CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
2015年5月より、少人数制の料理教室もスタート♪
<< 参鶏湯風 野菜たっぷりスープ | TOP | メカジキとじゃが芋のグラタン >>
自家製ツナ(鰹だけど)の新しい作り方
20170116ツナサラダ.jpg


ここのところ寒い日が続いています。
ウチのあたりは3日ほど雪が降りましたが、積雪量は特別多くはありません。
ただ、朝晩の冷え込みは厳しくて、今朝は−8度でした。
そういう気温の後は、プラスになっただけで、とても暖かいように感じるのですから不思議なものですね(*´ー`*)。

さて、時毒作っている自家製のツナですが、今回新しい作り方を試してみました。
これまでは下味をつけたビンナガマグロか鰹を茹でてオイルに浸ける、という方法でした。
今回はここのところハマっている(笑)低温調理でやってみたのです。

方法は簡単です。
今回は鰹を使っているので本当はツナじゃないんだけど(*`艸´)、、、
マグロか鰹のサクは室温に置いておき、1.2%の塩をします。
好みで胡椒を挽いたり、ハーブを乗せて脱気できる袋(普通の保存袋でも可)に入れ、
オイルを大さじ3程度注いで脱気します。
それを40〜50度くらいのお湯に入れて、1時間程度加熱し、冷めたら冷蔵庫で冷やします。

それだけ^^


20170114ツナ(鰹).jpg


今回もIDEAのハンディフードシーラーを使っています。
お鍋は同じくIDEAのグリルポットです。

前にサーモンを低温調理した時もこの組合わせでしたが、
鶏肉などもう少し温度を高めにする場合(60度以上)はフードシーラーは使わないでくださいね。
お鍋も保温性の高いものならなんでもいいですし、
側についてちょこちょこ温度の管理ができるなら薄手の鍋でも大丈夫です。


20170114ツナ(鰹)-2.jpg


タイムは雪が積もった庭で、「この辺にあったよね〜」と手を突っ込んで探し出しました。
雪の下でも、直接雪がかかっていないのでとても元気でした♪
わたしの手は、冷え冷えになってしまって大変でしたけど^^;

さて、出来上がりですが、袋の上から触ったら「あれ?固いかも?」という感じでした。
柔らかく仕上がるかなと期待してやってみたのに、、と少しガッカリしたのです。
でもまあ、とりあえず食べてみよう、と思ったところ、、、、


20170116ツナサラダ-2.jpg


袋から取り出してちぎった瞬間に、「あ、柔らかい♡」とすぐにわかりました^^
しっとりして、塩気もちゃんと残っていてとても美味しいツナ(だから鰹なんですが(汗))になりました。
サラダはベビーリーフにツナを乗せて、
粗塩を少しだけ振り、オイルと白バルサミコ酢をほんのちょっとかけて、白胡椒を挽きました。
塩が逃げない(?)ので、ツナにもちゃんと塩の味があります。
好みで1%に減らしてもいいかな?と思います。
塩は適当に振りかけないで、ちゃんと重さを量ってくださいね。


残った分もそのまま袋に保存すると使うオイルも瓶詰めにするよりもずっと少なくてすみます。
少ない油でも、本当に驚くほどしっとり。
これは、、、いいですよー。

これまでツナを作る時に、赤身のマグロだとパサつくのが気になったりすることもあったのですが
こうした低温調理にすれば赤身でもきっとしっとり美味しいツナになると思います。

今、鶏ハムとか、ローストポークとか、このツナやサーモンとか、ホントに低温調理が止められません。
もっと何かできないかと食材を物色しています(*´m`*)。











************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************
posted by ゆりり | 18:14 | 保存食・常備菜 | comments(0) | - |
コメント
コメントする