CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
家庭菜園での野菜作り、そして料理。
<< 電鍋が突然来ました | TOP | ミートボールパスタ >>
鯖の味噌煮缶とじゃが芋の煮物(電鍋レシピ)
20190114-鯖味噌煮缶とじゃが芋の煮物.jpg


やって来たばかりの電鍋に早くもハマりつつあります。
面白い!

昨日も書きましたが、我が家の電鍋は10合サイズなので、
カサのあるものを煮るような時には付属の鍋がちょうど良い感じなのですが
いつもの煮物などでは少々大きすぎます。
毎日大量の野菜スープを作るわけではないのでどうしたものだろう?と考えて
内釜を変えてみたらいいのでは?と思いつきました。

付属の内釜はステンレス(だと思う)のタライみたいな形状のもの。
だったらステンレスのボウルでもいけるんじゃ?と思ったわけです。


こんな感じ。


20190114-鯖味噌煮.jpg


下の方がシュッとすぼまっていて底は平らな背の高いボウルです。
ここにじゃが芋3個を大きめに切ったものと、玉ねぎ1個のざく切り、鯖の味噌煮缶をふたつ、
それと辛味味噌と普通の味噌を少しに、水1カップ。

付属の内釜には浅い溝があるので、外釜とボウルの底面が密着しない方がいいのかな?と
金属の小さなアイスクリームスプーンを噛ませたのですが、それでは内釜の中が沸騰しなくてダメでした^^;
1回目の調理ではじゃが芋がまだ少し固いように感じたので、更にもう1度加熱。
この電鍋で調理すると、じゃが芋が煮崩れないんですね。
でもとても柔らかくなっています。


20190114-鯖味噌煮缶とじゃが芋の煮物-4.jpg


作ってから食べるまであまり時間がなかったので、大きめに切ったじゃが芋への味染みがもう一歩でしたが
鯖の味噌煮の味がベースなのでとても簡単で、美味しくできました。
吹きこぼれ、焦げ付きの心配がないのもとても嬉しい^^


20190115-鯖味噌煮.jpg


今朝の夫のご飯。
工夫すれば冷凍ご飯もこの鍋で同時に解凍できるのかも?
実験しなければ(笑)。


実験といえば、、、、
炊飯器調理というのも流行りだよね?と思って、息子たちからのプレゼントの炊飯器でシチューを作って見ることに。
煮込み料理を作って、更にシチューですか、というのは置いといて^^;
実験したいとなると、すぐにやりたい。

で。
うーん。まあ何でしょう。
出来る事はできたし、何度か挑戦するとコツが分かって便利なのかも?と思ったのですが
部品が複雑で、洗うのがとても大変でした。
凸凹や穴やボール状のものなど、多分、美味しくご飯を炊くために必要なものが、
ご飯を炊く時に出る湯気など以外のものが飛びちった時に、ともかく洗いにくい。
なので、炊飯器でのシチュー系の調理はもうやめようと思います^^;
保温機能を使うもの(低温調理)ならいいかもね?とは思うので、それはまたやってみますが(*`艸´)。


そして、その炊飯器で作ったシチューを琺瑯の鍋に移して今朝ガスコンロで温め直したのですが
焦がさないように弱火にかけていると、なかなか温まらず、、うーんと思ってまた実験。


20190115-鯖味噌煮-4.jpg


電鍋にアルミのペラペラの鍋が入るんじゃない?と思って入れてみたらバッチリ。
それで、そこにまた移し変えました。
蓋は丸く膨らんでいて、取っ手も丸いアーチ型なので、その蓋をすると外釜の蓋がはまりません。
それで、木の落し蓋をしました。


20190115-鯖味噌煮-2.jpg


20190115-電鍋-3.jpg


温め直しも、調理も、ここに入るアルミかステンレスの鍋ならいけるのではないかと思います。
テフロン加工されている、取っ手の取れる鍋でもいいかも。
・・・ウチでは、年末に、何ということでしょうか。。。処分しちゃいました( ꈨຶ ˙̫̮ ꈨຶ )。
取っ手の取れる鍋なら、場所もあまり取らないので冷蔵庫で保存、また温めは電鍋、というのも便利そう。
あ、高価なお鍋で実験するのは自己責任でお願いします(*`艸´)。


今朝から、台所で電鍋に入りそうなボウルや鍋を物色しています。
時々スーパーで500円均一のワゴンに鍋が入っていたりして、購入することがあるのですが
そういうので取っ手のない鍋があったらなあ〜〜と思っています(笑)。








************************************
*現在定期的な教室はお休みしております。

*お教室へのお問合せ、お仕事のご依頼等はこちらよりお願いいたします。 → お問合せフォーム
  

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 11:15 | 家ご飯-煮込み料理&鍋 | - | - |