CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
家庭菜園での野菜作り、そして料理。
菜花のキーマカレーにパスタ数種 〜 菜花三昧 其の弐
20190325-ひき肉と菜の花のカレー.jpg


明日アップします、なんてどの口が言ったのか、、、(๑°⌓°๑)
言い訳をすると、畑の作業がちょっと忙しくなりつつあって、ということなのですが。
畑仕事、徐々に始まっていく中で、やることはあれこれあるものの身体がついていかないんですね。
疲れて、疲れて^^;
午前中2時間くらいなのですが、みっちり畑仕事をするともう、お昼を食べた後、使いものになりません。
これからしばらくすると身体が慣れていくのか、
あるいは毎年当たり前のことですが年を重ねていくので、より一層疲れやすくなるのか。


といくらでも言い訳は出てくるのですが、、、とりあえずカレーを。


20190325-ひき肉と菜の花のカレー-3.jpg


普通のキーマカレーに菜花を入れただけなのですが、菜花のほろ苦さがカレーに会うんです。
これもまたささっと適当に作ってしまって、しかも日にちが立っているのでレシピは、うーん、なんですけど^^;
ざっと。
ひき肉は豚肉でも牛肉でも、合挽きでも、お好きならラム肉でも。
この時は合挽きだったと思います。

鍋にクミンシードと油を入れて弱火で加熱して香りが立ってきたら
炒め玉ねぎ(市販品)とにんにく、生姜のすりおろしを加えて炒めます。
ひき肉を加えてほろほろっとするまで炒め、トマトの水煮、トマトピューレ、
コリアンダー、クミン、ターメリック、カイエンヌペッパーを加えます。
煮立ったら刻んだ菜花を加えて煮込みます。
割とすぐ火が通ります。
味付けはトマト塩麹と塩。

花の部分はギー(バターから余分なものを取り除いた油)を加えて蒸し焼きにしてトッピングしています。
ギーの代わりにバターで大丈夫。
少しコクを出した方が美味しいかなーと思って。

わたしはトマト風味が好きなのでトマトの水煮とかピューレとか入れますが
どちらかだけでも全然かまいません。
もともと水分の少ないカレーですが、ピューレだけの場合は少し水を加えた方がいいと思います。


20190325-ひき肉と菜の花のカレー-2.jpg


結構適当に作ったものがとても美味しいということは割とよくあって、これもそのパターンでした。
複数のスパイスを揃えるのはちょっと、、という場合は、カレー粉で。
カレー粉もメーカーによって味がだいぶ違うので好みのものを探すのも楽しいと思います^^




こちらは菜花と蒸し牡蠣のパスタ。


20190326-牡蠣と菜の花のパスタ-3.jpg


冷凍庫にあった最後の蒸し牡蠣(スチーム牡蠣)を使いました。
味付けは塩麹レモン。


20190326-牡蠣と菜の花のパスタ-2.jpg


蒸し牡蠣は火が通っていますから、流水で半解凍したものを加えてからは
あまり長く加熱しないようにします。



こちらは手打ちのマカロニ(マッケローニ)で。


20190327-ケールのマカロニ-2.jpg


味付けはアンチョビです。
アンチョビのフィレを使う時はまな板で刻むと油でギトギトになりますよね。
鍋に油とともに入れて加熱しながら崩せば大丈夫です^^
菜花はさっと火を通すことが多いですが、これは花の部分以外は割とくったりするまで煮ています。


20190327-ケールのマカロニ-3.jpg


マカロニにはケールの葉を練りこんでいます。
粉に対して、ケールの葉+水が半分ちょっとの感じ。
オリーブオイルも大さじ1ほど。
捏ねていて、どうしても水分が足りないかな?と思ったら少し水を足します。

粉は普通の強力粉にセモリナ粉を半分くらい混ぜたのですが、
こういうのが夫はどうも苦手です^^;


20190327-ケールのマカロニ-4.jpg


おまけ。
こちらは菜花ではなく、ブロッコリーの脇芽をぐずぐずに煮てソースにしたもの。


20190328-ケールのマカロニ・ブロッコリ.jpg



その数日後、またマカロニか、何か作ろうかなーと粉を捏ね始め、形を作ろうとしたのですが
ちょっと固いかもねーと、急遽久しぶりのパスタマシーンでロングパスタに変更。


20190403-パスタ.jpg


鶏の胸肉と菜花を合わせ、こちらも味付けは塩麹レモン。





こちらは粉は何を使ったんだったかな^^;
セモリナ粉はいれていません。
パスタとニョッキ専用の00粉だったかもしれません。
卵と水が半々くらい。


そしてこのパスタ、冷凍してあったのですが、また菜花で (*´罒`*)。





残り物の辛めのトマトソースに鯖缶を入れました。



まだまだ菜花を使った写真がある、、どうしましょう(*`艸´)。
ざっと写真だけみたいな感じになってしまいましたが。。。
このブログの記事も取り掛かって3日くらい経っているので、とりあえずアップしておきましょうか。。。


そういえば、この辺りもようやく桜がちらほらと咲いてきたのですが、
昨日の夕方から雨が雪に変わり、今朝は結構な積雪になっていました。
気温は真冬ほど低いわけではないので間も無く溶けるとは思うのですが、、、、、
畑が雪に埋もれてしまっていました。
重い雪なので、キャベツの小苗の上に張った防虫ネットも潰れていたし、
ネットをしていなかったブロッコリーやカリフラワーなどは姿が見えなくなっています。
乾燥しているから少し雨でも降ればいいねーなんて言ってましたが、まさか雪とは。

さて、これからの作業はどうなるかなあ。

















************************************
*現在定期的な教室はお休みしております。

*お教室へのお問合せ、お仕事のご依頼等はこちらよりお願いいたします。 → お問合せフォーム
  

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************

posted by ゆりり | 11:46 | 家庭菜園・野菜作り | - | - |
菜花と鶏胸肉の和え物 〜 菜花三昧 其の壱
20190331-菜花と鶏胸肉の和え物.jpg


秋の終わり頃だったか、菜花系の種を3種類蒔きました。
正確には、蒔いたのは夫です。
蒔いたというのか、ばら撒いたというのか。
それが冬の間、しょぼくれていて、枯れかかっているようにも見え、
少し暖かくなってきたら抜いて、何か別のものでも植えようかな、、と思っていたのですが、
3月に入った頃か、春に向けて畑の整理に行ったところ、何となく大きくなってきているように見えました。
それで、枯れている部分や、根元に溜まっていた落ち葉や枯葉を取り除いてみるとなかなかいい感じに。
そんな作業をしているところに、お隣の畑のかたが通りがかり、
「これからだねー」とおっしゃいました。
「これからなんですか?」と言うと、
「どんどん脇芽が出てくるから、どんどん採っていかないと〜」と。

そうかー。
知らなかったー。
家庭菜園今月から4年目に突入するわけですけれども、、、
最初の年に菜花の種を蒔いて、なんとなく春先にちょこっと採れ(ほんとにちょこっと)、
翌年は蒔いたんだったか、どうだったんだか、食べた記憶がなく、、、
そして今年。
そうか、こういうことなのか、とやっとわかりました^^;


さてそんな菜花ですが、現在畑にあるのはこの3種です。









1番上がいわゆる最も一般的(?)な菜花ではないかと思います。
真ん中が、このあたりで「油菜」と言われているものかな?と。
最後のは、、なんでしょうね〜、マーケットでも見かけるような種類ですが^^;

なにせ、「菜花(菜の花)」って、山のようにありますもんね。
地方によってもいろいろあると思いますし。
キャベツでも白菜でも、青梗菜でも、小松菜でもなんでも花が咲きますしね(*`艸´)。

それにしてもまあ、次から次に蕾がつきます。
菜の花は黄色い花が可愛らしいのですが、花が咲いてしまうと美味しさ半減なんですよね。
でもちょっとは黄色が欲しいですしね。
毎度毎度のせめぎ合いです^^;


20190331-菜花と鶏胸肉の和え物-2.jpg


さてこちらですが、簡単でわたしが気に入っている和え物です。
茹でた鶏胸肉と合わせています。
鶏胸肉は鶏ハム、サラダチキンなど、お好みで。
今回のは薄く塩をしてちょっと置いたものを白ワインを加えた水に入れて
弱火で加熱し、沸騰したら火を止め、鍋に蓋をして冷ましたもの。

菜花はさっと湯がいて(すぐに柔らかくなるので、さっと)冷水にとって水を絞ります。
鶏胸肉は食べやすい大きさに裂きます。

味噌:粒マスタード:マヨネーズ:オリーブオイル:ハチミツ=0.5:1:1:1:好みで少々

こんな感じのタレを作って和えるだけです。
基本はこんな風ですが、味をみながら調整していただければと思います。
特にお味噌はご家庭によって塩気が違うと思いますので。
粒マスタードでは物足りない!という方は、辛みの強いものに変えていただいても。
ご飯にも合いますし、パンにも合います^^



20190331-ベーグルサンド-2.jpg


久しぶりに(いったいいつ以来?)ベーグルを焼いたので、サンドイッチにして挟んでみました。
見た目も味も違和感なしです。


ベーグルはこんな。


20190331-ベーグル.jpg


久しぶりだとワタワタしますよね^^;
こういうのって、2〜3回続けて作るといいんだと思います。




ところでタイトルの菜花三昧。
さてどうしましょう(笑)。
あまりにも菜花ばっかり食べていて。


20190402-菜花寿司.jpg

20190402-菜花寿司-3.jpg


菜花のちらし寿司です。
すし飯に、きゅうりを薄く切ったものを塩もみして水気を絞ったもの、白ゴマを加えています。
菜花はさっと湯がいて市販の白だしを薄めたものにちょっと漬け込み、軽く絞ります。
それと少し甘めに味付けした炒り卵。
冷凍庫に眠っていたイクラ。

イクラがあるだけで一気に(わたし的に)ご馳走感が感じられます。
イクラがない場合は、スモークサーモンとか、塩鮭とか、イクラの親がいいかなと (*´罒`*)。
ピンクっぽい色が入ると綺麗だと思います。



菜花三昧の其の弐は、カレーとかパスタになるかな??
頑張って明日、アップしたいです。






話は変わって。
ここのところずっと「守り人シリーズ」を読んでいます。
精霊の守り人から始まり、闇の守り人、夢の守り人、虚空の旅人、神の守り人(来訪編・帰還編)、
蒼路の旅人ときて、今は天と地の守り人の第一部、ロタ王国編が間も無く終わるところです。
このシリーズを知ったのは、遅ればせながら、、になってしまうのですが
NHKのドラマででした。
わたしはファンタジーにことのほか弱いのです。
ドラマを見た後、すぐに本を探した訳ではなくて、、、
というか、知らなかったんですよね、こんな壮大な物語が原作だったなんて。
迂闊すぎる。
それでまあ、一生懸命というのか、ただ夢中になって読んでいるわけです。

頭の中では主人公のバルサが綾瀬はるかになって動き回っています。
バルサだけではく、主な登場人物は全てドラマの人たち(役者の名前をあまり知らない^^;)が動くので
イメージしやすいというか、それに引きずられるというか。

それにしてもドラマでは「?」マークがつくことが多かったことが
なるほど、こういうことだったのか、と大いに納得しているのですが
原作の情報量があまりにも大きいものをドラマ化するのはかなり難しいのだなあと感じています。
視聴率も取れなかったみたいですしねえ( ꈨຶ ˙̫̮ ꈨຶ )。

わたしは原作を読んで改めてまたドラマを見たいと思っているんですが、
DVDはむちゃくちゃ高い。
そしてNHKのオンデマンドも、、そうかー、お金取るんだねーと。
再放送して欲しい。
だって、わたしたちの受信料、無茶苦茶使って作ったでしょう(´・ω・`)。
その上、またお金取るんかい、と思うわけです。

でも、、、そんなもん再放送するんなら、アレをしてくれ、コレをしてくれという希望もあるでしょうね。
あー、放送当時に録画しておくのだった(これを、あとの祭りという)。











************************************
*現在定期的な教室はお休みしております。

*お教室へのお問合せ、お仕事のご依頼等はこちらよりお願いいたします。 → お問合せフォーム
  

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************



posted by ゆりり | 12:02 | 家庭菜園・野菜作り | - | - |
蕪のホワイトシチュー
20181115-カブのクリームシチュー.jpg


数日前のクリームシチュー、夜作った分の残りを翌日のお昼にニョッキと一緒に食べました。
写真ではあまりよくわかりませんが、蕪がたくさん入っています。
それと、カリフラワー。
蕪は、今シーズンとても綺麗で美味しいものがよく採れています。
サラダ蕪なので、本来は生食用なのですが、今、夫が歯抜けで(部分入れ歯が壊れ治療中)、
硬いものが食べられず、火を通しているのです。
皮付きのままでも、加熱するとあっという間にトロトロになるし美味しいのでそれでもいいかなと思っています^^


20181114-根菜.jpg


根菜類は何種類か作っていて、どれもだいぶ大きくなってきました。
大根は短いタイプにしてしまったのですが、、、普通のサイズがよかったですね^^;
同じ手間暇かけて、収量が半分か1/3なのは、やっぱりちょっと悲しかった。

赤い細い大根は、ラディッシュと大根の中間のような感じかな?
苗屋さんのおまけで頂いたものです。
生でラディッシュと同じように薄くスライスして食べています。
左は本物?のラディッシュですが、畑でほったらかしにされていて^^;育ちすぎました。





左の赤い2本はどちらかが紅くるり、もう一方がもみじスティックという品種なのですが、、、、
見分けがつきません、、、もしかしたら同じものなのかも(笑)。

隣は紫大根、去年は海外の種を扱うお店で買いましたが、多分同じようなもの。
普通に日本の種苗メーカーのものを買うと安い^^;
その隣が紅芯大根。
その隣がもものすけという蕪、巨大化して大根より太い(汗)。
そして間引きした蕪(これは夫担当の畑から)。


夏の猛暑には辟易して、野菜もぐったりでしたが、
秋の暖かさが長く続いたせいか、白菜やキャベツなども順調に成長し、秋冬野菜はなかなか良い出来です。
今のうちにやりたいこともあるのですが、、、

うーん。
なぜかここ数日体調が思わしくありません。
グワーンと高熱が出るとか、吐き下しがあるとか、何か劇的な症状があるわけではないのですが
38度に届かない熱が出たり、ただただダルかったり。
そして食欲がありません。
わたしにとって食欲がないとか、お酒が飲みたくないというのはなかなかなことです。

まあ夫はわたしがゴロゴロしていても何も言いませんし、
このくらいの状態ならお仕事をしている皆さんは会社に行って普段通りに働いているのでしょうから
あー、しんどい、と言ってはごろんと横になれる身分はありがたいことかもしれません。
普段何でもない時には全く意識しない、身体の中の臓器のちょっとした不具合とか違和感があると
なんとも言えないような不安を覚えるとともに、生きているんだなあとも思います。

そして毎日、ご飯が美味しいとか、お酒が美味しいとか
あれが食べたい、こんな料理を作ってみたいと自然と思えることがどんなに幸せかつくづくと感じるのでした。


みなさんも、体調を崩さないよう気をつけてお過ごしくださいね。



20181115-カブのクリームシチュー-2.jpg




************************************
*現在定期的な教室はお休みしております。

*お教室へのお問合せ、お仕事のご依頼等はこちらよりお願いいたします。 → お問合せフォーム
  

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ



  → ブログを更新していない時にも写真をアップしていますので、よかったらご覧くださいね。


************************************


posted by ゆりり | 15:30 | 家庭菜園・野菜作り | - | - |
トマト麻婆茄子 ほか 収穫野菜を使って
20180726トマト麻婆茄子.jpg


台風の影響で昨夜から今日の午前中まで、本当に久しぶりにまとまった雨が降りました。
西のほうでは大雨による甚大な被害があり、また今回の台風の影響が大変心配されていますが、
一転こちらは酷暑の中の雨不足で、畑はカラカラで、暑さの中、長時間の農作業をするなど不可能に近く、
畑や野菜の世話もままなりませんが、今回の雨でやっと野菜たちもほっと一息つけたのではないかと感じています。

さて、水不足の畑で毎日採れているのが茄子、ピーマン、トマト、きゅうりというのは変わりません。
それらの収穫野菜をともかくも使う、というメニューを毎日考えています。

今日ご紹介するのは、我が家の定番的なメニューでもあるトマトベースの麻婆茄子です。
麻婆豆腐ではなく、茄子にしたのはもちろん茄子を使いたかったからです^^;


【材料】※あるもので作っていますので適当にアレンジしてくださいね♪
豚ひき肉 … 150g
茄子 … 3種類合わせて5本くらい(白茄子のサイズが大きい)
トマト … 大きめからミニトマトまで適当に(多分400gくらい)
長葱 … 1本
麻辣王国 … 大さじ1 ※豆板醤など辛味調味料好みで適宜
中華スープの素(顆粒) … 小さじ2くらい
中国醤油(薄口) … 大さじ1 ※普通の醤油でも勿論OK
水溶き片栗粉 … 適量
油 … 適量

【作り方】
茄子は食べやすい大きさに切ります。
 ※乱切りでも薄切りでも
トマトは2センチ角くらいに切ります。ミニトマトは半分か4等分に。
長葱は粗みじんに切ります。

フライパンか中華鍋に油を入れ、長葱を香りが出るまで炒めたらひき肉を加えます。
ひき肉がポロポロしてきたら、トマトと辛味調味料を加えて炒め合わせます。
水分が少なければ水を適宜加えます。
中華スープの素と醤油を加えて調味します。【A】

茄子を別の鍋で多めの油で揚げ煮してバットなどに取り出し余分な油を落とし、【A】に加えます。
ざっと混ぜて味が馴染んだら水溶き片栗粉でとろみをつけます。


20180726トマト麻婆茄子-2.jpg


普通の豆板醤を使った場合は、花椒(粉末にする)を最後に加えるといいかなと思います。
お好みでオイスターソースを加え、醤油を控えるかなしにしてもいいですね。
わたしもその時の気分で色々なのですが(笑)、ようは美味しければなんでもいいのです。

今年作っている白茄子は、結構な油を吸い、また油を含むことでとろりとした食感になります。
ですので、思いきって多めの油で揚げるようにして炒めてから加えています。


一緒に作ったものを2つ。


☆牛肉とピーマンの炒め物


20180726牛肉とピーマンの炒め.jpg


青椒肉絲と言ってもいいでしょうか。
ちょっと作り方をいつもと変えたんですよね^^;
まあ味はよかったのですが、見た目がね、イマイチでした^^;
次回はまた変えてみようと思います。
味のベースはオイスターソースです。


☆豚のカシラときゅうりの炒め物

20180726豚のカシラときゅうりのネギ塩焼き.jpg


最近豚のカシラ肉というのが結構気に入っています。
赤身なんですが適度な脂肪分もあるらしく、炒めても固くなりにくいようです。
わたしが買うものは3センチ角くらいのコロコロとした形にカットしてあるのですが、
それをちょっと開いてから使っています。

これはきゅうりと炒め合わせてみましたが、生姜の千切りと長葱も加えて
あっさりとした塩味に仕上げています。


翌日のお昼はこれらの残りものを一緒にご飯とともに盛りつけたワンプレートにしました。


201807273色どんぶり風.jpg


ご飯の上に乗せているのは九ちゃん漬けとしば漬けです。
こういうちょっとゴチャっとした感じのご飯、わたしは結構好きなんです。
見た目より美味しいんですよ(笑)。




オマケ。


20180724竹輪と茄子の蒲焼き風.jpg


竹輪と茄子の蒲焼き風?
うーん、甘辛煮?

竹輪は開いて内側に縦に数本切れ目を入れて開きやすくします。
茄子(白茄子)は薄切りにします。
茄子に片栗粉を薄くはたきつけ、多めの油で色づくまで揚げ焼きにし、
バットにキッチンペーパーを敷いて上げておきます。
竹輪にも片栗粉をまぶし、両面焼きます。

油を取り除いて(あるいは別のフライパンを使う)、
醤油:酒:みりん:砂糖:水を2:2:1:0.5:1 くらいに合わせてたものを煮立てて少し煮詰め
茄子と竹輪を入れて絡めます。
味をみて濃ければ水を足す、薄ければ足りないものを足して調整してくださいね。

今回はお弁当箱にご飯を入れて乗せてみました。
ご飯の上には炒り卵を敷いています。
竹輪のほうには山椒の葉を、茄子のほうには粉山椒をふりかけています。
んー、なんとなく気分で(*´m`*)。

茄子は加熱時間を長めにしてトロトロにしたほうが美味しいと思いますが、
竹輪はあまり焼いていると固くなってしまうので、短めで。

はしっこにはしば漬け。









************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************




posted by ゆりり | 17:01 | 家庭菜園・野菜作り | - | - |
カレーのワンプレート(カレー+4種の付け合わせ)
20180715カレーのプレート.jpg


我が家ではできれば週に1度は休肝日を設けましょう、ということで
その日はカレーの日になります(なんとなくそうなってしまった)。
ですが、最近はそれよりもやや回数が多めになっています。
カレーの日が増える=休肝日が増えるのとはちょっと違うのですが^^;

なぜカレーを作るか、、、、
野菜が採れるから。
今現在収穫量が多いのは、きゅうり、茄子、インゲン、人参です。
ピーマンもボチボチ。
ちょぼっとズッキーニが採れたりもします(ミニサイズなので、あっという間になくなる)。
もう少しトマトができてくると嬉しいのですが、なかなか色づきません。

そんな野菜の消費で、1番便利な料理がカレーなので、ついついカレーが増えてしまうというわけです。


我が家のカレーの基本の作り方をちょこっと。

クミンシードを油とともに弱火で熱します。
 ※気分でブラウンマスターシード、アジョワンシード、アニスシードなどを加えたりもします。
ブラウンマスターシードが入っていると、プチプチと弾けてくるのでそれが目安になりますが
クミンシードの場合は、音はしないので香りがたってくるのを目安にします。

そこへ炒めたまねぎを加えて更に炒め、
5分くらいたったらすりおろしたニンニク、生姜を加えて炒め合わせます。
ここでかなりカレーを想像させる香りが立ち上ります。
カレー粉を適量加え、粉っぽさがなくなるまでよく混ぜながら炒めます。
 ※我が家が作る量だと、カレー粉大さじ3〜4くらい

ひき肉を使う場合はここでひき肉を加えて色が変わるまで炒めます。
トマトの水煮を1パックと、そのパックにお水を1杯分加えて煮ます。
味は、塩麹をベースに塩も加え、味をみながらオイスターソースを加えたり、リーペリンソースを加えたり。

ここに、野菜を素揚げして加えていきます。
 ※ひき肉ではなく鶏肉などを使う場合は、野菜の前に加えますが、
  油で炒めてからでもいいし、そのままでも。
  その時の気分で(笑)。
あとは適当にくつくつっと煮ます。
最近は最後に青唐辛子を薄く切ったものを加えています。

使ってしまいたいトマトなどがあればざく切りにして加えます。

辛さがもっと欲しい時にはカイエンヌペッパーも振ったりします。


今回のカレーにはきゅうりも入れてしまいました(笑)。
乱切りにして、こちらも揚げてから加えています。
きゅうりと気付かず食べてしまうくらい、全く違和感がありませんでした^^
きゅうりの消費、カレーもありですね♪



20180715つくりおき.jpg


さて、本日は朝から余りにも暑くて、最高気温もむちゃくちゃなことになりそうだったので
通常朝ご飯の後に行っている畑仕事はお休みにしました。
その代わり、早朝のももの散歩の時に畑に少し水を撒いて、野菜もちょっと収穫してきました。

畑に行かなかったので、その時間で野菜料理を4品作りました。


☆ノーザンルビーのポテトサラダ


20180715ノーザンルビーのポテトサラダ.jpg


前回の記事でじゃが芋の収穫についてと、紫色のシャドークイーンでポテトサラダを作ったことの書きました。
今回はピンク色のノーザンルビーです。
前回ノーザンルビーはガレットにしてとても残念な結果(色的に)になったわけですけれども、
今回はまあまあまあ♡、というくらい、とてもラブリーな色合いになってくれました。

作り方は通常の我が家のポテトサラダとほぼ同じです。
皮付きのまま電子レンジで加熱して、熱いうちに皮をむいてフォークの背などで潰し
白バルサミコ酢をまぶしかけてよく混ぜ、オリーブオイルも少し加えて冷まします。
あとはせっかくピンクなので紫玉ねぎを加えました。
玉ねぎは薄切りにして塩をして揉み込んで暫く置き、水でさっとすすいでから水気をぎゅっと絞ります。
薄切りにしたきゅうりも少し塩をして、水がでたら絞ります。
今回はブラックオリーブと塩漬けケイパーも加え、マヨネーズ少々で和えました。
彩りでピンクペッパーも。


☆紫キャベツのクミン風味マリネ


20180715紫キャベツのクミン風味マリネ.jpg


紫キャベツも冷蔵庫の中にいくつも転がっています。
紫キャベツは比較的日持ちのする野菜だと思いますが、それにしても早く食べないと(*`艸´)。
これは千切りにして少し強めの塩をして水気を絞ります。
その時点で味をみると、お漬け物くらいの塩気。
そこにクミンシードを加えて熱した油をじゅっとかけて混ぜ合わせます。
黒酢もちょこっと加えてさっぱり感も。


☆ちょっと干した白茄子のマリネ


20180715白茄子のマリネ-2.jpg


「揚げてトルコ」という、ちょっとヘンテコな名前の白茄子を栽培しています。
名前の通り、油と相性がよいということです。
揚げ浸しなどにしてもとても美味しいです^^

これを1センチ厚くらいに切り、今日のかんかん照りの庭に2時間ほど出して乾かしました。
少し水分が抜けた茄子に塩をして、オリーブオイルでこんがりと炒め焼きにして容器に入れます。
最後に残った油でニンニクの薄切りを炒め、それを茄子にかけます。
バルサミコ酢を回しかけ、パセリを散らします。
白ワインが進みそうな味(笑)。


☆カラフル人参のサラダ


20180715人参のマリネサラダ.jpg


よく作る人参のサラダです。
一般的なオレンジ色の人参に、紫と黄色とクリーム色、白色の人参も加えました。
まあ、あんまりよくわかりませんけど(*`艸´)。

千切りにして、塩をして水気を絞ったら、塩レモン、蜂蜜を入れて混ぜます。
白バルサミコ酢をほんの少し、オリーブオイルを加えて混ぜます。
味をみて塩気が足りなければ塩を足します。
ペパーミント(ドライ)と、グリーンペッパーを加えます。
ブリーンペッパーはあまり辛くないので多めに、指で潰しながら加えます。
青唐辛子やペパーミントとともに、夏になると青っぽいものが使いたくなります^^

黒っぽい丸いのはブルーベリー。
お酢を少なめにして、ブルーベリーの酸味を加えてみました。
甘酸っぱいというより、少々酸っぱめのものだったので^^;


20180715カレーのプレート-2.jpg


暑い暑いと文句を言っていますが、西のほうで災害に遭われたみなさんのことを思うと
こうして部屋の中でエアコンを使い、水を使えていることの幸せをつくづく感じます。
孫ができ、久しぶりに赤ちゃんのいる生活を見て、
被災地の赤ちゃんたち、お母さんたちはどうしていることかと思います。
一日も早く普段の生活が戻ってきますように。








ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 16:33 | 家庭菜園・野菜作り | - | - |
じゃが芋収穫 〜 じゃが芋と蛸のバジルソース炒め
20180705じゃが芋と蛸のバジルソース炒め-2.jpg


先月はとうとう1度きりしか記事をアップしませんでした(汗)。


さて、今さらながらではありますが、先月の20日から25日まで開催しました
【二人展 料理が微笑む器たち Part2】 にご来場くださいました皆さま、
そして気にかけていてくださった皆さま、本当にありがとうございました。
おかげさまで今回も盛況のうちに終了することができました。

来年も開催する予定ですので(時期は秋になりそう)、
またどうぞよろしくお願いいたします。


会期中、ブログをサボっているにもかかわらず、
ブログの読者ですと言って声をかけてくださるかたがとても沢山いらして、
また、インスタグラムも見てくださっているかたなどにもたくさんお声がけいただき
本当に嬉しく、そして恐縮いたしました^^;

ブログをサボってはいけないな、とその時は強く強く思ったのですが、
結局戻ってくればいつもの日常の中での優先順位が低くなってしまい、、(ーー;)。。。
でも書きたいことは山のようにあるのです(じゃあ書け)。

で、山のなかのひとつがじゃが芋の収穫です。
東京から戻り、なにを置いてもほったらかしだった畑の世話に取りかかりました。
わかってはいたことですが、雑草だらけ、青虫だらけ(TOT) 。
そして、伸び放題になっていたトマトたちを整えたり、茄子やピーマンも整枝したり、
伸びたツルの重さで崩壊しかかっていたインゲンの支柱を補強したり。
あれやらこれやら。

そうやって少し落ち着いたところで、じゃが芋の試し掘りをしてみたのです。
そうしたら、もう結構いい状態だったので、一気に夢中になって掘ってしまいました。


20180703じゃが芋.jpg


左が男爵、ピンク色がノーザンルビー、紫(黒っぽい)がシャドークイーン、右がキタアカリ。
シャドークイーンは、まだ花が咲いているものがあって、それは試しに抜いたけど小さかったので
もう少し置いておくことにしました(あと5株くらいかな??)。

で、男爵なんですが、じゃが芋用に作った畝が少し残ってしまったので
追加で500g種芋を購入して他より1週間くらい遅く植えたのですが、1番早くできて収量も多かった。
やっぱり作りやすい品種なんですねえ。
ちなみにほかは1キロずつ。
じゃが芋って、普通に作れば種芋の10倍から20倍の重さが採れるそうなんです。
うーん、男爵は合格として、、他はどうでしょう。
ギリギリセーフか、足りないか^^;
でもまあ、じゃが芋が50キロあってもね、ってことでこれでよし(笑)。


さて、小粒のものも多かったですが、それなりに大きく育っている芋もあって
よしよしと思っていたのですが、そんな芋に虫喰いが(×_×;)。。。


20180703じゃが芋-2.jpg


この一見綺麗に見えるかもしれない芋の裏側にはポカっと1〜2センチくらいの穴が開いているのです。
芋ごと、虫の家になってしまっているようなものはさすがに処分しましたが、
このくらいならそこを削れば食べられる、と持ち帰りすぐに使うことにしました。


そのひとつが蛸との炒め物です。


20180705じゃが芋と蛸のバジルソース炒め.jpg


バジルソースで和えています。
バジルはトマトのコンパニオンプランツとして植えてあるもの。
まだトマトの収穫は先ですが、バジルは結構大きくなっていて、ソースを作るのも2度目です。

バジルソースは、オリーブオイルとクルミ、塩少々をフードプロセッサで撹拌します。
アンチョビとかケイパーとかお好みで入れてもいいですね。

で、茹でたじゃが芋、インゲンと蛸をオリーブオイルでさっと炒めてバジルソースで和えるだけ。
インゲンはフランスの種を蒔いて育てた、少しほっそりタイプのものです^^
塩が少し足りなかったので塩漬けケイパーとブラックオリーブも加えました。
ビールや白ワインなどのおつまみにぴったりです♪



さて、紫色とピンク色の芋も使いました。


20180704じゃが芋ワンプレート.jpg


紫のシャドークイーンはポテトサラダに。
紫玉ねぎときゅうり、自家製ツナを合わせています。
芋を茹でたら、白バルサミコ酢をまぶしてフォークの背で潰し、オリーブオイルもすこしかけておきます。
冷めたら、玉ねぎときゅうりを塩揉みしたものとツナを加えて、
ギリシャヨーグルトとマヨネーズを半々くらいに混ぜたもので和えます。

ノーザンルビーはガレットにしたのですが、、、、
可愛いピンクのガレットになると思ったのですが、、、、
なんとも微妙〜〜〜な色合いのものができてしまいました。
ちょっとガッカリでしたllllll(-ω-;)llllll



最後に。。。




じゃが芋と茄子とピーマンの炒め物。
これは東京滞在中、息子のところに泊めてもらっていたのですが
その時にお嫁ちゃんと話をしていたら
「わたしは茄子とピーマンとじゃが芋を炒めたものがすごく好きです」と言っていて
わたしは「へー、じゃが芋を入れるんだ!」とびっくりしたんです。
それが頭にあって、使ってしまいたかった虫喰いじゃが芋で試してみたのです。

で、これはこれで美味しかったのですが、後で調べたら
どうも本当は(?)じゃが芋は皮付きで、どの野菜もゴロゴロっと切って作るらしい。。。
今回は傷んだところを切り落しながらだったので、こうなってしまったけど
次回はゴロゴロでやってみようと思います。

ちなみにお嫁ちゃんは中国の出身で、このもとの料理は
旬の野菜を三つ合わせて作る、中国東北地方の名物料理“地三鮮(ディーサンセン)”というものらしい。
ご飯もビールも進む味ですね^^




☆料理教室につきまして

お休みいただいている教室ですが、
二人展の時にも何人かの方からお問合せいただいたりして、
何かいい形でできないものかと色々無い知恵を絞って考えているところです。

今後の「なにか」のお知らせを欲しいかたはお問合せフォームよりお願いいたします。

よろしくお願いいたします^^





ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************






posted by ゆりり | 16:18 | 家庭菜園・野菜作り | comments(0) | - |
間引き人参の天婦羅 ほか
20180527間引き人参の天婦羅.jpg


ブログの書き始めが「すっかりご無沙汰しています」的なことが定着しつつあり
これはマズいよとは思っているのですが、これがなかなか(^-^;)。。。

さて。
東北南部も梅雨に入り、この一週間はぐずぐずした天気になるという予報でしたが、
どうも外れてしまったようで、爽やかな(今朝なんか涼しいというか、肌寒いというか)気候の鏡石町です。
なかなかトレーナーなどの長袖を片付けられない陽気でも、
畑の野菜はムクムクと育ち始め、葉もの野菜などは収穫の適期を逃すとあっという間に巨大化し、固くなり、
その上暖かさとともにどこからともなくわき出してくる害虫たちによって丸裸になったり、
まあ、農作業は冬に比べて数倍手間がかかるようになってきました。

そんな中、間引き人参が可愛くて美味しくて引き抜くのが楽しいのです^^
人参の葉っぱは今のところ全く虫の被害に合っておらず綺麗なままです。
大きくなってしまえば葉は固くなってしまうので、葉っぱの美味しさを味わえるのも今のうちかなと思います。


20180609ブロッコリーと間引き人参.jpg


そういえば、ブロッコリーが採れすぎて、、、^^;
茎ブロッコリーと、普通のブロッコリーを5株ずつ植えたのですが、、多過ぎた(爆)。
茎ブロッコリーは畑に行けば毎日採り頃のものが数本あるのですが、
その他、大きなブロッコリーを収穫した後にも脇芽が大きくなって、それもそれで収穫できてしまうのです。
有り難いことですが、消費が追いつきません。。。


で、間引き人参はだいたいそのままトースターで焼くか、油で素揚げするかなのですが
天婦羅もおいしいです。
小さい人参の形が可愛いので、葉っぱは葉っぱで、根のほうは根のほうで作りましたが、
もう少し大きくなったら、人参を細く切って葉っぱと混ぜてもいいですね。

わたしは実は天婦羅が得意ではないので^^; (長いこと天婦羅は外で食べるべきものと思っていた(汗))
市販の天ぷら粉を置いておいて、思い立ったらそれでささっと作ってしまいます。
水ではなく炭酸水を使ったりもします。
先日テレビで、天婦羅は粉も卵も水もすべて冷やしておけば失敗しないと言っていましたが、
我が家では粉は勿論、卵も常温保存なので、思い立った時にすぐに作るにはやっぱり市販の粉になってしまいます。
老夫婦2人分だし、ちょちょっと作るのに楽なほうへ流れていくこの頃です(笑)。


20180530間引き人参の素揚げ.jpg


こちらは人参の素揚げです。
もうそのまま油に投入して揚げるだけ。
塩をパラパラっとしていただきます。
葉っぱがパリパリしてとても美味しいです。
家庭菜園ならではの贅沢かもしれないなと思います。



ここから少し溜まった写真を^^
丁度一週間後からスタートする二人展「料理が微笑む器たち Part2」で展示する写真を中心に。
勿論これらの器は販売もします(笑)。


201805252018-二人展候補.jpg


焼きカレー、、というのかな。
残りもののカレーにチーズをかけてオーブンで焼きました。
喜多窯 霞仙さんの器は基本的に直火以外OKなので、こういう使い方もできます^^


20180530オープンサンド.jpg


オープンサンドです。
マスカルポーネを塗って、スモークサーモン、ゆで卵、ラディッシュ。
ゲランドの粗い塩と黒胡椒でシンプルに。


20180602ライスサラダ.jpg


あんまり夫に評判のよくなかった(`m´#)洋風ちらし寿司(ライスサラダ)。
ご飯は雑穀入りご飯で、すし酢を混ぜています。
それに、スモークサーモン、蛸、トマト、レタス、トマト、赤い分葱、
パルミジャーノ、ドライパックの金時豆、ジューンベリー、レモンを乗せて、
オリーブオイルを垂らして、塩と胡椒。
わたしは好き、、というか、多分女性にはウケると思います♪


20180606チキン南蛮-2.jpg


サラメシを見ていたら、とある会社の社食の定植でチキン南蛮が出てきて
とても美味しそうだったので、丁度材料も揃うので、と作ったプレートです。
もうちょっと衣を分厚くするんだったかなあ??

鶏の胸肉に小麦粉をまぶして卵にくぐらせ、じっくり揚げます(今回は特に厚みそのままだったので)。
それから甘酢に浸します。
甘酢は醤油・酢・砂糖を同量で、味をみて好みで調整すればいいかなと思います。

タルタルソースは、マヨネーズ100mlにヨーグルトを大さじ2混ぜました。
あとはゆで卵2個、収穫した玉ねぎの中のうんと小さいのひとつ、ニンニクひとかけ、
きゅうりのピクルス2本、パルミジャーノ(粉)を大さじ2くらい、塩小々。


20180611タラのフライ.jpg


タラと、収穫した玉ねぎのフライ。
こちらのタルタルソースは、チキン南蛮のソースがあっさり過ぎたかも?という反省のもと、
ヨーグルトをやめて、塩漬けのケイパーも加えました。

それぞれ小麦粉をまぶして、卵+炭酸水+小麦粉を合わせたものにくぐらせ、パン粉をつけて揚げます。



オマケ。

20180530チキン南蛮.jpg


何度見ても作り物めいた色合いが不思議なスイスチャード。


20180605玉ねぎ.jpg


玉ねぎ。
小さいのも多かったですが、去年に比べれば上出来♪
借りている畑であてがわれている小屋のスペースに干しています。
赤いのも含めて、全部で200個ちょっとくらいでしょうか。




東京へ行く前に、もう1回か2回、溜まっている写真やネタをアップしたいものです(汗)。



ひらめき二人展の期間中、わたしは基本的に12時頃から閉めるまで在廊予定です♪


DM-写真面-web用最終.jpg

DM?宛名面-web用最終.jpg








************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************

posted by ゆりり | 14:36 | 家庭菜園・野菜作り | comments(0) | - |
畑 〜 秋冬に向けて
20170927畑全景.jpg


子ども時代にはこのあたりに住んでいたわけですし、こちらに越してきて丸3年がたっていますから、
福島の秋の訪れ、そしてその深まり具合の早さについては分かっているつもりでいるんですけれども、
いるんですけれども、、早い。
寒い。なに、この寒さ、、っていうくらい、一気に冷え込んできています。
特に朝晩はヒートテックでも出そうかなと思うことがあるくらいです(大げさか)。

さて、そんな中、春から始めた本格的(?)家庭菜園は秋冬シーズンに突入です。

ねこ ここでご注意 ねこ
今回はやたら写真が多いです。
それも興味のないかた、、っていうか、わたし以外のかたにはほぼ同じに見えるような写真ばかりです。
でも、子どもやペットの写真をやたら撮りたくなるように、畑の写真もやたら撮りたくなるのです。
というわけで、ご興味がちょっとでもあるかたのみ、ご笑覧くださいませ。

トップの写真は昨日の様子です。

手前の列は右からスティッキオ(細めのフェンネル)、発芽したばかりのスイスチャードとミニ青梗菜、奥が大根。
2列目は4種類の人参、隣は大根3種(紅芯、紅くるり、短大根)。
3列目はミニ白菜、隣に見えてないですけどほうれん草。
4列目は芽キャベツ、プチヴェール(緑と紫)、スティックブロッコリー。
その奥は、、、ネットがかぶったりしてるところからは別写真で。

詳細(*´ー`*)。


20170927畑-2.jpg

手前は普通の(?)大根。
奥が、先に蒔いた3種の大根。

20170927畑.jpg

発芽したばかりのスイスチャードと、奥はミニ青梗菜。
可愛い♡

20170927畑-4.jpg

真ん中のミニ白菜は、種まきからちょうどひと月くらいたったでしょうか。
虫喰いもありますが、順調に育っています。
奥に見えているのは唐辛子とかピーマン。
まだ採れているんですよー。

20170927畑-5.jpg

スティックブロッコリー、プチヴェール、芽キャベツの列は、随分背丈が大きくなり、
小苗の時には防虫ネットをしていましたが、窮屈になったので外しました。
プチヴェールはどうやって収穫するのかよくわかっていません^^;
でもケールと芽キャベツの交配種ということですので、芽キャベツと同じかな?
かきとった葉はケールと同じようにグリーンスムージーに使えるとどこかで読みました。
・・・グリーンスムージー、また始める(*´ー`*)?

20170927畑-3.jpg

ほうれん草は最初に種を蒔いた時に発芽しないので、不思議だなあと思い、
酸度計という、土のPHを調べる器具を買って調べてみたところ、土が大分酸性に傾いていて
レタス、ほうれん草だけは中性からアルカリに近いほうがよいと知ったので有機石灰を加えて蒔き直し。
途中急にパタリと倒れる苗もあるのですが(ネキリムシとかいうヤツの仕業か?)ほぼ順調に育ちつつあります。
間引きしたものも美味しくいただいています。


20170927畑-6.jpg

背の高い野菜たちの隣には紫キャベツ、奥には紫芽キャベツ。
もう少し大きくなるまでネットで防虫します^^

20170922畑.jpg

5日前くらいだとこんな。
小苗を植えたのが2週間前くらいかな?
ぐんぐん育っているのを見ると、感動します。


20170927畑-13.jpg

こちらは最初に植えたミサキという種類のとんがった形のキャベツ。
これはひと月ほど前に植えたのですが、早くできる品種のようで、すでにひとつ、試しに収穫してみました。

奥の左は白菜で、防虫ネットを被せていたのですが成長して窮屈そうだったので外しました。
右のネットをかぶっているのは、違う種類のキャベツ。まだ小さいのでネットで防御。




収穫したキャベツ。
たかがキャベツ。
それがなんでこんなに嬉しいのか。
葉は柔らかく、ものすごく美味しいです。


20170927畑-16.jpg

防虫ネットを外した白菜の全容(笑)。白菜っぽくなっていますよね。
でもひとつが虫の餌食になっていました!!!
まあ、いいです。ひとつだけなら。
・・・実は白菜は自分で種を蒔いたミニ白菜に、苗を買ったのがこれ10個と、あと種類違いで3個、5個とあります。
全部順調に育てば、そして上手に保存できればこの冬は白菜を買わずに済むのでは?と思っています。
虫、病気に注意ですね。


20170927畑-11.jpg

炒め物にむいているというレタス。
これは小苗を植えてから3週間ほどでしょうか。
薔薇のようなきれいなレタスになりました。もう少し大きくなるのかな。

20170927畑-10.jpg

自分で蒔いた種がなかなか発芽せず、痺れを切らして頼んだレタス。
まだ植えて1週間にもならない小苗ですが、大きくなっていくのが楽しみです。
奥にはリーフチコリ(きれいな模様が出る予定)も。

実はキャベツ類も種を蒔いたのですけど、発芽してから雨ばかりだったせいか徒長して全然大きくならず。
なのでキャベツの苗も買ったというわけです。
育苗って難しいですね(×_×;)。


20170927畑-8.jpg

キャベツと一緒に育苗していたけど、結局うまく育たなかったコールラビ。
直接蒔いちゃいましたー。
発芽したので、これからちゃんと育ってくれることを祈ります。


発芽シリーズ続きます。

20170927畑-9.jpg

なんだかわからないですよね(爆)。
外国の、チコリミックスというの。
なんとなく列になってボチボチと芽が出ているのが確認できます。
このスペースがカラフルなチコリで一杯になる!のではないかと期待しているのです。
その前にブーケレタスという、やはり海外の種子を蒔いたのですが、2回蒔いて一向に発芽せず。
うーん。海外の種子って、難しいのかなあ。
日本のメーカーの種も生産国を見ると、ほとんど海外になっているのだけど、
やはりそれはそれ、日本の気候風土に合うものを作っているということなのか。

20170927畑-12.jpg

これもわからないですよね(`m´#)。
雑草と紛れていますが、なんとなく3列になっているのがマーシュです。
(ばら蒔きにしたら、発芽したのがわからなかったかも、、、)
お店でもほとんど見ることのない葉っぱかもしれないですね。
わたしも東京にいた時に、ナショナルスーパーなんかで見かけたり、
おしゃれなフレンチのお店で付け合わせになっているのを見たり、とそんな感じです。
というわけで、見た目は雑草っぽくなくもないのですが
見方によってはお洒落なマーシュ、、、
海外の種を蒔いたら、これまた全く発芽せず。
日本の種(コーンサラダという名前で売られて場合も)を見つけたので蒔いたら、発芽してきました。
本来すごく簡単にできるはずのものらしいのですが、、、
レタスミックスもそうですけど、海外の種子のお洒落なパッケージにどうも弱くて(×_×;)。
ともかく発芽したことですし、もうひと月もしたら収穫できるのではないかと思います♪

20170927畑-7.jpg

こちらはケール。
ケールも2種類蒔いてみました。
海外の種でもちゃんと発芽するものもあります(笑)。
寒さに強く、霜にあたったくらいのほうが美味しくなる、とのこと。
ほんとかなーと思いながら成長を見守り中。



発芽シリーズは終わって再び少し大きくなってきた野菜。

20170927畑-18.jpg

ここには3種類のカブとラディッシュがあります。

左の列はスイカラディッシュという、紅芯大根のミニチュア版みたいなもの。
実物を見たことがないので、どんな風になるか楽しみです。きっと可愛い♪
真ん中は「もものすけ」というピンクのカブ。皮がつるりとむける最近出てきた人気品種らしいです。
そして右側が大根ラディッシュ。。。なんじゃこりゃ。って感じですが、、、種を買った記憶がないのですが(笑)。
紫色のミニ人参くらいのサイズのラディシュかな?と思っています。

20170927畑-14.jpg

普通のカブ。
新たに、白いのと赤いのと、種を蒔きました。
冬は根菜類が美味しいですもんね♪



別の角度からの畑。あまりこちら側からは撮っていないんです。

20170922畑-3.jpg

20170922畑-2.jpg

このあたりは地味な野菜が固まっていて、長葱、生姜、アスパラガスは主に夫の担当です。
2枚目のネットの横にあるのが生姜、その奥がアスパラガスです。
自分で育てるまで、どうやって育ち、収穫されるのかわからない野菜が結構あることに気がつきます。



20170927畑-19.jpg

そろそろ夏の野菜の片付けも最終段階に近いです。
トマトを引き抜き、一緒に植えていたバジルもきれいな葉だけ仲良しのピッツェリアに持っていました。
整地した右隣はカリフラワー類。オレンジとか紫色のとか、ロマネスコなど。
その前にある人参はゴルフボールみたいな形になるらしい^^
そして、紅芯大根がここにも。

左手奥にあるのは茄子です。
夏の茄子が終わってから切り戻し、今は秋なすが採れます。


20170927畑-20.jpg

バジルは、まだ2株抜けずに残っています。
ずっと収穫を繰り返しているので、脇芽が伸びてまだ柔らかいんですよね。
でもこの寒さだから本当の本当にそろそろお終いかなー。
脇芽を適当に土に挿しておいて根付いたトマトも実を付けていて、それの片付け時期も迷い中なのです。


20170927畑-17.jpg

同じくコンパニオンプランツとして植えていたニラは別の場所に植え替えました。



さてさて。
長々と書きました。
それでもまだご紹介できていないものもあって書き足りないのですが、きりがない(笑)。


20170903畑全景.jpg


今月始め頃の畑です。
3週間とか4週間で、畑の様子が随分変わりました。
これからどんどん寒くなってくると、植物の成長速度はもっとゆっくりになっていくでしょうから
あまり劇的な変化は見られなくなるかもしれません。
でも朝な夕なに畑を訪れて、見渡し、雑草をつまんだり、葉っぱに齧りついている虫をやっつけたりしていると
なんとも言えない充実感を感じます。

細々と続けている教室。
時々続けていくことに自信がなくなったり、その存在意義に疑問を感じたりしてしまうのですが
教室でここの野菜を使うことはできないかと思ったりもするのです。
まあ、、、先のことはあまり考えてもしかたないですね^^









ひらめき10月のお教室 - イタリアンランチの献立


20170920料理教室メニュー.jpg


*じゃが芋のニョッキ
*サーモンとアボカドのタルタル
*豆腐のチーズ焼き
*バナナのソテー(デザート)です。
*その他にヌードルメーカーでパスタを作り(デモンストレーション)、豆腐のチーズ焼きで使ったミートソースを添えたものもの試食して頂く予定です。

【開催日】2〜4名様で開催いたします。10時半〜13時半  
13日(金)  … 残2名様
14日(土)  … 残2名様
21日(土)  … 満席
22日(日)  … 残3名様
28日(土)※追加日  … 満席


*教室へのお問合せ、お申込はHPのお問合せフォームよりお願いいたします。

万が一お問合せフォームでお送りくださったのに丸一日たってもこちらからご連絡がない場合は、大変恐れ入りますがブログの最新記事にその旨コメント欄にお残しください。
その場合、メールアドレスを記入する欄がありますので、そちらにアドレスを書いてください(ここには掲載されません)。

ブログやHPに教室の案内を掲載する前に、これまで教室のご参加くださったかた、また事前にメールアドレスを登録いただいた方にご案内をお送りしています。
お教室への具体的な参加予定がまだないかたでも、今後早めに日程等をお知りになりたいかたは上記フォームよりご連絡ください。







************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************



posted by ゆりり | 13:28 | 家庭菜園・野菜作り | comments(5) | - |
丸ごとピーマンの肉詰め & 鶏つくねのピーマン添え
20170719丸ごとピーマンの肉詰め-2.jpg


夫が、「もう茄子とピーマンときゅうりはいい。見たくない」と言っています。
多分、インゲンもだろうなあと思います(`m´#)。
おかげさまで、一時のピーマン天国(地獄)からは一瞬開放されている感じはしますが
相変わらず、畑に行けば有り難いことになにかしらの収穫があり
それらは、相も変わらず(当たり前だけど)同じ種類の野菜なのであります。

家庭菜園を始める時夢想することは、きっとだれしも同じようなものだと思うのです。
まずはきちんと収穫できること(その時点では「わー、採れすぎちゃってどうしよう♡」と嘆くことなども含まれます)、
そして、その日食べる分だけ過不足無く収穫できた色んな種類の野菜で、可愛らしいバスケットが満たされる牧歌的な風景。。。
しかし。現実は違います。
いや。嬉しいんですよ。本当に。たくさん採れて。
でもその中で、時期を間違えたのか、ともかく食べたかったのになあと思うものが失敗したりもして
あっという間に収穫時期が終わってしまったものもあったりして、
相変わらず、我が家はきゅうりとピーマンと茄子といんげんの日々なのです。
(きっと間もなくそこにトマトも加わるでしょう)

それでも、それらの野菜が終わり、いずれマーケットで購入することになったら
それはそれで、とても寂しい気持ちにもなることでしょう。



さて。今日ご紹介する2品は、そんなピーマン天国真っ盛りの先週作ったものです。
まずは丸ごとピーマンの肉詰めです。


20170719丸ごとピーマンの肉詰め.jpg


ピーマンや椎茸の肉詰めはよく作りますが、丸ごとのピーマンに肉だねを詰める、というのは
知ってはいたけれどもしたことがなかった作り方です。
で、やってみたところ、これは思っていたよりずっと美味しいものでした。
肉汁が逃げないので旨味がぎゅっと凝縮されているのです。
普通の半分に切ったピーマンに詰めるのと、中身的には一緒なのですが、一応レシピを書いておきます^^


【材料】
ピーマン … 10個〜12個 (あまり大きくないほうが作りやすいと思います)

☆肉だね
 合い挽き肉 … 400g
  ※塩 … 肉の1.2%
 玉ねぎ … 1/4個
 椎茸 … 3枚
 パン粉 … 15g
 牛乳 … パン粉をしとらせるくらい
 卵 … 1個
 胡椒・ナツメグ・ローリエ(粉末) … 適量

油 … 適量
ソース・ケチャップ … 適量

【作り方】
☆肉だね
玉ねぎと椎茸はみじん切りにします。
パン粉は牛乳にしとらせ、あまり水分が多い場合は軽く絞ります。
ボウルに合い挽き肉と塩、スパイスを加えてよく捏ね、
粘りが出たら他の材料を加えて全体をよく混ぜて更に捏ねます。

ピーマンのヘタの部分と種を取り除き、肉種を隙間の無いように詰めます。
フライパン、グリルパンなどで転がしながら焼き、焼き色がついたら弱火で蒸焼きにします。

好みでソースとケチャップを合わせたものを添えます。


肉だねは、丸ごとより半分に切ったほうがたくさん入りますよね(もりっとさせると思うので)。
なので、もしかしたら野菜が得意ではないお子さんなどには不評かもしれませんが^^;
じんわり火の通ったピーマンとお肉の旨味がぎゅっと一体化してとても美味しいので、
いい感じのピーマンが手に入ったらぜひ試してみてくださいね♪



さて、もうひとつです。
鶏つくねのピーマン添え。


20170718つくね&ピーマン.jpg


これは、「孤独のグルメ」の記念すべき初回に放送されたものらしいのですが、
我が家で孤独のグルメを知ったのはだいぶ遅くになってからで、
ウチでこれを知ったのは大田一彦さんの居酒屋紀行的番組だったと思います。
ある居酒屋さんでつくねを出していたところ、あるお客さまから生のピーマンが欲しいと言われ、
そのお客さまがピーマンにつくねを入れてバリっと食べたと。
それから定番になっていったというようなことだったと思います。

ですので、まあ、普通にご家庭で作るつくねに生のピーマンを添えていただければよい、というそれだけなのですが(笑)。
一応、レシピ。


【材料】
鶏ももひき肉 … 250g
鶏むねひき肉 … 200g
長葱 … 1本
大葉 … 20枚
椎茸 … 3枚
味噌 … 大さじ1〜

○酒・醤油・味醂 … 各大さじ1くらい(味をみて調整してください)
油 … 適量

卵・ピーマン … 適宜

【作り方】
長葱、大葉、椎茸はみじん切りにし、鶏のひき肉と合わせて混ぜ、味噌を加えさらによく混ぜ食べやすい大きさに丸めます。
フライパンに薄く油を敷き、つくねの両面にうっすら焼き目がつくまで焼いたら、○を加えて蒸焼きにします。

好みで卵黄を添え、半分に切ったピーマンに挟んで食べます。


20170718つくね.jpg


わたしはこの食べ方が非常に気に入りました♡
つくねはもう、この食べ方以外ないのではないか、と思ったくらいで、それを夫に告げると
「いや、つくねだけでも旨いよ」という返事。。。
まあ、そうなんだけれども!
そうなんだけれども、ピーマンと一緒にばりっと食べると旨いでしょ??と、、思わないんかい?

これはそうですねえ、好みの問題ですから。
だいたい夫は、野菜を作り始めてから、色んな野菜に関して
「○○って、たいして旨いもんじゃない」的な発言をよくするようになりました。
野菜好きじゃなかったっけ?と不思議に思うのですが、
実は身体のために食べなければならないという義務感だけで野菜を摂取していたのかも。
名誉のために申し上げておきますが、
ウチの野菜が不味いわけでは、決してないのです。
きゅうりだって、ピーマンだって、茄子だって、いんげんだって、どの野菜だって
みんなみんな、本当に美味しいんですよ。

ま。
そうは言っても、さすがに持て余してはいるんですけど|ω´・;)



20170719枝豆.jpg


枝豆。
初収穫で1本だけ抜いてきた日の記念撮影。
枝豆、実が太ってきたものから順次少しずつ収穫して楽しんでいます。
本当に美味しい(*´ー`*)!





とうもろこし、こちらも初収穫の記念撮影。
これも美味しかったなあ〜〜〜〜!
しかし、、最初に植えたとうもろこしは4回(?)かな収穫してもう終わってしまいました。
大分遅れて、残っていた種を撒いたのですが、はたして収穫にもっていけるのでしょうか。
うんと畑が広ければ、とうもろこしをもっと大量に作りたいです。
・・・と言いつつ、またとうもろこし地獄になると愚痴が出ると思われるので
「もう少し食べたかったなあ」というところで終わるくらいがいいのかも?ですね。







************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 06:52 | 家庭菜園・野菜作り | comments(0) | - |
ロッソビアンコのソテー ほか
20170711茄子のソテー-3.jpg


ずっとご案内を続けていました二人展「料理が微笑む器たち」が無事に終了し、
福島に戻ってきて、あっという間に1週間がたってしまいました。
会場においでくださった皆さまはじめ、本当に多くのかたに助けていただき
おかげさまで会期中はずっとたくさんのお客さまで賑わう大盛況となりました。
みなさまに、心から感謝申し上げます。
ありがとうございました!


さて。。。
約10日ぶりに畑に出て見ると、そこはジャングルと化しておりました(爆)。
いやあ、すごかった。
野菜の成長もさることながら、生い茂る雑草の勢いは半端ではなく、
そしてまた、青虫たちの食害も半端ではありませんでした(TOT) 。

戻ってきてからは暑さも厳しく、畑の整理もなかなか進みませんが
ダメなものはダメと諦めることを知りllllll(-ω-;)llllll、
順調にいっているものには、よしよしと声をかけつつ向き合っています。

さて今回のタイトルの「ロッソピアンコ」ですが、イタリアの茄子です。
そしてもうひとつ育てているヨーロッパの茄子は「アレキサンドリア」というフランスの茄子。


20170711茄子のソテー.jpg


茄子の集合写真の右側、コロンと丸いの2つがロッソピアンコ、長い卵みたいな形のがアレキサンドリア。
ちなみに左は日本の茄子2種で、普通の(?)と丸っこいのです。
こういう写真というか、野菜の姿、わたしはいつも美しさに感動します。
このツヤツヤと輝く茄子を自分たちの手で育てたのかと思うと、身体の中から迸るような喜びがわいてくるのです。

という感動はひとまず置いといて、、、茄子は普通、油と相性がいいといいますよね。
このロッソビアンコ、もりもり採れるようになれば色んなものに使ってみたいと思うのですが、
とりあえずは味見、ということでシンプルにオリーブオイルでソテーしました。
ついでに(笑)、アレキサンドリアも。


20170711茄子のソテー-2.jpg


たっぷりめのオリーブオイルでごくごく弱火で炒めて、ふにゃんと柔らかくなってきたらお皿に取ります。
ロッソビアンコにはイタリアのシチリア島のマリーノの塩、アレキサンドリアにはゲランドの塩。
・・・・・まあ。
・・・・・こだわったようなふりです(`m´#)♪
そして、黒胡椒を挽いて、パセリを刻んで振りかけました。

お味はね。
わ〜〜〜〜!!!美味しい〜〜〜〜〜〜〜!!!
と飛び上がるほどではありませんでしたが(笑)、ロッソビアンコのほうが加熱により、よりトロトロとするようでした。
アレキサンドリアのほうは、普段食べている日本の茄子に近い味かな?と思いました。
まあ、日本の茄子も美味しいですからね^^
今度はそれぞれ、他の野菜や食材と組み合わせてみようと思います♪


ちなみにこれらの茄子は昨日収穫したのですが、収穫物全体はこんなふうでした。


20170711畑の収穫野菜-2.jpg


左から、ミニッコリー(ブロッコリーのミニサイズ)、ミニカリフラワー、きゅうり、茄子4種、マイクロトマトちょっと、青唐辛子、ピーマン&パプリカ(まだ緑)、ツルムラサキ、ミニトマト、紫キャベツ。

畑の側にある木のベンチに収穫した野菜を並べていくのですが、
その美しさにもまたいちいち感動しています(笑)。

紫キャベツ(ルビーボール)がありますが、今年のキャベツの収穫はこれが最後です。
わけもわからず苦労して種から育てた苗を植えていましたが、突然の青虫攻撃にやられて、
気がついた時にはほぼダメになっていて、その後、とりあえず収穫できそうなものから収穫していました。
ミニキャベツと、このルビーボールはそれぞれ5個くらいずつは採れました。

ミニカリフラワーとミニッコリーも種から。
これもどうなることかと思っていたのですが(まだ思っている)、なんとかかんとか少し収穫できました。
青虫にやられる前に、もう少し大きくなって収穫までいけるといいのですが。


20170711畑の収穫野菜-3.jpg


あとは、、、




この、紫の尖ったキャベツ。綺麗でしょう。
これがやっとひとつだけなんとか採れました。
このキャベツは葉が柔らかくて千切りサラダにしたらとても美味しかったです。

そして、とんがりキャベツの緑色バージョンは、全滅しましたllllll(-ω-;)llllll
完全に青虫の食堂と化しておりました。
苗作りに手間取ったことと、新しい畑を借りることになってそれが4月からだったので
ちょっと準備が遅かったかなと思います。
キャベツは秋冬にまた再チャレンジしようと思っています。


青虫被害についてしつこく書いてしまったけれども。
・・・・わたしはね。
青虫にも多少はおすそ分けしてあげることにはやぶさかではないんですよ。
ただ、全部につくことはないでしょうと思うわけです。
キャベツが1列あったなら、はしっこの1個を皆で食べればよい。
カリフラワーやミニッコリーなどの葉っぱが食べたければ、端っこの1個を皆で食べればよい。
そのはしっこがなくなったら、みんなで次に移ればよい。
それが、はしからはしまで、全てにくっつくのが許せないわけです。
むーん。
無農薬栽培とか簡単に言いますが、これはね、大変な問題です。
人間が食べる分がなくなっっちゃうんですから。



そして気になっていたじゃが芋、最後の収穫が「デストロイヤー(グラウンドペチカ)」。
なかなか花が終わらず、男爵やインカの目覚めを収穫した時に試しに抜いたら、全然芋がついていませんでした。
それで暫くほっとこうということで、東京から戻って3日後くらいだったかな??に掘ってみました。




じゃーん。
というわけで、たくさんの立派なじゃが芋を収穫できました♡
ぽくっと美味しいじゃが芋です^^


さらに。


20170705収穫野菜.jpg


東京から戻った翌日の収穫してきたもの。
グリーンボールは、青虫にやられたところを剥いたら大分小さくなりましたが^^;
甘みがあり柔らかくとても美味しかったです。

ズッキーニは、うーん。
なかなかうまくいきません。
こちらのマーケットでは100円も出せば、綺麗で立派なのが買えるので、複雑です。
(ズッキーニに限らず、ではありますが)


20170705収穫野菜-2.jpg


コールラビも収穫。
不思議なことに、紫色のほうはちゃんと育ったのですが、白いのがうまくいきませんでした。
種の会社が違ったかな?
保存性がある野菜だそうです。
また作ろうと思います^^


野菜について長々書きました^^


二人展ですが、来年も同じ場所で開催することになりました。
また新しいものをご提案できればいいなと思っています。
ちなみに茄子のソテーのお皿は今回提案させていただいたオクトゴナル(八角)皿です。
DMにも使い、とても評判がよかったもののひとつです。
わたしもお気に入りで、ほんとによく使っています^^








************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 09:04 | 家庭菜園・野菜作り | comments(0) | - |