CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
2015年5月より、少人数制の料理教室もスタート♪
<< 豆腐のモッツァレラ風サラダ 〜marie claire style 掲載 | TOP | 焼き茄子の辛味胡麻酢醤油和え と ほかにも生の赤唐辛子を使って >>
中華風辛味肉野菜そぼろ
20160825中華風辛味そぼろ.jpg


畑で育てている唐辛子、だんだんと赤く色づき始めているものも出てきたのですが
そのうちの1本の先のほうが少し割れて種が見える状態になっていたので収穫、
あとは青いものがポロっと1本落ちてしまったのでそれも一緒に持ち帰りました。
その前に真っ赤になったものを初めて3本ほど収穫して、念願の生の赤唐辛子を使った料理をしたのです。
まあ辛くて美味しくて(笑)、なので今回もせっかく育てているもの、
ムダにはしたくないと思って使ってつくったのが今回の料理です^^

さて、わたしが料理をするときにしばしばあることなのですが、無計画に料理をスタートするのです。
今回もまさにそうで、とりあえず赤いのと青いのと生の唐辛子があります。
辛い料理になります。
何を使おうかなあ、、と冷蔵庫を開けて使える(あるいは使ってしまいたい)食材を取り出します。
で、あまり深く考えずに刻み始めます。
その後炒めたりするのですが、その時点でまだ何になるか、どんな味にするか決めてなかったりします。
で、そうだこれを入れてみよう、じゃあこれも?みたいな感じで味を足していきます。
だんだん味と形がみえてきて、最終的には「そうそうこういうのを目指していたの」というところにたどり着くのです^^;

そんなレシピがこちらです(*´▽`*)。


【材料】
牛肉(焼肉用) … 300g
○玉ねぎ … 1個
○ズッキーニ … 1本
○椎茸 … 4枚
トマト(完熟) … 3個 (普通サイズだけど小さめ)
赤唐辛子・青唐辛子(生) … 各1本
フルーツチャツネ … 大さじ1
オイスターソース … 大さじ1
豆板醤 … 大さじ2 ※好みで増減してください
醤油 … 大さじ1/2
五香粉 … 適量 
油 … 適量

【作り方】
牛肉は細かく切ります(粗挽きのひき肉くらい)。
○の野菜は粗みじん切りにします。
トマトは1センチ角くらいに切ります。
唐辛子はみじん切りにします。

鍋に油を敷いて牛肉を炒め、色が変わってきたら唐辛子を加えて焦がさないように炒めます。
○の野菜を加えて更に炒め、火が通ったらトマトを加えます。
フルーツチャツネとオイスターソース、豆板醤を加えて15分ほど煮込みます。
味をみて醤油で整えます(好みで)。


20160825中華風辛味そぼろ-2.jpg


今回の味のポイント(?)はフルーツチャツネでしょうか。
ご存知の通りカレーの隠し味的に使うものですが、他には使ったことがないなあと。
でも果物の甘酸っぱい感じは中華風というのか、東南アジア風というのか、そういう料理にも合いそうだなと思って
とりあえず入れちゃうか?という感じで入れてみたんですね。
で、その後お味噌を入れようかなあ、、とも思ったのですが、ここはオイスターソースかもねと。
味をみると、唐辛子の辛味もあるにはあるのですが、チャツネが甘い(爆)。
まあ、大さじ1を最初に迷いなく入れたのがよくなかったか、と思いつつ、じゃあもう少し辛くしようと豆板醤を投入。

この豆板醤もわたし的にはちょっとしたポイントで、夫が横浜に出かけるときにおつかいで頼んでいた
横浜中華街の「源豊行(げんほうこう)」さんの「ピー県豆板醤」を使っているのです。
辛味と旨味がぎゅーっと詰まっていて美味しいんですよ♡
これもまあ、大さじ2って結構多めかもしれませんが(笑)。
そしてこんなに豆板醤を入れるなら最初の唐辛子はなんだったの、ってことにもなるかもしれませんが(爆)。
でもいいんです、相乗効果ってことで(*`艸´)。

そして、最後の最後の思いつきの五香粉。
火を止める直前に、結構たくさん加えています。
一気に中華、というのか、息子が学生時代に上海に留学していたことがあったのですが、
その時に息子と歩いた街(すごく整備された綺麗な場所ではないところ)に溢れていた香りを思い出しました。


こうして辛くて、甘くて、シナモンの香りが強い、ちょっとよくわからないそぼろっぽいものができました^^
作った日は、お豆腐に添えて食べました。
香菜たっぷりで。
ホントはご飯に乗せるような味なんですが、一応ビールのつまみということで。


翌日はこれ。


20160826中華風辛味そぼろ-2.jpg


素麺に添えました。
こちらも香菜を一緒に。あとはきゅうりとトマト。

2日目のほうが全体の味がしっくり馴染んで美味しかったです。
辛味は相変わらず強いのですが、甘みのほうが主張を消しつつ味の下支えをしてくれているような感じでした。
五香粉も火入れをしたりして加熱を繰り返すと香りが飛ぶので、
お好きであればその都度ちょっとふりかけるといいかなと思います。

3日目は焼きそばに(また麺^^;)。
もやしとニラを入れた焼きそばに、添付の粉末ソースを心持ち少なめに加えて、このそぼろを加えました。
量的にはあまり残っていなかったのですが、これもとても美味しかったです^^


この味付けはかなりわたしのツボでした。
ちょっとクセになりそうです。




さてさて。
突然ですがみなさんにご紹介したい本があります^^


20160828tomyの晩酌ごはん.jpg


こちら、出たばかりの「Tomyの晩酌ごはん」という素敵な本です。
Amazonで予約していたものが昨日届きました♡
筆者は「Tomyのごはん」のTomyさん。
こちらのブログは、わたしがブログを始めるずっと以前からブックマークさせていただいていました。
自分がブログを始める前には、彼女と会うことがあるなんて想像もできませんでした。
でも、会えちゃった(笑)。
何度か外で飲む機会もあったのですが、なんと我が家(東京)にまで来ていただいたり。

ブログをご覧になれば一目瞭然の美しく間違いなく美味しいだろうとわかる料理の数々。
一人前ずつ盛られた様子は、我が家のどかんと大盛りのそれとは全く違って本当に端正で大人っぽくてずっと変わらず憧れです。
Tomyちゃんのブログは日々の献立がそのまま写されていて、料理名も書いてあり、とても参考になりますが
残念ながら詳しいレシピが載っている回はなかなかありません。
そんなレシピが今回の本には惜しげもなく掲載されています。

レシピは奇をてらったものは全くなくて、ずっと昔から変わらず美味しいもの。
でも古くさくはなくて、今の時代にあったもの。
そうそう、これ、わたしもよく作るよ!と嬉しくなるようなものもたくさん^^
・・・しかし見た目がまるで違う(爆)。
同じ酒飲みなのにね^^;


お酒を飲まないかたでもとても参考になると思います。
料理の本はわたしもよく購入しますが、この本はわたしにとっては間違いなく最近の一番のヒットです。
オーソドックスな料理こそ、美味しいものを知っている人のレシピは参考になります。
ちょっとした隠し味、ちょっとした気遣い。
自分の味付けも次回はTomy風に変えてみようかな?と思えます。
もし機会があればみなさんもぜひ本屋さんで手に取ってみてくださいね^^






ひらめき9月のお教室 - カレーの献立

 *季節野菜のカレー (ターメリックライス添え)
 *シークカバブ
 *チキンティッカ
 *桃のラッシー  ※果物は変更になる場合もあります。
 
☆付け合わせの野菜2種は、味が馴染むまで時間がかかりますので予め作っておき
 レシピのみお渡しする形になります。
 紫玉ねぎのアチャールと大根のカチュンバルの予定ですが、変更になる場合もあります。


9日(金) … 満席
10日(土) … 満席
23日(金) … 残3名さま
24日(土) … 満席
25日(日)・追加日 … 残1名さま



*教室へのお問合せ、お申込はHPのお問合せフォームよりお願いいたします。

万が一お問合せフォームでお送りくださったのに丸一日たってもこちらからご連絡がない場合は、大変恐れ入りますがブログの最新記事にその旨コメント欄にお残しください。
その場合、メールアドレスを記入する欄がありますので、そちらにアドレスを書いてください(ここには掲載されません)。

ブログやHPに教室の案内を掲載する前日に、これまで教室のご参加くださったかた、また事前にメールアドレスを登録いただいた方にご案内をお送りしています。
お教室への具体的な参加予定がまだないかたでも、今後早めに日程等をお知りになりたいかたは上記フォームよりご連絡ください。

2名様以上のお申込で、ご相談の上、上記日程以外の日にレッスンを開講することが可能です。
詳しくはお問合せください。

よろしくお願いいたします。







************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 10:29 | 保存食・常備菜 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
☆Tomyちゃん
あ〜、なんだか本当に嬉しくて。
ブログをやっている=本を出版することが最終目的ではないんだけれども
どうしてTomyちゃんのような人の本がないんだろうとずっと思っていたから、
やっとか!というのと、更にはとてもとても素敵な本に仕上がっていた喜びがわき上がって。
きっとわたしが想像するより何倍も大変な作業だったと思います。
でも、待ってた!っていうかたもきっとたくさんいて、
そういうみなさんが今頃あちこちでニヤけているんだろうなと思うと、
わたしはまたそれでニヤけてしまえるのです。

こちらこそ、ありがとうございます^^
2016/08/30 21:17 by ゆりり
び、びっくりしました〜〜〜!!!
いつものように見ていたら、こんなにこんなに素敵にご紹介くださって。
ゆりりさんが私の憧れの人だよ。
こんなふうに言ってもらえるって、
もうマジ泣きです つД`)・゚・。・゚゚・*:.。
長い間夜な夜な孤独な作業で、正直途中でくじけそうになったこともあったんだけど(笑、
ゆりりさんのところに来ると、料理が楽しい気持ちや、おいしいものが好きな気持ちを思い出せました。
こんなに褒美もらっちゃって、幸せです。
ホントにホントにありがとうございます!

ありがとうございます!


2016/08/29 05:59 by tomy
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://yuriri.jugem.cc/trackback/1751
トラックバック