CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
家庭菜園での野菜作り、そして料理。
<< カリフラワーのパスタ | TOP | 白菜と厚揚げのフォー >>
今月のとれたて! [12月] 白菜編 〜 BRUNOコラム ☆ 白菜の二色鍋!!
20181222-白菜の二色鍋ーブログ-5.jpg


えー、BRUNOのウェブサイトに毎月連載していただいている自家栽培の野菜のコラムですが
こちらにアップするのをついついサボってしまいまして、、、
季節がすっかり変わってしまったものはもう仕方ないとして(汗)、白菜はまだ間に合うかと^^;

  →掲載していただいているコラムは コチラ です♪
  
  →こちらから入ると、他のアンバサダーの皆さんのコラムや今までサボっていた分も色々ご覧いただけます♪


で。昨年の冬というか前のシーズンは白菜を始め、冬野菜がかなり高かったように思います。
私も初めての白菜を上手に作れませんでしたし、じゃあ、地元のマーケットで安く買えばいいかと思っていたら
ものが全然なくて、あってもいつもの値段とは全然違っていたし、で、なかなか白菜を使えませんでした。
でも今年は畑の白菜もうまくでき、お店でも買い求めやすい価格帯であるような気がします。

これからが寒さの本番ですから、温かい鍋を囲んでいただくのがいいかなとご紹介いたします。


20181222-白菜の二色鍋ーブログ.jpg


さて、白菜を使ったお鍋ですが、豚肉と白菜の葉を交互に並べて作るミルフィーユ鍋はもう定番ですよね。
私が子供の頃母が作ってくれたのは、ザクザクと切った白菜に豚バラ肉、椎茸が入っていました。
もちろんというか、なんというか、きっちり重ねてはいなくて放り込んだような感じでした (*´罒`*)。
それを大根おろしと醤油でいただきました。

今回ご紹介するのはBRUNOのホットプレートのグランデサイズの仕切り鍋を生かしたミニサイズのミルフィーユ鍋です。
白菜の葉をさっと茹でて縦に半分から1/3くらいの幅に切って、バラ肉を乗せてクルクルと巻きます。
葉が硬いと巻きにくいので一度軽く茹でるのがいいと思います。
それを鍋の高さに合わせて切ります。
茹でた白菜がちょっと残ったのは、白菜だけで巻きました。
他に茹でたほうれん草を、桂剥きにしてさっと茹でた大根で巻いたものも一緒に入れました。
巻いたものが緩んできそうに思われるかもしれませんが、きっちり詰めれば爪楊枝などで止めなくても大丈夫ですよ。
微妙に出来た隙間には、桂剥きにして残った大根の中心部分などを詰めています。
それと、雑なわたしは高さがバラバラになってしまって、
背が低いのには白菜の厚みのある部分をこそげたのを敷いたりしています(笑)。

お湯とお酒を半々にしたもので煮込み、ポン酢でいただきました。
お好きな味付けにしていただいて勿論オーケーです^^


そして、仕切り鍋のもう一方には、少し前にブログでもご紹介した自家製のキムチを入れたキムチ鍋に。
多めに入れたキムチで味がしっかりつきますが、中華風の顆粒出汁の素も少し加え、粉末の韓国唐辛子も。
お好みで塩やお醤油で味を整えてもいいですし、ごま油などを垂らしても。
こちらには鱈とお豆腐、長ネギ、もやし、舞茸、小葱を。
あ、大根の切れっ端も入っています(๑′ᴗ‵๑)。
長ネギは畑の収穫物ですが、ニラがあればよかったですね〜(笑)。
さすがにもう今期のニラは終わってしまって、残念でした。


お鍋はどうやっても美味しいと思うのですが、こういう風に二色になるとまた嬉しいものです。
それと一口サイズに巻くと取りやすくて、家族以外の方と鍋を囲むときにもいいかなと思います。


20181222-白菜の二色鍋ーブログ-3.jpg


具のなくなったところに、春雨などを加えてもいいですね^^



そうそう、最近の畑の白菜はこんな風になっています。


20181225-畑の白菜.jpg


こういう風景をご覧になったことがある方も多いと思います。
わたしもやってみました( ´艸`)。
白菜の外側の葉で包むのです。
てっぺんには外側の葉を載せています。
風で飛んでしまうことも勿論ありますが、案外張り付いていたりするんです。
この白菜、外側は枯れるというのか、茶色くなってしまうのですが
守られている内側は3月の初旬くらいまで美味しく食べられるそうです。
3月始めは、こちらではまだまだ寒い時期ですが、暖かくなるとダメになるんでしょうね
何れにしても初めてのことなので本当にうまく保存できるのかどうか、実験です^^


さて、今夜も白菜のお鍋にしようかなー^^






************************************
*現在定期的な教室はお休みしております。

*お教室へのお問合せ、お仕事のご依頼等はこちらよりお願いいたします。 → お問合せフォーム
  

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 10:29 | 書籍・ウェブへの掲載 | - | - |