CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
家庭菜園での野菜作り、そして料理。
<< 11月の教室のご案内 ★ スパイスカレー | TOP | 蕪のホワイトシチュー >>
牛肉と白いんげん豆(ドライパック)の煮込み
牛肉と白いんげん豆の煮込み2.jpg


ますます時間の流れが早くなって来ているこの頃。
またもや、気がつけばブログを更新しないまま一月近くも経ってるしまっています。
その間、まあ、いつもの言い訳ですが^^;
新しいMacに乗り換え、その設定やら何やらで悪戦苦闘の数日間もありました。
何しろこの歳になると、新しいものを取り入れることのハードルがとても高くなります。
これまで使っていたのが2011年モデル。
そんなに経つんだーと驚きましたが、その後半は何もサブ機を持たずにいたということにも今さらながら驚いています。
動きがおかしいなー、なんだか危ういなーと思いつつ、まあ大丈夫かな?と思い、騙し騙しやってきましたが
そろそろ潮時かもしれないと決心して買い替えを決行したのが夏。
・・・夏です。
届いたものの、どうやって新しいMacに更新したらよいのか、どこからスタートすべきなのか、
まるで見当もつかず、ほったらかしにすること3ヶ月あまり。
涼しくなってきたことだし、と、ようやく箱を開けたのです。

これまでのMacが動きが遅くなったなーとか、挙動不審なことするなーと思いつつ、
でもそれほど古くなったとも自覚せずに使っていたのですが
新しいのを使い始めたら、画面の色、美しさの違いにびっくり仰天しました。
やっと新Mac中心の生活となってきましたが、時々、設定の確認で旧Macを開くと
うすらぼんやりとした色合いにこれまたびっくりしてしまうのです。
古ぼけた、という表現がぴったりで、なんだかこれまで頑張ってくれていたのにごめんよと思います。
ほんと、ごめんよ、です。


さて、久しぶりの更新で長々と余計なことを書きましたが、こちらのお料理も
作ってから随分と時間が立ってしまいました^^;
わたしがよく作る牛肉と白いんげん豆の煮込みです。
いつもと違うのは、今回も、前々回の記事でもご紹介した「北海道アンソロポロジー」様より
特別に分けていただいた業務用のドライパック白いんげん豆を使っていることです。


牛肉と白いんげん豆の煮込み.jpg


ざっとレシピを♪
出来上がりは多めになりますが、毎日火を入れて入れば美味しく食べ続けられますし冷凍もできます。
安価な輸入牛がさらにお買い得価格になった時に作り置きしておくとよいと思います^^

【材料】 作りやすい分量(6〜8名分くらい)
牛すね肉 … 1キログラム
白いんげん豆ドライパック … 500g
⭐トマト水煮 … 2パック(1パック 約400g)
⭐炒め玉ねぎ … 1袋(100g) ※マスコット オーネ
⭐炒め香味野菜 … 1袋(100g)※マスコット オーネ
⭐野菜コンソメ … 1袋(5g)
北海道あまざけ≪黒米≫ … 1袋
赤ワイン … 1カップ
塩 … 小さじ2〜
黒胡椒 … 適量
小麦粉 … 適量
油 … 適量
パセリ … あれば少々

【作り方】
牛肉はシチュー用などで売られているものはそのまま、塊のものは厚さ1センチで4〜5センチ角くらいに切り、
塩胡椒をして薄く小麦粉をまぶします。

フライパンに薄く油を敷き、弱火で牛肉の表面が黒っぽく色づくまでじっくりと20分くらいかけて焼きます。
圧力鍋に肉と赤ワインを入れて、高圧に5分かけます。
  ※メーカーによって設定が異なると思いますので加減してください。
  ※この段階で完全に柔らかくしないようにします。

鍋に移し(あればオーブンに入れられる鍋だと便利)、
⭐印の材料と塩小さじ1を入れて火にかけ、煮立ったらごく弱火にして1時間程度に混みます。
  ※水分が少なく焦げ付きそうなら、適宜水を足します。
  ※オーブンに入れられる鍋なら、蓋をして150度で1時間加熱します。

白いんげん豆ドライパックを加えて更に1時間煮込みます。
牛肉が箸でもほろっと崩れるくらいが目安にですが、もう少し硬めが良い場合は煮込み時間を減らしてくださいね。
  ※ここでも水分が少なく焦げ付きそうなら、適宜水を足します。

味をみて、塩と胡椒で整えます。
塩は分量を一気に入れてしまわないで、少しずつ加えていくと失敗しません。
ここのところ、煮込み料理(特にトマト系)に甘酒を加えるのがお気に入りです。
トマトの酸味が和らぎ、コクがプラスされて美味しくなるように思います。

それと、煮込む時にオーブンに入れて加熱すると全体からじんわりと熱がまわり、鍋底が焦げる心配もありません。
以前(というか、大昔?)、ル・クルーゼの鍋の樹脂製の取っ手の耐熱温度は160度と見たと思うのですが
今確認したら200度になっていました。
煮込みの時に200度のオーブンには入れないと思うのであまり気を使うこともないかもしれませんが
古いルクを使っている方はちょっとだけ気にしたほうがいいかもしれません(笑)。



こちらはインスタグラムにアップしたもの。
作り置きの冷凍ニョッキと合わせてお昼に食べました。





こんな風にニョッキやパスタと合わせても、ご飯に合わせても、もちろんワインなどのお酒に合わせても
美味しく食べられますし、毎日火入れをしていると、だんだんと煮崩れていくのもいい感じですよ^^

それと、これは圧力鍋も使いながら、更に煮込み時間を多めに取りましたが、
野菜などは市販のパックのものを使って、ちょっと楽をしています。
香味野菜は揃えられれば、玉ねぎ、人参、セロリなどを刻んで入れていただいてもいいですし、
トマトももし生の柔らかくなっているようなのが転がって入ればそれを入れていただいて勿論大丈夫です。




さて、オマケです。


オイルサーディンと豆のトマトパスタ.jpg


一昨日だったかな??のお昼に、畑仕事をして帰ってきてからパパッと作ったパスタです。
鍋に、

トマトの水煮パックひとつ
オイルサーディン缶2つ
  (海外製の細いのがぎっしり何本も並んだのではなく、太めのものがごろっと入っているタイプ)
黒千石ドライパック1袋
とら豆ドライパック1袋
ニンニクひとかけ(潰す)
赤唐辛子1本(輪切り)

を入れてグツグツとパスタが茹で上がるまで煮込みます。
味付けは塩こうじ大さじ1。
あれば多めのパセリを刻んで混ぜるとなお良し、です。

オイルサーディンや鯖缶などとトマトの水煮だけでも美味しくてきますが
お豆を入れるとボリュームもアップしますし、食感の変化も出て楽しいです。
またドライパックは水分がなく、味付けをされていないので、味の調整に気を使わずに済むのも良いところですね。
繊維質もたっぷり摂ることができます。
何かにちょっとプラスするのに使いきりサイズは便利だなあと思います^^

今回はオイルサーディンを油ごと入れています。
鯖の水煮缶などを使う場合は漬け汁は捨て、オリーブオイルを少し足すといいですよ。





************************************
*現在定期的な教室はお休みしております。

*お教室へのお問合せ、お仕事のご依頼等はこちらよりお願いいたします。 → お問合せフォーム
  

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************




posted by ゆりり | 18:05 | | - | - |