CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
2015年5月より、少人数制の料理教室もスタート♪
<< アップルパイ 〜marie claire style 掲載 | TOP | お節準備覚え書き(その2)〜2016年お正月用 >>
お節準備覚え書き(その1)〜2016年お正月用
20151224伊達巻き-5.jpg


年を取るとどんどん時間の経つのが早くなるというのは、
科学的にも証明されているというようなことを以前聞いたように思います。
そんなわけですから(?)わたしの12月はまたたく間に、驚くべきスピードで過ぎていっています。

で、ここのところ毎日何品かおせち料理を仕込んではせっせと冷凍しています。
わたしも夫もおせち料理はあまり好きではなかったので昔は全然作らなかったのですが(作れなかったともいう)
だんだんと年を重ねてきたらやっぱりお節もいいかもね?と、自分の家なりのものを作るようになってきました。

ということで、今回の備忘録。
(その1)と書きましたが、続きを書けるかどうかは不明です^^;


*伊達巻き

20151224伊達巻き.jpg

【材料】(野田琺瑯レンタグル深型Lサイズ使用)
卵 … 7個
はんぺん … 大(120g)1枚
味醂 … 大さじ2
砂糖 … 大さじ3
塩 … 小さじ1/2
※酒 … 20ml

【作り方】
フードプロセッサーにちぎったはんぺんを入れて滑らかになるまで撹拌します。
その他の材料を加えて撹拌します。
キッチンペーパー等を敷き込んだ型に流し入れ、200度に余熱したオーブンで5分焼き、その後180度に落として15〜20分程度焼きます。
焼いた上の面を下にして巻きすできつめに巻きます。
輪ゴムで止めて縦にして冷まします。


20151224伊達巻き-3.jpg


今回は海老やホタテ等のお高い材料は入れていません( ´艸`)。
お酒が入っているのは、前日の飲み残しです(爆)。
どうしようかな〜と思ったのですが、まいっか、と入れちゃいました。
ので、次回(来年?)は入れないと思います。



*錦卵

20151224錦卵-3.jpg


【材料】15センチ×15センチの流し缶使用
卵 … Lサイズ8個
砂糖 … 大さじ5弱(60g)
塩 … ふたつまみ

【作り方】
卵は固ゆでにして皮をむいたら白身と黄身に分けます。
黄身を粗く潰して砂糖と塩の半量を加えておきます。
白身を裏ごしし、砂糖と塩をさっくり混ぜます。
黄身を裏ごしします。

流し缶に白身をきっちりと詰め、黄身の7割程度をきっちり詰めます。
残った黄身をふんわりとのせ、蒸気の上がった蒸し器で10分蒸します。


20151224錦卵.jpg

20151224錦卵-2.jpg


錦卵、去年初めて作ったのですが、その時は15センチ角のケーキの型で蒸しました。
夫は錦卵はどうでもいいらしいのですが、わたしは好きなので今年は流し缶を買いました。
すごく使いやすくて、買ってよかったです^^



*松風焼き


20151226松風焼き-2.jpg


【材料】15センチ×15センチの流し缶
鶏もも肉挽肉 … 500g
卵 … Lサイズ1個
クルミ(無塩) … 30g
レーズン … 30g
芥子の実 … 適量
〈A〉
 酒 … 大さじ1
 味醂 … 小さじ2
 醤油小さじ2
〈B〉
 白味噌 … 大さじ2
 砂糖 … 大さじ1.5
 薄口醤油 … 大さじ1.5
 味醂 … 大さじ1.5

【作り方】
挽肉200gと〈A〉をフライパンでポロポロに炒めて冷ましておきます。〈1〉
挽肉300gと卵、〈B〉をフードプロセッサーで滑らかになるまで撹拌し、粗く刻んだクルミとレーズンを加えてヘラなどで軽く混ぜます。〈2〉
流し缶に薄く油を塗って〈1〉をきっちり詰め、その上に〈2〉を詰め、芥子の実を一面に散らします。
180度に余熱したオーブンで30分程度焼きます。


20151226松風焼き.jpg


こちらも流し缶で作りました。
松風焼きは初めて。
和風のパテみたいな感じでしょうか。
下の段の挽肉がボロボロと大粒ですが、挽いて冷凍してあったのが粗挽きだったんです^^;
色々なかたのレシピを参考にさせていただきましたが、味付けはいつものことながら好みですね( ´艸`)。
レシピをじーっと見て味を想像して自分の量を考える、みたいな。
これは3等分して1本分を味見しました。
多くのレシピで焼き時間が10〜15分となっていましたが、
この分量でウチのオーブンだとちょっと焼きが足りないなという感じでした。
様子を見ながら焼き時間は決めたほうがいいですね^^
・・・でも若干焼過ぎたかも(爆)。


*鰊の昆布巻き


20151227松風焼き-3.jpg


【材料】
身欠き鰊 … 8分乾のもの9本
早煮え昆布 … 適量
かんぴょう … 適量 ※国産のもの

酒 … 1カップ
昆布の戻し汁 … 適量(4カップくらい)
酢 … 大さじ4
砂糖 … 大さじ2
味醂 … 大さじ2
醤油 … 大さじ4

身欠き鰊は熱湯につけてすぐに引き上げ、骨などを取り除き縦半分に切り、更に長さを半分にします。
昆布は戻します。
かんぴょうは塩で揉んで洗い、5分ほど水につけてから茹でます(5分程度、茹で過ぎない)。

昆布を20センチくらいの長さに切り、鰊を巻いてかんぴょうで結びます。
鍋に昆布巻きを入れて酒、昆布の戻し汁をひたひたになるくらいに加え、酢を入れて30分ほど煮ます。
他の調味料を加え、昆布と鰊が十分柔らかくなるまで弱火で煮ます。


20151227松風焼き.jpg

20151227松風焼き-2.jpg


今回使った身欠き鰊はソフトタイプとカチコチのタイプの中間くらい?のものでした。
もしかするともっとしっかり戻したほうがよかったのかも?と思うのですが、
まあ、煮込んで柔らかくなったのでよしとします(笑)。
ソフトタイプのものに比べるとお値段は高めでしたが、しっかりと鰊の味がして柔らか過ぎず美味しいです。


20151227松風焼き-4.jpg


味見の一回目( ´艸`)。
わたしはいいと思ったのですが、夫がもう少し柔らかいのが好きというので更に煮ました。
この時に味ももう少し濃い目でもいいかな、と思って若干お醤油と味醂を足しています。
夫が昆布巻き好きなので、今回の仕込みは大量です。
小分けで冷凍して暫くお酒のつまみで楽しみます^^



*栗きんとん


20151225栗きんとん.jpg


【材料】
さつま芋  … 皮をむいて正味300gくらい
栗の甘露煮 … 15粒くらい(市販品)
砂糖 … 100g
塩 … ひとつまみ
クチナシ … 1粒

【作り方】
さつま芋は厚めに皮をむいて軽く洗います。
鍋にさつま芋と砕いてガーゼ等に包んだクチナシを入れて水をひたひたに注ぎ、芋が柔らかくなるまで煮ます。
熱いうちに芋を潰し(わたしは若干粗め)、水100mlと砂糖を加えて弱火で練るように加熱します。
とろりとしたら栗を加えます。




このあたりで第1弾は終了(時間切れ)。
あとはごまめ、黒豆、蛸の旨煮、塩辛、数の子、鰤の照り焼きなどが終わりました。
今日はこれから、鶏肉の八幡巻き、いか人参、紅白なますほかを仕込む予定です。
お煮染め以外はほとんど冷凍保存ができるのでちょっとずつ作っています。
大晦日は息子たちが来るのでゆっくりしたいと思っています^^


20151225ハンディフードシーラー.jpg


冷凍は汁気のあるものは普通の冷凍用の保存袋に。
汁気のないものや生肉類などはアンバサダーをさせていただいているBRUNOのハンディフードシーラーを使っています。 → コチラ

柔らかい錦糸卵や伊達巻き、あとイクラなどは一度ラップで包んで凍らせてからこの袋に入れて真空に。
専用の袋は洗ってまた使えるのが嬉しいです。
今回のお節作りに大活躍しています♪








************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************



posted by ゆりり | 10:06 | 季節・行事 | comments(0) | - |
コメント
コメントする