CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
家庭菜園での野菜作り、そして料理。
<< 今月のとれたて! [1月] カリフラワー編 〜 BRUNOコラム ☆ カレー | TOP | 鯖と白菜のパスタ >>
大豆ピューレのカルボナーラ風パスタ
20190131-豆豆パスタ-2.jpg


大豆ピューレを使って、生クリームのような濃厚な味わいのカルボナーラ風パスタを作りました。
大豆ピューレは、いつもお世話になっている「食の科学舎」さんの、「丸ごと北海道ピューレ」のひとつです。

とてもなめらかなピューレなのですが、大豆を丸ごと使っているというだけあって、繊維質も豊富で、
大豆の栄養を丸ごと摂ることができます。
ここに、同じく食の科学舎さんのドライパックのお豆も加えて、豆豆パスタ(笑)にしてみました。


【材料】2人分
パスタ … 200g ※好みで増減してください

大豆ピューレ … 2パック(160g)
北海道産 とら豆ドライパック … 1パック
北海道産 金時豆ドライパック … 1パック
牛乳 … 1カップ
卵 … 2個
パルミジャーノ(粉) … 大さじ3
塩 … 小さじ1/2

黒胡椒 … 適量
パセリなどのハーブ … あれば好みで適量 ※今回はチャービルを使っています。

【作り方】
’湯に塩(分量外)を入れパスタを茹で始めます。

⊃爾瓩離侫薀ぅ僖鵑紡臚Ε團紂璽譴筏軻を入れて滑らかに溶きのばします。

とら豆と金時豆を加えて煮込みます。

が少しとろりとしてきたら塩を加えます。

ヨГ脳紊ったパスタをい鵬辰┐突呂い人颪肇僖襯潺献磧璽里魏辰┐討兇辰蛤ぜ、
 卵がとろりとしてきたら火から下ろします。

皿に盛り、黒胡椒を挽き、パセリなどのハーブを散らします。


20190131-豆豆パスタ.jpg


あまり細くないパスタの方が濃厚なソースに合うと思います。
うちでは、昔からディチェコのNo. 11(1.6mm)、スパゲッティーニを常備していて、
ロングパスタを作る場合はほとんどこれを使っています。

そういえば、このスパゲッティーニ、以前からそうだったのかなあ、、、
最近特に感じるのですが、標準茹で時間が7〜9分になっていると思うんですけど、
7分では硬すぎて、8分でも「ん?」ということが多いのです。
茹でたパスタをソースの鍋に入れて加熱しつつ絡ませるときには8分くらいであげていますが、
必ず硬さの確認をした方がいいなあと思います。
こちらに越してきてから特に感じるようになったので、
もしかしたら水道水(この辺りは地下水とのこと)との兼ね合いなんだろうか、なんて思ったりしましたが(笑)
まあともかく、パスタは乾麺でも生麺でも、ショートでもロングでも、
その都度マメに硬さの確認をした方がいいなと思っているところです(今さらかい、と言わないで(*`艸´))。



20190131-豆豆パスタ-3.jpg



大豆ピューレのパッケージを開けて鍋に入れた直後は正直大豆くささというのか、大豆の香りが結構あります。
好き嫌いの分かれるところかも、と思うところです。
が、牛乳を加えて溶きのばして加熱していくと、大豆の香りがなくなってきます。
塩を少し加えると味がしっかり決まり、濃厚な旨みを感じるようになります。
チーズと卵も入りますので、本当にリッチな味わいになります。
夫はずっと生クリームのパスタだと信じ切って食べていて、大豆と聞いて驚いていました^^

そこに更にドライパックの豆を2種も加えていますが、金時豆もとら豆もどちらも豆本来の甘みが強いので、
お好みで例えばベーコンや生ハムなど、少し塩気のあるものに変えてもいいかなと思います。
今回はお豆の甘さを少し抑えるためにしっかりと黒胡椒を挽いてみました。
お子さんや年配の方にはお豆の柔らかくほっこり優しい味わいが好まれるのではないかと思いますし、
わたしのような世代の女性には繊維質がしっかり取れれるのと、
植物性の良質なタンパク質がたくさんとれる嬉しいパスタだと思います^^



*******

ところで、今日から2月ですが、なんと先月1月は、16回も記事をアップしました!
去年は1月の4回からスタートし、1番多い月が7月の6回、あとはほぼ1〜3回ほどのアップでした。
定期的な教室もお休みしているし、インスタグラムに写真をあげていればいいかーと思ったりしていたこともあります。
畑仕事が面白くなってそちらが忙しくなったこともありますが、まあ、、なんでしょうか。
・・・・倦怠期 (*´罒`*)?

今年は、少し気持ちを変えています。
年末に少し家の中の整理を始めたことがきっかけとなって、主婦なら当たり前のことですが^^;
毎日きちんと家の中を整えることを(それでも全然完璧じゃないけど)続けようと思い、1月はなんとかやってきました。
ブログも、1日の流れの中で書く時間を作ろうと思って意識して書いています。
(ネタ次第というのもありますけど( ̄▽ ̄;) )
これはね、、ボケ防止でもあります(笑)。
最近、笑えない失敗が本当に多いのです。
人の名前も、モノの名前も出てこないことが増えています。
いつも使っているスパイスなどの名前すら、とっさに出てこないことがあって焦ります。
なので、ブログで文章を書くとか、モノの名前を確認するとかしないとね、と。

まあそんな物忘れ防止ブログですが (*´罒`*)、今年はちょこちょこと書いてアップしていこうと思っています。








************************************
*現在定期的な教室はお休みしております。

*お教室へのお問合せ、お仕事のご依頼等はこちらよりお願いいたします。 → お問合せフォーム
  

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************



posted by ゆりり | 10:46 | | - | - |