CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
2015年5月より、少人数制の料理教室もスタート♪
<< 鶏ハム 〜marie claire style 掲載 | TOP | お赤飯 〜 土井善晴先生のレシピで >>
人形焼き風ミニカステラ&ミニどら焼き、そしておまんじゅう
20160229あんこ入りカステラ.jpg


このところあんこづいています、、全然「らしく」ないんですけど^^;
それというのも、3月の料理教室で苺大福を作ることにしたのですが、市販のあんこを使うんですね。
で、ちょっといいあんこにしてみようと取り寄せたものが1キロ入りなんです(*´m`*)。
それを複数個購入してしまったので。。。
試作を何度かしたり、お教室用に小分けにして冷凍したりしもしているのですが、
まあせっかくたくさんあるんだから、と色々作ってみているというわけです。

こちらは人形焼き風のまん丸いあん入りカステラというのでしょうか。
BRUNOの「コンパクトホットプレート」のたい焼きプレートで作りました。

生地は「道具なしで始められる-かわいい和菓子」という本の中のどら焼きを参考にしています。
牛乳や豆乳などは入っていなくて、家にあるものでさっと作れます。


20160228あんこ入りカステラ-2.jpg


プレートを温め、油をしみ込ませたキッチンペーパーで軽く拭いたら一度スイッチをオフにし、
たい焼き器の穴に半分くらいまでタネを入れます。
温度はLOWにして、生地の表面が少しフツフツっとしてきたらあんこを中央の2列に置きます。
 ※あんこは5〜6gくらい、数の分だけ計っておきます。


20160228あんこ入りカステラ-3.jpg


あんこが入っていないほうに焼き色がついて、するっとすべるくらいになったら、
あんこの入っているほうに被せます。
時々、くるくると返しながらまんべんなく焼きます。


20160228あんこ入りカステラ-4.jpg


お砂糖やハチミツなどが入っていて焦げやすいのでは?と思ったので、わたしはずっとLOWで焼いていました。


20160228あんこ入りカステラ-7.jpg

20160228あんこ入りカステラ.jpg


焼きたては表面が少しカリっとして、中はもちっとした感じです。
冷めてからビニール袋に入れておいたら、今日はしっとりとした感じになっていました。
一口サイズなので、甘いものが得意ではないわたしでも小腹が空いた時にぽいっと食べられます(笑)。
夫は止まらない!と言ってます(*`艸´)。
懐かしい人形焼きの味です。
お子さんや年配のかたにも喜ばれるのではないかと思います。

わたしは実はたこ焼きを焼いたことがないので(・ω・;)、上手にクルクルする自信がなくこんな風にしました。
(あんこがはみ出ちゃうのではないか、と心配で)
手慣れているかたなら、ふたをする作り方ではなくもっと簡単にできるかな?と思います。


生地が残ったので、普通のプレートでどら焼きを作りました。
直径5〜6センチほどの小さいものです^^


20160228あんこ入りカステラ-5.jpg


こちらはLOW〜MEDの中間くらいで片面を焼いて、小さな穴がぽこぽこ開いてきたら裏返して少し焼きました。
どら焼きも、作り立てより一日置いた今日のほうがしっとりして美味しいようです。
わたしは今日しか食べていないので夫の感想です(*`艸´)。


どら焼きの生地について、参考にした本では日本酒が入っていました。
他のレシピを色々見たのですが味醂を使っているものが多いですね。
また、生地を作ってから寝かせるか、すぐに焼くか、
卵と砂糖を合わせる時の方法とか、それぞれ全然違うので(どこも信頼できそうなところ)
どれを信じるべきかかなり迷います^^;
わたしがもっと甘いものが得意になっていくらでも自分で試食できればどんどこ作って
自分にとっての最善を早く探し出せると思うのですが。。。
夫にばかり食べさせていると身体が心配ですしね^^;


さて、もうひとつのあんこもの、おまんじゅうです。
こちらも初挑戦です。


20160227饅頭-6.jpg


桜まんじゅうというのかな?
桜の塩漬けを乗せた春らしいおまんじゅうです。
本当は生地を色付けするんですが、成功するかどうかわからなかったのでとりあえず買わずに白い生地で(笑)。

こちらはとある本を参考にしてほぼその通りに作ったつもりだったのですが、ちょっとだけ皮が硬かったんですね。
多分、蒸し時間が長過ぎたのでは?と思います。
他の本を見たところ、この大きさだと蒸し時間はわたしが蒸したのの2/3くらいでした。
今度はそのくらいでやってみようと思います。
それと山芋を入れるとしっとりするようなので、それも同時に、と思っています。


20160227饅頭-7.jpg


これは、、最初に桜まんじゅうを作る時に薄茶色のお砂糖を溶かして、、
これじゃ、桜色どころかなんだかわからないよね?とやめて、
結局別のものをちょっと作ってみたという、、、なんか中途半端な色でした。
どうせなら、もっと濃い色のほうがいいですよね(*´m`*)。


20160227饅頭-8.jpg


先日も書きましたが、わたしは生クリームやチョコレート系よりはあんこ系のほうが合うようです。
あまり甘いのはダメですし、大量には食べられませんが。
それでも、和菓子作りは思ったより気軽にトライできて、楽しいです^^
もう少し綺麗に作れるように上達したいものです♡











ひらめき3月のお教室 - 和風グラタンの献立


*鱈と長芋の和風グラタン
*ほうれん草の蕗の薹和え (※蕗の薹が手に入らない場合は 菜の花のかすみ和え)
*鶏だんごと蕪のすまし汁
*ご飯
*苺大福(わたしが作ってお出しする予定)→ 一緒に作ります♪


5日(土)・追加日 … 満席
9日(水)・追加日 … 満席
11日(金) … 残1名さま
12日(土) … 満席
25日(金) … 残3名さま
26日(土) … 満席

*教室へのお問合せ、お申込はHPのお問合せフォームよりお願いいたします。



*万が一お問合せフォームでお送りくださったのに丸一日たってもこちらからご連絡がない場合は、大変恐れ入りますがブログの最新記事にその旨コメント欄にお残しください。
その場合、メールアドレスを記入する欄がありますので、そちらにアドレスを書いてください(ここには掲載されません)。


*ブログやHPに教室の案内を掲載する前に、事前にメールアドレスを登録いただいた方にご案内をお送りしています。
今回お教室への参加がない場合も、今後早めに日程等をお知りになりたいかたは上記フォームよりご連絡ください。









************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 16:18 | スィーツ | comments(0) | - |
コメント
コメントする