CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
家庭菜園での野菜作り、そして料理。
<< 焼売 | TOP | 初の塩レモンで 鶏のポットロースト >>
初めての 塩レモン ☆ 完成
20130217完成した塩レモン.jpg


丁度一月前に「塩レモン」を仕込みました。 → 


国産のレモン(皮ごと使うのでノーワックス、無農薬が望ましいため)をよく洗い、
四つ割にしてレモンの重さの20%の塩に漬け、そのまま一月以上待つ、という、それだけです。

20%の塩分に決めたのは、そのくらい塩をしておけば常温でも置いておけるかな?と思ったからです。


最初はこんな感じでした。


20130116完成した塩レモン.jpg


そして数日たつとこんな風に水が上がってきました。
時間差で仕込んでいるので瓶によって状態が違います。





で、、、そのまま10日程、毎日瓶を逆さにしたりしていたのですが、
どう考えても水が瓶の口近くまで上がってきそうにないなあ、、と思い、
そういう場合は水かレモン汁を足す、とあったので水とお塩を足しました。
足した水の容量をちゃんと確認もせず、足したお塩も適当なので、、、
最初にきっちり20%の塩にした意味がなくなっちゃいました(・ω・;)。。。。。
どうにもツメが甘いです。
でも気分的には20%かなー。

その後、ネットや雑誌で探ったところ、
わたしが最初に参考にした塩分10%というのはかなり少ないのではないか?と思えてきました。
塩の重さは全く計らずに、レモンの皮に切れ目を入れてそこに塩をすりみつつ瓶に詰めていくとか、
レモン全体を塩で覆うように瓶に詰めるとか、塩まみれ写真を多数発見しました。
当然、出来上がり図は全く違ったものになりますよね(^-^;)。

使い始める日にちも3日目から、2週間くらいたったら、1ヶ月以上待って、と色々。
「塩レモン」として使う主な部分がどこなのか?ということも実はアヤフヤなままです^^;
それでもともかく味をみてみようと、水の部分をちょこっと舐めてみました。
当たり前ですがレモン味の塩水(*´m`*)。
でも不思議なまろやかな甘みを感じます。

これはなかなかいけるかも??と使ってみましたので、それは引き続きアップいたします。



それでですね、塩レモンを使って調理をしている時にふと思いついたのです。
食卓で味を足す時に、ペースト状にしておいたら便利じゃないかって。

それがこちら。


20130218完成した塩レモン.jpg


種をはずして、塩レモンに塩レモン水少々を合わせました。
ほろ苦く、しょっぱく、美味しいです^^



レモンも、水の部分(レモン酢?)も、ペーストも、色々なものに使ってみたいと思います♡







************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************

posted by ゆりり | 19:43 | 調味料 | - | - |