CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
2015年5月より、少人数制の料理教室もスタート♪
<< もう9月も半ば | TOP | 10月の教室のご案内 >>
今月のとれたて! [9月] トマト編 〜 BRUNOコラム
20170820BRUNOコラム-トマトピザ-2.jpg


すっかり秋らしい気候となってきました。
わたしの住む地域では、幸いなことに今回の台風で大きな被害はありませんでした。
それでも畑を借りている牧場に行くと、古い巨木の枝が折れてそこいら中に落ちており、
そういう風景にも大分慣れてきたはずですが、かなり太い枝もあって驚きました。
自分の畑のトンネルも飛んでいったりしていないだろうかとドキドキしていたのですが、無事で、
背の高くなっている野菜が倒れたり、小苗が雨の跳ね返りの泥にまみれていたりしたものの、
大きな被害はありませんでした。


さて、そういう自然の力に畏怖を感じ、一喜一憂しながら続けている菜園ライフ(笑)、
そろそろ半年になろうとしていますが、今回BRUNOのコラムでご紹介しているのはトマトです。

  → よかったら コチラ をご覧になってくださいね^^


トマトといえば夏野菜の定番中の定番、夏色!という感じの野菜ですね。
今年の夏はこの辺りでは雨、雨、雨で、夏の野菜には本当に可哀相な気候でした。
勿論、野菜作り初心者のわたしたち夫婦にとっても残念な夏でした。
トマトもなかなか色づかず、雨に当たって実が割れてしまったり、どうなるのかなあと思っていましたが、
やっと夏の後半になってまとまって収穫できるようになりました。


20170818トマト.jpg


先日、色々トマトのセミドライトマトの写真をアップしましたが、
このピザには色別のトマトソースを作って、使ってみました。


20170819トマトソース.jpg


普通は全部のトマトを混ぜてしまって、赤っぽいトマトソースになるのですが、
せっかく色々な色があるんだから、、と遊んでみたのです^^


20170820BRUNOコラム-トマトピザ.jpg


味も勿論少しずつ違います。
緑色が酸味が強そうと感じるかもしれませんが、そんなこともないんですよ^^
緑色のソースは、火にかけている間はすごく鮮やかできれいなのですが、
裏ごししたり、撹拌したりするとちょっと濁った色になってしまうんのが、とっても残念なのです。
赤や黄色も煮ているときより濁りますが、緑色ほどは目立たないですよね〜。


これは試作の時、焼く前です。


20170819トマトソース-2.jpg


ソースにモッツァレラとバジルだけのシンプルなピザです。

ピザ生地は皆さんが普段作られているお好みの配合でいいのですが、
今回はリスドォルがちょっとダブついていたのでそれを使いました。
(カンパーニュを焼くのに定期的に粉が届く設定にしてあって、サボているので(汗))。
コンパクトホットプレートで全体に薄く生地を広げ、2回焼く分くらいです。
ざっくりですが生地の材料を。

 リスドォル 300g
 水  150mlくらい
 オリーブオイル 大さじ1
 ドライイースト 小さじ1
 砂糖 小さじ1
 塩 ふたつまみ


ピザはオーブンを300度に余熱してさっと焼く派(?)ですが、ガスオーブンでも熱くなるまでなかなか大変です。
ホットプレートはその点、ささっと出来て簡単ですね^^
片面(下にした面)を焼いてひっくり返してから具材を乗せて焼くと失敗がないと思います。
具を乗せてからはLOWにしておくほうが安全かなあと思います。
結構パワーがあるので、MIDより強いと、底面が固くなってしまいます。
時々蓋を開けてチーズの溶け具合を見て、いい感じになったら焼き上がりです。


ところで、この可愛いサイズのコンパクトホットプレートに、大柄な妹がいることはご存知でしょうか。
ホットプレート文化(?)が途絶えて久しい我が家にコンパクトホットプレートがやってきた時は
おー、今時のホットプレートってこんなに可愛いのかーと感動したものです。
そしてこの度、妹分のグランデサイズも我が家に仲間入りいたしました。
箱を見た時には、「デカい」と思ったのですが、スマートな形とシックな色で食卓にしっくり馴染み、
かつてのゴツいホットプレートのイメージとは一線を画するものになっています。
(わたしが選んだのはグレージュという色)

ホントはこれでピザを焼こうかなあと思ったのですが、
(その場合は全体に広げると大き過ぎるので、丸いのを2枚とか、チビサイズを4枚とか)
グズグズしているうちに時間切れ(原稿の)になってしまって作れず、、、
その後、無事おでんにて、グランデデビューを果たしました。
この仕切りのついた鍋は別売りのオプションです。


20170914おでん.jpg


なんとおでんにぴったりな♡
ウチでは普段、大きめの鍋(ルクの24センチ+α的な)でおでんを作り、食卓に出す時には
土鍋に移していたのですが、我が家の土鍋は底面の傾斜が結構あっておでんの具材がうまく並ばないのです。
先に入れたものが当然底面にいってしまい、全ての具材を見せることが至難の技だったわけです。
それがこの仕切り鍋によって、いとも簡単に解決いたしました。
まだ本来の(?)ホットプレートとしての使い方をしていないので、これから色々活用しようと思います。





畑もそろそろ夏から秋冬に完全に移行する季節となりましたが、まだまだ夏の名残を捨てきれません。


20170918収穫野菜.jpg


頑張っているトマト。
畑に行く前は、今日こそトマトを抜いてしまおうと思うのですが、実をつけているのを見るとなかなか^^;
そして白菜と大根を間引いてきました。
大根、ちょこっと虫にかじられていましたが、一応大根っぽい感じになっていてよかった♪

間引いた白菜は種を蒔いたミニ白菜で、
その他に保険として(笑)大きくなる白菜の苗を買ってそれも育てています。
種を蒔いて育てると間引き菜が採れるのが嬉しいですね^^
大根は、こちらもミニサイズというか、短いタイプのもの。
あとは紅くるりという赤いの、間引いてないですが紅芯大根を同時に種まきしました。
少し時期をずらして、普通サイズの大根も種を蒔きました。
こちらは間隔を開けて種を蒔いたので、間引きはしないで育てます。

種を蒔く。
発芽する。
それって当たり前のことかもしれないですが、発芽したのを見つけると
それはそれは飛び上がりたくなるほど嬉しいものです。
そしてまた、なぜか全然芽を出してくれないものもあり、、、
何が悪かったのか、原因はわたしなのか、種にあるのか。
喜んだり、悩んだり、迷ったり、体力消耗したり(笑)の毎日ですが、楽しいです。








************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************

posted by ゆりり | 08:45 | 書籍・ウェブへの掲載 | comments(0) | - |
コメント
コメントする