CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
家庭菜園での野菜作り、そして料理。
<< すっかりご無沙汰しています | TOP | だいぶ秋も深まってきました >>
ビーツとオレンジのサラダや、いろいろ
20190923ビーツとオレンジのサラダ.jpg


すっかりご無沙汰しています、と前回書いてから、すでにひと月半ほど経ってしまいました。
もう、どうしたもんでしょうか。

いつまでも暑さが残っていますが、今日は随分と涼しい(寒い)このあたりです。
さて、トップの写真は、先月行った料理教室のお楽しみ会(お食事会)に思いつきで作ったもので
自分でも思いがけず美味しいと思い、皆さんにも好評だったので忘れないように作り直してみたものです。

ビーツにはなんとなーく苦手意識があって(自分で作ってもいたんですけど)、
それは主にサラダ(生食)の時に感じていたんだなあと。
渦巻きビーツとか、そのままサラダにトッピングするとフォトジェニックでしょう的なヤツですね。
でまあ、サラダでも火を通したらいいんじゃないかとね、普通にね(笑)。

それがトップのサラダです。
ビーツは皮を剥いて、薄切りにしてレンジで加熱(5〜6分かな?)。
冷めたら薄めの味付けのシンプルなドレッシングに漬け込んでおきます。
で、食事会の時はここまでやって冷蔵庫に入れてあって、
まあ、オレンジと合わせたらきっと綺麗だよね〜?とオレンジも買ってあって。
でも、最終形を考えてなくて。

そして当日、「どーするかなー。どーするかなー。。」と言いながら
ギリシャヨーグルトにゲランドの粗塩を混ぜて、蜂蜜を混ぜて、オリーブオイルを混ぜて、、
それをお皿に敷いて、ビーツと皮をむいて輪切りにしたオレンジを並べてみました。
ミントがあったのでミントを散らし、ブルーベリーもあったから、トッピング。

というわけで完成したのは、なんて女子っぽいサラダでしょう (*´罒`*)。
ミントはたまたまあったので使いましたが、これにはミント必須ですね。
わたしはドライのミントも多用するので大量に(笑)常備しています。
ドライのを使う時はヨーグルトの方に混ぜ込んでしまってもいいかも?とチラと思いました。



さて、その教室の様子です。

20190922教室関係など.jpg


7名さまで楽しくわいわいと、お手伝いもしていただきながらお食事を楽しみました。
ほとんど写真を撮っていなくて、、というか、久しぶりに一眼レフ(小さいやつ、KISS)で手持ちで撮ったら
ほぼほぼ、もー、手ぶれで。。。
本当に年を感じます。

その中で生き残っていたのがこちら。

茄子のマリネ(確か若山曜子先生のレシピを参考にしたはず)。

20190921茄子のマリネ.jpg


白インゲン豆とムール貝の煮込み。
こちらはおおつきちひろ先生のレシピを参考に、以前も作ったことがあり、久々登場。

20190921白インゲン豆とムール貝の煮込み.jpg


あとはiPhoneで撮ったはずなのですが、、、
ほぼ撮っていませんでした(´・ω・`)


トリッパのトマト煮込み。
夏の間に収穫して作り冷凍してあったトマトソースで。

20190921教室関係など.jpg


これは翌日かな、お客さまの時に割とよく作る「茹でタン」のちょこっと残ったもので作ったコンビーフのようなもの。
とても美味しくて、これを作るために茹でタンを作ってもいいんじゃないかと思える味でした。
茹でタン自体の写真は無し^^;

20190923教室関係など-2.jpg


それとこちらお食事会の2日ほど前に思いつきで作ったら美味しかったので
会でもお出しした「鶏ささみと梨のゴルゴンゾーラソース」、
それを覚えておくため(最近は作ったものを次から次へ忘れる)、また最近作ったもの。

20191002鶏ささみと梨のゴルゴンゾーラソース.jpg

鶏のささみの筋を取り、3等分くらいの斜め切りにして塩胡椒、薄く小麦粉をまぶします。
フライパンでバターを溶かして、弱火でささみの両面を焼きます。
櫛形に切った梨を加えて焼き、白ワインを振り入れ強火にしてアルコールを飛ばします。
生クリームとゴルゴンゾーラを加えて、チーズが溶けたら耐熱容器に移し、
パルミジャーノを振りかけてオーブントースタで焼き付けます。

ずっと料理には洋ナシと思い込んでいましたが和梨でもすごく美味しい。
むしろしゃりしゃり感があっていいかも。
梨が無くなったらりんごで、、豚肉がいいかも、ですね^^



さて。
教室のほうはぼちぼちやっております。
疲れやすくなって(畑仕事をして帰ってくるともう使いものにならない)、なかなか回数はこなせなくなっています。
それと、思いがけないことに2ヶ月ちょっと前くらいになりますか、、身体に異変が起きまして。
普通に考えれば、いい年なので、
試作したものをせっせと食べてはまた作り、、という繰り返しは
もう難しいんだなあということなのでした。
ひとりでちまちまとやっておりますので、作ったものは自己責任で消費しなければならず( ꈨຶ ˙̫̮ ꈨຶ )

なので、教室はわたしが無理なくやれる範囲で、わたしのわがままなやり方になってしまいますが
それでもいいよーと言ってくださる皆さんと細々と、、という形になります。


今月は洋風な感じのおもてなしにも使えるようなメニューで開催する予定です。

イメージはこんな風(๑′ᴗ‵๑)
これに季節の果物を使った何か(サラダ的なもの?)をつける予定。


20191005教室関係など-4.jpg


メインをまだ悩み中なのですが(まだ悩んでるんかい!というツッコミは無しで^^;)
鱈とムール貝とカリフラワー(かジャガイモかカブか、何か)の煮込み。


20191005教室関係など-3.jpg


ムール貝は冷凍のものを取り寄せるので、冷凍庫を空けないとねーというのがネックなのです。
美味しいんだけどなー。 
片付けなさい(中にあるものを食べなさい)ってことなんですけどねえ。

畑のカリフラワーはまだその時までにはできてないだろうな、、、


2019100110月教室メニュー案1ーb.jpg


これは鶏肉と鶏レバーのテリーヌ。
教室の時間帯で作って試食まで持っていけるかなーとも思いましたが
あまり無理してもしょうがないので^^;、前日に仕込んでおき、
実習したものは翌日の回に、という風にするつもりです。


2019100410月教室ーりんごいりパテ.jpg


これはレシピだけお渡しする、オマケ的な紅玉入りの、あっさり目のパテ。
特別なテリーヌ型がなくても大丈夫。


あとはリゾット(多分、茸リゾットになると思うけど、迷い中)。


開催は今月の26日(土)、27日(日)、29日(火)の3回です。
土曜日と火曜日に空きがありますので、ご興味のある方はお問い合わせくださいね^^

 *こちらよりお願いいたします。 → お問合せフォーム



ついでの写真放出 (*´罒`*)


2019100110月教室メニュー案1.jpg

鶏テリーヌを作った時のイメージ写真。


20191004パテと野菜とクスクス.jpg


茄子消費のために作った煮込みに試作の紅玉入りパテを添えて。
あとクスクス。
黄色いのは冷凍してあったズッキーニ。
生のままカットして冷凍しておいたのですが、全く問題なかったですね^^


20190910鶏と茄子のテリーヌ-3.jpg

20190910鶏と茄子のテリーヌ.jpg


夏の名残的、茄子と鶏肉のテリーヌ。
まああれこれ難有りな作りでしたが(汗)、また来年、きっと似たようなものを作るでしょう。



というわけで、本当に久々の更新でした。
次はいつお会いできるでしょうか(*ェ*)ノ






************************************
*現在定期的な教室はお休みしております。

*お教室へのお問合せ、お仕事のご依頼等はこちらよりお願いいたします。 → お問合せフォーム
  

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************

posted by ゆりり | 10:19 | 日常 | - | - |