CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
2015年5月より、少人数制の料理教室もスタート♪
<< 大葉入り鶏つくね | TOP | 桃とモッツァレラの冷製パスタ >>
トマトソース活用 マー坊ナスの麻婆茄子
20160901麻婆茄子.jpg


朝晩はすっかり涼しくなって秋の気配が濃くなってきているこのあたりも
昼間はまた真夏が戻ったような暑さになったり。
老体がついていけません^^;
あとどのくらいトマトが収穫できるだろうと思っていましたが、
畑のほうのトマトは7月末頃にだったか追加で植えたもの1本を残し、全部処分しました。
もう実をつけても大きくならないし色がづかないし、実がどんどん割れたり腐ってしまったり。
随分楽しませてもらってありがとうございました、と心から思います。

そんな最後に近いころ収穫したトマトに、いただきもののトマト、マーケットで購入したトマトなどを合わせて
いつものシンプルなトマトソースを作りました。
そのトマトソースを1カップほど使った麻婆茄子です^^


【材料】
豚ひき肉 … 200g
茄子(マー坊ナス) … 6本  ※細長い茄子
長葱 … 2本
唐辛子 … 2個 ※別記
トマトソース … 1カップ
豆板醤 … 大さじ1/2〜
醤油 … 小さじ1〜 ※味をみて
油 … 適量
水溶き片栗粉 … 適量

【作り方】
茄子は乱切りにします。
長葱は粗みじんに切ります。
唐辛子は縦半分に切ります。
中華鍋に油とひき肉を入れて中火にかけ、肉の色が変わってきたら長葱と唐辛子を加えて炒めます。
全体に8分通り火が通ったらトマトソースを加え、豆板醤を加えます。
 ※トマトソースがない場合は、完熟のトマトを1〜2個刻んで加えてグツグツっと煮ます。
味をみて醤油で整えます。
水溶き片栗粉でとろみをつけます。 ※つけなくてもいいです。


20160901麻婆茄子-2.jpg


茄子は細長くて赤紫色の「マー坊」という名前の茄子を使いました。
油との相性が一層よいということでこちらのマーケットで時々見かけます。
こちらに来たばかりの頃だったか、引越し以前の里帰りの折だったか、
ともかく最初に「マー坊」というシールが袋に貼ってあるのを見た時には、
「麻婆茄子のマー坊??なんだかな?ははは(^-^;)」という感じだったのですが、試しに買ってみたら
たしかに油と炒めるととろりとして甘みが出て美味しい茄子なのです。
白(長)なすなどと同じように今では見かけると買ってしまいます^^



さてまた唐辛子についてですが、、、今回使ったものも道の駅で買ったものなのですが、、、、


20160901唐辛子.jpg


この写真の右側の、コロっとした小さめのピーマンのような風情の可愛らしい唐辛子です。
赤いのが1個入っていましたが、完熟させるのがホントなのか?青いうちに使うのが主流?なのかは不明です。
ちなみに真ん中がわたしが育てているもの。
左側が道の駅で最初に買ったもの。

唐辛子というのは、現在世界中で2000種類以上が栽培されています。
その上に、まだどんどん品種が増えているそうです。
すごいですよね。。。
世界中にどれだけ辛いもの好きな人がいるのでしょう。
とはいえ、辛味をほとんど感じないタイプのものもありますけれど。。。

そして、今回のこの3種類はなかなか辛い正統派(?)の唐辛子たちのようです。
特に今回使ったコロンとしたヤツ、うっかり油断して使ったらもう、辛いのなんの(T∇T)。
最初に使った料理は、辛過ぎて途中で食べるのを諦めたほどです。。。
ほどほどに辛いを目指していたはずなのに。

で、今回使った数は2個なわけですが、ぱかっと半分に切って種もワタも取り出していませんから
まあ、しっかり辛くて(笑)。
でも最初の反省をいかして2個にしたので、ちゃんと食べられましたし(笑)、美味しかったです。
ひき肉がいつもより多めでトマトソースを使っているせいか、それが辛さを受け止めてくれたようです。
それにしてもほんと、ピーマンのような風情ですからアブないんです。
夫が食べようとしたので「それダメっっっっっ!」と思わずももを叱るように制止してしまいました^^;。

用心しすぎて量を減らしたり、その上種もワタも取りのぞいてしまうと全然物足りないものになるし
唐辛子の量は、個体差を考えながら、自分たちの味覚を考えながら決めていかないといけません。
大さじ1とか、何グラムとか、個数とかで決められるものではないので
ぴったりいい感じの辛さになった時は本当に嬉しいです(*´ー`*)♪



オマケは、、、
完食できなかった辛過ぎた料理「イカの一夜干しときゅうりの唐辛子炒め」。


20160831きゅうりとイカの一夜干しの辛味炒め.jpg


市販のイカの一夜干しが1枚残っていたので、四川きゅうりと合わせて炒めました。
上のコロっとした唐辛子を5個も入れています(T∇T)。。。
なんでかなー、ホントに油断したんですよねえ。
姿が可愛かったから。
味付けは中華の顆粒だしの素を少しと、塩少しです。
味見の時に「あれ?やっちゃった??」と思ったんですが、そんな時でも大抵、夫は平気なんです。
わたしより辛いものに強いし、好きだから。
でもその夫が「これは、、、」と苦笑いするくらい辛かった(◎_◎;) 。
多分、材料のボリュームを考えると1個で十分だったのではないかと。
あるいはしつこく言いますが、タネ、ワタを全部外したらよかったのかも(それでも5個は多いか)。

農家さんは、この唐辛子をどういう人がどういう料理に使うことを考えて栽培し、お店に卸したのか不思議です(笑)。
わたしみたいな物好きがいて、結構売れてしまうのかなー^^;



オマケ、其の二。


20160831花ニラとしめじの卵とじ.jpg


花ニラとシメジの卵とじです。
市販の白出汁を薄めた煮汁で煮て、卵でとじただけのもの。
花ニラ、柔らかく、香りが穏やかで普通のニラより甘いです。
ちょっと火を通しすぎたかなーと反省でレシピなし(笑)。
花ニラも、かなりずっしりするぐらいの量が入って200円と驚きの価格でした♪



なんだかまた、唐辛子について語ってしまった記事でした(*´▽`*)。。。。





************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 14:30 | お家ご飯-野菜のおかず | - | - |