分に香ります。
ちなみに(3度目(笑))、ベーコンの風味付けにも最近はパウダーのローリエを使っています。
以前はローリエの葉っぱをちぎって貼付けていたのですが、
パウダーを塩などと一緒に混ぜて使ったほうがまんべんなく香りが着くと思ったので。

ガーリック、黒胡椒ともわりと思いきった量を使いましたが(笑)、加熱と燻製をすることと
薄く切って食べるということで、ちょうど良い感じになりました。
ただ小さなお子さんや刺激物に弱いかたがいらっしゃる場合は量の調整をしてくださいね^^




肉料理の料理レシピ肉料理の料理レシピ  スパイスレシピ検索



スパイスブログ認定スパイス大使2016スパイスブログ認定スパイス大使2016








ひらめき12月のお教室 - 大根使い切りと冬野菜の献立

★12月は、申し訳ありませんが、これまで教室に参加してくださったかたのみ対象です。

★これまでご参加くださった皆さまに、今月22日に改めてメールをお送りしています。
docomoをお使いの皆さまより、エラーが返ってきております。
お送りしたメールが届いていないかたは、恐れ入りますが今まで使っていたアドレスにご連絡ください。

docomoメールは、BCCでのメールを受信しない設定になっているようです。
ご連絡いただきましたら改めてメールをいたしますので、メールを受け取る設定にしていただければ幸いです。


 *鮭缶と大根の鍋
 *大根餅
 *柚子大根 または 蕪とあんぽ柿の和えもの
 *白菜、蕪など冬野菜を使った料理
 *菜飯


9日(金) … 残1名さま 
10(土) … 満席
11日(日) … 残1名さま 
18日(日) … 残1名さま 



*来年は1月、2月をお休みし、3月より再開予定です。

*教室へのお問合せはHPのお問合せフォームよりお願いいたします。

万が一お問合せフォームでお送りくださったのに丸一日たってもこちらからご連絡がない場合は、大変恐れ入りますがブログの最新記事にその旨コメント欄にお残しください。
その場合、メールアドレスを記入する欄がありますので、そちらにアドレスを書いてください(ここには掲載されません)。

ブログやHPに教室の案内を掲載する前日に、これまで教室のご参加くださったかた、また事前にメールアドレスを登録いただいた方にご案内をお送りしています。
お教室への具体的な参加予定がまだないかたでも、今後早めに日程等をお知りになりたいかたは上記フォームよりご連絡ください。







************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************



posted by ゆりり | 14:47 | スパイス大使 | comments(0) | - |
カトルエピスを作ってパテを焼こう
20161026パテ・ド・カンパーニュ-2.jpg


久しぶりにパテ・ド・ゆりり(パテ・ド・カンパーニュ)を焼きました。
何度も何度も、何度も、このブログに登場しているヤツですね(*´m`*)。
ほぼほぼ、作り方は同じ感じなのですが、その時々でちょこっと変えたりすることもあります。
パテを作り始めた頃は香辛料は胡椒だけだったのですが、
スパイスの勉強を始めてからはオールスパイスやナツメグなどを入れたり、
自分でミックスした「カトルエピス」というスパイスを加えたりしています。
今回は、これまた久しぶりにカトルエピスを調合しなおして、パテに加えてみました。

というのも、今回の「スパイス大使」の宿題がカトルエピスを作るのにピッタリだったからです^^
ま、、テーマである「おうちハロウィン 簡単レシピ」とはちょっとズレてますけど(爆)。

さてそもそも「カトルエピス」とはなんぞや?ということなのですが、、、
こちらのサイトにわかりやすく解説されていますのでよかったらご覧になってください。 → 


それでわたしの作ったカトルエピスのレシピです。
「カトル=4種類」の「エピス=スパイス」で作ったものではないですが(^m^)。
スパイスはすべてパウダータイプを使います。

【材料】

ギャバン ジンジャー … 小さじ3
ギャバン ナツメグ … 小さじ2
ギャバン オールスパイス … 小さじ2
白胡椒 … 小さじ2
黒胡椒 … 小さじ1

【作り方】
すべてをよく混ぜ合わせます。



20161030カトルエピス.jpg


蓋付きの少しだけ口の大きい瓶で合わせると作りやすいです。
スパイスを加え混ぜる度に蓋をしてシェイカーのようにブンブンと振ります^^
小さなボウルに入れて計量スプーンでかき混ぜてもいいです。
香りを嗅ぎながら、自分の好みの感じに少しずつ調整していきます。
今回は白胡椒と黒胡椒、両方使っています。
キャトルエピスでは普通はしないと思いますが、
せっかく自分で作るのですから思いついたことはやってみる♪という精神で(笑)。


20161030カトルエピス-2.jpg


これでOKかな?となったら保存しやすい瓶に移して直射日光の当たらない場所に保管します。
前回作ったキャトルエピスとは組合わせが違うので、香りは勿論ですが色も少し違いますね^^

で、これを加えてパテを作ったわけです。


20161026パテ・ド・カンパーニュ-3.jpg


今回のパテ・ド・ゆりりはいつもお肉を一晩マリネしているのをやめてすぐに作っています。
そして、大きめゴロゴロのお肉ではなく、ミンサーで粗挽きのひき肉状にしました。
レバーだけはミンサーにかけられないので包丁で切っていますが、いつもより小さめです。
味見をした時には大分あっさり目に感じ、物足りなさもあったのですが、
5日目くらいになって味が馴染んできたら、いつもの味わいとはちょっと違いましたがとても美味しくなりました。
また普段の肉々しいパテはほぼ口にしない夫も、比較的厚めのポーションを食べ切ったので
中庸の味??という出来上がりだったのかもしれません(笑)。

覚え書きです。


【材料】容量1.25Lの鋳物琺瑯テリーヌ型使用
豚肉 … 720g
鶏もも肉(皮なし) … 200g
鶏レバー … 220g
○玉ねぎ … 1/2個(180g)
○マッシュルーム … 100g ※薄切りにして冷凍しておいたもの
○パン粉 … 30g
○牛乳 … パン粉をしとらせるくらい
○卵 … 1個
○乾燥イチジク … 白と黒合わせて70g
○クルミ … 30g
肉の総量の1.4%の塩
マデラ酒 … 大さじ2
油 … 適量
キャトルエピス … 適量
ローリエ … 3〜4枚
タイム・ローズマリー … あれば少々
※網脂 … あれば

【作り方】
豚肉と鶏肉はミンサーで粗挽きにします。
鶏レバーはよく洗って血合いを取り除き、水気を切って粗みじんに切ります。
玉ねぎは粗みじんにして油をしいたフライパンにいれ、カサが半分になるくらいまで弱火で炒め冷まします。
マッシュルームは薄く切って油で炒め、冷めたらフードプロセッサにかけます。
パン粉に牛乳を入れてしっとりさせます(牛乳が多過ぎたら絞ってください)。
イチジクとクルミは粗く刻みます。

ボウルに肉と塩・カトルエピスを入れて粘りが出るまでよく混ぜます(肉はよく冷やしておきます)。
マデラ酒を加えて水分が感じられなくなるまで混ぜます。
○の材料を加えて、しっかりと混ぜます。
香りをかいでみて、香りが弱いようならカトルエピスを適宜足します。

型に網脂を敷いて、パテを少しずつ隙間のないように詰め、丈夫も網脂で多います。
空気を抜くように容器をテーブルの上に何度か軽く落とし、ハーブを乗せます。
アルミホイルで上部を多い、蓋をして、180度に余熱したオーブンで90分程度蒸焼きにします。
 ※大きい琺瑯容器などにキッチンペーパーを敷いてテリーヌ型を置き、お湯を注ぎます。
 ※途中容器内のお湯がなくなるようなら適宜足します。

パテの真ん中に金串をさして5秒ほどたったら下唇の下に当て、熱ければOKです。

容器に氷水を入れてパテを型ごとしっかり冷まし、冷蔵庫で保存します。
食べごろは翌々日以降です。


※網脂を使わない、テリーヌ型も使わない作り方はこちらを参考にしてください^^ → 



20161025パテ・ド・カンパーニュ.jpg


カトルエピスは、パテの肉の臭みを消す役割があるのですが、
わたしのイメージでは、旨味を増す、風味を加える役目のほうが強いような気がします。
これはわたしの想像なので聞き流していただきたいんですが(笑)、
日本のスーパーなどで売られているお肉って、あんまりくさくないんじゃないかなあ、と思うんですね。

臭み消しというのはもっと野生っぽい、獣っぽいお肉を使ったパテやソーセージなんかに使う場合、
スパイスもうんと強くして臭みを抑えるというのではないかと。
特にこのスパイスが作られた時代は、今よりずっと肉の保存状態や加工の状態が緩かったのではないかと思いますし。

今の日本で普通にパテを作る場合は、スパイスの風味を楽しむという感じで考えてもいいのでは?と思っています。
パテ・ド・カンパーニュが焼き上がった時に、スパイスの香りもふんわりと立ち上って
本当に美味しそうな匂いがして、テンションがあがります^^

カトルエピスはパテ以外にもお魚や鶏のソテーなんかにも合いますし、
普通にハンバーグなどのひき肉料理を作る時にナツメグ単品の変わりにちょこっと使ったり
あまり難しくなく使うとよいと思います。
ナツメグやシナモン、ジンジャー、クローブ、オールスパイス等々、
単品で買っても使い切れなかったりするものが多いと思いますので、
風味があるうちに、実験であれこれミックススパイスを作ってみるのも楽しいと思いますよ(*´m`*)。






ハロウィンの料理レシピハロウィンの料理レシピ  スパイスレシピ検索


スパイスブログ認定スパイス大使2016スパイスブログ認定スパイス大使2016




ひらめき11月のお教室 - 懐かしの洋食の献立


 *ナポリタンスパゲティ
 *ロールキャベツ
 *りんご入りポテトコロッケ
 *南瓜のスープ


11日(金) … 満席 
12(土) … 満席
13日(日) … 追加日:満席
18日(金) … 残1名さま 
19日(土) … 残2名さま  
20日(日) … 追加日:満席
26日(土) … 追加日:残1名さま 
27日(日) … 追加日:満席  



*教室へのお問合せ、お申込はHPのお問合せフォームよりお願いいたします。

万が一お問合せフォームでお送りくださったのに丸一日たってもこちらからご連絡がない場合は、大変恐れ入りますがブログの最新記事にその旨コメント欄にお残しください。
その場合、メールアドレスを記入する欄がありますので、そちらにアドレスを書いてください(ここには掲載されません)。

ブログやHPに教室の案内を掲載する前日に、これまで教室のご参加くださったかた、また事前にメールアドレスを登録いただいた方にご案内をお送りしています。
お教室への具体的な参加予定がまだないかたでも、今後早めに日程等をお知りになりたいかたは上記フォームよりご連絡ください。

2名様以上のお申込で、ご相談の上、上記日程以外の日にレッスンを開講することが可能です。
詳しくはお問合せください。


きらきら教室の定員につきまして
これまで1名さまより最大4名さまとしてきましたが、曜日によるお申込人数のかたよりが多くなっております。
そのためメニューによっては最大5名さままで定員を増やすことにしました。
月ごとに、最大定員が4名さまか5名さまかをお知らせいたします。
こちらの決めた日程で最低1名さまから行うのは変わりありません。
ちなみに今月の定員は4名さまです。


よろしくお願いいたします。





************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 16:56 | スパイス大使 | comments(0) | trackbacks(0) |
サフラン風味のタラのリゾット
20160922タラのリゾット風 ☆ サフラン風味.jpg


せっかくサフランがあるので(笑)、、というので数日前の朝に作ったリゾット(風)。
ご飯は冷凍ご飯を温めたものを使って簡単に^^
タラとサフランの風味って合いますよね♡


【材料】2人分 ※浅い鍋に1人分ずつ作っています
ご飯 … 茶碗軽く2杯分
塩タラ … 2切れ
玉ねぎ … 1/2個
ギャバン サフラン … ひとつまみ(15本くらい)
野菜ブイヨン(顆粒) … 1袋
パルミジャーノ(粉) … 大さじ2〜
白ワイン … 大さじ2
黒胡椒 … 適量
オリーブオイル … 適量
チャイブ … あれば少々

【作り方】
お湯400mlにサフランを浸け、色が出てきたら野菜ブイヨンを溶かします。〈A〉
玉ねぎを2ミリ程度の薄切りにし、しんなりするまでオリーブオイルで炒めます。
2つの浅鍋にそれぞれ、玉ねぎ半量、ご飯、食べやすい大きさに切ったタラを入れ、〈A〉を注ぎます。
煮立ったら火を弱め、蓋をして10分程度、水分がほぼなくなるまで煮ます。
白ワインを回しかけ、火を強めてアルコール分を飛ばし火を止めます。
黒胡椒を挽き、パルミジャーノを振り、あればチャイブを小口切りにして散らします。


20160922タラのリゾット風 ☆ サフラン風味-2.jpg


白ワインを最後に回しかけたのは、最初の煮込み初めの時に入れるのを忘れたからです^^;
しかし!
これがよかった!・・・・・と思います(*`艸´)。
なぜならば、白ワインの風味がほのかに残って、サフランとともにタラの風味を引き立てていたから。
安〜〜い飲み残しの白ワインでも、こういう料理にはとても役立ちますね^^

そして、とても簡単な料理なのに、サフランで色付けられた一皿は
作った本人が言うのもなんですけど(笑)、なんだかとても素敵に見えます(*´m`*)。
タラはこれからお鍋の材料で安売りされることも多いと思いますので
冷凍保存やチルド室に放り込んでおくと何かと便利な食材だと思います♪

そうそう。
サフランはとても高価なスパイスですが、そのせいか偽物も多いそうです。
以前通っていたハーブ・スパイスの教室の先生に、
海外旅行のお土産にサフランをいただいた、という話をしたところ
偽物の可能性も高いのでよく調べて使うように言われてびっくりしたことがあります。
偽物でも有害なわけではないようですが、独特の綺麗な色も、香りも全くないそうです。
日本のネット通販などでも「格安」を謳ったものは要注意とのこと。
やはり、きちんとしたメーカーさんのものを使うのがよいということなんでしょう^^




家バルおつまみの料理レシピ家バルおつまみの料理レシピ  スパイスレシピ検索


スパイスブログ認定スパイス大使2016スパイスブログ認定スパイス大使2016






ひらめき10月のお教室 - 鮭の炊き込みご飯の献立


 *鮭の炊き込みご飯
 *具沢山豚汁
 *南瓜のコロッケ
 *季節野菜の白和え

7日(金) … 残2名さま
8日(土) … 満席
21日(金) … 中止
22日(土) … 満席
23日(日) … 追加日:残1名さま
29日(土)… 追加日:残1名さま


*教室へのお問合せ、お申込はHPのお問合せフォームよりお願いいたします。

万が一お問合せフォームでお送りくださったのに丸一日たってもこちらからご連絡がない場合は、大変恐れ入りますがブログの最新記事にその旨コメント欄にお残しください。
その場合、メールアドレスを記入する欄がありますので、そちらにアドレスを書いてください(ここには掲載されません)。

ブログやHPに教室の案内を掲載する前日に、これまで教室のご参加くださったかた、また事前にメールアドレスを登録いただいた方にご案内をお送りしています。
お教室への具体的な参加予定がまだないかたでも、今後早めに日程等をお知りになりたいかたは上記フォームよりご連絡ください。

2名様以上のお申込で、ご相談の上、上記日程以外の日にレッスンを開講することが可能です。
詳しくはお問合せください。

よろしくお願いいたします。




************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************

posted by ゆりり | 22:03 | スパイス大使 | comments(0) | trackbacks(0) |
ムール貝とじゃが芋、白いんげんのサフラン風味煮込み



またいつものパターンで、入れた材料を並べたネーミングになってしまいました^^;
実はムール貝、トマトの味付けで食べる予定だったのですが、
色々あって、トマト風味の煮込みは別に作ってしまい^^;
ムール貝が冷凍庫から冷蔵庫に移してしまっていたので、うーんうーんと考え、
「そうだ!今月のスパイス大使の宿題にサフランがあったじゃないか♪」と。。。
で、頂き物のじゃが芋がどっさりあるのでそれと一緒に煮込もう、、、
そしてそれだけじゃ寂しいかなーと白インゲン豆も加えることにしました。


【材料】4人分
ムール貝(冷凍) … 500g
じゃが芋 … 3個
玉ねぎ … 1個
白インゲン豆(水煮缶) … 1缶
ギャバン サフラン(ホール) … ひとつまみ(30本くらい)
野菜ブイヨン … 1袋
白ワイン … 50ml
塩 … 小さじ1〜
黒胡椒 … 適量
オリーブオイル … 適量
チャイブ・イタリアンパセリなど … あれば少々

【作り方】
水600mlにサフランを入れて色を出しておきます。〈A〉
 ※サフランの色素は水溶性なのでこうすることでより綺麗な色が楽しめます。
 ※ぬるま湯のほうが早く色が溶け出しますが、水でも大丈夫です。
じゃが芋は皮をむいて7〜8ミリ厚のいちょう切りにします。
玉ねぎは縦半分に切り、2〜3ミリの薄切りにします。
冷凍のムール貝はさっと洗います。
〈A〉と白ワインを加え煮立てたところにムール貝を入れて一煮立ちさせ、
ザル等で漉して貝とスープを分けます。

鍋に玉ねぎとオリーブオイルを入れて弱火で炒め、
玉ねぎがしんなりしてカサが半分くらいになったらじゃが芋も加えてさっと炒め合わせます。
スープを加えてじゃが芋が柔らかくなってきたら水気を切った白インゲン豆を加えます。
じゃが芋が十分柔らかくなったらムール貝を戻し入れ、塩で調味します。
 ※水分があまり少ない場合は適宜足してください。

器に盛り、黒胡椒を挽き、あれば好みで刻んだチャイブ、イタリアンパセリ等を散らします。


20160918ムール貝とじゃが芋と白いんげんのサフラン風味スープ.jpg


今回のスパイス大使のテーマは「ワインと季節の味覚で手軽に家バルを楽しもう♪」です。
季節の味覚、、じゃが芋、玉ねぎでいいでしょうか(笑)。
収穫したてのものをいただいたので(*´m`*)。

白ワインを少し加えていますが、残りはこの煮込みと一緒に楽しんでくださいね^^
今はワンコインで買える美味しいワインも増えてきましたし、1000円出すつもりなら選択肢も大分広がります^^
ここのところ急に涼しくなってきてこういう温かい料理が本当に美味しく感じられるようになってきました。
秋の入り口の今の季節にお家でゆっくりワインを楽しむ時にぜひ作ってみてください。
あー、ウチは毎日ゆっくりお酒を楽しんでますけど(汗)。

このお料理はサフランのほのかな風味とムール貝の旨味を活かして、あとはシンプルな味付けです。
サフランは高価なスパイスなのでなかなか思いきって使えないんですけど、今回はリッチに(笑)。
とはいえ、サフランは少量でも十分色が出ますし上品な香りが身上ですので、使い過ぎはもったいないです^^
保存状態に気をつければ長くもちますので、適量を守って使われるのがよいと思います♪


20160919サフラン-2.jpg


この量で使って、5回分くらいはありますね。
しっかり蓋を閉めて、冷蔵庫に余裕があれば冷蔵庫での保存がいいかなと思います。


そうそう、先日教室の様子のご紹介で生徒さんたちにお配りしたスパイスの本ですが、、、


20160919サフラン.jpg


こんな感じで、きゅっとコンパクトに必要にして十分な情報が詰め込まれています。
で、こちらの冊子以上の情報がコチラで見られます^^
いつでも気楽にペラペラとページをめくれるのとはちょっと感覚は違いますが、
検索機能などウェブページならではの便利なツールがありますのでとても役立つと思います。
スパイス、ハーブに興味のあるかたにはおすすめです^^




家バルおつまみの料理レシピ家バルおつまみの料理レシピ  スパイスレシピ検索


スパイスブログ認定スパイス大使2016スパイスブログ認定スパイス大使2016





ひらめき10月のお教室 - 鮭の炊き込みご飯の献立


2016091310月の献立-2.jpg


 *鮭の炊き込みご飯
 *具沢山豚汁
 *南瓜のコロッケ
 *季節野菜の白和え

7日(金) … 残2名さま
8日(土) … 残1名さま
21日(金) … 残4名さま
22日(土) … 満席


*教室へのお問合せ、お申込はHPのお問合せフォームよりお願いいたします。

万が一お問合せフォームでお送りくださったのに丸一日たってもこちらからご連絡がない場合は、大変恐れ入りますがブログの最新記事にその旨コメント欄にお残しください。
その場合、メールアドレスを記入する欄がありますので、そちらにアドレスを書いてください(ここには掲載されません)。

ブログやHPに教室の案内を掲載する前日に、これまで教室のご参加くださったかた、また事前にメールアドレスを登録いただいた方にご案内をお送りしています。
お教室への具体的な参加予定がまだないかたでも、今後早めに日程等をお知りになりたいかたは上記フォームよりご連絡ください。

2名様以上のお申込で、ご相談の上、上記日程以外の日にレッスンを開講することが可能です。
詳しくはお問合せください。

よろしくお願いいたします。











************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************
posted by ゆりり | 11:38 | スパイス大使 | comments(0) | trackbacks(0) |
鶏胸肉のソテー 〜 豆のペースト添え
20160428セボリー風味のプレート.jpg


今月の【スパイス大使】の宿題(*´m`*)のひとつは、セボリーです。
セボリー、、難敵ですね(笑)。
一般にセボリー(セイボリー)は豆のハーブと言われています。
わたしは豆好きなものですから、これまでもセボリーは結構使っていたのですが、
フリーズドライの葉っぱ状のものでした。
今回いただいたGABANさんのものはパウダー状です。
もともと香りが強いハーブですので、パウダー状になるとよりその風味が強く感じられるようです。
どちらかというとスパイス的な雰囲気というのでしょうか。
振りかけて使ってみたのですが、その良さが生かされない感じがして、結構うーんうーんと悩みました。
そして、眠りに落ちかけた時にふと思いついたのがこのプレートです(*`艸´)。

お肉と付け合わせの豆のペースト、両方にセボリーを使っています。


20160428セボリー風味のプレート-3.jpg


【材料】2人分
*鶏胸肉のソテー
鶏胸肉 … 1枚
 ※ミックスハーブ塩  ※ハーブは全てドライ
  塩 … 小さじ1/2
  GABAN セボリー … 小さじ1/4
  タイム … 小さじ1/8強
  オレガノ … 小さじ1/2弱
黒胡椒 … 適量
オリーブオイル … 小さじ2

*豆のペースト
白インゲン豆の水煮 … 1パック(380g)
バター … 12g
白ワイン … 大さじ1
塩 … 少々
GABAN セボリー … 小さじ1〜
ディル … 小さじ1

【作り方】
*鶏胸肉のソテー
鶏肉にミックススパイス塩をすり込み10分くらい置きます。
フライパンにオイルを敷き、皮面を下にして弱めの中火にかけ、
焼き色がついたら蓋のできる耐熱容器に入れて250度のオーブンで6〜7分焼き、そのまま暫くおいて余熱を通します。
 ※今回はわたしはアラジンのトースターで作っています。
  オーブンや温度調節機能のあるトースターなどを使わない場合はそのままフライパンで蒸焼きにしてください。

*豆のペースト
白インゲン豆の水煮を汁ごと鍋に入れて火にかけ、白ワインとバターを加えて加熱します。
ブレンダーで撹拌してペースト状にし、とろみがつくまで中火で焦がさないように気をつけて加熱します。
味をみて塩気が足りなければ塩少々で味を整えます。
セボリーとディルを加えて火を止め冷まします。


20160428セボリー風味のプレート-2.jpg


パウダー状のセボリーは単品で使うよりも、他のハーブやスパイスと組み合わせたほうがいいように思います。
単品だと突出してしまう香りが他の香りと合わせることでとてもいい感じになります。

豆のペーストにはディルと合わせましたが、
今回の水煮はペーストにしたら結構強烈で個性的な豆の香りがしたので(笑)、セボリー多めでバランスを取りました。
ドライのディルも加えましたが、フレッシュのものにしたり、コリアンダーやミントなど強い香りの生葉を合わせてもいいかもしれません。






あ、肝心のお味ですが(*´m`*)、とても美味しかったです。
特に豆のペーストはセボリーを加えることでとても美味しくなりました。
豆好きではありますが、ペーストにしてみたら「あれ?豆ってこんなに強かったっけ?」って実はちょっと焦ったんです。
ご自身で煮たり、使う水煮缶などにもよりますが、クセが強いものに当たったら、ぜひ試してみてほしいと思います^^
ちょっと「手早い朝ご飯」という感じではなくなっちゃいましたが(汗)、
ペーストはパンにつけてもいいと思いますし、いずれにしても時間はかからないので、
GW中のブランチなどに作っていただいても、と思います♪




朝ごはんの料理レシピ朝ごはんの料理レシピ  スパイスレシピ検索








ひらめき5月のお教室 - 初夏のワンプレートの献立

 *鶏肉のマッシュポテト包み
 *スパニッシュオムレツ
 *ライスサラダ
 *季節の野菜のスープ
    ※その時に手に入る野菜でポタージュスープを作る予定です。
 *水切りヨーグルト&フルーツ

追加日:5日(木・祝) … 残1名さま
13日(金) … 満席
14日(土) … 残1名さま
追加日:15日(日) … 残1名さま
追加日:21日(土) … 残1名さま
27日(金) … 残1名さま
28日(土) … 満席



*教室へのお問合せ、お申込はHPのお問合せフォームよりお願いいたします。

万が一お問合せフォームでお送りくださったのに丸一日たってもこちらからご連絡がない場合は、大変恐れ入りますがブログの最新記事にその旨コメント欄にお残しください。
その場合、メールアドレスを記入する欄がありますので、そちらにアドレスを書いてください(ここには掲載されません)。

ブログやHPに教室の案内を掲載する前に、事前にメールアドレスを登録いただいた方にご案内をお送りしています。
今回お教室への参加がない場合も、今後早めに日程等をお知りになりたいかたは上記フォームよりご連絡ください。





************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************



posted by ゆりり | 11:57 | スパイス大使 | comments(0) | - |