CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Instagram
ストックフォト♪
こちらで写真の販売をさせていただいています。 時々更新しています。 よかったら覗いていみてください♪ 売りたい、買いたい!写真・イラスト素材 TAGSTOCK
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
2015年5月より、少人数制の料理教室もスタート♪
<< ロッソビアンコのソテー ほか | TOP | 茄子とピーマンのピリ辛トマト味噌炒め >>
きゅうりの炒め物
20170712きゅうりの炒め物.jpg


昨年、近所のかたにきゅうりを分けていただいた折り、
「きゅうりなんか、店で買うもんじゃない」というようなことを言われ、
その時は「へー」としか思わなかったのですが、
自分できゅうりを栽培し始め、「なるほど〜」と納得するにいたりました。

何しろ野菜作り初心者なので、それぞれの野菜をどう仕立てていくのかとか、
育てる上での注意点だとか、何日くらいで収穫にこぎ着けるのかとか、
うまくいくとどのくらい収量があるものなのかとか、、何から何までわからないわけです。

そして、きゅうり。
これがまあ、、なんというんでしょうか。
気がつくと大きくなっているんです。
葉っぱの影になっていたりして見落としたり、数日畑に行けなかったりするとすぐに巨大化します。





畑のきゅうり。これはちょうど良い収穫適期のものですね^^
きゅうりは1日で3センチ伸びると聞いて「またまた〜」と思っていたわけですけれど、
いや、本当にそういう勢いで成長しています。
でも、この写真の倍くらいになってしまったものも、美味しく食べられます^^
大きくなったほうがお得じゃない?って思うくらいです(爆)。
あ、でもお得にならなくていいです、というのが今のところの正直な思い。
その上、おすそ分けでまた立派なきゅうりをいただくこともあったりしますので(≧∇≦;)。





こちらは庭のプランターで育てているミニサイズのきゅうり。
特にミニサイズを作る理由はないんですが、、まあ、、可愛いかなあと(笑)。


さて、それでです。
どんどこできるきゅうりを消費すべく酢の物にしたり、サラダにしたり、漬け物にしたりどんどこ食べる。
でも畑に行くと、「食べごろですよー」というきゅうりが必ずいるんです^^;
わたしたちにしたら大成功も大成功、これをビギナーズラックというのでしょうか。
そんな大成功のきゅうりを昨夜は炒め物にいたしました(ここまで、長い)。

きゅうりの炒め物は昨年もよく作りましたが
(夫は忘れているらしく、加熱したきゅうりなんて珍しいねえ、と言ってました(`m´#))
海老やホタテ等の海のものと合わせると、ちょっと高級な感じ、
あとは昨年の教室メニューにもしたささ身なんかと合わせても美味しいですが
今回のは、卵と自家製のツナを合わせています。





作り方はとても簡単です。
ざっと書きます^^

きゅうりは大きくなってしまったもの2本、普通サイズ(?)なら3本分くらいかと。
まあ、本数は適当で2本でも3本でも。
それと、卵を2個。
ツナ(わたしは自家製ツナを使いますが市販のものでも)を100gくらい。
香り付けの生姜もひとかけ。

きゅうりは縦に4本くらい皮を剥いて、縦に二つ割りにしてから斜め薄切りにします。
生姜は細切りにします。

中華鍋に油を熱して、塩ふたつまみを加えた溶き卵を流し入れてざっとかき混ぜ、半熟状になったら取り出します。
今度は胡麻油を入れて生姜を加えて熱し、香りがたってきたら、きゅうりを加えて炒めます。
酒大さじ1と、顆粒の中華だしの素をひとつまみ加えます。
きゅうりは炒め過ぎないほうがしゃっきりして美味しいと思います^^
きゅうりが炒まったら、ツナをほぐしながら加えて一混ぜし、卵を戻し入れます。
味をみて塩で整え、胡椒(今回は白胡椒)を挽きます。
好みで胡麻を指で潰しながら振りかけます。


昨年は炒め物には、マーケットで買った水分の少ない四葉(スウヨウ)きゅうりを使っていたのですが、
今年は当然のことながら、自家栽培の普通のきゅうりです(笑)。
シャッキリとしてとても美味しいです^^
きゅうりと、卵とツナの相性はとてもいいように思います。
10分もかからず、さっとできるのも嬉しいところ。
これからますます美味しくなるきゅうりで作ってみてくださいね^^








************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************





posted by ゆりり | 07:39 | お家ご飯-野菜のおかず | comments(0) | - |
コメント
コメントする