CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
2015年5月より、少人数制の料理教室もスタート♪
畑 〜 秋冬に向けて
20170927畑全景.jpg


子ども時代にはこのあたりに住んでいたわけですし、こちらに越してきて丸3年がたっていますから、
福島の秋の訪れ、そしてその深まり具合の早さについては分かっているつもりでいるんですけれども、
いるんですけれども、、早い。
寒い。なに、この寒さ、、っていうくらい、一気に冷え込んできています。
特に朝晩はヒートテックでも出そうかなと思うことがあるくらいです(大げさか)。

さて、そんな中、春から始めた本格的(?)家庭菜園は秋冬シーズンに突入です。

ねこ ここでご注意 ねこ
今回はやたら写真が多いです。
それも興味のないかた、、っていうか、わたし以外のかたにはほぼ同じに見えるような写真ばかりです。
でも、子どもやペットの写真をやたら撮りたくなるように、畑の写真もやたら撮りたくなるのです。
というわけで、ご興味がちょっとでもあるかたのみ、ご笑覧くださいませ。

トップの写真は昨日の様子です。

手前の列は右からスティッキオ(細めのフェンネル)、発芽したばかりのスイスチャードとミニ青梗菜、奥が大根。
2列目は4種類の人参、隣は大根3種(紅芯、紅くるり、短大根)。
3列目はミニ白菜、隣に見えてないですけどほうれん草。
4列目は芽キャベツ、プチヴェール(緑と紫)、スティックブロッコリー。
その奥は、、、ネットがかぶったりしてるところからは別写真で。

詳細(*´ー`*)。


20170927畑-2.jpg

手前は普通の(?)大根。
奥が、先に蒔いた3種の大根。

20170927畑.jpg

発芽したばかりのスイスチャードと、奥はミニ青梗菜。
可愛い♡

20170927畑-4.jpg

真ん中のミニ白菜は、種まきからちょうどひと月くらいたったでしょうか。
虫喰いもありますが、順調に育っています。
奥に見えているのは唐辛子とかピーマン。
まだ採れているんですよー。

20170927畑-5.jpg

スティックブロッコリー、プチヴェール、芽キャベツの列は、随分背丈が大きくなり、
小苗の時には防虫ネットをしていましたが、窮屈になったので外しました。
プチヴェールはどうやって収穫するのかよくわかっていません^^;
でもケールと芽キャベツの交配種ということですので、芽キャベツと同じかな?
かきとった葉はケールと同じようにグリーンスムージーに使えるとどこかで読みました。
・・・グリーンスムージー、また始める(*´ー`*)?

20170927畑-3.jpg

ほうれん草は最初に種を蒔いた時に発芽しないので、不思議だなあと思い、
酸度計という、土のPHを調べる器具を買って調べてみたところ、土が大分酸性に傾いていて
レタス、ほうれん草だけは中性からアルカリに近いほうがよいと知ったので有機石灰を加えて蒔き直し。
途中急にパタリと倒れる苗もあるのですが(ネキリムシとかいうヤツの仕業か?)ほぼ順調に育ちつつあります。
間引きしたものも美味しくいただいています。


20170927畑-6.jpg

背の高い野菜たちの隣には紫キャベツ、奥には紫芽キャベツ。
もう少し大きくなるまでネットで防虫します^^

20170922畑.jpg

5日前くらいだとこんな。
小苗を植えたのが2週間前くらいかな?
ぐんぐん育っているのを見ると、感動します。


20170927畑-13.jpg

こちらは最初に植えたミサキという種類のとんがった形のキャベツ。
これはひと月ほど前に植えたのですが、早くできる品種のようで、すでにひとつ、試しに収穫してみました。

奥の左は白菜で、防虫ネットを被せていたのですが成長して窮屈そうだったので外しました。
右のネットをかぶっているのは、違う種類のキャベツ。まだ小さいのでネットで防御。




収穫したキャベツ。
たかがキャベツ。
それがなんでこんなに嬉しいのか。
葉は柔らかく、ものすごく美味しいです。


20170927畑-16.jpg

防虫ネットを外した白菜の全容(笑)。白菜っぽくなっていますよね。
でもひとつが虫の餌食になっていました!!!
まあ、いいです。ひとつだけなら。
・・・実は白菜は自分で種を蒔いたミニ白菜に、苗を買ったのがこれ10個と、あと種類違いで3個、5個とあります。
全部順調に育てば、そして上手に保存できればこの冬は白菜を買わずに済むのでは?と思っています。
虫、病気に注意ですね。


20170927畑-11.jpg

炒め物にむいているというレタス。
これは小苗を植えてから3週間ほどでしょうか。
薔薇のようなきれいなレタスになりました。もう少し大きくなるのかな。

20170927畑-10.jpg

自分で蒔いた種がなかなか発芽せず、痺れを切らして頼んだレタス。
まだ植えて1週間にもならない小苗ですが、大きくなっていくのが楽しみです。
奥にはリーフチコリ(きれいな模様が出る予定)も。

実はキャベツ類も種を蒔いたのですけど、発芽してから雨ばかりだったせいか徒長して全然大きくならず。
なのでキャベツの苗も買ったというわけです。
育苗って難しいですね(×_×;)。


20170927畑-8.jpg

キャベツと一緒に育苗していたけど、結局うまく育たなかったコールラビ。
直接蒔いちゃいましたー。
発芽したので、これからちゃんと育ってくれることを祈ります。


発芽シリーズ続きます。

20170927畑-9.jpg

なんだかわからないですよね(爆)。
外国の、チコリミックスというの。
なんとなく列になってボチボチと芽が出ているのが確認できます。
このスペースがカラフルなチコリで一杯になる!のではないかと期待しているのです。
その前にブーケレタスという、やはり海外の種子を蒔いたのですが、2回蒔いて一向に発芽せず。
うーん。海外の種子って、難しいのかなあ。
日本のメーカーの種も生産国を見ると、ほとんど海外になっているのだけど、
やはりそれはそれ、日本の気候風土に合うものを作っているということなのか。

20170927畑-12.jpg

これもわからないですよね(`m´#)。
雑草と紛れていますが、なんとなく3列になっているのがマーシュです。
(ばら蒔きにしたら、発芽したのがわからなかったかも、、、)
お店でもほとんど見ることのない葉っぱかもしれないですね。
わたしも東京にいた時に、ナショナルスーパーなんかで見かけたり、
おしゃれなフレンチのお店で付け合わせになっているのを見たり、とそんな感じです。
というわけで、見た目は雑草っぽくなくもないのですが
見方によってはお洒落なマーシュ、、、
海外の種を蒔いたら、これまた全く発芽せず。
日本の種(コーンサラダという名前で売られて場合も)を見つけたので蒔いたら、発芽してきました。
本来すごく簡単にできるはずのものらしいのですが、、、
レタスミックスもそうですけど、海外の種子のお洒落なパッケージにどうも弱くて(×_×;)。
ともかく発芽したことですし、もうひと月もしたら収穫できるのではないかと思います♪

20170927畑-7.jpg

こちらはケール。
ケールも2種類蒔いてみました。
海外の種でもちゃんと発芽するものもあります(笑)。
寒さに強く、霜にあたったくらいのほうが美味しくなる、とのこと。
ほんとかなーと思いながら成長を見守り中。



発芽シリーズは終わって再び少し大きくなってきた野菜。

20170927畑-18.jpg

ここには3種類のカブとラディッシュがあります。

左の列はスイカラディッシュという、紅芯大根のミニチュア版みたいなもの。
実物を見たことがないので、どんな風になるか楽しみです。きっと可愛い♪
真ん中は「もものすけ」というピンクのカブ。皮がつるりとむける最近出てきた人気品種らしいです。
そして右側が大根ラディッシュ。。。なんじゃこりゃ。って感じですが、、、種を買った記憶がないのですが(笑)。
紫色のミニ人参くらいのサイズのラディシュかな?と思っています。

20170927畑-14.jpg

普通のカブ。
新たに、白いのと赤いのと、種を蒔きました。
冬は根菜類が美味しいですもんね♪



別の角度からの畑。あまりこちら側からは撮っていないんです。

20170922畑-3.jpg

20170922畑-2.jpg

このあたりは地味な野菜が固まっていて、長葱、生姜、アスパラガスは主に夫の担当です。
2枚目のネットの横にあるのが生姜、その奥がアスパラガスです。
自分で育てるまで、どうやって育ち、収穫されるのかわからない野菜が結構あることに気がつきます。



20170927畑-19.jpg

そろそろ夏の野菜の片付けも最終段階に近いです。
トマトを引き抜き、一緒に植えていたバジルもきれいな葉だけ仲良しのピッツェリアに持っていました。
整地した右隣はカリフラワー類。オレンジとか紫色のとか、ロマネスコなど。
その前にある人参はゴルフボールみたいな形になるらしい^^
そして、紅芯大根がここにも。

左手奥にあるのは茄子です。
夏の茄子が終わってから切り戻し、今は秋なすが採れます。


20170927畑-20.jpg

バジルは、まだ2株抜けずに残っています。
ずっと収穫を繰り返しているので、脇芽が伸びてまだ柔らかいんですよね。
でもこの寒さだから本当の本当にそろそろお終いかなー。
脇芽を適当に土に挿しておいて根付いたトマトも実を付けていて、それの片付け時期も迷い中なのです。


20170927畑-17.jpg

同じくコンパニオンプランツとして植えていたニラは別の場所に植え替えました。



さてさて。
長々と書きました。
それでもまだご紹介できていないものもあって書き足りないのですが、きりがない(笑)。


20170903畑全景.jpg


今月始め頃の畑です。
3週間とか4週間で、畑の様子が随分変わりました。
これからどんどん寒くなってくると、植物の成長速度はもっとゆっくりになっていくでしょうから
あまり劇的な変化は見られなくなるかもしれません。
でも朝な夕なに畑を訪れて、見渡し、雑草をつまんだり、葉っぱに齧りついている虫をやっつけたりしていると
なんとも言えない充実感を感じます。

細々と続けている教室。
時々続けていくことに自信がなくなったり、その存在意義に疑問を感じたりしてしまうのですが
教室でここの野菜を使うことはできないかと思ったりもするのです。
まあ、、、先のことはあまり考えてもしかたないですね^^









ひらめき10月のお教室 - イタリアンランチの献立


20170920料理教室メニュー.jpg


*じゃが芋のニョッキ
*サーモンとアボカドのタルタル
*豆腐のチーズ焼き
*バナナのソテー(デザート)です。
*その他にヌードルメーカーでパスタを作り(デモンストレーション)、豆腐のチーズ焼きで使ったミートソースを添えたものもの試食して頂く予定です。

【開催日】2〜4名様で開催いたします。10時半〜13時半  
13日(金)  … 残2名様
14日(土)  … 残2名様
21日(土)  … 満席
22日(日)  … 残3名様
28日(土)※追加日  … 満席


*教室へのお問合せ、お申込はHPのお問合せフォームよりお願いいたします。

万が一お問合せフォームでお送りくださったのに丸一日たってもこちらからご連絡がない場合は、大変恐れ入りますがブログの最新記事にその旨コメント欄にお残しください。
その場合、メールアドレスを記入する欄がありますので、そちらにアドレスを書いてください(ここには掲載されません)。

ブログやHPに教室の案内を掲載する前に、これまで教室のご参加くださったかた、また事前にメールアドレスを登録いただいた方にご案内をお送りしています。
お教室への具体的な参加予定がまだないかたでも、今後早めに日程等をお知りになりたいかたは上記フォームよりご連絡ください。







************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************



posted by ゆりり | 13:28 | 家庭菜園・野菜作り | comments(5) | - |
丸ごとピーマンの肉詰め & 鶏つくねのピーマン添え
20170719丸ごとピーマンの肉詰め-2.jpg


夫が、「もう茄子とピーマンときゅうりはいい。見たくない」と言っています。
多分、インゲンもだろうなあと思います(`m´#)。
おかげさまで、一時のピーマン天国(地獄)からは一瞬開放されている感じはしますが
相変わらず、畑に行けば有り難いことになにかしらの収穫があり
それらは、相も変わらず(当たり前だけど)同じ種類の野菜なのであります。

家庭菜園を始める時夢想することは、きっとだれしも同じようなものだと思うのです。
まずはきちんと収穫できること(その時点では「わー、採れすぎちゃってどうしよう♡」と嘆くことなども含まれます)、
そして、その日食べる分だけ過不足無く収穫できた色んな種類の野菜で、可愛らしいバスケットが満たされる牧歌的な風景。。。
しかし。現実は違います。
いや。嬉しいんですよ。本当に。たくさん採れて。
でもその中で、時期を間違えたのか、ともかく食べたかったのになあと思うものが失敗したりもして
あっという間に収穫時期が終わってしまったものもあったりして、
相変わらず、我が家はきゅうりとピーマンと茄子といんげんの日々なのです。
(きっと間もなくそこにトマトも加わるでしょう)

それでも、それらの野菜が終わり、いずれマーケットで購入することになったら
それはそれで、とても寂しい気持ちにもなることでしょう。



さて。今日ご紹介する2品は、そんなピーマン天国真っ盛りの先週作ったものです。
まずは丸ごとピーマンの肉詰めです。


20170719丸ごとピーマンの肉詰め.jpg


ピーマンや椎茸の肉詰めはよく作りますが、丸ごとのピーマンに肉だねを詰める、というのは
知ってはいたけれどもしたことがなかった作り方です。
で、やってみたところ、これは思っていたよりずっと美味しいものでした。
肉汁が逃げないので旨味がぎゅっと凝縮されているのです。
普通の半分に切ったピーマンに詰めるのと、中身的には一緒なのですが、一応レシピを書いておきます^^


【材料】
ピーマン … 10個〜12個 (あまり大きくないほうが作りやすいと思います)

☆肉だね
 合い挽き肉 … 400g
  ※塩 … 肉の1.2%
 玉ねぎ … 1/4個
 椎茸 … 3枚
 パン粉 … 15g
 牛乳 … パン粉をしとらせるくらい
 卵 … 1個
 胡椒・ナツメグ・ローリエ(粉末) … 適量

油 … 適量
ソース・ケチャップ … 適量

【作り方】
☆肉だね
玉ねぎと椎茸はみじん切りにします。
パン粉は牛乳にしとらせ、あまり水分が多い場合は軽く絞ります。
ボウルに合い挽き肉と塩、スパイスを加えてよく捏ね、
粘りが出たら他の材料を加えて全体をよく混ぜて更に捏ねます。

ピーマンのヘタの部分と種を取り除き、肉種を隙間の無いように詰めます。
フライパン、グリルパンなどで転がしながら焼き、焼き色がついたら弱火で蒸焼きにします。

好みでソースとケチャップを合わせたものを添えます。


肉だねは、丸ごとより半分に切ったほうがたくさん入りますよね(もりっとさせると思うので)。
なので、もしかしたら野菜が得意ではないお子さんなどには不評かもしれませんが^^;
じんわり火の通ったピーマンとお肉の旨味がぎゅっと一体化してとても美味しいので、
いい感じのピーマンが手に入ったらぜひ試してみてくださいね♪



さて、もうひとつです。
鶏つくねのピーマン添え。


20170718つくね&ピーマン.jpg


これは、「孤独のグルメ」の記念すべき初回に放送されたものらしいのですが、
我が家で孤独のグルメを知ったのはだいぶ遅くになってからで、
ウチでこれを知ったのは大田一彦さんの居酒屋紀行的番組だったと思います。
ある居酒屋さんでつくねを出していたところ、あるお客さまから生のピーマンが欲しいと言われ、
そのお客さまがピーマンにつくねを入れてバリっと食べたと。
それから定番になっていったというようなことだったと思います。

ですので、まあ、普通にご家庭で作るつくねに生のピーマンを添えていただければよい、というそれだけなのですが(笑)。
一応、レシピ。


【材料】
鶏ももひき肉 … 250g
鶏むねひき肉 … 200g
長葱 … 1本
大葉 … 20枚
椎茸 … 3枚
味噌 … 大さじ1〜

○酒・醤油・味醂 … 各大さじ1くらい(味をみて調整してください)
油 … 適量

卵・ピーマン … 適宜

【作り方】
長葱、大葉、椎茸はみじん切りにし、鶏のひき肉と合わせて混ぜ、味噌を加えさらによく混ぜ食べやすい大きさに丸めます。
フライパンに薄く油を敷き、つくねの両面にうっすら焼き目がつくまで焼いたら、○を加えて蒸焼きにします。

好みで卵黄を添え、半分に切ったピーマンに挟んで食べます。


20170718つくね.jpg


わたしはこの食べ方が非常に気に入りました♡
つくねはもう、この食べ方以外ないのではないか、と思ったくらいで、それを夫に告げると
「いや、つくねだけでも旨いよ」という返事。。。
まあ、そうなんだけれども!
そうなんだけれども、ピーマンと一緒にばりっと食べると旨いでしょ??と、、思わないんかい?

これはそうですねえ、好みの問題ですから。
だいたい夫は、野菜を作り始めてから、色んな野菜に関して
「○○って、たいして旨いもんじゃない」的な発言をよくするようになりました。
野菜好きじゃなかったっけ?と不思議に思うのですが、
実は身体のために食べなければならないという義務感だけで野菜を摂取していたのかも。
名誉のために申し上げておきますが、
ウチの野菜が不味いわけでは、決してないのです。
きゅうりだって、ピーマンだって、茄子だって、いんげんだって、どの野菜だって
みんなみんな、本当に美味しいんですよ。

ま。
そうは言っても、さすがに持て余してはいるんですけど|ω´・;)



20170719枝豆.jpg


枝豆。
初収穫で1本だけ抜いてきた日の記念撮影。
枝豆、実が太ってきたものから順次少しずつ収穫して楽しんでいます。
本当に美味しい(*´ー`*)!





とうもろこし、こちらも初収穫の記念撮影。
これも美味しかったなあ〜〜〜〜!
しかし、、最初に植えたとうもろこしは4回(?)かな収穫してもう終わってしまいました。
大分遅れて、残っていた種を撒いたのですが、はたして収穫にもっていけるのでしょうか。
うんと畑が広ければ、とうもろこしをもっと大量に作りたいです。
・・・と言いつつ、またとうもろこし地獄になると愚痴が出ると思われるので
「もう少し食べたかったなあ」というところで終わるくらいがいいのかも?ですね。







************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 06:52 | 家庭菜園・野菜作り | comments(0) | - |
ロッソビアンコのソテー ほか
20170711茄子のソテー-3.jpg


ずっとご案内を続けていました二人展「料理が微笑む器たち」が無事に終了し、
福島に戻ってきて、あっという間に1週間がたってしまいました。
会場においでくださった皆さまはじめ、本当に多くのかたに助けていただき
おかげさまで会期中はずっとたくさんのお客さまで賑わう大盛況となりました。
みなさまに、心から感謝申し上げます。
ありがとうございました!


さて。。。
約10日ぶりに畑に出て見ると、そこはジャングルと化しておりました(爆)。
いやあ、すごかった。
野菜の成長もさることながら、生い茂る雑草の勢いは半端ではなく、
そしてまた、青虫たちの食害も半端ではありませんでした(TOT) 。

戻ってきてからは暑さも厳しく、畑の整理もなかなか進みませんが
ダメなものはダメと諦めることを知りllllll(-ω-;)llllll、
順調にいっているものには、よしよしと声をかけつつ向き合っています。

さて今回のタイトルの「ロッソピアンコ」ですが、イタリアの茄子です。
そしてもうひとつ育てているヨーロッパの茄子は「アレキサンドリア」というフランスの茄子。


20170711茄子のソテー.jpg


茄子の集合写真の右側、コロンと丸いの2つがロッソピアンコ、長い卵みたいな形のがアレキサンドリア。
ちなみに左は日本の茄子2種で、普通の(?)と丸っこいのです。
こういう写真というか、野菜の姿、わたしはいつも美しさに感動します。
このツヤツヤと輝く茄子を自分たちの手で育てたのかと思うと、身体の中から迸るような喜びがわいてくるのです。

という感動はひとまず置いといて、、、茄子は普通、油と相性がいいといいますよね。
このロッソビアンコ、もりもり採れるようになれば色んなものに使ってみたいと思うのですが、
とりあえずは味見、ということでシンプルにオリーブオイルでソテーしました。
ついでに(笑)、アレキサンドリアも。


20170711茄子のソテー-2.jpg


たっぷりめのオリーブオイルでごくごく弱火で炒めて、ふにゃんと柔らかくなってきたらお皿に取ります。
ロッソビアンコにはイタリアのシチリア島のマリーノの塩、アレキサンドリアにはゲランドの塩。
・・・・・まあ。
・・・・・こだわったようなふりです(`m´#)♪
そして、黒胡椒を挽いて、パセリを刻んで振りかけました。

お味はね。
わ〜〜〜〜!!!美味しい〜〜〜〜〜〜〜!!!
と飛び上がるほどではありませんでしたが(笑)、ロッソビアンコのほうが加熱により、よりトロトロとするようでした。
アレキサンドリアのほうは、普段食べている日本の茄子に近い味かな?と思いました。
まあ、日本の茄子も美味しいですからね^^
今度はそれぞれ、他の野菜や食材と組み合わせてみようと思います♪


ちなみにこれらの茄子は昨日収穫したのですが、収穫物全体はこんなふうでした。


20170711畑の収穫野菜-2.jpg


左から、ミニッコリー(ブロッコリーのミニサイズ)、ミニカリフラワー、きゅうり、茄子4種、マイクロトマトちょっと、青唐辛子、ピーマン&パプリカ(まだ緑)、ツルムラサキ、ミニトマト、紫キャベツ。

畑の側にある木のベンチに収穫した野菜を並べていくのですが、
その美しさにもまたいちいち感動しています(笑)。

紫キャベツ(ルビーボール)がありますが、今年のキャベツの収穫はこれが最後です。
わけもわからず苦労して種から育てた苗を植えていましたが、突然の青虫攻撃にやられて、
気がついた時にはほぼダメになっていて、その後、とりあえず収穫できそうなものから収穫していました。
ミニキャベツと、このルビーボールはそれぞれ5個くらいずつは採れました。

ミニカリフラワーとミニッコリーも種から。
これもどうなることかと思っていたのですが(まだ思っている)、なんとかかんとか少し収穫できました。
青虫にやられる前に、もう少し大きくなって収穫までいけるといいのですが。


20170711畑の収穫野菜-3.jpg


あとは、、、




この、紫の尖ったキャベツ。綺麗でしょう。
これがやっとひとつだけなんとか採れました。
このキャベツは葉が柔らかくて千切りサラダにしたらとても美味しかったです。

そして、とんがりキャベツの緑色バージョンは、全滅しましたllllll(-ω-;)llllll
完全に青虫の食堂と化しておりました。
苗作りに手間取ったことと、新しい畑を借りることになってそれが4月からだったので
ちょっと準備が遅かったかなと思います。
キャベツは秋冬にまた再チャレンジしようと思っています。


青虫被害についてしつこく書いてしまったけれども。
・・・・わたしはね。
青虫にも多少はおすそ分けしてあげることにはやぶさかではないんですよ。
ただ、全部につくことはないでしょうと思うわけです。
キャベツが1列あったなら、はしっこの1個を皆で食べればよい。
カリフラワーやミニッコリーなどの葉っぱが食べたければ、端っこの1個を皆で食べればよい。
そのはしっこがなくなったら、みんなで次に移ればよい。
それが、はしからはしまで、全てにくっつくのが許せないわけです。
むーん。
無農薬栽培とか簡単に言いますが、これはね、大変な問題です。
人間が食べる分がなくなっっちゃうんですから。



そして気になっていたじゃが芋、最後の収穫が「デストロイヤー(グラウンドペチカ)」。
なかなか花が終わらず、男爵やインカの目覚めを収穫した時に試しに抜いたら、全然芋がついていませんでした。
それで暫くほっとこうということで、東京から戻って3日後くらいだったかな??に掘ってみました。




じゃーん。
というわけで、たくさんの立派なじゃが芋を収穫できました♡
ぽくっと美味しいじゃが芋です^^


さらに。


20170705収穫野菜.jpg


東京から戻った翌日の収穫してきたもの。
グリーンボールは、青虫にやられたところを剥いたら大分小さくなりましたが^^;
甘みがあり柔らかくとても美味しかったです。

ズッキーニは、うーん。
なかなかうまくいきません。
こちらのマーケットでは100円も出せば、綺麗で立派なのが買えるので、複雑です。
(ズッキーニに限らず、ではありますが)


20170705収穫野菜-2.jpg


コールラビも収穫。
不思議なことに、紫色のほうはちゃんと育ったのですが、白いのがうまくいきませんでした。
種の会社が違ったかな?
保存性がある野菜だそうです。
また作ろうと思います^^


野菜について長々書きました^^


二人展ですが、来年も同じ場所で開催することになりました。
また新しいものをご提案できればいいなと思っています。
ちなみに茄子のソテーのお皿は今回提案させていただいたオクトゴナル(八角)皿です。
DMにも使い、とても評判がよかったもののひとつです。
わたしもお気に入りで、ほんとによく使っています^^








************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 09:04 | 家庭菜園・野菜作り | comments(0) | - |
小カブと厚揚げのピリ辛炒め他 〜 収穫野菜で(2)
20170620カブと厚揚げのピリ辛炒め.jpg


昨日の記事の続きです^^
カブは昨年、まだ大きな畑を借りる前の小さな畑の一角に、適当に種を蒔いたら
思いがけずホントに美味しいカブが沢山収穫できたという、
わたしたちにとっては貴重な成功体験のある野菜で、今回も蒔いています。

しかし、、、季節が違うからなのか、場所が違うからなのか、、、
試しに抜いてみたカブに何かに齧られたようなあとが、、、、
それで、その隣、その隣、、、と抜いていったらこんなに被害が(TOT) 。

20170619虫喰いカブ.jpg


あるところから先は被害がなかったので、これ以上拡大しないようにと
小カブといっても、かなり小さめで抜き取ってきました。


20170619小カブ.jpg


まだあとこれと同じくらい残っているのを今日にでも抜いてこようと思うのですが、
被害にあっていないといいなと願っています。
最初うんと小さい赤っぽい蟻が群れていたので、蟻の食害かと思ったのですが、
調べたところ、蟻はカブなどをこんな風には食べないようでネキリムシとかいう悪者の被害のようです。
土の中に潜んでいるようなので、掘り返して捕まえようと思います(*`д´*) !

齧られたカブは頭に来て放り投げてこうようと思ったのですが、待てよ、、と。
葉っぱは綺麗だから食べられるよね、とお持ち帰り(๑´◡`๑)。


20170620カブと厚揚げのピリ辛炒め-2.jpg


カブは葉を落として四つ割にし、葉っぱはザクザクと切ります。
カブ中華鍋かフライパンに入れて油を加え、弱火ででじっくり炒め、
そこに一口大に切った厚揚げ(油抜きはしません)を入れて更に炒めます。
厚揚げが温まったら、具入り辣油(お好きな辛味のある調味料で)、オイスターソースを加え、
全体を混ぜたら葉っぱを加えて炒め合わせます。
味をみて、必要ならお醤油で整えます。
ビールやご飯が進むおかずです^^



20170616ミニ青梗菜のナムル.jpg


次は青梗菜なのですが、確か種の説明に「マイクロ」とあったと思うのですが(勘違いかなあ)、
収穫は普通に「ミニ」サイズです(笑)。


20170619ミニ青梗菜.jpg


わたしのところに限ってか、一般的にかわかりませんが、
小松菜同様、青梗菜もかなり丈夫な育てやすい葉もの野菜のように思います。
(今回は小松菜は収穫がありませんが、春先から絶え間なく育てています)

青梗菜、立て続けに大量に買ったりすることはあまりないですよね(*´m`*)。
普通は中華風の炒め物にするか、あとは角煮のようなこってりした肉料理の付け合わせにしたりかな。
わたしは今はナムルにするのがお気に入りです。

うんと小さいのはそのままの大きさで、少し大きくなったのは縦半分に切ってさっと茹でます。
水にとって絞って、あとはニンニクのすりおろし少々、塩と胡麻油適量に、白胡麻パラリ。
あっさりして美味しいです^^



20170621キャベツ焼き.jpg


次は朝ご飯によく作るキャベツ焼きを、ミニキャベツで。


20170619ミニキャベツ.jpg


キャベツ類は寒い季節(2月くらい)に種から苗を作るというのに挑戦していたのですが、
発芽しても、その後室内においておくと光が足りなくて徒長するとか、
外に出せば出したで、寒さでダメになるとか、もう、ホント、何度やり直したか。
やっとうんと小さな苗が出来て畑に定植したのはGWも間近な頃。
(だから無理にうんと寒い時期に頑張って苗作りを始めなくてもよかったのね、ってことですね(汗))
周囲の畑ではキャベツはすでに大きくなって巻いてきていました。
ウチのもようやくミニキャベツは巻いてきましたが、他の3種類(どんだけ作りたいの(爆))は
まだほんの少ししか巻いていません。
このまま待っていれば巻くのか、遅かったのね〜なのかはわかりません。
ともかく抜いてしまうこともないと思うので、待ちます(`m´#)。


20170621キャベツ焼き-2.jpg


キャベツの重さ、計っておけばよかったですが、、多分400〜500gくらいじゃないかと。
それを1個粗めの千切りに刻み、ボウルへ。
そこに薄力粉1カップ弱(180ml分くらいかな?)に、小さめ卵2個、水1カップ弱、
ハム4枚、スライスのチェダーチーズ2枚、パルミジャーノ大さじ2くらい、塩ほんの少しを加えグルグル混ぜます。
油を少し敷いたフライパンに流し入れて、ぎゅぎゅっと押さえて片面15〜20分くらい焼きます。

今回はハムとチーズの残りものを入れましたが、ほかにはちりめんじゃことか、干し桜海老とか、
旨味の出そうなものを適当に入れています。
とりあえずチーズが入ると美味しいかなあと個人的には思っています(笑)。




20170619ヤングコーン.jpg

20170619焼きヤングコーン.jpg


これはトウモロコシから間引いたヤングコーン。
トウモロコシは1本の苗に1本作るのが基本だそうで、それ以外に横のほうから出てくるのは取ってしまうそうです。
それがヤングコーン。
生でもイケるようなのですが、皮付きのままオーブントースターで焼きました。
塩をパラリとふっただけですが、これは旨い♡
まだまだ採れるはずなので楽しみです^^



20170619インゲン.jpg


インゲンなのですが、、、
インゲンね、どういうふうに実がつくのか、実は全くわかってなくて^^;
気がついたらたくさんついていたんですね。
でも大分ごっつくなっているのもあって、勝手に「これは固いに違いない」と思って
長めに茹でてしまったら、茹ですぎて(滝汗)。
せっかく美味しかったはずなのに、なんだかぐんにゃりしてしまい。
茹でたそのままも食べたのですが、見た目があまり美しくなく、歯応えもよくなく(×_×;)、、、
その後炒飯に入れてしまいました。
でもね、味は甘みがあってすごくいい感じだったんですよ。
それだけに残念でした。
これから収穫するものはさっと茹でを心がけようと思います。



20170620ミニきゅうり.jpg


オマケ的なこちらは、庭のプランターで育てているミニキュウリ。
10センチくらいのもの。
初収穫で記念撮影。
このままパリッと齧っていただきました(夫と半分こ)。
瑞々しくて美味しい〜♡
畑の普通サイズのきゅうりの収穫も楽しみです^^


さて。
昨日の雨で(こちらは大雨というほどではありませんでしたが)畑がどうなっているか。
また雑草が元気になっているのか(げんなり)。
ともかく様子を見てきましょう。




間もなくの二人展。
 ※DM発送のお申込は締め切っています。
会場でお待ちしています^^

今回のお料理も、ヤングコーン以外は喜多窯 霞仙さんの器です♪



DM?宛名面-OL化-webサイズ.jpg
DM-写真面-OL化-webサイズ.jpg


************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************
posted by ゆりり | 09:20 | 家庭菜園・野菜作り | comments(0) | - |
スイスチャードのおにぎり他 〜 収穫野菜で(1)
20170620スイスチャードおむすび-2.jpg


いつぐらいからなのかわからないのですが、スイスチャードのおにぎりが流行っているようです。
スイスチャード、日本名は不断草(ふだんそう)と言います。
わたしが初めて見たのは、花ズッキーニと同じく、青山のファーマーズマーケットでした。
確か、京都の八百屋さんが売っていたと思います。
ほうれん草の仲間で、ちょっとアクが強いと言われたと記憶しています。
その後見かけた時には買っていましたが、パスタに使うことが多かったです。
それが、こんな風におむすびにするなんてねえ(笑)。
本当にアイディアのあるかたっているんですねー。

スイスチャード、どんな葉っぱかご存知ないかたのために。
ウチで収穫したものです^^


20170619スイスチャード.jpg


作り物めいた色の茎と葉脈を持つ、不思議な野菜です。
葉っぱが紫色っぽく出るものもあるようです。

スイスチャード=不断草は、絶え間なく栽培できることから「不断」という名がついているそうです。
夏の暑さにも強く、冬の寒さにも強く、病害虫にも強く、育てやすいと。
しかーし。
わたしが育てていた時には、アブラムシがわんさかやってきて、まあ、まあ、まあ、、大変でした^^;
途中でもうやめてやり直そうかと思ったのですが、なんとかここまで育ちました。
夏場は植物由来など、安全な農薬を適正に使うのがいいのかもしれないですね。

余談ですが、、、アブラムシがもぐりこんで丸まっている葉を広げて1枚ずつ流水で洗い流しましたが
熱湯で茹でたら、そのお湯にもわんさかアブラムシが、、、
そしてその後、水にさらしたら、またそこにもアブラムシが。
完全に何も出なくなるまで、何度洗ったことか(◎_◎;) 。
無農薬がよい、とおっしゃっている皆さまも、もしかしたらその下処理の間に出たアブラムシを見たら
ぎょえ〜となって捨てたくなるかもしれないですね(爆)。


20170620スイスチャードのご飯.jpg


さて、スイスチャードのおにぎりですが、色々な作り方があると思います。
おにぎりですから、まあ、自由にやればいいのではないかと。
わたしが今回の作り方をざっくりご紹介します。

スイスチャードはさっと茹でて葉の綺麗なところを選びます。
(わたしのはアブラムシにやられたところをちぎったりして結構ボロボロっとしていました(汗))
茎の部分は切り落して、5ミリ幅くらいに切ります。
ついでにボロっとした葉っぱも刻みます。

ご飯に塩と胡麻油を適量加えて混ぜ、刻んだスイスチャードの茎と葉、ちりめんじゃこを加えて更に混ぜます。
白胡麻を加えても美味しいですね^^
ご飯を50gくらい計って丸め、スイスチャードの葉に塩をほんの少しふって、包みます。


20170620スイスチャードおむすび-3.jpg


スイスチャードの葉を塩を入れた湯で茹でるよりも、
海苔に塩をするように、茹でた葉に塩を少ししたほうが味が締まると思います。
スイスチャードでなくとも、青菜なら同じ方法でなんでも作れるかと思いますが、
やはりこの独特の色がいいのでしょうね^^
時間がたっても(というよりある程度たったほうが)美味しいのでお弁当にも向きますね^^


20170619スイスチャードとツナの和え物.jpg


これは茹でたスイスチャードと自家製ツナを和えた、サラダと言うか、なんと言うか?
マヨネーズにツナのオイルも加えています。
ふりかえてあるのは、胡麻ではなく、キヌアのパフです^^



さて、この時(一昨日)収穫した野菜ですが、、、


20170619収穫野菜.jpg


スイスチャード、小カブ、ミニ青梗菜、ミニキャベツ、春菊、おかひじき、スベリヒユ、インゲン、ヤングコーンです。
採れる時には結構採れてしまうのが家庭菜園ですねー。
ウチはどれも少しずつしか栽培していないんですが^^;

この中のスベリヒユは、育てているワケではなく、畑に生えている雑草です(笑)。
野菜より何より、どんどこ出て成長している雑草を必死で抜いていたところ、
お隣の畑のかた(大ベテラン)が「これ知ってる?食べられるんだよ」と教えてくださったんです。
そのかたは山形出身だそうですが、山形県ではよく食べられるとのこと。

これです。

20170619スベリヒユ.jpg

ちょっと酸っぱい味がして、ぬめりがある野草とのことでした。
でも、土手などで採ると酸味が強いけれども、畑に生えているのはそれほどでもないとも。
わたしも茹でてみましたが、酸っぱい感じはなかったです。
それよりもシャキシャキした歯触りが、思いがけず美味しくて、得をした気分^^


20170619スベリヒユのおひたし.jpg


辛子が合うようで、ちょっと包丁で叩いてから、辛子醤油を絡めていただきました。
ちょっとしたおつまみにいいですね^^


それと、おかひじき。

20170619おかひじき.jpg


これもお隣さんから(笑)。
実は、以前いただいたら美味しくて褒めたところ、
栽培しているおかひじきを10センチ角ほどむしって分けてくださったのです。
それを2本くらいずつの細い苗に分けて、50センチ角くらいの畑に植えたところ
暫くしたら見事に根付いていて、今ではワンサカ採れます。
すごい増え方ですよね〜!
先端のほうの柔らかい部分だけを摘み取っていくとまた新しい芽が出てくるのでそれを採ります。
採りたてのものは生でも食べられましたが、カサが多くて減らないので(笑)、
今回はさっとお湯を通しました。

20170619オカヒジキとじゃこの和え物.jpg


これは、お醤油とごま油で和えて、ちりめんじゃこを加えました。
クセがなく、歯触りを楽しむ野草だと思います。
お醤油でも、マヨネーズでもなんでも合わせやすいですよ。

おかひじきも、もとはと言えば野草。
クレソンやセリなんかもそうだし、もともと野草だったものが栽培されたりしています。
スベリヒユを食べるのも普通のことなんですね(*´m`*)。



他の野菜につきましては、次回に(๑´◡`๑)。



ひらめき7月のお教室につきまして

来月は準備が間に合いませんので、通常の教室はお休みいたします。
教室に参加くださったことのある皆さま対象に、食事会(お楽しみ会)を2回開催いたします。
すでに、両日とも満席となっております。
8月以降の教室につきましてはまた改めてお知らせいたします。




二人展、1週間後に迫っています。
DMの発送は締め切られていただいています。
会場でお待ちしています^^


DM-写真面-OL化-webサイズ.jpg

DM?宛名面-OL化-webサイズ.jpg





************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 10:01 | 家庭菜園・野菜作り | comments(0) | - |
じゃが芋初収穫
20170613蒸しじゃが芋.jpg


初めてのじゃが芋栽培、ドキドキの初収穫(試し掘り)をしました。
実はじゃが芋の種芋はネットで購入したのですが、届いたのが1月半ばくらいだったか。。。
箱に入れて置いておきましたが、ひと月もたつと芽が出て来るし、いつ植えたらいいんだろうと悩んでいました。
テレビの園芸番組や、園芸雑誌などを見ると3月になったら植えてもいいような感じ。
ウチも早く植えたいと思い、種芋を切って3日ほどお日様に当てて切り口を乾かしました。

で、植えつけたのが3月11日でした。
そして。。。
早い。早過ぎる。
周囲のかたの意見はそんな感じでした(汗)。
この辺りの3月はまだ真冬みたいな気候なので、出てきた芽が遅霜に当たったりしたら枯れてしまうと。
他の畑のベテランの皆さんも、まだ植えている気配はゼロ。
3月末頃にはどかっと雪も降って、、あ〜、やっちまったか。
そんな感じでした。
そしてまだ出ない、まだ出ない、まだ出ない、、、と毎日毎日畑を眺めては後悔する日々。

そんなある日、、、ある時、土がむくっと盛りあがっているような箇所を発見。
生きてる!
少なくとも1本は!
そうして間もなくゴールデンウィークになろうかという頃に、ほとんどの苗が出そろったのでした(*´ー`*)♡

それから恐る恐る、初めての芽かき作業をし、あっという間にじゃが芋の苗は巨大化。
初めてのこととはいえ、何も知らないとほんとに驚くことばかり。
可愛く小さく、芽かきなんかしなくていいんじゃない?と思っていた苗が成長する速度はもの凄かった(◎_◎;) 。


植えたじゃがいもは3種類。
男爵、インカの目覚め、デストロイヤー(グランドペチカ)。
20日ほど前の花の様子。

20170523じゃが芋の花-2.jpg

男爵

20170523じゃが芋の花.jpg

インカのめざめ

20170523じゃが芋の花-3.jpg

デストロイヤー


どれも綺麗な花ですが、デストロイヤーの花付きが1番よくて色も鮮やかでした。


で、初めての試し堀りは昨日。
また気持ちが焦っていて出来てもいない芋を掘り、「やっちまったか」ということにならないか、ドキドキでした。


20170612じゃが芋.jpg


じゃーん!
出来てました!!!
手前の白っぽいのが男爵、奥の色の濃いのがインカのめざめ、1個しかない赤紫っぽいのがデストロイヤー。
インカの目覚めは男爵に比べると収量は7割程度とのことなのでまあ、いいかという感じですが、、、
デストロイヤーllllll(-ω-;)llllll
どうした。
・・・でもよく見るとデストロイヤーはまだまだ花盛りで、葉っぱも茎も元気なのでちょっと早過ぎたのかも。
(そう思わないと悲し過ぎる)
ともかく、男爵とインカのめざめは出来ていたので、ほんとうに本当に嬉しくて、テンションマックスでした^^
3種類、最終的に何個くらい収穫できるのか、わくわくしています♪

玉ねぎも大きいのが出来ていました。
・・・とはいえ、分けていただいた苗は40本ほどで、玉ねぎの形になったのは半分くらい。
これほど大きく育ったのは5〜6個くらいかな。
あとはテニスボールくらいだったり、中にはピンポン球くらいのものも^^;
でも、嬉しいです♡
来年はもっと上手に育てられる気がします!


あ。それで、初じゃが芋ですが、、、、
じゃが芋なんて珍しくもなんともない、当たり前の野菜なのに、
自作の初収穫となると、どうやって食べるのが1番ふさわしいか(笑)、
それよりなにより本当に美味しいのか、など、色々考えてしまいます。

で、まあ、最初はシンプルに蒸すのがいいかな、と今朝、蒸してみました。

バターにはすりおろしたニンニクと刻んだパセリを混ぜ、
サワークリームにはディルと黒胡椒を混ぜました。
あとは、プランターでそろそろとう立ちしそうだったレタス類を収穫したのでそれと、
スモークサーモンを合わせてじゃが芋のワンプレート(๑╹ڡ╹๑)。
ゲランドの塩もパラっと。


20170613蒸しじゃが芋-2.jpg


まあねえ。
じゃが芋ですから(笑)。
それ以上でも以下でもない、というところなんでしょうが、
やっぱり美味しいです♡
人生の中で1番美味しいじゃが芋でした(*`艸´)♪

早くも来年はどんなじゃが芋を作ろうか、考え始めています(笑)。





もうあと2週間ほどで始まります^^
今回のお皿も喜多窯 霞仙さんのものですよ♪


DM-写真面-OL化-webサイズ.jpg

DM?宛名面-OL化-webサイズ.jpg









************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************
posted by ゆりり | 10:36 | 家庭菜園・野菜作り | comments(0) | - |