CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
2015年5月より、少人数制の料理教室もスタート♪
<< ぐるぐる海苔巻き | TOP | じゃが芋初収穫 >>
アイスクリーム作り
20170608アイスバー.jpg


今月の教室のメニュー、作るものや作業は結構あるのですが、
品数(皿数)として少し寂しいような、、甘いものがあったほうがいいかも?
でも、それを作る時間はとうていないよね、、
じゃあ、あらかじめわたしが作ってお出しするか?ということでふと思いついたのがアイスクリーム。
そろそろ季節的にも冷たいものがいいかなと。

そして、アンバサダーを務めているBRUNOの懇親会の時に可愛らしいアイスクリームメーカーを見ていたから。
  → コチラ
今、写真を撮ろうと思ったのですが、カップを冷凍庫で冷やしているところでした(汗)。

・・・・ところで懇親会は3月末でした。
リポートしようと思っていたのに、そのままで(滝汗)。
で、その時は、正直アイスクリームメーカーはわたしには縁がないよねえと思っていたのです。
でもね。
突然、アイスクリームメーカーを使ったら超簡単に美味しいアイスクリームができるの?と思い立ってお願いしました。
届いたモノを見て、最初は正直「これで大丈夫?」と思いました^^;
なぜならば、まるでオモチャのような、、というと語弊がありますが、
「マシーン」というイメージとかけ離れた可愛らしいものだったからです。
で、とりあえずそろそろと作ってみたのがコチラ。


20170603アイスクリーム.jpg


カボチャのピューレを練り込んだジェラート。
そしてミルクのほうは、バットに流し込んだ生地をいったん固めてフードプロセッサにかけてまた凍らせたもの。
アイスクリームメーカーは一度使うと、
その後ちゃんと(?)室温に戻して、また10時間くらい冷凍庫に入れないといけないので
立て続けに作るということができないんですね。
この時は、教室で最大5名様に召し上がっていただくことを考えてアイスクリームメーカーで1種類を作りましたが、
上記でご紹介したBRUNOのサイトをご覧いただくとおわかりになると思うのですが、
カップが2つあって、一度に2種類のアイスクリームを作ることができます。
1つのカップに材料が200mlまで入るのですが、出来上がりとしてはそれが小さなカップで3人分くらいでしょうか。
たくさん食べたいかたは、そのカップごと抱えて食べてもいいかもですが(`m´#)。


アイスクリームのレシピは、ネットで検索してもたくさん見つかると思いますし、
本もたくさん出ていますので、
わたしも含め、アイス作り、アイスクリームメーカー初心者のかたは色々調べてから作られるといいと思います。
レシピは人それぞれ、千差万別ですので、ご自身で作りやすそうと思うものをまずひとつ作ってみると、
アイスクリームメーカーの理屈というか、家でアイスクリームを作ることが理解できます(笑)。

最初に作った2つのジェラート(卵が入っていません)が夫にとても好評だったので
続けてまた作ろうと思ったわけですが、
手作りアイスバーの写真を見かけて、突然それを作りたくなり、アイスバー作りの型をポチ。


20170608アイスバー-2.jpg


アイズバーの型は、100均などでも売っているそうです。
わたしが買ったものは一度に80ml×6本ができるものだったので、3本ずつ、4種類作りました。

凍らせていないものをそのままバーに流し込んで冷凍庫で固めたものもありますし、
アイスクリームメーカーで作ってから型に入れたものもあります。
材料は勿論ですが、作る行程によって口溶けの感じも違ってくるようで、色々試したくなります(^-^)。

この写真のものは、上からチョコレート、ミルク(最初に作ったものとほぼ同じ材料)、
苺とヨーグルトのマーブル、苺ジェラート。
どれも卵黄は入っていない、あっさり目のものです。

写真撮影していると、どんどん溶けてきます(◎_◎;) 。
やはり市販品と違って、色んなものが入っていないからなのかな?と思いますが、、、
撮影は瞬時にやらないと、です。





教室では南瓜のジェラートをお出しするつもりだったのですが、
本をパラパラと見て目に止まって作ってみたのがこのチョコレートっぽいもの。
こちらも作ってみて、生徒さんたちに試しにどちらがいいですか?と伺ったところ、
皆さんこちらがいいということで(笑)。
(カボチャのほうもさっぱりして美味しいと思うんですが(*´m`*))



料理も、お菓子も、そしてアイスクリームもそうですが、
レシピ通りに材料を揃えても、作り方をその通り守っても、本のような結果にならないことはよくあります。
そして、レシピ自体も「???」と思うものもあります。
その料理を作り慣れている料理家さん、レシピ本の校正のかたなど、
まっさらな状態でそのレシピに向き合う読者の目がなくなっていることもあるのかもしれないなあと感じます。

わたしはたいしたこともできませんが、教室も含め、レシピを書く時には気をつけなければなと思います(笑)。

いずれにしても、0からスタートの初挑戦分野のものを作る場合は
1冊ではなく複数の本を参考に(図書館なども利用して)、
便利なネットでの検索も、同じようなレシピも複数のサイトで確認して作るのがよいかと思います。


わたしももう少し色々作ってみて、自信を持って「これは美味しいですよ」というのができれば
ご紹介したいと思います(*´m`*)。
手作りアイス、市販のものより多分、ずっと美味しいと思います。
わたしは市販のアイスクリームなどはほぼ食べませんが(食べられないというか)
自分で作ったものは、とても美味しく感じます(๑´◡`๑)。
何が入っているのかもわかっているので安心ですしね♪



オマケ。
今月の教室メニュー。
これにジェラートがつきます^^


201705312017.6-教室メニュー.jpg





コチラも間もなくです♪


DM-写真面-OL化-webサイズ.jpg

DM?宛名面-OL化-webサイズ.jpg








************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 09:23 | スィーツ | comments(0) | - |
コメント
コメントする