CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
家庭菜園での野菜作り、そして料理。
<< 白菜と厚揚げのフォー | TOP | 鯖の味噌煮缶とじゃが芋の煮物(電鍋レシピ) >>
電鍋が突然来ました
20190113-野菜の塩麹スープ-2.jpg


こちらは昨日のお昼ご飯です。
雑穀ご飯に、野菜の塩麹スープ、もものすけの甘酢漬け、ほうれん草のおひたし。
野菜は全部自家製です♪

さて、タイトルの電鍋ですが、突然我が家の台所に鎮座することになりました。
はい、まあ、得意の衝動買いってやつです(*`艸´)。
その鍋の初仕事が塩麹スープつくりでした。


今回購入した電鍋というのは、「大同電気釜」という、台湾で売られている炊飯器のことです。
(他にも色々なメーカーがあるらしいです)
この電鍋は50年以上のベストセラーとのこと、形も発売当初からほぼ変わっていないようです。
そして、以前から台湾への日本人旅行者などに人気で持ち帰る人が多く、
数年前からは日本でも販売されるようになったとのこと。

で、どんな釜かと言いますと。


20190114-電鍋.jpg


わたしが子供の頃に家にあった炊飯器そのもののような(笑)。
このレトロ感も日本でもじわじわと人気が出ているという理由でしょうし、
わたしもまさに、このビジュアルにやられてしまったというわけです。

そもそもは炊飯器で、ご飯を炊く用のものですが、台湾でも、日本でもそのほかの調理に使う人が多いそうです。
調理の仕方ですが、外釜と内釜があって、その間に水を入れてスイッチを入れ、
沸騰した湯で蒸して調理、完全に水分が蒸発したら自動でスイッチが切れて保温になるということです。

ともかく使ってみないことにはよくわからないので、、、


20190113-塩麹スープ.jpg


ウチで購入したのはLサイズ(10合相当)です。
そこに、サボイキャベツ(小さめ)1個ざく切り、じゃが芋3個(大きめ)、
玉ねぎ1個、人参1本、ウィンナーソーセージ1袋を入れました。
水は1リットル、塩麹を大さじ2。

外釜に水1カップを入れて、材料を入れた内釜を入れ、内蓋をし、外蓋をし、スイッチオン。
最初はまるでコトリとも言わず、大丈夫なのかいな、と思っていたのですが
そのうちお湯が沸いて来てコトコトと言い出し、スタートから30分後くらいにスイッチが切れました。
中の様子を確認するために蓋を開けていいのかどうかちょっと不安だったのですが(笑)、
精密な機械じゃないし、圧力がかかっているワケでもないんだし、と恐る恐るオープン。

おー、煮えてるー。
で、味を見たら少し塩気が足りなかったのと、サボイキャベツをもうちょっとクタクタにしたいかなと
さらにカップ半分くらいのお湯を足して(この時は注ぎ口のある計量カップを使用)再びスイッチオン。
切れてから保温ボタンをポチ。
(最初から保温ボタンを押しておけば、スイッチが切れたと同時に保温になるようです。)


20190113-塩麹スープ-2.jpg


こんな感じです^^
キャベツと玉ねぎはクタクタでしたが、
じゃが芋も人参も柔らかいながら煮くずれしていなくて美味しくできていました。


んー。これって、普通の鍋で作っても一緒じゃない?と、思わないでもない(笑)。
まだ、これしか作っていないので、電鍋最高ですよ〜〜〜!!!と人様にお勧めすることはできませんが、
わたしの中では、こやつなかなかに使えるではないか?という嬉しい予感があります。


20190113-野菜の塩麹スープ.jpg


いいなと思うのは、勝手にスイッチが切れて保温状態になること。
余熱調理が可能ということですね。
そして、粗忽者には勝手に切れてくれることは大事^^;
タイマーがあればいいけれども、タイマーも時間を誤ると失敗することもあるしね^^;

それと部品が少なくシンプルで軽くて、洗うのも楽。
内釜は昔の金だらいみたいですが
調理用の水がなくなると勝手に切れるということはコゲつかないということですよね。

あとは、こうしたスープや煮込み料理でコンロを塞がないのも嬉しいかなあ。

一番得意なのは煮込み料理のようですが、あとは蒸し料理もいいみたいです。
どんな風に使うか、考えるのも楽しいですね。
とりあえずは、普段の料理をこの鍋で作ってみようと思います。



20190113-塩麹スープランチ.jpg


電鍋もですが、実は今年の我が家には、もう一つのニューフェイスがいます。
その新人が来て、雑穀米が今まで以上に美味しく炊けるようになりました。


20190114-炊飯器.jpg


こちらです。
これは、息子夫婦からのお年玉?というのか、プレゼントです(๑′ᴗ‵๑)。
とっても綺麗な赤い色ですが、これは今年わたしが還暦になるからだそうです〜〜〜 (*´罒`*)。

炊飯器を持つのは何年ぶりでしょうか。
鍋での炊飯が当たり前になっていて、炊飯器を持つなんて考えていなかったのですが、
ご飯を炊くためにコンロを塞ぐことと、目が離せないのだけは不便だなと感じることがありました。

あまり信じていなかった炊飯器の実力ですが、侮っていました^^;
美味しく炊けます♡
特に、鍋の炊飯ではちょっと硬さが残るなあと感じていた雑穀も気になりません。
今、お昼用に玄米を炊いてみています。
洗って、特に浸水もせずにセットして予約炊飯にしたのですが
7時くらいかな?にセットしたら間も無く動き出しました。
流石に4時間以上かかるようですがそれで美味しく炊けるなら凄いですよね。

というわけで、電気釜二つ、今年の活躍を期待しています♪







************************************
*現在定期的な教室はお休みしております。

*お教室へのお問合せ、お仕事のご依頼等はこちらよりお願いいたします。 → お問合せフォーム
  

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 11:55 | 台所用品・買い物 | - | - |