CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
2015年5月より、少人数制の料理教室もスタート♪
<< タンドリーチキンと、先日の東京行きのこと追加少し | TOP | 苺のタルトと、チョコレートのタルト >>
豚挽肉と里芋のキッシュ 〜 キッシュ三連発♪
20150126豚挽肉・里芋のキッシュ-2.jpg


どんな料理でもこなしてしまう方も大勢いらっしゃるとは思いますが、
わたしは結構料理の中に苦手な分野があって、
それらはもう外で食べるか、買ってきましょうと決めています(*´m`*)。
で、その中のひとつに「粉もの」分野があります。
粉ものについては、苦手を少しでも減らしたいなーと簡単なパンを作ってみたり、パスタを作ってみたり、
まあちょこちょこと何かを作らないではなかったのですが、
キッシュは実は自力で作ったことはありませんでした。
夫には何度か作ったでしょ?と言われましたが、それは買ってきたか、妹と一緒に作ったものだったはず。
そんなわたしが突然キッシュを作りました。それはもう、唐突に。
2日間で3台作りました(爆)。


20150126豚挽肉・里芋のキッシュ.jpg


この挽肉と里芋のキッシュは、第3弾で作ったもの。
なんとなくキッシュってこうすればいいのかも???と、わかりかけてきたような。
型についてはまだちょっと試行錯誤中で、
自分が一番作りやすい方法や好きな感じになる分量が全く固まっていないので書きませんが
このキッシュはかなり美味しくできたので中身だけ、備忘録を兼ねご紹介します(*´ー`*)。

直径18センチで高さが5センチくらいの型で作っています。

【材料】
豚挽肉 … 200g
長葱 … 細め2本
里芋 … 5〜6個
万能ねぎ … あれば少々

白だし醤油 … 小さじ1くらい
味噌 … 小さじ2
砂糖 … 小さじ1
油 … 適量

*アパレイユ(すべてをよく混ぜ合わせる)
卵 … 1個
牛乳 … 100ml
塩 … ひとつまみ
味噌 … 小さじ1
パルメザンチーズ … 大さじ1

【作り方】
みじん切りにした長葱を油を敷いたフライパンで弱めの中火で炒めます。
長葱がしんなりしたら挽肉を加えて更に炒め、ぽろぽろしてきたら砂糖と味噌を加えます。
全体をよく炒め合わせ、冷ましておきます(余分な油が出たらキッチンペーパーで押さえておきます)。

里芋は皮を剥いて7ミリ程度の輪切りにし、塩をまぶして揉んだら水で洗いぬめりを取ります。
鍋に白だし醤油で薄目に味付けした水を入れ、里芋を柔らかくなるまで煮たら水分を捨て
軽く鍋の中で炒るようにして水気を飛ばします。

キッシュの台に挽肉を敷き詰め、その上に里芋を並べ入れ、
アパレイユを注ぎ入れたら180度に熱したオーブンで40分ほど焼きます。
焼き上がれば万能ねぎを散らします。


20150126豚挽肉・里芋のキッシュ-3.jpg


待ちきれずに型から外してすぐ切りましたが、
切るのはいったん冷まして挽肉部分がしまってからのほうが楽だと思います^^;
冷めたらラップせず電子レンジで温めるといいですね♪

生クリームを使わずあっさり目、でもパルメザンチーズを加えてコクを出しています。
それとはわからない程度にですが全体に味噌の風味を加えているので
ご飯のおかずにも違和感がないと思います。
牛乳ではなく豆乳にしてもいいでしょうね^^



さて、ここで最初に作ったキッシュをご紹介します。


20150124鮭・ほうれん草・舞茸のキッシュ-2.jpg


これは直径18センチで高さが2センチくらいの型で作っています。
具は刺身用サーモン、ほうれん草、舞茸。
イタリアンハーブミックスを多めに加えています。


20150124鮭・ほうれん草・舞茸のキッシュ-3.jpg


初トライで、全体にちょっと味付け(塩)を押さえすぎたかな?って感じでした^^;
でもまあ、食べられなくはない、そこそこイケるんじゃない?と思い、
食べながらすぐに次はどうしたらいいかと考えていました(笑)。

この時はアパレイユは牛乳と生クリームは50mlずつに卵1個、塩少々でした。



20150125塩麹鶏・じゃが芋・椎茸のキッシュ.jpg


これが第2弾で作った鶏肉とじゃが芋と椎茸のキッシュ。
じゃが芋は1.5センチ角くらいに切って茹で、塩少々を振ってかるくこふきにしました。
鶏肉は塩麹に漬けて冷凍してあったもので、1〜1.5センチ角くらいに切って炒め、
同じくらいの大きさに切った椎茸も加えて炒め合わせ、
そこにじゃが芋も加えてさっくり混ぜ合わせました。
これもイタリアンハーブミックスを加えています。

具材を型に詰め、アパレイユを注いで、180度で30〜35分くらい。


20150125塩麹鶏・じゃが芋・椎茸のキッシュ-2.jpg


1回目が塩気が足りなくて、寝ぼけた味だったので反省して塩を意識しました。
食べてすぐに、今度は塩辛くて失敗?と思いましたが
食べ進めていくと、そんなこともなくちょうどいいかもね?という結論に(笑)。
塩麹鶏の塩気に大分影響を受けるので、切れっ端を焼いて味をみて全体の塩を決めるといいと思いました。
この組合わせもかなり美味しいと思います^^


20150125塩麹鶏・じゃが芋・椎茸のキッシュ-3.jpg


立て続けにキッシュを作ってみて思ったのは、自由でいいんだなということ^^
型の作り方とレシピがまだイマイチあやふやで要研究ですが、とりあえずは形になり
そこまでいったら、あとはもうあるものの組合わせで作っちゃえばいいんだなーと。
ベーコンがなきゃ、とか、あのチーズがなきゃ、とか、生クリームがなきゃ、とか、、
あんまりあれこれ難しく考えないで。

一番注意すべきかなと思っているのは、具材の水分量のこと。
ぐじゅっとならないように。
それと、、、わたし、どうしても欲張りで(食い意地が張っている)
具材を詰め込み過ぎる傾向が強いんですねー。。。
そのあたりをもう少しオトナになって調整していければいいかなと(汗)。

いずれにしてもしばらくキッシュ作りにハマりそうな予感です。


さてさて。
この3つは塩っぽい台でしたが、実は甘い台を2つ、試作してあります。
明日はキッシュではなくタルトを作る予定です〜(`m´#)♪














************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************

posted by ゆりり | 17:42 | キッシュ・タルト・パイ | comments(0) | - |
コメント
コメントする