CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
2015年5月より、少人数制の料理教室もスタート♪
<< 新生姜の佃煮 | TOP | おみ漬けと、ちょっとしたお知らせ^^ >>
今月のとれたて! [11月] 大根編 〜 BRUNOコラム
20171113BRUNOコラム(11)おでん.jpg


11月も今日を含めてあと2日。
なんと明後日からは12月です!!!

そんなギリギリのタイミングになってしまいましたが^^;
BRUNO公式webサイトにアップしていただいている今月のコラムをご紹介いたします。
今回は冬野菜といえばこれ!という大根を使ったおでんのご紹介です。

 → こちら  ご覧いただければ嬉しいです♪


今回はホットプレートのグランデサイズ、その別売りオプションの「仕切り鍋」をつけて使っています。

みなさんはおでん、どのようなお鍋で作られているでしょうか。
我が家は2人暮らしになってもう随分経ちますが(今現在結婚している息子が大学生の頃から)、
おでんはやはり少量は作りにくく、またあれやこれやと入れたくなることもあって
大鍋で作り、それを食卓に出す時に土鍋に移して食べる、というのが習慣になっていました。

こんな感じです(これは5年前の写真)。


20121103おでん.jpg


これはこれで風情があって好きなんですが、鍋底が丸いので底に沈んでしまう具材が出てきます。
また、それほど色々な種類のものを並べられません。
そしてまた、具材が減っていくに従い、中身がぐずっと混ざってしまって、
もうちょっとアレが食べたいので足そうか、とか、
第一陣では入れられなかった具材を入れようかという時に美しくならないのが悩みのタネでした。


ですが、、、


20171113BRUNOコラム(11)おでん-2.jpg


この仕切り鍋はもうね、おでんにぴったり過ぎなんです。
輪切りにした大根の高さにジャストサイズです。
四角くて、真ん中に仕切りがあっておでんの具材を並べていくのがとても楽なのです。
通常の(?)おでん鍋のようにあまり細かい仕切りがないのがむしろ融通がきいていいなあと感じます。
具材が全部見えるしので食べ忘れもありません(笑)。
保温にしておけばずっと温かいので、温め直しに立つ必要もありません。

また鍋が浅いので具材が沈み込まない、ということは、取り出しやすくお箸でつつくことも減りますので(笑)
お箸でツンツンする度にちょっとずつ崩れてしまいがちな柔らかな鰯のつくねなどもさっと取れて
最後まで煮汁が濁りにくいのもよいところかなと思います。

・・・褒め過ぎか(*`艸´)。
ひとつ難点があるとすれば、最初からこのお鍋でおでんを作るのはちょっと無理があるかなというところ。
具がもっと少なくて鍋の中でぷくぷく浮くくらいなら大丈夫だと思うのですが
こういう風にぴしっと詰めた感じにしたい場合は煮汁が少な過ぎます。
あくまでテーブルでのサーブ用になります(我が家的には)。


ちなみにこの時は、鶏団子と鰯のつみれだけ、自家製です。




鰯のほうは、大きめの鰯6匹だったかな?
手開きにして実質300gくらいだったと思うのですが。
多めの生姜と、長葱を加えて、鰯の重さの1%の塩、それに片栗粉。
塩ではなく味噌味でも美味しいです。
お味噌を加える時は、ご家庭のお味噌の塩加減にもよりますが、この分量なら大さじ1程度くらいでしょうか。




鶏のほうは胸ともも半々くらいのひき肉で、肉の1%の塩、それに椎茸、人参、長葱、レンコン。
レンコンはすりおろしと、粗みじんとにしています。
こちらにも片栗粉。

両方ともさっと茹でています。

多めにできた団子類は下茹でした後に冷凍してもいいですね^^



さて、最後に主役の大根です。


20171112BRUNOコラム(11)大根.jpg

20171112BRUNOコラム(11)大根-3.jpg


短い大根と、普通サイズの大根、紅芯大根に、紅くるり、それと紫の大根ラディッシュ(結局どっち?)。
大根類は難しいかなと思っていたのですが、土を丁寧に耕すとまっすぐに伸びていきます。
地域によっても、購入するお店によっても違いはあると思いますが、
このあたりの産直、ファーマーズマーケットなどでは、立派な大根が100円ちょっとで買えます。
ですので、自分で作るって意味あるの?と思わないわけでもないのですが(笑)、
やはり自分で作った大根の瑞々しい美味しさは格別です。
売り場に並んでいる大根を見るにつけ、「ウチの大根のほうが美味しそう♪」と思ってしまいます。

それになんといっても農薬を使わずに育てられるのがいいですよね。
無農薬でも普通の大根のほうはほぼ何も被害はありませんでしたが、
紅くるりは甘いからなのか、太く育ったものを抜いたらダンゴムシの一家が住み着いていたことが2度ほど、
かじられたんだろうなあという痕跡があるものもいくつかありました。
でも、ダンゴムシ一家の家になっていた部分も穴としては直径1.5センチほどなので
ダンゴムシには退去いただき、洗って、その部分をくり抜いて美味しく食べております。
大根にしてもどの野菜にしても、きゃー、虫だー(*0*;) !というだけで廃棄なんてしません。
・・・まあ、たまに人間様が食べる部分がほぼなくなってしまっていることもありますが。

それにしても、、、
実はわたしは、ダンゴムシって、ずーーーーーっと益虫だと思い込んでいたんですよね。
なんか、フンを出してそれが微生物の働きを助ける的な。
ミミズ的な。
あーーー、優しく接してきたのになーーーー、、、とかなり裏切られた気分です。

でも、とりあえず自然と共生しつつ、人間の取り分を確保し、野菜作りを続けていきたいと思います。









************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************




posted by ゆりり | 07:56 | 書籍・ウェブへの掲載 | comments(0) | - |
コメント
コメントする