CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
2015年5月より、少人数制の料理教室もスタート♪
<< カブのリゾット 〜 大豆風味 ☆ そのほかいくつか | TOP | 久しぶりの食事会と、孫のお食い初め >>
簡単ローストビーフで手まり寿司とお弁当
20180401ローストビーフの手まり寿司.jpg


最近よく作るのが、簡単ローストビーフを使った手まり寿司や、お弁当。
こちらは地元の地域密着情報誌「すかっと」の最新号にも載せていただいています。

ローストビーフは色々な作り方があると思いますが、ここのところはこの方法が1番多いかもしれません。

ざっと作り方を書きますね。

牛の塊肉(400〜500g程度、安い輸入牛でOKです)を室温にもどし(冷蔵庫から出して、30分〜1時間ほど置いておきます)、
塩胡椒をし(塩の加減はお好みで、わたしは肉の1.5%程度)、
フライパンで表面を弱火で焦げ色がつくまで焼き、ホイルで二重に包み、更にラップで包みます。
それを保存用(耐熱)袋に入れて、お湯が沸いた鍋に沈めて空気を抜いて、口を閉じ
(火傷が心配なかたは水をはったボウルなどに沈めてもOK)
鍋の蓋をして、火を止め、そのまま冷めるまで置きます。
完全に冷めたら冷蔵庫でさらに半日〜1日置きます。

20180331ローストビーフの手まり寿司.jpg

20180331ローストビーフの手まり寿司-2.jpg


なるべく厚手の、蓋付きの鍋を使い、たっぷり目のお湯に入れて」ゆっくり冷ますのがコツでしょうか。
厚手の鋳物鍋などがない場合は、バスタオルなどで包んだりして急激に冷めないようにします。

これよりも大きい塊肉の場合は、お鍋があればいいですけど(笑)、
焼き色がついたら、お湯を張ったバットに網を渡してそこにお肉を乗せて、
100度のオーブンで50分程度(大きと焼き加減の好みで調整)焼くのがいいと思います。
その後アルミホイルに包んで冷めたら冷蔵庫へ。


もうひとつオマケ的な作り方を^^
もものオヤツなどを作る時の方法なのですが、BRUNOのトースターグリルで作ります。
豚のヒレ肉や豚や牛のもも肉の小さめの塊など、200g〜250g程度のお肉に向いています。
お湯を沸かしたり、大きいオーブンを温めたりする手間がなく簡単です。
トースターグリルの受け皿に水を入れて、網の上に味付けをしていないお肉(室温に戻しておく)を乗せて
12分程度焼き、アルミホイルで包んでトースターグリルの中に入れて冷めるまで置きます。
しっとりロゼのお肉が出来上がり、いつもももに切ってあげる時に美味しそうだなーと思います。

自分たち用をトースターグリルで焼くと、ついちょっと長めの時間で焼いてしまって焼き過ぎになるのですが
もも用だと多少のことは平気と思うせいか(笑)、絶妙の火の通り具合になるんですよね。
で、先日はヒレ肉の長いのを半分に切って、一方を自分たち用に味付けし、もも用と一緒に焼いてみました。
絶妙でした(*`艸´)。


20180408ローストビーフの手まり寿司.jpg


それで、焼いたローストビーフはできるだけ薄く切ります。
それを普通のお弁当にするなら並べてポン酢をかけ、

手まりおにぎり(寿司)にする場合はラップに切った肉を置き、25〜30gずつ丸めたご飯を乗せて
ラップをきゅっと握って丸くします。
ご飯は酢飯にしてもいいですし、胡麻や大葉を混ぜ込んでも美味しいです。
お肉は切ってからポン酢に浸けています。

微妙な違いですが、25gのものはひとくちで食べきれますが、30gはひとくちでは無理。
そして20gだと小さくて作りにくい(笑)。
ご自分の作りやすい、食べやすい大きさで決めていただけばいいのですが、大きさは揃えたほうが綺麗です^^

どちらも、あれば小葱、アサツキなどを小口に切ったものと胡麻を散らします。
今回、味付けは両方ともポン酢を使っていますが、お好みのものでどうぞ。







************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************





posted by ゆりり | 06:56 | お家ご飯-肉のおかず | - | - |