CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
家庭菜園での野菜作り、そして料理。
<< 納豆と鯖缶のパスタ ☆ 久しぶりの手作り納豆は | TOP | カンパーニュとノーザンルビーのポタージュ >>
鱈と野菜のスープ、カリフラワーのスープ ☆ トマト塩麹で
20190226-タラと野菜のトマト塩麹スープ.jpg


鱈と白っぽい野菜のスープは、好きな組み合わせでよく作ります。
必ず入れる野菜は、じゃが芋と玉ねぎで、それだけのこともあります。
そこに加えるものは、例えばキャベツとか、カリフラワーとか、蕪とか、マッシュルームとか。
このスープは白菜と蕪を加えています。
白菜、本気の春モードになる前に畑にあるのを食べてしまわなければならないので (*´罒`*)。

野菜は好きなように適当に切って、大きめの鍋に入れてひたひたの水を加えて柔らかくなるまで煮込みます。
今回は蕪は皮だけ剥いて丸のまま入れたかったので、煮崩れないように他のものにある程度火が通ってから加えています。
野菜が煮えてから、鱈を加えて鱈に火が通れば出来上がり。
味付けはこれまでは塩麹+塩が多かったのですが、これはトマト塩麹で。


20190226-タラと野菜のトマト塩麹スープ-2.jpg


塩麹とは明らかに違う旨味、、、
トマトの色はしっかりあるのに、それ自体にトマトの味があるわけではなく。
食べるたびに、なんだろうこれ?と思います(笑)。


20190227-プチパンとスープのお昼ご飯-2.jpg


スープは翌日になると、ちょっとグズグズとしてしまいます^^;
あ、後ろに写っているのがそうです。
これはこれでまあ、美味しいんですけど。





今日のお昼は冷凍してあったオレンジカリフラワーでポタージュスープを作りました。


20190301-カリフラワーのスープ.jpg


玉ねぎを薄切りにしてバターで炒め、そこに冷凍のままのカリフラワーを加えてひたひたの水を加えて煮込みます。
カリフラワーが十分に柔らかくなったらハンディブレンダーなどで撹拌し、
好きな濃度になるように牛乳を加えます。
味付けは、こちらもトマト塩麹のみ。


20190301-カリフラワーのスープ-2.jpg


いやー、なんだなんだ、この美味しさは。
・・・と作りながら、味見している本人は思っていたんですけど、
夫は「これは何のスープ???」と。
ん?美味しくないのかな?と思って「なんで?」と言うと、
「なんの味だかわからないから」という返事。
夫は、それが何なのかわからないと美味しいと思えないらしい( ꈨຶ ˙̫̮ ꈨຶ )。。。

ともかく、トマト塩麹と塩麹レモンにはしばらくハマりそうです。
ほんと、美味しいからオススメなんですが、、まあ、、、
こういうのって、好みですもんね、最近特にそう思います。
これは美味しい!おすすめ!って、結局わたしの好みであって、勧められても困るってもんですよね (*´罒`*)。




20190227-プチパン-2.jpg


さて、一昨日、目覚める直前に突然パンを焼こうと思い立ち、焼きました。
いつ以来のことか、全然覚えていないのですが
昨年の秋だったか、夏だったか、ホームベーカリーを処分したんですね。
ずっと調子が悪かったので。
なので、1年かもうちょっとか、焼いていなかったと思います。
何れにしても、パンはわたしにとっては「たまに焼くことがある」くらいの
少々ハードルが高いものではあった(現在進行形)のですが。

で、HBを使っていた頃は、一次発酵までHBにやってもらっていたのですが、
もうやってもらえないので、手で捏ねました。
はい、立派な太い腕がありますので。

パン作りって、ほんと、たまにしか作っていなかったせいもあるかもですが、
しばらくやってないと見事に忘れるものですね。
というか、料理ってしばらく作っていないものは忘れますね(わたしの場合)。

それでも、とりあえず焼いてドキドキして食べたら、美味しかった♡
思った以上に美味しかった♡


20190227-プチパンとスープのお昼ご飯.jpg


パンの人たち(パンを日常的に作っているみなさま)はとてもストイックなかたが多く、
目指すものがどの辺りにあるのか全くわからないのですが
わたしなんかが見たら「すごい!パン屋さんのより美味しそう!」
と素直に絶賛してしまうようなパンの写真をアップしながら
「全然うまくいかなかった」的な反省の言葉を羅列していることが本当によくあります。
っていうか、「うまくできた」という自画自賛キャプションをほぼ見たことがないような。

しかしわたしは違います。
自分に甘い。ひたすら甘い。
こんなシンプルな、素朴な、技いらずの他愛もないパンも可愛くて
「ほらほら、焼きましたよ♪」なんてやってしまうのですよ。

だいたい、パンに限らず、こんな料理でごめんなさい的なものも平気でアップしちゃってますしねえ(๑′ᴗ‵๑)。



そして調子に乗って、2日続けて(つまり昨日も)パンを焼きました。


20190301-クルミとベリーのパン.jpg


これは昔々、パン焼きを始めた頃に買った教則本(じゃないかなあという雰囲気)に載っているもので
その頃も、また間が開いて再びパンを焼き始めた時にも必ず焼いていたパン。
でも、手ごねで作ったことがあったのかどうか、、、
なにせ粉の3割近くがライ麦なので、ベタついてどうにも捏ねにくくて。
今回も大いに苦労いたしました^^;
なるべく手粉なしで作ろうと思ったのでなおさら。

なんとか形にはなりましたが、途中で、あ、そうか、と思うこと度々。
でもね、食べたら美味しかった(また)。
夫も美味しいと言っていたから、多分、本当に美味しいと思います (*´罒`*)。

リハビリ的パン焼きはまだしばらく続きそうです。
・・・リハビリが終わった頃にパン焼きに飽きていないといいんですけど〜〜〜(笑)。


まあ、我が家では簡単なパンがいくつか焼ければいいですし、高望みもないので(笑)。
時々焼いて、焼けたーと写真を喜んで撮るという感じになればいいかな^^







************************************
*現在定期的な教室はお休みしております。

*お教室へのお問合せ、お仕事のご依頼等はこちらよりお願いいたします。 → お問合せフォーム
  

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************

posted by ゆりり | 18:36 | スープ・汁もの | - | - |