CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
2015年5月より、少人数制の料理教室もスタート♪
<< 間引き人参の天婦羅 ほか | TOP | カレーのワンプレート(カレー+4種の付け合わせ) >>
じゃが芋収穫 〜 じゃが芋と蛸のバジルソース炒め
20180705じゃが芋と蛸のバジルソース炒め-2.jpg


先月はとうとう1度きりしか記事をアップしませんでした(汗)。


さて、今さらながらではありますが、先月の20日から25日まで開催しました
【二人展 料理が微笑む器たち Part2】 にご来場くださいました皆さま、
そして気にかけていてくださった皆さま、本当にありがとうございました。
おかげさまで今回も盛況のうちに終了することができました。

来年も開催する予定ですので(時期は秋になりそう)、
またどうぞよろしくお願いいたします。


会期中、ブログをサボっているにもかかわらず、
ブログの読者ですと言って声をかけてくださるかたがとても沢山いらして、
また、インスタグラムも見てくださっているかたなどにもたくさんお声がけいただき
本当に嬉しく、そして恐縮いたしました^^;

ブログをサボってはいけないな、とその時は強く強く思ったのですが、
結局戻ってくればいつもの日常の中での優先順位が低くなってしまい、、(ーー;)。。。
でも書きたいことは山のようにあるのです(じゃあ書け)。

で、山のなかのひとつがじゃが芋の収穫です。
東京から戻り、なにを置いてもほったらかしだった畑の世話に取りかかりました。
わかってはいたことですが、雑草だらけ、青虫だらけ(TOT) 。
そして、伸び放題になっていたトマトたちを整えたり、茄子やピーマンも整枝したり、
伸びたツルの重さで崩壊しかかっていたインゲンの支柱を補強したり。
あれやらこれやら。

そうやって少し落ち着いたところで、じゃが芋の試し掘りをしてみたのです。
そうしたら、もう結構いい状態だったので、一気に夢中になって掘ってしまいました。


20180703じゃが芋.jpg


左が男爵、ピンク色がノーザンルビー、紫(黒っぽい)がシャドークイーン、右がキタアカリ。
シャドークイーンは、まだ花が咲いているものがあって、それは試しに抜いたけど小さかったので
もう少し置いておくことにしました(あと5株くらいかな??)。

で、男爵なんですが、じゃが芋用に作った畝が少し残ってしまったので
追加で500g種芋を購入して他より1週間くらい遅く植えたのですが、1番早くできて収量も多かった。
やっぱり作りやすい品種なんですねえ。
ちなみにほかは1キロずつ。
じゃが芋って、普通に作れば種芋の10倍から20倍の重さが採れるそうなんです。
うーん、男爵は合格として、、他はどうでしょう。
ギリギリセーフか、足りないか^^;
でもまあ、じゃが芋が50キロあってもね、ってことでこれでよし(笑)。


さて、小粒のものも多かったですが、それなりに大きく育っている芋もあって
よしよしと思っていたのですが、そんな芋に虫喰いが(×_×;)。。。


20180703じゃが芋-2.jpg


この一見綺麗に見えるかもしれない芋の裏側にはポカっと1〜2センチくらいの穴が開いているのです。
芋ごと、虫の家になってしまっているようなものはさすがに処分しましたが、
このくらいならそこを削れば食べられる、と持ち帰りすぐに使うことにしました。


そのひとつが蛸との炒め物です。


20180705じゃが芋と蛸のバジルソース炒め.jpg


バジルソースで和えています。
バジルはトマトのコンパニオンプランツとして植えてあるもの。
まだトマトの収穫は先ですが、バジルは結構大きくなっていて、ソースを作るのも2度目です。

バジルソースは、オリーブオイルとクルミ、塩少々をフードプロセッサで撹拌します。
アンチョビとかケイパーとかお好みで入れてもいいですね。

で、茹でたじゃが芋、インゲンと蛸をオリーブオイルでさっと炒めてバジルソースで和えるだけ。
インゲンはフランスの種を蒔いて育てた、少しほっそりタイプのものです^^
塩が少し足りなかったので塩漬けケイパーとブラックオリーブも加えました。
ビールや白ワインなどのおつまみにぴったりです♪



さて、紫色とピンク色の芋も使いました。


20180704じゃが芋ワンプレート.jpg


紫のシャドークイーンはポテトサラダに。
紫玉ねぎときゅうり、自家製ツナを合わせています。
芋を茹でたら、白バルサミコ酢をまぶしてフォークの背で潰し、オリーブオイルもすこしかけておきます。
冷めたら、玉ねぎときゅうりを塩揉みしたものとツナを加えて、
ギリシャヨーグルトとマヨネーズを半々くらいに混ぜたもので和えます。

ノーザンルビーはガレットにしたのですが、、、、
可愛いピンクのガレットになると思ったのですが、、、、
なんとも微妙〜〜〜な色合いのものができてしまいました。
ちょっとガッカリでしたllllll(-ω-;)llllll



最後に。。。




じゃが芋と茄子とピーマンの炒め物。
これは東京滞在中、息子のところに泊めてもらっていたのですが
その時にお嫁ちゃんと話をしていたら
「わたしは茄子とピーマンとじゃが芋を炒めたものがすごく好きです」と言っていて
わたしは「へー、じゃが芋を入れるんだ!」とびっくりしたんです。
それが頭にあって、使ってしまいたかった虫喰いじゃが芋で試してみたのです。

で、これはこれで美味しかったのですが、後で調べたら
どうも本当は(?)じゃが芋は皮付きで、どの野菜もゴロゴロっと切って作るらしい。。。
今回は傷んだところを切り落しながらだったので、こうなってしまったけど
次回はゴロゴロでやってみようと思います。

ちなみにお嫁ちゃんは中国の出身で、このもとの料理は
旬の野菜を三つ合わせて作る、中国東北地方の名物料理“地三鮮(ディーサンセン)”というものらしい。
ご飯もビールも進む味ですね^^




☆料理教室につきまして

お休みいただいている教室ですが、
二人展の時にも何人かの方からお問合せいただいたりして、
何かいい形でできないものかと色々無い知恵を絞って考えているところです。

今後の「なにか」のお知らせを欲しいかたはお問合せフォームよりお願いいたします。

よろしくお願いいたします^^





ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************






posted by ゆりり | 16:18 | 家庭菜園・野菜作り | comments(0) | - |
コメント
コメントする