CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
2015年5月より、少人数制の料理教室もスタート♪
<< 2色のゴーヤのオイスターソース炒め* | TOP | 夏野菜たっぷり 2種のフォー >>
トマトと卵のパスタ、ほかパスタふたつ
20170802トマトと卵のパスタ-2.jpg


きゅうりや茄子、ピーマンはどんどこ採れるのに、遅々として色づかなかったトマトが
ここのところ、少しずつ色がついてきました。
そんな中、大事件が起きました(×_×;)、、、が、それについてはまた別に書こうと思います。

トマトはなるべく水分が少ないほうが甘みがのって美味しくなるとはよく言われることで、
わたしが借りている畑でも、トマトは屋根というか、カバーで雨よけをしているかたが何人かいらっしゃいます。
でも、大型のトマトじゃなければまあ大丈夫でしょうということですし、
ウチはそもそもどうやってカバーを取付けたらいいのかもわからない素人ですので
今年はとりあえずお試し(?)で、屋根無しで作っています。
なかなか梅雨が明けず(やっと昨日明けました)、雨ばかりで心配は心配だったのですが、
色づいたところからちょこちょこと収穫できるのは楽しいものです^^

そんなわけで、ようやく我が家産トマトが食卓に上るようになってきました。
味はこれから甘みが増してくるのか、、「わー、甘い〜♡」というのには当たっていませんが^^;
加熱調理をする分には全く問題なく美味しくいただけています。

というわけで、我が屋産トマトの簡単なパスタです(*´ー`*)。


【材料】2人分
パスタ … 200gくらい
トマト … お好きな分量で(ミニトマト、ミディトマトなど適当に合わせて)
にんにく … ひとかけ
卵 … 3個
パルミジャーノ(粉) … 大さじ3
塩麹(ペースト) … 小さじ1弱
黒胡椒 … 適量
バジル … あれば少々
オリーブオイル … 適量

【作り方】
トマトは1.5〜2センチ角くらいに切ります。
ニンニクは潰します。
フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れて弱火にかけ、ふつふつとしてきたらトマトを加え火を強めます。
煮立ったら弱火にして煮込み、途中パスタの茹で汁を適宜加えます。
塩麹を加え、標準茹で時間より少し短めに茹でたパスタを茹で汁少々とともに入れて
パスタにスープを吸わせるようにざっくり混ぜながら加熱します。
パスタがほどよい固さになったら、溶き卵とパルミジャーノを加えてざっと混ぜて火を止めます。
器に盛り、黒胡椒を挽き、あればバジルを添えます。


20170802トマトと卵のパスタ.jpg


卵とチーズを加えてからはちゃちゃっとしてください。
器に盛り浸けてからも余熱が入りますので、フライパンの中でちょうどよくしちゃうと卵が固くなってしまいます。
お好みでベーコンなどを加えてもいいですね^^
ウチはパルミジャーノは、粉状の大容量の袋詰めのをまとめ買いして冷凍してあるのでバサバサ使いますが
いわゆるパルメザンチーズとして売られているもの(筒状の容器に入っている)は量も少なくお高いですよね。
で、値段の問題だけじゃなく、色々な理由で2人分に大さじ3も使いたくない、ということもあるでしょう^^;
その場合は、盛りつけてからお好みの量を振りかけるでいいのですが、
卵を加える少し前に煮汁ではなく、牛乳を少し加えるとコクがプラスされて美味しいと思います。



そんなパターンのパスタがこちらです^^


20170714カリフラワーのクリームパスタ.jpg


20日ほど前のものになりますが、カリフラワー入りパスタです。
ミニサイズのカリフラワーがまとまって採れちゃった時に作りました。
(同時期に種を撒き、植え付ければほぼ同時に収穫期を迎えるのは当然なのですが)
採れたて新鮮だからさっと茹でで、と夜に出したら、夫から「固い」とクレームがあって引っ込めたものを
翌日の昼ご飯のパスタ利用しました。

この時は出来たばかりのベーコンも使いました。
ベーコンとカリフラワーを炒めて、その後水を加えてカリフラワーが柔らかくなりまで加熱します。
パスタに入れるカリフラワーはグズグズに柔らかいのがいいと思います。
崩しながらソースになるようなイメージです。
これはパスタを加えてから牛乳(だったと思いますが、生クリームだったかも?)を加えて煮詰め仕上げています。
そして器に盛ってからイタリアンパセリと、パルミジャーノと黒胡椒。


20170714カリフラワーのクリームパスタ-2.jpg


ちょっと作り方は違いますが、カリフラワーやブロッコリーは
最初からパスタと一緒の鍋に入れてひとつ鍋で煮る方法でも美味しくできて、わたしは好きです^^
その時はソーセージや鶏肉などを一緒に入れることが多いです。



最後にもうひとつ。
これも少し前のものになりますが。。。


20170727ラタトゥイユのパスタ.jpg


夏野菜の煮込み(先日ラタトゥイユがどう、カポナータがどうとか書いたあたりで作った「ラタトゥイユ」のほう(笑))の残りを利用したパスタ。
夏場、夏野菜の煮込みはしょっちゅう作りますが、多めに出来てしまいがちで、残りがち。
そんな時は、パスタにしてしまうとあっという間に整理できます(笑)。

鶏ハムやソーセージや、ツナや何かしらタンパク質系を加えてもいいのですが
そういう適当なものがない場合は、やはりチーズを頼ります。
パルミジャーノも勿論美味しいですが、この時はシュレッドタイプのチーズを加えています。
温めたラタトゥイユの鍋に茹でたパスタを加えたら、そこにチーズを加えて少し加熱。
チーズがとろりと溶けたところで器に盛ります。
最近このパターンも気に入っています^^






昨日の収穫物。
定点観測です(笑)。
とはいえ、定点観測もだんだん飽きてきて(`m´#)、ちょっとよさげなパターンの時だけになっています。
昨日のポイントは、結構トマトが採れたこと、ミョウガが採れ始めたこと、
夫が種を撒いた向日葵を持ち帰ること、採っても採ってもワサワサしてくるバジルをしつこく採ったことなど。

あ、あと、紫パプリカ(黒っぽいけど)が結構採れています。
種から苦労して育てたものなので、嬉しいは嬉しいのですけれども、、、
誤算がひとつあって、加熱すると緑色になっちゃうんですね〜〜〜〜〜〜〜llllll(-ω-;)llllll
しかも、もう少し熟してから採るべきなのか、実が薄くて(ピーマンくらい)
生食にしてもちょっと味に甘みがなくて。
これはーーー。

紫パプリカのわき、カゴの外側になるのはピーマンではなくまだ色づいていないパプリカです。
これも種から育てたものですが、何色になるのかは不明です。
実がつきすぎているので、ちょっと間引きました。

あ。もうひとつ大事なポイントが。
きゅうりがありません(爆)。
ここのところ、本当〜〜〜に毎日毎日毎日、きゅうりが複数本採れて、どうしたものかと途方にくれていたのですが
昨日だけは採り頃のきゅうりがありませんでした。
でも、今日になればあるってことですが(汗)。


ももがお腹を壊しています。
いつも通り、超がつくほど元気で食欲がありますが、困っています。
病院に連れて行こうと思います。
皆さまも、ペットのわんちゃん、猫ちゃんも、体調の管理にはお気をつけください!









************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************






posted by ゆりり | 07:53 | パスタ | comments(0) | - |
コメント
コメントする