CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
家庭菜園での野菜作り、そして料理。
<< 残り野菜のポタージュスープ & そのグラタン | TOP | トマトのチーズトースト >>
野菜たっぷりすいとん鍋 & 今年の味噌
20111206 すいとん鍋.jpg


これは今、確認したら先週の火曜日に作ったものでした。

本当に、2人家族とは思えない量を作ってしまいます。
少しずつ野菜を残すのがいやなので(^-^;)、とりあえず入れてしまうんです。
計画性があるほうではないんですね。
そろそろそういうことをブログで平気で露呈するようになってきているなと感じる今日この頃。

急に冷え込んだ冷たい雨の日だったので、お買い物に行きたくなくて
ウチにあるものだけで作ったのです。
里芋とカボチャがあってそれを使うとなると、ほうとうっぽい感じ?
じゃあ、うどんは打てないから、すいとんかな?ということでこんな鍋になりました。


【材料】
☆すいとん
強力粉 … 1カップ
水 … 1/2カップ
塩 … ひとつまみ

豚バラ肉(薄切り)  … 200g
大根 … 1/2本
人参 … 1本
里芋 … 6個
カボチャ … 1/6個
なめこ(大きいサイズのもの) … 1パック
こんにゃく … 1パック
長葱 … 青いところ2本分 ※ここしかなかったのです。普通に白いところも使ってください。

酒 … 1カップ
塩糀(塩麹) … 大さじ2〜
味噌 … 大さじ1

【作り方】
☆すいとん
材料をよく混ぜて、耳たぶくらいの固さになるように捏ね、丸めて
濡れ布巾をかけて暫く休ませます。
半量を細く伸ばし、1.5センチくらいの幅に切って指で潰し平らにします。
熱湯で茹でておきます。

豚バラ肉は2センチ幅くらいに切ります。
大根はいちょう切りにします。
人参は半月切りにします。
里芋は皮を剥き、8ミリくらいに切り、塩少々(分量外)をまぶして揉み、ぬめりが出たら水で洗います。
カボチャは種をとり、5ミリ厚で3センチ角くらいに切ります。
こんにゃくは茹でて一口大にちぎります。
長葱は斜め薄切りにします。

鍋に半分程度の水と酒、豚バラ肉を入れて火にかけます。
煮たってアクが出たらひいて、煮えにくい順に野菜を入れていきます。
人参、大根、こんにゃくを入れ、ある程度柔らかくなったら里芋を加えます。
塩糀を加えます。
さといもがほぼ柔らかくなったらすいとんとカボチャ、なめこを入れ、味噌を加えます。
最後に長葱を加えます。


20111206 すいとん鍋-4.jpg


この材料は、塩糀だけだとちょっと味が甘過ぎるので味噌を加えました。
塩糀の量は、味を見ながら加減してくださいね。
だいたいの味は塩糀で決めて、味噌でちょっと引き締める感じです。


20111206 すいとん鍋-2.jpg


カボチャが甘いのはわかるんですが、なんだかみんなそれに釣られて甘くなっていくみたいです(笑)。
豚肉も甘いですし、里芋もまあ、甘いといえば甘い。
人参も、そんなふうに考えれば大根も(^m^ )。
でもこの自然の甘みがこの鍋の美味しさだと思います。

お好みで、塩糀と味噌の割合を変えてもいいかもしれません。


20111206 すいとん鍋-8.jpg


ところで、今年のお味噌。
春に仕込んだのです。
今年は2つ。
そうしたら、天地返しの時に(夏の終わり頃だったかな)ひとつのほうがとんでもないことになっていました。
仕込んでからそれまで、見ることもなかったのですが、一方が噴いていたんです(わかるかなー?)。
ビニールの風呂敷状のものに包んでいたのでそこに汁が溜まっていました。
そして、中にはカビがー。

カビ自体は取り除けばいいくらいのものではあったのですが。
その後は、2週間に1度くらいの割合で、点検というか、お味噌をかき回してきました。

でも結局、2つの樽のお味噌の味が、全然違っちゃいました。
噴いちゃったほうは塩辛く、そうじゃないほうは穏やかな味。

塩辛いの、ちょっと味がキツいかなあとガックリだったんですが、
今回のお鍋にはそっちを使ってみました。
大さじ1程度ではあまり感じないのかもしれないですけど、、、鍋の味はとても美味しくなりました(笑)。
まあ、そういうこともあるんでしょう。
生きていて、元気過ぎ、やんちゃ過ぎってことかな(^m^ )。
どっちも大事にいただきます。

手前が暴れん坊の味噌。
こちらを後で使うことにして熟成させてオトナになるのを待ったほうがいいのかも^^


20111206 味噌.jpg





************************************

2つのランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです(^-^)。ありがとうございます。


人気ブログランキングへ

************************************



posted by ゆりり | 10:00 | 家ご飯-煮込み料理&鍋 | comments(0) | - |
コメント
コメントする