CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
家庭菜園での野菜作り、そして料理。
<< 麻婆豆腐カレー (試作・覚書) | TOP | キムチ焼うどん >>
鶏のテリーヌ
20190127-鶏のテリーヌ-6.jpg


先日焼いたパテがなくなったところで、今度はこれを焼きました。
あちらがパテでこちらがテリーヌ。
何が違うの?と思われるでしょう。
うーん。気分です(*`艸´)。

ネットで検索するとパテとテリーヌ、リエットの違いというような項目がたくさん出てきますので
気になる方はそちらで検索してくださいね。
あまり厳格に考えなくても良さそうですが(笑)。
わたしの中では、肉を細かくしたものはパテ、
今回のように大きめのお肉を使ったものはテリーヌという気分です。


20190127-鶏のテリーヌ-4.jpg


このパターンは以前も何度か作っていて、わたしはこのゴロゴロ感が好きなのです。
パテ・ド・カンパーニュ(パテ・ド・ゆりり)よりはずっとずっと簡単にできます。





型に使ったのはル・クルーゼのオーバル17センチの鍋。
このパターンの時はこれが一番使いやすいのですが、なんでもいいです。
容量は900mlです。
ここに鶏のもも肉を敷き詰めるのですが、
厚みのある部分に包丁を入れて、肉叩きなどで叩いてなるべく薄くしておきます。
皮は付けておきますが、余分な脂は取り除いておきます。
両面に軽く塩をして、皮の側にだけ黒胡椒を挽きます。





今回詰めたのは、鶏レバー、砂肝、鶏もも肉とあんぽ柿。
鶏レバーはよく洗って血合いなどを取り除き、2センチくらいに切ります(適当)。
砂肝は5ミリくらいに切ります(銀皮の部分は入れていません。ももに茹でてあげました^^)
もも肉は敷いたのとは別のもので1.5〜2センチ角くらいに切ります。
もも肉の皮は剥がして、とっておきます。
あんぽ柿も鶏肉と同じくらいかもう少し小さく切ります。2個使いました。

※基本的にこの大きさでなければならない、ということはないのです。
 小さすぎないほうがいいというくらい^^

レバーと砂肝で250g、鶏もも肉は100gくらいです。

これらを合わせて、塩を小さじ1程度(肉の1.5%くらい)、オールスパイス適量、ブランデー大さじ1、
ニンニクひとかけをすりおろしたものと混ぜて詰めます。





詰める用に使った鶏もも肉の皮を被せて、イタリアンハーブミックス(好みで)、ローレルを乗せ、
蓋をして、湯煎で160度のオーブンで90分程度焼きます。


20190126-鶏のテリーヌ.jpg


焼けたら、軽く重しをして冷まし、冷めたら冷蔵庫で一晩休ませます。
(しっかり冷やさないと、カットした時にばらけてしまうと思います(*`艸´))


20190127-鶏のテリーヌ-2.jpg


取り出したところ。
ゼラチン質が固まっています。
わたしはこれをラップに包み、洗った鍋に戻して保存します。
冷蔵庫で1週間程度もちます。


20190127-鶏のテリーヌ-5.jpg


材料を細かく刻んだパテなどのように渾然一体となった味わいというのとは違うのですが
それぞれの味が馴染んで美味しくなるという点では似ているかなと思います。
あまり高くない温度で湯煎して焼きますので、お肉はしっとり仕上がります。
好みで食べる時にマスタードや胡椒などを添えてもいいと思います。
あ、ワサビなんかもいいかもしれないですね。
試してみよう(笑)。

ご飯のおかずというより、ワインのお供でしょうね。
お肉好きのかたに試していただきたい味です^^
パテ同様作り置きできるので、お客さまの時などに便利だと思いますし、
材料費はお安いのにご馳走に見えるかな〜というのもポイントです。
あ、、あんぽ柿が案外高いですけどね(笑)。
あんぽ柿がない場合は、普通の干し柿でも、イチジクや、プルーンなど甘めのドライフルーツに置き換えてもいいですよ。










************************************
*現在定期的な教室はお休みしております。

*お教室へのお問合せ、お仕事のご依頼等はこちらよりお願いいたします。 → お問合せフォーム
  

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************




posted by ゆりり | 17:33 | パテ&テリーヌ | - | - |