CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
2015年5月より、少人数制の料理教室もスタート♪
<< 今月のとれたて! [7月] じゃがいも編 〜 BRUNOコラム | TOP | 〆鯖ときゅうりの和え物 >>
茄子とズッキーニの甘酸っぱい炒め煮(カポナータ風)
20170724カポナータ-2.jpg


夏になると、夏野菜とトマトを合わせた煮込みをよく作ります。
いわゆるラタトゥイユです。
時々、カポナータと呼ぶこともあります。
呼び分けに理由はなく、その時の気分で(笑)。
それが突然2つの違いが気になり始めました。
ラタトゥイユはフランス語で、カポナータはイタリア語、そのあたりはわかるけれども、
厳密にどちらがどうと調べたことはありませんでした。

で、調べたわけですけれども(ネットで)、結局わからない(爆)。
ネットの情報って、ライターさんが深く理解して書いている記事ばかりではないですし(失礼)、
わたしみたいに更にわかっていない人間が、
上記のような記事をちょこっと読んで訳知りに(こういうブログに)書いたりしていることもありますし、
だいたい、海外の郷土料理のことを日本にいて、日本でしか食べたことのない人にわかるワケがない。
日本の料理だって、何が正解かなんてわからないものも多々あるくらいですから。

ですが、ひとつだけ、どの記事にもほぼ共通していることがあって、
ラタトゥイユはシンプルな塩の味付け、カポナータは砂糖やお酢が入る甘酸っぱい味付け、ということです。

わたしが今までラタトゥイユと言って作っていた夏野菜の煮込みは、
味付けは基本的に塩ベース(塩麹とかも)で、お砂糖やお酢等は入れていなかったものの、
調理行程はどちらかというとカポナータっぽい感じらしく、折衷の、我が家風だったようです。

興味のあるかたはご自身で調べてみてくださいね^^


さて。
先週土曜日と、昨日の日曜日、教室のお楽しみ会的食事会を行いました。
(これまで参加してくださったことのあるかた対象でした)

その時に、いつものラタトゥイユを作りました。
そして、昨日の回は最近たくさん採れるようになってきたロッソ・ビアンコ(イタリア茄子)を消費すべく
カポナータ風も作ることにしました。
カポナータと言い切れないのはですね、まあ、、、ネット情報のカポナータとは全然違うものだからです(*`艸´)。
でもお砂糖とお酢を入れているので、カポナータ風なのです。


20170722カポナータ.jpg


美味しかったので覚え書きです。


【材料】
ロッソビアンコ … 大きめ2個  ※普通の茄子なら3〜4個くらいかな?
ズッキーニ … 太いもの1/3本  ※普通のものなら半分くらい
玉ねぎ … 小1個   ※今回はたまたま紫玉ねぎでした
トマト(完熟) … 2個
ニンニク … ひとかけ
アンチョビフィレ … 5〜6本
オリーブ … 緑と黒 各20個くらいずつ
塩 … 小さじ1/2〜
砂糖 … 大さじ1
バルサミコ酢 … 大さじ1〜
オリーブオイル … 適量

【作り方】
茄子とズッキーニは食べやすい大きさの乱切りにし、オリーブオイルで炒めます。【A】
玉ねぎは半分に切って薄切りにします。
トマトは2センチ角くらいに切ります。
ニンニクは皮を剥いて包丁の背などで潰します。

フライパンにオリーブオイル、ニンニク、アンチョビを入れて弱火にかけアンチョビを崩すようにしながら炒めます。
玉ねぎを加えて炒め、柔らかくなったらトマトとオリーブ、砂糖、バルサミコ酢を加えてトマトが少し煮崩れるまで加熱し【A】を加えます。
5分ほど煮て、味をみて塩気が足りなければ適宜加えて整えます。

冷まして味を馴染ませます。





アンチョビやオリーブの塩気はものによってだいぶ違いますので、塩気は味をみて調整してくださいね。
わたしはたまたま緑と黒のオリーブがあったので両方入れましたが(使い切りたくて全量)、
お好みのものをお好みの量加えてみてください。

最初はお酢と砂糖を加えるのってどうなんだろう?と思っていたのですが、これは美味しい。
洋風の料理って、炒め物でも煮物でも、焼き物でもお砂糖使うことはほぼないですよね。
なのでどうなの、どうなの?と思いつつの料理でしたが、
生徒さんたちにも受けたので、わたしだけが美味しいと思う味付けではないと確信しました(笑)。

あっさりしすぎず、おつまみにちょうどよい味だと思います。
温かいより、きんと冷やしたほうが美味しいと思います^^

夏野菜の美味しい今、おすすめです♪







************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 14:05 | お家ご飯-野菜のおかず | comments(0) | - |
コメント
コメントする