CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
2015年5月より、少人数制の料理教室もスタート♪
<< 豆・豆サラダと、最近のこと | TOP | じゃが芋収穫 〜 じゃが芋と蛸のバジルソース炒め >>
間引き人参の天婦羅 ほか
20180527間引き人参の天婦羅.jpg


ブログの書き始めが「すっかりご無沙汰しています」的なことが定着しつつあり
これはマズいよとは思っているのですが、これがなかなか(^-^;)。。。

さて。
東北南部も梅雨に入り、この一週間はぐずぐずした天気になるという予報でしたが、
どうも外れてしまったようで、爽やかな(今朝なんか涼しいというか、肌寒いというか)気候の鏡石町です。
なかなかトレーナーなどの長袖を片付けられない陽気でも、
畑の野菜はムクムクと育ち始め、葉もの野菜などは収穫の適期を逃すとあっという間に巨大化し、固くなり、
その上暖かさとともにどこからともなくわき出してくる害虫たちによって丸裸になったり、
まあ、農作業は冬に比べて数倍手間がかかるようになってきました。

そんな中、間引き人参が可愛くて美味しくて引き抜くのが楽しいのです^^
人参の葉っぱは今のところ全く虫の被害に合っておらず綺麗なままです。
大きくなってしまえば葉は固くなってしまうので、葉っぱの美味しさを味わえるのも今のうちかなと思います。


20180609ブロッコリーと間引き人参.jpg


そういえば、ブロッコリーが採れすぎて、、、^^;
茎ブロッコリーと、普通のブロッコリーを5株ずつ植えたのですが、、多過ぎた(爆)。
茎ブロッコリーは畑に行けば毎日採り頃のものが数本あるのですが、
その他、大きなブロッコリーを収穫した後にも脇芽が大きくなって、それもそれで収穫できてしまうのです。
有り難いことですが、消費が追いつきません。。。


で、間引き人参はだいたいそのままトースターで焼くか、油で素揚げするかなのですが
天婦羅もおいしいです。
小さい人参の形が可愛いので、葉っぱは葉っぱで、根のほうは根のほうで作りましたが、
もう少し大きくなったら、人参を細く切って葉っぱと混ぜてもいいですね。

わたしは実は天婦羅が得意ではないので^^; (長いこと天婦羅は外で食べるべきものと思っていた(汗))
市販の天ぷら粉を置いておいて、思い立ったらそれでささっと作ってしまいます。
水ではなく炭酸水を使ったりもします。
先日テレビで、天婦羅は粉も卵も水もすべて冷やしておけば失敗しないと言っていましたが、
我が家では粉は勿論、卵も常温保存なので、思い立った時にすぐに作るにはやっぱり市販の粉になってしまいます。
老夫婦2人分だし、ちょちょっと作るのに楽なほうへ流れていくこの頃です(笑)。


20180530間引き人参の素揚げ.jpg


こちらは人参の素揚げです。
もうそのまま油に投入して揚げるだけ。
塩をパラパラっとしていただきます。
葉っぱがパリパリしてとても美味しいです。
家庭菜園ならではの贅沢かもしれないなと思います。



ここから少し溜まった写真を^^
丁度一週間後からスタートする二人展「料理が微笑む器たち Part2」で展示する写真を中心に。
勿論これらの器は販売もします(笑)。


201805252018-二人展候補.jpg


焼きカレー、、というのかな。
残りもののカレーにチーズをかけてオーブンで焼きました。
喜多窯 霞仙さんの器は基本的に直火以外OKなので、こういう使い方もできます^^


20180530オープンサンド.jpg


オープンサンドです。
マスカルポーネを塗って、スモークサーモン、ゆで卵、ラディッシュ。
ゲランドの粗い塩と黒胡椒でシンプルに。


20180602ライスサラダ.jpg


あんまり夫に評判のよくなかった(`m´#)洋風ちらし寿司(ライスサラダ)。
ご飯は雑穀入りご飯で、すし酢を混ぜています。
それに、スモークサーモン、蛸、トマト、レタス、トマト、赤い分葱、
パルミジャーノ、ドライパックの金時豆、ジューンベリー、レモンを乗せて、
オリーブオイルを垂らして、塩と胡椒。
わたしは好き、、というか、多分女性にはウケると思います♪


20180606チキン南蛮-2.jpg


サラメシを見ていたら、とある会社の社食の定植でチキン南蛮が出てきて
とても美味しそうだったので、丁度材料も揃うので、と作ったプレートです。
もうちょっと衣を分厚くするんだったかなあ??

鶏の胸肉に小麦粉をまぶして卵にくぐらせ、じっくり揚げます(今回は特に厚みそのままだったので)。
それから甘酢に浸します。
甘酢は醤油・酢・砂糖を同量で、味をみて好みで調整すればいいかなと思います。

タルタルソースは、マヨネーズ100mlにヨーグルトを大さじ2混ぜました。
あとはゆで卵2個、収穫した玉ねぎの中のうんと小さいのひとつ、ニンニクひとかけ、
きゅうりのピクルス2本、パルミジャーノ(粉)を大さじ2くらい、塩小々。


20180611タラのフライ.jpg


タラと、収穫した玉ねぎのフライ。
こちらのタルタルソースは、チキン南蛮のソースがあっさり過ぎたかも?という反省のもと、
ヨーグルトをやめて、塩漬けのケイパーも加えました。

それぞれ小麦粉をまぶして、卵+炭酸水+小麦粉を合わせたものにくぐらせ、パン粉をつけて揚げます。



オマケ。

20180530チキン南蛮.jpg


何度見ても作り物めいた色合いが不思議なスイスチャード。


20180605玉ねぎ.jpg


玉ねぎ。
小さいのも多かったですが、去年に比べれば上出来♪
借りている畑であてがわれている小屋のスペースに干しています。
赤いのも含めて、全部で200個ちょっとくらいでしょうか。




東京へ行く前に、もう1回か2回、溜まっている写真やネタをアップしたいものです(汗)。



ひらめき二人展の期間中、わたしは基本的に12時頃から閉めるまで在廊予定です♪


DM-写真面-web用最終.jpg

DM?宛名面-web用最終.jpg








************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************

posted by ゆりり | 14:36 | 家庭菜園・野菜作り | comments(0) | - |
コメント
コメントする