CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
2015年5月より、少人数制の料理教室もスタート♪
<< 長芋とひき肉のキッシュ 〜marie claire style 掲載 | TOP | 11月の教室のお知らせ >>
鶏肉と里芋の中華風旨煮
1120161007里芋と鶏肉の中華風旨煮-2.jpg


わたしの住む鏡石町と実家のある須賀川市に密着した「すかっと」という地域情報紙がこの春より発行されているのですが、
ご縁があって、今月末に発行予定の11月号から、隔月で料理のページを担当させていただくことになりました。
そのテーマが里芋なのですが、地元の岩瀬牧場で作っている里芋が絶品とのことでご提供いただきました。

「すかっと」に掲載していただくレシピはすでに決っているのですが、
いただいた里芋がとっても美味しいので、こんな料理も作ってみました。


【材料】
鶏もも肉 … 1枚(300gくらい)
里芋 … 5個(400gくらい)
天津甘栗 … 20粒くらい
○ニンニク(すりおろし) … ひとかけ分
○酒 … 大さじ1
○醤油 … 大さじ1
▲オイスターソース … 大さじ1.5
▲砂糖 … 大さじ1
五香粉 … 少々
油(太白胡麻油) … 適量

【作り方】
鶏もも肉は2〜3センチ角に切り、○印のものを揉み込み15分ほど置きます。
里芋は皮を剝き、一口大に切り、塩少々(分量外)をふりかけて揉んでぬめりを出したら洗い流します。
厚手の蓋のできる鍋に油を敷いて熱し、鍋が温まってきたら鶏肉を漬け汁とともに入れて炒めます。
 ※あまりいじりすぎず、時々返すくらい。
鶏肉の色が変わってきたら里芋を加えてざっくりと混ぜ合わせ、蓋をして弱火にします。
7〜8分たったら天津甘栗を加え、▲を入れて混ぜ、蓋をして更に5分ほど加熱します。
里芋に竹串がすっと入れば火を止め、五香粉をふりかけます。


20161007里芋と鶏肉の中華風旨煮.jpg


わたしはストウブの鍋を使いましたが、焦げるようでしたらお水を適宜足してくださいね。
天津甘栗は、なんとなく買ってみたものを使いました(笑)。
今の季節、普通の栗を使うべきなのでしょうがズボラで^^;
天津甘栗を買ったの、何十年ぶりでしょうか〜。
でも栗の食感、味があるとまた楽しいし美味しいですね^^
甘辛い味付けにニンニクの香りと五香粉の香りがふわっとして
ご飯にもビールにもよく合います(そんなことばっかり言っている気がしますが(笑))。
出来たてより、一度しっかり冷まして味をしみ込ませたほうが美味しいです。

五香粉の代わりに八角でもいいですね。
いずれにしてもあまり香りを強く出し過ぎないように、ほのかに香る程度ふりかけるのがいいと思います。
ホールの八角を使う場合は、星のひとかけかふたかけ分くらいを里芋が入って蓋をする前に入れてくださいね。



ところで!
里芋のことで新しいことを学びました。
昨日今日で、今月の教室がスタートしました。
初日の昨日は県内の郡山市からのご友人同士、何度もいらしてくださっているかたたちだったのですが、
豚汁に入れる里芋を剝いていただいたのです。
そうしたら、里芋担当のかたがこれは新鮮そうだからこうして剥けるかな、と、、
動画がないのが残念ですけど(笑)、包丁の刃を里芋の皮に当てて、さっさっと撫でるようにしたんですね。
そうしたら里芋の皮が薄くこそげ取られるんです、つるんと簡単に。
しかも、とても綺麗に!
そんな風にして里芋の皮がむけるなんて、今の今まで知りませんでした。
多分、新鮮なものじゃないとダメなのでしょうが、いただいた岩瀬牧場の里芋は本当に簡単に剥けたのです。
生徒さんがそういう剝き方をしている時にはなんだかあっけに取られて感動を口にできなかったのです。

でも、教室の後に早速マネっこさせていただいて、これを作ったんですけど、
改めてびっくり!!!
多分東京で買っていた里芋はこんな風には剥けなかったはずなので、
こんな剝き方があること自体知らなくて当然ではあったのですが、よそでも見たことないし聞いたことなかったし。
新鮮な食材を当たり前に食べることができ、そして日々当たり前にきちんと食材を扱っている地元の主婦のかたの知恵。
本当に素晴らしくて、感動します!
早速今日の教室の時にもその剝き方を伝授(笑)。
皆さんもわたし同様大感動で、里芋の皮むきが大の苦手というかたに担当していただいたのですが、
こんなに楽しく里芋の皮むきができたことはない、と大喜びしていただけました。
Iさん、ありがとうございます♡

ハート追記
たった今(10月9日)のNHK Eテレ「やさいの時間」で「新鮮な里芋はスポンジで皮がむける」とやっていました!
スポンジのザリザリの面(?)を使っている風でしたが、、、
うーむ、お皿や色んなものを洗剤付けて使っていたヤツをそのまま里芋を剝くのに使うのは
うーむ、わたしとしてはちょっと抵抗あります^^;
タワシだって野菜用と洗い物用は分けるじゃないですか。
里芋剝き専用にスポンジ買うのもなんだしねえ。
というわけで、わたしはスポンジではなく包丁がいいと思いました( ´艸`)。
ともかく、やったことない方は一度どちらの方法でも試されるとよいと思います♪


その他にも教室では、お料理をしながら皆さんがしていること、使っている食材のことなど雑談していると
様々な知恵や、思いがけない料理のことなどを知ることが毎回のようにあります。
一応わたしは先生ということになっていますが、教えていただくことが本当にたくさんあります^^
実質わたしなんかよりずっと長く真面目に料理をしてきた皆さんも多いので、
そういうかたたちに対して、恥ずかしいと思うことが少しでも減るよう精進しなければなりませんね( • ̀ω•́ )✧


そんな今月の教室風景(*´ー`*)。








今月はあと3回です♪









ひらめき10月のお教室 - 鮭の炊き込みご飯の献立


 *鮭の炊き込みご飯
 *具沢山豚汁
 *南瓜のコロッケ
 *季節野菜の白和え

7日(金) … 残2名さま  終了
8日(土) … 満席  終了
21日(金) … 中止
22日(土) … 満席
23日(日) … 追加日:残1名さま
29日(土)… 追加日:残1名さま


*教室へのお問合せ、お申込はHPのお問合せフォームよりお願いいたします。

万が一お問合せフォームでお送りくださったのに丸一日たってもこちらからご連絡がない場合は、大変恐れ入りますがブログの最新記事にその旨コメント欄にお残しください。
その場合、メールアドレスを記入する欄がありますので、そちらにアドレスを書いてください(ここには掲載されません)。

ブログやHPに教室の案内を掲載する前日に、これまで教室のご参加くださったかた、また事前にメールアドレスを登録いただいた方にご案内をお送りしています。
お教室への具体的な参加予定がまだないかたでも、今後早めに日程等をお知りになりたいかたは上記フォームよりご連絡ください。

2名様以上のお申込で、ご相談の上、上記日程以外の日にレッスンを開講することが可能です。
詳しくはお問合せください。

よろしくお願いいたします。







************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 20:21 | お家ご飯-未分類 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://yuriri.jugem.cc/trackback/1764
トラックバック