CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
2015年5月より、少人数制の料理教室もスタート♪
<< りんごのサラダ ほかお惣菜やあんこのもの | TOP | 鶏ハム 〜marie claire style 掲載 >>
キーマカレーのピタパンサンド
20160225キーマカレー-5.jpg


レシピブログさんの【“レシピブログ・カップ”の殿堂・プラチナ・ゴールド・シルバーブロガーさんへ 美味しいお取り寄せ品をプレゼント!】
「朝岡スパイス株式会社 キーマカレーペーストロング・ビンダルウペースト」のモニターに当選し、使わせていただきました(*´ー`*)♪

朝岡スパイスさんは、わたしの中では憧れの老舗スパイス専門店という位置づけです。
東京にいた時にも、近所では置いてあるお店がなくて、
お出かけした時にちょっと高級な食材を置いてあるスーパーで買う、という感じでした。
今回いただいたようなペースト類は使ったことがなく、とても興味があったので当選してとてもラッキーでした^^


20160225キーマカレー.jpg


いただいたのはこちらの2つです。
キーマカレーペーストと、ビンダルウペースト


このキーマカレーペーストの瓶に貼ってあった説明を読んで、
あまりに簡単に出来上がってしまうのでびっくりしてしまいました。
挽肉を炒める→水を加えて15分ほど煮込む→ペーストを加える→完成、ざっくりこんな感じです。

で、なんのひねりもなしにそのまま作ろうかな〜?とも思ったのですが、
実はこのモニターの締め切りを勘違いしていてキーマカレーを作ったばかりだったので(汗)、
ちょっとだけ目先を変えてピタパンサンドを作ることにしました。


【材料】
鶏ひき肉(もも肉) … 150g
レンズ豆 … 150
トマト水煮(カットタイプ) … 1パック(380g)
水 … 300ml
キーマカレーペースト … 1瓶
ビンダルウペースト … 小さじ2
油 … 適量
塩 … ふたつまみくらい

【作り方】
レンズ豆は10分ほど煮ます。
鍋に油を敷き弱火で鶏ひき肉を炒め、色が変わったらトマトの水煮と水を加えます。
レンズ豆を加え、強火にし、煮立ったら弱めの中火にして焦がさないように煮込みます。
水気がなくなってきたらキーマカレーペーストを加えて弱火にして煮込みます。
 ※途中あまり水分が少なくなるようなら適宜水を加えます。
味をみてビンダルウペーストと塩で整えます。


20160225キーマカレー-3.jpg


ご飯と一緒に食べるのであれば少し水分を多めに残すのがいいと思います。
今回はピタパンに挟むので水分少なめに仕上げました。

キーマカレーペーストは、これだけでもう何もしなくて味が完成していて、とても美味しいです♡
わたしはトマトの水煮を加えてしまったのでちょっと濃厚になっていると思いますが
朝岡スパイスさんのレシピでもトマト水煮を加えるのがあったので、これもおススメということでいいと思います(*´m`*)。
辛さは中くらい、お子さんでも十分食べられると思います。
ウチは辛いのが好きなのでビンダルウペーストをちょっと足しました(小さじ2はかなり控えめだと思います)。
ビンダルウペーストも辛いだけではなく、とても旨味が強くて美味しいんですよ。
お味噌と合わせてもいいかも(←今、これを書きながら思いついた(笑))。
近いうちにやってみよう♪


20160225キーマカレー-2.jpg


ピタパンを作るのは実は初めてです(*´m`*)。
最初、チャパティを作ろうかな?と思ったのですがギーを作っていなかったので、
まあ似たような感じで作れて、より食べやすいかなということで。

覚え書き的レシピです。
強力粉250g、塩3g、砂糖10g、オリーブオイル大さじ2、水150g、ドライイースト4g。
全ての材料を捏ねて、丸めて、倍くらいになったら8分割して丸く伸ばして220度くらいのオーブントースターでぷくっと膨れるまで焼く。
こんな感じです。

2枚ほどフライパンでも焼いてみましたが、膨らみはちょっと弱かったです。


20160225キーマカレー-6.jpg


半分に切ったピタパンにレタスとトマトを入れて、そこにキーマカレーをぎゅぎゅっと詰めました。
レンズ豆が挽肉と同量入っているので正式にはキーマカレーとは言えないのかも、なのですが^^;
でも、とっても美味しくできました♪





こちらは冷凍してあったサフランライスと合わせて。
少しだけ水を足して、塩ひとつまみとビンダルウペーストも。
夫のほうには更にお皿にもビンダルウペーストを添えました(もっとたくさんでもよかったかな)。


キーマカレーはスパイスを使って比較的簡単に作ることもできますが、
このキーマカレーペーストは作るのが本当〜に簡単で、短時間ででき、
普段あまりお料理をしない人や、スパイスに馴染みのないかたでも
間違いなく美味しいカレーを作れる優れものだと思いました。
ほんと、食べてびっくりの美味しさでした♡


そして朝岡スパイスさんのHPはスパイスに興味のある人にはとても楽しいと思います。
わたしはウスターソースのスパイスセットがとてもとても気になっています。
それとベイリーフ、アメリカ産とトルコ産の両方扱っているのにも感動しました( ´艸`)。
スパイスはなかなか種類を揃えているお店が少ないので(特にこのあたりは^^;)
HPで調べられて、購入もできるのはありがたいですね♪





★「レシピブログ・カップ」特典モニターに参加しました!








ひらめき3月のお教室 - 和風グラタンの献立


*鱈と長芋の和風グラタン
*ほうれん草の蕗の薹和え (※蕗の薹が手に入らない場合は 菜の花のかすみ和え)
*鶏だんごと蕪のすまし汁
*ご飯
*苺大福(わたしが作ってお出しする予定)→ 一緒に作ります♪


5日(土)・追加日 … 満席
9日(水)・追加日 … 満席
11日(金) … 残1名さま
12日(土) … 満席
25日(金) … 残3名さま
26日(土) … 満席

*教室へのお問合せ、お申込はHPのお問合せフォームよりお願いいたします。



*万が一お問合せフォームでお送りくださったのに丸一日たってもこちらからご連絡がない場合は、大変恐れ入りますがブログの最新記事にその旨コメント欄にお残しください。
その場合、メールアドレスを記入する欄がありますので、そちらにアドレスを書いてください(ここには掲載されません)。


*ブログやHPに教室の案内を掲載する前に、事前にメールアドレスを登録いただいた方にご案内をお送りしています。
今回お教室への参加がない場合も、今後早めに日程等をお知りになりたいかたは上記フォームよりご連絡ください。





************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 10:40 | カレー | comments(2) | - |
コメント
☆大野さん

コメントありがとうございます。
お返事が遅くなりごめんなさい。
HPを拝見しましたが、わたしにはちょっと荷が重い感じです。
素敵なプロジェクトにせっかくお声をかけていただきましたがお引き受けすることはできません。
たくさんの素敵なホストが見つかることをお祈りしています。
2016/03/06 23:55 by ゆりり
こんにちは!大野頼人と申します!
ブログを拝見させていただきました!
私は大学生なのですが、友人がBonAppetour (www.bonappetour.com)というスタートアップのプロジェクトに取り組んでいまして、オンラインで海外からの観光客の方に日本での食卓を楽しむ機会をご紹介するサービスです。airbnbのような感じですが、宿泊のかわりに食事をするとイメージしていただくとご理解いただきやすいかと思います。
是非ゆりりさんにホストとしての参加をご検討いただきたいのですが、ご興味がありましたら、上記のアドレスまでeメールをいただけると幸いです。よろしく御願いいたします。
2016/02/27 17:36 by 大野頼人
コメントする