CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Instagram
ストックフォト♪
こちらで写真の販売をさせていただいています。 時々更新しています。 よかったら覗いていみてください♪ 売りたい、買いたい!写真・イラスト素材 TAGSTOCK
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
2015年5月より、少人数制の料理教室もスタート♪
小カブと厚揚げのピリ辛炒め他 〜 収穫野菜で(2)
20170620カブと厚揚げのピリ辛炒め.jpg


昨日の記事の続きです^^
カブは昨年、まだ大きな畑を借りる前の小さな畑の一角に、適当に種を蒔いたら
思いがけずホントに美味しいカブが沢山収穫できたという、
わたしたちにとっては貴重な成功体験のある野菜で、今回も蒔いています。

しかし、、、季節が違うからなのか、場所が違うからなのか、、、
試しに抜いてみたカブに何かに齧られたようなあとが、、、、
それで、その隣、その隣、、、と抜いていったらこんなに被害が(TOT) 。

20170619虫喰いカブ.jpg


あるところから先は被害がなかったので、これ以上拡大しないようにと
小カブといっても、かなり小さめで抜き取ってきました。


20170619小カブ.jpg


まだあとこれと同じくらい残っているのを今日にでも抜いてこようと思うのですが、
被害にあっていないといいなと願っています。
最初うんと小さい赤っぽい蟻が群れていたので、蟻の食害かと思ったのですが、
調べたところ、蟻はカブなどをこんな風には食べないようでネキリムシとかいう悪者の被害のようです。
土の中に潜んでいるようなので、掘り返して捕まえようと思います(*`д´*) !

齧られたカブは頭に来て放り投げてこうようと思ったのですが、待てよ、、と。
葉っぱは綺麗だから食べられるよね、とお持ち帰り(๑´◡`๑)。


20170620カブと厚揚げのピリ辛炒め-2.jpg


カブは葉を落として四つ割にし、葉っぱはザクザクと切ります。
カブ中華鍋かフライパンに入れて油を加え、弱火ででじっくり炒め、
そこに一口大に切った厚揚げ(油抜きはしません)を入れて更に炒めます。
厚揚げが温まったら、具入り辣油(お好きな辛味のある調味料で)、オイスターソースを加え、
全体を混ぜたら葉っぱを加えて炒め合わせます。
味をみて、必要ならお醤油で整えます。
ビールやご飯が進むおかずです^^



20170616ミニ青梗菜のナムル.jpg


次は青梗菜なのですが、確か種の説明に「マイクロ」とあったと思うのですが(勘違いかなあ)、
収穫は普通に「ミニ」サイズです(笑)。


20170619ミニ青梗菜.jpg


わたしのところに限ってか、一般的にかわかりませんが、
小松菜同様、青梗菜もかなり丈夫な育てやすい葉もの野菜のように思います。
(今回は小松菜は収穫がありませんが、春先から絶え間なく育てています)

青梗菜、立て続けに大量に買ったりすることはあまりないですよね(*´m`*)。
普通は中華風の炒め物にするか、あとは角煮のようなこってりした肉料理の付け合わせにしたりかな。
わたしは今はナムルにするのがお気に入りです。

うんと小さいのはそのままの大きさで、少し大きくなったのは縦半分に切ってさっと茹でます。
水にとって絞って、あとはニンニクのすりおろし少々、塩と胡麻油適量に、白胡麻パラリ。
あっさりして美味しいです^^



20170621キャベツ焼き.jpg


次は朝ご飯によく作るキャベツ焼きを、ミニキャベツで。


20170619ミニキャベツ.jpg


キャベツ類は寒い季節(2月くらい)に種から苗を作るというのに挑戦していたのですが、
発芽しても、その後室内においておくと光が足りなくて徒長するとか、
外に出せば出したで、寒さでダメになるとか、もう、ホント、何度やり直したか。
やっとうんと小さな苗が出来て畑に定植したのはGWも間近な頃。
(だから無理にうんと寒い時期に頑張って苗作りを始めなくてもよかったのね、ってことですね(汗))
周囲の畑ではキャベツはすでに大きくなって巻いてきていました。
ウチのもようやくミニキャベツは巻いてきましたが、他の3種類(どんだけ作りたいの(爆))は
まだほんの少ししか巻いていません。
このまま待っていれば巻くのか、遅かったのね〜なのかはわかりません。
ともかく抜いてしまうこともないと思うので、待ちます(`m´#)。


20170621キャベツ焼き-2.jpg


キャベツの重さ、計っておけばよかったですが、、多分400〜500gくらいじゃないかと。
それを1個粗めの千切りに刻み、ボウルへ。
そこに薄力粉1カップ弱(180ml分くらいかな?)に、小さめ卵2個、水1カップ弱、
ハム4枚、スライスのチェダーチーズ2枚、パルミジャーノ大さじ2くらい、塩ほんの少しを加えグルグル混ぜます。
油を少し敷いたフライパンに流し入れて、ぎゅぎゅっと押さえて片面15〜20分くらい焼きます。

今回はハムとチーズの残りものを入れましたが、ほかにはちりめんじゃことか、干し桜海老とか、
旨味の出そうなものを適当に入れています。
とりあえずチーズが入ると美味しいかなあと個人的には思っています(笑)。




20170619ヤングコーン.jpg

20170619焼きヤングコーン.jpg


これはトウモロコシから間引いたヤングコーン。
トウモロコシは1本の苗に1本作るのが基本だそうで、それ以外に横のほうから出てくるのは取ってしまうそうです。
それがヤングコーン。
生でもイケるようなのですが、皮付きのままオーブントースターで焼きました。
塩をパラリとふっただけですが、これは旨い♡
まだまだ採れるはずなので楽しみです^^



20170619インゲン.jpg


インゲンなのですが、、、
インゲンね、どういうふうに実がつくのか、実は全くわかってなくて^^;
気がついたらたくさんついていたんですね。
でも大分ごっつくなっているのもあって、勝手に「これは固いに違いない」と思って
長めに茹でてしまったら、茹ですぎて(滝汗)。
せっかく美味しかったはずなのに、なんだかぐんにゃりしてしまい。
茹でたそのままも食べたのですが、見た目があまり美しくなく、歯応えもよくなく(×_×;)、、、
その後炒飯に入れてしまいました。
でもね、味は甘みがあってすごくいい感じだったんですよ。
それだけに残念でした。
これから収穫するものはさっと茹でを心がけようと思います。



20170620ミニきゅうり.jpg


オマケ的なこちらは、庭のプランターで育てているミニキュウリ。
10センチくらいのもの。
初収穫で記念撮影。
このままパリッと齧っていただきました(夫と半分こ)。
瑞々しくて美味しい〜♡
畑の普通サイズのきゅうりの収穫も楽しみです^^


さて。
昨日の雨で(こちらは大雨というほどではありませんでしたが)畑がどうなっているか。
また雑草が元気になっているのか(げんなり)。
ともかく様子を見てきましょう。




間もなくの二人展。
 ※DM発送のお申込は締め切っています。
会場でお待ちしています^^

今回のお料理も、ヤングコーン以外は喜多窯 霞仙さんの器です♪



DM?宛名面-OL化-webサイズ.jpg
DM-写真面-OL化-webサイズ.jpg


************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************
posted by ゆりり | 09:20 | 家庭菜園・野菜作り | comments(0) | - |
スイスチャードのおにぎり他 〜 収穫野菜で(1)
20170620スイスチャードおむすび-2.jpg


いつぐらいからなのかわからないのですが、スイスチャードのおにぎりが流行っているようです。
スイスチャード、日本名は不断草(ふだんそう)と言います。
わたしが初めて見たのは、花ズッキーニと同じく、青山のファーマーズマーケットでした。
確か、京都の八百屋さんが売っていたと思います。
ほうれん草の仲間で、ちょっとアクが強いと言われたと記憶しています。
その後見かけた時には買っていましたが、パスタに使うことが多かったです。
それが、こんな風におむすびにするなんてねえ(笑)。
本当にアイディアのあるかたっているんですねー。

スイスチャード、どんな葉っぱかご存知ないかたのために。
ウチで収穫したものです^^


20170619スイスチャード.jpg


作り物めいた色の茎と葉脈を持つ、不思議な野菜です。
葉っぱが紫色っぽく出るものもあるようです。

スイスチャード=不断草は、絶え間なく栽培できることから「不断」という名がついているそうです。
夏の暑さにも強く、冬の寒さにも強く、病害虫にも強く、育てやすいと。
しかーし。
わたしが育てていた時には、アブラムシがわんさかやってきて、まあ、まあ、まあ、、大変でした^^;
途中でもうやめてやり直そうかと思ったのですが、なんとかここまで育ちました。
夏場は植物由来など、安全な農薬を適正に使うのがいいのかもしれないですね。

余談ですが、、、アブラムシがもぐりこんで丸まっている葉を広げて1枚ずつ流水で洗い流しましたが
熱湯で茹でたら、そのお湯にもわんさかアブラムシが、、、
そしてその後、水にさらしたら、またそこにもアブラムシが。
完全に何も出なくなるまで、何度洗ったことか(◎_◎;) 。
無農薬がよい、とおっしゃっている皆さまも、もしかしたらその下処理の間に出たアブラムシを見たら
ぎょえ〜となって捨てたくなるかもしれないですね(爆)。


20170620スイスチャードのご飯.jpg


さて、スイスチャードのおにぎりですが、色々な作り方があると思います。
おにぎりですから、まあ、自由にやればいいのではないかと。
わたしが今回の作り方をざっくりご紹介します。

スイスチャードはさっと茹でて葉の綺麗なところを選びます。
(わたしのはアブラムシにやられたところをちぎったりして結構ボロボロっとしていました(汗))
茎の部分は切り落して、5ミリ幅くらいに切ります。
ついでにボロっとした葉っぱも刻みます。

ご飯に塩と胡麻油を適量加えて混ぜ、刻んだスイスチャードの茎と葉、ちりめんじゃこを加えて更に混ぜます。
白胡麻を加えても美味しいですね^^
ご飯を50gくらい計って丸め、スイスチャードの葉に塩をほんの少しふって、包みます。


20170620スイスチャードおむすび-3.jpg


スイスチャードの葉を塩を入れた湯で茹でるよりも、
海苔に塩をするように、茹でた葉に塩を少ししたほうが味が締まると思います。
スイスチャードでなくとも、青菜なら同じ方法でなんでも作れるかと思いますが、
やはりこの独特の色がいいのでしょうね^^
時間がたっても(というよりある程度たったほうが)美味しいのでお弁当にも向きますね^^


20170619スイスチャードとツナの和え物.jpg


これは茹でたスイスチャードと自家製ツナを和えた、サラダと言うか、なんと言うか?
マヨネーズにツナのオイルも加えています。
ふりかえてあるのは、胡麻ではなく、キヌアのパフです^^



さて、この時(一昨日)収穫した野菜ですが、、、


20170619収穫野菜.jpg


スイスチャード、小カブ、ミニ青梗菜、ミニキャベツ、春菊、おかひじき、スベリヒユ、インゲン、ヤングコーンです。
採れる時には結構採れてしまうのが家庭菜園ですねー。
ウチはどれも少しずつしか栽培していないんですが^^;

この中のスベリヒユは、育てているワケではなく、畑に生えている雑草です(笑)。
野菜より何より、どんどこ出て成長している雑草を必死で抜いていたところ、
お隣の畑のかた(大ベテラン)が「これ知ってる?食べられるんだよ」と教えてくださったんです。
そのかたは山形出身だそうですが、山形県ではよく食べられるとのこと。

これです。

20170619スベリヒユ.jpg

ちょっと酸っぱい味がして、ぬめりがある野草とのことでした。
でも、土手などで採ると酸味が強いけれども、畑に生えているのはそれほどでもないとも。
わたしも茹でてみましたが、酸っぱい感じはなかったです。
それよりもシャキシャキした歯触りが、思いがけず美味しくて、得をした気分^^


20170619スベリヒユのおひたし.jpg


辛子が合うようで、ちょっと包丁で叩いてから、辛子醤油を絡めていただきました。
ちょっとしたおつまみにいいですね^^


それと、おかひじき。

20170619おかひじき.jpg


これもお隣さんから(笑)。
実は、以前いただいたら美味しくて褒めたところ、
栽培しているおかひじきを10センチ角ほどむしって分けてくださったのです。
それを2本くらいずつの細い苗に分けて、50センチ角くらいの畑に植えたところ
暫くしたら見事に根付いていて、今ではワンサカ採れます。
すごい増え方ですよね〜!
先端のほうの柔らかい部分だけを摘み取っていくとまた新しい芽が出てくるのでそれを採ります。
採りたてのものは生でも食べられましたが、カサが多くて減らないので(笑)、
今回はさっとお湯を通しました。

20170619オカヒジキとじゃこの和え物.jpg


これは、お醤油とごま油で和えて、ちりめんじゃこを加えました。
クセがなく、歯触りを楽しむ野草だと思います。
お醤油でも、マヨネーズでもなんでも合わせやすいですよ。

おかひじきも、もとはと言えば野草。
クレソンやセリなんかもそうだし、もともと野草だったものが栽培されたりしています。
スベリヒユを食べるのも普通のことなんですね(*´m`*)。



他の野菜につきましては、次回に(๑´◡`๑)。



ひらめき7月のお教室につきまして

来月は準備が間に合いませんので、通常の教室はお休みいたします。
教室に参加くださったことのある皆さま対象に、食事会(お楽しみ会)を2回開催いたします。
すでに、両日とも満席となっております。
8月以降の教室につきましてはまた改めてお知らせいたします。




二人展、1週間後に迫っています。
DMの発送は締め切られていただいています。
会場でお待ちしています^^


DM-写真面-OL化-webサイズ.jpg

DM?宛名面-OL化-webサイズ.jpg





************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 10:01 | 家庭菜園・野菜作り | comments(0) | - |
じゃが芋初収穫
20170613蒸しじゃが芋.jpg


初めてのじゃが芋栽培、ドキドキの初収穫(試し掘り)をしました。
実はじゃが芋の種芋はネットで購入したのですが、届いたのが1月半ばくらいだったか。。。
箱に入れて置いておきましたが、ひと月もたつと芽が出て来るし、いつ植えたらいいんだろうと悩んでいました。
テレビの園芸番組や、園芸雑誌などを見ると3月になったら植えてもいいような感じ。
ウチも早く植えたいと思い、種芋を切って3日ほどお日様に当てて切り口を乾かしました。

で、植えつけたのが3月11日でした。
そして。。。
早い。早過ぎる。
周囲のかたの意見はそんな感じでした(汗)。
この辺りの3月はまだ真冬みたいな気候なので、出てきた芽が遅霜に当たったりしたら枯れてしまうと。
他の畑のベテランの皆さんも、まだ植えている気配はゼロ。
3月末頃にはどかっと雪も降って、、あ〜、やっちまったか。
そんな感じでした。
そしてまだ出ない、まだ出ない、まだ出ない、、、と毎日毎日畑を眺めては後悔する日々。

そんなある日、、、ある時、土がむくっと盛りあがっているような箇所を発見。
生きてる!
少なくとも1本は!
そうして間もなくゴールデンウィークになろうかという頃に、ほとんどの苗が出そろったのでした(*´ー`*)♡

それから恐る恐る、初めての芽かき作業をし、あっという間にじゃが芋の苗は巨大化。
初めてのこととはいえ、何も知らないとほんとに驚くことばかり。
可愛く小さく、芽かきなんかしなくていいんじゃない?と思っていた苗が成長する速度はもの凄かった(◎_◎;) 。


植えたじゃがいもは3種類。
男爵、インカの目覚め、デストロイヤー(グランドペチカ)。
20日ほど前の花の様子。

20170523じゃが芋の花-2.jpg

男爵

20170523じゃが芋の花.jpg

インカのめざめ

20170523じゃが芋の花-3.jpg

デストロイヤー


どれも綺麗な花ですが、デストロイヤーの花付きが1番よくて色も鮮やかでした。


で、初めての試し堀りは昨日。
また気持ちが焦っていて出来てもいない芋を掘り、「やっちまったか」ということにならないか、ドキドキでした。


20170612じゃが芋.jpg


じゃーん!
出来てました!!!
手前の白っぽいのが男爵、奥の色の濃いのがインカのめざめ、1個しかない赤紫っぽいのがデストロイヤー。
インカの目覚めは男爵に比べると収量は7割程度とのことなのでまあ、いいかという感じですが、、、
デストロイヤーllllll(-ω-;)llllll
どうした。
・・・でもよく見るとデストロイヤーはまだまだ花盛りで、葉っぱも茎も元気なのでちょっと早過ぎたのかも。
(そう思わないと悲し過ぎる)
ともかく、男爵とインカのめざめは出来ていたので、ほんとうに本当に嬉しくて、テンションマックスでした^^
3種類、最終的に何個くらい収穫できるのか、わくわくしています♪

玉ねぎも大きいのが出来ていました。
・・・とはいえ、分けていただいた苗は40本ほどで、玉ねぎの形になったのは半分くらい。
これほど大きく育ったのは5〜6個くらいかな。
あとはテニスボールくらいだったり、中にはピンポン球くらいのものも^^;
でも、嬉しいです♡
来年はもっと上手に育てられる気がします!


あ。それで、初じゃが芋ですが、、、、
じゃが芋なんて珍しくもなんともない、当たり前の野菜なのに、
自作の初収穫となると、どうやって食べるのが1番ふさわしいか(笑)、
それよりなにより本当に美味しいのか、など、色々考えてしまいます。

で、まあ、最初はシンプルに蒸すのがいいかな、と今朝、蒸してみました。

バターにはすりおろしたニンニクと刻んだパセリを混ぜ、
サワークリームにはディルと黒胡椒を混ぜました。
あとは、プランターでそろそろとう立ちしそうだったレタス類を収穫したのでそれと、
スモークサーモンを合わせてじゃが芋のワンプレート(๑╹ڡ╹๑)。
ゲランドの塩もパラっと。


20170613蒸しじゃが芋-2.jpg


まあねえ。
じゃが芋ですから(笑)。
それ以上でも以下でもない、というところなんでしょうが、
やっぱり美味しいです♡
人生の中で1番美味しいじゃが芋でした(*`艸´)♪

早くも来年はどんなじゃが芋を作ろうか、考え始めています(笑)。





もうあと2週間ほどで始まります^^
今回のお皿も喜多窯 霞仙さんのものですよ♪


DM-写真面-OL化-webサイズ.jpg

DM?宛名面-OL化-webサイズ.jpg









************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************
posted by ゆりり | 10:36 | 家庭菜園・野菜作り | comments(0) | - |