CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
2015年5月より、少人数制の料理教室もスタート♪
<< 畑 〜 秋冬に向けて | TOP | 最近のあれこれと、来月の教室のご案内 >>
栗ご飯、栗のおやつに、紅芯大根
20170930栗ご飯.jpg


散歩の途中で、夫が上着のポケットを膨らませてやってきて、何やらゴソゴソと取り出しました。
見ると、ツヤツヤした栗でした。
でも数が少なく半端だし、そもそも夫は栗は苦手なはずだし、
なんとなく子どもがドングリを拾ってきたくらいにしか思っていませんでした。
そうして翌々日だったか、雨と風が強かった翌日に夫に連れられて行くと栗がそこここに落ちていました。
それで2人で、ももそっちのけで拾ってきました。


20170929栗.jpg


最初数が多かったので、焼きぐりにしてみたのですが、食べにくくて(笑)
それに栗の味もあまり感じられなかったので、やっぱり無精せずに栗ご飯にでもしましょう、と。
拾う時に吟味したはずでしたが、結構虫喰いのものもあり、
一見綺麗に見えて中がボロボロだったり、皮を剥いているとコンニチハ♪的に顔を出すものもありました。
剥いても剥いても栗が減る感じがしなくて、もうこのくらいでいいかーとなって炊いたのがトップの写真です。


20170930栗ご飯-2.jpg


ご飯3合(うち1合は餅米)に、塩を小さじ1、醤油を小さじ1くらい。
水は750mlくらいです。
土鍋で炊いたので、最初は弱火で、鍋が温まってきてから強火にし、
沸騰して蓋がカタカタ言い始めたら弱火にして12分。
蓋を開けて確認、まだ少し早いかな?と思い、追加で1分とちょっとくらい。
火を止めてからお酒を大さじ2くらいを回しかけて、10分ほど蒸らしました。

塩をもう少し入れてもよかったかな〜?
微妙です。
餅米入りのご飯は、炊きたてよりも冷めてからのほうが好きです。
もっちり感が出るので。
餅米をもっと多くしてもよかったかな。
栗はもう大変だからいいとして(笑)、そろそろ鶏と茸の炊き込みご飯とか食べたくなりました。


さて。
せっかくなので渋皮煮でも作ろうかと思ったのですが、
あまりにも作り方が雑で、見た目が待ったく美しくできなかったので、
渋皮を取り除いてペーストを作りました。


20170930栗のおやつ.jpg


裏ごしした栗にバターと砂糖、ラム酒を適当に加えて加熱しながら練りました。
牛乳とか入れたらよかったと思うのですが、なかったので(笑)。
その分(?)ラム酒を多めに入れています(*`艸´)。

茶巾絞りを10個ほど作り、あとはミレービスケット(知ってます?)に挟みました。
茶巾のほうはそのものの味が美味しく、
ビスケットのほうはビスケットのほんのりした塩気とマッチして思いのほか美味しく。
特にビスケットはひとくちサイズで食べやすかったこともあって、気がついたら夫が食べ尽しておりました。


あと、最後の残りで甘露煮も作ったのですが、こちらも形が崩れ写真はなしllllll(-ω-;)llllll。
栗の仕事に向いていないことを実感したのでした。



さて。
畑仕事ですが、前回色々順調に成育中であることを書きました。


20171001かぶ.jpg


立派に育っている蕪を収穫。
それほど数があるわけではないですが、当然のことながら成長速度はほぼ一緒なので
収穫する時期が重なり、あと10個くらいかな?もっとあるかな?
大きくなりすぎる前に収穫して(食べて)しまわないといけないなと少し焦っています。


20171001紅芯大根.jpg


人参を少し間引き。
人参のすぐ隣に紅芯大根があるのですが、葉っぱが大きく繁って
隣り合っている人参に覆い被さり、そこだけ成長が遅れているようだったので紅芯大根を2本だけ抜きました。
頭の上にあったものがなくなり、人参もほっとしているようでした。


20171001紅芯大根-2.jpg


紅芯大根は本来まあるい蕪のような形になるはずだと思うのですが、途中で抜いたのでほっそり。
でも中は綺麗な紅色に染まっていました。
しっぽも桃色なんですよねえ。
可愛いなあ。

今まで購入してきた立派な紅芯大根は厚めに皮を剥いて使っていましたが、今回はピーラーで薄く剥きました。


20171002紅芯大根.jpg


蕪と合わせ、きゅうりも入れて軽く塩揉み。
さっぱりしてとても美味しいです。
きゅうりは、もうウチの畑にはありません。
なんか、すごく残念というか、お金出して買うのが悔しいです(笑)。


こちらは朝晩、随分と冷え込むようになっていて、
わたしはすでに禁断のヒートテックを出してしまいました。
今からそんなでこれからどうするの、と夫に言われておりますが、それはその時考えます。









ひらめき10月のお教室 - イタリアンランチの献立


20170920料理教室メニュー.jpg


*じゃが芋のニョッキ
*サーモンとアボカドのタルタル
*豆腐のチーズ焼き
*バナナのソテー(デザート)です。
*その他にヌードルメーカーでパスタを作り(デモンストレーション)、豆腐のチーズ焼きで使ったミートソースを添えたものもの試食して頂く予定です。

【開催日】2〜4名様で開催いたします。10時半〜13時半  
13日(金)  … 残2名様
14日(土)  … 残1名様
21日(土)  … 満席
22日(日)  … 残2名様
28日(土)※追加日  … 満席


*教室へのお問合せ、お申込はHPのお問合せフォームよりお願いいたします。

万が一お問合せフォームでお送りくださったのに丸一日たってもこちらからご連絡がない場合は、大変恐れ入りますがブログの最新記事にその旨コメント欄にお残しください。
その場合、メールアドレスを記入する欄がありますので、そちらにアドレスを書いてください(ここには掲載されません)。

ブログやHPに教室の案内を掲載する前に、これまで教室のご参加くださったかた、また事前にメールアドレスを登録いただいた方にご案内をお送りしています。
お教室への具体的な参加予定がまだないかたでも、今後早めに日程等をお知りになりたいかたは上記フォームよりご連絡ください。







************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 07:06 | 日常 | comments(0) | - |
コメント
コメントする