CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
2015年5月より、少人数制の料理教室もスタート♪
<< 炒飯コレクション | TOP | トマトと卵のパスタ、ほかパスタふたつ >>
2色のゴーヤのオイスターソース炒め*
20170730二色のゴーヤ炒め.jpg


2色のゴーヤ。
種類が違うワケではありません。
ゴーヤは熟すと黄色くなるんですね〜。
ゴーヤが黄色くなることは知ってはいたのですが、
熟すというよりは、黄色くなる=ダメになってしまったと思っていたんですね。
まあ、今までの人生の中で、黄色くなったゴーヤを見た回数はそれほどありませんが、
そうなったものは、処分してしまっていました^^;

さて今年はゴーヤにも初挑戦しておりまして(庭のプランターで)、
そろそろ大きくなってきたなあと思っていた1本のゴーヤが樹上(?)で黄色い色が混じるようになりました。
それで慌てて収穫したものの、なんとなくほったらかしにしていました。

わたしはよくやってしまうのです、「なんとなくほうっておく」という行為。
それは目につくところに置いてある場合もあるし、一応冷蔵庫に入れて、扉を開ける度に認識することもあります。
そして、そのままにしておくとダメになっちゃうんじゃない?いつ使うの?大丈夫?大丈夫?と
わたしの中のもう1人の自分が囁くけれども、放置してしまう。
(勿論放置しないもののほうが多いですよ(`m´#)。
 でも、不幸にも放置と決まったものはなぜかそこから抜け出せないのです)
そして、いよいよもう明日になったら食べられなくなるかもよ?というあたりで
はっと我に返って調理するというか、、、
自分の性格というかクセの中でも最もどうにかならないかと思うところです。

今回のゴーヤもそんな運命でありまして、収穫後目につくところに置いておき、
毎日「おお、また黄色いところが増えておる!」などと思いつつ、放置。
そのうち、見事な真っ黄色というのか、黄金色になり、その美しさに記念撮影をしました。
(自分で育てたものが黄色くなって初めて調べたのですが、
 熟したゴーヤって甘みが出て柔らかく、美味しいのだそうです。
 だからという言い訳みたいですが、
 今回に限っては、ちょっとほっといてもいいよね?という免罪符もあったというか(・ω・;)。)


20170729黄色ゴーヤ.jpg


ねえ。綺麗ですよね。不思議な美しさです。
・・・と、こうなってからもまだ2日ほど放置。
そして夫に「ねえ、ゴーヤって熟すとこんなに綺麗に、、、」と言いかけて持ち上げたら
端っこのほうがはぜ始めていました(汗)。
それでようやく、これはどうにかしなければと思い、食べることにしたのです。
そして、ゴーヤの鉢を見たら、20センチになるかならないかくらいの若々しい緑色のゴーヤが。
じゃあ、取り合わせて炒めてみましょうか、ということで2色のゴーヤ炒めとなりました^^


作り方をざっと。
先日UPしたきゅうりの炒め物と雰囲気が似ていますね^^

【材料】
ゴーヤ … 黄色と緑色、それぞれ20センチ前後のものを1本ずつ。
自家製のツナ … 100gくらい
卵 … 2個
白胡麻 … 適量
黒胡椒 … 適量
オイスターソース … 大さじ1くらい
油 … 適量

【作り方】 
ゴーヤは縦半分に切り、ワタ、種などを取り除き5ミリ厚くらいに切ります。
卵を溶きほぐし塩ひとつまみ(分量外)を加えて、中華鍋に油を熱してさっと炒め、取り出します。
中華鍋に油を入れて熱し、緑色のゴーヤを先に1分ほど炒め、次に黄色のゴーヤを加えて炒めます。
ゴーヤがしんなりしたら、ツナをほぐしながら加え、卵を戻し入れてオイスターソースを加えてざっと混ぜます。
味をみて、足りなければ塩か醤油少々で整えます。
好みで黒胡椒を振り、白胡麻を指で潰しながらふりかけます。


20170730二色のゴーヤ炒め-3.jpg


作り方より、ほったらかしのゴーヤの説明がやたら長かったですが、
実はこれは驚くことに本当に美味しくて、珍しく夫と2人で奪い合うようにして食べました(^m^)。
ゴーヤは完熟のほうも、若いほうもほぼ苦みがなくて、どちらかというと甘みが強い感じでした。
わたしはゴーヤは苦いのが美味しいでしょう、と思っていたのですが、
今回の柔らかくてほんのり甘くて苦いゴーヤがすごく美味しいと思いました。
一緒に炒めた自家製のツナや、卵とのバランスもよかったのかなあと思ったり、
オイスターソースだけのシンプルな味付けがよかったのかあなと思ったり。

うちのゴーヤは緑のカーテン的な育て方ではなく、あんどん仕立てっていうのか
こじんまりと作っているので、今のところ収穫できたゴーヤはまだ3本です。
でも、思い出した頃にあまり大きすぎないのが1本採れれば十分です。
きゅうりや茄子、ピーマンのように冷蔵庫い待機組がいるのにまた収穫じゃ!と焦るより(笑)。







赤ちゃんゴーヤの写真です。
当たり前のことですが、どの野菜も赤ちゃんの時代があります。
自分で育てて初めて見る姿もあります。
美味しく、大きく育ってねと思います。







************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 06:08 | お家ご飯-野菜のおかず | comments(0) | - |
コメント
コメントする