CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
2015年5月より、少人数制の料理教室もスタート♪
<< ふくさ寿司(風) | TOP | 野菜たっぷりピラフ >>
鶏肉と豆腐のパテ 〜marie claire style 掲載
20160214鶏と豆腐のパテ.jpg


鶏肉とお豆腐を使って食感を軽くし、和風のテイストにしたパテです。
お酒を飲まないかたにも(*´m`*)ご飯のおかずとして楽しんでいただけると思います。
マリ・クレール・スタイルの最新号のマガジンとwebサイトでご紹介いただいています。
  Webサイトはこちら → 


20160216鶏と豆腐のパテ-3.jpg


椎茸は焼き縮みするので、できれば大きく厚みのあるものを使っていただければと思います。
大きくて笠がカーブしている椎茸には、笠の内側にタネをぎゅっと詰めるようにします。
一見手がこんでいるようにも見えるかもしれませんが、特別な材料も使わず、
若干時間がかかることをのぞけば、それほど難しい料理ではありませんので、作ってみていただけると嬉しいです。


20160216鶏と豆腐のパテ-2.jpg


粗熱が取れたら、冷蔵庫に移してしっかり冷ましてくださいね^^
鶏のゼラチンも固まりますし、綺麗に切れますので。
前もって作っておけるパテは、お客さまの時にも持ち寄りの会にも重宝します。
いつものお肉のパテに飽きたら( ´艸`)、こちらもぜひ試してみてください♪



-----------

5月のお教室メニュー、最終決定間近です^^
メイン料理の鶏肉のマッシュポテト包みの写真です。
日程が決まりましたらまたお知らせいたします。
今月のお教室もスタートしました。
まだ空きのある日がありますので、よろしかったらご参加くださいね(^-^)!







ひらめき4月のお教室 - 韓国風料理の献立


*チャプチェ(春雨の和えもの)
*ナムル盛り合わせ (その時の野菜の仕入れ状況で3〜4種類)
*トマトとレタスのスープ
*ご飯
*黒胡麻白玉団子


追加日:3日(日) … 満席 終了
8日(金) … 残2名さま
9日(土) … 残1名さま
追加日:16日(土) … 残1名さま
22日(金) … 残2名さま
23日(土) … 満席


*教室へのお問合せ、お申込はHPのお問合せフォームよりお願いいたします。



*万が一お問合せフォームでお送りくださったのに丸一日たってもこちらからご連絡がない場合は、大変恐れ入りますがブログの最新記事にその旨コメント欄にお残しください。
その場合、メールアドレスを記入する欄がありますので、そちらにアドレスを書いてください(ここには掲載されません)。


*ブログやHPに教室の案内を掲載する前に、事前にメールアドレスを登録いただいた方にご案内をお送りしています。
今回お教室への参加がない場合も、今後早めに日程等をお知りになりたいかたは上記フォームよりご連絡ください。





************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 20:51 | 書籍・ウェブへの掲載 | comments(0) | - |
コメント
コメントする