CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
家庭菜園での野菜作り、そして料理。
<< パテ・ド・ゆりり(パテ・ド・カンパーニュ)制作メモ | TOP | 麻婆豆腐カレー (試作・覚書) >>
豚の角煮ほか ☆ その後の電鍋生活
20190122-角煮ご飯-2.jpg


年末に息子たちが来るので、肉のおかずを色々用意していたのですが
その時に豚のロース肉で角煮を作ったんですね。
でも、やっぱりロースだとちょっとパサっとするなあ、、、と思って後悔していたのです。
そうしたら一昨々日、夕方の買い物の時に豚バラの塊がとっても安く売られているのを発見。
まあ、文句を言ってもしょうがないなあと思いつつ、、、
我が家から最も近いスーパーでは、普段はほぼ置いていないんですよね、塊肉を^^;
豚ヒレも、ロースも、バラ肉も。
なので必要な時は必ず置いてある、ちょっとだけ遠い別のスーパーにいかなければならないのです。
で、そんなご近所スーパーにおいてあってしかも安かったのでついつい買ってしまいました (*´罒`*)。

角煮は色々作り方があると思いますが、いつもは最終的に(?)蒸篭で蒸していたんです。
ですが、この度手に入れた大同電気釜を使ってみましょう、と思い立ち、いつもとちょっとだけ違うレシピにしました。


【材料】
豚バラ肉 … 塊2本(合わせて1キロちょっとくらいでした)
△長ネギ … 青いところ 1本分
△八角 … 2個  ※ちょっと小さめのでした。好みで増減してください。
△カシア … 10センチくらい
△生姜 … ひとかけ(潰す)

中国濃口醤油 … 大さじ1 ※普通の醤油でも

●水 … 500ml
●酒(紹興酒) … 200ml
●醤油 … 100ml
●香醋 … 50ml
●きび砂糖 … 大さじ3+1(後で足した)

【作り方】
‘撻丱蘰に中国濃口醤油をまぶしつけ、10分くらい置きます。
皮目に薄く切れ目を入れ、フライパンに薄く油を敷き(分量外)、弱火で時々返しながら全体を焼きます。
  ※出て来る脂は拭き取ります。
  ※おおよそ15分くらい。

20190121-角煮作り.jpg

20190121-角煮作り-4.jpg


E兎蕁並臚嬰典こ)の内釜に肉と△と●の材料を全て入れ、外釜に1.5カップの水を入れて内釜をセットします。
ぅ好ぅ奪舛鯑れ、炊飯機能が切れて保温になったら更にもう一度今度は1カップの水を入れてスイッチを入れます。
   ※さすがに一度の加熱では柔らかくならないだろうと。
   ※ちなみに、加熱時間を長くしようと最初にあんまりたくさんの水を入れるとお湯が跳ねます。
ナ櫺江態になったら、そのまま3時間程度置いておき、その後切っておきます。
Υ袷瓦卜笋瓩燭蘓紊1/2カップほど入れてスイッチを入れ、切れたらまた2〜3時間そのまま保温状態にしておきます。
Д好ぅ奪舛鮴擇蝓⇒眥固まった脂と△の材料を取り除き、肉を3センチ厚くらいにカットし、戻します。
┷討喊紊1/2カップほど入れてスイッチを入れます。
  ※ゆで卵を入れる場合は、半熟に茹でて殻をむいたものを保温状態になってから加えます。

20190121-角煮作り-5.jpg

20190121-角煮作り-6.jpg


基本的にはスイッチを入れて、切れたら保温状態にしておく、の繰り返しです。
保温状態の時の温度が50度前後とのことなので、その温度帯で置いておくことで肉が柔らかくなるのかなと思います。
通常の鍋でももちろんできます^^
ぐらぐら煮立てるのではなく、ごく弱火でコトコト、、が良いと思います。

電鍋の良いところは、加熱用の水(湯)がなくなったら勝手に切れて保温状態になることです。
最近のわたしは本当に危なっかしくて( ´△`;)、火を消し忘れることもあり、ヒヤヒヤします。
もちろんタイマーで消えるようにすることも多いですが、つい油断するんですよね。
そういう意味で、電鍋は本当に安心なんです。
それと、再加熱や保温中に水分が蒸発しない(煮詰まらない)のもいいですね。
調理器具には好き好きや、それぞれの家庭での使い勝手の良し悪しがあると思うので
どなたにも勧められるものではないと思いますが、我が家では導入してよかった家電のひとつです^^


20190122-角煮ご飯-3.jpg


ウチでは角煮はそのまま食べるより、ご飯や麺に乗せて食べることが多いです。
煮汁を少し取り分けて水溶き片栗粉でとろみをつけたものをかけました。
柔らかく煮え、味もよくしみていて美味しくできました^^

ゆで卵をもっととろりとさせたい時は煮込まずにそのままでもいいですよね。
あとは青菜を添えますが、これはターサイ。
青梗菜にすることが多いかな。
ごま油を少し加えたお湯で茹で、水に取らずにそのまま冷まします。
食べるときに少しだけ花椒を挽きました。
以前はすり鉢で擦ったり、電動ミルサーで細かくしたりしていたのですが
昨年末、普通のミルサーを使うようにしたのですが、、、、うーん、挽けない^^;
花椒に合わないのかなー。もうちょっとよく探したらよかったなー(ストレスたまりますよね)。



さて、他に電鍋で作ったものをいくつかご紹介します。
今のところ、煮込む系の料理が多いです。


20190116-鶏手羽元と白菜の煮込み.jpg

鶏の手羽元と白菜、長ネギ、椎茸を煮込んだスープです。
鶏のももひき肉も入れているのですが、何も加えずそのままキュッと握っています。
味付けは中華風。
中華の顆粒だしと塩、醤油少々、生姜のすりおろし。
食べる時にラー油を垂らします。

これも電鍋に入れて切れたらそのまま保温。
手羽元は肉がホロリと骨から外れ、しっとり、白菜や長ネギなどもとろとろに煮えていました。


20190120-大根と人参の煮物-2.jpg


これは大根と人参に、揚げボール、厚揚げ、上のスープと同じく鶏ひき肉の握ったものを和風味で煮ています。

電鍋での調理では、入れた水分は蒸発しないのですが、
基本的にはペラペラの鍋ですし、30分もすれば保温状態になってしまいますので、
無水調理のようなことはむかないと思います。
じゃが芋や根菜をうんと少ない水分で加熱したら柔らかくなりませんでした^^;
もちろん、水分量の多い野菜を多く入れたりとか、きのこ類を多く入れたりするとその水分は出てきますが
最初にある程度の水分は入れておいた方がうまくいくように思います。
というより、そういう料理に向いているというのか(笑)。
まあまだ実験段階ですので、あ、そうでもなかったかも?ということもあるのかも?
何れにしても楽しい実験です。



20190118-鶏ハムご飯.jpg


鶏ハム丼。
鶏ハムは、、、これはびっくり、オススメです(*`艸´)。
今まで鶏ハムはいろんな方法で作ってきました。
それぞれとても美味しくできていたと思います。
最近は、保存袋に入れた鶏胸肉(丸めない)を保存袋に入れて空気を抜き、
厚手の鍋で熱湯を沸かして、そこに入れて蓋をして火を止め、そのまま冷ます、という方法でした。

電鍋で作る場合は蒸し料理用のスチームプレートを使います。
鶏肉をアルミホイルで二重に包み、スチームプレートに乗せて(大きいサイズの電鍋で2枚乗ります)
水を1/3カップくらい(だったと思います)入れてスイッチオン。
カタカタ言いだしてから結構早く切れたと思うんですが、、、
夕方作って、なんと!そのまま忘れてしまいました( ꈨຶ ˙̫̮ ꈨຶ )。
早朝、もうカチカチになってるかもーと取り出し、冷ましてから冷蔵庫へ。

その後半ばあきらめつつ、カットし、口に入れたら、、、
柔らかいっっっっっっ!!!
なんでー?
あんな長いこと置いてしまったのに。

その後、鶏胸肉ともも肉で作りました。
お湯を1/2カップくらい入れて、7〜8分くらい加熱したところでスイッチを切り、そのまま2時間保温しました。
しっとり感は前回の方があったかも。
加熱時間の加減か、保温時間の加減か、その両方か。
要確認です。

それにしても、、、今は寒い季節だからいいですが、真夏に放置はまずいかもしれないなーと思いました^^;
電鍋の保温の切り忘れも注意が必要なお年頃のわたしです。。。
そして自分で作った方法やレシピを忘れるのもお手の物のこの頃です。。。







************************************
*現在定期的な教室はお休みしております。

*お教室へのお問合せ、お仕事のご依頼等はこちらよりお願いいたします。 → お問合せフォーム
  

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************



posted by ゆりり | 11:04 | お家ご飯-肉のおかず | - | - |