CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
家庭菜園での野菜作り、そして料理。
<< 最近のパン作りや、簡単ご飯 | TOP | 白菜入りメンチ >>
ノーザンルビーのニョッキ
20190313-ノーザンルビーのニョッキ-3.jpg


ノーザンルビーというじゃが芋、以前にもご紹介したでしょうか。
ピンク色が可愛いじゃが芋です。
昨年作ったじゃが芋、もうそろそろ食べ尽くさないといけないのですが
まだ残っていて、焦っています^^;
そろそろ今年のじゃが芋を植え付けるシーズンですし。

さて、その昨年収穫のノーザンルビーを使ってしまいましょうとニョッキを作りました。


20190313-ノーザンルビーのニョッキ.jpg


ニョッキは思い立ってから出来上がるまで、このくらいの量なら1時間もあればできてしまいますし、
茹で時間も短いですし、冷凍もできますし、美味しいし、いいことづくめです^^

わたしの作りやすい分量は、じゃが芋が500〜600gで、裏ごししたら450g〜500gくらいの見当。
強力粉がその1/3くらいまで。
あんまり粉を多くするとせっかくのジャガイモの風味が感じられなくなります。
そして、パルミジャーノ(粉)を40gとか50gとか。
塩ひとつまみ。
卵黄1個。

じゃが芋は電子レンジで柔らかくなるまで加熱して、裏ごしします。
大きめのバットなどに入れて、粉とチーズと塩を加えて、スケッパーでザクザクと切るように混ぜます。
だいたい混ざったら、卵黄を加えて、またザクザク。
全体がほろほろっとしてきたら手でぎゅっと押さえて、何度か折りたたみながら、ぎゅっぎゅっとします。
ラップに包んで四角っぽくして15分くらい置きます。
(置かなくてもできますが、ちょっと置くと生地が馴染んで扱いやすくなる気がします)

生地をカットして細長い棒状にして(1.5〜2センチくらい)、直径と同じくらいの長さに切り
ニョッキボードで転がすか、フォークで転がすかします。
指でも大丈夫。
大きさは好みですが、なるべく揃えたほうがいいかなーと思います。
それとあまり大きいと食べにくいかも(*´▿`*) 。。。



20190313-ノーザンルビーのニョッキ-4.jpg


ソースはお好みで、なんでもいいです。
パスタソースと同じ感覚で。
うんとシンプルにするなら、バターに絡めるだけでもいいですし、
ゴルゴンゾーラなんかの、ちょっと癖のあるチーズと生クリームを合わせたものも定番かなと思います。

これは鶏肉とブロッコリー、プチヴェールを合わせています。
味付けはアンチョビ。
フライパンにオリーブオイルとアンチョビを入れてほぐしながら炒め、小さめに切った鶏肉も加えて炒めます。
鶏肉に火が通ったら、ブロッコリーとプチヴェールを加えます。
  ※ブロッコリーとプチヴェールはさっと茹でてあるのを使いました。
ニョッキの茹で汁を少し加えてクツクツっと煮て、茹で上がったニョッキを加えてひと混ぜします。
味はアンチョビの塩気で十分かと思いますが、足りなければ塩で整えてください。

ニョッキは塩を加えた熱湯に入れて、浮いてきたら30秒くらいおいてすぐに引き上げます。
茹で過ぎないように。

器に盛って、好みで黒胡椒を挽き、パルミジャーノをふりかけます。


冷凍したニョッキも、茹で方は同じです^^
手作りニョッキ、簡単でもっちりと美味しいですよ^^



おまけはパスタ。


20190316-ケールのパスタ-3.jpg


ケールのパスタです。
ケールは青汁のイメージが強いですが、普通の料理にも使えます(笑)。
芯の部分がちょっと硬いので(冬場と特にそうかな)、
気になる方は芯を切り取るか、厚みを半分くらいにすると食べやすいです。
サラダなどの生食もするかたはいらっしゃると思いますが、わたしはちょっと苦手です^^;
さっと火を通すと甘みが出てとても美味しいです。

これもアンチョビで味付けしています。
ベーコンなどでも美味しいと思います^^

アンチョビを炒めたところに刻んだケールを入れてパスタの茹で汁も加えてちょっと煮て、
あとは茹で上がったパスタを加えます。
それとほぼ同時くらいに、卵とパルミジャーノを加えてひと混ぜ。
余熱で卵に火が通りますので、さっと。


20190316-ケールのパスタ-2.jpg


ケールのほか、今の季節でしたら菜の花も美味しいですし、
ニョッキのソースに使ったプチヴェールやブロッコリも美味しいですし
芽キャベツもいいですね^^









************************************
*現在定期的な教室はお休みしております。

*お教室へのお問合せ、お仕事のご依頼等はこちらよりお願いいたします。 → お問合せフォーム
  

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************



posted by ゆりり | 14:17 | パスタ | - | - |