CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
家庭菜園での野菜作り、そして料理。
<< 牛すじと大根のトマトスープ煮 | TOP | かぶのポタージュ ☆ 茸とソーセージ入り >>
鶏レバーとプルーンの赤ワイン煮
20111122 レバーとプルーンの赤ワイン煮-2-2.jpg


最近ではホルモンヌという言葉を聞くことも多く、
内臓系のお肉が大好き!という女性が増えてきているようですが、
わたしが結婚した頃は、
「女性でキミみたいにレバーだの生っぽいモノだのを食べる人は珍しい」と
よく夫に言われたものです(^-^;)。

レバー以外の内臓系は別として、鶏のレバー(きんかんも含め)を
お豆腐や野菜などと甘辛く煮た「もつ鍋」は、実家ではポピュラーな料理だったので
わたしにとってはレバーは親しみやすい食材のひとつだったのです。
食べ盛りの4人の子供にも、飲んべえの父にとっても嬉しい味で、
家計にも優しい料理だったんだろうと思います。
その鍋は、両手のついた中華鍋で作られたのですが、酷使されていたんでしょう、片手がひしゃげていて、
子供の頃の食卓の風景で今でも鮮明に思い出すもののひとつです。


20111120 レバーとプルーンの赤ワイン煮-2.jpg


で、まあ、今でもわたしが作る料理には鶏のレバーだの砂肝だのというものはよく登場するわけです(^m^ )。

鶏レバーの赤ワイン煮は、生姜煮などと同じくらいよく作るおつまみですが、
今回はちょっと思いついてプルーンを入れてみました。
パテを作る時にレバーとプルーンって相性がいいなあと感じでいたので。


【材料】
鶏レバー … 350g
プルーン … 7〜8個
玉ねぎ … 1/2個
赤ワイン … 1/2カップ
バルサミコ酢 … 大さじ1
塩糀 … 大さじ1
醤油 … 大さじ1
オリーブオイル … 大さじ2〜3
ローリエ … 1枚
タイム … 適宜

【作り方】
レバーはよく洗い、3〜4個の食べやすい大きさに切り分け、
心臓がついていたら縦半分に切り、中の血合いをしごき出し、水気をよく拭き取っておきます。

玉ねぎをみじん切りにして、たっぷり目のオリーブオイルで炒めます。
玉ねぎがしんなりしたらレバーを加えて表面の色が変わるまで炒めます。

赤ワイン、塩糀、醤油、バルサミコ酢、ローリエ、タイムを加え弱火で2〜3分煮ます。
半分に切ったプルーンを加え、更に3分程煮ます。
 ※血がにじんでくるようなら加熱が足りないので様子を見て加減してください。


20111122 レバーとプルーンの赤ワイン煮-3-2.jpg


食べる時にお好みで胡椒をしてください。
しっかり火は通しますが、しっとり感が残るように煮すぎないで、、鍋にはり付いて見張っていてくださいね^^
プルーンの甘みととろんとした食感、レバーのねっとり感が最高(←自画自賛)!
甘辛煮なんかとは違ってご飯のおかずにはなりませんが(笑)、
ワインのおともにぜひぜひ♪

出来立ても、冷めても美味しいです。
冷蔵庫に保存しておいた場合は、ほんの少し温め直すといいと思います。





************************************

2つのランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです(^-^)。ありがとうございます。


人気ブログランキングへ

************************************
posted by ゆりり | 10:03 | 簡単おつまみ | - | - |