CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
家庭菜園での野菜作り、そして料理。
<< 松風焼き 〜 お正月準備 | TOP | 明けましておめでとうございます(今さらながら) >>
白菜キムチ
20181121-キムチ.jpg


仕込んだのはもう3週間ほど前になるでしょうか。
白菜キムチを作りました。

昨年、白菜を初めて作ったのですが、購入した苗から育てたものも、自分で種を蒔いて育てたものも、
病気になったり、盛大な虫食いの被害にあったりで、まともに収穫できませんでした。
まあ、それでももったいないという気持ちが強くて、外の穴ぼこだらけの部分は捨て
中に住み着いている青虫やら毛虫に退散いただいて、食べられる部分は食べたのですが^^;

それで、白菜を育てるのは結構大変なのかなあと思っていました。
この夏はどこも厳しい猛暑で、この辺りも例外ではなく、
最初に作ったキャベツや白菜の小苗は畑に植える前に枯れてしまいました。
それでちょっと遅くなっちゃったけど、、と思いながら再度種を蒔いて、
保険のために白菜の苗も購入して植えました。
そんな風だったので今年も諦めていたのですが、購入した苗は当然ある程度の大きさだったので、
その後もメキメキと大きくなり立派な白菜になりました。
その時まだとっても小さくて、頼りなげだった小苗も植えて、ダメならダメでいいやと思っていたら
それも今、ほぼ出来上がりに近い状態に育っています。
白菜長者(?)な気分のこの冬です。


20181116-キムチ準備.jpg


せっかくの家庭菜園なので、なるべく無農薬で育てたいと思っていますが、
必要最小限の薬を適量使うことも大事かなと感じたりしています。
白菜やキャベツなど、青虫の好きな葉っぱには小苗の時に何度かBT剤という、
納豆菌などでできているという薬を撒きました。
人間、動物、ハチなどの昆虫には無害で、収穫前日まで何度使用しても大丈夫というものなのですが
青虫系は消化できずに、BT剤がかかった葉っぱを食べると死んでしまうそうです。
つまり、今いる青虫にかけても殺虫効果はなく、食べてしばらくして効果が出るというわけです。
なので目の前で今まさにムシャムシャとお食事中の青虫やらなんやらと遭遇したら当然
「テデトール」「フミツケール」などの処置を行います。


さて、そうして大きくなった白菜ですが、昨年はとても少ないながら、
収穫したものを大事に新聞紙などに包み庭の物置に保存しておき、ある日使おうと取り出したところ
見事にカチンコチンに凍ってしまっていました。
キャベツ、人参なども、、、( ꈨຶ ˙̫̮ ꈨຶ )。
なので今年は、いくつか収穫して、残りは畑に残し、外側の葉っぱで包んで紐で結んであります。
畑で見たことがある方も多いかと思います。
この辺りでそういう保存でどのくらい保つのかわかりませんが、、とりあえずやってみています。


20181117-キムチ準備.jpg


そして収穫したものの2個はキムチにすることにしました。
キムチといえば、ヤンニョムですよね。
まあ、普通は(?)作ろうと思いますよねー。
わたしも以前挑戦したことがありましたが、ちゃんとしようとするとアミの塩辛やらなんやらを始め、
色々揃えなければならないわけで、うーんうーんと悩んだ末に、
とあるショップで手作りヤンニョムを購入いたしました^^

話は逸れますが、やんにょむで変換すると「薬念」と出るんですね。
こう書くのですねえ。初めて知りました(笑)。

ヤンニョムを購入してしまえば、あとはまあ簡単ですよね(*`艸´)。
ヤンニョムにキムチの作り方を書いた紙が入っていて、それを見たらあらまあ。
わたしは白菜漬けなどを作る時に、白菜を干して、
その白菜の重さを測って何パーセントの塩をして、とかやるのですが
そこには、葉っぱの硬いところを中心に葉と葉の間に塩を刷り込んで行って、
重石をして数時間置いて、水が出たら塩気がほぼ感じられなくなるまで流水で洗い、ザルにあげて数時間。
水が抜けたところにヤンニョムを刷り込んでいく、、と。
何パーセントなどと計らずに、結構多めの塩をすり込んで行きました。
塩が多いので、当然あっという間に水が上がります。


20181117-キムチ準備-2.jpg


20181117-キムチ準備-3.jpg


洗って、水を切ったら夜遅い時間になってしまって、そこからヤンニョムをすり込んでいったので
その写真はありません^^;
保存袋を二重にして入れて、丸1日くらい、室温においておき、それから冷蔵庫へ。


20181121-キムチ-2.jpg


3日くらい経って食べたろころ、なかなかしっかり辛くて、美味しいキムチになっていました。
・・・なのですが、、、キムチを仕込んだ当日あたりから体調を崩し(風邪ですね)、
その後予定していた息子たちのところに行ったりしたのですがまたぶり返したりして
長ーく、長ーく、体調イマイチな状態が続いていました。

で、体調イマイチだったので、畑にもなかなか行くことができず、収穫すべきものもできず、
珍しく食欲もない状態だったので、収穫したとしてもなかなか料理もできず
その上その間夫の部分入れ歯が壊れて夫は歯抜けという(๑°⌓°๑)、
なんともいえない、夫婦揃って情けない期間が続いていたのでした。
今ようやく元気になって、夫の入れ歯も入って^^;、
健康のありがたみをつくづくと感じているところです。


ところでこの写真の容器ですが、だいぶ昔に世田谷のボロ市で購入したものです。
その当時、保存容器にと思ったのですがあまり使わずにしまいこんでいました。
それが、今回キムチを作った折に、適当な保存容器はないものかとネットで探していたところ
これがキムチ専用容器だということを知ったのです。
この容器には白菜キムチ1/4個分が丁度よく収まります。
適当なサイズなので、カットしたキムチを入れておけばそのまま食卓にも出せます。
もっと大きいのもあって、欲しいなあと思うのですが
ボロ市で買った値段を思うと、特に高価ではないものの、ちょっと迷います^^;
でも本当に、匂いも移らず、外にも漏れず、さすが専用の容器だと思います♪



文章長かったですね。
読んでくださったみなさま、ありがとうございます^^



オマケ

一昨日の土曜日、教室のお楽しみ会的お食事会をしました。
教室ではおせちをしたことがなかったので、
今回はわたしが準備しておいたおせちっぽい料理を皆さんに自由に盛り付けていただきました。
それぞれの個性が出て、面白かったですし、とても勉強になりました^^





来年はどのくらい教室やこうした会ができるでしょうか。
まずは健康第一ですね(๑′ᴗ‵๑)♫







************************************
*現在定期的な教室はお休みしております。

*お教室へのお問合せ、お仕事のご依頼等はこちらよりお願いいたします。 → お問合せフォーム
  

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************



posted by ゆりり | 09:20 | 保存食・常備菜 | - | - |