CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
2015年5月より、少人数制の料理教室もスタート♪
<< カトルエピスを作ってパテを焼こう | TOP | 鶏とトマトのカレー >>
里芋ご飯ともうひとつ 〜 地元の情報誌「すかっと」で連載スタートしました
20161001里芋ご飯.jpg


以前少しご紹介しましたが、今月号から地元に密着した情報誌「すかっと」に料理のページを持たせていただくことになりました。
隔月での登場になります^^
地元、、といいますのは、福島県須賀川市と、鏡石町です。
福島県にご縁のないみなさんには、どこかわかりませんよね(笑)。
郡山市はご存知のかたも多いでしょうか。
郡山の南隣が須賀川市、その南が鏡石、という感じじゃないかなあと思います(多分)。
わたしが現在住んでいる鏡石町は広い福島県の中で、確か3番目に小さな町じゃなかったかと^^
そしてわたしが高校生まで暮らしていた実家のある須賀川市はウルトラマンの故郷M78星雲と姉妹都市だったりします( ´艸`)。
そんな地域の各ご家庭に配られ、役所や銀行、店舗などにも置かれています。


さて「すかっと」に初登場の今回ご紹介したのは、
わたしも畑を借りている「岩瀬牧場」で作られた美味しい里芋を使った料理2品です。
ひとつめは里芋ご飯。

こちらは料理のWebページがないのでここでもレシピをご紹介させていただきますね^^


【材料】
米 … 3合
岩瀬牧場 里芋 … 500g 
茸 … 舞茸、シメジなど好みのもの2種類 ※正味300g程度
油揚げ … 3枚
出汁 … 540ml
酒 … 大さじ3
醤油 … 大さじ3
味醂 … 大さじ2

【作り方】
米は研いで水を切り、出汁に30分〜1時間浸けます。
里芋は皮を向いて大きければ半分に切って8ミリ程度の半月切り、小さければ輪切りにし、塩少々(分量外)で揉んでから流水で洗います。〈A〉
茸は手で食べやすい大きさにちぎり、酒・醤油各大さじ1をふりかけて揉み込んでおきます。〈B〉
油揚げはキッチンペーパーで押さえて余分な油を取り除き縦半分に切って、5ミリ幅の短冊に切ります。〈C〉
鍋(炊飯器)に〈A〉〈B〉〈C〉と残りの調味料を加えて炊きます。


今回は土鍋で炊いていますので、少し出汁が多めかもしれません。
これから新米の季節にもなりますし、お好みで水分量は調整してくださいね♪


20161001里芋ご飯-2.jpg


炊き上がり。
お芋を一番上に乗せて炊いたので、なんだかすごいことになっています(笑)。

土鍋で炊く場合は、土鍋が温まるまでは弱火で、その後強火にします。
煮立ったら弱火に落として13分ほど。
蓋を開けてまだ水分が残っているようなら、様子をみながら加熱時間を増やします。
ご飯は炊き始めたら蓋を開けてはいけないと思っているかたも多いと思いますが、開けても全然大丈夫です(๑´◡`๑)。
炊上ったら10分〜15分蒸らして混ぜます。


20161001里芋ご飯-3.jpg


油揚げを鶏肉に変えても美味しくできます。
もも肉で皮付きがお勧めです。
さっと熱湯にくぐらせてから茸と一緒に酒・醤油に漬け込んでおくといいですね^^



お料理の2つ目は「里芋とランチョンミートの甘辛炒め」です。


20161001芋ポーク.jpg



【材料】
岩瀬牧場 里芋 … 500g
ランチョンミート … 1缶
醤油 … 大さじ1.5
砂糖 … 大さじ1.5
油 … 適量
小麦粉 … 適量
青海苔 … 少々

【作り方】
里芋は皮付きのまま耐熱容器に入れラップをかけ、電子レンジに5分かけます。
竹串を刺して固ければ全体をさっくり混ぜて再度2分程度電子レンジにかけます。
竹串がすっと通れば、粗熱を取り、手で皮を剥きます。
里芋を1センチ程度の輪切りにし、小麦粉を薄くまぶします。
ランチョンミートは1センチ幅に切り、5ミリ厚の短冊に切ります。
フライパンに油を敷き、ランチョンミートを中火で炒め、里芋を加えて更に炒めます。
砂糖を加えて炒め合わせ、醤油を加えてひと混ぜしたら火を止め、青海苔をふります。


20161001芋ポーク-2.jpg


里芋に小麦粉をまぶすことで味がしっかりとからみます。
ランチョンミート(スパムソーセージ)は商品によって塩加減が違うので味を見て調整してくださいね。
甘辛い味付けはおつまみにも、ご飯のおかずにもピッタリです。
この料理は東京にいた頃に何度か行った沖縄料理のお店で食べた「芋ポーク」を思い出して作りました。

この味付けには青海苔の風味がとても合うと思うのですが、
ピリッとさせたい時には、代わりに黒胡椒を挽いてもいいですよ^^


里芋が本当に美味しい季節ですよね。
作ってみていただけると嬉しいです(*´ー`*)。


20161027すかっと.jpg










ひらめき11月のお教室 - 懐かしの洋食の献立


 *ナポリタンスパゲティ
 *ロールキャベツ
 *りんご入りポテトコロッケ
 *南瓜のスープ


11日(金) … 満席 
12(土) … 満席
13日(日) … 追加日:満席
18日(金) … 残1名さま 
19日(土) … 残2名さま  
20日(日) … 追加日:満席
26日(土) … 追加日:残1名さま 
27日(日) … 追加日:満席  



*教室へのお問合せ、お申込はHPのお問合せフォームよりお願いいたします。

万が一お問合せフォームでお送りくださったのに丸一日たってもこちらからご連絡がない場合は、大変恐れ入りますがブログの最新記事にその旨コメント欄にお残しください。
その場合、メールアドレスを記入する欄がありますので、そちらにアドレスを書いてください(ここには掲載されません)。

ブログやHPに教室の案内を掲載する前日に、これまで教室のご参加くださったかた、また事前にメールアドレスを登録いただいた方にご案内をお送りしています。
お教室への具体的な参加予定がまだないかたでも、今後早めに日程等をお知りになりたいかたは上記フォームよりご連絡ください。

2名様以上のお申込で、ご相談の上、上記日程以外の日にレッスンを開講することが可能です。
詳しくはお問合せください。


きらきら教室の定員につきまして
これまで1名さまより最大4名さまとしてきましたが、曜日によるお申込人数のかたよりが多くなっております。
そのためメニューによっては最大5名さままで定員を増やすことにしました。
月ごとに、最大定員が4名さまか5名さまかをお知らせいたします。
こちらの決めた日程で最低1名さまから行うのは変わりありません。
ちなみに今月の定員は4名さまです。


よろしくお願いいたします。





************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************

posted by ゆりり | 14:02 | 書籍・ウェブへの掲載 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
☆でりさん
こんばんは。
里芋ご飯、作ってくださってありがとうございます!
すみません、ウチに炊飯器がないので炊飯器で炊いた感じがわからなくて(汗)!
でもちゃんと美味しくできてよかったです〜〜〜!
ご飯も新米が出て美味しくなりますし、食欲の秋ですし(笑)、またよかったら作ってみてくださいね^^
2016/11/09 22:03 by ゆりり
こんにちは。
いつも楽しく拝見しています。
里芋ご飯、先週の金曜に作りました!
レシピの分量どおり、5合炊きの炊飯器でやってみたら、
あふれそうなくらいでしたが、とても美味しくできあがりました!
底のほうにはお焦げもできて(しょうゆが溜まってしまったみたいで)
久しぶりに、お米をわしわし食べた感じでした!
2016/11/07 22:26 by でり
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://yuriri.jugem.cc/trackback/1772
トラックバック